« 雨はトラウマ@都田 | トップページ | クラシックでも聴いて:その15 »

2010年8月11日 (水)

王道(ワンド)

「女人天下」が終わった。遂に頂点を極めたナンジョンだが、そこからの20年はほとんど最終話になく、大王大妃媽媽の死後は夫のユン・ウォンヒョンとともに断罪されそうになって、逃げる途中で非業の死を遂げる。権謀術数を尽くして権力闘争に勝ち抜くまでが物語のメインなので仕方ないのかもしれない(と言うか、150話もあるのにバランス悪すぎ!)が、ちょっと物足りない終わりとなった。
 
さて、今日からBS日テレで始まったのが「王道」。1991年の作品なので、VTRでなくフィルムでの撮影になっている。詳しくはここ(この部分をクリック!)に載っているが、今NHKで放映中のイ・サンに出てくるホン・グギョンが主人公の物語だ。全34話と短く、見過ごす事は出来ない。何しろ録画出来ない環境なので、充分注意しよう。
 
    ↓「女人天下」のキム・アルロの人も出ていた
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 雨はトラウマ@都田 | トップページ | クラシックでも聴いて:その15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49122066

この記事へのトラックバック一覧です: 王道(ワンド):

« 雨はトラウマ@都田 | トップページ | クラシックでも聴いて:その15 »