« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

あの増沢に

昨日行った増沢で、何とつがいのカワセミを見た。これまでも、大久保・引佐天池・四ツ池・佐鳴湖などで見た記憶はあるが、増沢で見るのは多分初めて。瑠璃色の羽がやけに綺麗だった。
 
    ↓ただそれだけの事なのだが
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月も終わり

予報どおりの雨。やる事はあるのだが、午前中は結局図書館に行っただけ。どうにもだるくてやる気が起きない。いよいよ夏バテか。

今日はyurieさんから西ノ谷に見に来るように誘われているが、この状態では時間が出来ても行けそうにありません。

そういえば、今日は半期の棚卸だ。P社の決算はどうなのかな。第1四半期でも赤字だったが、盛り返したのかな。株主としても気になるところ。
 
ここからはおまけ:まだ残っている、役に立たない「フリーライダー」社員(役員?)を早く切って、仕事が出来る連中だけで会社を動かさないと、いよいよピサの斜塔も倒れるよ。大きなお世話だけど。
 
    ↓誰がフリーライダーかは、皆知ってるんだろ?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

2箇所で2種類の釣り with OG氏 その2

注)最初に1つ前の記事を読んでください。
 
12時半過ぎに四ツ池に到着。荷物を降ろして池に向かう。最初の2つの池にはへら師。2つ目の池では、水面すれすれをヘラの群れが泳いでいるのが見える。さあ、3つめの池だ。まずは東屋で昼食。OG氏には前回私が釣った、桟橋の入り口付近を推奨。P9290122P9290123ここは今日陰にもなっているしね。私は東屋付近に入る。ここは直射日光。暑い!傘を持ってくれば良かった(車にあるが、取りに行くのが億劫)。前回同様さっさと準備して、開始は1時過ぎ。OG氏はかなり竿を長くしている様子。餌打ちを始めると、すぐにウキに動きが。前回もそうだったが、ウキが動いたからと言って、釣れないのがタナゴ釣り。P9290124が、比較的早く1匹目ゲットだ。OG氏もウキは動き出したが、かかるのはクチボソばかり。そばには猫が寄っている。私の方はその後クチボソさえもかからず、本当にポツリポツリとタナゴをゲット。2時頃におかしなあたりが出始める。絶対にタナゴやクチボソではない、重い引き。ようやくP9290125判明したのがザリガニだ。あれっ、底は切っている筈なのに、どうして?仕方がないので、更にウキ下を詰める。何とか2時半頃までに4匹。OG氏は桟橋から岸辺に移動(日が当たらないよう)して続行するが、どうにもクチボソから逃れられない様子。2時半を過ぎて日陰になった私の横に移動。仕掛けトラブルもあって、竿を短くする。そして再開すると、いきなりタナゴゲットか?いや、残念腹に擦れ。でも、ここからさっきまでとは違う状況になったようで、何と連荘で2匹をゲット(もちろんタナゴです)!私を逆転すると息巻くOG氏。一体この自信は何処から来るのか?私は途中さっぱりになったが、何とかもう1匹追加して(ザリガニとクチボソも2匹ずつ)、5匹目。が、3時を過ぎてOG氏の竿が曲がる!3匹目(擦れはノーカウント)はグッドサイズのタナゴだ。これは素晴らしい。私が釣りたいのもこういうサイズなのだが、クーッ。OG氏はスポーツジムに行く予定があるので、3時半には絶対終了しなければならない。私は何とか数を増やしたかったが、残念5匹のまま終了。OG氏も私P9290128の餌であたりを頻発したが、残念数を増やせず終了だ。OG氏の釣ったタナゴがあまりにもグッドサイズなので、写真を撮っておく。私もこんなサイズを釣りた~い!さっさと片付けを終え、駐車場に戻る。途中、1つ目の池で竿が曲がるのを見たが、なかなか寄らないのはグッドサイズなのか、それとも竿が高級なためなのかは不明。OG氏は急いでジムに向かい、私はのんびりと家路についた。
 
    ↓私もグッドサイズを釣りた~い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2箇所で2種類の釣り with OG氏 その1

明日から天気が悪くなるということなので、それではゴー!と、やって来たのは増沢池。ちょうど8時半頃。WINDOMは停まっているが、それにしても車の数が多いなぁ。ひょっとして場所がないかも?急いで荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所でWINDOMの人が片付け中。まずは挨拶して今日の状況を訊くと、相変わらず食わないようだ。竿の長さは訊きそびれたが、今日は4匹。へら師は対面旧流れ込みとこちら側深場ワンドにそれぞれ1人ずつ。こんなに天気がいいのに、やけに少ないなぁ。まあいいや、WINDOMの人の後に入る。今日はOG氏も来ると言うので、今日こそリベンジしP9290117P9290118たいが、食いが悪ければどうしようもない。前回は底で凸だったから、今日も難しいかも。とりあえず準備しよう。水の色は泥色。前回のような黒ではない。また、今は波がなくウキの視認性はバッチリ。早めに釣って逃げ切ろう。竿は12尺を採用。餌はいつもの両ダンゴ、と思ったら、量を間違えていつもの半分しか作らなかったので、今更もう一度ダンゴを作るなんてなぁ。それでは、これ幸いとα21を出してセットに変更。さっさと底を取り、開始は9時を過ぎている。すると、何と第2投からウキがモヤモヤ。あれれ、今日は爆釣なのか?しかぁ~し、残念ながらそうではなかった。ウキはモヤモヤを繰り返すだけ。一向に食う様子がない。しびれを切らして、ちょっとだけ動いたウキに反応して合わせると、ギュギューンと言う糸鳴りがしてハリス切れ。擦れさせてしまった。その後もモヤモヤは続く。両ダンゴにしてみても、ウキは返すがその後がない。フワッとウキが戻す時に合わせれば釣れるかも、と思っても、実際は手が出ない。早くも開始30分が経過。釣れそうで釣れない状況にイライラが募る。と、ここでウキが弱く入り、これに合わせP9290119てみると、やったかかりました!ん?何だこれは?ダブル?いや、下鈎はへらだが上鈎にはブルー。まあ1匹は1匹でしょう。そうか、ウキをモヤモヤさせていたのはブルーだったのか。でも、何とか1匹が出たので、まずはホッ。すると、次はフワッと返したウキがスッと入るのに合わせてP9290120P9290121やった連荘で2匹目!そろそろ釣れ始めたのかな。間にブルーを挟んで更にもう1匹を10時前にゲットし、これなら何とかなりそうだ。前回のような事はないだろう。10時を廻る頃にOG氏が到着。旧爆釣ポイントに入る。今日も12尺の「お」。が、しかぁ~し、しかぁ~し、10時頃からいきなり風と波。非常に釣りにくくなった。へら師は対面看板横と階段下、こちら側深場ワンド、更に流れ込みに1人ずつが入っている。OG氏は10時半頃開始したが、波がかなり大きくて、ちょっと宙はキツイ感じ。案の定さわりもないと言っている。私の方もウキのモヤモヤがほとんど分からなくなり、手の出しようがない状態に。更にかなり流される。おかしいなぁ、天気予報では風は3m/秒だった筈なのに。あっ、OG氏の竿が曲がった!残念ブルー。OG氏はその後数回へらと思わせるあたりを取ったが、いずれも擦れバラシ。風・波の中、ある程度寄ってきたようだが、「お」でも食わない。11時を過ぎ、このままではいけないと私は前回と同じく似非ドボンにしてみるが、ウキは流れないがあたりも出ない。11時半近くになって、ハリスが外通しのオモリに絡んでカットを余儀なくされ、一足お先に終了だ。結果、実釣2時間半で3匹。結局波が出てからの1時間半はサッパリだったが、凸の前回よりは良かったのでまあ満足か(オイオイ)。OG氏は凸では帰れないと12時まで頑張る事に。そして、どうせ釣れないのだからここは諦めて、四ツ池でタナゴ釣りでもしようと提案。私に異存はなく、片付け。OG氏は再度バラシが出て、最早これまでか?しかぁ~し、あと2分で12時という時に、ウキが立って馴染みながらズッと入り(私も見ていた)、これに合わせればやったかかりましたよ!サイズは小だったが、最後の最後に凸解消。さすがに強運の持ち主だ。OG氏の片付けを待って駐車場に戻る。そして、満州道路を南下。途中のコンビニで昼食を買い、更に上州屋でタナゴ釣りの仕掛けを買って四ツ池に突入だ。
 
    ↓本当に釣れなくなった増沢池(我々だけ?)
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

本は入手したが(川釣り本)

Docu0011_2今日は雨。昨日入手した「水郷のタナゴ釣り」を読んでみたが、カラーの頁がほとんどなく、内容も今ひとつだった。これで1680円はどうかなと思ったが、発行部数が少ないので仕方ないのかも。
これなら、以前買った「川釣り川遊び入門」の方が、ほほ同じ価格でカラーも半分以上、いろいろな川魚の釣りが載っていて(もちろんタナゴ釣りも)、お買い得のような気がする。
でも、せっかく買ったタナゴ釣りの本、参考になるところは徹底的に参考にして元を取ろう。
 
    ↓まあ、こんなものか
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

四ツ池でタナゴ釣り(本番)

