« 土曜日と同じ展開@都田 | トップページ | 竹の子 »

2010年4月21日 (水)

やはり難しい@大久保

今日を逃すと明日から雨。出掛けないわけにはいかないでしょう。さて、都田と大久保のどちらに行こうかな?都田は月曜に行ったばかりだが、釣れることは間違いない。大久保は前回も厳しい釣りだったが、そろそろ気候が良くなって活性も上がっているかも。それでは大久保にゴー!池に着いたのは8時半過ぎ。誰もいない。さて、久し振りに堰堤右端に入ろうか。いや、常連さんが来た場合、帰りやすい左端にしよう。うわぁ、暑P4210220P4210221い!もう初夏の雰囲気だ。帽子ではなく、傘をかぶろう。竿は9尺で両ダンゴの底から。餌はいつものダンゴ。3時間以上やらないよう、いつもより少なめに作る。底を取り、開始は9時10分。すると、第1投からウキが動くではないか。もちろんへらでないのは分かっているつもり。でも、合わせれば何かしらかかってもいいのに、全く手応えなし。ウキを動かしているのは一体何?それでもしばらくすれば、ウキがしっかり馴染むようになる。そしてあたりらしき動き。しかぁ~し、何度となくカラを繰り返し、やっとかかったと思えばバラシ。でも、手応えはジャミではなかった。急にやる気が出る。しかぁ~し、次にかかったのは、この池にこんなのいるんかいなというサイズ(以前にもありました)。しかも「たも」の手前でバラシ。そろそろ開始1時間。これだけウキが動いていて凸では、P4210222笑い話にもならない。が、次にあたりに合ったのは、ようやくこの池らしいサイズのへら。やれやれ、これで気持ちが落ち着いた。さあ、これからは爆釣だ!ところが、何ら状況に変化なし。右岸倒木横に1人入った。私のウキは弱々しく動き、時折あたりらしき動きをするが、これがほとんどカラ。ウキ下を調整してみるが、全く変わらない。餌も柔らかくしたり小さく付けたりしてみるが、何故だ?とても暑く、ジャンパーとチョッキを脱ぐ。1匹目から再び1時間が経過した。その間に今日一番のあたりが出る。それは竿から手を離してペットボトルのお茶を飲んでいる時(本当にガックリだ)。また、今日は餌を少なめに作ったはずなのに、まだまだ残っている。今にもあたりそうなので、つい待ってしまった結果だ。でも、やたらと餌を切るのがいいのかどうか。11時を過ぎ、そろそろ終わりの準備。すると、放置したウP4210223キがムズッと入り、これに合わせればやったかかりましたよ!が、しかぁ~し、何となくマブナライク。とりあえず写真は撮るが、カウントは控えておこう。きっと1級鑑定士が鑑定してくれる。その後は、ウキの動きがせわしなくなって、再びジャミ?いや、かかって来るのは最初にバラシたのと似たようなサイズばかり。どうやらこれがジャミのようなウキの動きを出しているようP4210224P4210225P4210226だ。それからじきに餌が尽きて底は終了。いやぁ、難しい。結果、実釣2時間半で4匹(マブナライク1匹はとりあえず含まず)。さあ、次は宙。でもその前に、少し早い昼食。それから、本物の傘をセット。仕掛けを交換し、ハリスを段差から両ダンゴに変更。餌はガッテン4にダンゴの底釣り(夏)を0.5、そして水が1。重めの餌でしっかり馴染ませて釣るつもり。「たな」1本で再開はジャスト12時だ。すると、じきにウキがモヤモヤ。こりゃぁ1匹目は早そうだ。が、しかぁ~し、なかなかあたりにならない。今度こそジャミ?いや、小さくウキが入るのに合わせれば、やったかかりました!手応えもグー。しかぁ~し、向こうも必死で暴れて左の倒木に逃げ込み、根掛かりになって万事休す。それから消し込みも出たりするが、全くかからない。午後から風が強くなって、セットした傘が飛ばされそうになる。しばらくしてOG氏が見に来てくれたが、さっぱりのままで時間だけが過ぎる。OG氏もあきれて帰った。堰堤には常連さんが2人入っているが、こちらもさっぱりの様子。底でのウキの動きから、活性は高いと踏んだのだが、どうやら判断を誤ったようだ。宙の餌も逆になっている。そのまま何も起きず、携帯で時刻を確認すれば1時半。いつもなら餌が終わる頃だが、まだある。底の時と同じく、ウキを見過ぎたのが原因か。よし、今度は「トロ掛け」をやってみよう。ハリスを詰め、トロロを用意。そして再開。が、状況に変わりなし。1回だけ竿から手を離している時に消し込みが出たが、それ以外はウキがモヤモヤで終わり。どうしようもないまま2時。すると、仕掛けを手元に持ってきて餌を付けようとすると、穂先に仕掛けが付いていない事に気付く。あれぇ、乳輪が外れたのかな?仕掛けを見てみると、何と乳輪が切れていた。下手をすれば仕掛けをロスP4210227トするところだったが、これを機に終わろう。実釣2時間で凸。これはなかなかキツイ。右岸倒木横の人も終わったようだ。竿を曲げたのを見なかった。片付けを終え、常連さんに挨拶して車に戻る。OG氏に終了をメールで報告すると、ちょっと待っていてくれとの返事。おやっ、ひょっとして筍でも分けてくれるのかな。楽しみに車外で待つことにする(続く)。
 
    ↓大久保は本当に難しい。引佐天池といい勝負ではないか。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 土曜日と同じ展開@都田 | トップページ | 竹の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48145068

この記事へのトラックバック一覧です: やはり難しい@大久保:

« 土曜日と同じ展開@都田 | トップページ | 竹の子 »