« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

引佐天池で岡ジャミ アンド 玄炊庵で昼食

今朝6時前に携帯の音で目が覚めた。「杉チャン」さんから仕事が早く片付いたので増沢に来ているとの事だったが、まだ早いですよと再度ベッドへ。7時頃に再度起床。今日はバットさんが「ビートさん(誰?)」と引佐天池で竿を出すので、岡ジャミをする事になっている(迷惑の一語だと思うが)。それに「杉チャン」さんの見学と東海釣り具での買い物を組み合わせて、今日午前中のスケジュールは完璧(by yurie)!
まずは引佐天池。9時半頃到着すると、オーバーフローを挟んで2人が竿を出していた。P4300443P4300442P4300444まずは挨拶。8時半頃から始めて、何と「ビートさん」は既に結果を出していると言うではないか。これは素晴らしいとともに、今の引佐天池の絶好調を表している。良く見ると、対面にも2人入っているではないか。多分初めて見る風景。しばらく「ビートさん」のウキを見ていると、モヤモヤ。そしてスッと合わせたのを見たら、これは凄い!大物がかかった!寄せてからサイズを測ったら、何と44cm!私の41cmなど何処かへ吹っ飛んでしまうほどデカイ。その後も30cmクラスをかけたが、さっきのに比べるとやけに小さく見えたのは私だけか。予定では10時頃までお邪魔虫をするはずだったが、大幅に延長して10時半近くまで。が、私の言動がバットさんをイライラさせたようなので、そっと池を後にした。
さあ、次は増沢で「杉チャン」さんのご機嫌伺い。池に着くと、行楽の家族連れもあって駐車場は混んでいる。車を停めて橋まで行き、「杉チャン」さんの姿を探すが見当たらない。電話してみると、何と私と行き違いになって引佐天池に着いたところらしい。ガックリ。でももう戻りません。
次は東海釣り具。すると、満州道路を南下している途中に、引佐天池に向かうと「杉チャン」さんからメールが届く。レレッ?11時半頃と昼時のせいか、ファーストフードの店は何処も車で混雑している。私も腹が減ってきた。そうだ、帰りに玄炊庵で蕎麦と行こう。
東海釣り具で「セット専用バラケ」その他を買った帰り、玄炊庵に到着するが、土曜の昼時なのに車が1台も停まっていないではないか。店内には私だけ。前回来た時は1時半過ぎと昼食の時期からずれていたが、GWの昼時にこの状況ではこの店大丈夫か?前回と同じものを、蕎麦大盛りで注文。座敷の窓越しに見える朱色の花?が綺麗なので写真に撮ろうと思ったが、携帯ではうまく色が出ないので止める。さあ、蕎麦が来た。今日は大盛りにしたが、量的には普通でもOKだろう。しかぁ~し、楽しみにしていた蕎麦湯を注いだところ、これも前回と同じく白湯のようだ。以前masaさんにその事を訊いたら、そんな事はない筈と言っていたので、今日こそ美味しい蕎麦湯が飲めるかと思っていたのだが、これは・・・。蕎麦湯だけを注いでみても透明。味はかすかに蕎麦湯。レジでここの蕎麦湯はいつもあんなに透明なのかと訊いたが、「えっ」と訊き返されたのでそのまま引き下がってしまった(トホホ)。何となくスッキリしない気分で帰路に着いたが、途中でハタと気が付いた。今日も前回も客がいない。と言う事は、私の蕎麦を茹でた大きな釜では蕎麦の成分濃度はほとんでゼロに近いと言う事ではないだろうか。そうすれば今日も前回も蕎麦湯が透明というのも頷ける。勝手な推測ではあるが、これで自分の精神安定が保たれればいいだろう。後はmasaさんに再度訊いてみよう。満腹で家路に着いた。
 
