« そろそろ皆さんいいでしょう | トップページ | 浜松でも支援物資の受け入れ »

2011年3月25日 (金)

「明日に向かってハイキック」が終わった

何となく風邪気味なので一旦は寝たのだが、どうにも釈然としないので再び起きてこれを書いている。
 
BS11で放映中だった韓国ドラマ「明日に向かってハイキック」が今日終わった。シットコム(シチュエーション・コメディ)の30分番組を1日2回放映するもので、出演しているのはイ・スンジェ、キム・ジャオクといったベテランとイケメン若手俳優達。
何故一旦寝たのを起きてまで書こうと思ったのかと言うと、最終話があまりにも納得出来ないから。コメディなのに、何で最終話があんな悲惨な(最早ブラック?)結末になるのか。そのあらすじを書く気にもならないほどだ。詳しくはこちらで確認してほしい。
と思ったら、ここにも書いてなかった。こちらの方がいいかも。
韓国ではこんな終わり方が受け入れられたのかなぁ。日本では、と言うか、私は納得出来ない。今まで見てきたのは何だったのかと思うと、怒りまで覚えるほどだ。こんな救いのないドラマは見るべきではなかった。
 
それにしてもセギョン役の女優さんは可愛かった(これも)。それなのに・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« そろそろ皆さんいいでしょう | トップページ | 浜松でも支援物資の受け入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51216286

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日に向かってハイキック」が終わった:

« そろそろ皆さんいいでしょう | トップページ | 浜松でも支援物資の受け入れ »