« 「万松」とナッツ | トップページ | 私の所蔵漫画本その11(コージ苑) »

2010年10月 8日 (金)

予報どおりの風と波の中で@増沢池

①今日の写真は感度を上げ過ぎたまま撮影したので、いつもと違う雰囲気になっています。
②今日は間違いなく段落を付けてみました。
 
 今日は諸事情により気分が滅入っており、出かけるのは止そうかとも思ったが、明日から天気が悪くなる(いつもと同じ言い訳)という事で、少し出だしは遅れたが、増沢へゴー!開始はどうみても10時を過ぎそうなので、とりあえずコンビニで昼食を買っていく。
 駐車場にはそれなりに車が停まっているが、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、対面日向側には坂の下と看板横に1人ずつ。階段下の人は片付け中か。こちら日陰側には、塩ビ管の奥に2人。いささか拍子抜けしたが、予報では風が強いという事なので、へら師も出てこないのだろう。私はいつもの場所に入る。そんなに風・波は出ておらず、これなら何とかなりそうだ。
Pa080200Pa080201 さて、ウキの視認性に問題あるかもしれないが、最近は12尺だ。もちろん底。餌もいつもと同じ(進歩がありません)。ゲゲッ、いつの間にか波が大きくなっている。風も右から吹いており、こりゃぁやり辛そうだ。でも、冬の練習と思えばいいか。
 などと思っていたのは最初だけ。何とか底を取り、開始は10時5分。時間帯もあってウキが見辛い。それに波。と、橋の上から声が。HRさんだ。HRさんは対面坂の下に入った。
 ウキが見辛いのは仕方ないが、底釣りでもかなり仕掛けが流される。ウキが返しているように見えるのは、多分底をなぞっているのだろう。しばらくは黙々と餌打ちが続く。とPa080202思ったら、携帯が鳴った。メールだ。ん、ウキの動きがおかしい。急に見えなくなったぞ。慌てて合わせれば、やったかかりました!こんなに早く釣れていいのか(いいんです)。が、しかぁ~し、その後は再びウキが沈黙。餌打ちマシンと化した私は、ただ餌を打つの繰り返しとなる。
 波は次第に大きくなり、足元にジャブジャブという音。最早ウキの動きなど分かる筈もPa080204ない。11時近くなって、さすがにこれではやりきれない。終わるという選択枝もある(何だか分からないが1匹出たから)が、餌を捨てるというのが我慢出来ない。そこで、先日も試してみた「似非ドボン」でウキを固定しよう。そうすれば何とか見える筈だ。外付けのオモリを追加し、思い切り振り込んでウキを3目盛くらい出す。さあ再開だ。前回は1回だけ消し込みが出たが、無念のハリス切れ。今日もそんなに期待せずに始めたのだったが・・・。
 数投後にウキがスッと入ったように思え(何しろ良く見えないんです)、とりあえず合わせればやったかかりました!う、嬉しいゾ~ッ。が、しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。ガクガクッ。今日はこれでお終いかな。とにかく餌は全て打ち切らないと。
 すると、今度はちょっと気を抜いた瞬間にウキを見失った!ヤバイと思いながら合わせたが、竿を立てられずにハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッ。
 しかぁ~し、神は私を見捨てなかった。再度の消し込み(はっきりとは見ておらず、まPa080203たも見失ったというのが正解)で今度こそかかったでしょう!バラさないようゆっくりと寄せる。しっかり口にかかっていて、久し振りに「ドボン」でへらゲットだ。風・波でウキの動きが分からず、活性も低いと思っていたのだが、実は食うんだと言う事が分かり、俄然やる気になる。
 「ドボン」と言えども、待ち過ぎは良くない。餌打ちのインターバルに留意しながらウキPa080205を見つめれば、何となくウキが入ったように思えて合わせると、やった2匹目!ちょっとサイズダウンしたかもね。すると、その後は連荘で私の第2目標クリア(最初のバランスの底の結果と併せて)。やっぱり食うジャン!久し振りに「ドボン」でいい目を見られた。途中で止めていればこの結Pa080206Pa080207果はないので、ネヴァー・ギヴアップは大切だ。
 さあ餌があと少し。何とか打ち切れそうだ。すると、またも小さなあたりに合って、しかもPa080208グッドサイズをゲット!これはもう言う事がありません。そして12時前に終了。結果、底は実釣2時間弱で6匹(バランスの底が実釣1時間弱で1匹。「似非ドボン」が実釣1時間で5匹)。やや風・波が弱くなったような気がするので、それでは宙もやってみようかな。竿は11尺に変更。餌は仕掛けのとおり特S・ガッテン・マッハのダンゴ。昼食を摂り、「たな」1本弱での再開は12時15分。残念ながら、再び風・波が強くなっている。対面浅場はHRさんだけになっていて、こちら奥はダム?そばに1人増えた。
 さて、足元までジャブジャブとなっている中での餌打ちは、非常に厳しい。ウキが立って馴染むまでに、かなり流される。おまけにウキの視認性は回復しないまま。が、餌を切ろうとした際に、遂に出ましたブルー。今日は何となく嬉しい。
 しかぁ~し、その後は再びウキが流されるの繰り返し。今度こそやる気がなくなった。ここでようやく溜まったメールを確認。おっ、masaさんと一で二三さんからだ。しまった、メールを見ている間にウキが動いたみたい。でも、もう気力が失せているので、合わせるより何より、早く餌を打ち切って終わろう(決して捨てません)。ん、またも確かにウキが動いたゾ。そこで、とりあえず合わせると、やったかかりましたよ!しかぁ~し、またもブルー。ガックリ。最早私の悪運も尽きたか?
 1時を過ぎた。風・波は一向に収まらない。HRさんもそろそろ終わりの気配を漂わせている。流されたウキが返してこないので、竿を引いて「誘い」のつもり。すると、いきなPa080210りウキが消えた!反射的に合わせれば、やった今度はブルーじゃないゾ!宙にしてから初めてそれらしいあたり。そしてかかった。サイズもグー。ただ、これは何かの間違いだろう。その後は再びウキが流されるの繰り返し。2匹目の泥鰌を狙って「誘い」をかけてみるが、何の効果もなく、1時45分に餌を打ち切った。途中、溜まったメールの返事をするくらい暇に。結果、宙では実釣1時間半で1匹。凸でなくて良かったと言うだけ。片付け開始。
 へら師は私を除き、こちら側奥に3人だけとなった。これだけ風・波もあるのに止めないPa0802113人には感心する(ひょっとして釣れているのかも)。片付けを終え、駐車場に戻る。いやぁ、今日は「似非ドボン」さまさまだった。最近はほとんどやった事がなかったので、釣れて嬉しいの一語。ただ、こんな日は家で大人しくしていた方が良かったのでは、という気持ちが残るのも確か。明日から天気が悪くなるので、3連休も寂しいものになりそうだ(私には無関係ですが)。さっさと荷物を車に積み、池を後にした。
 
