« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

郷乃誉純米大吟醸

Pc310682本日4回目の更新。
 
3本セットの2本目を開封。1本目は純米吟醸酒だったが、2本目は純米大吟醸酒。いずれも精米歩合が48%となかなかのもの。惜しいのは私に味が分からないこと。いや、美味しい事は分かりますよ。ただ、それをどう表現したらいいのか分からないのです。残念(トホホ)。
 
    ↓日本酒は同時に呑み比べないと違いが分からない
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく全てのイベントが終了。今年の釣りを振り返る

これで気持ち良く新年を迎えられそうだ。
って、これじゃぁツイッターもびっくりの短さ。もう少し何か書かないとね。

今年はヘラブナ釣りを始めてから、年間で最も多く釣行した年だった。その数何と131回。それでも週平均3回は行っていないから、とてもWINDOMの人には追いつけないなぁ。

今年を振り返ると、1月は第1回目から凸。その後もパッとせず、段子川でも凸。
2月に入り、寒くてなかなか釣行出来ず、後半からは何故か大楽地の池に凸になるために通うはめに。
3月になってやや調子が上向き(ヘラの活性が上がっただけ)になったと勘違いして小野の池で凸。それでも大楽地の池でお情けの1匹をゲット。増沢では「乗っ込み」を期待してジャカゴに入ったりするが、数はそこそこ出ても大物には会えなかった。
4月になり、今度こそと小野の池に向かうが、またも返り討ち。Oさんのように40cmオーバーに何としてもお目にかかりたいと思ったが、私のアームでは無理。そうそう、4月にはほぼ10年ぶりに浜北新池に行った。その後久し振りにOT氏と竿を出すが、残念な事に彼との釣行はこれ1回だけとなってしまった。来年に期待しよう。月末にはまたも小野の池で凸。
5月にはまたも大楽地と小野の池で撃沈。何故わざわざ出掛けてしまうのか。これが自虐的なのか。ただ、増沢は私をそこそこ癒してくれた。そうそう、「みやさかパパ」さんにも出会った。
6月になると、いよいよ暑くなる。そういえば今年は猛暑の年だった。そしてこの月に「杉チャン」さん、鞍馬天狗さん、それにyurieさんと顔を合わせる事になった。皆さんは釣りに年季が入っていて、私もどんどん参考にさせてもらいたいものだ。この月には引佐天池に2回行って1回は凸。
7月はただただ暑いだけ。この月は増沢以外に行っていない。
8月も暑さは続く。月刊「へら専科」に小さくではあるが私が写っている写真が載った。「杉チャン」さんありがとうございます。また、「みやさかパパ」さんが東ノ谷奥池で短竿の釣りを楽しんでいるというのを聞いて出かけてみるが、ジャミ攻撃に閉口。帰りがけに東ノ谷で初めて「マッシュダンゴ」を使ってへらをポツリポツリ。あっ、バットさんこそこそ事件もあったなぁ。月末には増沢で放流協賛の釣り大会があったが、この日もとにかく暑かった。
9月にはタナゴ釣りを始める。仕掛けも竿もいい加減なものだが、四ツ池でポツリポツリと釣るのもたまにはいい。
10月になっても増沢ではそこそこ釣れる。浜北新池は2回目で凸。放流はされてなくてマブナが多い。また、この頃喉の不調が発生。ちょっとブルーになって釣行も少なくなる。
11月も喉の不調は続き、かなりメランコリー。が、次第に調子が戻り、釣行再開。前半はまだ暖かかったが、次第に季節は冬模様。
12月には待ちに待った放流。そして新べらとの対面。ただ、なかなか数が出ない。まあ、単に私のアームの問題だと思うが。そして後半には消極的な大掃除で釣行が出来ず、竿納めなしでの釣行終了となった。
 
と、こんな感じで今年の釣りは終わった。釣りのお相手をしていただいた皆さん、そしてこのブログを見に来ていただいた皆さんには本当に感謝しています。来年も引き続き宜しくお願いします。 m(_ _)m
 
    ↓来年はいつから竿を出そうかな?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「王と私」が終わった

本来なら最終話を見た昨日書くべきだった内容。
燕山君(ヨンサングン)の暴政を止めるため、命をかけたチョソンだったが、遂に王(燕山君)の刃にかかってしまう。王は座り込みの抗議をする内侍を全て撲殺。最早完全に逝ってしまっている。
その後も王の暴政は止まらなかったが、事実かどうかは分からないが、何故か急に心変わりして明日から聖君になるべく生き方を変えると誓ったその日にクーデターが勃発。王は廃位され、内侍のジェウォンと側室チョン・ノクス(朝鮮3大妖婦の1人)は惨殺される。その後、配流先で自らの幼い日の幻を見て後悔の涙を流す燕山君、というところでドラマは終了。
新たな王となった中宗は、クーデターで祭り上げられたためか朝廷の顔色ばかりを覗ってほとんど何も出来ず、朝鮮の王の中では最も優柔不断だったらしい。
そしてこの中宗の時代が「女人天下(登場人物の大半が実在)」や「チャングム(ほぼフィクション)」の時代になっている。

それにしても、インス大王大妃役のチョン・インファは、女人天下では中殿(中宗の本妻)役だし、大王大妃の孫である燕山君役のチョン・テウは、女人天下では中殿の実子仁宗(ナンジョン(朝鮮3大妖婦の1人)によって在位わずか8ヶ月で毒殺される?)役、更にチョン・テウは他の時代劇でも王や王子の役が多く、何やら時代劇に出る人は決まっているような感じだ。えっ、日本でも同じだって?そうでしたね。
 
    ↓今度は「王と妃」が始まるようだが、これが200話近い長い話!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪?

買い物を済ませてからお寺に向かうと、何か舞っている。あっ、風花?いや、次第に強く降ってきた。これは初雪か?と、その時私の脳裏に浮かんだのは、昨日拭いた窓がまた汚れる?という事(風情がないなぁ)。雪はじきに止んだが、やはり予報のいうとおりだった。かなり寒いしね。さあ、残りのイベントを消化しよう。
 
P.S.ちょっと違うが、これでも聴いてみて(下線部をクリック)。
 
    ↓Oさんは増沢。裏山鹿~。でも寒そう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

まだ終わらない

今日は窓を拭いていたのだが、途中で雨が来たので中断。拭き残しが出たので、明日もやらなければならない。その上に、明日は正月の買い物と墓参りとイベントが目白押し。どうやら竿納めは無理のようだ。Oさんと増沢でのんびりしたかったが、それは来年に持ち越しになってしまった。
 
P.S.しばらく更新しなかったら、ブログ村でのランキングが急落。これは寂しい。
 
    ↓体中が痛い。普段使わない筋肉を使ったのだろう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

古臭いタイプは臭い

Pc250679あまりに寒いので、ここ10年くらい(それ以上かも)使ったことがないファンヒーターを引っ張り出してみた。ヒーター内の古い灯油を吸い取り、これまたいつのものか分からないポリタンクの灯油と一緒にして、ガソリンスタンドで処分してもらうかわりに18リットルを購入。そしてスイッチON!ン、臭いぞ。ファンヒーターってこんなに臭かったっけ。それに、消した時に出るあの臭いも健在だった。今の製品なら、不完全燃焼となる最後の燃え残りのガスを再度吸収して燃やすので、臭いはほとんど出ないようだが、これは違う。買った当時は結構高かったように覚えているのだが、果たしていつまでこの臭いに我慢出来るか?

背後の片付いていない様子は見ないように(これから片付けます)。
 
   ↓やっと年賀状が出来た。が、いろいろとトラブルがあって・・・
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

急に寒くなった

今朝から急に起きるのが億劫になった。と言うのも、急に冷え込んだから。それに風も強そうだし、本来ならまさに「自虐的」なのだが、今日は釣行せず家の用事か年賀状でも書いて過ごそう(これじゃぁツイッター並みの短文だ)。
 
