« 吉永小百合さん | トップページ | 急に寒くなった »

2010年12月23日 (木)

ようやく2桁に(何処かで見たような?)@増沢池 with Oさん

昨日は予報に反して湖面が穏やかだったので、今日も予報を当てにせずゴー!Oさんも増沢で既に準備中とのメールがあったので、何となく安心だ。が、しかぁ~し、駐車場から外の道路を下っていくと、日向側にはOさんが旧流れ込みにいるだけ。あっ、看板横付近に何人かいるようだ。それに日陰側深場ワンドに2人。湖面は昨日のように穏やかとはいかないが、8m/sはさすがに大袈裟だろう。私はダム?そばに入り、まずはPc230659Pc230660Oさんの様子を訊くと、まだ5,6投目とのこと。良いのか悪いのかは判断出来そうにない。さあ準備しよう。今日も15尺で底。餌は前回と同じグルテンセット。私が底を取っている間だけ湖面が穏やかになってくれたのはラッキー!開始は9時40分。ギラギラも出ているが、まあ我慢出来る。それに、この場所は水深があるので、15尺でもウキが近いのが嬉しい。ただ、振込みで道糸が竿と絡むのは困りもの。早く上手にならないと。さて、まだそんなに湖面が荒れていないので、早くウキが動いて欲しいなぁと思っていると、数投でウキが返すではないか。これは高活性?そしてウキが弱く入るのに合わせるが、カラ。と、ここでOさんの竿が曲がった!さすが、と思ったら擦れ。なかなか難しいようだ。私の方は、いきなりウキが消し込んでしまい、これに反応するとかかりました!Pc230661Pc230662Pc230663やったと思ったが多分擦れでは?それに引きが・・・。寄せてみるとマブナライク。35cm超あるのに、クソッ。でも、ウキが動くのはいいことだ。すると、次の餌打ちでまたも消し込み!何だこれはと思いながらも合わせると、おおっ、今度こそへらだ。ただし放流。でも、これで気分が落ち着いた。更に次の餌打ちでもあたり!が、残念またしてもマブナライク。さっきと同じ奴ではないだろうな。普通なら3連荘で喜ぶところだが、ただただ疲れPc230664た。が、これが開始20分までの出来事。この調子で行けば2桁(第3目標)なんて楽勝?すると、しばらくして2匹目。よしよし。Oさんも竿を曲げ始めた。が、しかぁ~し、ここから急にウキの動きがなくなる。まあ、元々セットで待つ釣りをしているのだから、こんなものだろう(凸を回避して余裕?)。ウキが馴染む前の動きには出来るだけ手を出さず、馴染んで返すまで待つ。そPc230665Pc230666してあたりを拾うと、10時台にはもう2匹を追加。第3目標は無理かもしれないが、幾らなんでも第2目標は大丈夫だろう。が、なかなかウキがあたりを示してくれない。そのうちにギラギラが正面に。場所が場所だけに、ギラギラが去Pc230667Pc230668れば次は日陰が迫る。早く結果を出さないと。その後かろうじて1匹を追加し、第2目標クリア!すると、次の餌打ちでもウキが返してチクッと理想的なあたり!しかぁ~し、手応えなく上がってきたのは久し振りのカニ。あんな良いあたPc230669りだったのに、これか・・・。その後1匹を追加するが、そこからはギラギラと白波でウキがほとんど見えない。風も本格的に吹いてきたようだ。ただただ餌打ちだけを繰り返す。開始後2時間を経過し、餌はまだあるが続行すべきか?足元には二ゴイと白い色鯉。少しずつ餌をあげて残りを減らす。12時のサイレン。そろそろ底は終わってもいいかな?遂に最後の1投。両グルテンで餌打ちし、昼食のお茶を飲んでいると、何か変だ。竿先が風で曲がっている?慌てPc230670て合わせればやったかかってます!もう少し対応が遅れていれば、穂先がなくなっていただろう。ホント、油断は禁物だ。結果、底では実釣2時間半強で7匹(マブナライク2匹含まず)。前回ここに入った時と同じような展開か。ただ前回は底だけで終わったので、今日は宙までやろうかな。Pc230671とりあえず昼食だ。それから竿を12尺に変更。餌は冬のバラケ:天々を2:2に水1のバラケと「玉」のセット。今度こそ早く結果を出さないと、寒い中で辛抱する釣りになってしまう。「たな」2本での再開は12時半。風が強くなって竿が振り難い。それでもしっかり馴染むように餌付けして振り込むと、しばらくしてウキが動いた。これは・・・。すると、数投後にウキがスッと入り、これに合わせるとやったかかりました!ああっ、外れた・・・。ガクガクッ。手応えは大きかったが、仕方ない。でも、これならじきに釣れるかもね。しかぁ~し、その後2回ウキが弱く入ったが、いずれもカラ。1時を過ぎ、我慢出来なくなって「たな」を1本半に変更。すると再開第1投で消し込み!やったかかりましたと喜ぶが、それも束の間。へらのサイズはグーのようだが、何処かを向いて上がってくる。「たも」に入れたら外れたが、下鈎に鱗。これは間違いなく擦れでしょう。ガックリノーカウント。釣れないのも辛いが、見ると影が正面と右から迫ってくるではないか。ギラギラの頃が懐かしい。ただ、周りが暗くなってウキが見辛くなったのと、表層の水温が下がって活性が落ちるのではと思ったが、これPc230673が逆。その後ウキの動きは良くなり、宙での1匹目はバラケを食っていた新べら。とにもかくにも1匹出たのは嬉しい。何とかあと2匹釣って2桁まで持って行きたいが、問屋が卸してくれるかな?1時半頃になると、遂に私に日が当たらなくなる。湖面には白波、更にウキにも日が当たらないので、これは見辛いでしょう。まあそれはいい(良くない)が、何より辛いのは体感温度がグッと下がった事。寒い。早く餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、ウキの動きはなくならず、消し込むような大きなあたりはないが、グッと入るあたりに合わせれば、Pc230674Pc230675やったグッドサイズで2匹目!更には連荘でもう1匹。何故かは不明だが、これで第3目標クリア(底と併せてですよ)。ウキが見辛いのは変わらないが、ウキの動きは何とか分かる。その後カラやバラシもありながら、2時前に1Pc230676匹。2時を過ぎ、いよいよ寒くて堪らない。2桁は達成出来たことだし、早くバラケを打ち切ろう。へら師は階段下辺りに3人いたが、1人帰った。また、対面はワンドの2人が帰り、下り道に2人が入っている。さあ、そろそろ終わり。ここで竿を引いて誘いをかけると、チクッとウキが入り、これにPc230677合わせてやった「上がりべら」ゲットだ!2時20分に終了。結果、実釣2時間弱で5匹。底と併せて実釣4時間半で12匹(グッドサイズのマブナライク2匹を含まず)。数はパッとしないが、大半がグッドサイズの旧べらだったたから良しとしよう(自分に甘い私です)。Oさんは先に終わって片Pc230678付けている。私もさっさと片付け。2人で駐車場に戻る。Oさんは今年はあと大晦日に竿納めするだけとの事。私も明日から年賀状やら大掃除やらで、大晦日までは釣りは無理かな。また宜しくと言って解散。それぞれ家路に着いた。
 
