« 黄砂 | トップページ | あれ~っ、映った? »

2010年3月22日 (月)

masaさんとジャカゴ@都田

今日は風が強いが快晴との予報に、とりあえず出かけようと家を出る。車を走らせ着いたのは、やはり都田。あれっ、何処かで見た車が停まっている。早速橋まで行って池の様子を覗うと、こちら日陰側には橋の上に2人、OT氏のいつもの場所に1人、奥のワンドに1人。Oさんの姿はない。対面日向側には階段付近に4人、看板横に2人、ワンドに1人。それにジャカゴに向かって歩いている人が1人。しばらく見ていると、ジャカゴの突端に入ったその人は、何やら景色を撮っているような怪しげな動き。もしやあの人がと思いながらもメールすれば、やはりそうでしたmasaさん。私も車に戻り、荷物を下ろしてジャカゴ方面に向かう。これが遠い!階段下付近に行くのと同じくらいの距離だ。いや、もっとあるかも。ゼイゼイ言いながらジャカゴに着くと、masaさんは準備の真っ最中。9尺P1000216P1000217底のグルテンセット。私はmasaさんからやや離れて(そばだと結果の差に愕然としそうだから)、同じく9尺底のグルテンセットで準備開始。餌はいつもの。波は出ているが、思ったほどではない。さて、底も取れ、開始は10時半。先に始めたmasaさんは、早くもウキが動いたと言う。これは高活性?が、masaさんと私は数メートルしか離れていないのに、私のウキはピクリともしない。そうこうしているうちに、masaさんが竿を曲げる。そしてポツポツと数を増やしていくが、私のウキが動き出したのは、おそらく開始30分以上経ってから。そして最初のあたりが!残念カラ。続いてのあたりもカラ。何故?どうして?すると、次のあたりは手応え充分。が、しかぁ~し、擦れて腹から上がってきた。ガクガクッ。まさかこのまま凸なんて、ありえない。それでも、やっとあたりに合って1匹目ゲットだ。サイズはまあまあ。これくらいが釣れれば、ここに入った意味はありそうだ。すP1000218P1000219P1000220ると、何となくウキの動きが良くなったようで、それから私もポツポツとあたりを拾えるようになる。やれやれ、だ。が、3匹目の写真を撮っている時に、仕掛けがジャカゴの針金に絡んでしまうアクシデント。とても解けそうにないので、いつもの癇癪でハリスをプッツン。急いで交換。多少最初より短くなったみたいだ。まぁ、気にせず続行。masaさんはP1000221P1000222P1000223既に2桁になっていて、その勢いは止まりそうにない。と、ここで12時のサイレン。そのP1000224タイミングで私に7匹目。最初はどうなるかと思ったが、やっと私の第3目標が見えてきたぞ。ここで昼食休憩。いやぁ、予報はあてにならないなぁ。今日も風速5mくらいあるとあったので、ジャカゴでは吹きっさらしで大変だと思っていたが、とんでもない。気温も上がってきた。バットさんは今日も大楽地の池に行っているようで、3連休は釣り三昧。残念ながら「杉ちゃん」さんP1000225P1000226は来浜しなかったようだ。さて、昼食を終えて再開すると、立て続けに2匹をゲットし、これで第3目標クリアは確実だ。が、しかぁ~し、バラケがなくなったので両グルテンで打ち始めると、次第にウキの動きがなくなる。masaさんも同じようだと言うので、バラケが関係あるのかは分からないが、とにかくへらが口を使わなくなった、または浅場から何処かに移動してしまったと言う事なのかも。それでは、我慢の釣りに変更だ(元々我慢の釣りだった筈)。それから30分くらい経過して、ようやP1000227P1000228く第3目標クリア。時間5匹は果たせなかった。そして最後の1投。こちらも我慢に我慢を重ねてゲットだ。予定ではダブルだったが、そうはうまくいかない。実釣約2時間15分で11匹(擦れ1匹含まず)。さて、次はどうしよう。ここでmasaさんから耳寄りな提案が。それは宙。え~っ、こんな浅いところで更に宙なんて、出来るの?