« クラシックでも聴いて:その14 | トップページ | 王道(ワンド) »

2010年8月10日 (火)

雨はトラウマ@都田

昨日の悔しさを振り払うべく、今日こそゴー!だが、発生した台風の影響で予報が変わった。一応曇りだが、雨も来るかもしれない。7時半過ぎに駐車場に着くと、久し振りにWINDOMが停まっているのが見える。と言う事は、私のいつもの場所には入れないなぁ。荷物を降ろして池に向かうと、やはり私のいつもの場所にはWINDOMの人。後、旧爆釣ポイントと柳の木の奥にも先客。挨拶しながら後ろを通り、塩ビ管手前に入る。P8101228P8101229奥にも2人の先客。対面ではダム?横で1人準備中。さあ準備したいが、湿気がきつくて汗まみれ。拭いても拭いても止まらない。早速スポーツドリンクをゴクゴク。さて、今日は底から行こうかな。竿は12尺で餌はいつもの両ダンゴ。旧爆釣ポイントと柳の木は知り合いのようで、今日はさっぱりという声が聞こえてくる。え~っ、ダメなの?とりあえず底を取り、開始は8時10分。こちらは私と先客の間に1人、対面にはあとから階段下と流れ込みに1人ずつ入った。まずはどんな状況なのかウキを見る。すると、何となく返しているようにも見える(黒い帯分が戻す)が、それ以上は何も起こらない。まだ始めたばかりだからと気にも留めず、続行だ。が、それから30分くらい経っても状況は同じ。本当にへらはいるのかな?奥の先客は2人ともポツリポツリと竿を曲げるが、芳しくないのは間違いない。と、WINDOMの人が8時半を待たずに帰っていった。もし釣れていればこんな事はないので、これは厳しそうだ。私のウキは一向に動かず、少しずつ焦りが。私の右、柳の木の先客は1回バラシた後はさっぱり。旧爆釣ポイントの人も1回竿が曲がったようだが、その後がなさそう(自分が暇?なので、他人のことばかり見てしまう)。あっという間に開始1時間。このまま続けても凸は回避出来そうにないので、とりあえず先日のOさんを真似て底を切ってみよう。5,6回打ってみるが何もなく、底に戻す。と、ここP8101230で初めてウキの馴染み際であたった!これを逃がす筈はありません。バッチリ合わせればやったかかりました!良かったぁ・・・。ただ、どう見ても爆釣にはなりそうにない。再び静かな時間になる。右からは愚痴ばかりが聞こえてくる。帰る帰るとも。そんな中、何故かハリスと道糸が絡むアクシデント。何となくへらが絡ませたような気がするが、全く解けないのでカット。交換するついでにハリス長を40cmと35cmにしてみる。すると、地合もあってかウキが動くよP8101231うになる。そして再びウキが返してからのチクッというあたりでようやく2匹目。サイズはともかく、嬉しいの一語。見れば、私の左の底の2人も調子が出てきた感じ。ただ、右隣はいよいよ帰る雰囲気になっている。10時を過ぎ、餌はまだ残っているので当然続行です。すると、連続して3回のあたり!最初はウキがズルッと入ったので、怪しいと思いながらも合わせるが、やはりバラシ。と、次のあたりはチクッだったが、これはカラ。う~ん、そろそろかな。すると、3回目はまたもウキがズルッと入った。あ~あと思いながらも合わせれば、やったかかりP8101232ました!これは良く引く。寄せ切れないので立ち上がって「たも」に収めれば、思ったとおりマブナ。35cmくらいある。どうやら本当に地合になったようだ。右の2人は遂に諦め、西ノ谷に行くと言って帰った。雨も気にしているようだ。なるほど、次第に暗くなってきたぞ。ところで、次の餌打ちからウキが馴染まなくなる。確かに餌が柔らかくなったが、ウキが馴染まないほどではP8101233ない。それなのに何故?が、ウキがフワフワしてからチクッと入るのに合わせて3匹目。まさかとは思うが、ヘラの寄りがきつくなっている?それに、予定通りというか、空から雨粒。これくらいなら大丈夫だろう。ウキは馴染まないままもう1匹。本当に急に釣れだした。雨が大分強くなってきたP8101235P8101236ので、遅れ馳せながら荷物に覆いをかける。すると、再開後に同じようなあたりでもう1匹。開始早々には思いも寄らなかった第2目標をクリアだ。更P8101237に傘をセットした後にもう1匹。いずれもウキが馴染まないままのあたりを拾った。雨の降り始めは釣れると言うが、まさしくこれかも。が、雨はどんどん激しくなり、空を見れば黒雲が風上まで及んでいる。ここであの悪夢が蘇る。私の左の3人は既に退避。へら師は逃げ足が速いのだ。私もグズグズしてはいられない。餌がまだ少しあるが終了だ。結果、実釣2時間半強で6匹。渋P8101238い中ではまあまあか。びしょ濡れになりながら片付け。対面は階段下と流れ込みが続行でダム?そばは退避完了。右の先客が入っていた場所には、前回もお目にかかった親子連れが準備中。ようやく片付けが終わるという頃になって雨が小降りになってきたが、今更戻れません。親子連れに挨拶して駐車場に戻る。すると、駐車場にはそんなに雨は降っていない。濡れた荷物を車に積み、家路に着いたが、やはりモクレン通りは濡れていない。どうにもあのゲリラ豪雨がトラウマになって、雨に敏感に反応してしまうようだ。あともう少し事態の推移を見守る気持ちがあれば、今頃は宙で爆釣だったかもね。でも、過ぎたことだ。しばらくは台風の影響があるので、予報の移り変わりを良く見て次回は釣行しよう。
 
    ↓我慢我慢
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その14 | トップページ | 王道(ワンド) »

コメント

こんにちは。この日私は西之谷にいましたがやはり相当な雨・・・。第2東名下でも相当濡れました(152号に出ると道路は濡れていない!ゲリラ豪雨か?)へらの活性も余り良く有りませんでしたネ(底で)一桶打って宙に変えましたが新釣法(浅ダナMax釣法)は効きませんでした(笑、私には無理)久しぶりに8尺両ダンゴの釣りをしましたがセワシイ釣りは向いてないかも・・・。日頃釣友からは「鈍行の釣り」と揶揄されていますからね!煙草タイムが出来る底(どうやら関西方面では「床」と言うそうですが、当地でも言いますね)が向いているのかな?
PS.その後、増沢池のへらの状態は?「浮」は止まったのかしら・・・?

投稿: yurie | 2010年8月12日 (木) 14時59分

yurieさんこんにちは。このところの雨でなかなか釣行出来ませんが、先日はまだへらの死骸が浮いていましたよ。酸欠ではなく公園にまいた除草剤が雨で流れてきたという話なら、まだしばらくは浮きそうですね。困ったもんです。
釣り方は底も宙も楽しめばいいのでは?底のチクッというあたり、宙のズバッというあたり、どちらも楽しいです。

投稿: sunshine_hera | 2010年8月12日 (木) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49112143

この記事へのトラックバック一覧です: 雨はトラウマ@都田:

« クラシックでも聴いて:その14 | トップページ | 王道(ワンド) »