今週は天気がはっきりしないので、少しでもチャンスがあればゴー!と言う事で、今日は遂に四ツ池でタナゴを釣る(先週末のは「やらせてもらった」だけ)。上空雲が多くてちょっと心配だが、天気予報を信じて9時過ぎに家を出る。既に通勤ラッシュは終わっていて、特に問題なく池に到着。まずは何も持たずに池の様子を見に行くと、一番目の池にはへら師が5,6人。2番目の池にも何人かいる。さて、私が行きたい3番目の池には誰もいない。よしよし、と駐車場に戻り、用意しておいた荷物を持って再び池に向かうと、東屋に1人カメラをセットしている。おそらくカワセミを撮るのでは。私は桟橋の入り口P9270108P9270109付近に陣取り、さあ準備だ。竿は振り出し6尺を持ってきたが、どうにも長過ぎるので、先日を思い出して6本継ぎの2本を抜いて1.2mくらいにする。仕掛けは7尺くらいまでP9270110対応出来るので、余った道糸をカット。途中の目印は適当な位置に。「たな」は最初に仕掛けでセットしてあったまま。餌は強力グルテン。少量を作ってカップのふたに乗せる(これでも最後にはかなり余った)。さあ開始しよう。時刻は9時50分。餌付けが非常に難しい。鈎がかなり小さいので、餌を手に取って付ける事は出来ない。グルテンの山に鈎をこすり付ける感じで少量でも付けばOK。そして、桟橋を支えるポールのような所の脇に餌を打てば、すぐにウキが反応。ただし、小さく震えるだけなので、これがあたりなのかは分からない。でも、とP9270111にかく合わせよう。やはりかからない。が、何度もトライしているうちに、やったかかりました!本番での1匹目ゲットだ!体長3cmくらいかな。これでも親(写真をクリックすれば拡大します)。さあどんどん行こうと餌打ちするが、その後はなかなかタナゴがかからず、かかってくるのはクチボP9270112ソばかり。餌を少しでも大きく付けると、物凄い消し込みが出るがカラ。へらと同じか。とにかく毎回のようにあたりが出るので、とても暢気な釣りとは言えない。その後はカラが一番多く、次がクチボソ。それらの合間にタナゴがポツリポツリとかかる。この釣りは束(100匹)が当たり前のようだが、とてもとても。途中から何処からともなく猫がやって来るのはどの池でも同じか。P9270116黒い猫などは、私がクチボソを釣ると、ニャアニャア鳴いて桟橋まで飛び移ってきて私を驚かせた。仕方なく数匹をあげたが、あまりにしつこい(彼らも必死なのだろう)ので、遂にプッツン。何度も追い払うが、じきに寄ってくるので、結局根負けして相手にしない事にする。それにしても、クチボソもタナゴもこの池で自然発生したものなので、特にタナゴは貴重な存在。出来れば持ち帰ってほしくない。皆さんご協力をお願いします。また、途中まで気が付かなかったが、この鈎、こんなに小さいのに「返し」がある。それで、1回ズボンにかけてしまって外れず、鈎をオシャカにしてしまった(替えが3本付いていたのでホッ)。さて、気が付けば12時を過ぎているので、そろそろ終わりにしよう。結果、タナゴは親と子(今年生まれた稚魚)を含めて8匹。クチボソは大小織り交ぜてその数倍。2時間くらいの短い釣りだったが、合わせた回数はかなり多いので、結構疲れた(精神的に)。片付け。道具が少ないので非常に楽だ。水道も近くにあるので、道具を洗うのも楽。駐車場に戻る途中で、へら師が1人竿を曲げているのを見たが、やはりサイズは小さい。何となく常連さんばかりのようで、後から来て竿を出すのはちょっと気が引ける感じ。釣るなら朝早く来よう。さあ、帰りにはセブンイレブンで「水郷のタナゴ釣り」を受け取って帰ろう。ゆっくりと池を後にした。
 
    ↓思ったよりせわしない釣りだ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

激渋は続く@増沢池 with 一で二三さん、Oさん and ザわさん(岡ジャミ)

今日は一で二三さんが来浜する日。朝起きて早速一で二三さんとバットさんにメールすると、一で二三さんからは10時頃に増沢に着くと返事が来たが、バットさんは体調不良により来られないとの返事が。残念ですが仕方ない。私は8時頃に家を出る。休日の朝だけあってすいているので、意外と早く駐車場に到着。さてさて場所はあるのかな。荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所に先客。あっ、WINDOMの人は対面看板横か。それに、旧爆釣ポイントにはOさん。まずは先客の2人に挨拶。Oさんも前回の激渋以来久し振りに来たとの事。今日も渋さは続いていて、ウキが見難いこともあって竿を変えたところ。それでは私は塩ビ管手前に入ろう。柳の木の奥にも先客がいるので、挨拶して後ろを通る。さあ準備だ、と思ったら、さっきまで鏡のようだった湖面に波。P9260102P9260103それにしても水が黒いのは何故だろう。対面には階段下近くに3人いるが、竿は曲がっているのか。さて、竿は迷ったものの12尺を採用。それはウキのトップが11尺のものより太いから。餌はいつもの夏・冬・天々。波がそれほど大きくならないうちに底を取り、開始は8時50分。WINDOMの人はとうに帰っている。視認性が何とか保たれているので、ウキの馴染み幅は問題ないようだが、波の他に風もあってウキがシモり、また流される。ウキがモヤモヤしているように見えるのは、多分底をなぞっているからだろう。30分ほど餌打ちしたところで、急に腹が痛くなった。急いで不定期便。釣り座に戻って再開するが、特に変わった様子はない。そのままどんどん時間だけが過ぎる展開。これは前回を上回る激渋なのか。11時頃になって一で二三さん登場。塩ビ管の奥に入る。奥の奥の方には5,6人いるが、竿が曲がるのはほんのたまに、そして限られた人。一で二三さんは私と同じ12尺の底で、まずは両ダンゴから入る。私は開始2時間経っても、2回くらい何かにかかった感じはあったが、それ以外は何もないので、そろそろ底は止めたい。でもその前に一応グルテンくらいは作ってみようかな。それでダメなら次はドボンP9260104だ。これはOさんを真似ている。一で二三さんは11時20分頃開始。私のいつもの場所の人が1回、柳の木の近くの人が2回竿を曲げるのを見た。ドボンに変えてしばらくすると、ノッシノッシと1人やって来た。それがザわさん。ザわさんが見ている前で、ウキに動きが。一応合わせると、わわっ、凄い引き!そしてあっという間にハリス切れ。ドボンという釣りの性格上、仕方ないのかもしれないが、それにしても残念だ。多分ここから先に同じようなあたりは出ないだろう。12時のサイレンが鳴ってじきにザわさんは帰った。柳の木の近くの人も帰っている。と、ここでOさんの竿が曲がった!やったねと思ったのも束の間、亀だとの声。さすがのOさんも今日はダメかな?12時半を過ぎて、まだ餌が残っているが、遂に底を終える。実釣3時間半で凸。これは堪える。さあ、次は宙。竿はそのままで、ウキと仕掛けを交換。激渋に対応するため、「お」を選択。餌は特S・天々・ガッテン。「お」は一番大きなものしかないので、ちょっと不安だが、薄暗さと風と波の中「たな」1本で再開。一で二三さんは底で何らウキの動きを見ていない様子。私の方は、数投でウキがモヤモヤ。これはいけそう?そして弱くウキが入るが、これに合わせてもカラ。おそらくバラケに来ているのだろう。やはり大きな「お」ではダメか。しかぁ~し、ウキがいきなり消し込んだ!これに合わせればやったかかったでしょう!今日初めての手応え。が、しかぁ~し、なP9260105かなか寄らない。何となく嫌な予感。そして何とかへらを浮かせると、やはり胸鰭に擦れていました。今日はこれであたりがお終いかもしれないのに、擦れなのか・・・。あまりに悔しいので写真。1時を過ぎる。私のいつもの場所の人も帰った。空には雲が多くなり、湖面は暗くなったが、まだ雨は大丈夫だろう。ただ、ウキの視認性はかなり落ちた。一で二三さんも底を諦め、宙にしている。そんな中、またもウキが視界から消え、慌てて合わせればやったかかってP9260106ます!今度は口でしょう。やったぁ、これで凸解消だ。これでいつ終わってもいいが、何とかもう1匹。Oさんの方を見ると、Oさんも1匹出たようだ。私はその後もう1匹追加するP9260107が、上空からポツポツと雨粒が落ちてくるのに気付き、そろそろ終わらなければと思い始める。それにしても、Oさんが急に竿を曲げ始めたのにはビックリ。5匹くらいをあっという間に釣り上げた。1時45分頃になって、まだ餌があるが雨のトラウマから終了を決意。一で二三さんも今日はギヴ・アップで、水草を持って帰ると言う。今日は悪い日に来ましたね。2人揃って終了。片付け。結果、宙では実釣1時間強で2匹(擦れ1匹含まず)。Oさんも終わったようだ。片付けを終え、一で二三さんに挨拶して駐車場に戻る。途中、片付け中のOさんに挨拶しながら様子を訊くと、やはり5匹をゲットしたそうだ。ネヴァー・ギヴ・アップの精神を見せ付けられた。素晴らしいです。駐車場には多くの車。天気が良くないのに公園に来る人が多いのだろう。車に荷物を積み込み、腹ペコで池を後にした。それにしても、ホント釣れないね。
 
    ↓このまま冬になだれ込んでしまうのか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

四ツ池でタナゴ釣り

今日は聖隷三方原に行ったのだが、予定より早く順番が来て早く終わったので、それではと近くにあるダイシン理容で調髪。更に近く?にある増沢池まで様子を見に行ったが、休日でもへら師は少ない。対面は看板横と深場ダム?そばに1人ずつ。こちら日陰側は私のいつもの場所、柳の木の奥とその隣、奥の奥にそれぞれ1人ずつが見える。水は黒い感じ。昼まで2時間くらいあったので、竿を出してみようかとも思ったのだが、まあ明日があるからと止める。
 
帰宅して昼食を摂ってから、今度は釣り具屋巡り。ついでに四ツ池にも寄ってみる。もちろんタナゴ釣りを見るため。一番手前の池は、対岸が人気。2つ目の池には子供を含めP1000002て3人。3つ目の池には、桟橋の入り口付近で1人短い竿を出している。ひょっとしてタナゴ釣り?背後から様子を覗うと、ウキの立つ真下には小さな魚が群れている。何を釣っているんですかと声をかけてみると、やはりタナゴ釣りだった。群れているのは今年生まれたタナゴ。しばらくして親がかかっP1000003たので、写真を撮らせてもらう。確かに小さいなぁ。YOUTUBEではもう少し大きかった気がするが。これでは鈎掛かりも難しそうだ。と、ここでちょっとやってみるかと言われたので、お言葉に甘えて竿を持たせてもらう。鈎が小さくて餌付けがうまく出来ない。仕掛けが軽くて思うように振り込めない。あたりが多すぎてどれに合わせていいのか分からない。また合わせても乗らない。子供の頃の、小川で釣りをしている感じを思い出した。それでもジャミ(クチボソ)を含めて数匹Docu0010を釣らせてもらった。途中から、いつも来ている子供たちがやって来たので、私は竿を返す。いやぁ、短時間ではあるが面白かったなぁ。ザワさんに状況を報告してから、帰りに上州屋でタナゴの仕掛けについて訊くと、最近四ツ池でタナゴ釣りをする人が増えているので、仕掛けも揃えるようになったとの事。早速購入。あとは竿をどうするかだ。振り出しの一部を抜いて使えばいいかな。何かワクワクする。
 
 
 
    ↓ジャミを釣るような感じなので、逆に難しい
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

またまた買っちゃいました(タナゴ釣り本)

Photo_tタナゴ釣りのDVD(21日の記事の動画)が欲しくなって、7ネットで調べたところ、DVDはなかったが、代わりに本が見つかった。動画ではないが、DVDより遥かに安いので、まあいいだろうと購入。週明けには届く予定だ。それにしても、何で買ってしまうのかな?勢い?
 