    ↓ツイッターはブログ更新の連絡だけになってしまった
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

ようやく2桁に(何処かで見たような?)@増沢池 with Oさん

昨日は予報に反して湖面が穏やかだったので、今日も予報を当てにせずゴー!Oさんも増沢で既に準備中とのメールがあったので、何となく安心だ。が、しかぁ~し、駐車場から外の道路を下っていくと、日向側にはOさんが旧流れ込みにいるだけ。あっ、看板横付近に何人かいるようだ。それに日陰側深場ワンドに2人。湖面は昨日のように穏やかとはいかないが、8m/sはさすがに大袈裟だろう。私はダム?そばに入り、まずはPc230659Pc230660Oさんの様子を訊くと、まだ5,6投目とのこと。良いのか悪いのかは判断出来そうにない。さあ準備しよう。今日も15尺で底。餌は前回と同じグルテンセット。私が底を取っている間だけ湖面が穏やかになってくれたのはラッキー!開始は9時40分。ギラギラも出ているが、まあ我慢出来る。それに、この場所は水深があるので、15尺でもウキが近いのが嬉しい。ただ、振込みで道糸が竿と絡むのは困りもの。早く上手にならないと。さて、まだそんなに湖面が荒れていないので、早くウキが動いて欲しいなぁと思っていると、数投でウキが返すではないか。これは高活性?そしてウキが弱く入るのに合わせるが、カラ。と、ここでOさんの竿が曲がった!さすが、と思ったら擦れ。なかなか難しいようだ。私の方は、いきなりウキが消し込んでしまい、これに反応するとかかりました!Pc230661Pc230662Pc230663やったと思ったが多分擦れでは?それに引きが・・・。寄せてみるとマブナライク。35cm超あるのに、クソッ。でも、ウキが動くのはいいことだ。すると、次の餌打ちでまたも消し込み!何だこれはと思いながらも合わせると、おおっ、今度こそへらだ。ただし放流。でも、これで気分が落ち着いた。更に次の餌打ちでもあたり!が、残念またしてもマブナライク。さっきと同じ奴ではないだろうな。普通なら3連荘で喜ぶところだが、ただただ疲れPc230664た。が、これが開始20分までの出来事。この調子で行けば2桁(第3目標)なんて楽勝?すると、しばらくして2匹目。よしよし。Oさんも竿を曲げ始めた。が、しかぁ~し、ここから急にウキの動きがなくなる。まあ、元々セットで待つ釣りをしているのだから、こんなものだろう(凸を回避して余裕?)。ウキが馴染む前の動きには出来るだけ手を出さず、馴染んで返すまで待つ。そPc230665Pc230666してあたりを拾うと、10時台にはもう2匹を追加。第3目標は無理かもしれないが、幾らなんでも第2目標は大丈夫だろう。が、なかなかウキがあたりを示してくれない。そのうちにギラギラが正面に。場所が場所だけに、ギラギラが去Pc230667Pc230668れば次は日陰が迫る。早く結果を出さないと。その後かろうじて1匹を追加し、第2目標クリア!すると、次の餌打ちでもウキが返してチクッと理想的なあたり!しかぁ~し、手応えなく上がってきたのは久し振りのカニ。あんな良いあたPc230669りだったのに、これか・・・。その後1匹を追加するが、そこからはギラギラと白波でウキがほとんど見えない。風も本格的に吹いてきたようだ。ただただ餌打ちだけを繰り返す。開始後2時間を経過し、餌はまだあるが続行すべきか?足元には二ゴイと白い色鯉。少しずつ餌をあげて残りを減らす。12時のサイレン。そろそろ底は終わってもいいかな?遂に最後の1投。両グルテンで餌打ちし、昼食のお茶を飲んでいると、何か変だ。竿先が風で曲がっている?慌てPc230670て合わせればやったかかってます!もう少し対応が遅れていれば、穂先がなくなっていただろう。ホント、油断は禁物だ。結果、底では実釣2時間半強で7匹(マブナライク2匹含まず)。前回ここに入った時と同じような展開か。ただ前回は底だけで終わったので、今日は宙までやろうかな。Pc230671とりあえず昼食だ。それから竿を12尺に変更。餌は冬のバラケ:天々を2:2に水1のバラケと「玉」のセット。今度こそ早く結果を出さないと、寒い中で辛抱する釣りになってしまう。「たな」2本での再開は12時半。風が強くなって竿が振り難い。それでもしっかり馴染むように餌付けして振り込むと、しばらくしてウキが動いた。これは・・・。すると、数投後にウキがスッと入り、これに合わせるとやったかかりました!ああっ、外れた・・・。ガクガクッ。手応えは大きかったが、仕方ない。でも、これならじきに釣れるかもね。しかぁ~し、その後2回ウキが弱く入ったが、いずれもカラ。1時を過ぎ、我慢出来なくなって「たな」を1本半に変更。すると再開第1投で消し込み!やったかかりましたと喜ぶが、それも束の間。へらのサイズはグーのようだが、何処かを向いて上がってくる。「たも」に入れたら外れたが、下鈎に鱗。これは間違いなく擦れでしょう。ガックリノーカウント。釣れないのも辛いが、見ると影が正面と右から迫ってくるではないか。ギラギラの頃が懐かしい。ただ、周りが暗くなってウキが見辛くなったのと、表層の水温が下がって活性が落ちるのではと思ったが、これPc230673が逆。その後ウキの動きは良くなり、宙での1匹目はバラケを食っていた新べら。とにもかくにも1匹出たのは嬉しい。何とかあと2匹釣って2桁まで持って行きたいが、問屋が卸してくれるかな?1時半頃になると、遂に私に日が当たらなくなる。湖面には白波、更にウキにも日が当たらないので、これは見辛いでしょう。まあそれはいい(良くない)が、何より辛いのは体感温度がグッと下がった事。寒い。早く餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、ウキの動きはなくならず、消し込むような大きなあたりはないが、グッと入るあたりに合わせれば、Pc230674Pc230675やったグッドサイズで2匹目!更には連荘でもう1匹。何故かは不明だが、これで第3目標クリア(底と併せてですよ)。ウキが見辛いのは変わらないが、ウキの動きは何とか分かる。その後カラやバラシもありながら、2時前に1Pc230676匹。2時を過ぎ、いよいよ寒くて堪らない。2桁は達成出来たことだし、早くバラケを打ち切ろう。へら師は階段下辺りに3人いたが、1人帰った。また、対面はワンドの2人が帰り、下り道に2人が入っている。さあ、そろそろ終わり。ここで竿を引いて誘いをかけると、チクッとウキが入り、これにPc230677合わせてやった「上がりべら」ゲットだ!2時20分に終了。結果、実釣2時間弱で5匹。底と併せて実釣4時間半で12匹(グッドサイズのマブナライク2匹を含まず)。数はパッとしないが、大半がグッドサイズの旧べらだったたから良しとしよう(自分に甘い私です)。Oさんは先に終わって片Pc230678付けている。私もさっさと片付け。2人で駐車場に戻る。Oさんは今年はあと大晦日に竿納めするだけとの事。私も明日から年賀状やら大掃除やらで、大晦日までは釣りは無理かな。また宜しくと言って解散。それぞれ家路に着いた。
 
    ↓もう数は釣れないのかも
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吉永小百合さん



私とはちょっと時代が違うが、我が釣友のほとんどが同世代ではないかと思われる。今のJK(女子高生の事ですよ)と比較するのもどうかと思うが、清楚などと言う言葉は、今は死語になってしまったのだろうか?
曲はうっすらと覚えているくらいだが、聞いているうちに口ずさめるようになってしまった。
 
    ↓日活の映画もリアルタイムでは観ていないと思う
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

園まりさん


 
私がまだ小学生だった頃、当時の3人娘(分かるかな?バットさんには分かんないだろうなぁ。百恵淳子昌子ではありませんよ。もちろんひばりチエミいずみでもありません)ではこの人が一番好きだった。今見ても可愛らしい。
 
    ↓渡哲也も若いなぁ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の増沢池とOさん、Iさん

今日は雨上がりだし風も強いとの予報から、釣りは断念。ちょうど病院が正月休みになる頃に薬が切れてしまうので、とりあえず薬だけ貰いに外出。ついでに増沢で竿を出しP1000056P1000057ているOさんの様子を見に行く。ダム?そばに駐車し、階段下にいるOさんを発見。へら師は他にダム?そばと旧流れ込み。それから日陰側深場ワンドに1人。今日も看板横には誰もいない。階段を下り、まずは挨拶。9時過ぎに開始したが、まだあたりはない。P1000055やはり昨日の雨で冷たい水が底に入ったからかなぁ。それにしても、強風の予報なのに湖面は凪いでいる。これなら(結果論ではあるが)竿を出せば良かった。しばらくウキを見ていると、次第にモヤモヤ。へらは寄ってきたようだ。が、しかぁ~し、あたりにはならない。旧流れ込みに入っているのはおそらくIさん。さっきまで長い竿で底をやっていたようだが、今は竿を変えて宙のようだ。ダム?そばの人もかなり浅い「たな」で2回竿を曲げるのを見た。OさんのウキはなかなかあたりP1000058を出さないが、私はいつものように「1匹釣ったら帰ります」とプレッシャーをかける。すると、何故かウキの動きが良くなってあたりも出るが、残念カラとハリス切れ。風が吹くとかなり寒いので、釣れなくても帰ろうかなと思い始めた頃、誘いをかけた次の瞬間のあたりを見逃さず、やった竿が曲がりました!さすがです。それを見届けてから挨拶してその場を離れ、車に戻った。さあ病院で薬を貰って帰ろう。
 

