« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

短竿で楽しめた、かな?@都田

週が変わって、池の状況に変化があったか確認するため(ホント?)に、今日もいそいそと都田へ。駐車場には既に多くの車が停まっているが、早速橋まで行って池の様子を覗うと、あれっ、へら師の姿は少ないぞ。対面には流れ込みに1人だけ。こちら日陰側には柳の木の奥に1人と塩ビ管奥のほうに何人か。WINDOMの人はいないが、そう言えば、モクレン街道で擦れ違ったかもしれない(はっきりしません)。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。もちろんいつもの場所に入る。予報どおり風・波。これも予報どおりなのか肌寒い。長袖シャツとジャンパーを着てきて良かった。柳の木の奥の先客に挨拶してP5310632P5310633、さあ準備だ。今日は底で9尺、宙で7尺を採用。底では、本当に土砂の影響があるのか試してみるつもり。餌は夏:冬:マッハ:ペレ道:水を2:2:1:1:3と、残っている餌を平均して使う。波で底が取りにくいが、何とか出来た。餌打ち開始は9時30分。すると、すぐにウキが返すようになる。これは高活性?土砂の影響なんてないと同じ?そして小さくあたったのに合わせれば、やった1匹目!短竿での目標は1匹としていたので、もう達成だ。それでは、時間5匹と私の第3目標を目標に掲げよう。その後、波でウP5310634P5310635P5310636キが見難い時を除き、あたりを拾える展開になって、ポツポツと数を増やす。開始30分で3匹なら、幸先良しと言えるのでは?おまけにサイズもグー。こんな手前でもOKなんだ。それからもあたりは続き、サイズにむらはあるものの、10時台には8匹をゲットだP5310637P5310638P5310639P5310640P5310641P5310642P5310643P5310644。この時点で時間5匹(底で釣るのは約2時間だから)と第3目標をクリア。波は一向に収まる気配はないが、その隙間を狙ってあたりを拾う。先客もポツポツと釣っているようだ。また、対面ダム?そばに1人入った。さて、11時を過ぎてもウキは動き続ける。こうなると、土砂の影響はもはやないと言ってもいいだろうP5310645P5310646P5310647。ポツポツと3匹を追加。そして次のあたりは強烈な引き!寄せる途中ではマブナライクP5310648にも見えたが、「たも」に入った姿はへらのようだ。とりあえずカウント。そして次の餌打ち。そして餌を切ろうと空合わせをくれると、あれっウキが池に残っているぞ。ゲゲッ、チチワの部分が外れたか?長い竿を出して回収。すると、チチワが外れたのではなく、切れていた。これにはビックリ。その前のあたりで切れなくて良かったぁ。まだ餌が少し残っているが、ちょうど2時間ときりがいいので、底はここで終了。結果、疑惑の1匹を含めて、実釣2時間で15匹。9尺さまさまか。さあ、次は宙だ。竿を7尺に替え、餌は特S・天々・マッハ・ペレ道・水を全て1のダンゴ。が、出来上がりのタッチが良くない。とりあえず餌付けして打ってみよう。それでどのくらいウキが入るか、まずは確認だ。「たな」1本(3本継ぎ)で再開は11時50分。すると、いきなりウキがフワフワしてグッと入った!驚きながらも合わせると、やP5310649ったかかってます!第1投で釣れたどーッ!だが、これは喜ぶべき事なのか?へらの寄りがどうなっているのか分からないうちのあたりなので、とにかくその後は慎重に。が、しかぁ~し、次のあたりでは腹に擦れて上がってきた。竿が折れんばかりに曲がったのに・・・。すると、それからは消し込みがほぼ毎回のように出るが、全くかからないままに時間が過ぎる展開に。これは困った。手揉みで餌のタッチを変えながら打ってみるが、全く効果なし。12時を過ぎて、柳の木の奥と対面流れ込みの先客が帰った。ダム?そばと塩ビ管付近の人達?は釣れているのかな?とにかく闇雲にあたりに合わせ続ければ、それでもたまに食ってP5310650P5310651いるのがあって、12時台には2匹を追加。結果が第1投の1匹だけでなくて良かったなぁ。さて、それまでは作りっ放しの餌を毎回手揉みで調整していたのだが、やはりこれではバラつきが大き過ぎる。そこで、残った餌に手水を打って、餌ボウルにこすりつけるように10回ほど練ってみる。そして餌打ちすると、それまでほとんどかからなかった消し込みに、少しはかかるようになる。餌のタッチのせいかP5310652P5310653P5310654P5310655、それとも単なる地合か?ダム?そばの人も帰って、他にへら師はいるのかどうか分からない(と言うか塩ビ管付近は見えない)。そろそろ餌が残り少ないが、OG氏からメールで、ジムの帰りに寄るとの連絡。ここで知らない人がやって来て、私に話しかけてきた。せっかく調子が上がっているのに、集中力が切れる。そして、消し込みに合わせそこなったら、プツンとハリス切れ。その人は去った(一体何だったのか?)。急いでハリス交換するが、地合は崩れてP5310656いた。ガックリ。その後何とかもう1匹釣った後にOG氏登場。何とか1匹釣って面目を保ちたいが、なかなかかからない。それでもやったかかりました!と思ったら、目に擦れ。サイズはグーなのに・・・。それからしばらくして餌が尽き、無念の終了。宙では、実釣2時間強で8匹。最後の1P5310657匹が惜しかった。いつもなら載せない写真ですが、最後の1枚(風景)を撮り忘れたので・・・。トータルでは、実釣4時間強で23匹。短竿でまあまあ楽しめたのでは?特に年に何回も使うわけではない7尺でそこそこ釣れたのは、良かった。片付けを終え、OG氏と駐車場に戻る。また次回宜しくと言って解散。私は腹が減ったので、ベイシアで何か買って帰ることにして、池を後にした。
 
    ↓水深がないところでの短竿。今日は良かったか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

昨日と同じ場所で一体何が違うのか@都田

今日は風がないとの予報。それに明日は天気が悪い(もうその話はいいのでは?)ので、今日行きましょう。バットさんは引佐天池に行っているようだが、私は昨日の釣りがどうにも納得出来なくて、再度都田へゴー!駐車場には多くの車が停まっているが、はてさてへら師はどれくらいいるのかな。橋まで行って池の様子を覗うと、対面日向側には誰もいない。こちら日陰側は柳の木の奥に1人と、あとは塩ビ管付近から奥に何人かいるのが見える。昨日私が入った「いつもの場所」近辺には誰もいない。が、今日はもう一度ここに入るぞ。車に戻って荷物を降ろし、池へ。先客に挨拶するが、もう終わって片付け中だった。あっ、先日バスを釣った人だ。それから、看板横に1人入った。さあ準備するかな。今日は竿を12尺にして、土砂の影響から逃れるつもり。もちろん底。餌は夏P5290607P5290608・冬・マッハの定番。まだ波はないが、いつもの事ながら開始すると出てくる。今日もそのとおりだった。さて、底を取り、開始は9時20分。昨日の事があるので、最初から緊張する。すると、何投か後にウキが戻したように見えて、急にやる気が。そして、ウキがP5290609餌落ち目盛から更に1目盛戻したあとにチクッと入るのに合わせれば、やったかかりました!サイズもグーだし、う、嬉しいゾ~ッ!曇っていて気温も上がらないが、竿を伸ばした(1尺ですが)のが良かったのかな?ただ、その後のあたりらしきウキの動きは、決してはっきりしたものではなP5290610かった。ん、すぐそばに猫。何かやりたいが、足元のブルーを釣ってハリストラブルになるのは避けたいので、何もやりません。猫はしばらく待っていたが、知らないうちにいなくなっていた(猫にあげるものが釣れたのは、ずっと後の事)。それから黒帯が動く程度のあたりに手を出せば、やった2匹目か?残念マブナ。引きだけは凄い。風・波は止まらなくなったが、その後1P5290611P5290612P52906130時頃までに2匹を追加。これで昨日の底の分は釣ったゾ(マブナ1匹は含まず)。奥でもバシャバシャ取り込む音が聞こえるので、今日は意外と高活性?私はその後もポツポP5290614P5290615ツとあたりを拾い、私の第2目標及び時間5匹をクリアだ。ただ、次第にウキの動きが悪くなってくるのが分かる。対面流れ込み付近からダムP5290616?そばまで3人入った。さて、その後は擦れ、口、擦れとなかなか数を増やせない。あたりは波で分かりにくいものの、全て馴染んで返してチクッ。何故かからないのか、何がどうなっているのか分からない。その後、10時台にはもう3匹を追加するが、とにかくあたりらしきウキの動きにP5290617P5290618P5290619合わせ続けただけ。ここまでくれば、気持ちは何となく第3目標と時間5匹のクリアだが、結構強い風・波でどうなるかは不明。11時を過ぎて、いよいよ餌があとわずかに。そして遂にラス前。何とかあたって欲しい。すると、ムズッというあたりでやった「上がりべP5290620ら」ゲットだ!ちょうど第3目標と時間5匹もクリア。昨日のリベンジも果たせた。ただ、昨日と今日で一体何が違うのだろう。竿と餌の違い?多分そんな事は関係ないと思う(根拠ナシ)。さあ、次は宙だ。波が出ているので、ウキは見やすいにこしたことはない。9尺を採用。餌は特S:天々:マッハと、いつもと同じ(これで本当にいいのか?)。我慢していた用を足し、ちょっと早い昼食。それから切れていたハリスを交換して、「たな」1本での再開は11時45分頃。なかなかウキが動き出さない。今日は宙が良くないか。それでも何とかウキが動き出P5290621したものの、今度はあたりが出ない。そこで、小さく入ったウキの動きに合わせてみると、やったかかりました!合わせてみるもんだ。11時台はこの1匹で終了。が、12時のサイレンを聞く頃から状況が一変。消し込みあたりが出始めるが、昨日に比べてかかる率がグ-ンと向上(とは言P5290622P5290623P5290624P5290625P5290626P5290627P5290628っても、倍くらいか)し、ズバッというあたりで気持ち良くかかる。餌を手直ししてやわネバにしたのが良かったのかも。開始から時間8匹(12時台に限っても時間7匹)なら、宙での第3目標と時間5匹のクリアは楽勝か?しかぁ~し、何が起きたのか分からないが、急に失速。ハリス切れも連発して、完全に調子が狂ってしまった。更に追い討ちをかけるように、へらの「たな」の上にブルーがやって来た。ウキが立たなかったり、いきなり消し込んだりする場合は、こP5290629のブルーが鈎を呑んでいる。とにかくウキをしっかり馴染ませたいのだが、上でつかまってしまう。何とか1匹を追加するが、どうしようもない。すると、今度はウキが馴染んでからの消し込みでは全くかからなくなる。もうお手上げ。餌を直そうにも、量が少な過ぎる。「上がりべら」は、ウキが一P5290630旦立ちそうになってから再び寝てしまったので、あ~あと思いながら合わせると、やったかかってました!上ずりにもなっていたのだった(トホホ×トホホ)。最後の1投も甲斐なく、1時40分頃に終了。1人やって来て、柳の木の奥に入った。看板横の人は帰っている。結果、宙では実釣2時間弱で10匹。途中まではひょっとして20匹くらいいけるかも、と取らぬ狸の何とやらだったが、最後にはこうなりました。底と併せて実釣4時間弱でジャスト20匹(マブナ1P5290631匹とブルー数匹は含まず)。片付け。雨がぱらつく事もあったが、今は晴れている。誤算は風・波があったことだが、嬉しい誤算もあった。片付けを終え、駐車場に戻る。予想外の結果に満足感。それにしても、何が原因でこんなに違う(底ですよ)のか。タラ・レバだが、昨日と同じ11尺を出していたらどうなっていただろうか?ペレ道とマッハの違いは?これからは、空いていれば出来るだけ「いつもの場所」に入ろう。そして、漠然とではなくもう少しちゃんとデータを蓄積してみよう。何かが見えてくるかもしれない。昼食は摂ったが腹が減っている。何か口に入れたい。さっさと池を後にした。
 
