« やはり宙は駄目か?@大久保 | トップページ | あれこれと »

2010年5月20日 (木)

ほぼ貸切なのだが、なかなか思うようには@都田

今日はまだ雨が残っていると思ったら、何と晴れてきたではないか。それでは、といそいそと出掛ける用意。ただ、あまりにも出だしが遅くなってしまった。駐車場に着いたのは10時近い。車は停まっているが、へら師はどうかな?橋まで行って池の様子を覗うと、れれっ誰もいない。水の濁りといい、波の少なさといい、グッドなコンディションであることは間違いないが、どうしてだろう。まあいい、私はいつもの場所にでも入るとするか。車に戻って荷物を降ろしていると、1人やってきた。どうやらへら師のようだ。何処に入るのだろう。私は新しい長靴(バットさん、おろしましたよ)を履いて池に向かう。私のいつもの場所は水が流れ込んでおり、多分土砂も入っているのだろう。この場所で以前雨のあとに凸寸前まで追い込まれたことを思い出したので、場所を変更。奥へ奥へと向かうP5200522P5200523。結局収まったのは塩ビ管手前。もう1人のへら師は対面ダム?そばに入った。さあ準備だ。汗が滴る。タオルで拭いても拭いても止まらない。さて、竿はいくつにすればいいのかな。底の状態が分からないが、とりあえず11尺にしてみよう。もし根掛かりするようなら、13尺もありえる。もちろん底から。餌はいつものダンゴ。汗を拭き拭き開始は10時10分。ウキの馴染みが気に成るが、そのまま。すると、じきにウキに動きが。ほぼ貸切というのが関係しているのかも。そしてチクッというあたりでやった1匹目!サイズP5200524もグーではないか。そろそろ放流と入れ替わってくれるようになったのか。が、次の消し込みで放流の擦れ。ガックP5200525_2リ。でも、続いてのあたりでまたもグーなサイズ。このまま行けば時間5匹は楽々クリア出来そうだが、とりあえずそれを目標にしよう。が、へらの寄りがきつくなってきたのか、ウキの動きが悪くなる。それに、時間帯のせいか波。どうにも釣りにくくなってしまう。何度となくカラを味わいながP5200526P5200527P5200528ら、ポツポツと時間5匹をギリギリ保ちながら続行だ。サイズがグーなままというのが嬉しい。が、しかぁ~し、11時を過ぎる頃から、更にウキの動きが悪くなる。たまたま連荘P5200529P5200530が出たが、その後はカラにバラシも出て、時間5匹は難しい状況に。そして3連続ハリス切れ(「たも」の中2回と寄せきれず1回)とかなりシP5200531ョックなアクシデントも発生。ようやく1匹を追加したものの、そのまま12時のサイレンを聞くことに。餌も残り少ないし、時間5匹は絶望か?対面看板横に1人入った。また、昼を過ぎて坂の下に1人とジャカゴ下に2人。こちら日陰側は私だけ。また、私以外はそんなに釣れていないと思ったら、皆さん寄せるのが静かなだけだった。そろそろ餌も終わり。残念ながら時間5匹はクリア出来なさそうだ。と、ここで一旦起き上がったウキが再び寝てしまう現象。嫌な予感がP5200532しながらも合わせれば、やったかかってます!底ではないが、まあいいでしょう。そして最後の1投。が、あたりになP5200533らず底は終了だ。結果、実釣2時間強で9匹。ただ、サイズがグーなので、それほどガックリしていない。さあ、次は宙だ。が、波が収まらない状況。かなりウキが流されそうだが、それでも一応やってみよう。まずは昼食。それから竿を9尺に変更だ。餌はガッテンの残りに特Sとマッハを足したもの。「たな」1本での再開は12時半。果たして前回と同じ轍を踏むのか?それとも・・・。すると、餌打ち数投でウキに動きが。波で少し分かりにくいなぁと思っていると、いきなりズバッと入ってやった1匹目?が、寄せる途中でバラシ。グーなサイズの口にかかっているのは見えたのだが、残念。「たも」まであと数センチだった。ひょっとして今日はこれで終わりか?が、じきに再度の消し込みで今度こそ1匹目だ。やれやれ。ウキP5200534P5200535P5200536の動きはなくならず、1時までにもう2匹をゲット。いずれも底と同じかそれよりグッドなサイズだ。この調子で行けば、宙では時間5匹をクリア出来るかも。が、しかぁ~し、今日もカラツンの嵐。小気味良いあたりが全くかからない。それでも、とにかくあたりに合P5200537P5200538P5200539わせてポツポツと時間5匹のペースを守る。が、餌打ちのペースが上がったために、餌の消費が激しくなり、いつもより早く終わりそうだ。時間5匹は微妙な感じ。ただサイズはグーで、35cmクラスもゲットだ。途中にバラシの3連発が出るが、何とか堪えて続P5200540P5200541行。1時台には35cmクラスを含めてもう2匹をゲットするが、餌がもうない。あと2匹を釣らないと、時間5匹は無理だろう。2時を過ぎ、最後のP5200542お願いと「1個餌釣法」で攻めてみるが、1匹を追加して2時10分に終了。結果、宙では実釣1時間40分で9匹。底と併せて実釣4時間弱で18匹と、時間5匹にわずかに届かなかった。片付け。皆さんは続行のようだ。蟻が荷物にまとわりついて来る。これを払って片付け終了。滴る汗をP5200543拭きながら駐車場に戻る。これから行き帰りがしんどい(勿論私にとって、だが)季節になるが、へらにとってはもうしばらく高活性?が続きそうだ。車に荷物を積み、池を後にした。
 
