« 小型台風一過 | トップページ | 今日も釣り日和の筈なのに@増沢池 with Oさん »

2010年11月24日 (水)

釣り日和とでも言おうか@増沢池

まだ疲れが残っているが、せっかく風がないという予報なので、9時過ぎにゴー!駐車場にはそれほど車は停まっておらず、これなら日向側何処にでも入れそうだ。いつものように外の道路を通ってダム?を渡る。あれっ、へら師は対面に1人、こちら日向側も階段下付近に2人。昨日のお休みで釣り疲れたのかも。私はダム?そばに入ることにすPb240377Pb240378る。後から対面とこちら旧流れ込みに1人ずつ入った。さて、曇ってはいるが、こんなに穏やかな湖面で竿を出すのは久し振りのような気がして、早く準備したくなる。とりあえず前回と同じく底は15尺。餌もいつもの夏・冬・マッハ。「玉」は用心のため出しておく。底は簡単に取れ、開始は9時47分。う~ん、ウキが良く見えるなぁ。それに早くもウキが返しているぞ。そしてほどなく弱いあたり!残念カラ。すると、今度はバッチリのあたりなのだが、またもカラ。そこでウキ下と微調整。すると、今度は擦れバラシ発生。なぁに、まだまだこれから。すると、10時を過ぎて今度こそかかったでしょう!サイズはさてPb240379Pb240380おき、気が楽になった。すると、更にもう1匹。今度はグッドサイズ。この調子なら2桁くらいは楽勝か?しかぁ~し、ウキ留めのゴムが緩くなっているので、合わせる度にずれる。下だけならまだしも、どうやら上もずれている気がする。すると、やはり底がずれているせいか、あたってもバラシ連発。が、それでも底を取り直さずに続行する私って一体・・・。そのうちあたりもなくなって、開始1時間が経ってから、ようやく底を取り直し、更にはウキ留めの下を木綿糸で補強する。これで大丈夫だろう。が、なかなかウキの動きは復活しない。11時を過ぎる。他の人達の竿は曲がってPb240381いるような気がして、自分だけが取り残されたようで焦る。へらの分配はいい筈なのに。そこで、ウキが返してから待ちに待って、ようやく出たあたりでやっと3匹目。随分穴があいた。ダンゴでは食わない?ちょっと不安になって「玉」を付けてみる。すると、ウキが返してから相当待った挙句Pb240382Pb240383の小さなあたり!その後しばらくして、今度は割といいあたりが出たが、何と上鈎を食っている。一応第2目標クリアだが、何かスッキリしない感じ。「玉」に興味はないのか。かと言って、今日はグルテンを作るつもりはないので、「玉」がダメならダンゴで通そう。しかぁ~し、状況は必ずしも好転したわけではなく、昼前の逆ゴールデンタイムがやって来たのか、ウキの動きは弱いまま。餌のそばにはいると思うんだけどなぁ。また、今日は合わせる回数が少ない(私なりに餌打ちのインターバルには留意しているつもりなのだが)せいか、餌がかなり残っている。いつもなら適当に捨てて時間調整をするのだが、今日は何故か続行。12時のサイレンを聞きながら昼食を摂るが、食欲は出ない。旧流れ込みの人のピッチが上がってきた。また、対面に後から入った人も、台の上に立ち上がって寄せる姿が見える。私はとにかく餌を捨てずに打ち切ろう。1回の餌付けを大きく、更には手水を加えてヤワヤワに。そして再開すると、何とウキの動きが良くなってきたではないか。ただしあたりには結びつかないが。それでもチクッというあたりが出れば合わせるでしょう(丸尾スエオ風に)!やったかかりました!と言いたいが、引きがおかしい。それはじきに判明。尻ビレから見えてきたから。Pb240384しかも「たも」の手前でハリスまで切ってくれた。腐りながらもハリス交換すれば、次の餌打ちでまたもあたり!やっと1匹釣れたぁ。しかぁ~し、その後はカラとバラシのみが繰り返される。最後の1投は食わせを「玉」にしてみたが、効なく底は終了。結果、実釣3時間弱!で6匹。これは良しと言っていいのか(いいわけないだろう!)?さあ、気分を切り替えて今度は宙だ。竿は12尺、餌は特S・天々・マッハ。前回に懲りてガッテンは省く。食わせは「お」と「玉」を併用。本来は「お」と「玉」のバラケは違うのだろうが、この際は何でもOKと言うことで。まずは「お」を食わせに「たな」2本で再開は1時。果たしてどんな結果が待ち受けているか?しっかりと馴染みを出すべく、バラケを固めて餌打ち。すると、じきにウキに動きが。これは素晴らしい。でも、あたらなければ何の意味もない。と、ウキが馴染んですPb240385Pb240386ぐにあたり!残念カラだったが、これなら何とか1匹は出そうだ。すると、消し込むようなあたりが連発で2匹をゲット!ただし両方ともバラケをPb240387食っている。ややガクガクッ。その後3匹目は「お」を食っていたので、やれやれと言う感じ。開始30分で3匹ゲットとは、なかなかいい感じ。しかぁ~し、ここで食わせを「玉」に変更すると、ウキの動きが激変(それはそうでしょう)。モヤモヤは弱くなる。そこで、バラケを早く抜いたらいいのか持たせたらいいのか試行錯誤。涙状に付けたバラケの下だけを角張らせて「準ピラミッド」Pb240388で打ってみると、ズバッと消し込んでやった4匹目!底と併せて第3目標クリアだ!が、「玉」ではウキの動きが良くならず、再び「お」で始めた頃にOG氏が様子を見に来た。が、ウキはモヤモヤしていてもあたりは出ない。ウキが動いたらどんどん合わせなさいと言われるままに合わせるPb240389が、かからない。2時を過ぎた。すると、バラケが抜けたあとのズバッというあたりで、やった5匹目!OG氏のいる間に釣れて良かったぁ。が、そこまで。OG氏は2時半過ぎに帰った。とっくに日は翳っているが、風がないのでまだまだ出来る。ん、へらが水面近くに見えるぞ。知らないうちに上ずっていたのかも。そこで、「たな」を1本に変更。すると、再開第1投であたり!かかりPb240390ました!これは素晴らしい。が、何かを変えるとあたりが出るのは良くある事。あとはこれが続くかどうかという事。が、「たな」が合ったのか、ウキの動きはなくならず、3時前Pb240391にもう1匹追加。バラケを食っているが、気にしない気にしない(ホント?)。私が来た時に竿を出していた人のうち、こちら階段下の更に向こうと対面のそれぞれ1人が帰った。さて、3時を過ぎてもウキは動き、あたりも出るが、擦れバラシも出るようになる。いよいよゴールデンタイムの到来か?が、その後釣れた2匹はいPb240392Pb240393ずれもバラケを食っており、食わせが「お」であるか「玉」であるかは関係なかった(トホホ)。その後3時半頃にバラケが尽き、宙も終了。結果、実釣2時間半で9匹。底と併せれば実釣5時間半弱で15匹。宙で思いの外釣れた(もPb240394ちろん私にとって、だが)。片付け。やや肌寒くなっている。対面に残っていた人も終了したようだ。へら師はこちら側旧流れ込みと階段下の2人になった。片付けを終え、崖?を登って外の道路に出る。今日はいつもより楽に駐車場に着くことが出来た。さあ、これから懸案のテレビを見にベイシアに行かなければ。さっさと荷物を車に積み込み、池を後にした。
 
