« 雪が残った | トップページ | クラシックでも聴いて:その17 »

2011年1月19日 (水)

寒くてウキが見えなくて@増沢池 with Oさん

ちょうど2週間ぶりに竿を出す。予報では風が強そうだが、あの大雪が残る月曜に「杉チャン」さんが好結果を出したとあれば、行かない訳にはいきません。と言っても、出掛けたのは9時頃。一応極寒を予想してダウンの防寒ウェアを持っていく。が、そちらに気が行ってしまい、肝心のカメラを忘れてしまった。まあ、携帯があるからいいか。まずは駐車場に車を入れず、ダム?そばから池の様子を覗うと、あれっ、まだ誰も竿を出していない。1人が場所を探しているところ。これならダム?そばに入れそうだ。しかぁ~し、駐車場入り口に向かう途中で、坂を下りるへら師に遭遇!これはまずい。急いで駐車し、荷物を降ろす。おっ、Oさんの車を発見。1人目のへら師はOさんだったか。さて、防寒ウェアは下だけにして、さっさと池に向かうが、悪い予感は当たり、さっきのへら師がダム?そばに入っている。脱力。Oさんは旧流れ込み、それにもう1人がダム?そばとOさんの中間に入っている。私の選択肢はほぼ遊歩道端に限られてしまった。力なく階段P1000072P1000071を下りる。まずは挨拶。何とOさんは「杉チャン」さんと同じ月曜に竿を出していた。そして「杉チャン」さんの宙での爆釣を目撃していた。だが、肝心のOさん自身は極小のへら1匹だったとの事。さあ準備するかな。当然15尺を出すが、Oさんからそこは底が良くないと言われ、やややる気が削がれる。すると、餌落ち目盛を見ようと仕掛けを振り込んだら、1発目で根掛かり!ガクガクッ。対面にはまだ雪が残っており、風が頬に冷たい。それに予想どおり波もあって、早くもギヴ・アップか?それでも何とか底を取り、いつものグルテンセットで開始は9時40分。とにかく遠くに仕掛けを振り込む。まだギラギラタイムには時間があるが、それよりも上空雲の流れが速く、湖面が明るくなったり暗くなったりを繰り返す方が気になって仕方ない。特に太陽が雲に隠れると、白波の状態ではウキがほぼ見えない。前にも書いたかもしれないが、ウキが見えないのはウキが動かないのよりもキツイのだ。でも開始した頃はまだましだった。何とかウキの視認性を確保。後から1人がダム?のすぐ脇に入った。さて、何度となく餌打ちするが、ウキに動きなし。下半身はダウンのおかげでまだましだが、上半身はちょっとだけ辛い。目からは涙。今日は「杉チャン」さんのような爆釣は期待していないが、何とか1匹は釣って帰るぞ!しかぁ~し、すぐに10時を過ぎる。ウキに動きなし。多少流されるが、これは我慢するしかないだろう。とにかくウキが見えている間に勝負だ。すると、10時半近くなって、さっきまで全く返さなかったウキがモヤッと1目盛返した。思わず「ウキが動いた!」と声が出る。そのまましばらく我慢していると、悔しいが雲に白波。これではウキが見えない。が、しかぁ~し、それでもウキがズルッと入ったように思えて合わせると、やったかかりましたよ!これは嬉しい。しかも放流やマブナではなさそうだ。後はバラさないように寄P1000073せるだけ。おおっ、なかなかのグッドサイズではないか。ガッチリと「たも」に収めれば、30cmくらいはありそう。やれやれ、これで今日の目標は達成した。気持ちが楽になった。Oさんも時折合わせているが、まだかからない。その奥、長竿の宙?に双眼鏡でウキを見ている人が、私が1匹釣った後に竿を曲げた。その後もその人はポツリポツリと竿を曲げ、やはりスコープを買う必要があるのかなぁ。まあ、仮にスコープを買ったとしても、同じ位置に振り込めなければ意味がない(つまり私のアームでは意味が・・・)。10時半を過ぎ、いよいよギラギラタイム。ここから30分くらいは我慢の餌打ちだ。そして開始1時間経った頃、Oさんの竿が曲がった!14尺底で最初は「玉」のセットだったが、ダンゴに変えたらあたりが出たとの事。そろそろへらが寄ってきたのかも。しかぁ~し、11時を過ぎてもギラギラはそのまま。しかも、雲と白波も重なって、ウキが全く見えないまま時間が過ぎる展開に。それでも餌を切らすまいと餌打ちだけは続けるが、どうしようもない。ギラギラが去った11時半頃になっても、雲と白波でウキに日が当たらず、何処に立っているのかも分からない。これではもう終わるP1000074しかないだろう。まだ餌は充分あるが、OG氏から昼食のお誘いもあって、気持ちは既に終了モード。12時のサイレンを聞けば、更に終了モードは高まる。全くウキが見えないまま、遂に根掛かり!引っ張って外れたかと思ったが、何と鈎が折れていた。最早交換の気力もなく、終了。12時P100007510分頃。片付け。寒くてウキが見えなくては、早終わりも止むを得ないところ(単なる言い訳ですが)。結果、実釣2時間半で1匹。凸だけは免れた。あの1匹がなかったら、一体どうなっていたのだろう。泣きながら続けていたか・・・。片付け中に、いつもの事とは言え、何故か湖面が穏やかP1000076になる。そしてOさんの竿が立て続けに2回曲がった!残念ながら擦れとバラシだったが、何故急に、しかも私が終わってからなのか?片付けを終えてから、しばらくOさんの背後で岡ジャミになったが、湖面が穏やかな中、ウキはモヤモヤとさわりを出しているもののあたりが出ない。1時近くになったので、次回また宜しくと言ってその場を離れた。その後駐車場でOG氏と出会い、そのまま食堂に向かった。
 