    ↓理解出来る説明がほしい
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

底で凸のピ~ンチ!@都田

今日は予定通り都田。が、最近は出だしが遅いのが当たり前になっていて、8時を過ぎてようやくゴー!駐車場に着くと、Oさんの車はあるがWINDOMはない。どうしたのかな。車に戻って荷物を降ろし、池に向かうと、OT氏と私のいつもの場所、それに旧爆釣ポイントが空いているではないか。何となく嫌な予感。対面は看板横と坂の下に1人ずつ、それに流れ込みにも。こちら側は柳の木の奥と、塩ビ管の両側、それにもっと奥のほうにもへら師がいそうだが、Oさんは何処にいるのだろう。まあいい、私はいつもの場所に入ろう。と、私の準備中に奥から1人やって来た。あっ、Oさんではないか。いつもとP5280589P5280590違って、今日は笠をかぶっている。昨日の小野の池はあれからさっぱりで終了。今日も塩ビ管手前だが、あまり良くなくて、まだ放流が1匹とのこと。う~ん、どうしよう。と言っても私にそれほど選択の余地があるわけでもない。竹竿11尺を出して底から行こう。餌は夏・冬・ペレ道のダンゴ。気温が上がらないのか、やけに涼しい。長袖とジャンパーを着てきて良かった。底も取れ、開始は8時45分。しかぁ~し、ジャストタイミングで波だ。おまけに、いきなりトンボあたり。仕方ないが、根気良く餌打ちすれば、そのうち釣れるだろう。すると、じきにウキに動きが。そしてあたりらしき動き!バッチリ合わせればやったかかりました!ん、バラシ!ガクガクッ。その後、ウキは動く場合があるのだが、カラもしくは擦れバラシ。9時を過ぎ、旧爆釣ポイントに1人入った。この人は10尺の宙で始めたが、じきに1匹。その後もポツポツと竿を曲げる。他のへら師もそれなりに竿を曲げるのだが、私1人がアウト・オブ・ザ・蚊帳。そのうち釣れると思いながらも全くかからず、はや1時間経過。時折トンボあたりに手を出したりして、波でウキの視認性が悪くなったことも重なり、イライラが募る。そして更に30分経過。これだと思ったあたりが全てバラシになり、最早お手上げ状態。そう言えば、先日私が旧爆釣ポイントに入った時、WINDOMの人のあとに入った人が、まさに今日の私と同じような推移を辿ったことを思い出した(って、それじゃぁ凸じゃん)。餌は合わせが少ない分まだ余裕があるが、気持ちP5280591P5280592の余裕は全くない。が、そろそろ10時半になろうとしたその時、やっとかかりました!ただ、サイズは小。すると、じきにもう1匹。凸から逃れたのは良かったが、このサイズかよ。何のために頑張り(頑張ったって、何を?)だったのか。でも、Oさんもそんなに竿が曲がっている様子もないので、今日は凸回避で良しP5280593としなければ。それからややグッドサイズを1匹ゲットしたものの、それ以上は望むべくもない。この頃のあたりは、馴染んで返してツン、の理想的なウキの動きなのだが、全くかからなかった。11時に餌が尽きて、底は終了だ。実釣2時間15分で3匹(トホホ)。波がかなり出ていて、宙をやる意味があるのかどうか。でも、一応やってみよう。竿を9尺に変更。餌は特Sが尽きそうなので、使い切るつもりで特S:天々:マッハを2:2:1のダンゴとする。準備をしてからOさんの元へ。底はなかなか難しいようだ。帰りに旧爆釣ポイントに入った人に、餌について教えてもらう。やわネバがいいようだが、練って粘りを出すよりも、BBでつなぐほうがベターだと言う。なるほど、ありがとうございます。釣り座に戻り、11時10分に「たな」1本で再開。餌は作りっ放しをその都度指で練るいつものやり方。すると、こちらは数投でウキに動きが。そしてじきに消し込むようなあたり!が、やはりかからない。それでも合わせ続けると、何とかかかるようになる。そして、底であんなに苦労して釣った3匹をP5280594P5280595P5280596あっという間にゲットだ。こんな事なら、最初から宙でやっていれば(本日のタラ・レバP5280597P5280598)。その後もカラに苦しみながら、ポツポツと12時までに2匹を追加。爆釣ではないが、底の事を考えれば素晴らしい展開。と、12時のサイレンとほぼ同時に対面看板横と坂の下の2人が帰った。こちら側も私の横の人が終了。私と同じように、根気が続かないようだ。随分竿が曲がった気がするが、擦れがあったので2桁には届いていないとの事。隣の片付け中に、私の竿が曲がる。隣に寄せてもらP5280599P5280600ったへらを釣っています。が、次第に餌が経時変化したのか、それまでより更にあたりに合わなくなって来る。一時は寒いとまで思った陽気も、太陽が頭上を通過した頃には却って暑くなった。波は収まらないが、そういう気温や水温の微妙な変化も影響しているのかもしれない。奥のほうでは、Oさんが竿を曲げている。さて、周りに誰もいなくなってへらを独り占めかと思われたが、確かに何かがウキを動かしている事は間違いない。それは多分へらだと思っていたのだが、ウキが立ってすぐの消し込みはブルーも関係していた。結構いいサイズですよ、これが。が、肝心のへP5280601P5280602らはなかなかかからず、12時台には2匹を追加しただけ。餌を余計に作ってあるので、もう30分くらいは出来そうだ。が、あたりは再び明確になりだしたものの、カラのオンパレード。あまりにも餌が少ないので、手直しとか出来るP5280604状況ではない。そこで、1個餌釣法。すると、何とか1匹を追加するものの、それ以上はかなわず、1時半頃に終了。宙では実釣2時間20分で10匹。底に比べれば遥かにハッピー!トータルでは、実釣4時間半で13匹。片付け。柳の木の奥の人は、とっくに帰っている。この人もポツポツと宙で竿を曲げていた。奥でOさんが竿を曲げているのが見える。片付けを終え、OP5280605P5280606さんの様子を見に行くと、サイズが揃ってきた(放流ではありませんよ)と言うではないか。また次回宜しくと言ってその場を離れ、駐車場へと向かった。明日は天気が悪そうなので、来週に期待しよう。車に荷物を積み、姫街道食堂で昼食を摂るべく、車はモクレン街道をひた走った。
 
    ↓底って難しいなぁ(宙が簡単というわけではありません)。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

小野の池

今日は通院のため竿は出せず、午後から池を廻ってみようと思い立った。まずは都田。ん、へら師は日陰側塩ビ管奥に2人だけ。時間が遅すぎたのか。それでは、小野の池に行ってみよう。Oさんがいるかもね。池に着くと、やはりOさんの車が停まっている。いP1000261つもの青い釣り台だ。まずはフェンスの外から挨拶。何と、今日も既に2匹釣っていると言うではないか。これにはビックリ。それに、一昨日の火曜日にもここへ来て、その時には驚きの5匹をゲット。いずれも40cmオーバーだと言うから、恐ろしい。詳しく訊きたくてフェンスを越える。先週の金曜日に4匹をゲットしてから凸知らずだ。ただ、今日はあたりが止まってしまったらしい。それでも羨ましいの一語。でも、そろそろ水が澄んできたので難しくなるのでは、と言う。そうだなぁ、私は次の雨の後にでも来るとしよう。Oさんが明日は久し振りに都田だと言うので、私も明日はとりあえず結果が出る(筈?)都田に行こうかな。あまり邪魔ばかりしては申し訳ないので、頑張ってくださいと言ってその場を離れた。
 
    ↓ホント、羨ましい~
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

急遽短時間の釣りに@大久保

昨日釣行したばかりなのに、今日もまた出掛けます。都田か大久保のどちらかにしよう(最近はこの2つの池ばかり)と思ったものの、都田は行けば釣れそうなので、大久保へゴー!OG氏にも連絡しておく。池に着いたのは9時頃。堰堤右から2番目に先客がP5260580P5260581_2。挨拶して左端に入る。思ったより風が強い。日差しも強いので傘をセットするが、吹き飛ばされそうだ。さあ準備しよう。もちろん9尺の底から。餌は昨日と同じ。私の準備中に先客の竿が曲がる。宙のようだが、底はダメかな?9時半に開始。すると、何と言うことでしょう!1投目からウキに動きが。そして2投目には消し込むようなあたり!これは高活性?それともジャミ?すると、3投目でチクッというあたりに合わせると、やったかかりP5260582P5260583ました!この手応え、やめられません。サイズもグーだし、いいぞいいぞ(一で二三さん風に)。更に、次のあたりで連荘だ!これは珍しい。ただ、私のこの池での記録は3連荘。次の1投はどうだろう。すると、しばらく待ってあたり!が、残念バラシ。う~ん・・・。この池でバラすと、次がなくなる(私だけ?)。そして、そのとおりになる。ウキが馴染んでからモヤッと返すが、それから先がない。先客の竿も曲がりにくくなった。ただ、まだ開始10分くらいだから、これからこれから。が、既に私の釣り台の下にはへらの大群。これではウキの下には何もいないのでは?それからはなかなかあたりを見られず、これだというあたりに合わせてもバラシ。いよいよ釣れなくなったか。風は相変わらず強いが、それでも宙の先客はポツリポツリと竿を曲げる。どうしP5260584て底はダメなのか?が、我慢に我慢を重ねてようやくあたりに合いました!しかぁ~し、寄せる途中で何となく嫌な予感。どうもマブナライクのようだ。クッソー。10時を過ぎる頃から常連さんがやって来て、右岸に入る。日差しは強いが、風が冷たくて、半袖では寒いくらいだ。先客も常連さんもそのあたりは承知しているのか、皆さん長袖。車にジャンパーを置いてはあるが、取りに行くのが面倒なので、そのままで続行。すると、10時半頃から再びの連荘!またもライP5260585P5260586クが入る。それにしても、あたりの出方には何か周期的なものでもあるのだろうか?先客もバタバタッと釣ってあとは静かという感じ。私はそれから都田風の可愛らしいへらを「たも」に入れる寸前にバラす等の冴えない時間帯を過ごP5260587すが、11時手前でやっとそれらしいあたりに合って1匹をゲットだ。ただ、これもライクのような気がする。それにしても、最初の頃の高活性を思わせる反応は一体何だったのだろう。風がかなり強くなった。餌がそろそろ尽きるので、そうしたら一旦終了し、車に戻ってジャンパーを着てこよう。足元のへらに餌を丸めて落とすが、水中を浮遊している間は、なかなか吸い込まない。底に着いても同じ。が、それがふやけてバラケ始める頃に吸い込む感じなので、餌持ちを良くして待つ釣りをしないと今は釣れなさそうだ。が、それでは両ダンゴの意味もない。宙の先客はガッテンを使っているようだが、私のこの池での実績ではガッテンはダメなので、今日も特Sベースで行こうかな。11時20分頃に餌が尽きて、釣りは一旦終了。車に戻ってジャンパーを着込み、池に戻ろうとしたその時に、見たことがある車がP5260588やって来た。用事で釣りが出来そうもないと連絡してきたOG氏だった。しばらく話をするうちに、昼食にしようということになって、私の釣りも終了だ。OG氏とはシャンボールで待ち合わせということで一旦解散。私は片付け。今日は実釣2時間弱で3匹(おそらくマブナライクの3匹は含まず)。それから先客と常連さんに挨拶して車に戻り、池をあとにした。
 
    ↓やせ馬の先走りという言葉があるようだが、やせていない私は・・・?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

行政書士 小野田事務所

注)この記事の前に、一つ前の記事を読んでください。
 
Docu0008車から降りて私に声をかけてきたのは、かつてP社で一緒に働いていた小野田君だった。こんな所で3年ぶりに会うとは、夢にも思わなかった。何でも行政書士の試験に合格して、来月から事務所を開くと言うではないか。そうですか、随分頑張ったんですね。なかなか顧客の新規開拓が難しいと言われているので、こんなブログでも載せれば少しは役立てるかもね。これで数十人には伝えられるでしょう。名刺を頂いたので、こちらも載せる。また会いましょうと言って別れたが、ホント頑張ってください。
 
