« 珍しく高活性?@大久保 | トップページ | 郷乃譽 »

2010年5月12日 (水)

強風の中でまあまあの釣り@都田

注)写真をクリックすると、拡大したものが見られます。
 
今日は好天だが風が強いとの予報に、ちょっと出掛けるのをためらっていたが、それでも出掛けます。さて、風の影響が少ない大久保にしようかな。でも、先日行ったばかりだし、ここはリベンジを兼ねて都田だ。かなり気温が上がっているが、やはり風のせいでそれほど暑さは感じない。駐車場に着くと、おおっ、結構な数の車。WINDOMとOさんの車はない。まずは定期便。それから池の様子を見に行くと、対面看板横に2人。こちら側は柳の木の奥と塩ビ管手前、それに流れ込みに1人ずつ。橋の上では風が強いが、湖面はそれほど波立っていないようだ。それでは、いつもの場所に入ろう。車に戻ってP5120392P5120393荷物を降ろしていると、1人外の道路に向かって行った。この人は対面流れ込みに入った。えっこらしょと池に下りると、やはり風が強い。何と言っても8~9m/sの予報だから。さあ準備しよう。背後の木の影が正面にあるので、ウキの視認性を考慮して9尺を出す。もちろん底。餌もいつものダンゴ。波で底が取り辛いが何とかなった。開始は9時半。風が左から吹いてくるが、ウキは左に流れる。ちょっとハリスが長い気もするが、今更変えません。さて、数投餌を打つと、ウキがモヤモヤし始めた。まあ放流だろうが、動かないよりはましだろう。柳の木の奥の先客は、塩ビ管手前の人と一緒に来たようだが、自分の状況をしきりに伝えていた。まるで私自身を見ているようで、ちょっと自己嫌悪。さて、ウキの動きからあたり!が、最初から顎に擦れ。サイズはともかく、擦れから入るというのが気に入らない。それでもウキの動きは続き、開始30分経たないうちにP5120395P51203961匹目。そして2匹目。しかぁ~し、次のあたりで何故かハリス切れ。別に強く合わせたわけでもないのに、どうしてだろう。すると、再開後にウキの動きが弱くなる。そしてあたりらしきウキの動きに合わせるとカラ。今日は時間10匹とまではいかなくても、そこそこ釣りたい。そうだな、時間5匹を目標にしよう。今日はウキが見えるので、ストレスはない。例えシモろうとも。それからしばらくあたりに合わなP5120397P5120398P5120399かったが、合わせ続けてようやく3匹目。ちょっとサイズが大きくなった。すると、次第にサイズアップ。予定の1時間ぎりぎりに5匹目。風はあっても波が思ったほど立っていないし、何より風のおかげで木の影が正面からずれたので、ウキの視認性はかなり向上した。そのためかどうかは分からないが、それからあたりに合うようになって、11時をP5120400P5120401P5120402P5120403P5120404少し過ぎた時点までに5匹を追加だ。これで予定はクリアした。しかも10匹目はグッドサイズ。さあ、後はどれだけ追加出来るか。まだウキは動P5120405いているぞ。そしてじきに11匹目。更に次は消し込み!やった連荘か?しかぁ~し、腹に擦れ。何とかもう1匹釣って、時間6匹まで伸ばしたい。が、餌が尽きて、遂に最後の1投。すると、戻したウキがチクッと入って、やった上がりべらか?しかぁ~し、しかぁ~し、あまりにも手応えが弱いP5120407_2。そうです「海を見つめてい~た~ 浜のキャバレーにい~た~・・・上海帰り~の~ ギル、ギル(古~っ!)」。結果、実釣2時間弱で11匹(擦れ、ブルー含まず)。波はそれほど弱まっていない。柳の木の奥の先客は、最初は底で両ダンゴ、両グルテン、セットと一通りやったあとに、底の状態が良くないと言ってドボンに変更。そして擦れも含みながらグッドサイズをゲットしていた(と聞こえて来ました)。対面看板横の2人がそろそろ終了か。12時前には帰った。さあ、私はどうしよう。この風・波の中で宙をやるのはちょっと考えものか。いや、やってみよう。しかぁ~し、この時はまだ、恐ろしい展開に気付く由もなかった(大袈裟な!)。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。「たな」1本で再開は11時30分。すると、数投でウキがモヤモヤ。そして消し込むようなあたり!これに合わせればやったかかりました!ん、この引きは・・・。そうです「海を・・・(しつこい!)」。すると、次もその次のあたりもギル、ギル。なんとギルの3連荘。しかも全てグッドサイズ。P5120408ガックリ。それでも餌打ちは止めませんよ。そのまま続行だ。すると、次の消し込みで、今度はかかりました!サイズはともかく、嬉しい~っ!何とかギルがへらに置き換わってほしい。波は気持ち弱くなった気がして、これからの展開に希望が持てる。対面ダム?そばにも1人入った。P5120409P5120410さて、ギルは何処かに行ったようで、それからは12時のサイレンを挟んで、良いあたりで2匹を追加。サイズはともかく、いいぞいいぞ(一で二三さん風に)。が、次のあたりではまたも擦れ。なかなか波に乗れない感じ。まさにポツポツとP5120412P5120413数を増やす。そして、遂にグッドサイズをゲットだ!「たも」の径が35cmあるので、ほぼ35cmのへら。これは嬉しい。宙でやった甲斐があったというもの。何だかゴールデンタイムが来たような気がする。柳の木の奥の先客も、ドP5120414ボンから宙に変えるようだ。さて、とりあえず宙での第2目標もクリア出来たし、あとは時間5匹だ。が、次のいいあたりでかかったのは、忘れていた「海を・・・(もういいでしょう)」。餌も残り少ないのに、今更かかるなんて、本当にガックリだ。ウキはまだ動いているが、なかなかかからない。いよいよあと数投で終わり。すると、地合なのか(多分そうでしょう)、ズバッというあP5120415P5120416たりで30cmくらいのへら。更にはラス前の1投でやったこれこそグッドサイズだ!「たも」をはみ出している。大体38cmくらいか。もう充分です。もういいでしょう。最後の1投は残念あたらなかったが、満足して1時少し過ぎに終了。結果、宙では実釣1時間半で7匹(擦れ、ブルーを含まないのは当たり前でした)。底とP5120418併せて実釣3時間半で18匹。時間5匹もかろうじてクリアしたし、グッドサイズが出たので問題なし。片付け。宙を始めた柳の木の奥の人は、すぐにグッドサイズをゲットしたようで、塩ビ管手前の人に見せに行った。片付け中にOG氏がスポーツジムからメールをくれたことに気付く。ちょうど終わったところと返事。片付けを終え、駐車場に戻る。何だか湖面が凪いで来たような気がするので、ちょっと名残惜しい感じ。駐車場に戻り、今日もびしょ濡れの靴下を脱いで、石田何某のように素足に靴を履く。さあ帰ろう。今日は予報ほどの強風ではなかったが、それでも強い風の中でまあまあの釣りが出来た。明日も風が強いようだが、明日は釣り以外のことをしよう。それは、帰ってから考える。まずは昼食だ。私は姫街道食堂へと車を走らせた。
 