    ↓予報は本当にあてにならないなぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

まだまだへらは動いているが@増沢池

予報では明日のほうが良い天気らしいが、風もある今日何故かゴー!しかぁ~し、家から出ると車が濡れている。それを気にせず出発すると、フロントグラスには小さな雨粒。上空は何となく怪しい雰囲気だが、既にやる気になっているので、ザアザア降りにでもならない限り竿をだすぞ!駐車場に着いたのは9時半頃。ちょうどWINDOMの人が帰ってきたところ。挨拶して今日の状況を訊くと、「出たよ!」の声。思わずガッツポーズ!さっさと車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。ダム?の上から見ると、先客は階段下と浅場に1人ずつ。後から1人入った。人気の看板横には誰もいない。おっと日陰は深場ワンドと柳の木の横!に1人ずつ。こちらも後から2人入った。日向側はダム?そばも旧流れ込みも空いているので、さてどちらに入ろうかな。午後から風が強くなりそうなので、ダム?そばがいいかもしれないが、早く日陰になって寒そうなので、今日は旧Pc200619Pc200620流れ込みに入る。崖?を降りてさあ準備だ。と、ここでいきなり湖面に雨粒。急いで荷物に覆いをかけ、傘を出すが、私以外のへら師は全く動じない。結局雨はじきに止んだ。さて、今日もまずは15尺で底から。餌は前回と同じセット。まだ湖面は穏やかだ。底を取り、開始は10時少し前。すると、2投目からウキが返し、3投目にはあたり!そしてかかPc200621Pc200622りました!早くも1匹目。WINDOMの人の言うとおりだ。更に次の餌打ちでもあたり!これは残念「たも」の前でバラシたが、次の餌打ちでまたもあたり!2匹目ゲット。本来なら3連荘だが(本日のタラ・レバ)。この調子なら時間10匹どころかそれ以上も?と欲の皮が突っ張ってくるが、そうなるとあたりの取り方がバラバラになる私。空が明るくなってギラギラが出るが、波がないので何とか凌げる。新べらの不思議なところは、あたりが変でもほとんど食っているところ。擦れはバラシにPc200623Pc200624Pc200625Pc200626Pc200627Pc200628Pc200629Pc200630なって、擦れて上がってくるのはほとんどない。それで10時台には第3目標を楽々クリア。しかぁ~し、波が出て来てギラギラに輪をかけるとウキの動きが分からなくなって、釣れる間隔が一定しない。それでもまだへらは底にいてくPc200631Pc200632Pc200633Pc200634Pc200635Pc200636Pc200637Pc200638Pc200639Pc200640れて、11時台にも2桁をクリア。10匹目は37、8cmのグッドサイズ。更にもう1匹、と思ったら、遂に擦れが出てしまった。出来れば途中で外れて欲しかったのだが・・・。12時のサイレンを聞き、そろそろ底を終えても良いが、まだ餌が大分ある(結構合わせているのに)ので、もうちょっとやってみようかなと思ったのが運の尽き。ギラギラは遠のいたが、波は一層激しくなる。Pc200642Pc200643Pc200644Pc200645首を左右に振りながらウキを見つめ、ほぼ雰囲気で合わせれば、とりあえず終了とした12時25分までに4匹をゲット。結果、実釣2時間半で25匹。放流から半月経って新べらの動きも一段落したと思っていたが、まだまだ大丈夫。とは言え、やはり場所が大きく影響していたのでは。まだ餌は残っているが、バラケは捨ててグルテンは残す。波がかなり出ているので、宙をやるPc200646か決める前にまずは休憩。昼食を摂りながら湖面を見ていると、何となく凪いできたように思えたので、それでは竿を12尺に変えて宙だ。餌は特S:天々:マッハをそれぞれ1に水3/4のバラケに、食わせは底の残りのグルテン。とりあえず目標は底と併せて30になるよう、5匹(私の第2目標)としよう。12時45分に「たな」1本半で再開、と思ったら、やけに道糸が短いぞ。しまった、仕掛けを11尺のものと間違えていた!あ~あ・・・。さっさと交換して再開。しかぁ~し、波は収まらなかった。それでもウキのトップが底より多少太くなったおかげで、何とか見えるぞ。そして何投かするうちにウキに動きが。でも前回と同じく、すぐに動かなくなって1時を廻る。グルテンはかなり小さく付けているが、ひょっとして落ちているのかな。それとも大きなあたり(幻想?)を狙い過ぎているのかも。そこで、少しでもウキPc200647Pc200648Pc200649Pc200650が入ったら合わせようと決めると、地合になったのかそこからグルテンが尽きる1時半頃までに4匹をゲット。中には35cm近いのも混じり、これは素晴らしい。グルテン様々か(でもバラケを食っていたのが2匹とは・・・)。さあいよいよ目標まであと1匹。食わせは「玉」に変更だ。しかぁ~し、これがダメ。2回ほどバラすと、そこからウキの動きが悪くなる。それに、太陽の位置も山に近くなった。私の昼食休憩中にダム?そばに1人入ったが、寒くないのだろうか。Pc200651結局1時台には1匹追加して、とりあえず目標は達成したものの、何か物足りない感じ。何しろウキに日が当たらなくなったうえに白波では、ウキはかろうじて見えても動いているかどうか分からないのだから。2時を過ぎ、多少波が減ってきたら、ウキがモヤモヤしている事にやっと気付いた。これならもう少し釣れるかも。ただし、バラケがそろそろ終わりそうだ。残ったバラケを打ち切るのは2時半頃だろう。果たしてどれだけ追加出来るか?しかも、遂に太陽が山に隠れた。寒い、寒いよ。ダム?そばが1時半、ここが2時。そして階段下が2時半というのPc200652Pc200653Pc200654Pc200655が日陰になる目安か。その後とにかくウキの動きに合わせていくと、何と2時半過ぎまでに4匹をゲットし、これはひょっとして第3目標クリアもあるかもねと変な欲が出るが、残念じきにバラケがなくなり、2時40分に宙も終了。結果、実釣2時間弱で9匹。底と併せて実釣4時間半で34匹とは、私にしては上出来だろう。グッドサイズも2匹出たし。片付け。見るとダム?Pc200656Pc200658そばの人と階段下の人の竿が曲がっている。心なしか波も穏やかになってしたような気がして、やはりゴールデンタイムはこれからなのだ。片付けを終え、崖?を登る(階段まで行くのが億劫)。腰に来ているが、好結果(もちろん私にとって、だが)だと帰り道もきつくない。車に荷物を積み込み、気持ち良く池を後にした。
 
    ↓明日は今日よりいい天気との予報だが・・・
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

ようやく2桁に@増沢池

どうも予報と実際が異なるのが風速。今日も5m/s以上と強い風が吹くとの予報にビビリながらも8時半過ぎに出かける。駐車場に着いたのは9時頃か。WINDOMはまだ停まっている。急いで車から荷物を降ろし、外の道路から池に向かうと、へら師は日向側ダム?そば、旧流れ込み、遊歩道の端に1人ずつ。何故か階段下付近がガラガラ。階段を下りていくと、遊歩道に沿って浅場に4人のへら師。対面はワンドに1人だが、あとからいつもの3人が山道の出口付近に入った。私は予定通り階段真下に入る。時間帯Pc180605Pc180606が悪いのか、太陽が正面からやや左。波もあって、これからしばらくギラギラと対峙しなければならない。あっ、遊歩道端の人は先週土曜に旧流れ込みにいた人だ。今日も長い竿を出しているが、この波の中でも竿を曲げている。が、私の準備中にはこの人とWINDOMの人以外が竿を曲げるのを見られなかった。さあ、今日はとりあえず15尺の底から行こう。餌はいつものバラケとわたグルのセット。ウキの視認性が悪く、なかなか底が取れない。偏光グラスを装着して何とか取れたような気になり、開始は9時35分。しばらくしてWINDOMの人とIさんは帰り、旧流れ込みに1人入った。さて、何となく馴染み幅が思ったように出ないので、数投打ったあとにウキ下を微調整。まだスッキリしないが、風によるシモりもあるから、あまりウキ下をいじってもなぁ。とりあえず打ち続けると、何やらウキが返しているようにも見えるぞ。そして弱く入ったような気がして合わせると、やったかかりました!あっ、しまった、今日は「たも」の準備が出来ていなかった!へらを寄せながら「たも」の柄を伸ばそうとしていると、ふいに手応えがなくなる。バラシてしまった・・・。今日はこれしかあたりがないかもしれないのに。ガックリ。長竿の人はポツポツと竿を曲げている。15尺の私がウキが良く見えないのに、それよりもっと長い竿で良くあたりが取れるもんだ(後から21尺だと分かった)。10時頃から太陽が正面に。遂にギラギラターイム!それに今日は上空雲の流れが速くて、湖面は明るくなったPc180607り暗くなったり。ほんのわずかウキが見えるタイミングでのあたりを拾い、何とか1匹目。新べらだが、これで凸回避。やれやれ。更に、ほとんどウキが見えない中、ウキがビPc180608ヨーンと戻したような気がして(何でも「気がする」だけ)合わせると、やった2匹目ゲットだ。が、それから後がない。開始1時間で2匹。何しろほとんどウキが見えないので、その後はただ餌打ちを繰り返したような30分。11時になり、太陽はやや右にそれた。またも馴染み幅がおかしくなった?ので、ひょっとしてへらかも、と両グルテンで打ってみれば、やはりへらは底から少し上にいる(上ずらせた?)ようで、ウキが馴染まない。しばらく我慢していると、チクッとウキが入り、これに合わせPc180609ればやったかかりましたよ!ん、引きが強い。まさか擦れでは?しかぁ~し、それは嬉しい誤算だった。かかったのは35cm。型もいい。新べらの中に混じってるんだ。何とか3匹ゲットしたが、果たしてあとどれくらい釣れるのかな。何となく第2目標も危ない感じだし。しかぁ~し、次はウキPc180610Pc180611が小さく震えるようなあたりを拾って4匹目。そして「かかってました(単にあたりが分からなかっただけ?)で、やっと第2目標クリア。遊歩道端の人とは比べものにならないが、かなり嬉しい。この時間帯はいつも逆ゴールデンタイム(ひょっとして私だけかも)なのだが、今日は違うぞ。その後12時のサイレンが鳴るまでPc180612Pc180613にもう2匹ゲット。そして12時10分過ぎに餌が尽きて底は終了だ。結果、実釣2時間半強で7匹(35cmが嬉しい)。遊歩道端の人は竿を17尺に変えたようだ。釣り方が良く分からないが、後で「ウドンを家で作ってきた」ような事を言っていたので、17尺はウドンセットの宙か段底なのかも。それにしても、急に寒くなったにしては、Oさんは私と一緒に竿を出した水曜には16匹、昨日は22匹。そして今日の遊歩道の端の人と言い、厳しい中でも釣れる人は釣れるんだなぁ。さあ、次は宙。その前に昼食。そして竿は12尺に変更。餌は冬のバラケ3に特S1と水1のバラケと感嘆のセットでやってみる。「たな」1本半での再開は12時40分。すると、数投後にウキが小さく動いたので、これは行けそうかも、と思ったのだが、そこから何と1時間近く経っても1匹も釣れず。ウキは3回くらい弱く動いた。途中「たな」を1本に変更したが、特に変化はなし。また、感嘆を搾り出すポンプが割れたので、途中から食わせは「玉」に変わっている。遊歩道端の人は誰かと話しながらも竿を曲げ続け、おそらく私が来てからも20回近く竿を曲げているのではないか。それに引き換え私は・・・。開始1時間を過ぎ、そろそろ2時だ。このままでは宙では凸を食らいそう。そうだ、バラケがヤワネバな感じなので、これが良くないのかも(今頃?)。それではマッハをちょっと振りかけてみよう。ん、ウキの動きが良くなった気がする(またか!)。そしてウキがチクッと入る(宙なのPc180614Pc180615に?)のに合わせれば、やったかかりました!そして2時を過ぎて同じようなあたりで2匹目!何と凸の恐怖から一転、第3目標も狙えるようになったではないか。これはバラケを変えたせいか、それとも単なるゴールデンタイム(地合)なのか?そこからややウキの動きが悪くなったが、終了の2時40分までにもう2匹Pc180617Pc180616をゲットし、やっとの思いで第3目標をクリア(プラス1匹)となった。ただただ嬉しいの一語。結果、宙では実釣2時間で4匹。底と併せれば実釣4時間半で11匹と私にとっては素晴らしい数字。片付け。残念なのは、私が終わる頃から急に湖面が穏やかになってきた(予報では8m/sの強風なのに)事。太陽は既に山Pc180618に入って寒いけれども、残っている皆さんはこれを待っていたのかも。片付けを終え、駐車場に戻る。腰が痛い。どうしてポンプは割れてしまったのか。買ってから約10年、使ったのは数回のみ。単に劣化なのだろうか。まあ100円だったから、また買えばいいか。フウフウ言いながら(声は出ていませんよ)駐車場に到着。残っているお茶を飲んで一息つき、家路に着いた。
 
