« Oさんに会えなかった@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その8(味いちもんめ) »

2010年4月25日 (日)

OT氏とほぼ半年ぶりの釣り@都田

今朝は久し振りに早起きしたので、釣りから帰ったらすぐに寝入ってしまった。それで更新が遅れたのだが、これからは朝が早くなるので、私の釣りも早く行って暑くなる前に終わる昔のやり方に戻すのがいいのかもしれない。
 
今日はほぼ半年ぶりにOT氏と竿を出す。もちろん都田で。集合時刻の7時少し前に駐車場に着くと、OT氏は既に来ていた(懐かしい~)。まずは挨拶。それから、預かっていた放流協賛バッジを渡す。さて、今日は何処に入りましょうか。もちろんOT氏が決める。対面には行きたくないので、こちら日陰側の深場流れ込み付近に入ることになった。今日は快晴でほぼ無風。私はてっきりいつもの場所に入ると思い、セーターにジャンパーまで着込んできたのだが、こりゃあ暑くなりそうだ。フーフー言いながら池に到着。私がP4250243P4250244流れ込みの右、OT氏は更にその右に入る。おっと、今日は後からOG氏も来るので、OT氏の右に釣り台を置いておく。さあ準備しよう。あっ、対面ダム?そばにいるのはOさんではないか。手を振ってくれた。今日は6時半頃から始め、既に10匹くらいは釣っているようで、私が見ている前で竿を曲げる。やはり深場で底だよな(そんな深場で結果を出せなかった私って一体・・・)。OT氏はいつものように9尺宙の両ダンゴ。私もそれを真似て9尺を出す。餌はガッテン単体。あっ、9尺宙の仕掛けは、大久保でチチワが切れたままになっていた。さあどうしよう。竿を変えるか、それとも現場施工か。OT氏は一足早く7時半に開始。私は現場施工を選択するが、早く作りたいという気持ちが先走って、指が思うように動かない。何とか「たな」1本で開始は7時50分。既に汗ダクダク。先に始めたOT氏はウキが動かない様子だが、私のウキは数投でモヤッとする。が、そこから先がない。多分何かが来ているが、餌に反応しないようだ。これは困った。半年振りに竿を出すOT氏には是非とも結果を出してもらいたいのだが。と、OT氏の竿が曲がる!が、しかぁ~し、途中で水草にかかってしまい、バラシ。私の竿も1回曲がったが、同じようにバラシ。その後時間だけが過ぎる。8時半過ぎににOG氏が到着。まだ2人とも結果が出ていない事を知り、愕然。でも、12尺の「お」で開始だ。私のウキは弱く入るので、とりあえず合わせてみたりするが、全くかからない。が、9時少し前にようやくかかP4250245りました!この少し前に、こんなに難しくて最初にかかるのが放流だったらガッカリだねとOT氏に言っていたとおりの放流だ。まさにガッカリ。でも、これで凸がなくなったので、放流でも感謝しなければ。OG氏は開始後しばらくして竿を曲げる。食い渋りだから「お」の方が良かったか。でも、その後はウキが動くがかからなくなったようだ。対面で竿を曲げていたOさんも、竿が曲がる間隔が伸びてきた感じ。9時頃から波が出始めたが、大勢には影響なし。私は餌のタッチをどうすれば良いのか悩んでいたが、OG氏からボソボソの固い餌で釣れP4250246P4250247たことを言われ、ちょっと手直し。すると、何故かウキが立ってすぐの消し込みでグッドサイズをゲットだ。これは素晴らしい!すると、次の餌打ちでもウキが立つや否やの消し込み!連荘で3匹目。一体これは何だろう。が、次の餌打ちから再び元の状態に。それでは、と今度は餌を練って柔らかくするが、状況は変わらないようだ。その後ハリス切れと擦れ(これがグッドサイズだった!)が出て、10時近P4250248くなる。そろそろ餌も終わりか。と、ここで何故か急に消し込みが出る。そして4匹目。実はちょっと竿先を引いて誘ってみたところ、ウキが戻りながらあたりを出したのだった。ホント、何かやらないと変わらないね。だが、遂に餌が尽きて10時少し前に終了。私は最後の1投を放置して、次の餌を作る。今度はいつもの特S:天々:マッハで行こう。ん、竿先が曲がっているP4250249ぞ。何かに引っかかったかな?とりあえず竿を上げると、ゲゲッ何かかかってます!やったぁ、1匹追加だ。何だか2人に悪い気がするが、カウントさせてもらいました。結果、実釣2時間で4匹(グッドサイズの擦れ1匹含まず)+おまけの1匹で計5匹だ。OT氏も1匹ゲットしているが、サイズがお気に入らないご様子。後半頑張ってください。OG氏は2匹になっている。私の再開は10時。果たして前半のような結果で第3目標まで行く事が出来るか?すると、すぐにP4250250ウキがモヤモヤし始めるが、その後がないのは最初の頃と変わらない。多少の手水を加えてかき混ぜる。すると、それが功を奏したかは分からないが、ズバッというあたりで後半1匹目!が、それからはまたモヤモヤに戻る。何かしら変化を付けると結果につながるが、その場限りなのは辛い。でも、こうやって常に変化を加えて行くのが両ダンゴの釣りなのかも。その後私P4250251がもう1匹釣ったところで、これまた1匹追加したOT氏から11時で終了するとのお言葉。午後から用事があるらしい。それで開始が早かったのか。それからじきに11時。OT氏が片付け。お疲れ様でした。と、ここでOG氏の竿が曲がる!私の両ダンゴがさっぱりになって来たのに対し、「お」が好調のようだ。なにしろ毎回のようにあたるらしい。ただ、何となくバラケに来ているようで、かからないとの事。OT氏が帰り、我々も12時を終了と決める。が、OG氏が竿を曲げるのに比べ、私のウキはモヤモヤの繰り返し。餌に変化を付けてみても同じだ。そのまま12時近くなって2人とも餌が尽き、予定より少しだけ早く終了。結果、後半は実釣2時間弱で2匹。11時からの1時間では何も釣れなかった(ガックリPART2)。前半と併せて実釣4時間で7匹(グッドサイズの擦れ1匹含まず。クーッ)。OG氏は実釣3時間で5匹だった。片付け。早く片付けを終えた私は、対面のOさんに挨拶して先にP4250252P4250253崖?を登り、フェンスを越えてOG氏を待つ。そしてその間に呼吸を整えておく。それから2人で駐車場に戻り、既に昼食を終えたNM氏のところに寄って帰ることにする。私は空腹のまま池を後にした。
 
    ↓深夜の更新になりました。ここをポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« Oさんに会えなかった@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その8(味いちもんめ) »

コメント

こんにちは。
宙×2回は珍しいですね。
また、3人揃うのも珍しいようですね。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年4月26日 (月) 12時39分

バットさんこんにちは。
そうですね、3人揃うのは最近ではなかなかありません。これにMM氏が加われば、かつての釣り仲間が勢ぞろいになるのですが、会社を離れた今では難しいでしょう。3人までは何とか揃いますけど。
宙を続けてやる時は、必ず前半と後半で餌を変えます。例え前半の餌で釣れていても。変わり者でしょうか?

投稿: sunshine_hera | 2010年4月26日 (月) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48183942

この記事へのトラックバック一覧です: OT氏とほぼ半年ぶりの釣り@都田:

« Oさんに会えなかった@都田 | トップページ | 私の所蔵漫画本その8(味いちもんめ) »