天気は間違いなく下り坂
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

これだけ天気が良くても真冬の釣り@増沢池 with masaさん、バットさん、and ひげさんご夫妻

今日はひげさんご夫妻が来浜される(実は前泊している)と言う事で、何とか体調を戻そうと昨夜10時に就寝。それが良かったのか今朝は5時過ぎに目が覚めてしまった。ひょっとして既に竿を出しているかも、とバットさんにメールするが、自分がまた寝てしまったため、バットさんの返事を見たのは7時過ぎ。まだ増沢には来られていないようなので、それではといつものグズグズで、家を出たのは8時半頃過ぎ。駐車場に入らず、ダム?そばに駐車して日向側に向かうと、いましたいました。階段側から見てmasaさP4290434P4290433ん、バットさん、そして流れ込みにはひげさんご夫妻。岡ジャミとして竹ちゃんマンさん。皆さんに挨拶して、私も岡ジャミの仲間入り。予報では風が強いようだが、風・波はあってもそれほどではない(釣りにくいですが)。30分ほど岡ジャミをしていたが、masaさんバットさんから執拗に?竿を出すよう促され、遂に決断。ダム?そばに停めておいた車P4290435を駐車場に移動させ、荷物を降ろして外の道路から池に向かう。masaさんと先客(段底で爆釣)の間に入り、さあ準備だ。気持ちの中では日陰側と同じくらいの釣果が浮かんでいるが、既に始めている皆さんはかなり渋い様子。13尺を出し、バランスの底でやろう。餌はいつものグルテンセット。風・波で底が取りにくいが、適当に(コラァ~!)やって開始は9時50分。思うように振り込めないが、仕方ない。うん、ウキの馴染みはOK。が、やはりウキがかなりシモる。そして流される。それでもあまり待つ事をしないように心がけて餌打ちを続けると、開始P429043630分を過ぎて両グルテンでウキがフワッとした後にムズッと入り、合わせるとやったかかりました!今日はひょっとしたら凸では、と恐れ戦(おのの)いていたのだが、サイズはともあれこれで何とか帰れそう(ホッ)。それにしても左の先客の竿を曲げる回数は凄いの一語。まるで違う池で釣っているかのような錯覚さえ起こさせる。さて、風・波に加えて正面の山の間が湖面に映って、それもウキの視認性を悪くさせる。ただでさえ細いトップ、失敗したなぁと思いながらもそのまま続行。masaさんは渋いながらもポツポツと数を増やすが、バットさんはデカマブを釣り上げた後は苦しい戦いを強いられている。ひげさんは時折竿P4290437を曲げるのが見えるが、詳しくは不明。竹ちゃんマンさんは帰った。私はウキの動きが良く分からない中、ウキが馴染み過ぎたような気がして合わせると、やった2匹目ゲットだ!サイズは多少大きくなったが、引佐天池に比べればまだまだ。が、11時頃から急にウキの動きが悪くなる。爆釣モードの先客も同じ。懸命にウキを見つめ、ウキが動けば合わせてみるが、何と3連続バラシ!どうやら底はこれでお終いか。しかぁ~し、開始2時間が経過した頃、湖面が穏やかになったその時に、遂にウキが馴染んで返してチクッ、を見た!これに反応すP4290438れば、やったかかりました!これでようやく3匹目。masaさんは2桁に達している模様。その後12時のサイレンを聞き、私の餌の残りもあとわずか。ひたすら餌打ちを繰り返すが、その後ウキが動く事はなく12時20分頃に底は終了。結果、実釣2時間半で3匹。思いもよらない結果に茫然自失(日陰に入っていればという愚痴はグッと飲み込み)。