    ↓もう数は釣れないのかも
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 吉永小百合さん | トップページ | 急に寒くなった »

コメント

今晩は。
今年も一年実釣写真を貼った釣行記、楽しく読ませて頂きました。「しかぁ~し」「ガクガクッ」「やったかかりました」「スレ含まず」等々・・・。素人っぽい書き方、逆にベテランらしさを感じます。自分が釣行できない時などはSSさんの釣行記(このブログのこと)を見て楽しんでいました。SSさんの釣りに一喜一憂していました。
自分の思うような釣り?(初心者でも理想のウキの動きを求めています)が出来ない時、栗○師匠(masaさん旧知の仲)から「だから面白いんでしょ?」と言われました。ウキの動きを見つめて水中を想像する「箆鮒釣り」にゾッコンのめり込んでいます。来年もヨロシクね!
PS.30日は結婚式が入っているので終わってから千葉に帰省します。着浜は3日予定。バットさんとはご一緒(釣り)出来ないですね。でも自虐会の新年会には「ダイじょぶだ~」?何時だ・・・。大樂地を敬遠した私は自虐会の新年会に出席する資格ないかも?も一つ。私は園まりより姉御肌の中尾ミエが好きでした。園まりは色っぽ過ぎて当時の私にはチョット無理。一方お姉さま小百合嬢は「神」です(今でも)

投稿: yurie | 2010年12月23日 (木) 20時02分

yurieさんこんばんは。
私のブログは長過ぎて見る(読む)気が起こらないという人が多くいる中で、yurieさんは本当にありがたい読者の方です。これからも宜しくお願いします。
私にとってのアイドルは、何と言っても「岡崎友紀」さんですね。レコードを買ってサイン会に行き、握手もしてもらいました。さすがに芸能人(浜松で芸能人を間近に見たのは多分初めて)は醸し出す雰囲気が全然違いました。でも、そのサインも今は何処にあるのか・・・。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月23日 (木) 22時45分

今晩は。
芸能人ね・・・。岡崎有紀さん、華が有りましたか?主演は「恋のイニシャルSH」これは違ったかな?SONYの御曹司と結婚した人かな?ところで私が始めて合った芸能人は「本田路津子」さんです。知っています?セッションしたんですよ!(高校時代です)そして上京してホテルでバイト時遭遇した当時レコード大賞新人賞の「麻丘めぐみ」さんです。確か「私の彼は左巻き」ってな歌を歌ってました。可愛かったな~。
岡崎さんはボーイッシュで「元気ハツラツ」なイメージが有りますネ。
この辺はバットさん全然付いてこれないと思いますよ!お若いから・・。(だから如何なんだ?、笑)小百合嬢はmasaさん時代でしょう!
語って頂こうではあ~りませんか。
失礼致しました。 yurie

投稿: yurie | 2010年12月24日 (金) 21時17分

yurieさんこんばんは。
岡崎友紀さんは決して美人ではなかったと思いますが、何と言うか勢いがあったと思います。当時ライバル関係にあった吉沢京子さんとは対照的でしたね。ヒット作は「奥様は18歳(寺尾聰さんが情けない役で出ていました)」、「何たって18歳(番組内ではバスガイドで、松坂慶子さんと平泉征さんを取り合う)」、「ママはライバル」等です。NHKの「あねいもうと」がデビュー作では?
浅丘めぐみさんは、当時は私のラインナップには入っていませんでしたが、熟女となってからその美しさに気付きました。

投稿: sunshine_hera | 2010年12月24日 (金) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50377333

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく2桁に(何処かで見たような?)@増沢池 with Oさん:

« 吉永小百合さん | トップページ | 急に寒くなった »