« 一体この曲の最後の詞の意味は? | トップページ | 今日は雨 »

2010年10月18日 (月)

苦労が報われない@増沢池 with Oさん

バットさんは鳳来、引佐天池、大楽地と頑張って廻ったようだが、私は土日を外出しなかったので、今日こそゴー!が、いつもよりかなり遅い出だし。駐車場に着いたのは10時頃。今日は日向深場に入るつもりなので、まずは公園外の道路から池を眺めると、あっ、深場遊歩道外れにいるのはOさんでは?それに、私が入ろうとしていたダム?そばも空いている。これはラッキー(本当はアンラッキー)!急いで車に戻り、荷物を抱えて外の道路。かなりしんどいが、まだ往路。復路が怖い。途中、橋の上から手を振ってOさんに挨拶。日陰側は柳の木横、塩ビ管奥に1人ずつ、それに深場流れ込み横でPa180251Pa1802521人が準備中。こちらは旧流れ込みに1人とOさん、それにやや浅場側に1人。波は出ているが、私の前はほぼ無風。だが、湖面はなにやら油膜のようなもので覆われている。風でちょうど私の前に集まってきたようだ。これは釣りにくそう。だが、準備開始。今日はちょっと短いかもしれないが13尺を出す。もちろん底から。餌は夏・冬・ガッテンのダンゴ。準備中にOさんが顔を出してくれた。今日はポツポツとまあまあの型が出ていると言うので、これは楽しみだ。しかぁ~し、13尺では底が目一杯か。Oさんが先日ここで14尺で底が取れなかったと言うが、私は構わず底取り。Oさんはやれやれといった感じで自分の釣り座に戻った。さて、何とか底が取れたと思うが、油膜のせいでウキの視認性が良くない。せっかく風・波がないのにウキが良く見えないとはどういう事だろう。何のためにハアハア言ってここまで来たのか?それでも開始。10時35分。油膜が張り付いてウキの立ちが悪い、馴染み幅が良く分からない、おまけに根掛かりの3重苦。更には「たな」が3本以上ということでウキと竿先がかなり近くなり、振込みに難儀する。オーバースローなら問題ないが、格好悪い。旧流れ込みの人、それにOさんはポツリポツリと竿を曲げる。対面の人も既に静かに竿を曲げた。11時を過ぎ、「何でこんなところで竿を出してるんだ」の声。あっ、ザわさんではないか。昨日はわざわざ四ツ池に行ったそうで、本当にスミマセンでした。与太話をしていると、ウキが動いた!ザわさんもさわりに違いないと言うので、急にやる気になる。そしてウキがムズッと入るのに合わせれば、Pa180253やったかかりましたよ!久し振りに深い所から引き上げるので、ちょっと嬉しい。サイズはまあまあだ。よし、これからこれから。ザわさんは11時半頃に帰った。油膜は大分減ってきたが、今度はやたら根にかかる。そして遂にハリス切れ。遠くに振り込んでも、少しでも手前に流されればかかる。そのうえにあたりも出ない。12時のサイレン。対面は静かに竿を曲げる。私は再度の根掛かりで両ハリスをロストし、更に道糸が竿に絡んで、遂に癇癪が爆発!仕掛けを切って底は終了だ。餌がまだ残っているが、捨てずに取っておく。それでは宙にしよう。竿はそのまま。宙の仕掛けはハリス段差があるので、それではセットかな。バラケは特S:ガッテン:マッハを1:1:2に水1。食わせは「玉」。「たな」1本半での開始は12時半。まずはしっかりウキを馴染ませる。すると、数投でウキがモヤモヤ。これは素晴らしい。底とはえらい違いだ。そしてじきにあたり!残念カラだが、その後もウキの動きはなくならない。そして、ズルッとウキが入るのに合わせれば、やった早くもかかりまPa180254Pa180255した!これはいい。浅ダナに比べて引きも楽しめる。サイズもまあまあ。さあ、どんどん行こう。すると、今度は目も覚めるような消し込み!やった2匹目ゲットだ!しかぁ~し、ハリスが絡んでしまった。交換するが、ちょっと段差が付き過ぎたかも。すると、そこからウキは毎回のように動くのだが、水温が高いせいかちょっとでも合わせると「玉」が落ちる。そして何故か素晴らしい消し込みが全てバラシ。全く数を増やせない。途中から「お」に変えてみる(コストパフォーマンスから)。が、変わらない。ほぼ1時間経過したところで、やっと合いました!今度は絶対にバラさないように、Pa180256と言うか、口にかかっていても外れる場合があるから、「たも」に入るまで気が抜けない。これでようやく第2目標にリーチだ。対面はさっき何処かに電話していたようだが、あまり釣れないと言いながら7匹をゲット。私はどうなる?一旦「たな」を1本に変えてみるが、ウキの動きが悪くなったので、1本半に戻す。2時を過ぎ、Oさんがそろそろ終了か。私の食わせは「玉」に戻っているが、相変わらずウキは動いている。そしてあたる。が、かからず。大きなあたりばかりに目がいってるのでは、と、ここでウキがチクッと入るのに合わせてみると、ゲゲッPa180257かかりました!どうやらこれが「上がりべら」かも。おおっ、サイズは今日一番の35cm。片付けが終わったOさんが様子を見に来た。今日はあまり良くないと言いながらも15,6匹は釣れたようだ。底で1匹の私って一体・・・。Oさんが帰ってじきに私も終了。宙は実釣2時間弱で4匹。底の1匹と併せ、やっとの思いで第2目標クリア(トホホ)。片付け。旧流れ込みの人も終Pa180258わったようだ。へら師は対面に3人、こちらは1人。片付けを終え、崖?を登る。復路は本当にきつい。ダム?の上を通り外の道路に出て坂を登るのだが、これがまた帰りはキツイのだ。あっ、日向側は看板横に1人いた。息を切らせて駐車場に到着。わざわざ遠くまで歩いたのに、報われなかった・・・。とにかく疲れたので、急いで池を後にした。
 
    ↓私のアームでは辛い結果が続く
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 一体この曲の最後の詞の意味は? | トップページ | 今日は雨 »

コメント

こんばんは。
この場所はたしか…
MASAさんが入っている時に15尺以上じゃないと根掛かりが有ると言ってましたよ。
今更言っても遅いか。
でも深っいからいいですね~。
今度底を切って12~13尺のチョーチンやってみたくなりました。

投稿: 黄金バット | 2010年10月18日 (月) 23時42分

バットさんこんばんは。
やはり人の言うことは聞くべきですね。偏屈と天邪鬼では上達しません、きっと。
次回は15尺でやります。もちろん底で。

投稿: sunshine_hera | 2010年10月19日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/49777811

この記事へのトラックバック一覧です: 苦労が報われない@増沢池 with Oさん:

« 一体この曲の最後の詞の意味は? | トップページ | 今日は雨 »