気分を変えるためバットさんの様子を見に行くと、竿を変え宙にしている。ウキは動いているようだ。私も後半は宙だが、masaさんバットさんのようにウキを動かす事が出来るだろうか。竿を11尺に変え、餌はペレ道:冬のバラケ:天々:水を2:1:1:1のバラケに「玉」、と思ったら、「玉」が餌バッグに見つからない。何度となく探すが出て来ないので、それでは今日は「感嘆」を使ってみよう。ポンプも新しいものをおろす。「たな」1本半での再開は12時40分頃か。う~ん、馴染みは出るがウキの戻りが悪い。バラケていないのか。それでもとにかくどんどん餌を打つ。すぐに1時。そして時間だけが過ぎる展開はいつもどおり。ウキをどっぷり馴染ませれば何かしら動きがあるのだが、あたりにはならない。それにウキが流されるのも釣りにくい原因の一つ。何だかなぁ。既に1時半。と、ここでバラケが抜けたままP4290439の状態で空合わせをくれると、何とかかってます!これは儲けものだ。カウントカウント。が、この餌ではその後何も起きず、2時頃が逆ゴールデンタイムと言う事もあって、バラケが尽きたので無念(当たり前)の終了。と思ったら、まだ2時過ぎですよ、続行続行と言う声が。確かに3時頃にはゴールデンタイムがやって来る(筈)。今までは帰るのが早すぎてその恩恵に預かれなかったが、最近の私は終了が遅い(出て来るのが遅くなったため)ので、もう少しやってみようかなとスケベ心がムクムクと出てくる。よし、餌を作り替えて続行だ(思えばこれが時間の浪費になろうとは、この時思う術もなかったが・・・)。今度は先日の引佐天池で失敗したのが分かっていながら同じバラケ(ダンゴ?)を作る。そして再開。思ったとおりウキの戻りが悪い。あ~あ(やっちまったナァ)と思いながら3時を迎える。先客が終わった。そこにいたへらにはこちらに来て欲しいが、masaさん曰く底のへらだよ(宙には来ないってか)。が、やはりゴールデンタイムというのは存在するようで、3時半頃から急にウキが動き出した。すると、遂にバットさんの竿が曲がる!バットさんはその後更にもう1匹追加だ。素晴らしい。さて、masaさんも私もウキの動きが良くなるが、竿を曲げるのはmasaさんだけ。私のウキも消し込みを見せるようになるが、かからない。おそらくバラケに反応しているからだろう。更にかかったと思ってもバラシ(ガクガクッ)。そろそろバラケが尽きるし、4時も廻った。幾らウキが動いていても再々度の餌作りはさすがになP4290440いので、どうやら後数投で今日の釣りはジ・エンドか。と、それまでと同じようにバラケが抜けてから誘ってみると、今度も同じような消し込みで何故かかかりました!遠い彼方の話かと思っていた第2目標を達成だ!しかぁ~し、「たも」に入れたら鈎が外れていた。寄せる途中では口にかかっていたと思うのだが、皆さんの視線が厳しいので、ここは疑惑の1匹とさせてもらう(カウントに変わりはありませんが)。そしてじきに餌が尽き、4時10分頃に宙も終了。P4290441結果、約3時間半で2匹(疑惑の1匹を含む)。底と併せても実釣約6時間!で5匹。気温は上がっても真冬の釣りの様相。ただただ疲れた。片付け。masaさんも道糸のトラブルが発生して終了のようだ。12,3匹は出たとの事。masaさんとバットさんの釣果等の詳細は、それぞれのブログでご確認ください。片付けを終え、皆さんに挨拶して崖を登る。それから外の道路を通って駐車場へ。今日は昼飯抜きで腹ペコだ。夕食前に何か腹に入れなければ。皆さんご期待のとおり、さっさと池を後にした。
 
