« また買っちゃった(反オカルト本) | トップページ | 走れ良太 & ポンポン大将 »

2010年2月16日 (火)

2桁釣れたのに@都田

前半の分を取り返すべく今日もゴー!が、相変わらず出だしが悪い。出発は10時前。駐車場に着くと、それでも車はまあまあ。気温が上がらないので、へら師の腰も重いのかな。まずは橋まで行って池の様子を覗う。対面浅場はジャカゴ下と看板横に1人ずつ。深場には階段下と流れ込みに1人ずつ。1人階段を登っているが、WINDOMの人かな。こちら側は柳の木奥に1人。Oさんはいないようだ。それでは、前回バットさんが結果を出した、私のいつもの場所に入ろう。曇っているから何処に入っても同じだ。ふうふう言いながら到着、先客に挨拶。おっ、橋の下辺りにも1人。さあ準備するかな。水は5340066553400666適度に濁っていてグーだが、如何せんかなり冷たい。そのうえ風・波がある。風・波は出たり止んだりを繰り返したが、3時過ぎには鏡のようになった(ということは、残業?)。今日は13尺底から入ろう。左側の先客は宙のようで、かなり合わせている感じ。橋の下の先客(宙?)と看板横(底)は、竿が曲がっている。とてもへらが動くような状況には思えないが、こりゃぁ楽しみだなぁ。さて、餌はわたグル単体の両グルテンだが、一応そこそこダンゴも用意。ウキの視認性を高めるために、前回と同じく逆テーパーのトップを採用。底取りを終え、まずはセットで開始。奇しくも前回と同じ10時50分。が、しかぁ~し、これも前回と同じくウキの馴染み幅が思うように出ない。風・波のせいにはしたくないが、う~ん、何故だろう。結局再開は11時過ぎ。すると、今度は馴染んだウキがすぐに返す。数回繰り返すが同じ。まさか、もう来ている?いや、きっとバラケが割れているに違いない。それでは、両グルテンで打ってみると、いきなりウキがチクッと1目盛入った!ゲゲッと思いながらも合わせれば、早くもかかりました!これは素晴らしい!これで安心して続行出来る。それからは、ウキが動いていれば両グルテン、動きが悪くなればセットで打つ。すると、信じられないがあたりが頻発して、わずか30分くらいの間に6匹5340066853400669_253400670534006715340067253400673をゲット。しかも6匹目は連荘だった。いずれも新べらだが、これは一体どうなっているのだろう。看板横が帰った。橋の下は「入れパク」のような感じでバシャバシャと音を立てている。私はこのままなら第3目標も楽勝にクリア出来ると思っていたが、7匹目と喜ん53400674だあたりは擦れ。これは旧べら。サイズもグーだが仕方ない、ノーカウント。写真だけ撮っておく。が、場が荒れたのかその後はウキの動きが悪くなる。でも、まだ開始から1時間くらい。第3目標クリアは間違いないだろう。12時のサイレンが鳴るが、買ってきた昼食にも手が出ないほど釣りたくて仕方がない。が、気持ちが焦るのか、あたりではなさそうなウキの動きにも手を出したりして、頭は混乱状態に。橋の下の人が席を外すのと同時に1人やって来て、更5340067553400676に浅場に入った。橋の下の人は1時くらいまで戻って来なかった。やはり一旦頭を冷やそう。昼食。そして再開すれば、ウキの動きは良くならないものの、2匹をゲット。まだ餌と時間はある。が、次にかかったのは、何とマブナライ53400677ク!写真ではへらと言っても良さそうに見えるが、ここは涙を呑んでノーカウント。サイズもグーなんだけどなぁ(そんな格好を付けている余裕はないのに)。もう1時を過ぎた。いよいよ餌もあとわずか。丸めてみると、セットで4投分。さあラストスパートだ。が、しかぁ~し、ここから擦れの連荘!2回とも尻ビレから上がってきた。ガクガクッ。写真はありませんよ。すると、残り2投も甲斐なく、1時半頃に底は終了だ。最初の勢いは何処へやら、終わってみれば実釣2時間半で8匹(擦れ3匹とマブナライク1匹含まず)。橋の下の人は、帰ってくるや否や入れパクとなる。更に浅場に入った人も竿が曲がっているようだ。柳の木奥の人は1時に終了。ボチボチという結果らしい。数は聞かなかった。ダム?の両側に1人ずつ入った。さあ、今度は宙かな。何と言っても橋の下の人が素晴らしい状況なので、私も少しでもおこぼれにあずかりたい。それに第3目標は絶対クリアしなければ。竿は11尺にして、餌は冬のバラケと「玉」のセット。が、竿に仕掛けを付けてウキを差そうとしたその時に、何とウキ止めの道糸が通る部分が何故か切れて外れた!え~~っ?仕掛けがパー。仕方なく竿を12尺に変更。もたもたしたおかげで、「たな」1本での開始は2時頃。すると、じきにウキがモヤモヤ。なんだ、いけそうじゃないか。が、しかぁ~し、しかぁ~し、その先がない。たまに小さくウキが入るが、多分バラケにあたっている感じ。何の工夫もなく餌打ちを繰り返しているうちに、早くも3時近くになった。右の方からバシッ、バシャバシャが聞こえてくる度に気持ちが重くなるのは何故か?何とかしなければ、第3目標はおろか宙で凸もあり得る。そこで、「たな」を1本半にしてみる。すると、こちらもしばらくしてウキがモヤモヤ。頼む、あたってくれ!が、こちらもウキの動きは弱い。1回だけ何かにかすったが、バラシ。いよいよ3時半近くなった。橋の下の人は帰っている。湖面は穏やかになったが、私の心の中は荒んでいる。対面坂の下には、2時頃から始めた人が竿を曲げ始めた。クーッ、辛い!ここで、再度「たな」を1本に。すると、すぐにウキがモヤ5340067853400679モヤし始め、最初の頃にはかすりもしなかったようなウキの小さな動きで連荘!全く考えられない展開だ。あっという間に私の第3目標クリアと宙で53400680の凸脱却が成った。すると、次のあたりはズバッという消し込み!バラケを食っていたが、プラスは何匹でもOKです。まさに地合とでも言うのだろうか。それからウキの動きは弱く(複雑に)なったが、4時頃までに2匹を追加して実釣2時間強で5匹、底と併せて実釣4時間半で13匹(擦れ3匹5340068153400682とマブナライク1匹含まず)は、私にすれば上出来の結果。だが、何となく喜べないのは、橋の下とその奥の浅場の2人がバシバシと合わせて竿を曲げていたこと。あんなに釣れる状況でこの結果は喜んでいいのだろうかという、53400683何だか消極的な気持ちが前に出てしまうのだ。これは底の後半と宙の前半の計3時間の空白の時間帯を作ってしまったことへの後悔からも来るのだろう。喜び半分で片付け。だが、午後になっても気温が上がらず、かなり寒い思いをしたのだが、ほんの少しだけは暖かい気持ちになれたのかもしれない。久し振りに登る崖?で息が切れる。車に荷物を積み、息を整えてから池を後にした。
 
