« 四ツ池でタナゴ釣り | トップページ | 四ツ池でタナゴ釣り(本番) »

2010年9月26日 (日)

激渋は続く@増沢池 with 一で二三さん、Oさん and ザわさん(岡ジャミ)

今日は一で二三さんが来浜する日。朝起きて早速一で二三さんとバットさんにメールすると、一で二三さんからは10時頃に増沢に着くと返事が来たが、バットさんは体調不良により来られないとの返事が。残念ですが仕方ない。私は8時頃に家を出る。休日の朝だけあってすいているので、意外と早く駐車場に到着。さてさて場所はあるのかな。荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所に先客。あっ、WINDOMの人は対面看板横か。それに、旧爆釣ポイントにはOさん。まずは先客の2人に挨拶。Oさんも前回の激渋以来久し振りに来たとの事。今日も渋さは続いていて、ウキが見難いこともあって竿を変えたところ。それでは私は塩ビ管手前に入ろう。柳の木の奥にも先客がいるので、挨拶して後ろを通る。さあ準備だ、と思ったら、さっきまで鏡のようだった湖面に波。P9260102P9260103それにしても水が黒いのは何故だろう。対面には階段下近くに3人いるが、竿は曲がっているのか。さて、竿は迷ったものの12尺を採用。それはウキのトップが11尺のものより太いから。餌はいつもの夏・冬・天々。波がそれほど大きくならないうちに底を取り、開始は8時50分。WINDOMの人はとうに帰っている。視認性が何とか保たれているので、ウキの馴染み幅は問題ないようだが、波の他に風もあってウキがシモり、また流される。ウキがモヤモヤしているように見えるのは、多分底をなぞっているからだろう。30分ほど餌打ちしたところで、急に腹が痛くなった。急いで不定期便。釣り座に戻って再開するが、特に変わった様子はない。そのままどんどん時間だけが過ぎる展開。これは前回を上回る激渋なのか。11時頃になって一で二三さん登場。塩ビ管の奥に入る。奥の奥の方には5,6人いるが、竿が曲がるのはほんのたまに、そして限られた人。一で二三さんは私と同じ12尺の底で、まずは両ダンゴから入る。私は開始2時間経っても、2回くらい何かにかかった感じはあったが、それ以外は何もないので、そろそろ底は止めたい。でもその前に一応グルテンくらいは作ってみようかな。それでダメなら次はドボンP9260104だ。これはOさんを真似ている。一で二三さんは11時20分頃開始。私のいつもの場所の人が1回、柳の木の近くの人が2回竿を曲げるのを見た。ドボンに変えてしばらくすると、ノッシノッシと1人やって来た。それがザわさん。ザわさんが見ている前で、ウキに動きが。一応合わせると、わわっ、凄い引き!そしてあっという間にハリス切れ。ドボンという釣りの性格上、仕方ないのかもしれないが、それにしても残念だ。多分ここから先に同じようなあたりは出ないだろう。12時のサイレンが鳴ってじきにザわさんは帰った。柳の木の近くの人も帰っている。と、ここでOさんの竿が曲がった!やったねと思ったのも束の間、亀だとの声。さすがのOさんも今日はダメかな?12時半を過ぎて、まだ餌が残っているが、遂に底を終える。実釣3時間半で凸。これは堪える。さあ、次は宙。竿はそのままで、ウキと仕掛けを交換。激渋に対応するため、「お」を選択。餌は特S・天々・ガッテン。「お」は一番大きなものしかないので、ちょっと不安だが、薄暗さと風と波の中「たな」1本で再開。一で二三さんは底で何らウキの動きを見ていない様子。私の方は、数投でウキがモヤモヤ。これはいけそう?そして弱くウキが入るが、これに合わせてもカラ。おそらくバラケに来ているのだろう。やはり大きな「お」ではダメか。しかぁ~し、ウキがいきなり消し込んだ!これに合わせればやったかかったでしょう!今日初めての手応え。が、しかぁ~し、なP9260105かなか寄らない。何となく嫌な予感。そして何とかへらを浮かせると、やはり胸鰭に擦れていました。今日はこれであたりがお終いかもしれないのに、擦れなのか・・・。あまりに悔しいので写真。1時を過ぎる。私のいつもの場所の人も帰った。空には雲が多くなり、湖面は暗くなったが、まだ雨は大丈夫だろう。ただ、ウキの視認性はかなり落ちた。一で二三さんも底を諦め、宙にしている。そんな中、またもウキが視界から消え、慌てて合わせればやったかかってP9260106ます!今度は口でしょう。やったぁ、これで凸解消だ。これでいつ終わってもいいが、何とかもう1匹。Oさんの方を見ると、Oさんも1匹出たようだ。私はその後もう1匹追加するP9260107が、上空からポツポツと雨粒が落ちてくるのに気付き、そろそろ終わらなければと思い始める。それにしても、Oさんが急に竿を曲げ始めたのにはビックリ。5匹くらいをあっという間に釣り上げた。1時45分頃になって、まだ餌があるが雨のトラウマから終了を決意。一で二三さんも今日はギヴ・アップで、水草を持って帰ると言う。今日は悪い日に来ましたね。2人揃って終了。片付け。結果、宙では実釣1時間強で2匹(擦れ1匹含まず)。Oさんも終わったようだ。片付けを終え、一で二三さんに挨拶して駐車場に戻る。途中、片付け中のOさんに挨拶しながら様子を訊くと、やはり5匹をゲットしたそうだ。ネヴァー・ギヴ・アップの精神を見せ付けられた。素晴らしいです。駐車場には多くの車。天気が良くないのに公園に来る人が多いのだろう。車に荷物を積み込み、腹ペコで池を後にした。それにしても、ホント釣れないね。
 
    ↓このまま冬になだれ込んでしまうのか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 四ツ池でタナゴ釣り | トップページ | 四ツ池でタナゴ釣り(本番) »

コメント

今日はありがとうございました。 渋かったですね… 顔を洗って、季節が寒くなる前にもう一度出直します。 今度は釣りますよ… 釣りますとも… 釣れるかな…

投稿: 園田一で二三 | 2010年9月26日 (日) 21時34分

一で二三さんこんばんは。今日はお疲れ様でした。日が悪かったですね。もう少し秋が深まれば、状況も変わると思います。またご一緒しましょう。

投稿: sunshine_hera | 2010年9月26日 (日) 23時09分

こんばんは。
今日は増沢池行けなくて残念です。
しかも渋かったなんて、私の好きな状況を逃してしまい悔しいです。
一で二三さんのブログでコメント入れようと思ったのですが
「つぶやく」でツイッターにコメント入れるのかな?
よく解りませんでした。

投稿: 黄金バット | 2010年9月26日 (日) 23時33分

バットさんこんばんは。今日は残念でしたね。
こんなに渋くてウキが動かないと結構キツイですが、バットさんにはうってつけの状態なのでは?
それにしても、終わる寸前にバタバタッと5匹も釣って凸を回避するOさんって、やっぱり凄いです。目の当たりに見て感動しました。
コメント欄は止めているそうです。きっとろくでもないアダルトコメントが多いのに閉口したのでしょう。ツイッターでは多分コメントにならないと思いますよ。

投稿: sunshine_hera | 2010年9月27日 (月) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49566982

この記事へのトラックバック一覧です: 激渋は続く@増沢池 with 一で二三さん、Oさん and ザわさん(岡ジャミ):

« 四ツ池でタナゴ釣り | トップページ | 四ツ池でタナゴ釣り(本番) »