    ↓初志貫徹
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底でも宙でもかかりません@都田

今日は陽気も良く風もないとの予報に、いそいそと出掛ける支度。さて、何処に行こうかな?ひょっとすると雨があるかもしれないとテレビで言っていたので、逃げるのが楽な場所がいいのかも。でも、そういう場所は大抵釣れません。地盤が緩んで崩れるかもしれない?が、ここは都田へゴー!が、出発が8時過ぎということで、ちょうどラッシュ第2弾にぶつかってしまった。それでも何とか駐車場に到着。WINDOMは見つかったが、Oさんの車はない。今日も小野の池かな。さあ、荷物を降ろして池に向かおう。おっ、私のいつもの場所にはWINDOMの人。柳の木の奥には、前回8尺を出していた人。奥のワンドにも1人見える。対面は看板横と坂の下に1人ずつ。それと流れ込みに1人。さて、私は旧爆釣ポイントにでも入るとするか(特に意味はなし)。両側の先客に挨拶して、さあP5250558P5250559準備だ。WINDOMの人が、今日は水が濁っているので竿を短くしたが、良いあたりが出てもかからないか擦れのどちらかだと言う。左の先客は、ウキの位置から見て宙のようだが、はてさてどちらで行くべきか。よし、いつものように底から入ろう。竿は竹竿11尺。餌はダンゴの底釣り(夏・冬)にペレ道をそれぞれ1に水1.5のダンゴだ。昨日見たDVDに従って、今日は落とし込みで行くぞ。底を取り、開始は8時45分。少し波が出てきた。が、まだ落とし込みは出来る。しかぁ~し、少し位置がずれるだけで、馴染み幅が変わってしまう。これは難しい。ウキ下を微調整しながら餌打ちすれば、じきにウキに動きが。しかぁ~し、良く見ると糸トンボだ。これは困った。どうしてもウキの目盛と水面の境に意識が集中するので、トンボが止まってウキが動いたのかどうか分からない時がある。そして合わせてしまう。また、トンボと関係なく、確かにあたったと思えるウキの動きでも、かからない。または瞬時のバラシ。まさにWINDOMの人の仰るとおり。それでもP5250560、消し込むようなあたりでようやく1匹目。サイズはまあまあ。両側の先客はポツポツ竿を曲げているが、私の次のあたりは擦れ。かなりガックリだ。それからしばらくは、あたりに合わずトンボでイライラ、が続く。開始1時間近く経って、やっと2匹目。こうなると、今日は目標の立てようがない。かP5250561なり疲れた。すると、次のあたりでまたも擦れ。どうも私のいつもの釣りが「落とし込み」に神経が行ってしまうことで出来ていないようだ。それでは、いつものように振り切りで行こう。馴染み幅が変わるので、再度ウキ下を微調整。すると、じきにウキに動きが。そしてかかりました!サイズはP5250562ダウンしたようだが、こちらの釣り方のほうが私には合っている(「馴染みの原理」よりも「ライン傾斜による馴染み」だ)。WINDOMの人は10時前に終了。結構カラやバラシに手こずったようだが、結果は出している。WINDOMの人の片付け中に1人やって来て、そのあとに入った。さて、私のウキはそれまでと同じようにあたりを出すが、それまでと違ってかかるようになる。こP5250563P5250564P5250565れも「ライン傾斜」馴染みのおかげか。ポツポツと竿が曲がるようになって、目標設定が可能になる。それは図々しくも時間5匹(これで図々しいとは・・・)。その後も竿は曲P5250566P5250567P5250568がり続けたが、残念ながら時間5匹はクリア出来ず、10時40分頃に餌が尽きて終了。実釣2時間弱で9匹(擦れ2匹を含まず、は書かなくてもいいかな?)。あとから私のいつもの場所に入った人は13尺の底で開始したが、じきにあたりが出始めたものの、全くかからない。そしてやったかかりました!と思えばバラシ。しかも反動で仕掛けを頭上の木の枝に取られてしまうアクシデント。竿が長過ぎると思うのだが、これが今日持ってきた中で一番短いようだ。前回は深場ワンド辺りに入ったようだが、老婆心ながら浅場に入るなら、次回は9尺くらいも持ってきたほうがいいですよ。さて、私の次はどうしよう。このまま底で行く選択肢もあるが、いつもどおり宙にしようかな。竿は9尺に変更。餌は最近消費が激しくなったので、ブレンドを変更(特S:天々:マッハを2:2:1に水1.3)して多めに作る。「たな」1本で再開は10時50分頃。この時点で、波が大きくなっている。対面坂の下が帰り、ダム?そばに1人入った。こちら側も浅場のほうで人の気配がするが、はっきりしない。さて、しばらくするとウキに動きが出るが、ウキの近くに何やらいるぞ。あっ、それはブルー。そして、最初にかかってきたのもブルー。「たな」が浅過ぎるのかも。でも変えません。しばらく打ち続けると、次第にあたりがはっきりしてきて、前回と同じように消し込みでかかりません、の再現。餌かなぁ。が、ウキが馴染んでからの小さなあたりでやっと1匹目!サイズはまあまあだ。このまま行きたいが、さてどうP5250569P5250570P5250571P5250572P5250573だろう。すると、やはりカラツンの嵐。餌が持ち過ぎ?いろいろと私の出来る範囲で手直ししてみるが、効果なし。何とかポツポツとあたりを拾う。サイズが平均して底よりグーなのがせめてもの救い。そして11時台には5匹をゲットするが、何と私がカウント間違いをしていて、この時点では4匹という記憶。写真が残っていて良かったぁ。さて、ここからが今日のハイライト。グッドサイズを「たも」の手前でバラすと、そこからバラシ連発。そしてかかったと思えば擦れ。もうメロメロ。12時を過ぎても波はなくならない。対面はへら師が帰り、ダム?そばの1人だけになってしまった。こちら側は塩ビ管手前に1人入った。さて、カラツンにめげずに合わせ続ければ、その後2匹をP5250574P5250575追加。右隣の人の竿がようやく曲がった。訊くと、底は諦めて宙にしたとの事。なるほど。と、ここで左隣の先客がやけに騒がしくなった。バシャバシャと大きな音。そして「たも」に収まったのはかなりのビッグサイズ。が、しかぁ~しP5250576、へらではなさそう。ひょっとしてバス?と訊くと、そうだと言うので、写真を撮らせてもらう。うわっ、デカイ!グルテンセットの0.6号の上ハリスにかかったようだが、良くもまぁ切れなかったものだ。と、sunshineさんですよね、ブログ楽しみに読ませてもらってますとの声が。ありがとうございます。う、嬉しい~っ!バスの写真をブログに載せることも快諾していただいたので、バッチリ。今後とも宜しくお願いします。ただ、私の独り言攻撃には辟易していたかも。だとしたら、スミマセン。さて、釣り座に帰って再開すると、さっきまでとウキの動きが激変。ウキがすんなり馴染むようになって、あたりも弱い。そろそろ餌が尽きるので、何とかP5250577P52505781匹。すると、何故かあたりに合って2匹を追加。「上がりべら」はラス前だった。そして1時頃に最後の1投。残念カラで終了だ。結果、宙では実釣2時間強で9匹(擦れは今後書かないようにしよう)。トータルでは実釣4時間で18匹。前回に比べれば格段の数字。最初の頃からは、全く予想出来なかった。片付け。P5250579風・波は止まない。それにしても、雨で土砂が流れ込んだ事によると思われる、底での食い渋り。以前にmasaさんから言われたのだが、元々植物プランクトンを吸い込んでサイハで漉して食べているヘラブナは、細かい砂とか土が苦手のようだ。雨で流れ込んだ土砂の上に幾ら餌を打っても無駄だろう。今日はそれを痛感した。片付けを終え、両方のへら師に挨拶して駐車場に戻る。息が上がる。ハアハア言いながら荷物を車に積み込んでいると、そばに停めてあった車から誰か出てきて、私に話しかけてくるではないか。一体何だろう?続きは次の記事で。
 
    ↓でかいバスだったなぁ。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

DVD一枚目

今朝観た。さすがに3時間は長い。映画でいうと2本分。さだまさしのコンサートDVDより長い。いくら頑張って観ても、途中で眠くなってしまうほどだ。内容はそれほど目新しいものではないが、とにかく丁寧な釣りを心がけようということ。
さて、2枚目は何時頃観ようかな。体調がいい時に観ないと、また眠くなってしまいそうだ。
 
    ↓目から鱗とまではいかなかった
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

DVDキタ~~~ッ!!

Docu0005Docu0006
 
7ネットで頼んでいたDVDが昨日コンビニに届き、今日雨の中引き取りに行ってきた。yurieさんが既に購入されているようだが、2枚で計6時間もある内容。これから見るつもりだが、今晩はイ・サンもあるし、明日にしようかな。
近くの書店に置いてあったのに、わざわざネットで買った理由は、ポイントが通常の3倍付いたから。
 
    ↓底釣りの基礎からのDVD。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この人が

Docu0007今朝の静岡新聞に、この記事が載っているのを見て、驚き!この人が一般の新聞の囲み記事に載るとは、静岡新聞もやるもんだ。もちろん記事の内容がしっかりしているので、普通に読めばなんともないのだが、何故か違和感を覚えてしまう私でした。
おっと、私が何故この人を知っているかは秘密です。
 
 
    ↓ツイッターの威力も素晴らしい
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

スカイプVer.5ベータ版

遂にスカイプでグループビデオ通話が出来るようになった。とは言え、まだベータ版。それに、この通話には料金が発生するようだ。ん~、ちょっと残念だなぁ。ただし、PC同士の音声通話や1対1のビデオ通話は今までどおり無料なのだが。

ベータ版のダウンロードはこちらから。
       ↓
http://blogs.skype.com/ja/2010/05/17/group_video_calling.html
 
 
    ↓パソコンのスペックも高いものを要求されそうだ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手が違った都田

明日から天気が悪くなる(もういいでしょう!)というので出掛けたいのだが、昨日Oさんの爆釣があった小野の池には、どうも気が引けて行けない。あまりの好結果にいそいそと柳の下の泥鰌を狙いに行けば、返り討ちに遭うのは目に見えている。こんな自虐的な考えでは、行かないほうがいいだろう。それでは、と都田へゴー!駐車場に着くと、車はそこそこ停まっているが、はてさてへら師はどれくらいいるのかな?橋まで行って池の様子を覗うと、あれっ対面看板横と坂の下に1人ずつ。あとはこちら側柳の木の奥とワンドに1人ずつの計4人。この陽気でこの数?まあいい、車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。ん、私のいつもの場所には、まだ水が流れ込んでいる。そうだ、前回まあまあの結果が出た塩ビ管手前に入ろう。先客に挨拶して到着。既に汗が滴って、メガネに落ちる。しまった、汗を拭くタオルを車に忘れてきた!これがないと釣りになりません。P5220544P5220545再度車に戻る。汗がボトボト。さあ準備だ。ワンドの人が竿を曲げている。浅い「たな」の宙か。右の先客は底のようだ。さて、今日も前回と同じ竿、仕掛け、餌。が、しかぁ~し、底取りの途中で波が出てくる。いつもより早いぞ。でも、まだ我慢の範囲。開始は8時半。すると、第1投からウキの馴染み際であたり!これは高活性?それからじきにあたりに合うが、バラシ。すると、次のあたりでもバラシ。ゲゲッ、これは一体どうなP5220546P5220547P5220548っているのか?ウキ下を微調整。すると、ようやくかかりました!3匹まで数えた時点で開始30分経過。これなら前回並みの結果が期待出来そうだ。ただ、サイズがなぁ。9時を過ぎ、masaさん登場。随分お久し振りです。塩ビ管を挟んで奥に入った。普段1人で釣ることが多い私、これだけでプレッシャーがかかる(既に言い訳を考えてます)。次のあたりが拾えない。また、次第にウキの動きが悪くなる。一時はウキが立ったまま入らないことも。ワンドの人が浅い「たな」でポツポツとへらを引っ張っているのを見れば、底の地合ではないようにも思えるが、それにしては右の先客の竿は曲がるなぁ。なぁんP5220549P5220550だ、アームの差だったのか(って、それが一番重要じゃん!)。その後放流を2匹釣って、ちょうど1時間経過。かろうじて時間5匹を保っている。このまま行ければいいが。masaさんは9時半を過ぎてセットの宙で開始。すると、じきにウキが動き出してあたりも出ている。私は2時間目に入るが、波とプレッシャーで緊張感P5220551が切れたのか、合わせが緩慢になって全くかからなくなる。何とか1匹を追加したものの、10時半頃に餌が尽きて底は終了だ。2時間目はたったの1匹。底で実釣2時間で6匹とは、先日とは随分勝手が違う感じ。しかもサイズもダウンしているし。さあ、次は宙だが、masaさんがセットでウキを動かしているものの、爆釣にはなっていないので、両ダンゴではどうだろう。でも、竿P5220552を9尺に替えて準備だ。餌はいつものダンゴ。「たな」1本で再開は10時45分頃か。宙での目標値は1匹(って、弱気にもほどがある!)。波は既に池全体に広がっていて、風も強くなってきた。どうも予報とは異なる気がする。それに、風が冷たい。一旦は脱いだジャンパーを羽織る。さて、餌打ちを再開すると、すぐにウキに動きが。そして消し込み!が、カラ。masaさんもセットから両ダンゴに替えるようだ。前回も波があったが、今日はちと強いかな。そのせいか、ウキが思うように馴染まない。消し込みも出るが、前回同様カラ。それでも、合わせP5220553続ければ、やったかかりましたよ!サイズもそこそこで、とにかく目標達成だぁ。が、これではあまりにも寂しいので、底との合計で2桁を目指そう(って、これでもやっぱり寂しいゾ!)。が、しかぁ~し、やはりカラツンでどうにもならない。masaさんも同様だったが、餌を手直ししてあたりにP5220554かかるようになる。さすがとしか言えません。11時を過ぎ、私は餌に手水のワンパターンで何とかもう1匹。が、続かない。餌の方向が逆のようだ。しかぁ~し、元来餌を足したり引いたり作り替えたり出来ない私。そこで、秘技「1個餌釣法」。すると、今度はズバッというあたりでかかりましたP5220555P5220556!更に次の餌打ちでもう1匹!やった2桁達成だ。が・・・確かに少し寂しいなぁ。前回の半分(しかもサイズ小)で喜んでいるなんて。ただ、その後も素晴らしいカラツンに翻弄され、気が付けば予定より30分ほど早い12時10分過ぎに餌が尽きて終了だ。結果、宙では実釣1時間半強で4匹。本来なら残業をやってでも辻褄を合わせようとする私だが、今日はそんな気も起こらない。片付け。mP5220557asaさんは2桁目前だと言いながら、私の片付け中に次々と竿を曲げる。早く帰らないと、私がどんどん惨めになるので、挨拶もそこそこにその場を離れた。帰り際、柳の木のそばの先客に様子を訊くと、底の10尺から8尺(短か!)に替えてグッドサイズをゲットしているとの事。確かにウキの位置がかなり手前だ。こんな手前でもへらが寄るのか。まさに「目から鱗」。先客に挨拶して駐車場に戻る。もうグッタリだ。バットさんは自宅近くの川で9時頃まで竿を出していたようだが、釣れたのかな?まあ、今日のブログに期待しよう。ゆっくりと池を後にした。
 
    ↓ポチッと宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

あれこれと

今朝から腹の具合が悪くなり、家で静かにしていたが、昼を過ぎていつものカラオケ。窓を開けていられない。まだ早いと思ったが、エアコン。具合が悪いうえに騒音を聞かされれば、精神状態が悪くなるのも当たり前だろう。仕方なく、まだ期限前だが図書館に本を返しに行く。暑い!館内はエアコンがちょうど良く効いていて、暑くも寒くもない感じ。が、外に出ればフラフラだ。急いで帰り、今に至る。窓は全て閉め切り、グッタリとしている。どうして被害者である我が家が更に我慢をしなければならないのか。これがこの世の不条理なのか。
 
    ↓行政に頼むしかないのか。一度直談判したが、聞き入れられなかった。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
 
それからブログ村だが、ランキングがどんどん下降している。まあ、内容がつまらないからだろうが、かつてヘラブナ部門で瞬間的に1位になったことを思うと、寂しい限り。もっと上位の方々のブログを読んで、上位を保つテクニックを学ばないと。おっと、そんなことばかり考えてるから駄目なんだ、と言う声も何処からか聞こえてきそうだが。
 