    ↓土曜日でもへら師は10人くらい。ちょっと寂しいか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松

Docu0023Docu0024今日からアクトで開催される標記の展示会に行ってきた。展示イベントホールで行われるのだが、誤ってコングレスホールとホテルの駐車場に入ってしまい、寒い中を歩く歩く歩く。やっと辿りついた。まだ開始の9時半には30分ほど時間があるが、入場券を求める列が出来ている。宣伝が足りなかったのか、それとも熱が冷めたのか、思ったほど列は長くない。そうそう、今P1000051日は平日だった。これが明日以降(展示は明後日まで)なら、今日のローカルニュースで流されるし、学校が休みということもあって確実に混むだろう。窓口で整理券をもらうと、9時半から9時55分には中に入れそうだ。やれやれ。まずは第2ホールで開始時間まで待つ。中には展示に関連する(関連しないものもある?)アイテムが売られている。何かの映写も行われていて、最初P1000049_2P1000050_2はここで時間をつぶすのかと思っていたら、展示がある第3ホール入り口付近には既に行列。慌てて列に並ぶ。開始5分前くらいから列が動き出し、いよいよ展示が見られるかと思ったら、中は再びの列。壁で仕切られた奥の方にカプセルの展示があり、それが有料の部分なのだ。手前の広い場所にははやぶさの模型が展示されていて、これは無料ゾーン。残念ながら有料ゾーンは写真撮影が禁じられており、じっくりと見るしかないが、列が動かないので開催者からゆっくりと移動するよう指示が出る。展示物には説明の文字があるが、近づけないので良く見えない。ぞろぞろと歩き、見学は終了だ。何処かの小学生が団体で見学に来ていたが、特に騒いでいるP1000052P1000053P1000054様子もなかった。写真は東工大生が作った模型。展示も一部がレプリカだったりして、ちょっと物足りない感じが残ったが、200円ならこんなものだろう。さあ、人込みはもううんざり。用も済んだしさっさと帰ろう。駐車場に入ってから1時間経っていない。帰りに整理券を渡している場所を見たら、列は消えていた。もっと遅い時間に来ても良かったのかな?そんな思いがちらっと過ぎったが、まあ満足して駐車場に戻った。
 
    ↓別の日に科学館のプラネタリウムでも見に来よう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

早終わりは間違いだったか@増沢池 with Oさん

明日から本格的な寒さが訪れるという予報に、今日は風が強いがとりあえずゴー!8時半過ぎに駐車場に着くと、ちょうどOさんが荷物を降ろしているところ。まずは挨拶。2人して外の道路へ出ようとしたら、WINDOMの人とバッタリ。風が強くなったので終わったようだ。まあまあ釣れたと言うので、まだまだ新べらは動いてくれてるのかなと、まずは安心。私はダム?そば、Oさんは旧流れ込みに入る。へら師は他に看板横に1人だPc150591Pc150592け。風が強いのを懸念して出てこないのかも。後から看板横、階段下から浅場方面、それに対面に1人ずつ入った。さあ準備しよう。今日は新べらを狙って宙から入るか、オーソドックス(もちろん私にとって、だが)に底からにするか迷ったが、15尺の底に決定。餌はいつものグルテンセット。分量を間違えてバラケをいつもより多めに作ってしまったが、すぐに鯉が嗅ぎ付けて来たので、釣りの途中にくれてやった。さて、既に波とギラギラは発生しているが、偏光グラスで対応。何とか底を取り開始は9時20分。見ればOさんは私より後から準備を始めたのに、もう開始している。手際が良いのもアームのうちか。私のウキは3投目くらいでモヤモヤ。あれっ、意外と高活性?そしてムズッとウキが入ったように思えて合わせるが、カラ。と、Oさんの竿が曲がった!やられた、と思ったがバラシ。擦れのようだ。私はウキの動きに俄然やる気が出るが、次の餌打ちでウキがPc150593ズルッと入り、これに反応すればやったかかりました!しかぁ~し、何となく引きが違うような気がする。寄せてみればグーなサイズだが、マブナライクのような気もするので、とりあえずカウントは保留(後でOさんに写真を見てもらったが、へらだと言っていただいた)。私も何となくへらに見えてきたが、一度は疑念を持ったのでスッキリさせるために、ここはシビアなバット主任判定員に鑑定をお願いししよう。その後Oさんも1匹目をゲットするが、まずは新べらから。Oさんはその後幾度となく竿を曲げるが、擦れやバラシが結構あったようだ。それと蟹もPc1505941匹。旧べらは1匹だけ。さて、私はその後返したウキがスッと入るのに合わせて1匹目をゲットするが、ギラギラと波でウキの視認性がかなり低下。10時頃から上空に雲。しかもかなり早く流れている。途中から雨もポツポツ来たが、本降りにはならないものの、ちょっとドキドキ。10時を過ぎても最初のうちは何とか波が弱くなる間に2匹をゲットし、開始1時間で3匹(疑念Pc150595Pc150596の1匹を除く)とまあまあの結果(もちろん私にとって、だがPART2)。3匹目は今日初めての新べら(釣られ慣れていないため、寄せる途中にかなり暴れるので分かる)だった。しかぁ~し、いよいよ太陽が正面に来て風も一段と強くなると、ウキはほとんど見えない。それでも懸命に目を凝らすが、どうやらウキの動きがなくなったようだ。Oさんが竿をポツリポツリ曲げるのとは対照的に、ひたすらの餌打ちが続く。11時を過ぎて、波は止まないがギラギラの位置が多少ずれてようやくウキが何とか見えるようになると、偶然なのかウキの動きも良くなった気がして、3匹目からほぼ1Pc150597時間経過してやっと4匹目。本当に長かったなぁ。これなら第2目標くらいは狙えそうか?が、どうやら新べらは底から少し上にいるようで、時折ウキが入らなくなる。上空の雲は相変わらずで、ちょっとでも曇りの時間が長くなると途端に寒くなる。風も強くなって、とても冷たい。いよいよ真冬の釣りか。それに曇るとウキが波のせいで見えなくなり、波はあってもとにかく太陽に顔をPc150598Pc150599出して欲しい。その後2匹を追加して、何とか第2目標をクリア。既に開始2時間が経過しているので、第3目標は無理だろう。早く底を終えて宙に移れるよう、目の前の鯉にバラケをあげる。が、10時半を過ぎると急に風が強くなり、突風で竿掛けがしなる。懸命に堪えるが、道具が飛ばされないか心配だ。それに体Pc150600感温度もグッと下がった。どうしよう、底だけで終わった方がいいかな。その後1匹をゲットするが、その際にオモリの一部が脱落してしまった事に気付かず、その後ウキが立たないのを新べらのせいにしたりして、時間をロス。気が付いても波で餌落ち目盛をうまく決められずにモタモタしていて12時前に終了。最後は何だかなぁと言う感じ。底では実釣2時間半で7匹(疑念の1匹を除く)。雲・風・波は収まりそうにないので、宙は断念して釣りも終了。OさんのところPc150601に行って終了を告げる。Oさんは明日は竿を出せないので、もう少し続けるとの事。釣り座に戻って片付けを始めると、何だか空が明るくなってきて風・波も穏やかになった気がして、もう一度道具を出して宙をやろうかなと思ったが、多分道具を出せば元の木阿弥になりそうなので、片付けを続行。しかぁ~し、空模様も湖面の状態も一時よりかなり良くなった。でも、もう片付けは終わったので、Oさんに挨拶して駐車場に向かう。坂を登りながら、もし両グルテンの宙で続けていたらどうだっただろうなどと、無意味な事を考えてしまう私って一体・・・。昼食を摂るタイミングを逸したので、車中で昼食。それから家路に着いた。明日はどうしようかな?予報どおり寒かったら止めようかな?
 