 
 
 
 
    ↓DVDを買ったほうが良かった?これから探して購入する?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなりの秋

今朝は肌寒い。予報どおりに秋が来たということか。まだ天気は良くないが、日曜には晴れるようだから、釣りに出かけてみよう。
 
    ↓ツイッターより短い?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

予定通りの雨

さっき、シトシトと雨が降り出したと思ったら、いきなりの雷鳴。驚いたなぁ、もう。
 
今は遠くで聞こえるようになったが、わずかの確率でも雷が落ちてパソコンがいかれないよう、そろそろ電源を落とそうかな。
 
    ↓こういう日は、釣り具のメンテでもしよう。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

一人だけ激渋?@増沢池 with Oさん and OG氏

明日は雨との予報に、そろそろ出かけないとね。さてさて何処に行こうかな。やっぱり近い増沢かな。と、家を出る頃にOG氏からメール。遅れるが行きますとの事。駐車場に着いたのは8時半過ぎ。おっ、Oさんの車も停まっている。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、WINDOMの人が私のいつもの場所でちょうど終わるところ。あっ、旧爆釣ポイントにいるのはOさんではないか。まずは2人に挨拶。最近はまた釣れるようになったという話に、やったと心の中でほくそえむ。WINDOMの人は10尺で7、8匹。Oさんは7時半P9220097P9220098頃から始めたが、やっとさわりが出て来たところ。私はWINDOMの人の後に入る。せっかく寄せてくれたへらをもらわない訳にはいかないでしょう。ただ、既に波が出ているので、今日は思い切って9尺でやってみよう(この選択があとあとまで響こうとは・・・)。うわっ、ウキが見やすいなぁ。底を取り、開始は9時5分。すると、第2投でウキがモヤモヤ。そしてスッと入りました!これは早くも高活性か?バッチリ合わせれば、何だブルーか。テンションが下がるなぁ。すると、その後数投はウキが動いていたが、じきに静かになる。そんなところへOG氏登場。私とOT氏のいつもの場所の間に入る。12尺で「お」。しばらくして開始すると、いきなりウキが動くと言う。え~っ?そしてじきに1匹目。もうガックリ。Oさんもその後竿を曲げ、さっぱりなのは私だけになってしまった。そのまま早くも1時間が経過。ウキに動きなし。私の両側では竿が曲がるのに、どうして私だけ・・・。よし、ウキが見難いのは承知で11尺に変更だ。底を取り直し、再開は10時半を過ぎている。風もあって餌がうまく打てない。そしてウキが見難い。目を凝らして見るので、疲れる。何とかして1匹、せめて1匹が欲しいのだが、ウキは無常にも動かない。そんな私を尻目に、両側の2人の竿は曲がる。11時を過ぎ、いよいよ凸の気配が濃厚。困った。テンションもだだ下がり。11時半を過ぎる。ウキの視認性と動きは全く良くならない。いよいよ12時近くなった。と、ここでウキに動きが。ようやく返すのが見えたぞ。そして小さく入るのに合わせれば、やったかかりました!あっ、バラシた・・・。どうやら底は凸で終わりか。12時のサイレンが無常に響く。ウキに動きなし。と、ここで餌を切P9220099るために空合わせをくれると、何とかかってます!やったが半分だけ嬉しい!あとは口にかかっているかどうかだ。おそるおそる寄せれば、やれやれ凸はなくなった!もう餌がないので、最後の1投は1個餌。すると、放置プレイの先にあたり!今日初めてあたりらしいあたりを見たが、バッチリ合わせた筈なのに、引きは擦れの予感。まてよ、ひょっとしてマブナかも。が、寄せてみれば小サイズのへらが擦れている。そしてバラシた。反動で仕掛けが頭上の木の枝。ハリス1本をロストしただけで済んだが、最早気持ちはブルーどころではない。結果、底では実釣2時間半強で1匹(トホホ×トホホ×トホホ・・・)。両側のOさんとOG氏は2桁を狙うポジションなのに、どうして私だけ・・・。さあ、気持ちを切り替えて(無理ですが)、今度は宙だ。竿はそのままにウキと仕掛けを交換。餌はガッテン・特S・天々。「たな」1本で開始は12時20分頃。すると、じきにウキが動き出す。これこれ、こうでなくっちゃね。が、あたりにはならない。隣でOG氏が竿を曲げているのを見ると、ダンゴではダメなのかも。でも、このままで行こう。餌に手水とかき混ぜで対応するが、時折出る消し込みもカラ。そのうちウキが動かなくなる。そして早くも1時。両側は2桁になったか。こりゃぁ残業でも何でもして、とにかく凸だけは回避したい。次は「お」でもやろうかな。時間はどんどん過ぎる。1時半を過ぎ、あたりは時々出るが全くかからない。残業は必至となった。早く今の餌を打ち切って、新しい餌で残業だ。ただし、4時からの「王道」には間に合わないといけない。せいぜい1時間がいいところか。と、いきなりの消し込みにやったかかりました!しばらく余韻に浸る。すると、バラシた。ガクガクッ。最初から擦れていたのか・・・。予定より早く餌が尽きそうだ。2時になった。Oさんが終了。結果は両ダンゴの底を通して12匹。素晴らしいの一語。OG氏もそれ以上の結果を出している。早く気持ちを残業モードに切り替えないと。餌はあと2投分。いよいよラス前。OさんP9220100は片付け中。すると、前触れなしにウキが入った!反射的に合わせれば、やった今度こそガッチリかかったでしょう!これで残業せずに済んだ。(やれやれ)。最後の1投はカラで2時10分頃に終了だ。結果、宙では実釣2時間弱で1匹(トホホ×以下同文)。底と併せても実釣4時間半で2匹。最近まれに見る貧果だ(以前にもありましたが)。Oさんは先に帰った。そうそう、OP9220101さんからは今日、宙釣りのウキをシリーズで3本貰った。ありがとうございます。早速使わせてもらいます。OG氏は実釣4時間半くらいで15匹(擦れ1匹を含まず)と、最近は増沢でも大久保でも2桁以上を確保している好調さを維持だ。最早お手上げどころではない格差に、ガックリして片付け。湖面は嘘のように凪いでいる。片付け中にOさんから電話。今日はネズミ捕りをやっているとの事。いつもの場所ですね、承知しました。片付けを終え、駐車場に戻る。まだまだしんどい。今日の昼食はマックにすると決め、車速に注意しながらモクレン通りをひた走った(私の車からも、優しい女性の声が教えてくれました)。
 
    ↓これからどうしよう?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

これは面白そう

ザわさんが四ツ池で見て、やりたいと言っていたタナゴ釣り。四ツ池では子供に教える人がいるようだけど、我々おっさんにも教えてくれるのかな。道具は凝った方がいいのかな(多分お金がかかる)。へらの柔らかい合わせの参考になるかもね。


 

 
    ↓どんな釣りも面白いなぁ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休息日

久し振りに出歩いたり暴飲暴食?をしたりして、かなり疲れた。今日は家でゆっくりしよう。風も強いようだしね。
 
    ↓大分過ごし易くなってきたのは事実
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

夕食は康川

P1000001昼に結構なボリュームを食べたのに。夜は夜とて年に数回しか食べない鰻。今日は康川。久し振りに「梅」を食べた。ボリューム満点です。
 
    ↓満腹。苦しいね
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

うなぎパイファクトリー、治一郎とトラットリア・ジージョ

3連休最終日はうなぎパイファクトリーに行く。特に何か買うわけでもなく、隣の豆の工場で酒のつまみにナッツを購入。それからバウムクーヘンで有名な治一郎の大平台本店に向かう。なかなかいい値がするね。バウムクーヘン3種を購入。

それから、家のすぐ近くにありながら、今まで一度も入った事がない トラットリア・ジージョ に入る。何となく敷居が高い雰囲気だったのだが、ドアを開けたら、何だ普通の店じゃないか。急に気持ちが落ち着く。ランチスパゲティーのセットを注文。隣には小さな子供2人を連れた夫婦。これならこれからも気楽に来られそうだ。値段はちょっと高めの気もするが、まあ満足の昼食となった。
P1000301P1000302P1000304P1000305
 
今度はディナーを試してみよう。
    ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫、帰省中

P1000298猫が我が家にやって来た。ただいま帰省中。
 
    ↓結構デカイ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

久し振りにカラオケ

P1000300久し振りにカラオケ(シダックス)に行ってきた。最近は大きな声を出すことがほとんどないので、非常に快感。元々カラオケは好きなのです。が、家の前のカラオケスナックの騒音問題があり、ずっと我慢してきたのだが、やはりカラオケはいいなぁ。
ただし、防音がしっかりしている(筈の)カラオケボックス(今は言わないか)に限るね。それでも店のご近所に迷惑はかかっていないか、客でありながら心配してしまった。
 
    ↓たまには大きな声を出してストレス発散だ(周囲に気配りも忘れずに)
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