    ↓我が道を行く、でいいのかもね。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
 
P.S.さっきOさんから電話があって、小野の池で爆釣だったとの事。爆釣と言っても数は知れているが、何と言ってもサイズがグー(いや、ベター、ベストか?)。46cmが出た(残念写真は撮っていない)ので、明日の行き先はほぼ決まったも同然か?ただ、腹の具合が一向に良くならないので、明日も家で大人しくするしかないのかも。もしそうなれば、残念の一語。
 
    ↓小野の池、いいよなぁ(志村けん風に)
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ほぼ貸切なのだが、なかなか思うようには@都田

今日はまだ雨が残っていると思ったら、何と晴れてきたではないか。それでは、といそいそと出掛ける用意。ただ、あまりにも出だしが遅くなってしまった。駐車場に着いたのは10時近い。車は停まっているが、へら師はどうかな?橋まで行って池の様子を覗うと、れれっ誰もいない。水の濁りといい、波の少なさといい、グッドなコンディションであることは間違いないが、どうしてだろう。まあいい、私はいつもの場所にでも入るとするか。車に戻って荷物を降ろしていると、1人やってきた。どうやらへら師のようだ。何処に入るのだろう。私は新しい長靴(バットさん、おろしましたよ)を履いて池に向かう。私のいつもの場所は水が流れ込んでおり、多分土砂も入っているのだろう。この場所で以前雨のあとに凸寸前まで追い込まれたことを思い出したので、場所を変更。奥へ奥へと向かうP5200522P5200523。結局収まったのは塩ビ管手前。もう1人のへら師は対面ダム?そばに入った。さあ準備だ。汗が滴る。タオルで拭いても拭いても止まらない。さて、竿はいくつにすればいいのかな。底の状態が分からないが、とりあえず11尺にしてみよう。もし根掛かりするようなら、13尺もありえる。もちろん底から。餌はいつものダンゴ。汗を拭き拭き開始は10時10分。ウキの馴染みが気に成るが、そのまま。すると、じきにウキに動きが。ほぼ貸切というのが関係しているのかも。そしてチクッというあたりでやった1匹目!サイズP5200524もグーではないか。そろそろ放流と入れ替わってくれるようになったのか。が、次の消し込みで放流の擦れ。ガックP5200525_2リ。でも、続いてのあたりでまたもグーなサイズ。このまま行けば時間5匹は楽々クリア出来そうだが、とりあえずそれを目標にしよう。が、へらの寄りがきつくなってきたのか、ウキの動きが悪くなる。それに、時間帯のせいか波。どうにも釣りにくくなってしまう。何度となくカラを味わいながP5200526P5200527P5200528ら、ポツポツと時間5匹をギリギリ保ちながら続行だ。サイズがグーなままというのが嬉しい。が、しかぁ~し、11時を過ぎる頃から、更にウキの動きが悪くなる。たまたま連荘P5200529P5200530が出たが、その後はカラにバラシも出て、時間5匹は難しい状況に。そして3連続ハリス切れ(「たも」の中2回と寄せきれず1回)とかなりシP5200531ョックなアクシデントも発生。ようやく1匹を追加したものの、そのまま12時のサイレンを聞くことに。餌も残り少ないし、時間5匹は絶望か?対面看板横に1人入った。また、昼を過ぎて坂の下に1人とジャカゴ下に2人。こちら日陰側は私だけ。また、私以外はそんなに釣れていないと思ったら、皆さん寄せるのが静かなだけだった。そろそろ餌も終わり。残念ながら時間5匹はクリア出来なさそうだ。と、ここで一旦起き上がったウキが再び寝てしまう現象。嫌な予感がP5200532しながらも合わせれば、やったかかってます!底ではないが、まあいいでしょう。そして最後の1投。が、あたりになP5200533らず底は終了だ。結果、実釣2時間強で9匹。ただ、サイズがグーなので、それほどガックリしていない。さあ、次は宙だ。が、波が収まらない状況。かなりウキが流されそうだが、それでも一応やってみよう。まずは昼食。それから竿を9尺に変更だ。餌はガッテンの残りに特Sとマッハを足したもの。「たな」1本での再開は12時半。果たして前回と同じ轍を踏むのか?それとも・・・。すると、餌打ち数投でウキに動きが。波で少し分かりにくいなぁと思っていると、いきなりズバッと入ってやった1匹目?が、寄せる途中でバラシ。グーなサイズの口にかかっているのは見えたのだが、残念。「たも」まであと数センチだった。ひょっとして今日はこれで終わりか?が、じきに再度の消し込みで今度こそ1匹目だ。やれやれ。ウキP5200534P5200535P5200536の動きはなくならず、1時までにもう2匹をゲット。いずれも底と同じかそれよりグッドなサイズだ。この調子で行けば、宙では時間5匹をクリア出来るかも。が、しかぁ~し、今日もカラツンの嵐。小気味良いあたりが全くかからない。それでも、とにかくあたりに合P5200537P5200538P5200539わせてポツポツと時間5匹のペースを守る。が、餌打ちのペースが上がったために、餌の消費が激しくなり、いつもより早く終わりそうだ。時間5匹は微妙な感じ。ただサイズはグーで、35cmクラスもゲットだ。途中にバラシの3連発が出るが、何とか堪えて続P5200540P5200541行。1時台には35cmクラスを含めてもう2匹をゲットするが、餌がもうない。あと2匹を釣らないと、時間5匹は無理だろう。2時を過ぎ、最後のP5200542お願いと「1個餌釣法」で攻めてみるが、1匹を追加して2時10分に終了。結果、宙では実釣1時間40分で9匹。底と併せて実釣4時間弱で18匹と、時間5匹にわずかに届かなかった。片付け。皆さんは続行のようだ。蟻が荷物にまとわりついて来る。これを払って片付け終了。滴る汗をP5200543拭きながら駐車場に戻る。これから行き帰りがしんどい(勿論私にとって、だが)季節になるが、へらにとってはもうしばらく高活性?が続きそうだ。車に荷物を積み、池を後にした。
 
 
 
    ↓浅場でもグッドサイズが出そうだ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

やはり宙は駄目か?@大久保

明日から天気が悪くなる(おいおい)というので、それでは大久保にでも出掛けてみようかな。Oさんに連絡すると、何と既に都田で竿を出していると言うではないか。分かりました。OG氏に連絡してから8時半頃に家を出る。最近のいいことは、環状線の途中にコンビニが出来たこと。早速立ち寄って定期便。これなら大久保に行って急に腹が痛くなっても大丈夫だ。昼食を買って池に向かうと、今日も私が一番乗り。堰堤の左端に入P5180509P5180510P5180511る。うわぁ、暑い!準備の前に傘をセット。さて、今日も前回のようにウキが動くのかな?いつものように9尺を出す。もちろん底で両ダンゴ。餌はいつもの。底を取り、開始は9時10分。すると、第1投からウキが馴染む途中にあたり!これは高活性というのか、それともジャミなのか?しばらく餌打ちを続けると、ウキがフワッと返してからグッとP5180512入り、ジャミかなと思いながらも合わせると、やったかかりました!が、サイズが・・・。この池らしからぬスモール。でも1匹は1匹だ。しばらくしてOG氏登場。私の右に入って準備。竿は9尺で、もちろんいつもの「お」。この池の状況は前回とそれほど変わっている様子はなく、ウキの馴染みが悪いのは多分へら。せわしなく動くウキの動きの中から、それらしいものに合わせれば、まだOG氏の準備中にポツポツと竿が曲がる。が、しかぁ~し、何となくマブナライクの気がする。主任鑑定員の鑑定を待つまでもないだろう。残念だがライクを連発。そしP5180513P5180514P5180515て「たも」の中で初めてのサルカン切れ。これには驚き!写真をクリックすると、拡大したものが見られます。だが、驚いてばかりいられない。さっさと現場施工。そして再開は10時10分。もう開始1時間が経った。OG氏は10時頃から始めるが、じきにウキの周りに黒いものが見えてきた。ただ、なかなかあたりにならないようで、対応に苦慮。それでもさすがに「お」の名人、ポツポツとあたりを拾う。私は再開後もウキの動きに悩まされるが、何とか2匹目(最初P5180517の1匹は当然カウントです)。しかぁ~し、ウキの動きは複雑になるばかりで、全く合わない。OG氏は途中ウキの上から道糸が切れるアクシデントがありながらも、着実に数を増やす。そしてウキも回収出来た。私は11時前にようやくあたりを拾える。それまでにバラシが2回。これは2回とP5180518も惜しかった。そして、今日もまた、へらぶな御一行が我々の足元にやってくる。サイズはどう見ても40cm近い。これが10数匹ウキの立つ辺りから避難してくるので、釣れる筈もない。常連さんもポツポツやって来て、堰堤に3人、右岸に2人と大盛況だ。さて11時を過ぎ、本来なら餌が終わる頃だが、今日はアクシデントがあったので、まだ少し餌が残っている。大体終了は11時半頃かな。ウキの動きはやや収まってきた感じだが、この後宙はやるべきだろうかP5180519。それからもう1匹ゲットして、底は終わり。実釣2時間強で4匹(マブナライク2匹含まず。小サイズ1匹は含む)。さて、「お」のOG氏が苦しんでいるのに、私が両ダンゴの宙で釣れるのか?まあいい、とりあえずやってみよう。仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。「たな」1本で開始は12時近い。OG氏から、1時には終了というミッションを与えられているので、餌打ちはテンポ良く。すると第2投で、何とウキに動きがないのに「かかってました!」が出る。嬉P5180520しいやら恥ずかしいやら。しかも、今日一番の大きさ(トホホ)。さて、やはりと言うか予想どおりと言うか、ウキは馴染んでからモヤモヤを繰り返すだけ。餌はとりあえずいじってみました。が、1回だけ消し込みがあったものの、かからず。更には、小さなあたりで遂にジャミ!こうなると、一体どP5180521の「たな」にへらがいるのか分からなくなる。1本半にしたり元に戻したりと、迷走が続く。もう時間がない。OG氏は私より少し早く「上がりべら」をゲットして終了。結果は擦れ込みながら7匹。さすがです。私もそれからじきに終了し、実釣1時間強とは言え、宙でたったの1匹(しかも「かかってました」で)。結果、底と併せて実釣3時間半弱で5匹。先日の都田よりも寂しい結果となった。ガックリしながら片付けを終え、常連さんに挨拶して池をあとにした。
 