 
 
    ↓浅場でもグッドサイズが出そうだ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« やはり宙は駄目か?@大久保 | トップページ | あれこれと »

コメント

今晩は。自虐会を返上しなくてはいけない釣果ですね。昨日Yurieの休みは案の定一日雨!でも、でも自虐的に(笑)釣行を決めました。雨の鳳来湖に行ってきました。「野生の引き」を堪能しようと思いましたが・・・。結果自虐的?ずぶ濡れ、ドロドロ帰ってからの釣具清掃に一時間余り掛けました。釣果は~~~~?      凸でした。
PS.鳳来湖の自然は良いですね。好きになりました。

投稿: yurie | 2010年5月20日 (木) 22時06分

yurieさんこんばんは。
いえいえ、まだまだの結果ですよ。あたりの100%を釣ろうとは思っていませんが(そうか?)、あたりの数から見ても、もう少し釣れるはずでした。何かが足りないんです(アームという答えはさておき)。
鳳来は見に行ったことはあるんですが、竿を出したことはありません。深いところからへらを引き揚げるのが快感だと思いますが、広すぎて何処に竿を出したらいいんでしょうか?

投稿: sunshine_hera | 2010年5月20日 (木) 23時37分

おはようございます。
sunshineさん、相変わらず、アタリはたくさんある増沢のようですね。
ヘラ師が居ない状態は皆、「自虐的」な釣りを目指してどこかに行っているのでは?

yurieさん、おはようございます。
「鳳来湖」行ってきましたかぁ~~。
私も連れられて一度しか行ってませんので全然わかりませんがいい所ですよね~、「自虐的」にはもってこいです。
あそこで長竿のテンテンで魚を掛けたら 「う~~ん、マンダム」って感じ(古い!若い人知らない)浪漫を感じますね。
雨でも行って、しかもドロドロは自虐大賞にノミネートです。

投稿: 黄金バット | 2010年5月21日 (金) 07時15分

バットさんおはようございます。
自虐的は、たまに自虐的だからいいのであって、毎回自虐的は厳しいですよ。
それに、バットさんもご存知のように、増沢も時として我々に牙をむくことがあるので、決して安穏とした釣り場ではないんです。
今は季節として最良の時ではないかと思いますので、バットさんも是非増沢に足を運んで、自虐的な釣りの疲れをほぐしてください。

投稿: sunshine_hera | 2010年5月21日 (金) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48409161

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ貸切なのだが、なかなか思うようには@都田:

« やはり宙は駄目か?@大久保 | トップページ | あれこれと »