激渋の増沢池 with みやさかパパさん、バットさん、Oさん and 「杉チャン」さん

今日は5時頃目覚めたのだが、例によってグズグズしているうちに7時。急いで簡単な食事を摂り、増沢にゴー!駐車場にはWINDOM、それにバットさんの車。荷物を降ろして池に向かえば、いつもの場所にはWINDOMの人ではない先客。あっ、みやさかパパP9180088さんでは?まずは挨拶。とりあえず旧爆釣ポイントに荷物を下ろして奥を見ると、塩ビ管手前にバットさん。柳の木の奥にも先客がいるので、挨拶しながら奥に進む。底を少し切っているが、かなり渋いとの事。塩ビ管手前に到着。今P9180087日は8尺両ダンゴの宙だと言うバットさん。これは珍しい。まだギルのみ。グダグダ話していると、Oさんがやって来た。先日対面に入ったが、暑いのを我慢した割には、釣れたのが放流ばかりと愚痴?入P9180086る場所がなさそうなので、更に奥に入る。その奥にも先客。私は旧爆釣ポイントに戻り、さあ準備だ。頭上の木の枝が気になるので、やや右にずれて釣り台を設置。みやさかパパさんは9尺底でウキに動きがないらしい。私は11尺にしよう。餌は夏・冬・天々。ゲゲッ、早くもウキの視認性が悪いではないか。まだ8時前なのに、どうして?いきなりテンションが下がるが、今更他にも行けず、底取り。ちょっとあやふやな感じだが、とりあえず開始は8時少し前。やっぱりウキが見難い。隣のみやさかパパさんは大丈夫なのだろうか。と、奥からバットさんが状況視察にやって来た。私がウキが見難いと言うと、今から釣れない言い訳かと厳しいご指摘。今日は全体的に渋いようで、ひょっとして凸もありえるかも(そんな予定ではなかったのに)。バットさんは橋の下まで行って、WINDOMの人(しまった、挨拶を忘れた)と話し込んでいる。内容はかなりシリアスなのだが、WINDOMの人の声が大きいので、多分池全体に聞こえているのではなかろうか。私はウキがモヤモヤしているように思えるのだが、如何せんはっきりしない。バットさんが自分の釣り座に戻った頃、ウキが返したのを確認。すると、今度は波でシモりながらもP9180089スッと入り、これに合わせればやった1匹目ゲットだ!サイズはともあれ、この状況下での1匹は大きい。さて、次はあるのかな?しかぁ~し、そこからがほとんど地獄。ウキの視認性は一向に良くならず、またウキも動かない。みやさかパパさんからも、へらは寄っているに違いないが、口を使わないとのご指摘。まさしく食い渋りだ。宙のバットさんも1匹出たようだが、かなり厳しい釣りを強いられている様子。すぐに9時。WINDOMの人は帰った。そして10時近くまでさっぱりの状態。あたりらしきウキの動きに合わせてもカラもしくは擦れバラシ。一旦釣り座を離れ、奥の様子を見に行くと、バットさんもOさんも1匹をゲットしていると言うではないか。急いで釣り座に戻る。柳の木の奥の奥に1人、それからOさんの奥にも4人くらい入っている。さて、餌も残り少ないが、何とか1匹。すると、地合なのかウキが動くようになった(視認性は回復していない)。そしてあたりを見るが、いずれも「かじり」。10時半頃に餌が尽きて無念の終了。みやさかパパさんは両ダンゴの宙に変えて結果を出している。私も宙にしたいが、返り討ちを食らわれそうだ。またも釣り座を離れ、バットさんのところへ(何度も迷惑だったでしょう)。ちょうどグッドサイズの2匹目をゲットしていたバットさんから、ウキが動いているのなら底を続ければ、と言うアドバイスがあって、よし、餌を少しだけ作って30分くらい残業しよう。夏単体を適当につまんで、これまた水も適当に。そして再開すれば、じきにウキがモヤモヤ。そしてあたり!やったと合わせるが、ゲゲッ引きがおかしい。明らかな擦れ。早く外れて欲しい。が、かなり手前でバラシ。反動で仕掛けが頭上の木の枝にかかる。しまった、今日はこういう事を予想して、あえてずらして入ったのだが、結局同じだったか。でも、引っ張ったら外れたのでまずはP9180090ホッ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!今度こそかかったでしょう(丸尾スエオ風に)!やったぁ、残業の意味があった~。ややサイズアップしたか。その後バッチリのあたりが出たが、残念途中でバラシ。これは擦れでしょう。11時を少し廻ったところで餌が尽き、今度こそ本当に底は終わる。結果、実釣3時間で2匹。今日の状況でこれは立派な数字です(自画自賛)。さあ、今度は宙。竿はそのままで行こう。後は、仕掛けがどうなっているかで釣り方を決める。う~ん、両ダンゴか。隣のみやさかパパさんも渋そうなのに、大丈夫だろうか。餌はガッテン:特S:天々:水を3:1:1:1。「たな」1本で開始は11時20分頃。みやさかパパさんは「たな」を浅くして調子が上がったようで、次々と竿を曲げる。おそらく池全体でもトップでは?私もそれに続きたいが、ちょっと難しいか。なかなかウキが動き出さない。でもコンスタントに餌打ちすることは忘れません。そして、餌を切ろうと空合わせするP9180091と、れれっ、かかってます?その前に全くあたりらしいウキの動きはなかったので、おそらく居食い。でも1匹は1匹だから、良かったぁ。しかぁ~し、その後はウキが静かなまま。じきに12時のサイレン。本来ならば、ウキの動きを良くするために餌に何かを加えたりするのだが、私の場合は餌に手水のワンパターン。それ以外はしません(と言うか、出来ません)。また、「お」にするという選択肢もあるが、隣が両ダンゴで釣れているのに、ちょっとそれはキツイ。今から変えるのなら、最初にしています(意固地な私です)。と、ここで渋滞にはまってしまった「杉チャン」さん登場。塩ビ管の奥に入る。さて、ウキの動きがどうにも良くないと思っていた私だったが、いきなりズバッというあたりが出て、何故か2匹目ゲットだ。このあたりが良く分からないところ(たまたまでしょう)。すると、その後もポツポツと竿を曲げるこP9180092P9180093P9180094とが出来(おそらくこれが「地合」)、底と併せてだが第2目標もクリアだ。バットさんが竿を曲げるのも見た。さあ、宙だけで第2目標クリアまで後1匹。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからバッタリ。連荘も出ていたみやさかパパさんも小休止か。と、奥で「杉チャン」さんが竿を曲げる。さっき始めたばかりなのに、これは凄い。1時を過ぎて、ウキの視認性はかなり向上したもののウキは動かず、私はそろそろ終了モード。最後は1個餌釣法(日研ではNG)で粘ったが、カラツンで終了。結果、宙では実釣2時間で4匹。底と併せて実釣5時間!で6匹。みやさかパパさんは2桁ぐらいまで数を増やしている。素晴らしP9180095い。片付けをする前に、挨拶がてらに奥の様子を見に行くと、Oさんは10尺底で5匹。もう終わるとの事。「トロ掛け」をやっているバットさんと「杉チャン」さんには訊きそびれた。釣り座に戻り、片付け。先にOさんが帰っていった。別に慌てる必要もないのだが、釣り台の脚の一部を池に落とP9180096してしまう。慌てて探すと、やった見つかりました。やれやれ。片付けを終え、少しの間だが8尺底で再開しているみやさかパパさんの背後霊になる。さすがに8尺だとウキが近いなぁ。挨拶して駐車場に戻る。今日は「杉チャン」さんのリベンジに付き合うつもりだったのだが、ちょっと時間がずれたので残念ながら出来なかった(御尊顔を拝する事は出来ました)。でも、みやさかパパさん、バットさん、それにOさんと竿が出せたのは収穫だった。皆さんありがとうございました。
 
    ↓これだけの人が顔を揃えることは滅多にないよ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

全く足元にも及ばない@大久保(西の平) with OG氏

明日は「杉チャン」さんが再来浜する(増沢でリベンジ)ので、今日は増沢以外に行こう。そうだ、久し振りに大久保はどうかな?OG氏とOさんに連絡すると、Oさんは仕事でNGだが、明日は増沢に行くかもとの返事。これは楽しみだ。一方OG氏は来るというので、それではゴー!ちょうど通勤ラッシュにかかってしまったのか、環状線は混雑。予定より少し遅れて池に到着すれば、あれっ私が一番乗り?常連さんは大名出勤のようだ。さP9170070P9170071P9170072て、何処に入ろうかな。いつもは堰堤の左端なのだが、今日は右端にしてみよう。と、ここでOG氏登場。私の左に入る。さあ準備だ。今日も今日とて底から。竿は9尺。餌は夏・冬・天々。既にカンカン照り。傘は必須だが、竿が振り難そう。とりあえず底を取り、開始は8時25分頃。と、ここで9尺「お」の準備をしていたOG氏がビックリ!何も付けずに餌落ち目盛を測ろうとして、いきなりジャミがかかった。更にへらも。へらの方はバラシたが、これは高活性か?私も第2投であたり!が、しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。最初のバラすと後が釣れないという、この池での私のジンクス。すると、それとは逆に開始早々の第1投でOG氏がへらをゲットだ!う、羨ましい~。それでもウキは動き続け、P9170073今にもあたりが出そうな気配が続く。そしてようやく1匹目。今日は年に数回あるかないかの高活性は間違いなP9170074い?しかぁ~し、何故かここでマブナ登場(何故だぁ?)。これでケチが付いたのか、そこからハリス切れを連発。傘で竿をうまく立てられないのが関係しているのかもしれないが、それにしてもお粗末だ。一方のOG氏は、今日も前回の増沢と同様に仕掛けトラブルが頻発する。が、それにもP9170075めげずポツポツとあたりを拾っていく。私は開始1時間近く経って、ようやく2匹目。あれだけウキが動いているのにあたりが出ず、出てもハリス切れ(合わせ切れではありません)とは、一体何だろう。一方のOG氏は常に私の倍を行く。また、9時半を過ぎて常連さんがやって来たが、右岸奥の釣り台に入ろうとして足を滑らせ(昨日の雨で台がヌルヌルしている)、池に落ちてしまった。大丈夫ですかと声をかけたが、足が立ったようで事なきを得た。やれやれ。さて、3本のハリスをロストして、かなり気落ちした私だったが、同じようなトラブルがあってP9170076も調子を落とさないOG氏。素晴らしいの一語。私が10時頃に3匹目をゲットした際には、2桁を狙おうという感じ。ちょっと追いつけないので、今日の目標はダブルスコアにP9170077ならない事(寂しいのは分かっています)。が、その後もう1匹追加して、私にも目標の上方修正をさせてください(と言っても第2目標ですが)。さあ後1匹と意気込むが、やったかかりました!と思ったら、顎に擦れ。ガクガクッ。更にハリスが絡むアクシデント。これは解けそうにない。かと言って、今更ハリス交換なんて。その後しばらくそのままで続けてみるが、やはりウキの返しやら馴染み幅がスッキリしないので、まだ餌が数投分あるものの、ここで底は終了だ。結果、実釣2時間強で4匹(マブナ1匹含まず)。最初の頃のウキの動きでは第3目標もチョチョイのチョイと軽く見ていたのだが、いつも通り甘過ぎる見通しだった。さあ、次は宙。両ダンゴはなさそうだが、「お」はOG氏ともろに比較されそうで怖い。そこで、ここであまり実績がない「トロ掛け」でもやってみよう。竿は7尺。バラケは特S・天々・ガッテン。OG氏は9匹目からなかなか次の1匹が出なかったが、私の準備中に達成。次は20と意気軒昂。私の「たな」1本弱での開始はジャスト11時。すると、すぐにウキが動く。そして、へらが湧いてきたのが見える(ガクガクッ)。それでも消し込みが出て、やる気は充分。そしてじきにP9170079ズバッという消し込みで1匹目。上鈎を食っているが、問題なし。とりあえず底と併せて第2目標達成だ。これなら第3目標なんて軽い軽い?しかぁ~し、1匹釣った後は急にウキの動きが悪くなる(いつもの事ですが、何か?)。それに引き換えOG氏は調子が落ちない。ダブルスコアはおろかトリプルスコアまで狙っている感じ。これは何としても阻止しなければ。が、私はその後、底と同じようにハリス切れを連発。かなりテンションは下がった。トロロも繊維が切れているようで、鈎残りが悪いようだ。でもそのまま。結局12時近くまで1匹も追加出来P9170080ず、OG氏からもトリプルスコア狙いを公言される。が、再びの上鈎で2匹目ゲットだぁ(「トロ掛け」の意味は?)!常連さんは右岸に2人とOG氏の横に1人。ただ、右岸の2人は竿が曲がっていない様子。場所なのかなぁ。そのまま12時のサイレンを聞く。トロロの繊維がダメなのは分かっているし、バラケがバラケないのも分かっているが、どうにも手を加えられなくてそのまま続けていた私だが、12時を過ぎて急にウキに動きが。そして何と消し込みの連荘!ややP9170081P9170082停滞気味だったOG氏の竿も曲がった。これは単なる地合なのか(多分そうでしょう)。さっきまでほとんど泣きそうだった私にも、急に日が差してきたか(実際は日陰になっていました)。が、しかぁ~し、しかぁ~し、それはほんのわP9170083ずかの時間。2人ともすぐにウキの動きが悪くなってしまう。そしてかかってきたのはジャミ。何故かOG氏も立派なジャミを釣る。その後は2人とも静か。私は何とかして当初の予定である「ダブルスコア」阻止だけは何としても叶えたい。でもバラケもトロロもどうしようもないし、ただ餌打ちだけを続ける。そろそろ1時。終わってもいいなぁ、などと考えていると、いきなりの消し込P9170084み!全く理由が分かりません。が、かかったものはいただきましょう。これで第3目標クリアにリーチだ。OG氏も20まであと少し。しかぁ~し、ほぼ同時にハリス切れ。これで終了。結果、宙では実釣2時間弱で5匹。底と併せて実釣4時間で9匹。何度も言うようだが、最初の勢いを持続させていれば、今頃2桁は当たり前、20も視野に入っていたかも(本日のタラ・レバ)。OGP9170085氏も20には届かなかったが、堂々の18匹。先日と同じダブルスコアを食らわされた。このところ大敗が続いているので、最早脱帽を通り越して、OG氏の足元にも及ばない。グッタリして片付け。OG氏の隣に入った人が竿を曲げ始めた。片付けを終え、常連さんに挨拶して車に戻る。今日はこれから吉野家で「牛鍋丼」を食べることになっているので、さっさと池を後にした。明日は増沢、起きられるかな?
 