    ↓宙がどんどん難しくなる
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

宙でやられた!@都田

今日を逃すと明日から天気が悪くなる(いつもそんな話ばかり)ので、何はなくともゴー!バットさんは引佐天池に向かっているらしい。私の行き先はもちろん都田。間違っても小野や大楽地ではありません。ちょっと出だしが遅かったので、入る場所はあるかな?駐車場には既に沢山の車。WINDOMとOさんの車も停まっている。池の様子を見に行くゆとりもないので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。あっ、私のいつもの場所が空いているではないか。左の旧爆釣ポイントには、新城から来る人、右のOT氏のいつもP5160477P5160478P5160476の場所(ここに入らなくなって久しい)にはWINDOMの人。両側に挨拶して荷物を置く。対面には浅場ジャカゴ下に2人、看板横に1人。深場では階段下からダム?そばまで4人。こちらはと、あっ、塩ビ管手前にOさん発見!柳の木の奥にも1人。あとはワンドに1人。Oさんのところに行って、まずは挨拶。今日もパッとしないと言いながら、おそらく竿は曲がっているのでしょう。自分の釣り座に戻り、さあ準備だ。左の先客は随分長い竿を出しているようだが、今日は渋いのかな?WINDOMの人に情報を訊くと、竿は長いほうが良い型が出るとのこと。WINDOMの人は珍しく11尺を出している。それでは私も11尺くらいにしようかな。ゲゲッ、いきなり長靴が水漏れ!しかもはっきりと裂け目が見える。これでは釣り台を前に出せないので、竿は12尺にしよう。餌はいつもの。12尺用のウキはトップが折れたままになっているので、11尺のものを使用。餌落ち目盛から始めたので、開始は8時40分になってしまった。しかも風・波も出てきた。何やら先が思いやられそうな感じ。さて、餌打ちを始めると、ウキはじきに動き始める。今日もいつものように高活性?そしてまもなく1匹目。サP5160479_2P5160480イズはさておき、気持ちが楽になるのはいいことだ。WINDOMの人は私の準備中から竿を曲げ続け(サイズはさておき)、バスまで釣って9時過ぎに帰った。今日はこれから映画を見るとのこと。さて、私はその後1匹が擦れるが、それから擦れは出なかった(バラシは多数)。波は背後の木の影とともに私にやる気をなくさせるが、あたりのほうはポツポツと続き、今までのような放流ばかりではなく、P5160481P5160482P5160483ちらほらと30cm近いのが混じり、35cmというグッドサイズも出る。竿を長くしたせいP5160484P5160485P5160486では?と先客に言われるが、釣り台が手前に下がっているので、あまり関係なさそうだ。風・波は一向に収まる気配がないが、ウキはまだ動き続ける。先客も長い竿でポツポツと釣る。柳の木の奥の人は、竿を曲げるペースが落ちない。さて、私はその後4連P5160487P5160488P5160489P5160490P5160491荘を達成!そして9時台にはもう1匹追加して、時間11匹とは素晴らしい。これなら底では20匹も楽勝かも。それから6匹をゲットする。が、しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなり、10時半頃からはウキの動きがバッタリ。返P5160492P5160493P5160494P5160495P5160496P5160497しも出なくなった。先客も同様らしい。う~ん、これも地合なのか?そして10時50分頃に餌が尽きて、底は終了だ。結果、実釣2時間強で19匹か。この風・波の中では上出来だろう(もちろん私にとって、だが)。柳の木の奥の人が帰った。塩ビ管奥には4人が入っている。こちら側流れ込み近辺にも4人くらい。さて、次はどうしようかな。後半はいつものように宙で型物を狙うのでは?と先客に言われたが、この風と波ではどうだろう。でも、まだ帰るには早いので、とりあえず9尺の「たな」1本半でちょっとだけやってみようかな。餌はガッテン単体。餌が水を吸う間に、Oさんのところで情報を仕入れる。やはり10時半頃から一気にウキが動かなくなったようだ。釣り座に戻り、再開は11時10分。すると、2投目でウキがモヤモヤ。よしよし。が、しかぁ~し、その後12時頃まで何の変化もなし。強いて言えば、ブルーの連荘がありました。全く前回と同じような道筋を辿る。12時前に「たな」を1本にすると、ようやくウキが動き出した。そしてスパッというあたり(音はしません)!が、これがカラ。今日はずっとこのスパッという小気味良いカラP5160499ツンに悩まされた。12時を過ぎてようやく1匹目がかかる。サイズはさておき、だが。とりあえず1匹出たので、昼食。再開。しかぁ~し、あたりはあってもかからない。餌のタッチを変えたり、餌付けの圧に強弱を付けたりしながら、ひたすら餌打ちするが、スパッスパッと鮮やかなカラ。餌のP5160500消費が激しくなって、12時50分頃に一旦終了。写真では2匹が残っているが、私の記憶ではもう1匹釣った筈。何故か写真を撮り忘れた?先客も竿を変えてインスタントうどんのセットにチャレンジするが、消し込みあたりが全てカラということで、宙に変えてからは全く釣れなかった。さて、宙での実釣1時間半での2匹(本当は3匹!)という結果、納得出来る訳がないし、こんな馬鹿な話はない。今日は残業だ!竿と仕掛けはそのままで、餌はOG氏からもらったDUNK(Hまつげん)。封を切ってないとはいえ、一体何年間放置されていたのだろうか?先客から真空パックされているようだと笑われたが、とりあえず封を切ると、見事に固まっている。手で揉み解して使用。書いてるとおりに作るが、麩が水を吸わないのか、全くまとまらない。手水を加えて練ってみるが、同じ。それでは、と特Sを少々振りかけてみるが、駄目。結局この餌は捨てて、新たに作り直す。特S:天々:マッハのダンゴ。が、分量を間違えたのか、やけに出来上がりが少ない。そこで、捨てられる運命のDUNKを加えて調整。釣れなくても知らないゾ!結局残業の開始は1時20分頃。するとP5160501、すぐにウキがモヤモヤ。そしてあたり!やったかかりましたよ!サイズはさておき。さっきまでとは地合が変わった?いや、そんな事はありません。その後はあたりが出るもののカラ。これを元の木阿弥と言う。私としては、とにかく合わせ続けるしかない。そして、餌を切ろうとした瞬間に食いついたのか、2匹目ゲット。もう何でもいいです。それからも合わせ続けて2時までに2P5160502P5160503P5160504匹を追加。先客は2時頃帰ったが、名残惜しい様子だった。さあ、私もラストスパートと行かなくては。これまでの経過では、残業の意味がない。そこで、グッドなサイズは放流の下にいるのでは、と「たな」を1本半にしてみる。すると、これまたじきにウキがモヤモヤ。いみじくも先客が「地合は底ではなく宙。だが、宙でもウキが動き出すのは早いがP5160505、あたりはカラばかり」は何処の「たな」でも同じなのかも。それでも力強いあたりで5匹目ゲットだぁ!私の予感は当たった?が、しかぁ~し、それからしばらくすれば元の・・・。仕方なく1本に戻す。そろそろ餌が尽きる。残業でもカラツンの嵐は続いていて、いつもなら2時間は持つ餌が、今日は定時と同様1時間半で餌が終わりそうだ。が、しかぁ~し、しかぁ~し、ここかP5160506P5160507ら何故かの連荘!理由は全く分かりません。それが証拠には、その後は再び元の・・・で2時50分頃に餌が尽きて、今度こそ本当の終了だ。ただただ疲れた。結果、残業では実釣1時間半で7匹。定時よりは釣れたが、納得のP5160508釣りではなかった。少なくともここ最近の宙とは様変わりだ。底と併せて実釣5時間で28匹(本当は29匹だぁ!)は、時間5匹をクリアしているので、本来ならまあまあの結果と言えるのだが、宙のていたらくがそれを拒む。片付けを終えてから、Oさんの様子を見に行くと、ウキが動かない状況は変わっていない様子。ワンドに入っている人達はポツリポツリと竿を曲げているようだが、Oさんによればこちらもパッとしないらしい。また宜しくと言ってその場を離れ、荷物を背負って駐車場に戻った。左足はグッチョリ濡れている。もう修理は効かないかな。靴下を脱ぎ、裸足で車を運転しながら家路に着いた。
 
    ↓宙の釣れなさは本当に珍しい
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

勘違いして出掛けた都田

まだまだ天気は良さそうだが、風はどうかな?ネットで確認すると、何と1m/sとあるではないか。これは素晴らしい。早速ゴー!が、駐車場に着くと、そんな感じではなさそうだ。とりあえず池の様子を覗うと、湖面には波。へら師は対面看板横に2人、流れ込みとダム?そばに1人ずつ。あっ、ダム?そばはOさんではないか。こちら日陰側では、私のいつもの場所と旧爆釣ポイントに1人ずつ。あとはワンド奥に1人。おかしいなぁ、風は弱い筈だが。まあいい、久し振りに柳の木の奥にでも入るとするか。荷物を下ろして池に向かい、先客に挨拶。開始1時間ほどで3匹出ているとのこと。新城のほうから来てP5140449P5140450いるという話を聞いていると、あれっ一で二三さんとご一緒した際に、私と一で二三さんの間にいた人ではないか。何でもこの池がお気に入りのようで、連休中は毎日ここに来たようだ。さて、私も準備しなければ。それにしても、風・波があるなぁ。これで1m/sとは思えないけど。釣り台を手前にセットしたので、竿は11尺を出す。もちろん両ダンゴの底。餌はいつもの。底を取り、開始は9時半。波でかなりウキが流されるし、またシモるのだが、先客はポツポツ竿を曲げているので、これなら時間5匹くらいは大丈夫では?すると、餌打ち開始後じきにウキが返すではないか。よしよし。が、いきなりの根掛かり。下ハリスをロスト。え~っ?そして、初めてのあたりが寄せる途中でのバラシ。仕掛けが頭上の木の枝にかかるアクシデントが発生したが、かろうじて両ハリスをキープ。と、次のあたりは擦れバラシ。鱗をゲット。なかなか1匹目が出ないなぁ。すると、次のあたりでまたもバラシ!再び仕掛けを頭上の木の枝にかけてしまう。しかも今度は仕掛けがグチャグチャに絡んでしまった。いつもなら癇癪を起こして仕掛けを壊してしまうのだが、今日の私は違う。根気良く絡みを解く。そしてよれよれのハリスで再開すれば、すぐP5140451P5140452P5140453P5140454にあたり!ようやく1匹目をゲットだ。サイズはさておき、これで落ち着いた。すると、そこからポツポツとあたりを拾えるようになって、時間5匹はギリギリ達成出来そうか?が、4匹目をゲットした際に「たも」の中でハリス切れ。急いで交換し、再開すると、今度はウキが馴染んでフワッと返したあとのグッと入るあたりで、やった5匹目か?しかぁ~し、急に力が抜ける。何とオモリから下がなくなっていた。ガクガクッ×2。今日は最初からトラブルの連発だ。これでは時間5匹は諦めるしかないか。まずは仕掛けを現場施工しなければ。急いでやっていP5140455るつもりだが、手先が思うように動かず、時間をロス。そして再開すると、何と第1投であたり!とりあえずの第2目標クリアだ。すると、へらはかなり寄っているようで、ウキが入らないこともしばしば。それから再びポツポツと釣るが、開始2時間経った11時半までに3匹を追加しただけ。予定P5140456P5140457P5140458の時間あたり5匹は達成出来なかった。が、トラブル連発のおかげで、餌がまだ残っている。これを12時までに打ち切って、その間に何とか数匹を追加したい。すると、特にP5140459P5140460P5140461P5140462P5140463何かしたわけでもないが、あたりを拾うことが出来て、何と5匹を追加だ。そして12時少し前に餌が尽きて終了。実釣2時間半(実際は2時間強か)で13匹なら、時間5匹はかろうじてクリアだ。やれやれ。サイズもそこそこのものが混じっていたし、まあギリギリ合格といったところか。さて、次は宙だが、この風・波ではウキが流されるのは必至。やるかやらないかは、昼食を摂りながら決めよう。仕掛けをしまい、昼食。ん、少し波が弱くなった気がするぞ。これなら宙が出来るかも。それでは、と9尺を出す。餌は特S:天々:マッハの定番。「たな」1本で再開は12時15分。しかぁ~し、風・波はすぐに復活し、結局最後まで止むことはなかった。さて、ウキがかなり流されるが、それでも3投目でウキが動いた。これなら宙でも時間5匹は可能かな?餌に手水。すると、じきに消し込むようなあたりが出るようになるが、全くかからない。それどころか、早めに餌をいじってしまったことも関係するかもしれないが、次第にウキが動かなくなってくるではないか。これはまずい。開始30分以上経過しても、釣果ゼロ。やはりやらなければ良かったのでは?と愚痴が出る。「たな」1本ではウキの動きがなくなったので、1本半に修正。すると、じきにウキがモヤモヤし始め、今度こそお願いしますよとP5140464祈る気持ち。すると、その祈りが天に通じたのか、ズバッというあたりでやった1匹目!既に1時を過ぎている。サイズは底に比べてベターになった。すると、地合になったのか、そこからはっきりとしたあたりが出るようになる。これは素晴らしい。が、既にほぼ1時間経過しているので、時間5匹は難しいだろう。餌の減り具合からみても、2時には終了するだろうから、良くて第2P5140465P5140466P5140467P5140468P5140469目標クリアくらいを考えておいたほうが無難だ。が、しかぁ~し、何故か次々とへらがかかるではないか。これは一体どうしたことか!爆釣とまではいかないが、そこそこ(勿論私にとって、だが)のペースだ。そして、30cmオーバーもゲット。前回の38cmには及ばないが、まあ納得か。しかぁ~し、そこから続P5140470P5140471P5140472けざまに35cmを2匹ゲットだ!上がりべらは黄金の地べらタイプ。そして予定通り2時にP5140474餌が尽きて、宙は終了だ。1時までは一体何だったのだろう。結果。実釣1時間45分で9匹。これもギリギリ時間5匹をクリアしている。トータルでは、実釣4時間15分(実際は4時間くらいか?)で22匹。前回とほぼ同じような結果となった。波が止まないので、これ以上はやりません。片付け。看板横と流れ込みは帰った。そして後から来て坂の下に入った人も。片付けをP5140475終え、先客に挨拶して駐車場に戻る。車に荷物を積んでから、車をダム?方面に移動。そこから歩いてOさんの様子を見に行く。今日はボチボチとの事。サイズ的には30~35cmくらいをコンスタントにゲットしたようだ。が、次第にあたりが悪くなってきた。私が見ている間にも、ウキは動くがかからない。頑張ってくださいと言ってその場を離れ、私は帰途に着いた。

そうそう。風については家に帰って再度ネットで見たら、風が弱いのは明日でした。単なる見間違い。チャンチャン!
 
    ↓そそっかしいのは生まれつき
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

今日は早足で巡り巡る:その3(掛川城)

ナビのデータが古いので、既に無料になっている磐田バイパス等がまだ有料道路として扱われるため、やたらとバイパスを下りるよう指示されるが、本当に面倒だ。最新データのDVDを購入すれば解決するのだが、おそらく2万くらいするのでは?二の足を踏んでしまう。何とか騙し騙し掛川城に到着。ところが、何処に車を停めればいいのか分からない。辺りをグルグル廻り、看板に沿って「大手門駐車場」に停める。城は遥か遠く。仕方ない、歩こう。途中、昔のお堀の跡のような水路を渡る。城に近づくと、今度はその位置に驚き。随分高いところにあるんだなぁ。
P5130438P5130439P5130440P5130441P5130442入場券を買って城に入る頃には、もうフラフラ。それに、城の中の階段の勾配のキツイこと!私でさえ下りるのをためらってしまうのに、お年寄りは大丈夫なのだろうか?最上階から市街を望む。何処に何があるのか分からないが、いい見晴らしだ。
P5130443P5130444次の写真は、鯱(しゃちほこ)と二の丸本殿。ここも入場券で入れたのだが、既に帰宅モードになっている私は、横を通り過ぎて駐車場に戻る。
P5130445P5130446最後の写真は、城の石垣。浜松城と比べれば、掛川城の大きさが分かる。
P5130448そんなに長い距離を歩いた訳でもないが、グッタリ疲れた。HH氏にメールすると、もっと体を鍛えなさいとの返事が来た。仰せのとおりです。精進します(ホント?)。帰りは途中で何か食べようと思ったが、何処も昼休みにかかって混んでいる。それなら、いっそ浜松に帰ってから食べよう。結局1時半過ぎに福満楼で昼食。腹も膨れて、今日の移動は終了だ。さあ、明日はどうしようかな?都田でグッドサイズのへらをゲットか?
 