P.S.私のブログに触発されたのか、ザわさんが今日引佐天池に行って40cmを出したとメールがあった。素晴らしい。明日はバットさんがビートさんと行くようだが、私もちょっとだけ(ちょっとだけよ)岡ジャミしようかと思っている。
 
今日もし日陰側に入っていたら(本日のタラ・レバ)
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

急に体調が思わしくなくなった

昨夜風呂上りに髪を乾かさずにウロウロしていたら、案の定今朝からどうも体調が思わしくない。風邪ではないと思う(今のところ熱はない)が、全身がだるいのだ。せっかくのGWを明日に控え、何故こういう時にと日頃の不摂生を悔やむばかり。特に明日はひげさんご夫婦が来浜されて増沢で竿を出す日。前回は離れた場所で竿を出したので、今回はもう少しお近づきになろうと思っていたが、非常にまずい。今夜は早く寝て明日に備えよう。もし明日更に体調が悪くなっていたら、残念だがご一緒させていただくのは次の機会になりそうだ。
 
とにかく栄養を摂って早く寝よう
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

柳の木の下には2匹目のドジョウが@引佐天池

今日も昼頃雨の予報。最初は増沢にでも行こうかと思っていたが、やはり昨日のウキの動きが気になって仕方ない。そこで、今日も連荘で引佐天池だ。あわよくば・・・。池に着くと先客がいたが、何故か去っていった。バサーは数人。私は車の向きを変え、昨日と同じ場所に入る。あれっ、さっきの人が戻って来た。堰堤右端の方に入るようだ。さあ準P4270422P4270423備しよう。湖面は穏やか。ちょっと暑いくらいなのでセーターを脱ぐ。さて、竿は昨日と同じ11尺で底だが、今日は竹竿にしてみる。餌も昨日とは変えて、夏:冬:新ペレ:水を1:1:1:1.5のバラケと、いもグル:α21:水を1:1:1.3のセット。餌を重くして底に安定させる狙い。底を取り、開始は9時半。今日は早く家を出たつもりだが、昨日とあまり変わらない開始時刻だ。さて、この池はあまり餌を打ってはいけないらしいが、「杉チャン」さんからは30秒ルールを指示されているので、悩ましいところ。まあ、私は私なりにやってみよう。最初はやや早めのインターバルで餌打ちしてみる。すると、開始15分くらいでウキがモヤモヤ。そしてあたった!えっと思いながらも合わせるがカラ。う~む、昨日と同じか。しかぁ~し、その後カラを数回打ったところで、今日はかかりました!P4270424まだ開始30分経っていないぞ。これは素晴らしい。サイズ的には30cmくらいと、この池での平均以下。でも、これでこの後がやりやすくなった。その後もカラが出る。バットさんからはブルーではないかと言われているが、今日は正体を見破ってやる(1匹出たので威勢がいい)。すると、餌落ちP4270425付近まで戻したウキがチッと入り、これに合わせればやった2匹目か?あれぇ、随分引きが弱い。ひょっとしてブルー?いや、見えてきたのはへらだが、何と増沢でお目にかかる放流と遜色ないサイズだ。この池は放流されてない筈だが、一体何処から来たのだろう。10時を過ぎ、右端の方にもう1人入ったが、多分昨日いた人。さて、その後はなかなか難しい状況となる。ウキがそんなに動かないし、仮に動いてもカラまたはバラシ。まさか今日はこれでお終い?せっかく雨の予報をものともせずにやって来たのに、まさかね。開始1時間を過ぎて「玉」を出してみる。すると、いきなりの消し込み!やばいと思いながらも合わせると、P4270426やったかかりましたよ!だが、これは擦れではないか?引きもなかなか強く、やっとの思いで「たも」に収めると、ちゃんと口にかかっていたが、何と上鈎。それにあれだけ暴れても「玉」が残っていた(特に関係ないか)。なかなかのサイズに見えたのでメジャーで測ってみると、残念36cmとこの池の平均くらい。嬉しさが半減してしまった(写真をクリックすると拡大します)。しかぁ~し、またもウキの動きが弱くなる。その後再度の消し込みが出たが、今度はハリス切れ(合わせ切れではありませんよ)。さっきと言い今と言い、竹竿に大きな負担を強いてしまった。ちょっと曲がったような気がする。さて、11時を過ぎ、開始1時間半で3匹なら充分だろう。でも2匹目の小サイズが気になるなぁ。何とかあれ抜きで第2目標くらい行きたいものだ。ウキの動きは弱いままだが、へらがいる事に違いはないので、とにかくウキを見つめる(当P4270427然合い間にカラやらバラシは少ないですが出ます)。