« ついふらふらと:その2 | トップページ | いやはや何とも »

2010年3月31日 (水)

何とか格好はついたような@都田

今日は予定通り都田。曇りの予報だが空は快晴。非常に気持ちいい。駐車場には花見などの行楽に来た人達の車が一杯。駐車場に入る時に、対面流れ込みが空いているのを見つけたので、急いで駐車して荷物を降ろす。何も考えずに外の道路からダム?へと向かう。日陰側には誰もいない。日向側にはジャカゴ下に1人と看板近くに数人。橋の下(しも)にはワンドと階段下に1人ずつ。ハアハア言いながら流れ込みの上から直接池に降りる。予報どおり波は出ていない。汗。早速準備しよう。今日は15尺セットの底P3310034P3310035から入る。餌はいつもの。全く進歩がない。Oさんは小野の池らしいが、帰りに寄ってみよう。さて、底も取れ、開始はジャスト10時。階段下の人は静かに竿を曲げている。ところが、急に波が立ち始めた。最初はまあこんなものだろうと思っていたが、次第に池全体に広がる。空も雲で覆われてしまった。それでも、ウキは馴染んですぐに返しているようなので、これは期待が持てそうだ。しかぁ~し、私の正面が山と山の間なので、空が湖面に映ると波との相乗作用でウキがほとんど見えなくなる。少し釣り台を斜め右に向ければ、視認性は格段に良くなるのだが、何故か意地を張って続行だ。なにしろウキの動きが良く見えないので、偏光グラスをかけて体を左右に揺すりながらウキを見つめる。すると、あたりの後の戻しが分かるようになり、これは釣れそうかも。しかぁ~し、最初にかかったのは腹に擦れ。ガクガクッ。ウキの動きは見えなかったので、多分餌を切る際に擦れたのだろう。困ったなぁ。このままだと、前回のようなさわりだけであたりナシという状況の再現になってしまいそうだ。リベンジは無理か。波は一向に収まらないが、白P3310036波を除けて餌打ちし、ウキがムズッと動いたような気がして合わせれば、やったかかりました!サイズはともあれ、気持ちが落ち着く。さあて、まだ釣れるかな。すると、じきP3310037にウキがスッと入り、これに合わせるとゲゲッ、穂先が引きずり込まれる!こりゃぁ大物か、はたまた擦れか?懸命に堪えて何とか寄せると、何とダブル。う~ん、高活性?まあいい、結果オーライだ。さあ、どんどん行こう。が、しかぁ~し、何故か続かない。そのうえ、あたりらしきウキの動きに手を出すと、擦れバラシばかり。当然ながら擦れて上がってくるのもあって、なかなか数を増やせない。とにかくP3310038P3310040ウキが見にくいので、擦れもあってストレスが溜まる。12時を少し過ぎたところでバラケがなくなったので、とりあえず底は終わりだ。残ったグルP3310041_2テンは宙で使おう。それでも2匹を追加出来たので、第2目標クリア。前回のリベンジは成った?いや、ウキが見えればもっと釣れていただろう(本日のタラ・レバ)。次の宙では釣り台の位置をずらして精神的に安定した釣りをしよう。一旦休憩。昼食を摂り、餌を作る。特S:天々:マッハのバラケに残ったグルテンのセット。それから竿を13尺に変えて12時15分頃に「たな」1本半で再開だ。ウキの立つ位置をちょっとずらすだけで、こんなに視認性が違うのだから、底でもさっさとやれば良かった(単なる言い訳)。すると、餌打ち開始後じきにウキがモヤモヤ。そしてあたりが出る。が、かからない。ウキをしっかり馴染ませて、ハリスが張った状態であたりを出したいという思いがあるが、そのとおりになってもカラ。消し込みP3310042も出るようになるが、かからない。こんなに活性?があるのか。それでも繰り返し合わせているうちに、何とか合って1匹をゲット。やっぱり底よりサイズがいいなぁ。が、じきにグルテンが尽きたので、それでは「玉」のお出ましだ。ついでに「たな」を1本に変更。すると、第1投であたり!やったかP3310043P3310044かりました。すると次の餌打ちでは、消し込みが出て連荘!一体どうしたことなのか?が、それもほんの束の間。いつものようにここからあたりが複雑になって、カラやバラシばかり。本当にポツリポツリとあたりを拾う展開。擦れP3310046P3310048て上がってきた中にはグッドサイズもあったが、仕方ない。でも、何とか底と併せて第3目標をクリアだ。これなら前回のリベンジは成ったと言えるのでは?2時頃から急にウキの動きが良くなる。が、餌はもうない。いずれにせよ、P3310049小野の池に見学に行くので延長はなし。最後の1投にかけよう。すると、ウキがズバッと入ってやった「上がりべら」!バラケを食っていたが、無問題。何となくこれからという雰囲気だが、さあ片付けだ。底が実釣2時間で5匹(擦れ何匹か含まず)、宙が実釣2時間で6匹(擦れ何匹か含P3310051まず)。合計で実釣4時間で11匹。宙はグッドサイズばかりだった。帰りは再び流れ込みの横を登る。そして橋を渡って駐車場へ。ワンドにいた人と看板横、更にはジャカゴ下の人も帰っており、残っているへら師は階段下とその横に後から入った人の2人だけ。息を切らして駐車場に到着。荷物P3310052を積んでから、トイレに寄ってインナーを脱ぐ。さあ、小野の池へゴー!あくまで交通法規を遵守しながらも、車は362を西進だ。が、しかぁ~し、しかぁ~し、Oさんの姿はない。既に終わってしまったのか?それとも今日は来なかったのか?まあ、次回都田で会った時に聞いてみよう。ガックリして家路に着いた。
 
    ↓2桁出ればいいでしょう
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« ついふらふらと:その2 | トップページ | いやはや何とも »

コメント

こんにちは。
腹パンのへらも居たようですね。
乗っ込みはどんなカンジなんでしょうか?

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年4月 2日 (金) 12時36分

バットさんこんばんは。
いろいろとあって、ようやくコメントがかけるようになりました。いやぁ、疲れた・・・。
「乗っ込み」には出会ったことがないので、良く分かりません。申し訳ない。

投稿: sunshine_hera | 2010年4月 2日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47958639

この記事へのトラックバック一覧です: 何とか格好はついたような@都田:

« ついふらふらと:その2 | トップページ | いやはや何とも »