« 雑誌に小さく載りました(月刊へら専科) | トップページ | 佳境に入った「女人天下」 »

2010年8月 3日 (火)

厳しさに変わりなし@都田

予報はどんどん変わり、今日は雨の筈だが昨夜ザーザー。また、明日から2日間雨との新しい予報に、こりゃぁ出掛けないわけにはいかないでしょう。7時過ぎにゴー!途中、通勤途中のOT氏に遭遇。これは珍しい。駐車場に着くと、あれれWINDOMが停まっていないし、車自体が少ないぞ。さっさと荷物を降ろして池に向かう。やたらと蜘蛛の巣が顔にかかったのは、日曜からへら師がここを通っていないことの証明か。私はいP8031184P8031185つもの場所に入る。水量が多く、また濁っている。既に風・波。へら師は対面には皆無。こちら奥にもいるようないないような。やはり釣れない状況は変わっていないのか。あっ、目の前にへらの死骸。腹から尾にかけてきれいに身がはがれている。それを「たも」の枠で押して流れに乗せる。さあ準備だ。釣り台を手前に設置するので、少し長めの12尺で行こう。もちろん前回の底での不甲斐ない結果を払拭するのが大きな目的。餌は夏・冬・GTSをそれぞれ2に水3のダンゴ。ちょっと底が取り辛いが、何とかなった。日は当たっているが、風があるのでそれほど暑さを感じない。餌打ち開始は8時5分。餌が柔らかく仕上がったので、ウキの返しが早い。これは失敗?でもそのまま。30分が経っても何も起こらず。それでは餌を2つに分けて、片方にペレ道をまぶす。これを食わせにして擬似セットで続行だ。しかぁ~し、特に変わらず更に30分経過。何とか結果を出さないと、今日も凸で終りそう。それでは、遂にグルテンの登場だ。「強力グルテン」を採用。波は相変わらず出ている。親子連れがやって来て、柳の木の奥に入った。さて、グルテンのセット及び両グルテンで打ってみるが、何故かグルテンには反応しないようだ。せっかく作ったのに・・・。再び両ダンゴに戻す。すると、ウキが返してしばらくしてからチクッと入り、これに合わせればやった遂にかかりました!ああっ、バラシ・・・。ガックリ。でも、底で久し振りにあたったのは嬉しい。すると、再度ウキが返してからのチクP8031186ッで今度こそかかりました。やったぁ!サイズはさておき、何とも言えない満足感。おっと、これで満足してはいけない。どんどん行こう。しかぁ~し、すぐにウキは返すだけ、の元の状態に。確かにいるんだけどなぁ。両ダンゴ、擬似セット、グルテンセット、両グルテンと打ち分けるが、ウキはほとんど動かず開始2時間が経過。ウキはかなりシモるので、目盛が細かいのは不利だったか。餌は当然のごとく残っているので、残業。すると、10時半近くになってようやP8031187く「食い上げ」で2匹目。本当に疲れる。でも、底で厳しい状況が続く中、凸を免れ両目が開き、これは目的を達成したと言ってもいいのでは?そして餌が尽きる寸前に再度のP8031188チクッで3匹目ゲット!もう充分でしょう。10時40分頃底を終了。さあ、次は宙だが、一体何をやればいいのかな。よし、最初は両ダンゴで、あたりの出方によってその次はトロ掛け、そして最後は「お」で行こう。何故かと言えば、ハP8031189リス調整が楽な順だから。竿は11尺とし、餌は天々・GTS・ペレ道を1:2:1に水1のダンゴ。かなりボソボソだ。「たな」1本半で再開は10時55分。風で思うように竿が振れないが、そのせいなのかなかなかウキが動き出さない。とりあえず餌に手水。すると、ウキがしっかり馴染んでからあたるようになる。そして消し込みも。残念ながらかかりませんが。それでは小さなあたりP8031190にも手を出していこう。すると、ウキが馴染んでからグッと入るあたりでやった1匹目!サイズも底より少しだけ大きくなった(気がする)。これならしばらくは両ダンゴで行けそうだ(結局終わりまで両ダンゴだった)。ウキはまだ動き、その後も小さなあたりで2匹を追加。サイズアップは間違いP8031191P8031192ない。それに底と併せて第2目標をクリア出来た。さて、消し込みはたまに出るが、カラか擦れバラシといいところがない。その後ウキの動きが次第に減ってきたので、11時半過ぎに「たな」を1本に変更だ。すると、すぐにあたりが出る。もちろんかかりませんが。風・波は相変わらず。奥にはへら師が入ったようで、2人くらい見える。ウキの動きはなくならないが、消し込みは相変わらずカラか擦れバラシP8031193。が、何故か1回だけかかりました!開始1時間で4匹なら、この状況下の両ダンゴでは上出来だろう(他の釣り方ならもっと釣れたかもしれませんが)。すると、次のあたりではビーンという糸鳴り。が、手応えは大したことがなく、寄せる途中で小サイズの擦れと判明。ウキの動きも弱くなってきたようで、宙での第2目標クリアは難しそうだ。それから12時のサイレンが鳴ってからも餌を打ち続けるが、最初にやや大きめに餌付けしたせいか、今日は2時間持たない感じ。ウキの動きはほぼなくなり、何となく前回を思わせる展開にガックリ。そして餌を打ち尽くした12時30分に宙も終了。こちらは実釣1時間半強で4匹。底と併せればP8031195、実釣4時間強で7匹。他のへら師の状況は分からないが、先週からの厳しい状況の中で底も宙も釣れたので、今日は良しとすべきだろう(ちょっと向上心がないか)。片付け。風のおかげで汗は出ていない。気温も上がっていないようで、今日はまあまあ過ごしやすい釣りだったのではないか。片付けを終え、駐車場に戻る。いきなり暑さの中に引きずり出された。堪らん。水筒に残るスポーツドリンクを飲んで、池を後にした。
 
