« 「琵琶湖の怪人」襲来せず | トップページ | 静岡方面旅行記その1 »

2010年11月29日 (月)

いよいよ冬の釣りか@増沢池

土日に釣行出来なかった(岡ジャミは除く)ので、予報では晴れていても気温が低く、また風が強そうだが、とりあえずゴー!途中、モクレン通りでWINDOMと擦れ違った。まだ9時前。こんなに早く終わって、果たして釣れたのか?まずはダム?まで行って池の様子を覗うと、私が入りたかった日向側ダム?そばには先客。あとはフリーなので、釣り座は行ってからでも決められるぞ。今日はボンヤリしていて昼食を買い損ねたので、自販機で暖かい飲み物だけ買う。それから外の道路を通って、今日は旧流れ込みに入Pb290403Pb290404ろう。先客に挨拶して今日の様子を尋ねると、釣果を指で示したようだが、幾つなのか良く見えなかった。が、1桁であることに間違いはない。あっ、今日も対面にいつもの人。へら師は今のところ3人!だが、後から対面に1人、こちら側は階段下付近に2人入った。さて、準備するかな。思ったほど風・波はなさそうだが、ギラギラはじきに来そうだ。でも、竿は15尺。もちろん底。餌はいよいよ冬モードでグルテンセット。バラケはいつものダンゴと同じ、食わせはα21。底を取っている途中から波が出て来たが、何とか取れた。開始は9時半。いつもより馴染み幅は小さめ。正面はややウキの視認性が悪いので、少しだけ左に餌打ち。すると、じきにウキが返した?水温も低いし、そんな馬鹿Pb290405な事はない。いや、確かに小さくではあるがウキが返している。そしてムズッとウキが入るのに合わせれば、やったかかりました!これは素晴らしい。サイズ的にはまあまあだが、とりあえず凸を回避すると同時に今日の目標もクリアだ?先客も竿を曲げている。が、どうにも波が邪魔だ。予報ではどんどん強くなるので、早いうちに釣らないと。が、10時を過ぎる頃からギラギラタイム。それでも波が収まる瞬間もあるので、その一点を狙ってウキを見つめれば、割とPb290406はっきりとしたあたりでやった2匹目!しかぁ~し、本格的なギラギラタイムになると、どうしようもなくなる。偏光グラスを装着しても、見えないものは見えないのだ。そのまま30分以上が経過。ウキが見えないからと言って、餌打ちのインターバルは守ります。すると、何となくあたっているように感じる時も何度となくあった気がするが、どうにも手が出ない。11時近くなって、Pb290407やっと3匹目。これもあたりははっきりしていた。開始後約1時間半が経過したが、ひょっとして第2目標くらいまでは伸ばせるかも。が、なかなか続かない。いよいよ開始2時間が近くなってきた。ギラギラはやや遠ざかったが、今度は風・波の向きが手前になって、ウキが押し戻される。出来るだけ遠くに振り込むが、手前に流されるのは止むを得ない。それでも何とかもう1匹Pb290408追加。あたりが少ない事もあって(餌打ちのインターバルには留意しているつもり)、餌がまだかなり余っているので、Pb290410毎回何処からともなく現れる巨鯉にあげる。一体どうして何処にへら師がいて餌を打っているのが分かるのだろうか?こいつと白い色鯉、そして二ゴイがこの池の主だ。さて、いよいよ開始2時間間近。Pb290411すると、今度はあたりだかなんだか分からないウキの動きに合わせれば、ゴミでもかかったのかと思ったら蟹だった。私もかつて「亀仙人」と呼ばれた事があった(遠い昔の話です)が、実は蟹釣りも得意なんです。こいつにはハリスを切られた。さて、いよいよ開始2時間経過。ダム?そばの先客が帰った。今からでも場所を移ろうなか?いや、このまま行こう。私の餌は鯉にあげてもまだまだ残っているので、仕方なく続行。何としてももう1匹釣って第2目標をクリアしたい。すると、返したウキがチクッと入り、これに合わせればやった第2目標クリアPb290412だ!さあ、まだ餌があるので更にもう1匹(人間の欲望には限りがない)。しかぁ~し、ウキは返してもその後がない。ついに12時のサイレンを聞くはめに。その後最後の1投は両グルテンで粘ったものの、ついにあたりを見ず底は終了。結果、実釣3時間弱で5匹(蟹1匹は含まず)。冬の釣りかと思ったが、意外にウキが動いた。さあ、波はかなり出ているが、この後宙はやった方がいいのか。そうだな、昼食は抜きだが一応やって行くとするか。竿は12尺、「たな」は2本、餌はいつもの特S・天々・マッハに「玉」。