« イ・サンのスペシャル番組を観る | トップページ | キュービックシュー »

2011年2月21日 (月)

快適な環境で竿を出せたが@増沢池 with Oさん

昨夜は体調が思わしくなく早めの就寝となったが、それが良かったのか今朝は快調。そのうえに今日は晴れで風も弱いとの予報に、それではゴー(現金な奴)!が、やはりいつもの如く出足が遅れる。まずはダム?そばまで行って池の様子を覗うと、あれれこんないい日にガラガラだ。日向側流れ込みはWINDOMの人。そこからやや離れた遊歩道下にはOさん。手を振ってくれた。後は看板横付近。いつもなら数人は入っている日陰側はゼロ。それにダム?そばも空いているから、今日は何処にでも入れそう。急いで駐車場に車を入れ、外の道路から池へ。流れ込み上の崖から降りて2人に挨拶。P2210091P2210092WINDOMの人はボチボチ。Oさんは1時間くらいやってウキが動き出したところ。さて、私は何処に入ろうかな。ダム?そばもいいが、今日は2人の間、遊歩道端に入ろう。さあ準備だ。と、Oさんの竿が曲がった!残念擦れだったが、すぐに本命の1匹目。流石です。さて私は今日も15尺の底から。餌も変わり映えしないグルテンセット。それにしても湖面が穏やかだ。そのうえ春のような暖かさ。予報どおり。だが、湖面には油膜が張っている部分もある。まあいい、さっさと底を取り、開始は10時15分。前回は1投目からあたりが出たが、今日はそんな事はないだろう。普通に餌を打って行く。Oさんがポツポツと竿を曲げるので私もじきに1匹目が出るだろう、と高を括っていたら、30分が経過してもウキがピクリとも動かない。それでは、と両グルテンで様子見。すると、ウキの馴染み際でスッと入った。が、カラ。う~ん、へらはいるんだ。WINDOMの人から、1時間は餌を打たないと寄らないと言われたが、いるじゃん。が、しかぁ~し、その後もウキの動きは良くならない。そのうえ、11時頃から波。かなり意気消沈。両側の2人は時折竿を曲げるが、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。ひょっとして今日こそ凸?WINDOMの人が片付け始めた。前回もWINDOMの人の片付け中に1匹目が出たから、今日もそうあって欲しい。すると、波でウキの視認性が悪い中、待ちに待ってようやくウキがズルッP2210093と入ったように思えて合わせると、やったかかりました!今日も地べらからだ。う、嬉鹿~。やはり開始1時間かかったが、これで凸の呪縛から逃れる事が出来て気持ちが落ち着く。WINDOMの人は11時半頃帰った。最近は終わりが遅いですねと訊くと、パチンコが出ないからとの返事。なるほど。さて、せっかく1匹目が出ても続かないのが今の増沢(浅場は分からないが)。P2210094Oさんも擦れが出ている様子。そんな中、餌を切ろうと空合わせをくれたら、何とかかってます!ちょっと恥ずかしいがカウント。波はその後も断続的に現れたが、何とか我慢の範囲だった。それにしても予報が2m/sでこの波?以前8m/sの予報でも釣りが出来たのに、おかしいなぁ。さて、いつもなら逆ゴールデンタイムの時間帯だが、今日はウキの動きが出始めた。そしP2210095P2210096て波が収まる間を縫って12時までに2匹を追加。放流も混じったが、とにかくこれで前回を上回ったゾ(小さい話だ)。さあ、こうなったら次は私の第2目標。すると、やはり波が穏やかな間にウキが返してから本当に小さなあたりP2210097で、やった5匹目!Oさんには届かないが、それでも満足出来る結果だ。後は最後の1投かな。我々から少し離れた浅場には3人が入っている。それと坂の下にも。でも10人はいないだろう。こんないい天気なのになぁ。残ったバラケは捨て、グルテンは宙のために取っておく。さあ、最後の1投に賭けよう。すると、やはりウキが小さく戻したすぐ後に小さく入り、これに合わせてP2210098やった最後の1投が効いたゾ!それにしてもあたりが小さいなぁ。波の中では見過ごしたかもしれない。まあ、1匹目が出てから約1時間で計6匹が釣れたのだから、これは満足でしょう。時刻は12時20分過ぎ。次は宙。竿は13尺で餌はセット専用バラケ:冬のバラケ:天々:水を2:1:1:1のバラケに「玉」。「たな」1本半での再開は12時40分。最初は食わせをグルテンの残りで。再び波が出ている。とにかくウキをドップリと馴染ませる。が、しばらく打ってもウキに動きなし。う~ん、ウキが動き出していたから、底を続けた方が良かったかな(本日のP2210099タラ・レバ)。しかぁ~し、またも餌を切ろうとして空合わせしたら、かかってました!が、放流。釣れたには釣れたけど、いろいろと不満が。Oさんからも、底の方が型がいいのでは?と言われてしまう。そんなOさんは午前中は放流ばかりだったのが、午後からサイズアップしている。グルテンが尽きた私は「玉」で続行するが、前回と同じくウキの動きが悪くなる。おまけに波。懸命に目を凝らしてウキを見つめれば、深く馴染んだウキが更にスッと入るのが分かり、こP2210100れに合わせて2匹目ゲット!またも放流だが、そんな事よりあと2匹で第3目標クリアだ。前回くらいの調子なら行けそうだが。しかぁ~し、しかぁ~し、次はウキが立ってすぐにズルズルと入って行き、ヤバイと思いながらも合わせると、これは凄い引き!ビッグサイズか擦れだ。何とか凌いで寄せてみれば、ガックリ背中に擦れている。あ~あ・・・。すると、そこからウキの動きがバッタリ。バラケも経時変化しているのかもしれないが、「たな」を上げたり下げたりの迷走が続く。時折弱くウキが入るのに合わせるが、全くかからない。もう駄目だ。隣のOさんはポツポツと竿を曲げる。結局擦れから1時間以上釣れず、2時半過ぎにバラケが尽きて宙は終了だ。ホント情けない結果(トホホ)。Oさんもじきに終了。2桁は行ったにP2210102違いない。う、裏山鹿~。片付け。見れば、ダム?そばもまだ翳っていない。随分太陽の高度が上がったもんだ。そろそろ日陰側に入ってもいいかな(いいとも~)?片付けを終え、2人で駐車場に戻ったが、しまったタオルを忘れてきた。急いで荷物を車に積み、また宜しくと言ってダム?そばに向かう。あったあった。再び崖を往復。別にここは急がないので、息は上がりません。やれやれ。今日は昼飯を食っていないので、無性に腹が減っている。でも3時を過ぎているから、今更昼飯というのもね。それでは、帰りにシャトレーゼでアイスでも買うとするか。ゆっくりと満州道路に出た。
 
河津桜が大分咲いてきた
P2210103P2210104
 
    ↓天気と底は良かったのになぁ・・・
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« イ・サンのスペシャル番組を観る | トップページ | キュービックシュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/50932778

この記事へのトラックバック一覧です: 快適な環境で竿を出せたが@増沢池 with Oさん:

« イ・サンのスペシャル番組を観る | トップページ | キュービックシュー »