    ↓「ドボン」も面白いなぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「万松」とナッツ | トップページ | 私の所蔵漫画本その11(コージ苑) »

コメント

今晩は。今日は出しましたネ12尺。!私も始めは12尺でした。親父のところに頂いた「東舟」の竿が有った。かなり傷んでいたので修理に出して直してもらった。今は珍しい削り穂先です。この竿で親父はシラハエ(追川)の蚊針釣りをやっていました。この竿で初めて西之谷で釣った時は野○オートの若旦那に写真を撮ってもらった・・・。イイ顔で?写っていた。ところで「床」をやる場合は風が鬼門ですね。雨の方が未だ良いと思われる。微妙な「チク」が解んないモンね!それと若い人は「ドボンの釣り」を向こう合わせだからと敬遠するが「ドボン」も奥が深いと思われる。「ドボンのゲンさん」って方もいるみたい?!マア一つの釣りだけを周到する難しさと達成感?「へら鮒が突然・・・」の中に「もうどんセット」を周年やってみよう!なんて云うコンテンツが有ったと思います(何故知っているんだ~?)一つの釣りだけを続けていくと何かが見えるのかな?西之谷、東の谷奥池の「4尺のヨン様」も素晴らしい!何時も美味しい、甘いコーヒーありがとうござます。
PS.決算報告書(当社は9月決算)を提出しましたので安堵・・・。長すぎた。ゴメン!サービス業の私も違った意味で連休なんて関係ナイネ。何処へ行っても混んでるしね。「大嫌いだ連休(青い空)何て!」カオルちゃん遅くなってゴメンね!(何だこれは?) yurie