    ↓もっとゆっくりすべきだろう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は早足で巡り巡る:その2(浜松城)

P5130426カルタゴ展の興奮もさめやらぬまま、続いて浜松城に向かう。同じ公園内にあるので、歩いてすぐのところにある。ここは一度ゆっくり散策してみたいものだ。風が強いので、汗が気持ちいい。あれっ、こんな狭い感じだったっけ?子供の頃に来たので、大きいと思い込んでいたのかもしれない。
P5130427P5130428P5130431P5130432天守閣の展望台から浜松市街を望む。今日は本当にいい天気。風がもう少し弱かったら言うことなしなのだが、まあ仕方ないね。目の前が金網になっているので、写真は頭上高いところから適当に狙いをつけて撮った。傾いているのはご愛嬌ということで。
P5130437P5130434P5130433P5130435P5130436外に出たら、今度は掛川城に行ってみたくなった。まだ充分に早い時間帯。これから行けば昼過ぎには帰って来れそうだ。それでは、ナビに目的地を設定して、ゴー!
 
    ↓清々しい日だ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は早足で巡り巡る:その1(カルタゴ展)

Docu0004今日は以前から行こう行こうと思っていてなかなか行けなかった、浜松市美術館の「古代カルタゴとローマ展」に行った。ネットで駐車場を調べたら、美術館のすぐ横に無料のものがあるので、開館してまもなくの9時40分くらいに到着すれば、まだ駐車スペースには余裕が。やれやれ。美術館の周りはうっそうと木が生い茂っている。はるか昔、動物園がこの辺りにあった時に何度も来たような気がするのだが、こんな森はあったのかな?あとで散策してみよう。まずは美術館に入る。
P5130421P5130423P5130424カルタゴと言えば、ハンニバル将軍とかポエニ戦争とか、世界史で少しだけ学んだ記憶しかない。今日展示物や映像を観て、紀元前にこのような素晴らしい文明を持っていたことを改めて知った。特に大きなスペースを割いてあったモザイクは、感動もの。本当に行って良かった。ただ、客の中には変な人もいて、自分の扱いが悪い(はたから見てもそんなことはないのだが)と言って大きな声を出す爺さん。この人は壷の中を見るのに鏡を用意してないとわめき、挙句の果てには市役所に苦情を言うと捨て台詞を吐いて去った。壷の中を覗くことが必要かどうかはさておいて、自分はそれなりの扱いを受けてしかるべき存在であると勘違いしていると思われる。多分周りの人達も嫌な思いをしただろう。さて、私は美術館でこういう催しを見たあとには、必ずと言っていいほど関連冊子を買うことにしている。今回も買ってしまいました。一通り見て外に出ると、せっかくここまで来たのだから、ついでに浜松城にも行ってみようと思い立った。それについては次に続く・・・。
 
    ↓たまには美術館に行くのもいいよなぁ(志村けん風に)。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷乃譽

P5130420P5130419ギフトでもらったお酒のセットが昨夜届いた。私は酒はそれほど呑まないのだが、もらえば嬉しいでしょう。後でどんなものかネットで調べてみよう。
 
さて、今日は釣りではなく、何処かに行きます。
 
    ↓珍しい酒は、あとのお楽しみ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

強風の中でまあまあの釣り@都田

注)写真をクリックすると、拡大したものが見られます。
 
今日は好天だが風が強いとの予報に、ちょっと出掛けるのをためらっていたが、それでも出掛けます。さて、風の影響が少ない大久保にしようかな。でも、先日行ったばかりだし、ここはリベンジを兼ねて都田だ。かなり気温が上がっているが、やはり風のせいでそれほど暑さは感じない。駐車場に着くと、おおっ、結構な数の車。WINDOMとOさんの車はない。まずは定期便。それから池の様子を見に行くと、対面看板横に2人。こちら側は柳の木の奥と塩ビ管手前、それに流れ込みに1人ずつ。橋の上では風が強いが、湖面はそれほど波立っていないようだ。それでは、いつもの場所に入ろう。車に戻ってP5120392P5120393荷物を降ろしていると、1人外の道路に向かって行った。この人は対面流れ込みに入った。えっこらしょと池に下りると、やはり風が強い。何と言っても8~9m/sの予報だから。さあ準備しよう。背後の木の影が正面にあるので、ウキの視認性を考慮して9尺を出す。もちろん底。餌もいつものダンゴ。波で底が取り辛いが何とかなった。開始は9時半。風が左から吹いてくるが、ウキは左に流れる。ちょっとハリスが長い気もするが、今更変えません。さて、数投餌を打つと、ウキがモヤモヤし始めた。まあ放流だろうが、動かないよりはましだろう。柳の木の奥の先客は、塩ビ管手前の人と一緒に来たようだが、自分の状況をしきりに伝えていた。まるで私自身を見ているようで、ちょっと自己嫌悪。さて、ウキの動きからあたり!が、最初から顎に擦れ。サイズはともかく、擦れから入るというのが気に入らない。それでもウキの動きは続き、開始30分経たないうちにP5120395P51203961匹目。そして2匹目。しかぁ~し、次のあたりで何故かハリス切れ。別に強く合わせたわけでもないのに、どうしてだろう。すると、再開後にウキの動きが弱くなる。そしてあたりらしきウキの動きに合わせるとカラ。今日は時間10匹とまではいかなくても、そこそこ釣りたい。そうだな、時間5匹を目標にしよう。今日はウキが見えるので、ストレスはない。例えシモろうとも。それからしばらくあたりに合わなP5120397P5120398P5120399かったが、合わせ続けてようやく3匹目。ちょっとサイズが大きくなった。すると、次第にサイズアップ。予定の1時間ぎりぎりに5匹目。風はあっても波が思ったほど立っていないし、何より風のおかげで木の影が正面からずれたので、ウキの視認性はかなり向上した。そのためかどうかは分からないが、それからあたりに合うようになって、11時をP5120400P5120401P5120402P5120403P5120404少し過ぎた時点までに5匹を追加だ。これで予定はクリアした。しかも10匹目はグッドサイズ。さあ、後はどれだけ追加出来るか。まだウキは動P5120405いているぞ。そしてじきに11匹目。更に次は消し込み!やった連荘か?しかぁ~し、腹に擦れ。何とかもう1匹釣って、時間6匹まで伸ばしたい。が、餌が尽きて、遂に最後の1投。すると、戻したウキがチクッと入って、やった上がりべらか?しかぁ~し、しかぁ~し、あまりにも手応えが弱いP5120407_2。そうです「海を見つめてい~た~ 浜のキャバレーにい~た~・・・上海帰り~の~ ギル、ギル(古~っ!)」。結果、実釣2時間弱で11匹(擦れ、ブルー含まず)。波はそれほど弱まっていない。柳の木の奥の先客は、最初は底で両ダンゴ、両グルテン、セットと一通りやったあとに、底の状態が良くないと言ってドボンに変更。そして擦れも含みながらグッドサイズをゲットしていた(と聞こえて来ました)。対面看板横の2人がそろそろ終了か。12時前には帰った。さあ、私はどうしよう。この風・波の中で宙をやるのはちょっと考えものか。いや、やってみよう。しかぁ~し、この時はまだ、恐ろしい展開に気付く由もなかった(大袈裟な!)。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。「たな」1本で再開は11時30分。すると、数投でウキがモヤモヤ。そして消し込むようなあたり!これに合わせればやったかかりました!ん、この引きは・・・。そうです「海を・・・(しつこい!)」。すると、次もその次のあたりもギル、ギル。なんとギルの3連荘。しかも全てグッドサイズ。P5120408ガックリ。それでも餌打ちは止めませんよ。そのまま続行だ。すると、次の消し込みで、今度はかかりました!サイズはともかく、嬉しい~っ!何とかギルがへらに置き換わってほしい。波は気持ち弱くなった気がして、これからの展開に希望が持てる。対面ダム?そばにも1人入った。P5120409P5120410さて、ギルは何処かに行ったようで、それからは12時のサイレンを挟んで、良いあたりで2匹を追加。サイズはともかく、いいぞいいぞ(一で二三さん風に)。が、次のあたりではまたも擦れ。なかなか波に乗れない感じ。まさにポツポツとP5120412P5120413数を増やす。そして、遂にグッドサイズをゲットだ!「たも」の径が35cmあるので、ほぼ35cmのへら。これは嬉しい。宙でやった甲斐があったというもの。何だかゴールデンタイムが来たような気がする。柳の木の奥の先客も、ドP5120414ボンから宙に変えるようだ。さて、とりあえず宙での第2目標もクリア出来たし、あとは時間5匹だ。が、次のいいあたりでかかったのは、忘れていた「海を・・・(もういいでしょう)」。餌も残り少ないのに、今更かかるなんて、本当にガックリだ。ウキはまだ動いているが、なかなかかからない。いよいよあと数投で終わり。すると、地合なのか(多分そうでしょう)、ズバッというあP5120415P5120416たりで30cmくらいのへら。更にはラス前の1投でやったこれこそグッドサイズだ!「たも」をはみ出している。大体38cmくらいか。もう充分です。もういいでしょう。最後の1投は残念あたらなかったが、満足して1時少し過ぎに終了。結果、宙では実釣1時間半で7匹(擦れ、ブルーを含まないのは当たり前でした)。底とP5120418併せて実釣3時間半で18匹。時間5匹もかろうじてクリアしたし、グッドサイズが出たので問題なし。片付け。宙を始めた柳の木の奥の人は、すぐにグッドサイズをゲットしたようで、塩ビ管手前の人に見せに行った。片付け中にOG氏がスポーツジムからメールをくれたことに気付く。ちょうど終わったところと返事。片付けを終え、駐車場に戻る。何だか湖面が凪いで来たような気がするので、ちょっと名残惜しい感じ。駐車場に戻り、今日もびしょ濡れの靴下を脱いで、石田何某のように素足に靴を履く。さあ帰ろう。今日は予報ほどの強風ではなかったが、それでも強い風の中でまあまあの釣りが出来た。明日も風が強いようだが、明日は釣り以外のことをしよう。それは、帰ってから考える。まずは昼食だ。私は姫街道食堂へと車を走らせた。
 
    ↓グッドサイズゲットで気分もグー!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

珍しく高活性?@大久保

今日は午前中ならまだ雨にならないとの予報に、3連荘をものともせずにゴー!行き先は大久保。池に着くと、見知らぬ車が1台。車を停め、池に向かうと、堰堤の真ん中に1人入っているではないか。目が合ったので挨拶。車に戻り、荷物を降ろして再び池へ。P5100379P5100380私は堰堤の左端に入る。さあ準備しよう。今日も9尺底の両ダンゴ。餌はいつもの。湖面に波はそれほどないが、竹の葉が多数落ちていて、これが仕掛けを振り込む際に邪魔になる。先客は随分若そうだ。何でもこの池は初めてだと言うので、釣り台には靴を脱いで座るように教えてあげる。さて、底も取れ、開始は9時。すると、じきにウキに動きが。でも、やけにフワフワして軽そうなので、きっとジャミだ。先客は私が開始してほどなく1匹をゲット。私のほうは、ジャミあたりのようなウキの動きに手を出してカラばかり。それでも、一瞬何かにかかってバラシたのはジャミではなかった。ひょっとして全部へらP5100381なのか?それでは、とにかくあたりらしきウキの動きには全部合わせていこう。すると、しばらくして私にもかかりました!やった、これで帰れる。何せ午後には雨が来るので、それまでに結果を出しておかないと、無念の納竿になりかねない。が、しかぁ~し、喜びの束の間、またもカラツンの嵐。はっきりとしたあたりでもカラなので、ウキ下を微調整。餌付けも大小や圧を加減するが、なかなか次がない。それにしても、こんなにウキが動くのは随分久し振りのような気がする。気温は上がらず、水温も低いのに、一体どうしたのだろう。先客も1匹釣ったあとはなかなか難しくなっているようだ。私は何度もカラを食らいながらも、めげずに合わP5100382P5100383せていく。すると、ようやくかかりました!更に大きなあたりでもう1匹!残念これはマブナライクのような感じ。とりあえずノーカウントだ。ここで時刻を確認すると、随分経っている気がしたが、まだ10時。開始1時間だ。随分せわしなかったなぁ。10時頃から常連さんがやって来て、右岸倒木横に入った。私のウキのP5100385動きはまだ続き、じきに3匹目。が、その後はウキの動きが弱くなる。モゾモゾ返すのだが、その後がない。先客は底なのか宙なのか不明だが、まだへら釣りを始めたばかりだと言う。確かにこの池はビギナーには優しい(通うようになると厳しくなる)が、それにしても餌付けや仕掛けの振り込みなど、とても初心者には見えない。あたりを拾ってからの対応も、私より落ち着いているようにも見えるぞ(私が落ち着きがないというご指摘は受け付けません)。先客はその後もう1匹ゲットした。私のウキはしばらく動きを弱めていたが、11時近くなって急P5100386P5100387に復活!立て続けに2匹をゲットだ。ただ、5匹目はサイズダウンした。そして11時少し前に餌が尽き、底は終了。実釣2時間で5匹(マブナライク1匹は含まず)は、久々の好結果だ(前回同様もちろん私にとって、だが)。さあ次は宙だ。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は特S:天々:マッハのダンゴ。「たな」1本半での再開はジャスト11時。すると、数投でウキがモヤモヤ。高活性?は宙でも続くのか。が、しかぁ~し、1回だけ消し込みがあったがかからず、その後はウキの動きが弱くなる。ん、ゲゲッ、ウキの下付近に黒い影が。へらが何処からともなく湧いてきた。こP5100388れはマズイ。「たな」を1本にして続行だ。すると、見えているへらがウキを引っ張るのが見え、合わせればやったかかりました!何だか寂しい気もするが、1匹は1匹でしょう(カッツケ?)。別に何かをしたということもないのだが、この頃から再び消し込みが出るようになって、その後ほぼ連P5100389P5100390続して2匹をゲット。これこれ、こうでなくっちゃ。が、しかぁ~し、12時を過ぎるとまたもウキの動きが弱くなる。餌を柔らかくしたりして何とかあたりを出そうとするが、うまくいかない。そんな状況で、先客が再び竿を曲げる。見ると、ウキ下がかなり短いようだ。初心者があの短いウキ下で竿を扱うと、普通は仕掛けを絡ませてしまうのだが、何故か絡まない。本当に始めて間もないのか?さて、12時半近くなって、雨粒が落ちてきた。これはヤバイ。先客は片付けを始める。私は餌があと数投分あるので、それを打ち切ってから片付けだ。常連さんは堰堤右端と左岸倒木横にも入った。私の最後の1投は消し込みになったが、かからず終了。宙では実釣1時間半で3匹。底と併せて実釣3時間半で8匹(マブナライク1匹を含まず)だった。私にしてP5100391は上出来だろう。それにしても、この池のへらがこんなにウキを動かしたのは最近の記憶にはない。1回だけ奥の浅瀬で何かがはたいたのと関係あるのだろうか。先に片付けを終えた先客が、私に小声で挨拶して帰ったが、挨拶は私にではなく常連さんに、でしょう。私も片付けが終わったので、常連さんに挨拶して車に戻る。雨は本降りになっていないので、早く終わって良かった。さあ帰ろう。ゆっくりと池をあとにした。
 