すると、開始2時間近くなって、少し戻したウキが小さくあたり、これに合わせるとやったかかりました!おおっ、これは大きい。慎重に寄せる。間違いなくさっきのより大きいぞ。そこで、再度測定。やった39cmもある!さっきのと言い、型もグーだし言う事なし。柳の木の下の2匹目のドジョウどころではなく、今日はホント来て良かったぁ(余韻を噛み締めている)。さあ、今度はとりあえずの第2目標だ。だが、11時半を過ぎるとウキの動きが更に弱くなる。右端の2人は静かに寄せるので、釣れているのかどうかが分からない。でも、私が釣れているのだから釣れてるでしょう、きっと。私は自然と待つ釣りになるP4270428が、ジワジワと1目盛戻したウキが1目盛入ったのを見逃さずに合わせれば、やった第2目標クリアだ!これは素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。サイズは30cmあるが、測るほどではない。さて、第2目標をクリアした事は素晴らしいが、やはり2匹目の放流サイズが気になって仕方ない。何とかあれ抜きで第2目標をクリアしよう。あと1匹。しかぁ~し、12時のチャイムが聞こえてくる。開始2時間半で5匹なら充分過ぎる釣果なのだが、人間の欲には限りがない。幸い?今日も餌を多めに作った(作り間違えた)ので、12時半頃までは持ちそうだ。目の前を大きな錦鯉がうろうろ。これにかなり餌をやったが、それでもまだ残っているとは。バサーのほとんどがチャイムと共に消えた(Gone With the Chime)。さあ、ラストスパート(ダメでも余裕がある)。しかぁ~し、なかなかウキの動きは戻らない。さっきまでと同じく待つ釣りだ。ただ、全くあたりがなくなった訳でもなく、たまにカラが出る。そうこうしているうちに、12時半。遂に開始3時間になってしまった。そろそろ餌も終P4270429わる。放流をカウントするのは止むを得ないのか。すると、じっと待っていた後にまたもスッとウキが入り、これに合わせればやった「上がりべら」ゲットだ。更に真の第2目標クリア(そんな。放流の立場は?)!サイズは30cmくらいだが、充分です。その後餌を打ち切ったのは12時45分。底では実釣3時間15分で6匹。想定外の結果には感動。ついバットさんに自慢したくなってメール。エッヘン。さて、12時頃から上空雲が多くなり、ひょっとしたら予報どおり雨になるかも。このまま終わっても何の問題もないが、まあちょっとだけ宙でもやってみようかな、お遊びで(お前にお遊びでない釣りがあるのかというご指摘はご勘弁のほど)。今日も釣りに集中して出来なかったトイレと昼食。そして竿を9尺に変える。餌は特S:天々:マッハ:水を1:2:1:1のバラケに「玉」のセットで行く。おそらくバラケがダメだろうが、とりあえず打ち切って終わろう。「たな」1本半での再開は1時10分。どっぷりとウキを馴染ませるが、早くも粘りが出たのか、ウキはジワジワと返す。でも、スパッとバラケを落としてどんどん餌打ちすれば、おおっ、ウキがモヤモヤし始めたゾ。これならじきにあたりが出そう。しかぁ~し、1回小さくウキが入った後は静かなもの。堪えきれずに「たな」を1本にしてみる。すると、糸ずれのようなあたりが出たが、もちろんかかりません。まあいい、どんどん餌を打って終わりにしよう。2時になり、再度「たな」を1本半にしてみる。すると、またもウキがモヤモヤ。あまり期待出来ないが、ひょっとしてあたるかもね。すると、バラケが抜けてからウキがスッと入ったではないか!もちろんバッチリ合わせれP4270430ば、やったかかりました!ただ餌を打ち切るだけの宙の筈が、この手応え、堪りません!ひょっとして擦れているのでは、とビクビクしながら寄せれば、バッチグーのサイズではないか!これは測定。すると、何と言う事でしょう、今日一番の41cmが出たではないか!う、嬉鹿~ッ。まだウキは動いているので、もしかしたらもう1匹釣れるかも、とスケベ心が出るが、残念ウキは動いてもかからず2時半に終了。結果、宙は9尺セット「たな」1本半での実釣1時間P427043220分でビッグサイズを1匹だぁ(まぐれでも何でも良い)。底と併せて、実釣4時間半強で7匹。私にすれば申し分ない結果。片付け。雨は今日も降らなかった。昨日と同じく午後から出勤の「名人」さんは、今日はいつもの場所に入れず、バルブの横に入っている。片付けを終え、車に戻る。宙での結果もバットさんに報告(イヒヒヒッ)。バットさんはGW中に来るそうだが、今夜から降り出す雨が悪影響を及ぼさなければいいが。車中で昼食の残りを食べ、家路に着いた。今日は来て良かったなぁ、柳の木の下には2匹以上のドジョウがいた。
 