    ↓どの池でも惨敗だ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お試しか!

先日頼んだアイスクリーマーが届いたが、やっと今日試してみた。3人分として生クリーム200cc、卵黄2個、砂糖60g、それにバニラエッセンス少々をよく混ぜ、予め20時間以上(本当は12時間以上でOK)冷凍庫に入れておいた蓄冷容器を本体にセットしてスイッチを入れてから投入。約20分でモーターが過負荷になって(アイスが固まって)止まる。出来上がりだ。が、やはり壁面は固いが中心はソフトクリームのよう。それでも味はグー。次回は砂糖を控えめにしよう(ちょっとカロリー過多?)。ネットによると、出来上がりをそのまま食べるのではなく、一旦冷凍庫で固めてからのほうが市販のアイスのようになるようだ。まあ、最初はこんなものだろう。段々上手になればいい。
 
    ↓なかなか一発で出来るものではないのかも
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

菅首相、大差で再選

今テレビで菅首相の再選を報じている。それにしても、思ったより大差での再選だ。党員・サポーターでは5:1、地方議員では3:2、そして国会議員では206:200。接戦という事前の予想を遥かに上回って菅首相の再選が決まった。小沢さんは何かをしてくれそうな期待があるものの、逆に全てを台無しにするかもしれないという不安の方が大きかったのではないかと思う。まあ、順当な結果ではないかと思われるが、さあ今後人事を含めてどういった舵取りをするのか、菅首相もかなり悩むのではないか。
 
    ↓期待よりも不安が先に立つ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の気配?

朝方あんなに涼しい風が吹いていると思ったら、気温がグングン上昇して、また夏に逆戻り?これでは夏バテで体力が落ちた人(私も含めて)にはかなりキツイ。ただ、夜グッスリ眠れるようになったのは嬉しいが。
早く「秋の気配」ではなく秋になってほしいものだ。
 

 
    ↓いろいろな意味で懐かしい曲
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

OG氏に脱帽@増沢池 with 「杉チャン」さん

今日、家から増沢へ出掛けようとしているところへOG氏からメール。遅くなるが来ると言う事なので、了解と返事。それでは出掛けましょう。ちょっと8時半より早く着くが、まあいいだろう。駐車場にはWINDOM。他にもへら師はいそうだが、まずは荷物を下ろして池に向かう。あれっ、いつもの場所は空いているぞ。それではそこに入ろう。へら師は塩ビ管から更に奥に何人かいるようだ。あっ、WINDOMの人が橋の下から少し上にいP9130054P9130055る。荷物を降ろしてから挨拶に向かうと、今日は10尺で6匹。昨日は対面看板横で2匹。まだまだ渋いとの事。それでは、とりあえず目標を1匹と定めて底から行こう。竿は11尺、餌は夏・冬・天々。予報通り風があり非常に心地良いが、波は困ったもんだ。何とか底を取り、開始は8時50分少し前。WINDOMの人は帰り支度。さて、餌打ちを始めたのはいいが、やはりウキが見難い。馴染んでいるのは分かるが、返しているかどうかは分からない。そうこうしているうちにOG氏が登場。旧爆釣ポイントに入る。前回も大差で負けているので、今日は悪くとも数で並びたいところだ。が、ウキが見難いことに変わりはなく、あたりらしきウキの動きに合わせても「かじり(擦れバラシ)」。OG氏はじきに、いつもの9尺「お」で開始。焦る。しかぁ~し、ウキがムズッと入るのに合わせれば、P9130056やったかかりました!サイズもグーだし、これで早くも目標達成だ(え~っ?)。と、ここで背後から聞いた事がある声。レレッ、「杉チャン」さんだ。今日はお休みということで、2時に亀山を出発し、昭和新池で竿を出し3匹を釣ってからこちらに移動してきた。相変わらず凄いパワーだ。状況を訊かれたので、ウキが見難いうえに擦れが出ると返事。でも、私のウキが動いているのP9130057に興味があるようだ。それからじきに小さなあたりで2匹目。が、その後ウキの視認性がかなり悪くなって、ウキの返しとかさっぱり見えない。そんな中、「杉チャン」さんのP9130058「あたった!」と言う声に合わせてやった3匹目!実は私の目にもウキが入ったような感じは見えていたのだが、それには反応出来ず、声で1匹(トホホ)。でも1匹は1匹です。OG氏もじきに1匹をゲットし、それからもポツポツとあたりを拾う。そしてじきに追いつかれてしまった。OG氏はその後も2匹を追加するが、好調とトラブルは背中合わせ。ハリストラブルで何と両ダンゴに変更。すると、それからも竿が曲がって1匹を追加。私はとにかくウキが見えないので、偏光グラスを装着するが、多少視認性が上がったという程度。おそらくあたっているだろうウキの動きが、あたった後の返しで分かるという情けなさ。もちろんあたりの見過ごしも多々あったと思う。その後「杉チャン」さんがようやく私とOG氏の間で竿を出す。11尺で両ダンゴの底。私はその後、釣れない時にかかる「亀」とブルー。10時を過ぎ、なかなかウキの視認性が向上しなP9130059P9130060い私は、ほぼ諦めの体。が、波が収まるわずかの間のあたりと思われるウキの動きで2匹を追加し、ようやく第2目標をクリア。かなり目が疲れている。「杉チャン」さんは底で始めたが、さわりは出てもあたりにならないと言う。私のウキも動かなくなっている(ように見える)ので、底は止めたほうがいいのに(心の叫び)。携帯は開始2時間経過の11時を示すが、状況には何の変化もない。が、何故か急にウキP9130061の返しが分かるようになる。そしてやっと1匹。この時点で、両ダンゴで足踏み状態のOG氏に並んだ。残った餌は少ないが、何とかほんのわずかの間でもいいからOG氏に差を付けて底を終えたい。しかぁ~し、逆にOG氏が2匹を追加。ガクガクッ。私は寂しく11時20分過ぎに底を終了。P9130062結果、実釣2時間半強で6匹。本当はもっと釣れた筈(本日のタラ・レバ)。さあ、次は宙。どうしようかな。よし、竿はこのままで両ダンゴと行こう。仕掛けとウキを交換。餌はガッテン単体。「たな」1本での再開は11時半過ぎ。う~ん、宙にしてもウキは見えにくいなぁ。ん、ウキがモヤモヤしている?はっきりしない。「杉チャン」さんは底で大苦戦。まだあたりらしいあたりが出ていないとの事。普段へら師が入らないような場所のせいかなぁ。一方OG氏はトラブルにもめげずポツポツとあたりを拾い、早くも2桁に到達。まずい、このままではダブルスコアになってしまう。が、なかなかウキの視認性が回復せず、あたりも出ない(と思う)事があって、早くも12時のサイレン。いつもなら1匹くらい釣れるのになぁ。あっ、消し込み!残念カラ。「杉チャン」さんからは、何か餌に対してアクションしないとずっとこのままだと言われるが、餌に手水しか思いつかない私。餌付けの工夫も限度があるようなので、今日はP9130063凸必至か?しかぁ~し、力強いが消し込みまでいかないあたりで、やった1匹目!偶然釣れたとしても、嬉しいの一語。やれやれ。が、状況が好転したわけでもなく、その後、ウキの視認性が回復してきたが、今度はあたりが少なくなる。挙句の果てには恐れていた擦れ。OG氏はポツポツと数を増やす。「杉チャン」さんは相変わらずあたりが出ない。擦れバラシも出るが、何故か「釣りきれない状況を釣る」ことが楽しいと言う。まさにバットさんと同じ「自虐的」?それとも前向き?それでも、何処かに電話して対策を訊いていたようだ。そして餌を作り変えると、ウキの返しもハッキリするようになった。すると、1時になろうとしたその時、遂にP9130065竿が曲がりました!サイズも36cmとグー。満面の笑顔。2時間以上あたりを見なくても続くテンションには驚きだ(私があまりにも悲観的過ぎる?)。最初は5匹釣ったら底は止めてトロ掛けにすると言っていたが、その後再びあたりが遠のいたようで、今度はもう1匹釣ったらに変更。すると、1時半を過ぎて1匹をゲット。さあ、竿を9尺にしてトロ掛けだ。私の方は、竿ツンでハリス切れ。これは前回より怖かった。全くあたりに気付かず、穂先をグンと引き込まれてから気付いたので、下手をしたら穂先をロスト?おお怖っ。ハリス交換の際に、ついでにハリス長を20cmと30cmから30cmと40cmに変える。すると、多少はウキの動きがP9130066良くなったようで、1時を過ぎてやっとの思いで1匹。底と併せて8匹目。15匹のOG氏に対し、かろうじてダブルスコアを免れる状況。ただ、どうやらこれで今日の釣りは終わりのようだ。その後もあたりらしきあたりはなく、1時半に餌が尽きて宙は終了。両ダンゴの地合ではなかったのか、それともダンゴの手直しが出来ていなかったのか?全くもって私には分からない。片付け、と思ったら、餌のバラケが余っているのでダンゴとして使ってくれと、擦れ込み?ではあるが18匹を釣っているOG氏から言われ、30分ほど残業することに。わわっ、これは柔らかい。果たしてダンゴとして使えるのか?こわごわ餌付けし、そっと餌打ち。何とか馴染んだぞ。すると、地合なのかじきにウキに動きが。そしてあたり!これは素晴らしい。私には絶対出来ない餌だ(って、バラケだよ)。すると、何とズバッというあたりでP9130067やったかかりましたよ!ギリギリダブルスコア。が、OG氏は容赦なく釣ってまたもダブルスコアオーバー。遂に2時。「杉チャン」さんはトロ掛けに変更だ。私も餌がもうない。しP9130068かぁ~し、またもあたりが出てやった第3目標クリア!ダブルスコアも免れた。が、しかぁ~し、しかぁ~し、OG氏は容赦なく1匹を追加。2人ともその後じきに餌が尽きて終了。結果、宙では実釣2時間+残業30分強の計2時間半強で4匹。最初の餌では2時間で2匹。それに対してもらった餌では30分間に2匹なのだから、いずれにせよトホホには間違いない。底と併せて実釣5時間!で10匹。OG氏P9130069は実釣4時間半程度で20匹(擦れ1匹含む)と、久し振りに20に達したとご満悦。前回といい、OG氏には脱帽。2人とも片付け。「杉チャン」さんは9尺1本半で始めたトロ掛けでじきにさわり、そしてあたりを出す。我々の片付け中に早くも1匹目ゲット。素晴らしい。対面には深場旧流れ込みとダム?そばにへら師が入っている。片付けを終え、「杉チャン」さんには頑張ってくださいと言って駐車場に戻った。今日は日陰のうえに風があって非常に過ごし易い釣りだった。が、へらの活性はそれほど良くなくて、厳しい結果となった。まあ、2桁出たから良かったのでは(それで本当にいいのか?)。あまりに腹が減ったので、時間は遅いがトンカツでも食べようということになって、2台の車は「かつ治」へと急いだ。
 
