« やっぱり凄い人 | トップページ | 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 »

2010年8月28日 (土)

長竿で宙って、もしかして試釣?@増沢池

今日も出そびれてモタモタ。バットさんに、もし増沢に行くなら渡すものがあるとメールしたら、増沢に向かっているとの返事が。既にかなり暑くなっているので、竿は出来れば出したくないが、とりあえず私も増沢へゴー!駐車場にはたくさん車が停まっているが、9時を過ぎているということもあって、WINDOMの姿はない。あっ、バットさんの車発見。さて何処に入っているのかな?橋まで行くと、橋の上から看板横の人に話しかけている怪しい?おじさんハケーン!もちろんバットさん。橋の下にはバットさんの知り合いのMさん。へら師はその他に数人と、土曜日しかも大会の前日にしてはやけに少ない。持ってきたものを渡し、明日の試釣をするというバットさんに私もちょっとだけご一緒させてもらうことにする(これが残業までになるとは・・・)。2人で車に戻り、荷物を降ろして池へ。私の方が早く池に降りたので、いつもの場所に入る。バットさんは旧爆釣ポイント。P8281351P8281352P8281354さあ準備しよう。バットさんは13尺の「トロ掛け」、私は9尺の「トロ掛け」。私の餌は天々:GTS:水を2:2:5/6のバラケと100均のトロロ。1から仕掛けを作るバットさんを尻目に、「たな」1本で10時少し前に開始だ。日陰になっているのと風があるおかげでかなり涼しい。家でエアコンにあたっているよりはずっと健康的だ。さて、餌打ちを始めP8281355てじきにウキに動きが。そしてズバッという消し込み。これに合わせれば早くもかかりましたよ!これは幸先いいなぁ。その後もウキは動き続けるが、次第に弱くなってくる。早くもピンチか?遅れて開始したバットさんも、すぐにウキが動き出した様子。だがかかっていない。私はここで急に長竿を出したくなる。別に明日の大会に出るつもりもないのに、何故?実は、看板横の2人(こちらも試釣)が長竿の浅だなで竿を曲げているのを見て、私もやってみたくなったのだった(これが災難の元とも知らずに)。でも、もう1匹釣ってからにしよう。バットさP8281356んにもその旨伝える。すると、またもズバッというあたりで2匹目ゲット!開始してまだ30分だが、これで竿を替えざるを得なくなった。バットさんと同じ13尺では面白くないので、ここは15尺だ。ハリスが長いので、まずはバラケをダンゴに置き換えてやってみよう。「たな」1本で再開は10時45分頃。ウキが底用の長いものなのだが、構わず餌打ち開始。今度は風で思うように振り込めず、餌があっちこっちに落ちる。それでも数投でウキがモヤモヤ、かと思ったら、全く動かない。バットさんは消し込みも出ているというのに、何故だ?モヤモヤくらいしてもいいだろうに。結局11時前に両ダンゴは終わり。ハリスを切って短くし、11時頃に同じ「たな」で再開だ。すると、開始してじきにウキがモヤモヤ。やはり2個餌より1個餌(バラケ)か。そして消し込みが出るが、かからない。まあ最初はこんなものでしょう。しかぁ~し、すぐにウキの動きが弱くなる。これは困った。確かに毎回ウキが立つ位置が違うが、宙ではこれくらい大丈夫の筈。それよりもウキが大きい方が気になって仕方ない。でも変えません。へら師は少しずつ増えてきて、こちらや対面の深場に入った。P828135711時半を過ぎた頃、ようやくあたりに合って1匹目。さあこれからこれから。しかぁ~し、しかぁ~し、ウキはモヤモヤを繰り返すだけで、さっぱりあたりにならない。と、それまであたりはあっても乗らなかったバットさんの竿が曲がるようになる。いかん、このままではすぐに追いつかれてしまう。しかぁ~し(くどい!)、ウキの動きは一向に良くならず、12時のサイレンが虚しく響く。結局その後1匹も釣れないまま、12時半にバラケが尽きる。何だか分からないうちに「トロ掛け」が終わった・・・。私は最初この時点で終わるつもりだったのだが、午後から大楽地の池に移ると言っていたバットさんがもう少しここでやると言うので、それでは今度は「お」をやってみよう。餌は天々:GTS:水を2:1:2/3のバラケと「お」。上ハリスは「トロ掛け」と同じ、下ハリスは40cmくらいで、1本よりやや浅めの「たな」で再開だ。餌を作り替えたバットさんがあっという間に私を逆転(1時間半も何をやっていたか分からない私を抜くのは簡単だろう)。私も再開してじきにウキが動くようになったものの、3連続バラシ(おそらく擦れ)で気分は最低。その後もへらはバラケに来ているようで、時折の消し込みも全くかからない。遂に1時。対面では看板横の2人が終わった。その後こちらにやって来て、2人とも「トロ掛け」でそれぞれ15匹と21匹釣ったと話していた(どちらがどっちかは不明)。私はその後ハリス切れと一向に釣れず、完全に腐った。が、P8281358バットさんと話して横を向いている間にウキを見失い、慌てて合わせたらかかってました!でやっと1匹。