    ↓タラ・レバの多い私
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

「王と私」が佳境に

BS日テレで放映中の「王と私」が、いよいよ佳境に入ってきた。実の母親がオ尚宮だと知って駆けつけるチョソンだが、内侍府を辞めて一緒に都を出ようとしていたチョが実は自分の夫を殺し、生まれたばかりの我が子と生き別れにさせた張本人だと知ったオ尚宮はチョに別れを告げ、毒を飲んだ後だった。
せっかく親子が対面したのも束の間、2度目のそして永遠の別れとなってしまったところで今日は終わったのだが、養父チョが実父の仇だと知る事になるチョソンはこれからどうするのか?
それにしても、廃妃となった中殿役のク・へソンが同時期に同じBS日テレで「19歳の純情」に出ているのは、ちょっとだけ違和感がある。まあ、「王と私」では賜薬を飲まされて死んでいる(回想シーンでしか登場しない)から、いいとするか。
 
    ↓時代背景がチャングムや女人天下の少し前なので、韓国の歴史を知る上でも
    ↓興味深い
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

粉雪


 
    ↓いい曲だ。小田和正が歌うと彼の曲になってしまうけど。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

今日の増沢池とmasaさん

放流が実施されてから結構見に来ているが、そろそろ新べらの活発な動きも終了のような感じだ。
 
今日は特に用事はないが、放流バッジの追加分をもらいに増沢へ向かう。今日は例会とか入っているので、さぞかし混んでいるかと思ったが、橋から見れば日向側階段下付近からダム?までにへら師が偏っている感じ。日向側ではP1000044P1000045看板横に3人。日陰側ではいつもの人が入っている辺りに4,5人と深場流れ込みに1人いるが、驚いたのは私のいつもの場所にも1人入っている事。まるで昔の意固地だった頃の私(今も変わらない?)を見ているようだ。寒いですよ、釣れませんよ。
さて、階段を下りてmasaさんを探すと、いたいた遊歩道の端付近。まずは挨拶してバッP1000047P1000046ジを購入。それにしてもこのところ好天が続き、風・波もほとんどない釣り日和。と言うか、昨日のY川さんによれば「日向ぼっこ日和」だ。masaさん曰く、今日はへら師がどっと入ったので、へらが驚いたのかかなり食いが悪いとのこと。それと放流して1週間経ち、新べらが一通り釣られてへら師の怖さが身に染みたせいもあるだろう。もう数釣りはP1000048無理と言われ、来週の雨上がりに再び50にチャレンジしようとしていた私はガックリ。確かに竿が頻繁に曲がるということはなく、masaさんもいろいろと工夫をしているようだが、私が見ている間に1匹。ウキの動きは11時を過ぎる頃からほとんどなくなった。いつものようにもう1匹釣ったら帰りますとは言ったものの、これは背後霊のせいと言われそうなので、早々に退散することにした。
 
    ↓年末まで何とか凸だけは回避したいが・・・
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

今日の増沢池とOさん、Y川さん

昨日の釣果にスッキリしない感じで今日は見学。Oさんが再び深宙で新べら狙い?木曜日は雨でひどい目に遭ったようだが、雨なんてあった?それとも増沢特有の通り雨?
P100004210時過ぎに駐車場に到着。橋を渡りながら池の様子を覗うと、おっ、日陰側には浅場に1人入っているぞ。それから深場にはいつもの人。日向側は浅場看板横と坂の下に3人。後は橋の下から旧流れ込みまでポツポツ。結果的には20人くらいになったのではないか?まずはいつもの場所(遊歩道端?)に入っているというOさんの元へ。曇っていて風・波はないが、やはり太陽が顔を出さないというだけで寒い。挨拶して今日の状況を訊くと、さっきまで宙でやっていたが、あまりパッとしないので14尺底(もちろん餌は両ダンゴ)に変えたところ。が、ウキは動くが新べらの擦れが多い。私がざっと見渡したところでP1000043は、竿が良く曲がっているのは看板横辺りと旧流れ込みで長い竿を出している人だけか?Oさんはしきりに合わせるものの、言っているように新べらは擦れが多い。が、旧べらもたまに混じる。やはり昨夜の冷え込みで状況が変わってしまったのか?
でも太陽が顔を出すと、今度はかなり暑くなった。体調の管理も大切なようだ。と、階段下にY川さん発見!こちらは16尺で底をやっているようだが、Oさんとは打って変わってウキの動きが悪い。場所なのかな。
おっと、今日は椿に行って花の鉢をもらってくるのがメインなので、そろそろお暇しないと。また宜しくと言って階段を登った。
 
    ↓明日は例会が入るので竿は出さないが、明後日以降は雨になりそうだ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の酒

Docu0022_2Docu0021_3←以前このブログに載せた酒3本のうちの1本を、ようやく呑み始めた。もらってから大分時間が経っているので味はどうかなと思ったが、ずっと冷蔵庫に入れてあったせいか、とても美味い。

また、最近1本もらったので、とりあえず載せておく。なかなか日本酒を呑む機会がないが、ちびちび呑んでいくとするか。⇒
 
    ↓酒の味も良く分からない?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

ショック!40にも届かず@増沢池

まだ放流が元気なようなので、今日は風もないし絶好の釣り日和ということもあって、数を狙いましょう。yurieさんのように時間あたり20匹前後が釣れたらいいなと思いながら増沢へゴー!駐車場に着いたのは9時頃か。おっ、WINDOMがまだ停まっているぞ。さっさと荷物を降ろし、外の道路から池に向かうと、へら師は日向側には人気の看板横に数人(はっきり分からない)、旧流れ込みと階段下、それにワンド?に1人ずつか。日陰はいつもの人が1人。さて何処に入ろうかな?ダム?そばもいいが、午後に日が翳るのが難点。おっと、旧流れ込みの人が片付けに入った。それではその後に入れてもらおう。階段まで行かず、崖?をズリズリと降りる。まずは挨拶。顔が手拭いで良く見えないが、どうもIさんのようだ。1年ぶりに竿を持ったが、やっと勘が戻ってきた。今日は6時過ぎから始めて最初は地べらが10匹くらい連続して来たが、あとは新旧取り混ぜて肩が痛くなるほど釣ったので終わるとの事。羨ましい話ですね。WIMDOMの人はワンドの辺りにいるようだが、こちらも片付けを始めた。さて、話が長引いて突っ立っているだけでも仕方ないので、片付けも済んだようだし場所を譲ってもらう。今日は快晴で風もなPc100551Pc100552く、厚着をしてきたのが恨めしい。IさんはWINDOMの人としばらく話をしてから一緒に帰っていった。さあ準備しよう。Iさんは10尺「たな」1本ということなので、私は久し振りの竹竿11尺で「たな」1本半から始めるとしよう。餌はα21とわたグルを半々で60ccと水90cc。あたりが遠のいたらバラケを打てと言われたので、特Sとマッハを1:1のバラケも少々作っておく。グルテンが思いの外大量になったので驚いた(いつも底の食わせでは20ccくらいしか作らない)が、yurieさんは100ccを1時間半で打ち切ったようだから(もちろんそれだけあたりもあるし数も釣れた)、私の省資源釣法でも多分大丈夫だろう。とりあえず時間20匹は無理でも、トータルで50匹を目標にしようかな(何と甘い目論見だったとは)。開始は9時47分。すると、開始早々からウキがモヤモヤ。Iさんが寄せておいてくれたのかな?ただ、私にはまだ両グルテンの宙で新べらがどんなあたりを出すのか良く分かっていない。おそらく前回のようにウキが動いたらとにかく合わせればPc100553食っているのではないかと想像しながら、とりあえず合わせてみると、やったかかりました!これが新べらのあたりか?すると、そこからは私にしてはハイペースでかかる、かかる。とにかくウキがピクリとでも入ったら合わせるようにしたので、グルテンの消費も早い。しかぁ~し、数は後から写真で確認すればいいと、カウントを怠ったのが大間違いだった。最初のペースがPc100554Pc100555Pc100556良かったので、途中から多分それまでにはこれくらい釣れていると過大見積り?したのPc100557Pc100558Pc100559が結果的に敗北を招いてしまったのだった。従って、この後に数について書くのは、あくPc100560Pc100561Pc100562までも写真から導いたもので、釣っている時点では全く分かっていない。開始1時間でPc100563Pc100564Pc10056514匹(旧べらも数匹混じっている)。感覚的には連荘もあったので、かなり釣ったと思っているが、実際には穴も多かった。その都度バラケで穴埋めしたつもりだが、これが効果あったのかどうか良く分からない。対面は人が増えた。こちら側も。太陽の反射はかPc100566Pc100567Pc100568なり眩しいが、波がないので偏光グラスだけで充分。さて、その後も釣れ続く事は続くPc100569Pc100570Pc100571のだが、次第に釣れる間隔が長くなる感じはあった。それでも開始2時間では間違いなPc100572Pc100573Pc100574く30以上釣っているつもり(だが、実際は11匹追加で25匹となり、残念だが30には届Pc100575Pc100576いていない)。さて、釣れる間隔が次第に長くなっているのは気付いていた(11時台は逆ゴールデンタイム?)ので、開始2時間を機に「たな」を1本に変更だ。ハリス長がやや長い気もするが、一度に2つの変化を付けると訳が分からなくなるので、これはそのまま。すると、再開第1投であたり、そしてかかりました!サイズもグー。まあ、環境を変えると釣れるというのは良くある事。だが、波も出てきたし、果Pc100577Pc100578Pc100579たして続くか?12時のサイレンが鳴ったので、昼食を摂りながら続行するが、やはりPc100580Pc100581Pc10058212時半頃までは穴を埋められず、この時点では40は越えていても50までは厳しいかPc100583なと思っている。バラケに頼ってみるが、経時変化なのかうまくバラけず、逆にバラケを突付かれるような感じで芳しくない。それでも途中35cmくらいの旧べらもゲットして、ややご満悦(危機感の欠如は菅内閣と同じ?)。しかぁ~し、12時半を過ぎる頃から急にあたりに合うようになり、ひょっとしたら50に到達するかもと根拠のない予測。そしてグルテンが尽きたので携帯で時Pc100584Pc100585Pc100586刻を確認すると、何とジャスト3時間の12時47分。まあ50には満たなくても多分40はPc100587Pc100588越えているから、とりあえず一旦終了し、後は残ったバラケを適当に打ち切って終わりにしようなどとトンチンカンな対応。カメラで数を確認していれば、「たな」を変えてからの1時間では12匹、トータルでも実釣3時間で37匹と50はおろか40にも満たない事が明白になり、まだ充分日が当たっていて波もそんなに出ていないので、当然グルテンを作って続行なのだが、何故か余裕で片付け開始(トホホ×Pc100589トホホ)。看板横は帰ったが、その他のへら師は続行しているし、新たなへら師も来ている。しかもまだ1時前。いつもなら2時くらいまでやるのだが、勘違いしているから余裕で片付け終了だ。足取りも軽く崖?を登り、駐車場に戻る。さあて、帰って写真を見るのが楽しみだなぁなどと、後で愕然とする自分が怖い。そして今に至る。さてどうしようかな?明日明後日は多分混む(日曜は例会もあるらしい)ので、月曜に再度チャレンジするか?それとも新べらは諦めて旧べらをポツポツ釣るか(それも危ういのでは?)。まあ、日曜にmasaさんの様子を見に行ってから決めよう。あくまでノー天気な私です。
 