    ↓やはりどんどん釣れなくなる(私だけ?)。
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

ASAYAKE

P9120053CASIOPEA の曲にもあったっけ。タイミングが悪くて(構図もね)紅さが薄まってしまった。
 
    ↓今はもう消えてしまった
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

また余計なもの買っちゃった

Icecream_makerそろそろ暑さも峠を越えそうな今日、またも余計なものに目を奪われてしまった。それがアイスクリームメーカー。最初に目に入ったのは、BSでやっている買い物番組。結構安く買えるんだなぁと思っていたら、ネットで同じものを調べたらもっと安い。更に、メーカー品(貝印とかパナソニック)でなければ、何と2000円以下で似たようなもの(あくまで似たようなもの)が手に入ると言うではないか。思わず飛びついてしまいました。これが1800円。ただし、送料と代引料を併せれば3000円近くなる。まあ、これならオモチャ(オモチャでも同様なものがあるけれど、結構高い)を買ったと思えばいいか、とウキウキ?していたら、同じものをもっと安く売っているところを見つけてしまった。それが約1200円。こちらは送料と手数料を加えても2000円にならない。かなりショック!でも、他では4800円で売っているところもあったので、悔しさは残るものの、到着を待とう。
 
    ↓ホントにどうでもいいものばかり買ってしまう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

雨が降って水が替わって@増沢池

台風の余波も収まり、今日こそ出掛けなければと張り切ってゴー!時間的には8時半到着を目処に。駐車場にはWINDOM、それにSさんが池に向かっているところ。私も急いで荷物を降ろし、池に向かう。WINDOMの人はいつものところ、それに旧爆釣ポイントと柳の木の奥に先客。Sさんは塩ビ管奥の方に入ったようだ。その奥にも何人かいそう。まずは挨拶。今日の様子を訊くと、雨で水が替わって高活性かと思いきや、逆に激渋との事。WINDOMの人は12尺であたりが全くなく、9尺でやっと2匹出た。旧爆釣ポイントの人はウドンセットのようだが、こちらも渋そう。WINDOMの人が終わるというのP9100044P9100045で、その後に入れてもらうことにする。今日は最初から宙で行こうかと思ってきたが、予定変更。ここは渋くても、やはり底から行こう。竿は11尺。前回壊れたサルカン部分を修復。餌は夏・冬・天々。と思ったら、いきなり波。時間帯的にはウキの視認性が悪くなるが、それにしても波はないだろう。必死でウキを見つめ、何とか餌落ち目盛と底取りを終える。開始は9時13分。う~ん、ウキが見難い。それにうまく振り込めない。馴染みはこれでいいのかな?ちょっとだけ調整。が、ウキに動きなし。渋いのは間違いないようだ。そのまま30分くらい経過。まだウキは動かない。と、待てよ、ウキが小さく戻したP9100046ゾ。そして小さく入るか入らないかの際で腕が反応!やったかかりました!おおっ、サイズもまあまあではないか。しかも上鈎を食っていてあたりが小さい。何故かな?でもまぁ、これなら何とかなりそうだ。しかぁ~し、10時を過ぎてもウキの視認性が回復しない。ウキに日が当たらないので、首を振って何とか見やすい位置を探す。しまった、仕掛けが手前に落ちてしまった。P9100047すると、ウキがモヤッと返し、しばらくそのままで、それから小さく入った!これに合わせればやった2匹目!サイズはダウンしたが、これでWINDOMの人と数が同じになったので一安心。が、その後は全くウキが返さない。隣は1匹釣った後、仕掛けと竿を替えたようだが、底かな?私のウキは全く動くことなく、ただ時間だけが過ぎる展開(餌打ちはちゃんとしてますよ)。途中、トンボが仕掛けに抱きついてハリスがグチャグチャ。トンボさんには悪いことをした。が、その後ウキの馴染み幅が変わる。おそらくハリスが撚れたせい。でもウキ下の調整で逃げる。開始1時間、更には1時間半、そして11時を過ぎる。ウキが返さずに1目盛入るカラツンが数回。あっ、消し込み!残念バラシたが、おそらく糸擦れ。そろそろ開始2時間。こりゃダメだ。かと言って、宙にしてもなぁ。わっ、また消し込みだ!今度は掛かP9100048りましたよ!擦れの可能性が大だが、寄せてみればやった口にかかってる。こんな大きなあたりが出るとは、本当に渋いのか?しかぁ~し、その後は再びウキが動かなくなって、11時40分頃に底は終了。結果、実釣2時間半弱で3匹。まだウキは見辛いが、とりあえず宙の準備をしよう。竿は9尺に変更。餌は特S:天々:ガッテン:水を1:1:1:3/4のバラケに「お」。ハリスは10cmと40cmくらい。奥の方で、今日はウキが動かないとの声。5匹釣れば竿頭になれるとも。さて、「たな」1本での再開は11時55分過ぎ。じきに12時のサイレン。すると、視認性が悪い中、ウキがモヤモヤし始めた。これはいけそう?と、いきなりウキがズバッと入り、これに合わせればやったかかりました!ああっ、バラシた。ガクガクッ・・・。でも、へらは来ている事が分かったので、きっと何とかなるゾ(根拠なし)。するP9100049と、その後再度の消し込みで、やった今度こそかかったでしょう(丸尾スエオ風に)!宙での1匹目。「お」の選択は正解か?その後ウキのモヤモヤは続き、10分くらい経過してから餌打ちして竿を竿掛けに置こうとすると、いきなり竿先が水中に引き込まれた!危ない!慌てて竿を立てる。P9100050やれやれ、間に合った。これが竿ツンか。何はともあれ2匹目ゲット。底と併せて第2目標クリアだ(冴えないなぁ)。ようやくウキに日が当たるようになった。これでバッチリだ(何が?)。ただ、ウキの動きが次第に悪くなる。それに、バラケが持ち過ぎなのか、あたりはバラケに来ているようP9100051だ。それでもズバッという消し込みで3匹目。ただ、何となくこれ以上は望めない感じ。バラケがどうもダメなようだ。多少指先でコネコネしたり餌付けを工夫したりしてみるが、元々の餌の配合が良くないようで、OG氏のように特Sをドロドロにして鈎にようやく付くくらいのバラケを次回は作ってみよう(って、今日はこのままかよっ!)。そのまま1時を迎える。どうやら餌も残り少ないし、そろそろ終わりかな。でも、今更かもしれないが、一応「たな」を1本弱にしてみよう。すると、2投目でウキがズバッと入り、これに合わせれば凄い引き!懸命に堪えるがプッツン。擦れたのかなぁ。まだ餌が少しだけあるが、もう終わろう。時刻は1時25分頃。結果、実釣1時間半で3匹。底と併せて実釣4時間弱で6匹。擦れて上がったのがP9100052なかったのがせめてもの救いか。片付け。隣は既に片付け中。柳の木から奥は誰も帰ろうとしない。2桁が目標との声が聞こえてくる。とすると、今日の私はそれなりの結果だったのかも。隣は先に帰り、私もその後に続く。今日は涼しくて汗もそんなに出なかった。人間にとっては過ごしやすいが、へらは環境の変化に追いつかなかったのでは?駐車場もいつもならムッとする暑さなのだが、今日はそれほどでもない。さっさと荷物を積み、池を後にした。
 
    ↓これからどんどん釣れなくなる
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

漢字検定

最近「Qさま」でやたらと漢字の問題が出題されるが、私も一緒に回答するとそこそこ正解になるので、これなら事前に勉強などしなくても2級(高校卒業・大学・一般程度)くらいは合格するかもと高を括っていたが、さっき漢検のHPを見に行って2級の過去問をやってみたら、とても生半可な知識では太刀打ちできないほど難しいのでビックリ。200点満点で100点取れれば御の字ではないだろうか(特に書き問題は、パソコンや携帯の恩恵を受け過ぎ)。こりゃぁ性根を据えて勉強しないと、ただ恥をかくために受験するということになってしまう。どうしようかな、受験しようかな?
 
