« 「王と私」が佳境に | トップページ | おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 »

2010年12月15日 (水)

早終わりは間違いだったか@増沢池 with Oさん

明日から本格的な寒さが訪れるという予報に、今日は風が強いがとりあえずゴー!8時半過ぎに駐車場に着くと、ちょうどOさんが荷物を降ろしているところ。まずは挨拶。2人して外の道路へ出ようとしたら、WINDOMの人とバッタリ。風が強くなったので終わったようだ。まあまあ釣れたと言うので、まだまだ新べらは動いてくれてるのかなと、まずは安心。私はダム?そば、Oさんは旧流れ込みに入る。へら師は他に看板横に1人だPc150591Pc150592け。風が強いのを懸念して出てこないのかも。後から看板横、階段下から浅場方面、それに対面に1人ずつ入った。さあ準備しよう。今日は新べらを狙って宙から入るか、オーソドックス(もちろん私にとって、だが)に底からにするか迷ったが、15尺の底に決定。餌はいつものグルテンセット。分量を間違えてバラケをいつもより多めに作ってしまったが、すぐに鯉が嗅ぎ付けて来たので、釣りの途中にくれてやった。さて、既に波とギラギラは発生しているが、偏光グラスで対応。何とか底を取り開始は9時20分。見ればOさんは私より後から準備を始めたのに、もう開始している。手際が良いのもアームのうちか。私のウキは3投目くらいでモヤモヤ。あれっ、意外と高活性?そしてムズッとウキが入ったように思えて合わせるが、カラ。と、Oさんの竿が曲がった!やられた、と思ったがバラシ。擦れのようだ。私はウキの動きに俄然やる気が出るが、次の餌打ちでウキがPc150593ズルッと入り、これに反応すればやったかかりました!しかぁ~し、何となく引きが違うような気がする。寄せてみればグーなサイズだが、マブナライクのような気もするので、とりあえずカウントは保留(後でOさんに写真を見てもらったが、へらだと言っていただいた)。私も何となくへらに見えてきたが、一度は疑念を持ったのでスッキリさせるために、ここはシビアなバット主任判定員に鑑定をお願いししよう。その後Oさんも1匹目をゲットするが、まずは新べらから。Oさんはその後幾度となく竿を曲げるが、擦れやバラシが結構あったようだ。それと蟹もPc1505941匹。旧べらは1匹だけ。さて、私はその後返したウキがスッと入るのに合わせて1匹目をゲットするが、ギラギラと波でウキの視認性がかなり低下。10時頃から上空に雲。しかもかなり早く流れている。途中から雨もポツポツ来たが、本降りにはならないものの、ちょっとドキドキ。10時を過ぎても最初のうちは何とか波が弱くなる間に2匹をゲットし、開始1時間で3匹(疑念Pc150595Pc150596の1匹を除く)とまあまあの結果(もちろん私にとって、だがPART2)。3匹目は今日初めての新べら(釣られ慣れていないため、寄せる途中にかなり暴れるので分かる)だった。しかぁ~し、いよいよ太陽が正面に来て風も一段と強くなると、ウキはほとんど見えない。それでも懸命に目を凝らすが、どうやらウキの動きがなくなったようだ。Oさんが竿をポツリポツリ曲げるのとは対照的に、ひたすらの餌打ちが続く。11時を過ぎて、波は止まないがギラギラの位置が多少ずれてようやくウキが何とか見えるようになると、偶然なのかウキの動きも良くなった気がして、3匹目からほぼ1Pc150597時間経過してやっと4匹目。本当に長かったなぁ。これなら第2目標くらいは狙えそうか?が、どうやら新べらは底から少し上にいるようで、時折ウキが入らなくなる。上空の雲は相変わらずで、ちょっとでも曇りの時間が長くなると途端に寒くなる。風も強くなって、とても冷たい。いよいよ真冬の釣りか。それに曇るとウキが波のせいで見えなくなり、波はあってもとにかく太陽に顔をPc150598Pc150599出して欲しい。その後2匹を追加して、何とか第2目標をクリア。既に開始2時間が経過しているので、第3目標は無理だろう。早く底を終えて宙に移れるよう、目の前の鯉にバラケをあげる。が、10時半を過ぎると急に風が強くなり、突風で竿掛けがしなる。懸命に堪えるが、道具が飛ばされないか心配だ。それに体Pc150600感温度もグッと下がった。どうしよう、底だけで終わった方がいいかな。その後1匹をゲットするが、その際にオモリの一部が脱落してしまった事に気付かず、その後ウキが立たないのを新べらのせいにしたりして、時間をロス。気が付いても波で餌落ち目盛をうまく決められずにモタモタしていて12時前に終了。最後は何だかなぁと言う感じ。底では実釣2時間半で7匹(疑念の1匹を除く)。雲・風・波は収まりそうにないので、宙は断念して釣りも終了。OさんのところPc150601に行って終了を告げる。Oさんは明日は竿を出せないので、もう少し続けるとの事。釣り座に戻って片付けを始めると、何だか空が明るくなってきて風・波も穏やかになった気がして、もう一度道具を出して宙をやろうかなと思ったが、多分道具を出せば元の木阿弥になりそうなので、片付けを続行。しかぁ~し、空模様も湖面の状態も一時よりかなり良くなった。でも、もう片付けは終わったので、Oさんに挨拶して駐車場に向かう。坂を登りながら、もし両グルテンの宙で続けていたらどうだっただろうなどと、無意味な事を考えてしまう私って一体・・・。昼食を摂るタイミングを逸したので、車中で昼食。それから家路に着いた。明日はどうしようかな?予報どおり寒かったら止めようかな?
 
    ↓タラ・レバの多い私
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「王と私」が佳境に | トップページ | おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 »

コメント

今晩は。
西之谷と増沢とは同じ様な釣りとなる事が多いのでご報告致します(あくまで西之谷の状況と言う事で・・・。)今週月曜(13日)の状況です。現在箆は上にも底にも居ます。安定していないという事。15cm級の新べらは釣れなくなりました。比較的大きな新べら(25cm級)が上でも底でも釣れます。
気温がマダ高いので泳層が安定していないようです。今日の風と寒さでどう変わるか?
自然相手の釣りは面白いですね。
来週の半ばに「ダ・ダ大樂地に行って見ようと思っています。バットさんがよく竿出ししているジャかごに入ってみようと思っています。

投稿: yurie | 2010年12月15日 (水) 21時30分

yurieさんこんばんは。
増沢でも同じでしょう。ただ、新べらの食いつきはかなり悪くなっています。Oさんには新べらが来ましたが、擦れが多く、私のところには旧べら。新べらはやや上にいました。明日は風は弱いようですがかなり寒そうなので、yurieさんには怒られるかもしれませんが、自虐的にはなれそうにありません。
大楽地の結果、楽しみにしています。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月15日 (水) 22時24分

こんばんは。
1枚目は「ヘブ」です。
「マラ」とも言います。
モウ眠い、おやすみなさい。

投稿: 黄金バット | 2010年12月16日 (木) 01時16分

バットさんおはようございます。
お疲れのところ鑑定ありがとうございます。
へらといえばへら、マブといえばマブでしょうか。
「ライク」は正解だったようですね。
それにしても今日は寒いですね。曇っていることもあって、体感温度はかなり低いのでは?ということで、今日はお休みにします。最近はどんどん自虐的でなくなっている私でした。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月16日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50307387

この記事へのトラックバック一覧です: 早終わりは間違いだったか@増沢池 with Oさん:

« 「王と私」が佳境に | トップページ | おかえり『はやぶさ』帰還カプセル特別展示in浜松 »