いや、ハリスカッツケとかもあるし、とにかく勉強だと仰るので、それではやってみようかな(甘くない罠)。竿はそのままで仕掛けをウキを交換。餌は特S:天々:バラケマッハをそれぞれ1に水3/4のバラケと「玉」。「たな」は約30cm(ヒエ~ッ、大丈夫かいな?)。ハリスは両ダンゴ仕様になっているのをそのままで餌打ち開始は1時。と、masaさんも宙に変えたようだ。そして、じきに消し込みが2回出たと言うので、驚き。私のほうはただ餌を打つ、の繰り返し。本当にあたるのか?私はそれから上ハリスを2回詰めたが、状況に変わりなし。とにかくウキが動かないのだ。masaさんもいろいろと工夫しているようだが、元より抽斗(ひきだし)のない私は、ただ餌を打つのみ。と、masaさんが竿を曲げた!さすが、と思ったら、底に戻していたようだ。ゲゲッ、やはり底なのか?その後、私のウキもモヤモヤし始めたので、ウキを見つめる目にも力が入る。するP1000229と、ウキがグッと入り、これに合わせればやったかかりました!これは嬉しい~っ!サイズはともあれ、この浅場で宙で釣ったということが感動モノだ。が、しかぁ~し、その後はウキの動きが元の木阿弥に。へらは寄ってはいないのか?それでも懸命に餌打ちするうちに、再びウキがモヤモP1000230ヤ。そして小さく入るのに合わせると、やった今度もかかりました!ペースは悪いが、とにかく嬉しい。2時を過ぎて、再び宙を模索していたmasaさんが底に戻した。すると、すぐに竿が曲がる。う~ん、やはり底なのか(さっきも同じ事を言った)。でも、私は宙で続行だ(特に工夫もない)。そのP1000231後再びウキが動かなくなるが、餌打ちを続けると、何とかモヤッとし始めた。そしてウキがグッと入るのに合わせれば、またもかかりましたよ!本当にポツリポツリという感じ。さあ、もう1匹釣って底との合計で15匹にしよう。が、しかぁ~し、その後はウキの動きが回復しないまま2時45分頃にバラケが尽きて終了だ。片付け。これからがゴールデンタイムだが、今日はもう充分。結果、宙では実釣1時間45分で3匹。底と併せて実釣4時間で14匹。masaさP1000232んは底に戻してからポツポツとグーなサイズをゲットし、カウンタは30間近になっていると言う。片付けを終え、masaさんのウキの具合を見たが、ゴールデンタイムとは思えない感じ。でも、もう少し経てば動き出すかもしれない。挨拶をしてジャカゴを抜ける。子供達がワンドで釣りをしている。何か釣れたのかな。それから崖?を登り、長い道のりを歩いて橋へ。公園のほかの場所の桜はチラホラ咲いているが、池の周りの桜だけ開花が遅れているようだ。階段付近の人達はまだ頑張っている。日陰側橋の上の2人は片付け中か。ヒイヒイ言いながら車に戻り、荷物を積んでからトイレへ。あ~あ、すっきりした。帰りにカインズホームで安売りの越乃寒梅でも買っていこうかな。そろそろと池を後にした。
 
    ↓なかなか「乗っ込み」には会えないなぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 黄砂 | トップページ | あれ~っ、映った? »

コメント

こんばんは。
お疲れ様でした。
浅瀬の宙は私もやったことありません。
カッツケだと思ってやればいいのかな?
私も今日は違うジャカゴでしたが14尺テンテンでした。

投稿: 黄金バット | 2010年3月22日 (月) 20時38分

こんばんは。
連休は釣り三昧でしたね。素晴らしい。
今日の私はただただ疲れました。運動不足を嫌と言うほど知らされるジャカゴです。
今週はまた雨が来そうですが、「乗っ込み」第2弾(第1弾はあったのか?)があるかもとmasaさんが言ってました。

投稿: sunshine_hera | 2010年3月22日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47878042

この記事へのトラックバック一覧です: masaさんとジャカゴ@都田:

« 黄砂 | トップページ | あれ~っ、映った? »