注)過去問はアドビ リーダー(ここからダウンロード)がないと見られません。
 
    ↓ボケ対策にはいいかも(って、早過ぎる?)
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明器具って結構高い!

今朝起きたら雨だったので、釣行は中止。午後からエアコンの設置費用を払いに椿まで出かけた。やはりと言うか、2桁(リサイクル費用含む)になっていた。
まあ、それは仕方ないが、ついでに最近4灯のうちの2灯が切れている(インバーターが壊れた)ことが分かったリビングの照明も(カタログで)見たのだが、これが結構高いのにビックリ。メーカー希望小売価格ではあるが、10畳用で5万以上、ひどいのは10万近くする。エアコンより高い!予定では高くても2万くらいを考えていたのだが、とてもとても。早々に退散した。帰りにジャンボエンチョーで見ても、メーカー品(パナソニック)は3万くらいする。照明って、価格破壊とは無縁の世界なんだなぁ。
 
    ↓世間をもっと良く見よう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

台風一過

県内で熱帯低気圧になった台風、まだ影響を及ぼしながら東に進んでいるようだ。県内では大雨になったところもあったようで、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
浜松はそんなに大きな被害はなかった(と思う)ので、明日の予報は曇りで弱風。それでは増沢にでも出掛けてみようかな。午後から用事があるので、早起き出来たら行くとしよう。
 
    ↓まだまだ暑い日が続く
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が来る

やれやれ、といった感じ。何処に進むのかはっきりしないまま、何故か福井県に上陸。そのまま南下して静岡県を通過するという最新の予報。明日には太平洋に抜けるようだが、こんなに迷走する台風も珍しいのではないか。被害が少なければいいが。
 
    ↓予報に注意して、外出は控えよう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

状況に変わりなしか@増沢池

土日をのんびりと過ごしたので、そろそろ出掛けましょう。そうそう、今日が今年100回目の釣行だ。これまでの10年で一番早い到達。それだけ釣りに呆けているということか。さて、予定通り8時半過ぎに駐車場に到着。荷物を降ろして池に向かうと、ちょうどWINDOMの人が片付けているところ。へら師は対面旧流れ込みに1人と、こちら奥の方にちらほら。WINDOMの人が今日は12尺から11尺に変えて3匹と言うので、11尺P9060024P9060025_2を出そうとしていた私は一瞬考えたが、まあこのまま行こう。WINDOMの人が帰り、私はその後に入る。さあ準備だ。時間帯もあり、13尺ではウキが見難いので、今日は11尺で底。餌は夏:冬:天々:水を2:2:2:3のダンゴ。ゲゲッ、急に波が出て来た。これも時間帯で仕方ないか。急いで底を取り、開始は9時6分。う~ん、竿を短くしてもウキは見難いなぁ。これは困った。でも、懸命に目を凝らしてウキを見つめれば、何とウキが返P9060026P9060027しているゾ。そしてチクッというあたりで早くも1匹目!そして連荘で2匹目!まだ開始して30分経っていない。これは素晴らしい。あたりも良く分かる。が、どんどんウキの視認性が悪化し、遂には目を凝らしても動きが分かり難くなP9060028った。しばらく我慢の餌打ちが続く。9時台にはもう1匹追加するが、早くウキに日が当たってほしい。とにかく目が疲れる。10時を過ぎてようやくウキの視認性が向上するが、今日は雲が多いので、すぐにウキが翳ってしまう。それに、どうもへらが上ずったようだ。何とか底まで餌を下ろしたいが、一旦底に着いてもすぐに舞い上がっている感じ。なかなか馴染みが出ない。鈎をやや重いものに替える必要があるのだろうが、持ち合わせがありません。そのまま続行だ。その後ポツポツとあたりを拾い、10時台にも3匹。とにかくあたりが難しく、見過ごすP9060029P9060030P9060031事も何回かあった。それに、最初の頃ウキを見過ぎたので、餌の消費を早めるためにやや大きめに餌付けしたもの良くなかったか。とりあえず第2目標はクリアしたが、既に2時間が経過。消費を早めた筈が、まだ少し餌が残っている。これを早く打ち終えて宙にP9060032P9060033行こう。とにかくあたりが分かり難くて、もう1匹追加したものの、いよいよラスト2投だ。すると、何故かウキの動きが良くなり、チクッというあたりでやった「上がりべら」ゲットか?いや、もう1回ある。これこそ本当の最後の1投。すると、またも同じようなあたり!やったこちらが本当の「上がりべら」だ!しかぁ~し、なかなか「たも」に入らない。挙句の果てには「たも」のそばでバラシ。反動で仕掛けが頭上の木の枝。仕掛けを強く引っ張れば、オモリとサルカンを含めて両ハリスをロスト。最近何処かで見たような風景か。餌が終わったので、仕掛けはもう作りません。道糸部分を巻いて終了だ。結果、底では実釣約2時間15分で8匹。バラシが2回あった。さあ、次は宙。どうしようかな。竿はそのままで行きたいので、今日も両ダンゴとするか。餌はガッテン単体。「たな」1本で再開は11時30分。波は大きくなり、しかも止まない。底の時よP9060034りも条件が悪くなった。が、何と第2投であたり!そしてかかりました!これは素晴らしい。更に「かかってました(正確には「かけてしまいました」)」が出る。これは「たも」の中で鈎が外れてしまったが、おそらく擦れだろう。寄せる途中でも向きが変だったから。残念だがノーカウント。すると、いつもの事ではあるが、ウキの動きが悪くなる。あたりらしきウキの動きも弱い。このまま萎んで終わりなのかな、と早くもマイナス思考。しかぁ~し、空合わせをくれるのとウキP9060036P9060037が弱く入るタイミングが合致したのか、連続してかかりましたよ!本人は全く合わせたという感じではなかった。でもまあ、カウントでしょう。これで底と併せて第3目標をクリアですが、何か?その後じきに、12時のサイレン。まだ開始して30分。この調子なら・・・。まあ、そんな甘い見通しが続くわけもなく、ウキの動きは良くならない。消し込みは出るものの、ほとんどがカラ。そんな中、餌に手水と餌付けを工P9060038P9060039P9060040夫しながらポツリポツリとあたりを拾う。12時台には3匹。これが本当のところでしょう。1時を過ぎ、いよいよ餌があとわずか。腹も減ってきたので、さっさと「上がりべら」を釣って終わろう。ただ、かなり大きくなった波でウキの動きが分かり難い。それで消し込みにP9060041P9060042だけ反応して2匹を追加。最後の1投は叶わなかったが、1時20分に終了だ。結果、宙では実釣1時間50分で8匹。底と併せれば実釣4時間強で16匹。残念ながら底でも宙でも単独で第3目標クリアとはいかなかったが、前回と似P9060043たような結果だから、まあ良しとしよう(根拠なし)。片付け。波はまだ収まらない。対面はまだ続行か。暑いのにご苦労様です。途中OG氏から見に来るようなメールがあったが、今終わったところと返事。片付けを終え、駐車場に戻る。まだまだ残暑が厳しい。さあ、ベイシアで昼食でも買って帰るとするか。そそくさと池を後にした。
 
