« 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 | トップページ | エアコンの取替え »

2010年8月30日 (月)

トンチンカンも甚だしい@増沢池

いよいよ8月も終わり。今月は釣行回数がやや少なかったので、今日も帳尻合わせでゴー!駐車場にはWINDOMが停まっているが、そろそろ8時半なので、もう少し待っていればいつもの場所に入れそうだ。とりあえず荷物を降ろし、池に向かう。いたいたWINDOMの人。まずは挨拶。今日は11尺底で5匹。前回対面看板横に入った際には12匹だった。私は前回の結果から今日も長竿を振りたいので、しばらくWINDOMの人と雑談。へら師はこちら側奥に2人見える。8時半を過ぎ、WINDOMの人が終了するとP8301382P8301383言うので、待ってましたとその後に入る。待っている間に汗もかなり引いた。さあ、まずは15尺の底から行こう。餌は夏:冬:GTS:水を2:2::3のダンゴ。風・波で底が取り辛いが、何とかなって開始はジャスト9時。ん、ウキの馴染みが出ない。ウキ下を微調。まあこんなものか。すると、数投もしないうちにウキがモヤモヤ。そしてムズッと小さく入P8301384P8301385るのに合わせれば、やった早くも1匹目!サイズも手前よりは大きいゾ。Sさんが奥の方に入った。さて、その後もう1匹出て、長竿万歳。さすがに沖目、あたりが素直な気がする。が、次のあたりはウキがズルッと入り、ビーンという糸鳴り!残念アッパー。と、ここで太陽の位置が悪くなったのか、背後の木の影が湖面に映るのとウキに日が当たらなくなって、ウキの視認性が悪くなる。ほとんど見えない。これは精神衛生上良くないでしょう。そこで、リュックにしまってあった双眼鏡を出す。おそらく初めて使用。倍率が高いためなのか、手ブレがひどく、傘の柄で手を支えながらウP8301387キを見つめれば、1目盛入ったように見えてとりあえず合わせる。すると、やったかかりました。双眼鏡で初めて釣った!が、波もあってウキを見つめ続けることが出来ず、却ってイライラが募る。結局双眼鏡は中止。10時を過ぎ、太陽の位置が変わってウキに日が当たるようになると、何とウキは毎回のように返しているではないか。ウキさえ見えればこっちのもの。あたりは毎P8301388P8301389P8301390P1000288_2回出るわけではないが、それでも10時台には4匹を追加。途中あたりが減る時もあった。更にはデジカメに挿したSDカードの容量がなくなり、撮影が不可能になったが、続きを携帯で撮る事にして再開。第2目標は楽々クリアだ。この調子なら第3目標も夢ではない?11時を過ぎてもウキP1000289_2P1000290は動き続けて、もう2匹をゲット。あと1匹。が、ハリスと道糸がグルグルに絡むアクシデントが発生し、両ハリスをカット。餌がまだ数投分残っているが、底は終わろう(餌が残るのは珍しい)。結果、底は実釣2時間半で9匹。サイズは短竿の時より大きかったのは事実。さあ、今度は宙。竿は13尺でまずは「マッシュダンゴ」で両ダンゴ。これは東ノ谷ではそこそこの結果を出したが、この池では初めて。とりあえず1匹を目標としよう。ゲゲッ、仕掛けがない!今から現場施工。割とスムーズに出来て、ハリス長は20cmと30cm。「たな」1本で再開は12時少し前。すると、餌打ち開始後じきにウキがモヤモヤ。これはあたり出しが早そう?しかぁ~し、なかなかあたりが出ない。大体30分くらい打ってようやくズルッとウキが入った!やったと合わせるが残P1000291念バラシ。この餌、食わないのかなぁ。それでもその後消し込みが出て、ようやく1匹。第1目標クリア!この餌でもなんとか釣れそうだ(ただ、今日はたまたまダンゴが良かったのかもしれない)。それから12時台にはもう2匹追加。集魚剤が少ないのが逆に功を奏した?が、2匹目をP1000292P1000293釣った際にようやく何か変だと言うことに気付く。竿を良く見ると、ゲゲッこれは11尺ではないか!13尺の仕掛けを作るつもりが11尺を出してしまい、それに気付かないまま11尺の仕掛けを作り、それを今まで何の疑問もなく使っていたというトンチンカン極まりない状況・・・。でも、今更竿を変更して仕掛けも作るなんて出来ません。今日のところは11尺でやり過ごそう(トホホ×トホホ)。トホホついでに言うと、3匹目は「かかってました」だった。おそらく居食い(あ~あ)。餌をしっかり付けると、ウキが馴染んでそのままという場合が多いので、上鈎はラフ付け、または餌自体を柔らかくして餌打ちするなどしてウキが出来るだけ動き続けるようにしたつもり。それで1時をP1000294P1000295過ぎてもあたりは続くが、時折目が覚めるような消し込みのカラが出てビックリ。合わせ続けて2匹をゲット!宙だけで第2目標クリア。この餌、面白そうだ。そして遂に最後の1投。すると、またもズバッとウキが入って「上がりべら」P1000296ゲットだ!片付け。今日は両ダンゴの後に浅だな「ウドンセット」を試してみるつもりだったが、今からだと「王道」が見られなくなるので、ウドンセットは次回にしよう。対面坂の下とダム?そばに1人ずつ入っている。結果、宙では実釣1時間半強で6匹。底と併せて実釣4時間強で15匹。P1000297サイズも良かったし、あたりもそこそこあったので、まあ良かったのではないか。竿にまつわるトンチンカンはご愛嬌ということで(?)。片付けを終え、駐車場に戻る。今日も昼食抜きだ。とりあえずベイシアで何か買って帰ろう。残ったスポーツドリンクをゴクゴクやってから池を後にした。
 
    ↓サイズアップが一番。長竿も良かった。
    ↓ここをポチッと宜しく!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 | トップページ | エアコンの取替え »

コメント

おはようございます。
中竿の底も面白そうですね。

投稿: 黄金バット | 2010年8月31日 (火) 06時52分

バットさんおはようございます。
この時期には滅多に使わない15尺ですが、最初は少し戸惑ったものの、しばらく振っていたら違和感がなくなりました。短竿でやらなかったので単純には言えませんが、へらは沖目のほうがグッドサイズ?

投稿: sunshine_hera | 2010年8月31日 (火) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49298984

この記事へのトラックバック一覧です: トンチンカンも甚だしい@増沢池:

« 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 | トップページ | エアコンの取替え »