    ↓ウキが見えないのはウキが動かないのより辛い!
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 雪が残った | トップページ | クラシックでも聴いて:その17 »

コメント

今晩は。
お疲れでした。
自分の入りたい場所に入れないとガッカリしますよね!(分る。解る。)しかし2時間チョットで1枚はイイんじゃあ~ないですか?)良かったですネ。それと杉ちゃんさんは「宙」だったんだ!
明日西大谷ダムに行ってきます。
風が強くてエサボールがすっ飛んで行くらしいから気を付けないと・・・。10尺のチョウチンウドンセットから入る予定ですがどうなるかな?上がって来るかな?

投稿: yurie@会社 | 2011年1月19日 (水) 17時17分

yurieさんこんにちは。
いやぁ、今日も寒かったですね。これより寒かっただろう月曜に竿を出した「杉チャン」さん、yurieさん、それにOさんはどんなに寒かったことでしょう。特に凸だった人は・・・。
私もウキさえ見えていればもっと釣れたかもしれません(果たしてそう言いきれるか?)が、いずれにせよこれが精一杯のところでしょう。

投稿: sunshine_hera | 2011年1月19日 (水) 17時31分

こんばんは。
杉さんはインフルエンザにかかったそうです。
南無!
お大事に…。

投稿: 黄金バット | 2011年1月19日 (水) 22時16分

バットさんこんばんは。やはり寒いです。日の当たらない白波はやる気を失わせます。
それはさておき、「杉チャン」さんのインフルエンザは、あの残雪の日に竿を出したのが遠因ではないかと心配しています(Oさんも該当者ですが、今日はお元気そうでした)。

投稿: sunshine_hera | 2011年1月19日 (水) 22時25分

今晩は。
最近の杉ちゃんさんは若さに任せての強行軍でしたね。疲れからのインフル羅感かな?同じ物を食しても体調により食中毒にかからない事も有ります。
ところで琵琶湖の怪人来浜のレポート宜しくお願い致します。楽しみにしています。

投稿: yurie | 2011年1月21日 (金) 20時21分

yurieさんこんばんは。
「杉チャン」さんが体調不良であれば、琵琶湖の怪人は来浜しないと思いますよ。去年からなかなか実現しない来浜ですので、次回はいつになるか分かりません。

投稿: sunshine_hera | 2011年1月21日 (金) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50628873

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くてウキが見えなくて@増沢池 with Oさん:

« 雪が残った | トップページ | クラシックでも聴いて:その17 »