    ↓こんな天気の日があれば、まだまだ竿を出すぞ!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 小型台風一過 | トップページ | 今日も釣り日和の筈なのに@増沢池 with Oさん »

コメント

今晩は!
今日はどんな展開が・・・。実釣コメントが待ち遠しい!

投稿: yurie@会社 | 2010年11月24日 (水) 17時21分

yurieさんこんばんは。やっと更新が終わりました。それにしても、コメントが早すぎます。ビックリ!
今日は曇りで風もない、まさに釣り日和でした。あとは釣果がついてくれば言う事なしでしたが、なかなか思うようには行きませんね。
今年はあと何回竿を出せるか分かりませんが、何とか凸なしで終わりたいです。そのためにはD楽地とかO野とかNの平は出来るだけ避けて(それでいいのか?)いきたいと思っています。

投稿: sunshine_hera | 2010年11月24日 (水) 19時21分

今晩は。
ホボ全快と思って良いのかな?
宙の釣果、イイじゃあないですか!
先日、西之谷釣行時なんか、前日炊いたウドンを忘れ、上島の上○屋辺りでUターン。釣り場に着いたら道具箱(ハサミ。オモリ等が入っている)を忘れたと思い、浜北周辺の釣具店巡り・・。実際は後部座席に鎮座。癇癪を我慢×2。
土砂降りのなかで参った・・・。
しかし丸○ューの新餌、「ペレグル」は面白い餌と感じました。もう少し使い込まないと何ともの状態ですが・・・。
PS.ダム?側は15尺で天テンの底ですか?

投稿: yurie | 2010年11月24日 (水) 21時18分

そうですね、喉の調子は大分良くなりました。今度は風邪に注意しなければ(元々喉が弱いのです)。
yurieさんも癇癪を起こすんですか?体に悪いですよ(私もですが)。
ダム?そばは15尺で根掛かりしなくなるというだけで、テンテンではありません。

投稿: sunshine_hera | 2010年11月24日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50119970

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り日和とでも言おうか@増沢池:

« 小型台風一過 | トップページ | 今日も釣り日和の筈なのに@増沢池 with Oさん »