   ↓やっぱり50匹は釣りたいなぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

今日の増沢池とOさんその2

今日は風が強いとの予報。私は用事と通院で竿を出す予定はないが、昨日Oさんから今日は増沢とのメールがあったので、用事の前と後に増沢に寄ることにした。まずは9時頃池に向かう途中の坂でWINDOMと擦れ違う。予定通りの人だ。駐車場にはOさんの車が見当たらないので、今日はお休みですかとメールすると、今向かっているところとの返事。それなら池をブラブラしていよう。へら師は日向側は旧流れ込みと看板横に1P1000039人ずつ。日陰は深場に1人。ダム?の上からでも看板横が好調なのが分かる。そばまで行って橋の上から様子を覗うと、ほぼ入れパクと言った感じ(人によって入れパクの定義は違うだろうが、ほぼ毎回のように竿を曲げている)。と、階段上にへら師発見。Oさんのようだ。急いで後を追うようP1000040に階段下まで行き、まずは挨拶。今日は12尺両グルテンで深宙をやると言う。旧流れ込みの人が、さっき地べらが入れパクになった(どのような状態を指すのか不明)が、今は一段落したところと話しかけてきた。さてOさんはどうかな?「たな」2本くらいで開始したが、すぐにウキに動きが。が、あたりにはならず、旧流れ込みの人は新べらをかけ始めた。残念10時になってしまったので、一旦その場を離れた。
 
用事が済んだ帰りに再び増沢に寄ってみると、旧流れ込みと看板横は帰り、日陰にはいつもの2人、日向側には階段下付近に2人。Oさんはあれからポツポツと釣っていたようだが、今は小休止と言ったところ。ところが、私が見ている間に次々と新べらをかけるではないか。残念ながら写真は撮らなかったが、12時のサイレンも鳴ったことだし、かなり風も強くなって体感温度がグッと下がったので、そろそろ本当にお暇することにした。帰りに橋の上で、日向側浅場葦の端で竿を出している人を見つけた。この人は多分毎日そこに入っているように思える。皆さん体調に留意して釣りを続けてください。そう心の中で祈り、駐車場に向かった。
 
    ↓週末は混みそうだが、場所によって釣果に違いが出そう
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

トイレのリフォームその3

今朝急にホームセンターから電話があって、物が入ったので今日工事をしてもいいかと訊いてきた。予定は土曜日だが、まあ早いにこしたことはないのでOKと返事。1時半頃に業者がやって来て、手際良く便座と便器を取り外す。さすがに業者(当たり前?)。
Pc080540Pc080541Pc080542が、新たな便器を取り付けるのにはちょっと手間取ったようだ。配管をギーコギーコ何度Pc080543Pc080544もやっていたから、おそらく思惑通りにならなかったのかも。私がブログを同時進行で書くためにちょっと座を外している間に、肝心の便座が鎮座してしまったので、果たして配管はうまくつながったのか不明(つながるに決まってるとは思うのだが)。写真は業者の邪魔にならないよう、業者が階下(リフォームは2階のトイレ)に行っている間に撮っている。
さあ、いよいよタンクと便座の取り付けだ。業者は便器を取り付けたあと階下に行ったまましばらく上がってこない。何か不具合でもあった?
Pc080545が、しばらくしてタンクを持って上がってきたので、続行なのだろう(便器を取り付けてから不具合を直す事はありえないし)。取り付けが完了したら、しばらくは1階と2階の間の水漏れとかに留意する必要がある。
タンクをもってトイレに入る際に、ドアにタンクをぶつけたが、特に傷はないようだ。さて、タンクも取り付けたし、多分その後は水の流れのチェックが入るのだろう。いきなり便座を取り付けることはないと思うよ。
Pc080546と思ったら、便座を取り付け、そろそろ工事は終わりだと言う。あれれ工事には2時間くらいかかると言われていたが、特にトラブルはなかったのか。
Pc080550最後にリモコンを取り付けて工事は終了。だが、ここで私が恐れていた?事が起こった。それは前述のキャンペーンの事。業者は特にキャンペーンについて聞いておらず(え~っ!)、とりあえず紙巻器をサービス?で持ってきたと言う。サービスではなくキャンペーンなのに。それに私が頼んだものとは明らかに違うのだ。これは一体・・・。まあ業者に責任はないし、おそらく月曜に頼んだものが今日入るというのも無理な話だろう。最早諦めの境地で紙巻器を受け取る。
最後に、工事完了確認のサインが必要では?と訊くと、それもいらないと言う。工事は確実に行ったのでいらないと。普通は工事完了書のようなものに顧客のサインを貰うと思う(9月に行ったエアコンの取り付けではサインした)が、いらないのならいらないのだろう。工事費用は後日ホームセンターに行って支払ってくれと言われてさようなら。3時前に終わったので、ほぼ1時間で工事が済んだことになる。それにしても、最初から最後まで何とも言いがたいトイレのリフォームだった(これで「完」になればいいが)。
 
    ↓とりあえずこれで夜のトイレが楽になる事は間違いない
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

今日の増沢池とOさん

P1000031P1000032P1000033今朝Oさんからメールで増沢で竿を出すと連絡があったので、外出するついでに立ち寄ることにした。10時半頃に駐車場に到着。橋の上から池を見渡すと、昨日と変わらないくらいのへら師が来ているようだ。あっ、ダム?の上には消防車。今日も何かあるのかな?それに今日は草刈りもあるようだ。おっと、それよりOさんは何処に?あっ、いたいた、遊歩道の端近く。それにしても、橋の下看板横付近には3人、更にその上にも1人入っているが、とても100匹出るP1000035ような感じはしない。階段を下り、まずはOさんに挨拶。12尺で底だが、ちょっと竿が短いのか根掛かり連発で嫌気が差している。まだ2匹!だし、そろそろ竿を14尺に替えようとしていたところ。旧流れ込みの人は一時入れパクになったらしいが、もう終わりのようだ。その他対面にはいつもの人2人と塩ビ管横に1人。、こちら側も階段下から浅場方向に3人。いずれも竿が頻P1000036_2繁に曲がってはいない。日によって違うのだろう。それと、今日は薄曇なので、水温の上昇が遅いのかも。バッジのお金を預かり、せっかく竿を替えたので、1匹出たら帰りますと背後からプレッシャーをかけるが、へら(新べら?)は底より上にいるようで、ウキが入らないこともしばしば。しかぁ~し、餌が底に着くと動きが鈍い。旧流れ込みの人は帰った。草刈りがどんどん迫って来ると同時に、刈った草が飛んで池に落ちたり顔に当たったりするので、そろそろお暇しようかと思っていると、Oさんの竿が曲がった!さすがと思ってP1000037いたが、あたりらしきウキの動きは見えなかったので、あたりましたかと訊くと、どうやら仕掛けを上げる際に擦れてしまったようだ。それでも竿が曲がったから帰ります、頑張ってくださいとその場を離れる。橋の上で看板横の人達を見ていると、駐車場方面からノッシノッシと熊?がやって来P1000038
た。それはザわさん。今日は平日なのに?と訊けば、午後から浜北で仕事があるようだが、しばらく駄話に花を咲かせる。まだ段子川にへら師の姿はほとんどないと言っていた。寒さが足りないのかな。段子の人達は四ツ池に行っているようだ。ひとしきり駄話で盛り上がった後、駐車場で解散。私はのんびりと家路に着いた。
 