これでしばらくは引佐天池に行かなくていい
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

いいようにあしらわれた@引佐天池

今日は風は弱いものの、昼頃に雨があるとの予報。さてどうしよう、今日は増沢で昨日の続きをと思っていたが、そうだ、もし雨が来ても逃げるのが簡単な引佐天池に行ってみよう。いつも増沢ばかりではつまらないと何処からか声が聞こえてきそうなので、たまには違う池(どちらかと言うと修行の池?)で竿を出すのも、釣りの厳しさが分かるからいいかもしれない。という事で、ちょっと出が遅くなったが引佐天池にゴー!池に着くと、先客が最深部付近に1人。湖面にはゴミが浮いているが、風・波は少なく穏やかだ。早速車を停め、オーバーフロー右に入る。暖かいというより暑い感じ。さあ準備だ。とりあえP4260416P4260417ず13尺を出してセットの底と行こう。餌はいつものグルテンセット(これも誰かから叱られそうだが)。底も取れ、開始は9時45分。随分遅れてしまった。さて、餌打ちを始めると、すぐにウキが戻す。これは高活性か?残念餌付けが甘かったようで、ちょっと締めたら戻らなくなった。が、その後はさっぱりウキに動きなし。先客は常連さんなのかポツリポツリと竿が曲がる。少なくとも5回は曲がるところを見た。さて、完全に餌打ちマシンと化した私だったが、このままでは間違いなく凸。そこで、私にしては珍しく11時頃に竿を11尺にチェンジ!上空雲が多くなって、気温も上がらなくなってきたので、ひょっとして少し前倒しで雨かな、と餌バッグだけ車に仕舞う。その後底も取れ再開すると、何と数投でウキがモヤモヤ。そしてあたり!残念カラ。でも、随分久し振りにこの池であたりを見た気がする。これは力が入るゾ。しかぁ~し、次のあたりもカラ。ゲゲッ、これはまずい。でも、これだけ動いていれば、そのうちかかるに違いない。すると、その通りかかりました!が、しかぁ~し、今度は寄せる途中でバラシた・・・。今度こそアウトだ。いや、何故かウキの動きはなくならない。が、今度はカジッた!う~ん、全くダメダメだ。そして消し込みのようなあたりに手を出したら、今度は上ハリスを切られた。おそらく擦れだろう。ハリス交換時に、ハリス長も変えてみる。早くも12時。既に開始2時間を経過。予報の雨は来ないが、気温も上がらず肌寒く感じてきた。それでも昼食も我慢して続行するほど力が入っているが、気持ちも焦っていて、あたりかどうか分からないウキの動きにも手を出してしまう。そして12時半頃、今度こそあたりに合ったでしょうと思ってもバラシ。カラもありますよ。そして再度のハリス切れに、今度はハリス段差も変えてみる。私にしては珍しいが、それほど1匹が欲しくてたまらない。だって目の前でウキが動いているんだから。今日は餌を多めに作ったが、そのおかげで続行出来ている。開始3時間を過ぎ、腹も減っているが、もう少しの我慢だ。そして1時になろうとしたその時、今度こそあたりに合ったでしょう!が、緊張したのかなかなか寄らない。やっと「たも」に収めるが、P4260418う~ん、どうだろう、マブナライク?サイズは35cmくらいありそうだが、今になってライクはないでしょう。とりあえずカウントだ。もし追加出来たら、その時にこの判断を見直そう。が、相変わらずあたりはカラ(あたりがたくさんある訳ではないが)。そして今度こそと思ってもバラシで鱗。1時半にとうとう餌が尽き、一旦終了だ。結果、実釣3時間45分!で1匹。バラシが4回にハリス切れ2回。カラは数え切れず(トホホ・・・)。まだウキは動いているから、続行なら底かな。でも、せっかく引佐天池に来たことだし、今後来るかどうかも分からないから(オイオイ)、次は宙にしてみよう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はペレ道:冬のバラケ:水を2:2:1のバラケに「玉」のセット。バラケが水を吸うまでの間に、急いでおにぎりを食べる。「たな」1本半での再開は1時45分。すると、何という事でしょう、数回でウキがモヤッとするではないか。これは爆釣の予感か?そして小さなあたりが出るが、どうもバラケに来ているようだ。このバラケ、最初はすぐにバラケていたのだが、じきに粘りが出たのかバラケが悪くなった。そこでピラミッドパワーやら餌付けを甘くしてみるが、どうにもスッキリしない。そこで、今度は「たな」を1本にしてみる。餌付けは甘く甘く。すると、またもウキがモヤモヤ。ただしあたりにはならない。とにかくバラケが早く抜けるように心がけるが、思うようには行かず、ウキの動きも冴えなくなる。が、突然のあたり!やったと合わせるが、寄せる途中でまたもバラシ。ガクガクッ。どうやらこのバラケではどうにもならないか。でも使い切るぞ(それが私の流儀って?PART3)。3時を過ぎ、今度は「たな」を1本半に戻す。すると、何だか良く分からないがウキが動くではないか。これは地合なのかも。しかぁ~し、そろそろバラケが終わる。が、何としても1匹。が、なかなかあたりにはならない。それでも後数投でバラケが終わりと言う頃になって、大きくはないあたりが出た!慌てて合わせれば、今度こそかかったでしょう!が、しかぁ~し、しかぁ~し、またも寄せる途中でバラシ。もう駄目だ。今になってのバラシでは、最早天も我を見放したか(絶句!)。バラケは後2回分しか残っていないが、とにかく餌を打ち切ろう。すると、馴染んですぐにウキがグッと入り、これに合わせればやったかかったでしょう!今度こそ間違いP4260419なさそうだ。嬉鹿~。寄せてみれば、ガッチリ「玉」を食っている。サイズ的にはやや物足りない感じもするが、贅沢は敵。さあ、最後の1投に賭けよう。すると、またもあたりが出たが、今度はカラ。終了時刻はジャスト3時半。宙でもバラシが2回。カラは数回しかなかった(あたりそのものが少なかったから・・・)。結P4260421果、実釣1時間45分で1匹(こちらは正真正銘)。底と併せて実釣5時間半で2匹(やや疑惑が残るが)。恐れていた雨もなかったし、気持ち良く片付け。でも、あれだけウキに動きがあれば、上手な人なら2桁くらいは行ったのではないだろうか(私にしては充分過ぎる結果だったが)。午後から来た「名人」さんもいつもの場所で竿を曲げた。片付けを終え、車に戻る。残しておいた?おにぎりを食べ、ずっと我慢していた用を足し、ゆっくりとその場を離れた。
 
