« 雨が上がったら | トップページ | 涙、涙の・・・ »

2011年3月 2日 (水)

ジャカゴには入らず@増沢池 with Oさん and 花粉

今日は風が強そうだが、ひょっとしてOさんが増沢にいるかもとメールしてみると、ちょうど着いたところとの返事。これは行かないわけにはいかないでしょう。9時半近くなっているが、ゴー!まずはダム?まで行って池の様子を覗うと、日向側流れ込みで準備中なのはOさん。それに、日陰側流れ込みにも1人が準備中。あれっ、他には誰もいないぞ。浅場看板横付近から上(かみ)にも誰一人竿を出していない。さあ困った。勢い込んで来たのはいいが、ジャカゴ方面には足が向かない。やはり風が強くなる事を考慮すれば、空いているダム?そばがベターでしょう。車を駐車場に入れ、外の道路からダム?P3020133P3020134そばに入る。まずは挨拶。今日は12尺を出しているようだ。湖面は多少波が出ているが、これくらいなら大丈夫。早速準備しよう。私も出来れば短い竿を出したいが、根掛かり必至とあれば15尺は止むを得ないところ。もちろん底から。餌はいつものバラケと、わたグルとα21を半々の食わせ。早く底を取らないと、波が出てしまう。急いで底取りし、開始は10時10分。Oさんはさわりが出始めたと言ったすぐ後に1匹目。放流のようだが、私も早く1匹目が欲しい。すると、数投後にウキがモヤモヤ。こりゃぁ高活性?しかぁ~し、最初のあたりはカラ。すると、その後もウキは馴染んですぐ返すものの、あたりにならない。風が出て、見れば道路の向こう側の山からほこりのような花粉がバサバサ。これにはOさんもビックリ。すると、しばらくして私もOさんもクシャミ連発。目までショP3020135ボショボしてきた。これは辛い。が、そんな中、ようやくあたりを拾って1匹目ゲットは、開始30分過ぎている。やれやれ、サイズもまあまあだし、これで一段落だ。が、続かない。それに、11時頃から風・波が本格化。しかも向かい風で細かい波が出ると、ちょうど時間帯もバッチリなのかギラP3020136ギラターイム!Oさんはポツポツと竿を曲げているようだが、私は何と「かかってます」で2匹目。いろいろとご意見はございましょうが、カウントさせていただきます。対面は、私は竿を曲げるところを見なかったが、後でOさんに訊いたところ、竿は曲がっていたようだ。失礼しました。さて、どうP3020137にもさわりがあたりに結びつかない私は、両グルテンで打ってみる。すると、馴染んですぐに返した後のチクッでやった3匹目!今日初めてちゃんとしたあたりを取れた。が、サイズは放流。いや、ここは素直に喜びましょう。が、上空雲の流れが速く、太陽が雲に隠れるとウキの視認性が悪化。更にウキの動きも悪くなったようで、しばらく我慢の餌打ちが続く。そろそろ12時かな。今日はサイズ的にはまあ満足だが、如何せん数が出ない。何とかあと1匹、いや2匹釣って第2目標まで行きたいが、難しいか。すると、12時のサイレンをまたいでP3020138P30201392匹をゲットだ。記憶がはっきりしないが、連荘ではなさそう。結構待ちに待ったと思う。とにかく第2目標をクリアした事で、気持ちは前向きに。しかぁ~し、後が続かない(何故だぁ~?)。そこで、再びの両グルテン。が、ウキはモヤモヤするだけであたりにならない。どうやら底はこれでお終いかな。が、しかぁ~し、しP3020140かぁ~し、ラス前にまたも「かかってます」。ウキを真剣に見ていた事は間違いないので、竿を上げる瞬間に食ったのでは。オーラスは特別何もなく、12時40分頃底を終了。実釣2時間半で6匹なら、私にとってはまあまあではないか(Oさんが2桁目前ということは置いといて)。波は収まる気配がないが、次は宙で行こう。竿は12尺、餌はセット専用バラケ:天々:冬のバラケ:水を2:1:1:1のバラケに「玉」のセット。「たな」1本半での再開は12時50分。波は一番出ていた頃で、うまく振り込めない。「杉チャン」さんに言われたように、デカバラケでウキをドップリ馴染ませるを繰り返すが、反応はない。そのまま続行。1時を過ぎP3020141る。すると、ようやくウキがモヤモヤし始めた。何とか1匹。ハリスを伸ばしてみる。すると、1時半近くなってウキがスッと入り初めてのあたり!が、カラ。しかも続かない。ちょっとバラケを小さくしてみる。すると、またもウキがスッと入り、これに合わせて嬉や1匹目ゲットだ!これで一気P3020142に勢いづくが、その後がない。そこで、「たな」を1本に変更。すると、再開第1投でウキがチクッと動き、これに合わせれば2匹目ゲット!すると、地合なのかウキの動きが良くなり、2時前に餌打ちしてウキが立つや否やズバッと消し込み、これに合わせればやった3匹目!しかもサイズはP3020143グー。37cmくらいある。さあ、あと1匹で第3目標クリアだ。すると、次の餌打ちでまたもズバッというあたり!やったと合わせればかかりました!寄せる途中でバラケを食っている事が分かったが、ノープロブレム。しかぁ~し、食っているのは間違いないのだが、何故かバラシ。く、悔しいゾ~ッ。しかも、次の餌打ちでも消し込み!今度は鱗だったが、これは地合になっているのかも。しかぁ~し、しかぁ~し、最初にデカバラケを打ち過ぎたせいか、バラケが残り少ない。ウキがせっかく動くようになったのに、このまま終わるのか。ウキはまだ動き続けたが、2時10分を過ぎたところでバラケが終了。さあバラケを作るべきか、それとも終P3020145わった方が良いか。一瞬悩んだが、欲を出して結果が出た記憶がないので、ここは涙を呑んで終了だ。結果、宙では実釣1時間半弱(いつもなら2時間はかかる筈)で3匹。底と併せて実釣4時間弱で9匹。片付け。Oさんはまだ餌が少しあるという事で続行。宙に変えているようだ。対面はP3020132帰っているので、私が帰ればOさんの貸切になる。片付けを終え、Oさんに挨拶して崖?を登る。河津桜は満開、花粉も満開か。駐車場に戻ると、車のフロントグラスに黄砂がビッシリ?いや、花粉でした。ワイパーで落とす。まだ鼻がムズムズするので、さっさとこの場所を離れよう。急いで駐車場を後にした。
 