    ↓雨でも常連さんは帰りませんでした。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

途中で嫌になった@都田

好天も今日までという予報に、懲りもせずソワソワ。そして出掛けたのは都田。ここなら連続凸の憂さを晴らしてくれるに違いない。しかぁ~し、今日が日曜であることをすっかり忘れていた。駐車場に着くと、たくさんの車。しかもどうやらへら師のようだ。車をチェックしていくと、あっ、WINDOM!それにOさんの車もある。橋まで行って池の様子を覗うと、池全体にへら師。赤い帽子がやけに目立つ。そうか、今日は例会なのか。この中にOさんもいるのかな?あっ、東屋下にいたぞ。橋の上から挨拶。それから、東屋横の岩P5090373P5090372を下りてOさんの元へ。今日は割りと早く来たつもりだが、既に例会が入っていて、結局ここに入ったとの事。12尺両ダンゴの底だが、渋くてまだ放流が2匹。WINDOMの人は、Oさんから10mくらい橋寄りのところで、いつもの短竿を曲げている。さて、私はどうしようかな。日向側には入る余地はなさそうだし。とりあえず橋まで戻って、何処に入れるか考えよう。そして、別の場所に行くことも考えよう。Oさんに挨拶して橋に向かう。う~ん、日陰側も結構入ってるなぁ。橋の下から私のいつもの場所付近、更には柳の木の奥、それに深場ワンドと流れ込み。あれっ、塩ビ管奥には誰もいない。何故だろう?昨日masaさんと杉チャンさんが入って、あまり良くなかったのを皆さん知ってるのかな?でも、そこしか入れそうにないので、車に戻って荷物を降ろし、標識のあるところから崖?を下りる。滑りそうでちょっと怖かった。さて、下りてみると、塩ビ管を挟んで2人。後はワンドまで広く空いている。皆さん竿が長いので、私も15尺(本当は13尺にしたかったが、仕掛けが昨日の癇癪でつぶれている)を出そう。餌はいつものダンゴ。が、やP5090374P5090375けに涼しい。いや、ちょっと風が吹くと寒いくらいだ。底が取れ、開始は9時半頃。目標は当然1匹。この渋さでは当然でしょう(早くも逃げ腰?)しかぁ~し、時間帯が良くないのか、少しずつ風・波が強くなる。塩ビ管の2人は楽しそうにしているが、例会の中で一番大声のようだ。さて、餌打ちを始めると、やはり風のせいなのかウキが流される。それでも、フワッと小さくウキが返したのを見逃しませんでした。へらがいる!すると、数投後に早くもあたりが。残念擦れてバラシ。鱗が付いてきた。これが小さいこと!ここも放流か?やや落胆しながらも、これで何とか目標はクリア出来そうだと妙な自信。しかぁ~し、それからはウキは返すもののあたりにならない。ハリスが長過ぎるような気もするが、そのまま。と、ウキがいきなり持ち上がって、ボディまで突き出た!やった食い上げで1匹目!が、しかぁ~し、寄せる途中で腹が見えた。そしてバラシ。擦れの連発に、ハP5090376リスを詰める。すると、ウキがシモりながらもスッと入るのが見え、これに合わせればやったかかりましたよ!サイズはさておき、これで帰れる。が、その後は背後の山の影と波、そしてギラギラでウキがほとんど見えなくなる。塩ビ管の人達はさかんに合わせているので、きっとウキが良く見えるのだろう。私はストレスを抱えたまま餌打ち。昨日もきっとこんな状況だったのだろう。ウキが返しているようにも見えるが、あたりそのものがあるかどうかは分からない。時間だけが過ぎる展開に、早くも嫌気がさしてくる。じきに11時。ここで1人ジャージの人がやって来て、山からの入り際に入った。私に今日の状況を訊いてきたが、さっぱりと言う他にありません。前にも書いたような気がするが、ウキが動かないことよりも、ウP5090377キが見難いほうが耐えられない私。餌が尽きたら終了しよう。すると、瞬間ではあるが波が止まった。そして小さなあたり!これだけウキが見えれば、見過ごすことはありません。バッチリ合わせれば、やったかかりました!ようやくの2匹目。が、湖面はすぐに波で覆われる。もう早く餌を打ち切って終わりたい。が、条件は皆同じなのに、私だけがブツブツ文句を言っているのかP5090378も?もしそうなら、修行が足りないこと甚だしい。11時半頃に餌が尽きたので、予定通り終了だ。実釣2時間で2匹。この池はちょっと混むくらいではこんなに渋くならない筈。連休明けから何かあったのでは?片付け。すると、何と言うことでしょう、片付け中にどんどん湖面が穏やかになっていくではないか。これなら宙が出来たかも。でも、もう変更しません。片付けを終え、ジャージの人に挨拶して斜面を登る。キツイ!何とか駐車場に出ると、そこは別世界のような暖かさ。日向と日陰の違いをまざまざと見せつけられた。早く終わったので、コンビニで買った昼食にも手を付けていない。帰りの車中でいただくとするか。ゆっくりと池を後にした。
 
    ↓まだまだ根性が足りないぞ!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

予定通りの小野の池

今日はOG氏と釣行。ちょっとゴタゴタあって、結局向かったのは小野の池。バットさんは既に竿を出しているようだ。8時過ぎに池に到着。いたいた、バットさん。ガードレールP5080368P5080367とフェンスの間の階段下だ。車を坂の下に停めてから、バットさんに挨拶。12尺で1回ハリス切れが出たとのこと。そういえば水も濁っているし、昨日の雨が効いているのかな。さて、私は何処に入ろうか。かなり日差しが強くなっているので、出来るだけ日陰がいい。そこで、青い色の大きな釣り台に入ることにする。おっと、10時頃に来るOG氏の場所を取っておかなくては(結局場所取りは必要なかった)。さあ準備だ。今日は前から考えていた「段差の底」をやってみる。竿はギリギリ底が取れる13尺。餌は特P5080369P5080370S:天々:マッハのバラケと強力グルテンの食わせ。ウキと穂先が干渉して、なかなかうまく振り込めない。理屈ではどう振ればいいのか分かっているのだが、腕と手がそのように動きません。まだまだ修行の身だ。何とか底も取れ、開始は8時50分過ぎ。まあまあ思うようなウキの馴染みになった。が、それだけ。ウキに全く動きなし。一体どれくらい待てばいいのか分からないので、適当に餌を切る。いやぁ、動きませんね。日差しは強いが、日陰は風があると涼しいくらい。じきに頭に日が当たるようになったので、傘をセット。風・波も出てきたが、テンテンなので流されることもない。その後時間はあっという間に過ぎて、10時頃にOG氏がやって来た。すぐに釣り台に入って準備だ。13尺の「お」で開始。私のほうは、相変わらず何もない。どうやら大楽地の池に続いて、凸は必至か。10時40分を過ぎて、あまりに何度も仕掛けが穂先に絡むので、癇癪が爆発。仕掛けを湖面に叩きつけたら、ウキのトップが折れてしまった。予想されたこととは言え、全く情けない。もう底は止めよう。竿を12尺に変更し、両ダンゴの宙をやる。餌はバラケの残りにガッテンを加えたもの。「たな」1本半で再開するが、底の時と同じく何もない。OG氏が早くも眠くなってきたというから、ウキに動きはないのだろう。太陽の位置がほぼ真上に来て、日陰部分はなくなった。バットさんの更に右に入っていた先客が帰ったようだ。この暑さではねぇ。また後から堰堤に入った人も、12時前にいなくなった。ほどなく12時のサイレン。規則正しい生活をするために、昼食。バットさんが昼食のついでに様子を見に来たが、「予定通りですね」のお言葉。でもそちらは1回あたりを見たからいいじゃないですか。OG氏は既に終了モードに突入し、1時終了を宣告。私もそれに従いまP5080371しょう。それから機械的に餌打ちを繰り返し、これも予定通り1時に終了だ。片付け。感慨も何もない。片付けを終え、フェンスを越える。気をつけないと大怪我しそうだ。OG氏はスポーツジムに行くと言って帰った。私は車に荷物を積み、坂をバックで登ってからバットさんの様子を見に行く。段底から段差の宙に切り替えたが、変わり映えしないようだ。頑張ってくださいと言ってその場を離れ、池を後にした。まあ、今日は仕方がないね(それでいいのか?)。
 
    ↓これでしばらくはここに来る必要がないだろう。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

今日も腹いっぱい

P1000260事情があって、今日の昼食は外で摂る。そこで、用事のついでに寄ったのが福満楼。いつも量が多くて、食べるのに難儀するのだが、今日は昼の麺とご飯をそれぞれ選ぶランチにしたので、これなら定食のようなことはないだろうと高を括って待っていると、ゲゲッやはり量が多いではないか。ラーメンの汁を飲まずに中華飯に立ち向かったのだが、今の私にはきつ過ぎる。やはり少し残してしまった。これでも精一杯食べたのだが。今度こそ、今度こそはラーメンかご飯の1品だけにしよう。そう誓って店を出たのだった。
 
    ↓もう若くはありません。腹八分目に心がけよう。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日

今日は久し振りに雨。せっかくの休みに雨でガッカリしていると思われるyurieさん、いや、ひょっとして雨中で竿を出しているのかな?Oさんにもこのところ会っていないので、明日には都田にでも行ってみよう。
 
    ↓今日はゆっくりと過ごしたいが、カラオケは?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

今日の都田

P1000257P1000258連休明けの今日は、予報では雨だったが、朝から快晴だ。が、今日は通院の日。病院から帰る頃には気温もグッと上がり、もう初夏とかいうような感じではない。クソ暑いのだ。それでも都田の様子が気になって、昼食を摂ってから池に行く。こんなに暑ければP1000259 いくら晴天でもへら師はいないだろうと思ったが、こちら側には私のいつもの場所に1人、対面は看板横と浅場ワンドに1人ずつ。これからは早朝から午前中で終わるというのが健康上からもグーになるだろう。そうそう、ツツジの盛りがそろそろ終わりそうだ。もっと早く写真を撮るべきだったのだが。
 
    ↓こんなに暑いと、へらも大変だろう。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

屋台が来た!