    ↓新べらは竿を出す場所が大きく影響しそうだ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

新べらには会えたけど@増沢池

近々寒くなるとの予報を受け、風が弱い今日こそ狙い目。最近は放流から1週間経たなくても竿を出していいと言う事(元々守られていなかった?)で、やや遅めではあるが出かけました。駐車場に着いたのは9時頃か。WINDOMはまだ停まっている。急いで車から荷物を降ろし池に向かうと、あれれ日向側は階段下付近からダム?そばまで誰もいないぞ。とりあえず一番近いダム?そばに入る。あっ、対面にはいつもの人。後からもPc060499Pc060500う1人やって来た。こちら側は看板横付近に集まっている?WINDOMの人は何処にいるのかな?それとも行き違いになったのかな?後から階段下付近に2人入った。さあ準備しよう。今日は15尺セットの底から始めるが、仕掛けは前回つぶしてしまったので、今から作る。暑くて汗がダラダラ。餌は前回と同じグルテンセット。皆さん新べらをかけているようだ。が、私はここで大きいのを狙う。仕掛けが出来、底も取れて開始は9時45分。ちょっと馴染みが少ないかな。しかぁ~し、すぐにウキに動きが。どうやら新べらのようだが、実は新べらのあたりが良く分からないのだ。キッチリしたあたりばかりではPc060509なさそう。それでとにかく合わせてみるが、カラ。すぐに10時。すると、ダム?の上が騒がしくなった。どうやら消防車が来て、何か訓練をするようだ。消防士の1人がわざわざ崖?を降りてきて私に説明してくれた。場所を移動しようかと訊くと、大丈夫と言うので続行。さて、その後モゾッというあたりでかかりました!あれっ、サイズはまあまあだぞ?これが新べらなら言う事なしだPc060501Pc060502Pc060503Pc060504Pc060505Pc060506Pc060507Pc060508Pc060510_2が、どうか?しかぁ~し、次々と釣れて来る新べらの中にはビックリするくいらいの小サイズもある。が、とにかく開始1時間でダブルも含め10匹(午後に見に来たHRさんから「看板横では100匹釣って帰った」という話を聞くまでは満足していたのだが)。最初の目論見とは随分違ったが、まあいい、どんどん行こう。しかぁ~し、次のあたりに合わせると、そんなに大きな手応えはなかったのに、何故か道糸が撚り戻しで切れている。当然オモリもありません。ガクガクッ。これは一体・・・?でも、さっさと補修しないとへらがいなくなってしまう。急いでやろうとするが、思うように指が動かず癇癪が爆発寸前。汗まみれになって何とか補修するが、餌落ち目盛とハリス長が多少変わったので最初からやり直しとなり、11時過ぎに再開。ちょっとウキの動きが変わった(悪くなった)ような感じだが、とにかく合わせて行けば、途中に35cmの旧べらも出て、終了の12時までPc060511Pc060512Pc060513Pc060514Pc060515Pc060516Pc060517Pc060518に8匹を追加。最後の1投もあって、まあ満足か。が、後から来て遊歩道端に入った人の竿の曲がり具合を見ていると、とても追いつけない感じ。まあいい、私は私だ(HRさんの話を聞くまでは)。結果、底では実釣2時間で18匹。新べらはバラシ以外は変なあたりでも皆食っていた。さあ、次は宙。底の餌は残っているが、バラケは捨ててグルテンは残す。そして新たに特S・天々・マッハをいつもより少なめに作る。「お」の残りも一応出す。竿は12尺。仕掛けはセット。「たな」は2本で12時20分に再開。まずは食わせにグルテン。すると、第3投で小さなあたり!そしてかかりました!これはいい。そうだ、「お」でもやってみるかな?しかぁ~し、「お」には全く反応Pc060519Pc060520Pc060521Pc060522Pc060523Pc060524せず、「お」の場合は1回を除いて全てバラケを食ってきた。12時台には6匹。「たな」は1本半になっている。途中HRさんがやって来て、ガクッとなったのは前述したとおり。1時を過ぎ、いよいよ太陽が山に隠れそう。右から影が忍び寄ってくる。それでもグルテンPc060525Pc060526Pc060527Pc060528Pc060529Pc060530が尽きた(「お」は使い切ったので、「玉」を併用)1時半までに何とか6匹。「たな」は1本。その後「玉」もなくなり(出せばあるのだが、今更勿体無い?)、仕方なく下鈎にバラPc060531Pc060532ケを付けて1個餌釣法?すると、何と言う事でしょう!そこから連荘でグッドサイズ。これは素晴らしい。が、いよいよ体も陰になり、大分体感温度が下がった。ここでジム帰りのOG氏登場。何とか格好良いところを見せたいが、かかるPc060533Pc060534のはやはり新べら。寒い中何とか2時までに2匹を追加。が、急にバラシが多発。1個餌釣法の限界か?何度もバラシている間に、OG氏も寒さと空腹に耐えかねて帰った。私も早く餌を打ち切って終わりたい(底のバラケを捨てたのは痛恨の極み)。が、しかぁ~し、急に冷えてきたので浅い「たな」はどうだろうと思ったPc060535Pc060536Pc060537Pc060538が、再びかかるようになり、終了の2時25分までに4匹をゲット。宙でも最後の1投が効いた。結果、宙では実釣2時間強で20匹。こちらもバラシ以外は全て食っている。底と併せて実釣4時間強で38匹。擦れて上がってくるのが1匹もなかったのは素晴らしいが、数としてはどうだろう(100匹というのを聞いた後では・・・)。新べらに絞って釣ればもっと釣れたかもしれなPc060539い(本日のタラ・レバ)が、どうすればいいのか知りません。片付け。かなり冷えてきたので、体中が硬くなってきたようだ。腰にも来ている。階段下付近まで翳っているが、元々日陰の対面の2人は続行、それにこちら側も1人帰っただけ。看板横付近は不明だが、人は見える。これから来る筈のゴールデンタイムに期待しているのか。片付けを終え、崖?を登る。湖面は最初から穏やかなまま。こんな日は珍しいのでは?明日の午後から天気は下り坂らしいが、まだまだ寒くはならないようだ(最高気温が2桁)。駐車場に戻り、車に荷物を積み込む。新べらが意外に元気なので、何とか今年中は凸は免れそうだ。ゆっくりと池を後にした。
 
    ↓大きいのも釣れて良かったぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トイレのリフォームその2

どうしても書いておきたいので、記事の順序は釣りと逆になっています。
トイレのリフォームがちょっとトラブッた挙句に今週末に決まったのだが、私にはどうしても確認しておきたいことがまだあった。それで、今日の釣りが終わってからホームセンターに向かい、リフォームのフロアに向かう。ちょうど1人いたので、今週末に工事をお願いしている者だが、今キャンペーン中で、トイレのリフォームを成約すれば何かしらを付けてくれるとあるが、それはどうなっているのかと訊いてみると、そうですとの答え。それでは、それは工事当日でも何とかなるのかと訊けば、予め頼んでおかないと工事日までには入手出来ないとの返事。
え~~~~~っ!それは一体どういうこと!キャンペーンと銘打っておきながら、それについて客のほうから問い合わせなければ何もしないと言うことか。最早これ以上何も言う気がなくなった。とりあえず1つを決めて頼んでおいた(さすがにこれは伝票を起こしていた)が、これで工事がいい加減だったら、このホームセンターは利用する価値がないと決め付けても問題ないだろう。本当にあきれかえった。

1.どんな小さな内容でも、必ず見積りから文書を起こす。しかも、仕様などの必要事項は客と打ち合わせて、結果は記録して客のサインなりをもらっておく。
2.キャンペーンをやっているなら、客から訊かれなくてもその旨を告げ、それについても結果は1と同様文書に残す。

最低これくらいは当然するものと思っていたが、このホームセンターの営業力は全くなっていない。客が黙っていれば都合のいいように事を進めてしまい、客から指摘があっても謝罪があるわけでもなく、淡々としている。これで工事当日はどうなるのか、、その日が楽しみになってきた。
 
P.S.後で気付いたのだが、私が釣りに行っている間に、郵便受けに「請書」が入っていた。一応文書は作るんだね(そりゃそうだ)。ただしキャンペーンについては触れてなかった。
 
    ↓DIYだから、客が全部を心配するということかもね
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

すっかり忘れていたが

私がこのブログを始めて5年が経過していた。サイドバーにも載っているが、開始日は2005年11月29日。そこから2年も経たないうちにリストラの嵐に巻き込まれ現在に至ろうとは、その時考える由もなかった。
P社はまだ頑張っているが、赤字体質から脱却するためには、もっとフリーライダーを整理する必要があるだろう。なぁ~んて偉そうな事を言うのもそろそろ止めにして、自分の残りの人生を楽しむ事に専念したほうが良さそうだ。P社はP社で頑張ってください。1株主としては早く配当を出して欲しい、ただそれだけ。
 
    ↓月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の放流(2010年度)

注)相変わらずですが、写真のピントが甘いです。多少見辛いのはお許しのほどを。
 
本日12月5日が、待ちに待った放流の日だ。とは言っても、最近急に冷え込んで来たので朝起きられるか心配だったが、目覚ましもあって何とかゲットアップ!6時半に池にPc050473Pc050474着くようモクレン通りをひた走る。予定通り到着。が、まだ薄暗く人は少ない。湖面は穏やかだ。Y川さんやHRさんも来たが、残念ながらほとんどの人は知らない(多分皆さんPc050476Pc050478Pc050479は何処かの会の人達)。それでも挨拶だけはしました(当たり前か)。へらを積んだ車がPc050480やって来たのは7時を過ぎてから。この頃には20人を越える人が集まっていた。まずはお偉いさんの挨拶。それからいつものように放流が始まる。サイズは去年並みのようだが、ポツポツと型がいいのが混じっているのが見える。今年は670kgの放流ということで、これから1年楽しませてもらえそうだPc050482Pc050483Pc050484Pc050485Pc050486Pc050487Pc050496(アームによるかも?)。およそ30分で放流は終わり、解散となる。が、これから早速竿を出す人もいるようだ。私は眠いので帰る。もじりがガンガン出ていて、いつもこうならいいなぁと思いながら橋を渡る。ようやく日が当たってきて、爽やかな1日が始まる予感。数年前までは冬でもこのくらいの時間Pc050497Pc050498から竿を出していたのに、今の体たらくは何だろう。ゆっくりと家路に着いた。
 