    ↓ポチッと宜しく!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« また買っちゃった(反オカルト本) | トップページ | 走れ良太 & ポンポン大将 »

コメント

こんにちは。
12:59のはヘラみたいですね。
私の時とは違いカラはそんなに無いようですね。
平日なら短い竿で良さそうですね。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年2月18日 (木) 12時26分

バットさんこんにちは。
いやぁ、始めてすぐにウキが返した時にはビックリしましたよ。こんなに寒くても活性が出てきたんですね。「乗っ込み」も近いのでしょうか。
カラではないのですが、底の途中でやたらと合わせてしまいました。
全体としては、底より宙のほうがいいみたいです。

投稿: sunshine_hera | 2010年2月18日 (木) 13時57分

今晩は。爆釣と言っても良いのでは・・。
でも自虐会としては如何なんだろう?(苦笑)
15日(雨)の西之谷も爆釣でしたよ!新べら主体でしたが終日バランスor両グルの底で攻めましたが釣れすぎて飽きる位でした。隣の御仁(当日は二人だけ。師匠連の視線を感じながらの釣でした)は束釣を目指すと言ってましたがお先に失礼しました。来週は千葉に帰ります。3月に入ったら増沢池に釣行させて頂きます(浅場に入る予定)お会い出来ると良いですね。

投稿: yurie | 2010年2月19日 (金) 00時57分

yurieさんおはようございます。
西ノ谷もへらが動き出しましたか。そろそろですね。
来週は暖かくなりそうなので、風の弱い日を選んで出かけたいと思います。
他の釣り場にも顔を出したいのですが、このところ都田オンリーになりつつありますね。

投稿: sunshine_hera | 2010年2月19日 (金) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47585285

この記事へのトラックバック一覧です: 2桁釣れたのに@都田:

« また買っちゃった(反オカルト本) | トップページ | 走れ良太 & ポンポン大将 »