約2時間の沈黙の後にやようやく釣れたものの、これも不完全燃焼だ。でも、ほんのわずかの時間ではあるが、私にも地合が来たようで、次の餌打ちでまたもあたり!今度こそ見て合わせたぞ。が、しかぁ~し、アッパーで撃沈。ガクガクッ。それでもあたりはなくならず、1P8281360時半を過ぎてようやく2匹目。サイズは小でもこの際関係ない。比べてはいけないと分かっていても、看板横の2人とは雲泥の差。これが私の実力か。とても大会に出られるようなアームではない。その後も懸命に餌打ちするが、餌が最初のまま(多少の手水と練りは加えたが)なので、状況が好転する理由は全くない。そのまま2時半まで引っ張ったが、バットさんが終了して大楽地の池に向かうと言うので、無念の終了だ。「お」では実釣2時間で2匹(トホホ×トホホ×トホホ)。それまでの合計でも実釣4時間強でやっと第2目標クリア。バットさんは私より遅れて始めて私より多い結果。途中、私が仕掛けが竿から外れてしまうアクシデントに遭った際に、仕掛けを拾ってもらった。ありがとうございます。さて、一旦終了を宣告した私だったが、自分の不甲斐なさに耐えられず、ここは残業で底をやってから終わろう。底ならきっと何とかなるに違いない(根拠なし)。竿はそのままにハリスを再び伸ばし、餌は夏:冬:GTS:水を2:2:2:3のダンゴ。バットさんは大楽地に向かうべく帰った。風・波はかなり強くなっており、底取りに苦労するが2時40分頃に再開だ。へら師のほとんどは帰ったが、対面坂の下の人がかなり長い竿で底をやっている。この人も試釣なのか。さて、餌打ち開始後すぐにウキが返す。やはり前回と同じく底の方が良い(もちろん私にとって、だが)のかも。そしてムズッと小さく入ったあたりに合わせれば、やっP8281361P8281362たかかりました!その後もウキは動き(ただウキの動きが見辛いのは事実)、2時台にはもう1匹。今までの宙は一体何だったのか。ただ、良く分からないが、失敗したと思ったかなり柔らかい餌が逆に良い結果を出しているのかも。いよいよ3時。普通なら幾らなんでももう終わりでしょう。が、餌も残っているしウキも動いているので、餌が尽きるまでやってみよう。すると、3時を過ぎてもあたりに合い、3P8281363P8281364P8281365時半頃までに3匹を追加。約1時間で第2目標クリアなんて、宙では考えられなかった展開だ。これだけ出れば、多少溜飲が下がったのではないか。餌付けを大きめにしたせいで、そろそろ餌が終わる。5匹釣って充分満足の筈なのだが、人間の欲には限りがなく、終わりまでにもう1匹、いや2匹。出来ればそれ以上釣ってあわよくば第3目標クリアと行きたいね(さっきまでショボンとしていたのは誰だ?)。しかぁ~し、急にカラツンが出始める。全く合わない。全く神様は良く見ているもんだ。可哀想に思って釣らせてやれば、もっともっとせがむ図々しい奴(勿論私の事です)にはこれ以上釣らせません。その通り4時になってあと1投。すると、ウキが2回モヤモヤッと入るのに合わせて、やったP8281366「上がりべら」ゲットだ!最後の一投は残念ながらカラだったが、底ではバラシは数回あったものの、擦れて寄ってくるのは1匹もなかったのが嬉しい。短竿でも釣れる時期に大会に出るわけでもないのに長竿を振ったが、意外や沖のへらの方が難しかったような気がする。これからしばらくは13尺か15尺を振るようにしようかな。結果、底では実釣1時間半で6匹。全体ではP8281367実釣5時間半強で11匹。終わり良ければ全て良しと、気持ち良く片付け。これでへら師は対面坂の下の1人だけになりそう。ん、対面ダム?付近に3人が入って何かをしている。今から試釣かな?片付けを終え、駐車場に戻る。今日は昼食を食べそびれたので、最早お腹と背中がくっつきそうだ(無理?)。さっさと帰ろう。明日は9時頃から見学に来ようかな。そんな事を思いながら池を後にした。
 
    ↓皆さん頑張ってください。私は見学です
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« やっぱり凄い人 | トップページ | 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 »

コメント

こんばんは。
昨日はお付き合いいただいてありがとうございました。
トロ掛け3回目で少し感触はつかめたのですが果たして…既に結果は出てますが。

投稿: 黄金バット | 2010年8月29日 (日) 18時34分

バットさんこんばんは。
今日(既に昨日)は暑い中お疲れ様でした。結果も出て試釣の効果はあったのでは?ブログ更新楽しみにしています。

投稿: sunshine_hera | 2010年8月30日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49279968

この記事へのトラックバック一覧です: 長竿で宙って、もしかして試釣?@増沢池:

« やっぱり凄い人 | トップページ | 2010年放流協賛増沢池へら鮒釣り大会 »