    ↓今日はゆっくりして、明日から新べら狙いだ!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

トイレのリフォーム

6月から伸び伸びになっていたトイレの不具合は、結局リフォームとなった。それで近くのホームセンターに行ったのだが、まずは現場を見ると言う事で、先週末の朝1人がやって来た。その時複数の提案があって、それぞれに見積りを文書でくれると言う話になっていたのだが、実際はその夜電話で元々こちらが依頼した形で行うという連絡が来た。その時はそれで何の不具合も感じなかったのだが、今朝取り付けの業者から、物が届いたので日程を相談したいと電話があり、その時初めて便器と便座の色がこちらの考えていたものと違う事に気付いた(と言うか、打ち合わせそのものがされていない?)。現場を見に来た人が口頭で説明したと言うのだが、私にはその記憶がない。その人が作成した資料には色が書かれているらしいのだが、そんな文書は見てもいないしサイン等もしていない。取り付け位置とかに囚われてしまい、肝心の色に気が廻らなかった私も良くないのだが、やはり最初の話のとおり、こちらの依頼どおりであっても文書を交わすべきだった。それを見ていさえすれば、色の違いにも気付いただろうし、かつて自分が仕事をしていた時には、業者側として客先と文書を取り交わす事の必要性を痛いほど分かっていた筈なのに、仕事から離れるということは、そういう事に疎くなるという事なのだと痛感した次第。尚、物は再度取り寄せになるので、工事の日も1週間ほど延びてしまった。
 
    ↓今までこんなお粗末にはお目にかかった事がない
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

カラツン、そして失速@増沢池

今日は好天でも明日から天気は下り坂らしいので、昨日の疲れもなんのその、ゴー!今日は早起きしたゾ~(もちろん私にとって、だが)。駐車場に着いたのは8時半頃か。あっ、久し振りにWINDOMが停まっているのを見た。急いで車を停め、荷物を降ろして外の道路から池に向かう。へら師は旧流れ込みに1人。私は一番楽なダム?そばに入る。ん、旧流れ込みの人が片付け開始。まずは挨拶すると、やはりWINDOMの人だった。今日は13尺で2匹。そこ(ダム?そば)に入るなら長い竿がいいよと教えてくれた。もちろんそのつもりです。おっ、対面深場ワンドにいつもの人。今日は曇りの筈だが、気温が上がるようなので、ちょっと厚着をしてきたのは失敗か。既に汗。ジャンパーを脱ぐ。さあ準備だ。今日もまずは15尺で底から。餌も前回と同じグルテンセット。私の準備Pc010448Pc010449中にWINDOMの人は帰った。予報通り湖面は穏やか。ただ、太陽が湖面に映って眩しいので、一応偏光グラスを装着。いつもより慎重に底を取り、開始は9時5分。しかぁ~し、慎重に底取りしてもウキの馴染みは思ったように出ない。食わせがグルテンである事を考慮しても少ない。おかしいなぁ。ウキ下を微調整。何とかなった。ん、既にウキが動いている?何と言ってもウキの視認性は抜群なので、どんなあたりも見逃さないぞ。と、その前にOさんに増沢にいることをメール。送信して湖面に視線を戻すと、ウキPc010450がない!そして竿先が曲がっている!慌てて竿を持てば、凄い引き!もう少し遅れていたら、穂先をロストか、最悪の場合は竿を持っていかれていた。こんなに早く食いが出るとは、やはり昨夜気温がそんなに下がらなかったせいか。こりゃあ高活性?2桁など楽勝かもね。すると、その後は毎回のようにあたるのだが、何故かカラばかり。ウキ下の微調整では効かない気がする。5,6回連続してカラツンを食らい、何故だぁと独り言を言いながらウキを見つめれPc010451Pc010452ば、またもあたり!今度こそかかったでしょう!やったぁ、ちゃんとあたりを取ったぞ(さっきのもカウントですよ)。すると、次の餌打ちでもかかりました!連荘だ。ウキが立ってからなかなか入らない事もあるので、多少は上ずっているのかもしれないが、それにしても間違いなく高活性だ。対面深場ワンドとこちら側階段下に1人ずつ入ったが、こんなに良い天気で高活性(他の人は分かりませんが)なのにへら師はこの後1人も来なかった。さて、カラは相変わらず出るが、9時台には更に3Pc010453Pc010454Pc010455匹を追加し、軽く第2目標クリア!これなら最初の思惑通り、第3目標も楽勝だ。ただ、前回補修した筈のウキ留めゴムが、何故か合わせる度にずれる。これが集中力を欠くが、底を取り直す余裕はない。10時を過ぎ、ウキの動きがやや落ち着いてきた。これは喜ぶべきか。それでもウキが馴染んでからやや我慢していれば、とりあえずあたりは出Pc010456Pc010457る。そして10時半までに2匹を追加。何とか11時までにもう2匹釣って、第3目標と時間5匹の両方を達成したい。が、そんな私の逸る気持ちが裏目に出て、あたりを見逃したりカラを食らったりと、一向に数を増やせないまま11時に近づく。多分我慢が足りないのだろうと、ウキが馴染んでからしばらく放置すれば、モヤッというあたり?とにかく合わせればやったかかりました!うわっ、凄い引き。何となく擦れているような・・・。「たも」に収めれば、やはり目に擦れ。遂に出てしまった。そしてPc010459Pc010460これでジ・エンドか。しかぁ~し、何と次の餌打ちでやったかかりました!そしてギリギリ11時59分に第3目標と時間5匹を達成だ!ちょっと失速気味だが、何とかなった。とりあえず目標を達成したので、もう底は終わってもいいが、まだ餌が残っている。この調子ならあと数匹は釣れそうだ。宙はそれからでもいいだろう(本当に人間の欲望には限りがない)。しかぁ~し、この選択が悲劇の始まりだとは、この時は思いもしなかった。何故かと言えば、11時を過ぎると一気にウキの動きがなくなったから。まさに逆ゴールデンタイム。両グルテンで打ってみればウキが返すので、多分へらはまだいるのだろう。だが、全くあたりが出ない。すぐにもなくなると思った残りの餌だが、どうしても待つ釣りになるので餌打ちのインターバルが自然に長くなったせいか、これでは12時のサイレンを聞くまで終われそうにないかも。11時半を過ぎて久し振りにあたりが出たが、サイズはグーでも何とアッパー。ガックリ。どうやらこれで今度こそジ・エンド。そして12時少し前に餌が尽き、底は終了。11時からの1時間は完全に失速した。10匹を釣った時点で止めていれば、いい気分で底を終われたのに(本日のタラ・レバ)。さあ気分を変えて宙、と行きたいところだが、どうしても今までの気分を引きずってしまう。そうだ、まず飯を食おう。そして宙はいつものように12尺。特S・天々・マッハのバラケに今日は「感嘆」を食わせにしてみる。感嘆は袋に書いてあるように作ったが、あまりの量の多さ!どう見ても使いきれない。次回は気をつけよう。「たな」2本で再開は12時20分。すると、何故かすぐにウキに動きが。そして1回カラを食らったPc010462次の消し込みで、やったかかりました!やはり宙だな、今日は。バラケを食っていたが、ドンマイドンマイ。しかぁ~し、ずっと思っていた事だが、このバラケは多分ダメ。食わせに降りかかるというより、膨らんでしまっている感じ。しかもバラケ具合も悪いので、どうしてもバラケに来てしまう。Pc010463その後再度の消し込みでゲットした2匹目もバラケを食っていて、これでは食わせが何であるかは全く関係ないと言うことか。その後ウキの動きが弱くなったので、これ幸い?と「たな」を1本半に。すると、目先が変わったのが良かったのか、しばらくはウキが動いたが、やがてモヤモヤに変わる。バラケをどうすればいいのか分からないまま続行すると、ウキが立ってすぐに消し込み、これに合わせればやったかかりました!が、凄い引き。どうやら擦れでは・・・。やはり尻ビレから上がってきた。ガクガクッ。結局1本半ではそれしかあたりらしいあたりはなかったので、今度は「たな」を1本に。すると、ウキの動きが激変!全く落ち着かなくなPc010465Pc010466る。それでも消し込みに合わせれば、やった今度こそ下鈎を食っているぞ!ようやくセットの釣りになった。そして次の餌打ちでも同様の消し込み!今度も下鈎にかかりました!これがひょっとしてゴールデンタイム?しかぁ~し、世の中そんなに甘くはありません。太陽が山に隠れると、いくら気温が高いと言っても、やはり体感温度は下がる。へらにも影響が出たのか、ウキの動きが悪くなった。それにバラケPc010467のせいかなぁ、その後もあたりは出てもカラか擦れバラシ。やっと2時前に宙での5匹目が出たと思ったら、またもバラケを食っている。しかも「たも」の中で下ハリスを切られる。もう交換も面倒臭いくらい涼しい(寒い?)。本当は終わりたい気持ちなのだが、餌を使い切りたいので渋々続行すPc010468れば、ジャスト2時に6匹目!これは下鈎を食っていたが、どうやらこれが「上がりべら」では。最早毎回のようにあたりが出るようになるが、いずれもバラケに反応している様子でカラもしくは擦れバラシ。結局その後は20分ほど餌打ちマシンとして作動しただけ。2時20分頃終了。結果、宙では実釣2時間弱で6匹。底と併せれば実釣5時間弱で16匹(本当は4時間で16匹なのに)。片付け。かなり冷えてきたが、前回と同じく知り合いらしい3人は続行のようだ。Pc010469片付けを終え、崖?を登る。今日は前回のような失態は見せられないので、慎重に。外の道路は相変わらず帰りにはキツイ。ヘトヘトになって駐車場に戻る。今日は数としては良かったと思う(もちろん私にとって、だがPART2)。だが、どうしても底での11時からの1時間に悔いが残る。地合なのかもしれないが、1匹も釣れなかったとは・・・。さあ、さっさと帰ろう。車に荷物を積み、池を後にした。
 
    ↓どうすれば好調を維持出来るのか?
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »