« いやはや何とも | トップページ | ただただ自虐的@小野の池 »

2010年4月 4日 (日)

賑わいを見せた都田

今日は好天で風も弱いとの予報に、久し振りに早く家を出る。きっと都田も家族連れで混むに違いないから。駐車場にはそれでも数多くの車。ゲゲッ、もうこんなに来ている?まずは橋まで行って池の様子を覗うと、何だこれは!例会なのか分からないが、対面日向側にはジャカゴからダム?付近までへら師がビッシリ。大体20人くらい。それに、こちら側深場にも5,6人。何故か浅場には誰もいない。よし、それなら私はいつもの場所に入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。まだ湖面は鏡のよう。ん、塩ビ管手P4040053P4040054前に何処かで見た人が。Oさんではないか?早速そばに行って挨拶。先日小野の池まで見に行ったことを話すと、その日は1時半過ぎに終了したとの事。もう1回竿を出しているが、2回ともあたりなしだった。やはり厳しいなぁ。そう言えば、今日はバットさんとザわさんが竿を出している。結果が楽しみだ。さて、自分の釣り座に戻って準備だ。Oさんは12尺を出しているが、私はどうしようかな。そうだな、13尺にしようかな。一旦竿を出そうとするが、やはり12尺にしよう。もちろん底。餌はいつもの。あっ、風と波が出て来た。何でだろう。まあいい、これくらいなら何とかなる。底を取り、開始は9時20分。と思ったら、何となく仕掛けが長いぞ。ゲゲッ、13尺の仕掛けを取り付けていた。全くどうかしている。すぐに交換。波が大きくなった気がして、底取りもうまくいかない。何とか出来た。再開。すると、2投目でウキがスッと入った!慌てて合わせるがカラ。こりゃぁ高活性か?でも、対面からは渋そうな声。良く分からないなぁ。しかぁ~し、次の餌打ちであたりに合ったものの、かかってきたのはブルー。ガックリ。でも、ウキは動いているのP4040055で、じきにへらが来るに違いない。すると、本当にじきにあたり!で1匹目。これは間違いなく高活性だ。ただしサイズは小。Oさんも放流が擦れたと言っていたので、以前の状P4040056態に戻ったようだ。私はそれからすぐにもう1匹をゲットするが、それからはウキの動きが煩雑になって、あたりらしきウキの動きに合わせても擦れバラシばかり。ストレスが溜まる。対面看板横付近でも竿が曲がっているようだが、深場は不明。途中1人やって来て、OT氏のいつもの場所(もう半年以上入っていないが)から更に草むらを隔てた浅場に入った。さて、バラシの間にポツポツとかかり、ダブルをP4040057P4040058P4040059ゲットしたところで10時。サイズはさておき、まあまあのペースではなかろうか。だが、このままでは面白くない。もう少しサイズアップしたいので、今のへらを散らせるためにしばらくOさんの様子を見に行くと、Oさんも放流に参っている様子。こちら側では今日はサイズアップは望めないかも。再びつり座に戻って再開。と思ったら、波が次第に大きくなってきた。ウキが流される。空も曇り、予報とは違って風も強くなりそうだ。それでも、P4040060P4040061P4040062P4040063P4040064P4040065P4040066P4040067P4040069まだへらは残っていて、ウキは波でシモリながらもあたりを出す。サイズは変わらないが、ポツリポツリと餌が尽きた11時20分頃までに9匹をゲット。実釣2時間弱で15匹なら以前の状態に戻った。波がかなり出ているので、宙はどうしようかな?とりあえずOさんの様子を見に行くと、流れがキツイのでドボンにしているとの事。そして私が見ていP4040070る前でバッチリ合わせた!ムムッ、これは大物か、それとも擦れか?姿を見せたのは大型のマブナ。そしてすぐに次のあたり!これは擦れていたが、魚は寄っているようだ。波は収まらないので、一旦はこれで終わろうかと思ったが、ひょっとして宙では大物が来るかも、とスケベ心を出して続行とする。竿は11尺に変え、餌は特S:バラケマッハ:水を1:2:1のバラケに食わせは「玉」。後から来た人が静かに竿を曲げている。サイズはやはり放流のようだ。おっ、更に浅場にもう1人。さて、「たな」1本で再開は11時45分。しかぁ~し、予想通りウキが流される。曇ってきたのと正面の景色、更に波でウキの視認性もかなり悪くなった。やはりやらないほうが良かったかも、とテンションが下がる。じきに12時のサイレン。それでは気分転換に昼食でも。小野の池の2人はもう帰ったのかな?さて、再開するが状況は同じ。一体何のために餌を打っているのだろう。が、波がほんの少し穏やかになった時に、ウキが動いていることが判明。俄然やる気になる。そして、弱くウキが入ったように思えて合わせれば、やったかかりました!が、上がって来る姿は擦れのよう。一旦ガクガクッとなったが、良く見れば上鈎を食っていて、下鈎が絡んでいるのだった。良かったぁ、サイズはさておき宙でも釣れたぞ。すると、その後もウキの動きが見える時に、P4040071P4040072P4040073P4040074P4040075P4040076ポツリポツリとあたりが拾えるようになる。1時までに4匹。そしてちょうどOさんがこちらの様子を見に来た時に6匹目。さあ、もう少し数を増やそう。が、しかぁ~し、波が大きくなる。足元にもジャブジャブ。ウキの動きなど見つけるのも大変。結局そこから1匹も増P4040077やせず、バラケと「玉」が尽きた1時45分頃に無念の終了だ。結果、宙では実釣2時間で6匹。トータルでは実釣4時間で21匹。こんな天気では良しとしないと。片付け。例会らしき人達は最後の追い込みか。私の横に入っていた人は、帰っている。片付けを終え、Oさんのところへ。竿はまだ曲がっているが、今日一番はあのマブナのようだ。近いうちにまた小野の池に行くと言うので、この人もあの池の魔力にとりつかれたようだ。話しているうちに雨が来たので、次回また宜しくと挨拶してその場を離れた。駐車場はほぼ満杯。入れない車が外の道路脇に突っ込まれている。早く出よう。車に荷物を積み、家路についた。
 
    ↓今日は良く賑わっていたなぁ、池も周りも。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« いやはや何とも | トップページ | ただただ自虐的@小野の池 »

コメント

こんにちは。
釣り人が居た割にはウキは動いていたようですね。
小野は3時間半の釣りでした、解っていましたが、厳しい釣りです。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年4月 6日 (火) 12時25分

バットさんこんにちは。
都田もいよいよ春本番になりましたね。これからは日陰です(日向は暑くてやりきれない)。
それに引き換え、小野の池の寂しさはいったいどうなっているのでしょう。今更愚痴を言っても始まりませんが、本当に自虐的な池です(Oさんの1匹がなかったら・・・)。

投稿: sunshine_hera | 2010年4月 6日 (火) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/47993893

この記事へのトラックバック一覧です: 賑わいを見せた都田:

« いやはや何とも | トップページ | ただただ自虐的@小野の池 »