再開は12時半。終了はおそらく3時頃だろう。さて、餌打ちすると、何と第1投からウキがモヤッと。そして第2投でモヤモヤ。第3投であたり!残念バラシ。こりゃぁ意外に高活性?しかぁ~し、そこからウキの動きがなくなる。バラケの付け方をいろいろと変えながら餌打ちすれば、やっとウキがPb290413モヤモヤし始めた。やれやれ。そして1時を過ぎる頃、再度のズバッというあたりでやった1匹目!いやぁ、疲れたなぁ。もうダメかと思った。このところの宙は擦れバラシばかりなので、とにかく1匹出たという事は嬉しいの一語。OG氏から、ジムの帰りに寄るとメールが来たが、1匹釣れて良かったぁ。が、しかぁ~し、その後はウキがモヤモヤした後に静かになるという、悪いパターン。仕方なく、開始1時間経過したくらいで「たな」を1本半に変更。すると、再開第1投でズバッと消し込み、やったかかりました!ああっ、バラシた・・・。でも、ウキの動きが俄然良くなった気がする。波は出ているが、止むこともあって、そんなにイライラする事もない。OG氏はじきにやって来たが、何と彼が男でありながら幸運の女神となった(単に「たな」の変更が幸いしたか、それとも地合かもしれないが)。OG氏が来てじきに1匹。そしてもう1匹。更に2時を過ぎてもう1匹。いずれもズバッという消し込み。途中カPb290414Pb290415Pb290416ラやバラシも出たが、ウキの動きが「たな」を変えるまでとは全然違う。今日はこの時間帯がゴールデンタイムなのかも。第3目標(もちろん底と併せて)にリーチなんて、さっきまではとても考えられなかったが、次の餌打ちでまたも消し込み!やった第3目標達成か?残念バラシ。しかも道糸とハリスがグシャグシャに絡むアクシデント。いつもなら癇癪が出てハリスを切るのだが、今日はさっきまでの状況からやけに気長になり、何とか絡みを解く(本当はさっさとハリスを切って交換した方がリズムが崩れなくていい筈)。すると、やはり地合が崩れたのか、ウキの動きが悪くなる。太陽はとっくに山に隠れ、OG氏は寒い寒いと言って帰った。確かに体感温度は急激に下がり、また日が翳ったことで、波と相俟ってウキの視認性が大幅に低下。階段下付近の1人が帰った。私もそろそろ帰りたい。が、何とかもう1匹釣って第3目標をクリアしたい気持ちもある。そこで、バラケが尽きるまで続行だ。予定通り3時が終了時刻だろう。対面の2人と階段下の1人は知り合いで、毎日のように来ているようだ。そしてまだ続行の様子。私は波が穏やかにPb290417なるわずかの間のあたりを拾って遂に第3目標クリア!2時半。普通ならここで終わるが、人間の欲には限りがない(何処かで何度も書いた気がする)。まだバラケが少し残っているから、これを打ち切って終わろう、とスケベ心で寒いのを我慢して続行。が、やはり地合は遠ざかったのか、またはバラケが変質したのか、はたまた「たな」がぼけてしまったのか、ウキが立つ瞬間には動きがあっても、馴染むに連れ動かなくなる。でも今更「たな」を1本にはしたくなPb290418い。このままだ。そしてラスラス前にようやくウキがズルッと入るのに合わせて宙での6匹目!これが「上がりべら」だろう。後はさっさと打って終了。大体3時。結果、宙ではPb290419実釣2時間半で6匹。底と併せれば実釣5時間半で11匹。さあ、急いで片付けだ。残った3人は続行。いつまでやるのだろう。かなり冷えてきている。片付けを終え、崖?を登る。一度滑って少しズルズル下がってしまった。が、何とか登り終え、ダム?から外の道路を通って駐車場に戻る。昼食を摂っていないので、かなり腹が減った。さっさと帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
    ↓まだ冬の釣りと言うには早過ぎるか?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「琵琶湖の怪人」襲来せず | トップページ | 静岡方面旅行記その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50164649

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ冬の釣りか@増沢池:

« 「琵琶湖の怪人」襲来せず | トップページ | 静岡方面旅行記その1 »