P.S.帰宅してからパソコンを開くと、浜松駅前で路線バスに刃物男という記事。幸い犯人は逮捕されたようだが、何処で何が起こるか分からない世の中になってしまった。残念だ。
 
    ↓花粉、刃物男、恐ろしや
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« 雨が上がったら | トップページ | 涙、涙の・・・ »

コメント

こんばんは。
ジャカゴ半島辺りは風がアタリますね。
今日から少し目が痒くなってきました。
くしゃみはまだそれほどではありません。
今年は花粉がきつそうですね。

投稿: 黄金バット | 2011年3月 2日 (水) 23時21分

バットさんこんにちは。
ジャカゴは吹きっさらしです。ですので、花粉の影響はモロですよ。出来れば風の弱い日に竿を出したいですね(masaさんから叱られそう)。
増沢の花粉は、私がここで竿を出すようになってから最大量が飛散しているように思います。車全体に黄砂のようにベットリ付いているなんで、驚きでした。

投稿: sunshine_hera | 2011年3月 3日 (木) 09時49分

こんばんは!
厳しい条件下で9枚は素晴らしい釣果ですね!。
 でも、一つだけ注文をつけさせて頂きますと、"蛇かご半島"ですが、先端だけの様子で判断されているのがどうも引っかかります。それは先端は当然風の影響を最も受けやすいポイントである事は地形的にもうなずけますが、蛇かご半島全体をそれで判断なさるのはどうかと・・・・?、付け根のあたりなら風は全然違う方向から吹いてくる?、だめなら"中通し仕掛け=ドボン”もありますよ。
 「何回もはずれが有ってようやく”乗っ込み”の大釣れを味わえるのでは?」とは”一老釣り人の独り言でした(笑)。

投稿: masa872 | 2011年3月 3日 (木) 20時01分

masaさんこんばんは。
そういえば、突先に入ったのは初めてでした。それまでと違う雰囲気と目の前の花粉で判断が鈍ってしまったようです。
短い半島?ですが、場所を変え、更にはドボンなんて、根掛かりのある場所では全く思いも付かない発想ですね。
そうそう、あんな浅場で宙を試したこともあるので、いろいろと工夫すれば釣りが出来ますね。こうなると花粉との戦いになります(特に今年は)。

投稿: sunshine_hera | 2011年3月 3日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51012589

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカゴには入らず@増沢池 with Oさん and 花粉:

« 雨が上がったら | トップページ | 涙、涙の・・・ »