    ↓グッドサイズゲットで気分もグー!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 珍しく高活性?@大久保 | トップページ | 郷乃譽 »

コメント

こんにちは。
爆釣モードに入っちゃいましたね。
「海を見ていた~~♪」も中々の型・・・。羨ましい。今週月曜(午後から雨)の西之谷も宙が良かったですね(物がチガウ)底は15~16㎝有るか無いかのオンパレード。「よくもそんなコマイへら釣るな~!」と師匠に冷やかされましたが宙に変えた途端サイズUP。そして雨・・・。早朝中学生が釣った鯉、推定80㎝UPを見てしまったからか?早々に帰宅しました。
雨男かな~~?

投稿: yurie | 2010年5月12日 (水) 16時58分

yurieさんこんにちは。
今日は風が強かったのですが、竿を短くしたせいか、それほど竿さばきには困りませんでした。
そして、やはり宙でしたね。38cmには感動の一語。ここと比べると、やはり大久保や引佐天池、それに大楽地の池はすれていますね。素直ではない。小野の池に至っては、何も応えてはくれません。でも、都田ばかりに行って数を釣って自分が何か偉いような勘違いをしないよう、これらの池には定期的に行って、自分がホントは大したことないと再認識させてもらいます。

投稿: sunshine_hera | 2010年5月12日 (水) 17時43分

おはようございます。今日もどこかに釣行されたのかな?UP待ってます。以前釣番組(ルアー)で村田基氏が数を釣らないと「何が良くて、如何して釣れたのか解らない」と言っていましたが、ある程度数を釣らないと餌のタッチが良かったのか?棚が良かったのか解らない事が有りますね。地合が出来て釣込めた時は嬉しいモノです。一番イケナイのはポツリ×2釣れて地合が構築できない時です。何か変えなくては?と思っているところで釣れてしまう!熊谷氏のDVDからの教えです。
PS.最近は頭でっかちになっていて思うような釣が出来てないYurieです。釣に行けない今日は晴れだぞ!!!!

投稿: yurie | 2010年5月13日 (木) 07時50分

yurieさんこんにちは。
そうですね、短時間では果たして何が良かったのか悪かったのかはっきりしない事が多いと思います。
でも、私は4~5時間で終了。理由は気力が持たないこと。以前は7~8時間くらい竿を出していたこともあったのですが、途中は完全に中だるみでした。
短時間の釣りは飽きることがほぼないので、続けられる原因にもなるかと思います。

投稿: sunshine_hera | 2010年5月13日 (木) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48340302

この記事へのトラックバック一覧です: 強風の中でまあまあの釣り@都田:

« 珍しく高活性?@大久保 | トップページ | 郷乃譽 »