« おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 | トップページ | まだまだへらは動いているが@増沢池 »

2010年12月18日 (土)

ようやく2桁に@増沢池

どうも予報と実際が異なるのが風速。今日も5m/s以上と強い風が吹くとの予報にビビリながらも8時半過ぎに出かける。駐車場に着いたのは9時頃か。WINDOMはまだ停まっている。急いで車から荷物を降ろし、外の道路から池に向かうと、へら師は日向側ダム?そば、旧流れ込み、遊歩道の端に1人ずつ。何故か階段下付近がガラガラ。階段を下りていくと、遊歩道に沿って浅場に4人のへら師。対面はワンドに1人だが、あとからいつもの3人が山道の出口付近に入った。私は予定通り階段真下に入る。時間帯Pc180605Pc180606が悪いのか、太陽が正面からやや左。波もあって、これからしばらくギラギラと対峙しなければならない。あっ、遊歩道端の人は先週土曜に旧流れ込みにいた人だ。今日も長い竿を出しているが、この波の中でも竿を曲げている。が、私の準備中にはこの人とWINDOMの人以外が竿を曲げるのを見られなかった。さあ、今日はとりあえず15尺の底から行こう。餌はいつものバラケとわたグルのセット。ウキの視認性が悪く、なかなか底が取れない。偏光グラスを装着して何とか取れたような気になり、開始は9時35分。しばらくしてWINDOMの人とIさんは帰り、旧流れ込みに1人入った。さて、何となく馴染み幅が思ったように出ないので、数投打ったあとにウキ下を微調整。まだスッキリしないが、風によるシモりもあるから、あまりウキ下をいじってもなぁ。とりあえず打ち続けると、何やらウキが返しているようにも見えるぞ。そして弱く入ったような気がして合わせると、やったかかりました!あっ、しまった、今日は「たも」の準備が出来ていなかった!へらを寄せながら「たも」の柄を伸ばそうとしていると、ふいに手応えがなくなる。バラシてしまった・・・。今日はこれしかあたりがないかもしれないのに。ガックリ。長竿の人はポツポツと竿を曲げている。15尺の私がウキが良く見えないのに、それよりもっと長い竿で良くあたりが取れるもんだ(後から21尺だと分かった)。10時頃から太陽が正面に。遂にギラギラターイム!それに今日は上空雲の流れが速くて、湖面は明るくなったPc180607り暗くなったり。ほんのわずかウキが見えるタイミングでのあたりを拾い、何とか1匹目。新べらだが、これで凸回避。やれやれ。更に、ほとんどウキが見えない中、ウキがビPc180608ヨーンと戻したような気がして(何でも「気がする」だけ)合わせると、やった2匹目ゲットだ。が、それから後がない。開始1時間で2匹。何しろほとんどウキが見えないので、その後はただ餌打ちを繰り返したような30分。11時になり、太陽はやや右にそれた。またも馴染み幅がおかしくなった?ので、ひょっとしてへらかも、と両グルテンで打ってみれば、やはりへらは底から少し上にいる(上ずらせた?)ようで、ウキが馴染まない。しばらく我慢していると、チクッとウキが入り、これに合わせPc180609ればやったかかりましたよ!ん、引きが強い。まさか擦れでは?しかぁ~し、それは嬉しい誤算だった。かかったのは35cm。型もいい。新べらの中に混じってるんだ。何とか3匹ゲットしたが、果たしてあとどれくらい釣れるのかな。何となく第2目標も危ない感じだし。しかぁ~し、次はウキPc180610Pc180611が小さく震えるようなあたりを拾って4匹目。そして「かかってました(単にあたりが分からなかっただけ?)で、やっと第2目標クリア。遊歩道端の人とは比べものにならないが、かなり嬉しい。この時間帯はいつも逆ゴールデンタイム(ひょっとして私だけかも)なのだが、今日は違うぞ。その後12時のサイレンが鳴るまでPc180612Pc180613にもう2匹ゲット。そして12時10分過ぎに餌が尽きて底は終了だ。結果、実釣2時間半強で7匹(35cmが嬉しい)。遊歩道端の人は竿を17尺に変えたようだ。釣り方が良く分からないが、後で「ウドンを家で作ってきた」ような事を言っていたので、17尺はウドンセットの宙か段底なのかも。それにしても、急に寒くなったにしては、Oさんは私と一緒に竿を出した水曜には16匹、昨日は22匹。そして今日の遊歩道の端の人と言い、厳しい中でも釣れる人は釣れるんだなぁ。さあ、次は宙。その前に昼食。そして竿は12尺に変更。餌は冬のバラケ3に特S1と水1のバラケと感嘆のセットでやってみる。「たな」1本半での再開は12時40分。すると、数投後にウキが小さく動いたので、これは行けそうかも、と思ったのだが、そこから何と1時間近く経っても1匹も釣れず。ウキは3回くらい弱く動いた。途中「たな」を1本に変更したが、特に変化はなし。また、感嘆を搾り出すポンプが割れたので、途中から食わせは「玉」に変わっている。遊歩道端の人は誰かと話しながらも竿を曲げ続け、おそらく私が来てからも20回近く竿を曲げているのではないか。それに引き換え私は・・・。開始1時間を過ぎ、そろそろ2時だ。このままでは宙では凸を食らいそう。そうだ、バラケがヤワネバな感じなので、これが良くないのかも(今頃?)。それではマッハをちょっと振りかけてみよう。ん、ウキの動きが良くなった気がする(またか!)。そしてウキがチクッと入る(宙なのPc180614Pc180615に?)のに合わせれば、やったかかりました!そして2時を過ぎて同じようなあたりで2匹目!何と凸の恐怖から一転、第3目標も狙えるようになったではないか。これはバラケを変えたせいか、それとも単なるゴールデンタイム(地合)なのか?そこからややウキの動きが悪くなったが、終了の2時40分までにもう2匹Pc180617Pc180616をゲットし、やっとの思いで第3目標をクリア(プラス1匹)となった。ただただ嬉しいの一語。結果、宙では実釣2時間で4匹。底と併せれば実釣4時間半で11匹と私にとっては素晴らしい数字。片付け。残念なのは、私が終わる頃から急に湖面が穏やかになってきた(予報では8m/sの強風なのに)事。太陽は既に山Pc180618に入って寒いけれども、残っている皆さんはこれを待っていたのかも。片付けを終え、駐車場に戻る。腰が痛い。どうしてポンプは割れてしまったのか。買ってから約10年、使ったのは数回のみ。単に劣化なのだろうか。まあ100円だったから、また買えばいいか。フウフウ言いながら(声は出ていませんよ)駐車場に到着。残っているお茶を飲んで一息つき、家路に着いた。
 
    ↓土曜日でもへら師は10人くらい。ちょっと寂しいか
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 | トップページ | まだまだへらは動いているが@増沢池 »

コメント

今晩は。
この寒い中、釣行されたんですね。
お体大丈夫ですか~~~?余り無理しないで下さい。私は来週凸も恐れず、まさに「自虐会」の看板を背負ってダ、ダ大樂地に釣行してみます。バットさんの代わりという事で・・・。
今、彼は忙殺のまっ最中。お仕事頑張って下さい。
チュッはしないでおきます。

投稿: yurie | 2010年12月18日 (土) 20時22分

yurieさんこんばんは。
今日はかなり寒いと思っていたのですが、それほどでもありませんでした。やはり日向側はいいなぁ。
日光があたるとあたらないとでは、かなり体感温度に差があります。雲がちょっとでも長い間太陽を隠すと、ウキが見辛くなるのと同時にブルッとしてしまいますね。2時半頃には完全に日陰になったので、餌も尽きたことだし(湖面は鏡のようなのに)終わりにしました。
長い竿を出していた人は、やはり双眼鏡のようなものを装着していたようです。それなしではとてもウキの小さな動きは見えないでしょう。私も懸案事項として購入を考えているのですが、意外と高くてまだ実行していません。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月18日 (土) 22時19分

sunshine_heraさんご無沙汰してます。増沢はまだよく動いている様子ですね。私も今日久しぶりに門池に行って来ました。午後の2時に家を出て8尺チョーチンセットで4時前までの実長時間が1時間位の間、地ベラ化したへらを皮切りに後は放流ベラばかりが8枚出ました。やっぱりチョーチン釣りはウキが見やすいのが強みです。今度増沢池行った時オデコ覚悟でまたやって見たいと思います。
んーっ!やっぱやめとこ!!

投稿: 杉ちゃん | 2010年12月20日 (月) 17時06分

「杉チャン」さんこんばんは。
土曜日はそれほどでもなかったのですが、実は今日も増沢に行ってきました。WINDOMの人が「出たよ」というのを聞いてやる気満々で竿を出しました。結果はブログで。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月20日 (月) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50333783

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく2桁に@増沢池:

« おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 | トップページ | まだまだへらは動いているが@増沢池 »