たまには厳しい池で人生修行だ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

ほうほうの体で逃げ出した@増沢池

明日から天気が悪くなるとの予報に、今日は風が強そうだがゴー!9時過ぎに駐車場に着くと、WINDOMはもういないが、車はそこそこ停まっている。まあいい、何処か空いているだろうと荷物を下ろして池に向かう。あれっ、へら師は対面ジャカゴにいつもの人、後はこちら側橋の上(かみ)にこちらもいつもの人、更には柳の木の奥と塩ビ管付近P4250408P4250409に1人ずつ。湖面は多少波立っているが、それにしても少ないなぁ。先客に挨拶して、私はいつもの場所に入ろう。今日は午後から風が強くなるようなので、宙だけやって午前中に終わる予定。日が当たっていて暑いくらい。さあ準備だ。竿は7尺でセットの宙。餌はペレ道:冬のバラケ:天々:水を2:1:1:1のバラケと「玉」。「たな」1本で開始は9時25分。うわっ、いきなり手前に向けて白波。右からも吹いている。ウキが流されるのは仕方ないが、とにかくバラケが「たな」まで持ってしばらくパラパラとバラけた後はボソッと抜ける感じになった。よしよし。すると、じきにウキがモヤモヤ。そして弱く入るようになる。もちろん合わせませんが、そのうちスッとウキが入り、これには合わせるがカラ。その後ズバッと入るようになってもカラ。バラケは抜けている筈だが、バラケに来ているのP4250410か?そして開始30分が経過しようとした頃、やっとあたりに合いました!やれやれ。しかぁ~し、この手応えはグーなサイズには程遠い。一応「玉」を食っているが、今までの結果からしてこれでは物足りない。ひょっとして時間帯が悪いのかな。でも、今日の予定は昼まで。どんどん行くしP4250411かない。が、その後もウキは動きあたりも出るが、カラ。ようやく2匹目、と思ったら、やはりバラケを食っているではないか。かと言って、バラケが完全に抜けた後は食わせに全く反応しないので、ボヤッと待つ訳にもいかないし。早くも10時。このままではグーなサイズにはお目にかかれそうもない。バラケに何か足したりすればいいかもしれないが、それでは終了時間が延びてしまう。餌付けで調整するが、あたりはカラばかり。たまにかかったと思ってもバラシでは、テンションがどんどん下がるだけ。と、ここでいきなりウキがズバッと入り、これに合わせるとやったかかりました!うわっ、穂先が水中に入りそう。これはグーなサイズか?しかぁ~し、寄せてみれば腹に擦れ。サイズもそれほどでなく、2重のショック!その後は再びカラツンだけ。10時半を過ぎた頃、橋の上から「出ますか?」の声。見ればHRさんではないか。ダメですと答えると、HRさんは橋を渡って看板横方面に向かった。そのP4250413後、いいあたりに合わせて3匹目をゲットするが、またもバラケを食っている。どうやら今日のバラケは不正解なのか。でも使い切るのが私流(どんな流儀だPART3)。11時前に先客が帰った。ポツポツと竿を曲げていたようだが、サイズは不明。風・波は一向に収まらないが、何だか急に風が強くなった気がして空を見ると、いつの間にか雲に覆われている。それに西の方には真っ黒な雲。これはヤバイ。そう言えば予報で、急に天気が崩れる事があると言ってたなぁ。