« 底で凸のピ~ンチ!@都田 | トップページ | 短竿で楽しめた、かな?@都田 »

2010年5月29日 (土)

昨日と同じ場所で一体何が違うのか@都田

今日は風がないとの予報。それに明日は天気が悪い(もうその話はいいのでは?)ので、今日行きましょう。バットさんは引佐天池に行っているようだが、私は昨日の釣りがどうにも納得出来なくて、再度都田へゴー!駐車場には多くの車が停まっているが、はてさてへら師はどれくらいいるのかな。橋まで行って池の様子を覗うと、対面日向側には誰もいない。こちら日陰側は柳の木の奥に1人と、あとは塩ビ管付近から奥に何人かいるのが見える。昨日私が入った「いつもの場所」近辺には誰もいない。が、今日はもう一度ここに入るぞ。車に戻って荷物を降ろし、池へ。先客に挨拶するが、もう終わって片付け中だった。あっ、先日バスを釣った人だ。それから、看板横に1人入った。さあ準備するかな。今日は竿を12尺にして、土砂の影響から逃れるつもり。もちろん底。餌は夏P5290607P5290608・冬・マッハの定番。まだ波はないが、いつもの事ながら開始すると出てくる。今日もそのとおりだった。さて、底を取り、開始は9時20分。昨日の事があるので、最初から緊張する。すると、何投か後にウキが戻したように見えて、急にやる気が。そして、ウキがP5290609餌落ち目盛から更に1目盛戻したあとにチクッと入るのに合わせれば、やったかかりました!サイズもグーだし、う、嬉しいゾ~ッ!曇っていて気温も上がらないが、竿を伸ばした(1尺ですが)のが良かったのかな?ただ、その後のあたりらしきウキの動きは、決してはっきりしたものではなP5290610かった。ん、すぐそばに猫。何かやりたいが、足元のブルーを釣ってハリストラブルになるのは避けたいので、何もやりません。猫はしばらく待っていたが、知らないうちにいなくなっていた(猫にあげるものが釣れたのは、ずっと後の事)。それから黒帯が動く程度のあたりに手を出せば、やった2匹目か?残念マブナ。引きだけは凄い。風・波は止まらなくなったが、その後1P5290611P5290612P52906130時頃までに2匹を追加。これで昨日の底の分は釣ったゾ(マブナ1匹は含まず)。奥でもバシャバシャ取り込む音が聞こえるので、今日は意外と高活性?私はその後もポツポP5290614P5290615ツとあたりを拾い、私の第2目標及び時間5匹をクリアだ。ただ、次第にウキの動きが悪くなってくるのが分かる。対面流れ込み付近からダムP5290616?そばまで3人入った。さて、その後は擦れ、口、擦れとなかなか数を増やせない。あたりは波で分かりにくいものの、全て馴染んで返してチクッ。何故かからないのか、何がどうなっているのか分からない。その後、10時台にはもう3匹を追加するが、とにかくあたりらしきウキの動きにP5290617P5290618P5290619合わせ続けただけ。ここまでくれば、気持ちは何となく第3目標と時間5匹のクリアだが、結構強い風・波でどうなるかは不明。11時を過ぎて、いよいよ餌があとわずかに。そして遂にラス前。何とかあたって欲しい。すると、ムズッというあたりでやった「上がりべP5290620ら」ゲットだ!ちょうど第3目標と時間5匹もクリア。昨日のリベンジも果たせた。ただ、昨日と今日で一体何が違うのだろう。竿と餌の違い?多分そんな事は関係ないと思う(根拠ナシ)。さあ、次は宙だ。波が出ているので、ウキは見やすいにこしたことはない。9尺を採用。餌は特S:天々:マッハと、いつもと同じ(これで本当にいいのか?)。我慢していた用を足し、ちょっと早い昼食。それから切れていたハリスを交換して、「たな」1本での再開は11時45分頃。なかなかウキが動き出さない。今日は宙が良くないか。それでも何とかウキが動き出P5290621したものの、今度はあたりが出ない。そこで、小さく入ったウキの動きに合わせてみると、やったかかりました!合わせてみるもんだ。11時台はこの1匹で終了。が、12時のサイレンを聞く頃から状況が一変。消し込みあたりが出始めるが、昨日に比べてかかる率がグ-ンと向上(とは言P5290622P5290623P5290624P5290625P5290626P5290627P5290628っても、倍くらいか)し、ズバッというあたりで気持ち良くかかる。餌を手直ししてやわネバにしたのが良かったのかも。開始から時間8匹(12時台に限っても時間7匹)なら、宙での第3目標と時間5匹のクリアは楽勝か?しかぁ~し、何が起きたのか分からないが、急に失速。ハリス切れも連発して、完全に調子が狂ってしまった。更に追い討ちをかけるように、へらの「たな」の上にブルーがやって来た。ウキが立たなかったり、いきなり消し込んだりする場合は、こP5290629のブルーが鈎を呑んでいる。とにかくウキをしっかり馴染ませたいのだが、上でつかまってしまう。何とか1匹を追加するが、どうしようもない。すると、今度はウキが馴染んでからの消し込みでは全くかからなくなる。もうお手上げ。餌を直そうにも、量が少な過ぎる。「上がりべら」は、ウキが一P5290630旦立ちそうになってから再び寝てしまったので、あ~あと思いながら合わせると、やったかかってました!上ずりにもなっていたのだった(トホホ×トホホ)。最後の1投も甲斐なく、1時40分頃に終了。1人やって来て、柳の木の奥に入った。看板横の人は帰っている。結果、宙では実釣2時間弱で10匹。途中まではひょっとして20匹くらいいけるかも、と取らぬ狸の何とやらだったが、最後にはこうなりました。底と併せて実釣4時間弱でジャスト20匹(マブナ1P5290631匹とブルー数匹は含まず)。片付け。雨がぱらつく事もあったが、今は晴れている。誤算は風・波があったことだが、嬉しい誤算もあった。片付けを終え、駐車場に戻る。予想外の結果に満足感。それにしても、何が原因でこんなに違う(底ですよ)のか。タラ・レバだが、昨日と同じ11尺を出していたらどうなっていただろうか?ペレ道とマッハの違いは?これからは、空いていれば出来るだけ「いつもの場所」に入ろう。そして、漠然とではなくもう少しちゃんとデータを蓄積してみよう。何かが見えてくるかもしれない。昼食は摂ったが腹が減っている。何か口に入れたい。さっさと池を後にした。
 
    ↓理解出来る説明がほしい
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 底で凸のピ~ンチ!@都田 | トップページ | 短竿で楽しめた、かな?@都田 »

コメント

今晩は。もう自虐会は卒業ですね。沢山釣れると「何か」が見えてくるのでは?西之谷の若い釣り人はシッカリデーター取っているようです。いい加減な私は一昨年の夏に爆釣した「ペレ宙」も昨夏になるとハリスはの長さは?段差?全く忘れていました。物覚えの良い人は関係ないのかも知れないが最近物忘れの激しい私はそろそろ「Yurieノート」なるものを作らないとダメかも?当会のベテランさん(かってのトーナメンター)からも年齢が年齢なんだから遊んでないで「他に負けないモノ」を身に着けないと中途半端になっちゃうよとキツイお言葉!解っているけど他がやっていない釣方は魅力があるのも事実。あれもこれも試して見たい今日この頃です。Yurie

投稿: yurie | 2010年5月29日 (土) 22時04分

yurieさんおはようございます。
以前は、かなり細かく記憶出来た(と思う)のですが、写真で時刻等を記憶しなくて良くなったためなのか、次第に物覚えが悪くなってしまいました(単なる老化?)。ブログを書く時には、七転八倒です。

投稿: sunshine_hera | 2010年5月30日 (日) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48486301

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日と同じ場所で一体何が違うのか@都田:

« 底で凸のピ~ンチ!@都田 | トップページ | 短竿で楽しめた、かな?@都田 »