    ↓厳しい状況はしばらく続くのではないだろうか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 雑誌に小さく載りました(月刊へら専科) | トップページ | 佳境に入った「女人天下」 »

コメント

こんにちは。
8月末に釣り大会が有るのに「へらが浮いている・・・。」ちょっと心配ですね。西之谷では浮はしないが「赤くただれた」へらを見ます。高水温の影響ですかね?皆さんのご努力が・・・。死んだへら(あらゆる魚?)見るのは辛いですね!

投稿: yurie | 2010年8月 4日 (水) 14時51分

こんにちは。
へらが浮いている・・・?釣り大会も月末に有る事だしチョット心配ですね。今年はエントリーされないのですか?「ヘラ専科」にも掲載された事ですし、黄金のサウスポーを見せ付けて下さい。
PS.西之谷では体側が赤くただれた状態の魚を多く見かけます。水温と関係あるのかな?

投稿: yurie | 2010年8月 4日 (水) 15時02分

yurieさんこんにちは。
何故か続けてコメントが来ていますよ。
大会への参加は、元よりハートがチキンのため、非常に勝負事に弱い私ですから無理です。同じ日に無関係に竿を出すことなら出来そうですが、大会参加者の邪魔になっても悪いので、見学がいいところでしょう。

投稿: sunshine_hera | 2010年8月 4日 (水) 15時15分

こんにちは。
どうせ見学に来るならやりましょうよ。って言っても参加しないだろうな、たぶん。

チキンには見えないけど…
心配性には見えるけど…

バックトゥザフューチャーのように「この腰抜けが~~」って言えば腰を上げるかな?
あれって英語で「CHICKEN」って言ってるのかな?

SUNSHINEさんなら結果が出ると思うんだけどな~~。

投稿: 黄金バット@会社 | 2010年8月 6日 (金) 12時43分

バットさんこんにちは。
大会はどうも気が引けますね。何も考えずに糸を垂らすのがいいです。釣技は向上しませんが。

投稿: sunshine_hera | 2010年8月 6日 (金) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49045390

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しさに変わりなし@都田:

« 雑誌に小さく載りました(月刊へら専科) | トップページ | 佳境に入った「女人天下」 »