« 何ら変わりなし | トップページ | 気分が滅入りながらの釣り@浜北新池 »

2010年4月17日 (土)

気分を変えて@都田

カラオケのことで腐っていても仕方がない。今日は先日Oさんの爆釣を見た、都田日向側ダム?そばに入るぞ。予報では風が強いとあるが、ダム?そばなら多少の風は大丈夫だ。しかぁ~し、ピーカンなのに出だしが遅れる。これでは場所が確保出来ないかも。9時頃に駐車場に着くや否や橋まで行って池を覗うと、こちら側は私のいつもの場所と深場ワンドに先客。WINDOMの人とOさんはいない。Oさんは小野の池かもね。対面は看板横と、ああっ、ダム?そばには先客!ガックリ。でも、その隣に入れば何とかなる。急いで車に戻り、荷物を抱えて外の道路からダム?を渡ってすぐの崖を下りる。既に息切れ。先客に挨拶して、左に入らせてもらう。流れ込みにも1人入った。さあ準備P4170154P4170155だ。先客は13尺の宙で感嘆のセット。まだ始めたばかりだとの事。う~ん、そうか。やはり早起きしなければ。さて、今日の私は当然15尺の底。先日のOさんを見習って、両ダンゴで爆釣だ!久し振りの両ダンゴ、興奮?して大量に作ってしまった。ダンゴの底釣り(夏・冬)にそこそこダンゴの残り(今日でようやく使い切った)とマッハ。湖面には風・波(予報では8~9m/sだもんね)があるが、予想したほどではない。底取りを終え、開始は9時。バットさんも来るかと思ったら、仕事の関係で思うようにならず、結局バットさんは引佐天池で2時半までやったらしい。さて、餌打ちを始めると、やはりウキの馴染み幅が思うとおりにならない。ウキ下を微調整。その間に先客と流れ込みの人が竿を曲げる。高活性は間違いなし?が、しかぁ~し、先客はそれからカラツンの嵐になった。私のほうは、何か釣る前にトラブル発生。波でウキが手前に来ると、根掛かりになるのだった。Oさんがやっていた場所と少し離れているだけなのに(ガックリ)。でも場所は動きません。当然ウキも動きません。あっという間に30分経過。Oさんのようには行かないか。雨があったりして様子は変わっているんだろうなぁ。先客からも同じような事を聞いた。それでも弱いあたりで1匹目。え~っ、このサイズ?予定では30cmオーバー連発なのに、こちらも様変わりなのか(ションボリ)。対面ワンドには5人が並んだ。P4170156P4170157P4170158私のウキはその後も動くが、9時台には結局3匹。多少大きめがかかっても30cmはない。残念だ。でも、そのうちサイズアップするかも、と前向きに考えよう。風・波は収まる気配はないが、そんなにきつくないので何とかなる。先客は時折竿を曲げるが、かかってくるのはグッドサイズばかり。今日はこういうのを底で「入れパク」の予定だったんP4170159P4170160P4170161P4170162P4170163だがなぁ(本日のタラ・レバ)。10時台にはそれでも5匹。まあグッドサイズと言えそうなのもかかるが、私の欲しいのはこれではない。が、そんな事を言っているうちに、次第にウキが動かなくなる。何だろう?別に風・波が強くなったとも思えない。ただ、ウキの馴染み幅が微妙に違ってきたような気がする。それでP4170164P4170165も、ここで底を取り直さないのが私のダメなところ。そのまま続行して11時台にはたったの2匹。が、しかぁ~し、12時のサイレンを聞く頃から、急にウキの馴染みが悪くなる。どうやら寄りがきつくなったようだ。ひょっとしてこれから?先客は12時前に帰った。ウキの馴染みが悪くなってフワフワするのを何とか底に落ち着かせないと、と竿先を引いてみたりするが、それよりハリスを縮めたほうが早いのP4170166では、と気が付いたのは餌があと2投分になってから。今更と思いながらもハリスを詰めてみると、ラス前に1匹!それまでが40cm以上のハリスだったから、寄りがきつくなればフワフワも当たり前だった。残念「最後の1投」は効かなかったが、実釣約3時間半で11匹はどうだろう。サイP4170167_2ズも満足出来ないし。それでは続いても底で行く?ちょっと考えた。流れ込みの人が12時過ぎからかなりの頻度で竿を曲げている。おそらく宙。隣の先客もグッドサイズだったから、ここは宙で行くとするか。まずは昼食。それから、竿を12尺に変え、餌は初めて使う「ガッテン」で両ダンゴだ。袋に書いてあるように作る。「たな」1本半で再開は12時50分。しかぁ~し、すぐに1本に変更。特に意味はありません。流れ込みの人が1時頃に帰った。さて、私のほうは数投でウキに動きが。そして馴染んだウキがちょっと入るのに合わせれば、やったかかったでしょう!うわっ、かなり引く。これはグッドサイズかもね。が、寄せてみれば腹に擦れ。確かにサイズはグッドでしたが、ガクガクッ。でも、こんなに早くへらが寄るとは思わなかったので、それからもウキを注視だ。P4170168すると、馴染んだウキが小さく入るあたりに手を出して1匹目!サイズもグーだし、やはりこれですよ。が、「たも」の中でハリス切れ。急いで交換するついでに、こちらもハリスを詰めておく。すると、次の餌打ちでまたもウキが馴染んP4170169でからのチクッというあたりで2匹目。連荘!しかも、次の餌打ちでもあたり!が、残念バラシ。すると次の餌打ちからは、それまでと同じようなあたりは全てカラ。ほぼ毎回のようにあたりが出るが、いよいよ難しくなって私のアームが試される展開に。しかぁ~し、私に出来る事がそれほどあるわけでもなく、餌付けのサイズや圧を変えながら餌打ちすれば、カラも多いがそれなりにかかるP4170170P4170171P4170172P4170173ようになる。その後4匹を追加して1時台は終わるが、餌の消費が激しくて、このままではとても3時まで持たないなぁ。まぁ、あまりに釣れて(もちろん私にとって、だが)肩が痛いので、そんなにやらなくてもいいか(オイオイ)。と、最初のあたりを見逃した後のズバッというあたりに合わせP4170174れば、やったかかりました!おおっ、これは・・・。大変久し振りのダブルではないか。なんだか好調か?だが、餌が残り少ない。どうみても2時半で終わる。いつも作るダンゴなら2時間は持つのに、この餌は嵩ばかりあって質が少ないようだ。その後ポツポツと2匹釣るが、予定通り2時半頃P4170175P4170176に餌が尽きて終了。実釣1時間半!でジャスト10匹は素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。トータルでは実釣5時間で21匹。底でも宙でもP4170179_2途中にバラシを連発した時にはかなりガックリしたが、何とか20まで到達した。ただし、先日のOさんの足元にも及びませんが。多分私以外の人がやれば、もっと数を増やせただろう。片付け。バットさんもちょうど私と同じ頃に終わり、結果を出したようだ。こちら側ワンドに2人、対面のワンドには4人。後は看板横付近に1人が見える。片付けをP4170180終え、外の道路から駐車場に戻る。ダム?横に咲いているのは藤?暑い。今日は着過ぎた。駐車場は好天でほぼ満杯。さて、特にこのあと用事もないし、ゆっくり帰るとするか。そろそろと池を後にした。
 
    ↓本当はもっと釣れたのに・・・
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 何ら変わりなし | トップページ | 気分が滅入りながらの釣り@浜北新池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48108600

この記事へのトラックバック一覧です: 気分を変えて@都田:

« 何ら変わりなし | トップページ | 気分が滅入りながらの釣り@浜北新池 »