« 今日(1/9)の増沢池 | トップページ | 初のオークション参加は落札ならず! »

2011年1月11日 (火)

クラシックでも聴いて:その16

このところずっと寒い日が続いている。なかなか竿を出す気にはなれず家に閉じこもっているが、そんな中今日は通院日だと言う事を忘れていた。携帯が知らせていてくれたのだが、見なければ何にもなりません(後で見て気付いた)。病院に連絡して再予約してもらったが、ちょっと情けない(トホホだ)。
 
Docu0026さて、調べてみたら、このクラシックCDシリーズは何と去年の8月以来のようだ。今回からブラームス。いつものようにWikipediaから情報をいただく(CDのリーフレットには何も書いてない。廉価版だから仕方ないのかも)。この交響曲第一番は、着想から完成するまでに21年かかったという大作(ちなみに第二番はその後すぐに書き上げられたらしい)。何でもベートーベンをかなり意識したそうで、「ベートーベンの第十交響曲」という評価には皮肉も込められていたのだろう。でも、内容的には好感が持てる。聴き応えもありますよ。やっと16枚/50枚。
 
    ↓寒いうちに聴き進めるとするか
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 今日(1/9)の増沢池 | トップページ | 初のオークション参加は落札ならず! »

コメント

今晩は。
ブラームスですか?チョットダメだな????
知っているのか「チャイコのピアノコンチェルトですが」何故かって?以前健さん主演の映画「冬の華」の挿入曲だったので。
でも井上道義は知っているっていうかスメタナの代表曲「モルダウ」の指揮姿を拝見。例のムーンウォークもシッカリ見せてくれました。

投稿: yurie | 2011年1月11日 (火) 20時26分

yureさんこんばんは。
「モルダウ」は高校の時の合唱コンクールの課題曲だったので、知っています。ボヘミアの河よモルダウよ~ なんて、今でも少しは覚えていますよ。

投稿: sunshine_hera | 2011年1月11日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50557430

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックでも聴いて:その16:

« 今日(1/9)の増沢池 | トップページ | 初のオークション参加は落札ならず! »