« 私の所蔵漫画本その9(REGGIE) | トップページ | 新たな人との出会い@都田 »

2010年6月 2日 (水)

陽気は真夏の大久保

6月最初の釣行は大久保に決定。いそいそと準備し、ゴー!が、せっかく用意した水筒を忘れてしまった。仕方がないので、途中にあるコンビニで調達。池には誰もおらず、それではいつものように堰堤左端に入ろう。うわ~っ、何だこの熱気は!早く傘をセットしP6020658_2P6020659ないと。でもその前に、オーバーフローに溜まっているゴミを「たも」で取り除く。それから準備だ。まずは傘をセット。今日も先日の都田と同じように、底は9尺宙は7尺で行こう。餌も先日と同じ。が、しかぁ~し、仕掛けがつぶれたままだった。それでは、今から作るしかないな。レブロンの、海釣りのように色が着いた道糸を出す。あっ、常連さんがやって来て、堰堤右から2番目の釣り台に入った。じきにもう1人来て、この人は右岸倒木奥に入った。さて、私の準備中にOG氏登場。私の右に入る。私が現場施工で手間取っている間に、早くも「お」で開始だ。ようやく仕掛けが出来、底を取っての開始は9時を過ぎている。予定より30分くらい遅れた。常連さんを含め、底は私1人。果たしてどうなのか?堰堤の常連さんはほどなく竿を曲げたが、その後はポツリポツリだった。さて、第P60206601投をわくわくしながら打った私だが、いきなりのあたりでビックリ!更には、かかってきたものを見て再度ビックリ!これはさすがにカウント出来ないでしょう。ひょっとして底にはこんなのばかりかな?いや、じきにキッチリしたあたりが出る。しかぁ~し、連続してバラシ。擦れてはいないと思P6020661うのだが。それでもようやくあたりに合って、凄い引きを堪えて寄せてみれば、ガックリマブナ。ただただ疲れただけ。ウキの動きが良くないOG氏からは、マブナでもいいから釣りたいとの声。でも、そんな愚痴はじきになくなる。ポツリポツリとへらをゲット。私はその後も、これと思うあたりでバラシばかり。このまま行くと、凸は必至。開始1時間経っても状況に変わりなし。そして更に30分近く経過。このままでは、本当に凸。が、戻したウキがフワフワした後にグP6020662ッと入るのに合わせれば、やったかかりました!いやぁ、長かったなぁ。ただ、これで終わりではない。更に数を増やさないと、OG氏に置いて行かれる。あたりはカラとバラシが相変わらず多いが、それでもウキが動いているので、きっとかかると信じて餌打ち。すると、ポツポツと2匹をP6020663P6020664ゲットだ。これは嬉しい。OG氏は擦れ込みではあるが6匹をゲット。特Sが終わったので、今度はグルバラをバラケにして再開。最初はバラケの固さがしっくり来なかったようだが、次第に調子が上向いて、12時半の終了時までに3匹を追加。9匹で今日の釣りを終了だ。これからジムに行くと言って帰った。私はラス前のP6020665グッドなあたりで「上がりべら」をゲットしたと喜んだのだが、それも束の間。上がってきたのはまたもマブナ。ガクガクッ。結局11時20分頃に餌が尽きて、底は終了。結果、底では実釣2時間強で3匹(マブナ2匹含まず)。前回ここに来た時とほぼ同じだった。さあ、次は宙だ。竿を7尺に替え、餌はこれまた先日の都田と同じ。「たな」1本で再開は11時30分頃。OG氏からは、何度も固い餌ではここでは釣れないと言われているのに、今日も固い。これをどうやったらヤワネバに出来るのか?また、常連さんの竿の曲がりも、間隔がかなり空いてきた。これから厳しい時間帯になるのかも。それで餌が固かったら・・・。でも再開。当然ながらウキはしっかり馴染むが、動きはなさそう。ん、小さくフワフワしているようにも見えるゾ。ひょっとしてあたりになるかも。餌を小分けして練ってみる。そして餌打ちすれば、あたり!残念カラ。まさかジャミではないだろうな。まあいずれにせよ、かけてみないと分からないが。しかぁ~し、じきに12時を過ぎる。目標はとりあえず1匹としよう(それも無理かも)。ウキは小さなあたりらしき動きを見せるが、かからない。それでも必死にP6020666合わせ続けると、やったかかりましたよ!ふ~っ。目標達成だ(トホホ)。堰堤の常連さんが、午後から用事があると言って帰った。さて、何とか1匹をゲットして一段落の私だが、ウキはまだ動いている。もう1匹、更にはそれ以上釣りた~い。すると、今度はズバッと言う消し込みにかかりました!凄い引きなので、ひょっとしたら40cmオーバーかも?残念腹に擦れ。しかも小サイズ。ガクガクッ。嫌な予感がしたが、その後も消し込みが出て、OG氏が帰るまでにP6020667P6020668P6020669P60206703匹を追加。底であんなに釣れず、また宙の始めもさっぱりだった事から見ても、まるで夢のようだ。が、OG氏が帰ったあとの最初のあたりでは、またもジャミ。へらとジャミは混在しているのか?餌は作りっ放しを指で練るいつものやり方に戻しているが、それが良かったのか、その後も2P6020671P6020672匹を連荘で追加。いずれも素晴らしい消し込みで、竿がしなる。それを操ってへらを寄せるのは、快感の一語。が、それからウキの動きが急変。あたりが出なくなった。1時を過ぎて、新たな常連さん3人が登場。堰堤の右に入った。さて、あたりはそこそこ出るものの、いつもの「さっぱり」状態になった私、残った餌を漫然と打ち続ける展開に。最早釣ろうというより、早く餌を打って終わらせたい。足元には立派なへらがうようよ。こいつらにはウキの方に行って働けと言いたい(以前、常連さんのP6020673誰かが言っていた)。そろそろ餌が尽きる。やれやれだ。と、ここでいきなりの消し込み!慌てて合わせれば、やった久し振りにかかりましたよ!これがどうやら「上がりべら」になりそうだ。もういいでしょう。それからじきに餌が尽きて、1時45分頃に終了だ。結果、宙では実釣2時間1P60206745分で7匹。これは素晴らしい。あんな「固い」餌でここまで釣れるなんて。トータルでも、実釣5時間弱で10匹(マブナ2匹含まず、は当たり前?)。久し振りにこの池で2桁になった。片付け。常連さんは早くも竿を曲げている。さすがの一語。片付けを終え、常連さんに挨拶して車に戻る。腹が減った。帰りに何か買わないと、お腹と背中がくっ付くゾ(ありえねぇ~っ)。
 
    ↓明日は都田
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
 

P6020676餃子屋さんから更に佐鳴湖方面に進んだところにハンバーガー屋さんがあることを、誰かのブログで見たことがあったので、そこに寄ってみる。車の中が厨房になっているようだ。出来上がるまで、店の中で待つ。と、ここで面白いもの発見!ブラックバスの剥製が曲に合わせて歌いだすのだ。ちょっと携帯で動画に撮ってみた。肝心のハンバーガーは、・・・別に・・・、でした。「MOL001.3GP」をダウンロード
 
    ↓ちょっと高いかな
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« 私の所蔵漫画本その9(REGGIE) | トップページ | 新たな人との出会い@都田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/48524587

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気は真夏の大久保:

« 私の所蔵漫画本その9(REGGIE) | トップページ | 新たな人との出会い@都田 »