パソコンに向かっていると、遠くからお囃子が聞こえてきた。そうです、今日は「浜松祭り」の最終日なのです。今まで屋台の写真を撮ったことがなかったので、急いで服を着替え、外に出る。とにかくパチパチと撮ってみたが、フラッシュをたかないほうが綺麗に写るようだ。とりあえず順番に並べてみました。写りが悪いのはご勘弁を。
P5050350_2P5050351P5050352P5050357P5050358
 
 
 
 

 
 
 
 
    ↓やっぱり屋台は綺麗だなぁ(志村けん風に)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の分を取り返そうと思ったが@大楽地の池

P5050345昨日行けなかった大楽地の池、今日は何としてもゴー!だ。バットさんはどうかな、と7時過ぎにメールすると、何と既に餌打ちを始めていると言うではないか。これは是非とも行かなくては。ただ、渋いかどうかは訊きそびれた。8時過ぎに家を出る。意外に道が空いていて、今日はスイスイと池に到着、と思ったら、途中で腹の具合が悪くなり、昼食を買うついでにコンビニで定期便。池にはジャカゴにバットさん含め2人。堰堤には1人。奥の釣り台に1人と、連休中とは思えなP5050346P5050347いような閑散とした感じ。まずは先客に挨拶。バットさんの隣の人が、既に竿を曲げているようだ。私に階段横の場所を勧めるのでついついそこに入ることになった。これが悲劇の幕開けとも知らずに・・・。さあ準備しよう。これも勧められるままに12尺を採用。餌はいつもの両ダンゴだ。底を取り、開始は9時半頃。が、しばらくして、あまりにも水が澄んでいるので、これrはやばいでしょうと気が付き、10時頃に13尺に変更。あまり変わらないように思えるが、まあいいだろう。そのまま続行だ。バットさんの右の人は、12時頃に帰ったが、2匹をゲット。私の左の先客も2回竿を曲げるのを見た。堰堤左端には後から1人入ったが、短い竿で数回竿を曲げた。何となく釣れそうな雰囲気なのだが。さて、バットさんのウキはモヤモヤしているようだが、私のウキはピクリともしない。訊くと、グルテンを使っているらしい。両ダンゴでは駄目なのかな?そのままどんどん時間が過ぎ、あっという間に11時。日差しも強くなって、気が滅入る展開だ。が、バットさんは気にしていないらしい。いつもウキが動く増沢で竿を出している私には、小野の池とかこの池は鬼門になっているような気がする。実際今年になってから今日が4回目の来訪なのに、まだ1匹しかゲットしていないのだから。それでも11時を過ぎて、何やらウキがモヤモヤし始めたようで、竿を持つ手にも力が入る。そして、遂に来ましたその瞬間が!返したウキがチクッと入り、これに合わせればやったかかりました!いやぁ、ここに来るまでP5050348長かったなぁ。ん、引きがないぞ。それに、透明度のある水のおかげで、何がかかったのかすぐに分かった。それは亀。あんなに素晴らしいあたりだったのに、これが犯人だったのか。口の周りにベットリとダンゴを付けている。鈎外しを使ったが、結局ハリス切れだ。亀さんには、オーバーフローからご退却願った。じきに12時となり、バットさんの隣の人が終了し、代わって1人が入った。この人は11尺テンテンの底で始めたが、じきに1匹目をゲット。今まで細々とやって来た我々って一体・・・。が、私のウキにもう一度動きが出始めた。本来ならとっくに終わっている筈の餌がまだ残っているが、それもじきに終わりそうだ。それまでに何とか1匹。すると、私がちょっとだけウキから目を離して餌ボウルに視線を移したその瞬間にあたり!私が見たのはウキが戻る姿。でも、もう1回あたるかもと思っていると、ウキがズルッと入り、これに合わせればやったかかりました!うわっ、凄い引き!これは擦れ?すると、まさに擦れのようでハリス切れ。へら(だと思う)の姿は拝めなかった。ガクガクッ。その後は何もなく、12時半頃餌が尽きて底は終了。実釣3時間弱で凸(亀1匹含まず)だった。ここでようやく昼食。それから、竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。「たな」1本で再開。隣が宙で竿を曲げているので、私も是非その恩恵に預かりたい。しかぁ~し、ウキは無常にも馴染んでは戻るの繰り返し。しばらくして、隣を参考に「たな」を1本半に変更だ。風・波が出ているので、少しでも「たな」は深いほうが良さそうだ。そして、開始後1時間経過して、ようやくウキに動きが。そして消し込みの連発!残念全くかかりません。それから少しして再度の消し込み!更にはウキが馴染んでからのチクッという力強いあたり!全てがカラ。でも、ウキが動き出したのは良いことだし、このまま行けば何とか1匹は出そうだ。しかぁ~し、しかぁ~し、ここで痛恨の腹痛。急いで車に戻り、コンビニで不定期便。やれやれ、落ち着いたぞ。池に戻り再開。既に2時。こちらもそろそろ餌が尽きそうだ。と、ここで遂にバットさんの竿が曲がった!やられた!このP5050350池で竿が曲がらないのは私1人になってしまった。まさにアウト・オブ・ザ・蚊帳。隣も帰り、そろそろ私のほうにもへらが廻って来るかも、と「たな」を1本にしてみるが、その後はウキに動きなく、またウキを見過ぎたこともあって餌の供給が落ちたのか、何と予定外の3時に餌が尽きて無P5050355念の終了。実釣約2時間半で再度の凸。結局今日は実釣約5時間半で凸。ゴールデンウィークの最後を飾るに相応しい結果となった。寂しく片付け。バットさんも終わるが、これから佐鳴湖に行くとのこと。パワーがあるなぁ。私は寂しく池を離れ、SK氏宅で収穫された柑橘類をもらって帰った。SK氏、ありがとうございました。
 
    ↓小野の池と大楽地の池は私にとって鬼門だ。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

二転三転して一で二三さんとの釣り@都田

今日は大楽地の池。バットさんは早朝から竿を出しているようだが、私もそろそろ出掛けないと。まずは携帯のメールを確認。あっ、OG氏から親睦会のお誘いだ。パソコンを開いてみると、幹事のH氏からも来ている。が、今日は大楽地と決めているので、せっかくのお誘いに応えられず、また宜しくお願いしますと返事。ん、バットさんからもメールが。何々・・・ゲゲッ今日はNGとのメールだった。さてどうしようか。お誘いを断ったすぐ後で、やっぱり出席と言うのはちょっと気が引ける。そうだな、一人で大楽地という考えもあるが、ん、一で二三さんからもメールが来ている。何だろう。え~っ、今日の午前中は都田P5040291で竿を出すと書いてあるではないか。渡りに船と飛びつく。さっさと準備して都田へゴー!駐車場に着いたのは8時頃。ん、結構車が停まっているなぁ。急いで車から荷物を降ろし、池に向かう。いたいた、一で二三さん。こちら側柳の木の奥だった。旧爆釣ポイントの先客に挨拶しながら、一で二三さんの更に奥に入る。まずは挨拶。今日はこの後実家に行くそうだ。ちょうど1匹目が出たところ。昨日の様子からも、竿が曲がるのは間違いなさそうだ。先客はコンスタントにP5040292P5040293竿を曲げている。さて、私は一で二三さんの横に入りたいが、釣り台をうまくセット出来そうにないので、先客に断って私のいつもの場所に入ることにする。さあ準備だ。まだ湖面は鏡のよう。早く竿を出そう。今日は11尺の底から。餌はいつものダンゴ。底を取り、開始は8時20分過ぎ。すると、何と第1投からウキが動くではないか。が、何故かカラ。毎回のようにあたりが出るが、カラ。池を見渡すと、皆さん竿が曲がっているようで、私のすぐ隣の先客も一で二三さんも好調だ。私もようやく1匹目。しかぁ~し、ウキを動かしていたのは放流でした。その後もあたりに合って数を増やすが、どうもサイズが気に入らなP5040294_2P5040295P5040296P5040297P5040298P5040299P5040300P5040301P5040302P5040303い。先客と一で二三さんはまあまあのサイズも混じっているようだが、私はなかなかグッドサイズを拝めない。そのうえ、カラに擦れも出る。ちょうど開始1時間で何とか10匹をゲットしたので、放流を散らすべく一で二三さんの釣りを見学。釣り座に戻ると、少しウキの動きが弱くなった気がして、休憩は成功か。が、しかぁ~し、しかぁ~し、それからP5040304P5040305P5040306P5040307P5040309P5040310P5040311P5040312P5040313P5040314かかって来たのは、またも放流。今度はそこそこのサイズが混じることもない(1匹だけまあまあのサイズがありました)。ちょうど10匹追加したところで餌が尽き、底は終了だ。実釣2時間弱で20匹は、サイズ以外では満足の数字。先客と一で二三さんはおそらくそれ以上釣っているでしょう。さあ、次は宙だ。少し風・波が出て来た。へら師はこちら側塩ビ管奥に続々と入っている。さて、今度は竿を9尺に変更。餌はガッテン単体。「たな」1本で再開は10時20分くらいか。一で二三さんは10時過ぎに終了し、水草を採ったあとに私の背後で念力をかけて帰った。今度来浜した時も、是非ご一緒しましょう。さて、餌打ちを始めてじきにウキに動きが。宙でも高活性?が、最初から消し込みはカラP5040315P5040316P5040317P5040318ツン。何度となくあびせられて、早や意気消沈か。いや、ガッチリかかりました!でも、やはり宙でも釣れるのは放流。何とかならないか。それからも放流は続き、10時台には計4匹。果たしてこの後サイズアップはなるのか?大分暑くなってきた。日向側にとってはかなり厳しい釣りを強いられているようだ。涼しさという点では、やはり塩ビ管奥が良さそう。ただし、長い竿は頭上の木があって出しにくいが。さて、ガッテンがいいのか私のアームがいいのか分からない(決まっています!)が、11時台にもあたりは続きP5040319P5040320P5040321P5040322P5040323P5040324P5040325P5040326P5040327P5040328当然擦れやバラシにカラも頻発する中10匹をゲット!午前中だけで34匹とは、素晴らしいの一語(もちろん私にとって、だが)。12時のサイレンが鳴り、そろそろ昼食といきたいが、まだあたりがあるので、とりあえず今の餌を打ち切ったら食事だ。そして、餌が尽きP5040329P5040330P5040331P5040332P5040333た12時20分頃までに5匹を追加。宙では実釣2時間弱で19匹。底と併せて実釣4時間で39匹(擦れ含まず)。さあ、この後どうしよう。このまま帰ってもいいが、これから来るであろうゴールデンタイムの恩恵に預かって、更なる爆釣を目指すのもいいかも。そこで、まずは昼食。それから、竿と仕掛けはそのままで餌をいつものダンゴに変える。「たな」を1本半にして再開は12時半頃。すると、ウキはじきに動き出すものの、あたりにならない。ガッテンの時とは大違いだ。先客は一時ペースダウンしたが、この頃から再びコンスタントに竿を曲げるようになった。私の場合、餌が良くないのか、ハリスの長さに問題があるのか、それとも「たな」なのか(アームという答えは封印)?とりあえず「たな」を1本に戻す。更には餌に手水。ようやくあたりらしきウキの動きが出るが、かからない。しかも、やっとかかったと思えば、またも放流から。ガクガクッ。先客がペースをP5040334P5040335掴むのとは逆に、私はペースが掴めなくなって、合わせもバラバラ。素晴らしいカラツンも出て、その合間に本当にポツリポツリとあたりを拾うだけ。最初の30分で2匹。1時P5040336P5040337P5040338台にはあたりの数も減ったが、全くあたりに合わなくなって、何とか3匹。2時を過ぎるとP5040339P5040340P5040342いよいよゴールデンタイムの到来かと一旦は思わせたものの、今日一番のグッドサイズを腹に擦れでノーカウントにすると、やっとの思いで餌が尽きるまでに3匹。結局2度目の宙では実釣2時間弱で8匹。トータルでは実釣5時間半くらいで47匹。良くやったという気持ちと、もっと釣れたのではという気持ちが交錯している。そしてただただ疲れた。片P5040344付け。いつもより長時間の釣りで、腰と膝が痛くなっている。ボンドでひび割れを固めてきた筈の長靴も、再び水漏れ。先客はおそらく50匹を超えているだろう。新城のほうから来たので、あまり早く帰るのは勿体無いと言っていたが、サイズはともかく充分楽しめたのでは?片付けを終え、先客に挨拶して駐車場に戻る。早く横になりたい感じ。そのままグッタリと池を後にした。
 
    ↓久々の釣果だったが、サイズがなぁ。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

今日の釣り場@都田&四つ池

外が暑くなった午後から、わざわざ池の様子を見に行く。理由の一つはカラオケの騒音から逃れるため。スナックが開店する10分前くらいから車が集まってくる。そんなにカラオケが好き?この連休に会う人がカラオケの常連だけなのか。ちょっと寂しいなぁ(大きなお世話か)。さて、今日はザわさんとバットさんが昭和池に行っている。私もお誘いを受けたが、やはり距離と時間、それにややお疲れ気味という事で、パスさせてもらった。P5030286_2P5030287_2まず始めに向かったのは都田。暑い!暑いが、池には万遍なくへら師が入っていて20人以上、竿も曲がっているようだ。ただ、日向の皆さんの我慢強さには感心させられた。橋を渡ってから池を半周して駐車場に戻る。今日は変わった場所(外の道路と公園入り口)から写真を撮ってみました。
 
P5030288P5030289P5030290続いて向かったのは四つ池。先日ザわさんから「たなご」釣りについて聞いていたので、一体どんな風にして釣っているのか見たくなったから。いつも竿を出す2つの池ではなく、その奥の東屋がある池。れれっ、人がそんなにいないぞ。桟橋を渡って東屋に向かうが、竿を出している人はいても、「たなご」を釣っているようには見えない。しばらく様子を覗っていたが、暑いので退散することにする。さあ、明日ばどうしようかな。予定が少し変わったが、不参加と言ってしまった親睦会には今更顔を出せないし。そうだ、大楽地の池にでも行ってみようか。バットさんも来ると言うので、渋滞に巻き込まれないよう早めに家を出よう。
 
    ↓5月の最初の竿出しは大楽地の池とはね。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めて行くららぽーと

GWは好天続き。昨日初めてららぽーと磐田に行った。東名は少しだけ混んでいたが、何とかサービスエリアに到着。そこからETC専用ゲートを通って駐車場へ。いやぁ、広いなぁ。到着は10時を少し廻ったところだったが、既に立体駐車場はほぼ満車状態。ここからまだ車がやって来るのか。元来人込みが好きでない私は、もううんざり。中をグルグル歩いたものの、興味があったのは道の駅の食べ物だけ。グッタリして帰途についた。
 
    ↓釣りに行くほうがどんなに楽しいか。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

大久保の茶屋

P1000255P1000256久し振りに大久保の茶屋で昼食。が、やはり私は蕎麦の味が分からない男。周りがうまいうまいと言っていても、つい首を傾げてしまう。いや、まずいというわけではないんですよ。本当につまらない男です(まさに自虐的な考え)。
 
    ↓うさぎ庵とか玄炊庵とかに行けばいいのか?
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

4年目に突入

私のプー生活も4年目に突入だ。何か心の張りになるものを釣り以外に探さないと、時間はあっという間に過ぎてしまう。
 
    ↓光陰矢の如し。少年老い易く学成り難し。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »