« サイズアップも気分は↓@都田 | トップページ | やはり厳しかった@都田 »

2010年4月 9日 (金)

様変わりの大久保

今日は特に釣行の予定はなかったが、何故かふらふらと大久保へ。風に強いと踏んだ。池に着くと先客あり。堰堤右端に1人。挨拶してから車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。もちろんいつもの堰堤左端。う~ん、水が濁っていていい感じ。きっと爆釣に違いない。さあ準備しよう。今日はこの池仕様で9尺を出す。もちろん底。餌はいつものバラケに強力グルテンのセットだ。予想と違って風が右から吹いてくるが、これが冷たい。P4090105P4090106そういえば水も心持冷たい気がする。それでも底を取り、開始は10時10分。妙に緊張する。先客が1回バラすのを見た。さて、餌打ちを開始すると、じきにウキがモヤモヤし始めた。両グルテンで打つと、それがより明確になる。ただ、かからないとへらなのかジャミなのか分からないので、とにかく合わせる。すると、小さなあたりらしきウキの動きで、やったかかりました!ああっ、バラシた・・・。ガクガクッ。この池での私のジンクスでは、最初にバラすとその後は釣れない。これは困った。ただ、ウキはまだ動いている。先客は11時頃帰った。ウキはモヤッと返したりするのだが、その後じっと待っていてもあたりにならない。さて、どうしたらいいのだろう。餌付けやウキ下を微調整するが、全く効果なし。釣り方を変えたほうがいいのかも。しかぁ~し、変なウキの動きに合わせれP4090107ば、やったかかりましたよ!今度こそゲットだ。しかぁ~し、寄せてみると腹に擦れている。再度ガクガクッ。今日の状況では、この後へらがかかるかどうか分からない(マイナス思考~!)ので、とりあえず写真を撮っておこう。サイズはグーなのになぁ(でもこの池の平均サイズ)。でも、この写真は正解だった(トホホ)。その後、じきに元の状態に戻るが、あたりは出ない。そして12時。そろそろ餌が終わる。昨日のように終わるべきか?いや、今日は宙で続行だ。さあ、最後の1投。頼むよ。すると、小さなあたり!これに合わせれば、やった今度こそかかったでしょう!しかぁ~し、すぐにバラシ。再々度のガクガクッ。底は終わった。実釣2時間で凸(擦れ1匹含まず)。さて、次は宙だ。竿はそのままに仕掛けとウキを交換。餌は特S:天々:マッハ:水を全て1のバラケに「お」。「たな」は1本で再開。12時を過ぎて常連さんが堰堤右端に入った。常連さんはそれからポツポツとやって来て、堰堤に右から3人と左岸倒木横の1人の計4人になった。さて、宙を始めてじきにウキに動きが。これは高活性?しかぁ~し、どうもジャミのような気がする。私が座っている釣り台のそばにはへらが。指を洗うボウルの水を捨てたところに群れている。ボウルに入っていた餌を食べているようだ。どうせならウキの下に集まってくれ!さて、何度となくカラを打ったあとにかかってきたのは、やはりジャミ。でも、これを我慢すれば、そのうちへらに変わる筈。すると、ウキが馴染みながらズバッと入り、これに合わせればやったかかりました!が、しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。もうガクガクッとも出来ません。続いては、せっかくかかったへらが左手の水没した倒木に逃げ込んでハリス切れ。もうどうにでもしてくれ!実はその少し前に、堰堤右端の先客がへらにバルブ付近に逃げられて道糸を切っているのを見ていたので、まさにデジャブ(違うか)。気分転換に「たな」を深くすると、それなりにウキは動くのだが、かかってきたのは数センチのジャミ。しかもちゃんと口に鈎がかかっているではないか。何故これがへらにかからないのか?そろそろ1時半頃か。凸の心構えをしなければ。いや、ネヴァー・ギヴアップだ。それでは、今更ながら「段差の底」にしてみよう。もちろん宙の仕掛けのままでやるので、底取りは適当に。そして、再開だ。すると、こちらもじきにウキがモヤモヤ。ただし、先程までと同様にバラケに来ている感じ。弱くあたP4090109るのはバラケのようで、「お」は残っている。それでも、ウキの馴染みがなくなって空合わせをくれると、何だ何だ、かかってますよ!私よりへらの方が驚いたのか、ほとんど暴れずに寄せる。やったぁ、凸脱却だ。急に気持ちが楽になる。やはり底だったのか。私から釣り台1つ隔てて竿を出している常連さんが、1時頃から始めて2回竿を曲げている。やはり常連さんは違うなぁ。私はその後、ウキが馴染む途中での消し込みに合わせるが鱗。更に再びの子ジャミ。何でこっちだけ口にかかるんだ?2時を過ぎたので、早く餌が尽きるように宙に変更。前と同じようにジャミらしきウキの動きはあったが、何もかからず終了だ。こちらも実釣2時間で1匹。本当に凸でP4090110なくて良かったぁ。片付け。左岸の人が竿を曲げたが、途中でバラシて仕掛けが頭上の木の枝にかかった。うまく回収出来て幸いでした。片付けを終え、釣り台を良く拭いてから、常連さんに挨拶して車に戻る。今日は気温が上がらず、人間も辛かったがへらも辛かったのだろう。大久保の季節も逆戻りした感じだ。さて、明日は好天。何処の池に行こうかな。って、3連荘だよ。OT氏から連絡があればいいのに。今日は昼食なしだったので、腹ペコペコで池を後にした。
 
    ↓季節が戻った大久保でした
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« サイズアップも気分は↓@都田 | トップページ | やはり厳しかった@都田 »

コメント

こんばんは。
バラシが多いようですがスレかな?
とにかくお疲れ様でした。
明日もがんばって釣りましょー!
明日と明後日は釣行に行きますが、2日とも仕事危険日ですので短時間でぶつ切りになりそうです。
仕事が入らなきゃ1日中竿を出しているんですが…。

投稿: 黄金バット | 2010年4月 9日 (金) 21時35分

バットさんこんばんは。
そうですね、食いが渋いので、おそらく擦れバラシでしょう。ウキがあれだけフワフワしているのにあたらないなんて、ホントきついです。
似非段底での1匹は、まぐれの中のまぐれでしょう。ただ、左岸に沈む倒木に逃げ込んだ1匹は、口にかかっていたと思いたいです。
明日は3連荘になりますが、何とか出かけたいですね。ただ、長靴に穴があいているので、足元の良い場所がいいです。

投稿: sunshine_hera | 2010年4月 9日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48038610

この記事へのトラックバック一覧です: 様変わりの大久保:

« サイズアップも気分は↓@都田 | トップページ | やはり厳しかった@都田 »