投稿: yurie | 2010年10月 8日 (金) 23時04分

違ってた「青い空」ではなく多分「白い雲」だと思う・・・。如何でもいい事だけど。

投稿: yurie | 2010年10月 8日 (金) 23時09分

Yurieさんはもともと壊れキャラのようですね、良い事です。
自虐的にいきましょう、何かミエテきます。

ドボンに限らず、バランスもほとんど向こう合わせってご存知ですか?
エサ(針)を吸い込んだ時に合わせれることがほとんど無いって事です。
吐き出す時に針が掛かるので間に合ってない(向こう合わせ)と言う事らしいですよ。
実際はどのくらいの確率で吸い込んでいる時にアタリが出て、それに合わせられるか?
でも、ほとんど間に合って無さそうですね。

投稿: 黄金バット | 2010年10月 8日 (金) 23時38分

SSさん、ページ下さい。ゴメンね。
バットさんそうかもしてない。多分間に合ってないよね。先日ご語尾が上がるバットさんもご存知の石○氏と並んだんですが極力糸フケを出さない釣りでしたね。ところで私が壊れるのはお酒を飲んだ時だけです。通常時?は争い事が嫌いな、一浜松市民です。ホント?ですとも・・・。yurie
PS.新生ジャパン勝ったみたいだね。おめでとう!

投稿: yurie | 2010年10月 9日 (土) 00時54分

勝ちました、ザックジャパン!
よかったー、前田も出たし、点を決めて欲しかったけど………(点点点)

お酒を飲んだとき壊れる~~?
自虐的ヘラの会の新年会が怖い??
是非来てくださいよ、お願いします、Yurieさん。

ところで、「似非ドボン」ってナンですか?
ニヒ!ニヒ!

投稿: 黄金バット | 2010年10月 9日 (土) 06時59分

yurieさん、バットさんおはようございます。
本人不在の中、盛り上がってますね!
ドボンだって馬鹿に出来ませんよ。必ずしも消し込みだけがあたりではないんで。昨日のような風も波も凄い日には、ウキを留めて釣るドボンしかないと思います(後は家で大人しくするか)。
「似非ドボン」とは、バランスの底の仕掛けに外通しのオモリを追加するので、元のオモリが付いたままのドボンになるため、あたりが出にくいと思いますが、ドボン用の仕掛けをいちいち作るのが面倒な場合にやっています。あれっ、皆さんも同じ?
アルゼンチン戦の勝利に浮かれていると、次の韓国戦で痛い目を見るかも(勝利は嬉しいに決まってますが)。

投稿: sunshine_hera | 2010年10月 9日 (土) 08時25分

ところで、肝心の段落はどうでしたか?多少は見やすくなったかな?

投稿: sunshine_hera | 2010年10月 9日 (土) 08時31分

改行を…
開業を…
怪凝を…
壊仰を…

投稿: 黄金バット | 2010年10月 9日 (土) 11時02分

バットさんこんにちは。
今、食事前にも拘らず、先日買ってきた豆を食べていますが、この「しぼり・落花生(B級品)」が意外とおいしいです。
何とも言えない柔らかな食感、甘味を抑えた、幾らでも入りそうな豆です(アブナイアブナイ)。
多分混んでいる「うなぎパイファクトリー」には行かず、隣で豆だけ買うというのはどうですか(「うなぎパイファクトリー」でも試供品はもらえますが)。

投稿: sunshine_hera | 2010年10月 9日 (土) 11時36分

 こんばんは!
 釣りではない話で、皆さんかなりと盛り上がっていますね!。
     で
 私も混ぜてろらおうっと、
 てな訳で新宴会何時?何処?。
 それと私も、混んでいる”うなぎパイ”より道の反対側の”ナッツのⅠ田”のほうに行きます。
 仕事先が同じ工業団地だからどちらでもいいのですが。

投稿: masa872 | 2010年10月 9日 (土) 23時40分

masaさんこんばんは。
ナッツの店の、岩塩で炒った落花生を今度買いたいのですが、ちょっと値が張るので考えています。
そうそう、工業団地の池での竿出しは実現したのですか?みやさかパパさんもお気に入りの池のようです。タナゴもいるはず(以前天目で獲りに来た人と出会いました)なので、久し振りに出かけようかなと思っています。道中の草が枯れてからのほうがいいかな。

投稿: sunshine_hera | 2010年10月10日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49682471

この記事へのトラックバック一覧です: 予報どおりの風と波の中で@増沢池:

« 「万松」とナッツ | トップページ | 私の所蔵漫画本その11(コージ苑) »