    ↓これから次第に釣れなくなるのかな
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

果たしてリベンジは成ったのか@増沢池 with Oさん

昨日の不甲斐ない結果に、今日も出掛けないわけにはいかないでしょう。同じ場所に入るために、8時半頃駐車場に到着するよう、ゆっくりと家を出る(って、いつもと同じジャン)。予定通り8時半過ぎに到着。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ちょうどWINDOMの人が片付けを終え、奥に歩いて行くところ。私もそのへんに荷物を置き、後を付いていく。途中、柳の木の奥の人に挨拶して状況を訊くと、両ダンゴの宙でさっぱりとの返事(だが、後から竿を曲げていた)。更に奥には、あれっ、Oさんではないか。WINDOMの人と今日の様子について話している。2人に挨拶。WINDOMの人は、今日は11尺(もちろん底)で6匹。Oさんは4匹?更にかなり奥に1人入っている。P9030009P9030010WINDOMの人は帰った。さあ、とりあえず準備しよう。今日はまず13尺の底で昨日のリベンジ、それから宙はどうしようかな?まあいい、まずは底から。餌は夏:冬:ガッテン:水を2:2:2:3。まだ波はないと思っていたら、ちょうど時間帯に当たったのか、底取りの途中から波。しかも、良く考えたらこの時間はウキの視認性が悪化する時だった。何とか底を取り、開始は奇しくも昨日と同じ9時15分。しかぁ~し、どうにもウキが見えない。ウキに日が当たりさえすれば何とかなるのに、グググ・・・。懸命に目を凝らしてウキを見つめるが、動き出す気配がない。餌打ちが思うようにいかないのも関係あるかも。これでは昨日のリベンジどころか、返り討ちになりかねない。それだけは何としても阻止しないと。すると、開始して30分くらい経って、ウキがシモりながらも返しているように思えてきた。そしてムズッとウキが入るのに合わせれば、やったかかりました!これで凸から抜け出したゾ。が、しかぁ~し、良く引く。見えてきたのは何となくマブナライクだ。しかも、なかなか「たも」に入らない。すると次の瞬間、「たも」の外でバレた。反動で仕掛P9030011けが頭上の木の枝にかかり、これを引っ張って外したら、オモリを含めてその下がなくなっている。ガクガクッ。一気にテンションダウン。奥の人達の竿は曲がっているのに、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。泣きたくなるのを堪えながら修復。ちょっと道糸が短くなったが、作り直すよりはいいだろう。底取りを何とか終え、再開は10時。太陽の位置が変わって日陰になったので、傘を止める。ウキにもそろそろ日が当たればいいのに。でももう少しの辛抱か。それでもへらは散らなかったようで、ウキは返している。間違いない。そしてムズッというあたりでP9030012今度こそかかったでしょう!これはバラせません。やったぁ、13尺底で凸解消だ。でも、これではリベンジしたとは言い難い。少なくともWINDOMの人と同じ6匹くらいは釣らないと。10時半頃からようやくウキに日が当たるようになり、これで波が出ていても関係ない。しかぁ~し、ウキが良く見えあたりも分かるようになったのだが、何故かカラツンの嵐。ウキ下を調整するが、収まらない。結局11時頃になるまでさっぱりで、奥の2人が羨ましくて羨ましくて・・・。11時近くになってやっとあたりに合うようになり、そこからポツポツと釣れる。あP9030013P9030014P9030015P9030016のカラツンは一体何だったのだろう。でも、とりあえず第2目標はクリア出来たし、サイズもまあまあなので、これは良しとしなければ。11時半を過ぎて底は終了。結果、実釣約2時間15分で5匹。最初の1時間がほとんど無駄な時間だった事を思えば、まあまあかな。さあ、今度は宙だ。でも、ウドンセットはやらない。実地で勉強した方がいいかもしれないが、まずは知識を仕入れよう。今日は柳の木の奥の人の竿が曲がっているので、それを真似て両ダンゴだ。竿は11尺に替える。餌はガッテン単体を袋に書いてあるように作る。そしていつものように「たな」1本で開始は12時少し前。すると、何と第2投であたり!残念かすったが、俄然やる気になる。奥の2人はまだ竿を曲げ続けている。12時を過ぎ、ウキは動いているが、やはり波で流されるのかあたりは少ない。そして何故か正面から右に打ったP9030017ほうがあたりがあるのは何故だろう。正面はさっぱりだ。餌は左に流れている筈なのに。その後ズバッというあたりで1匹目も右。何はともあれ1匹出たのでホッ。しかもサイズはグー。しかぁ~し、次のあたりでは糸鳴りするくらいの凄い引き。これを堪えて寄せれば、ゲゲッ目に擦れている。ゴメン。カラツンが多いのは餌が持ち過ぎか。餌に手水。とにかく大きなあたりに絞ってP9030019P9030020合わせていけば、何とか12時台にはもう2匹。サイズがグーなのが嬉しく、大体30cm以上。35cm近いのもあった。1時を過ぎてOG氏からメール。ジムの帰りに見に来ると言うので、2時頃まではやると返事をしたが、良く見たら餌が残り少ない。が、あたりが増えてグーなサイズ(5匹目は体高もあってサイズもP9030021P9030022P903002338cmくらい)をゲット。第2目標もクリア出来、底と合わせて第3目標もクリアだ。が、あたりに合わなくなった頃にOG氏登場。その後しばらくして餌が尽き、終了。結果、宙では実釣1時間半強で6匹。サイズが良かったので数はさておき満足出来た。底と併せれば実釣4時間弱で11匹。昨日のリベンジが出来たとは言い難いが、少なくとも気持ちは落ち着いた。片付け。先に終わったOさんがやって来て、途中から宙に変えて数が増えたと言う。やはり底は難しいのかな。一足早くOさんは帰った。お疲れ様でした。その後しばらくして私も片付け終了。OG氏と駐車場に戻り、今日の昼食は丸亀製麺だ。残ったスポーツドリンクを飲みながら池を後にした。
 
    ↓まだまだ勉強が足りない私でした
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ズタズタになった@増沢池 with OG氏 & Oさん

エアコンが付いたおかげでグッスリ眠れ、今日はちょっと遅く目覚めたところにOG氏からメール。久し振りに釣りをしたいと言うので、それでは増沢へゴー!しかぁ~し、まだその時点では悲惨な結果など想像も出来なかったのだが・・・。8時半頃に駐車場に到着。おっ、WINDOMの他にOさんの車も停まっているではないか。急いで荷物を降ろし、池に向かうと、いつもの場所には人影なし。ん?あっ、WINDOMの人は対面看板横。向こうも気が付いたようで、大きな声で挨拶。それから奥の方を見ると、塩ビ管手前の定位置にOさん。随分ご無沙汰しています。荷物を置いてからそばまで行ってまずはP9020002P9020003挨拶。今日も両ダンゴの底で、既に4匹とか。しばらく話してから戻る途中にSさんとバッタリ。いつもの場所に戻って、さあ準備しようかな。今日は前回出来なかったウドンセットとやらをやってみる。竿は13尺でもちろんこれから仕掛けを作る。その前に台と傘をセット。既に波が出ているので涼しいが、ちょっと宙はやり辛いかも。WINDOMの人はじきに終わり。今日はどうだったのか聞きそびれた。と、そんなところへOG氏登場。旧爆釣ポイントに入る。さあ、仕掛けが出来た。餌は特S:天々:ガッテン:水を1:2:1:1のバラケに感嘆だ。この感嘆の作り方が、書いてあるようにやっても何か違う感じ。でも、押し出し容器に入れて「たな」1本で開始は9時15分。OG氏は少し遅れて、いつもの「お」で始めた。さて、開始とはいえ思うように餌付け出来ず、早くもイライラが募る。やれやれ、何とか餌打ち出来た。と、早くもOG氏の竿が曲がる!え~っ、もう釣れたの?が、ブルーでした。OG氏はその後数匹のブルーをゲット。私の方もウキはP9020004動き始めたが、あたりは出ない。それでも立ったウキがズッと入るのに合わせてやった1匹目!まだ分からないが、ウドンセットでとりあえず1匹出たのは嬉しい。しかぁ~し、すぐにウキの動きがなくなる。感嘆もすぐにダレてしまい、最初に少しくらい練る必要があったのかも。でも今更P9020005遅いです。その後、ウキが立ってすぐに消し込み、2匹目は10時少し前。何かスッキリしない推移だ。OG氏の最初のへらは残念擦れだったが、じきに1匹。そしてもう1匹と、「お」の本領発揮か?が、その後はバラシの連続。奥ではOさんがポツポツと竿を曲げている。さて、10時を過ぎる頃からウキの動きがバッタリ。何故だろう。それでは、と「たな」を少し浅くしてみる。すると、ウキの動きは回復したが、今度はあたりが出ない。う~ん、困った。OG氏はバラシの連続で気分が滅入ったが、竿を9尺から12尺に変えてから、更にお気に入りのウキの足が折れるアクシデント。仕方なくウキを交換したところ、何故かあたりに合うようになる。私は結局「たな」を1本に戻すが、相変わらずあたりが出ない。もう1時間くらい、ただ餌打ちしている気がするので、それではハリスの段差を変えてみようかな。30cmから20cmに変更。すると、ウキの動きが急変。あたった!当然合わせればやったかかりましたよ。随分間が空いたなぁ。しかぁ~し、なかなか揚がってこない。これは40cmオーバーかまたは擦れ?数分間やり取りしたくらいクタクタになってようやく寄せれば、P9020007ガックリ背びれに擦れているではないか。ドッと疲れが。11時を過ぎて何とかもう1匹ゲットしたが、どうやらそれで終わりのようだ。11時半過ぎにバラケが尽きて終了。結果、ウドンセットでは実釣約2時間半で3匹。OG氏はそれまでに5匹をゲットしている。一体何が悪かったのだろう(アームという答えは受け付けません)。初めてウドンセットをやったが、餌付けにイライラしたりするので、もう少し情報を仕入れてから再度チャレンジと行くとするか。さて、それではこの後どうしよう。とりあえず竿はそのままで行きたいので、ここは底かな?ウキと仕掛けを交換。餌は夏:冬:天々:水を2:2:2:3のダンゴだ。底取りの最中にOさんが様子を見に来た。随分竿が曲がっていますねと訊いてみると、擦れが多いとの事。私の結果に驚いていたが、まあこんなものでしょう。底を取り、再開は12時少し前。OG氏はウキを変えてから急に調子が上がったようで、何と4連荘を含む爆釣?私の方は大きくなった波もあってウキの動きが良く分からない。そのうえOG氏の竿が続けざまに曲がるのにプレッシャーを感じてしまい、焦ってあたりでもないウキの動きに合わせたりするが、もちろんかかりません。時間だけが過ぎる展開。自分の釣り座に戻ったOさんはすぐに竿を曲げる。これもプレッシャー。結局3回あたりを見たが、いずれもカラ。OG氏の方は、1時頃までに何と10回以上竿を曲げたようだ。さて、1時を過ぎたところでいきなりの消し込み!そしてハリス切れ。すると、何故かOG氏もハリス切れになったと言うではないか。それでは2人仲良く終わりにしよう。結果、底では実釣1時間強で凸。全体P9020008でも実釣3時間半強で3匹。トホホどころの話ではない。OG氏は「お」で後半は実釣1時間半くらいで9匹をゲット。4連荘が素晴らしかった。全体でも実釣約3時間半で14匹(擦れ2匹含まず)。擦れがあろうとなかろうと、私など足元にも及びません。片付け。あまりにショックな結果だったので、Oさんに挨拶するのを忘れてしまった。スミマセン。駐車場に戻り、これからジムに行くというOG氏と昼食を摂るべく、姫街道食堂へと向かう私だった。
 
    ↓このリベンジは絶対果たさないと
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

エアコンの取替え:その3

設置は終わった。今ガスの充填または配管の空気抜きをやっている。もう少しだ。
 
今電源ON。これで今日から快適な生活が送れ、残暑も乗り切れるゾ。
 
    ↓あとは支払い
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エアコンの取替え:その2

今室内機を外し、新しいのを付けているところ。見ているだけの私も汗まみれ。
 
    ↓気温はどんどん上昇中
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの取替え

今日9時頃に業者さんがやって来て、ただいま室外機を取り外し中。外は曇っていてやや涼しい感じだが、動けばすぐに汗。仕事とはいえ、本当に御苦労様です。
 
    ↓これで今夜から熟睡出来る?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »