« まだまだへらは動いているが@増沢池 | トップページ | 園まりさん »

2010年12月22日 (水)

今日の増沢池とOさん、Iさん

今日は雨上がりだし風も強いとの予報から、釣りは断念。ちょうど病院が正月休みになる頃に薬が切れてしまうので、とりあえず薬だけ貰いに外出。ついでに増沢で竿を出しP1000056P1000057ているOさんの様子を見に行く。ダム?そばに駐車し、階段下にいるOさんを発見。へら師は他にダム?そばと旧流れ込み。それから日陰側深場ワンドに1人。今日も看板横には誰もいない。階段を下り、まずは挨拶。9時過ぎに開始したが、まだあたりはない。P1000055やはり昨日の雨で冷たい水が底に入ったからかなぁ。それにしても、強風の予報なのに湖面は凪いでいる。これなら(結果論ではあるが)竿を出せば良かった。しばらくウキを見ていると、次第にモヤモヤ。へらは寄ってきたようだ。が、しかぁ~し、あたりにはならない。旧流れ込みに入っているのはおそらくIさん。さっきまで長い竿で底をやっていたようだが、今は竿を変えて宙のようだ。ダム?そばの人もかなり浅い「たな」で2回竿を曲げるのを見た。OさんのウキはなかなかあたりP1000058を出さないが、私はいつものように「1匹釣ったら帰ります」とプレッシャーをかける。すると、何故かウキの動きが良くなってあたりも出るが、残念カラとハリス切れ。風が吹くとかなり寒いので、釣れなくても帰ろうかなと思い始めた頃、誘いをかけた次の瞬間のあたりを見逃さず、やった竿が曲がりました!さすがです。それを見届けてから挨拶してその場を離れ、車に戻った。さあ病院で薬を貰って帰ろう。
 

    ↓予報は本当にあてにならないなぁ
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« まだまだへらは動いているが@増沢池 | トップページ | 園まりさん »

コメント

鳥メッセージ届いているの気が付きませんで申し訳ございませんでした。

釣行は着実に重ねておりますが、釣果のほうが・・・
14日には初めて鶏小屋へ行ってきましたよ。
山側で6尺~13尺で30枚位でした。

常連さん達もとても良い方ばかりで、とても楽しめましたよ。

水、木は相変わらず「奥池」でやってます。
最近の釣果は、釣る人→二桁
       釣らない人(俺)→2~3枚

奥の釣台、短竿、両だんごでやってます。

投稿: みやさかぱぱ | 2010年12月23日 (木) 05時37分

みやさかパパさんおはようございます。
ツイッターではお目にかかれなくなった(私も足が遠のいていますが)ので、心配していましたが、お元気そうなので安心しました。
鶏小屋でも6尺やったんですね。私は11尺までしかやったことはありませんが、釣れるのなら今度やってみようかな。
奥池はやはり皆さん短竿ですか?まだまだ釣れそうですね。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月23日 (木) 07時51分

おはようございます。
実は・・・。実は・・・。大樂地に行きませんでした。
何故?、ここは何処?私は誰?・・・。
月曜SSさんが大釣りした日、私は西之谷の「お立ち台」で打ちのめされていました。
9時半~4時迄で1枚の貧果。鳳来湖ならイザ知らず。西之谷で1枚とはね(しかも平日)
そんな訳でこの状態で大樂地に行ってしまったらとんでもない年末を迎えてしまう危惧から
昨日西之谷にリベンジしてきました。結果?
一昨日の雨で魚はますます活性が出てしまって上にも下にも・・・。両グルの落ち込みの釣りでも結構アタックしてきました。
もっと寒くなると底に安定するのかな?枚数、型はマズマズって処だが理想の当り「完璧!」までは日光の手前ってところかな。
辛い年末を迎えそうです。
大樂地には来年釣行しますネ!

投稿: yurie | 2010年12月23日 (木) 08時16分

yurieさんこんにちは。
西ノ谷で1枚だった次の日に大楽地の池で凸というのが自虐的で良かったのでは?
うそうそ、うそですよ。
新年の大楽地にはバットさんと一緒に釣行出来るかもしれません(正月休みの間だけですが)。私は様子見させてもらいますが(自虐的でなくなってる?)。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月23日 (木) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50366938

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の増沢池とOさん、Iさん:

« まだまだへらは動いているが@増沢池 | トップページ | 園まりさん »