バラケもそろそろ終わりに近づいているし、早く打ち切って終わろう。風はどんどん強くなって、これは絶対何か来るでしょう(何かって、それは決まっているのだが)。と、P4250414そんな中珍しくあたりに合う。やった「上がりべら」ゲットか?と喜んだのも束の間、上がってきたのはご立派なブルー。今年初めてかも。鈎を呑んでやがる。クソッ(言葉が悪いのはご勘弁のほど。心の叫びです)。せっかくなので写真。風はビュービューとなって湖面はバシャバシャ。と、更に湖面に何か打ち付けている感じ。ゲゲッ、やはり雨なのか。HRさんはまだ対面で準備中だが、果たして続行するのか?通り雨と思いたいが、西の空はずっと黒い雲ばかり。私は雨にトラウマがあるので、餌を捨てて片付けだ。結果、実釣約1時間半で3匹(ブルーギルは含まず)。こちら側橋の上(かみ)の人も片付けている。塩ビ管付近の人も。雨は本降りのような勢いでバラバラと降り、私のジャンパーもびしょ濡れだ。やっと片P4250415付けを終え、急いで駐車場に戻る。濡れた荷物をそのまま車に押し込み、さっさと池を後にした。途中、モクレン通りも道路が濡れていたが、雨の勢いはなくなっている。空の雲も幾分減ってきた様子。そんなに慌てて逃げなくても良かったかもね。ひょっとして通り雨で、逃げる様子がなかったHRさんはその事も承知の上だったのかも。家の近くも雨に濡れていたが、こうしてブログを書いている今、外は快晴。一体あの黒雲は何だったのか。まあいい、どうせ大して釣れなかったし。午後からはあちこち出掛けてみようかな。
 
雨のトラウマ、何とかしないと
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

見学@増沢池 with 多くの人

今朝朝食を終え、ふと携帯を見たら、何と「杉チャン」さんから増沢に来ているとのメールが。今日は風が強いとの予報(最近はあまりあてにならないが)なので、竿を出すのは控えておこうと思っていたので、見に行けたら行くと返信。その後9時頃に家を出る。途中WINDOMと擦れ違ったのは、出る時間帯が遅すぎたから。9時半頃駐車場に着くP4240405と、「杉チャン」さんの車は見えないが、masaさんの車ハケーン!あれれ、どうなっているのかな。多分日向側には行っていないだろうと踏んで、いつもの場所付近に下りていくと、いたいた「杉チャン」さん、それに見学のmasaさん。旧爆釣ポイントに入っている。まずは挨拶。「杉チャン」さんは車を変えたそうで、どおりで見つからなかったわけだ。masaさんは用事の前のわずかな時間に見学に来た様子。やはり湖面は波立っているが、私の想像したよりは穏やかな感じ。11尺の底でやっているが、放流をボチボチ。が、私が来たのが良かったのか(そんな事P4240406はない)、その後30cmオーバーをゲット!10時を過ぎて、バットさんが第2修行池からやって来た。今日は午後から大楽地に行くので、ここでは竿を出さないようだ。また、ほぼ同時にバットさんの知り合いのNさんがやって来て、塩ビ管手前に入った。3人のブロガーが岡ジャミでは対応が大変だろうと思ったが、「杉チャン」さんは一向に気にならない様子。私なら気が散って釣りにならないのに、さすがだ。が、放流の寄りがきついのか、ウキの動きが悪くなってきた。10時半頃masaさんが岡ジャミを終了。入れ替わるように「竹ちゃんマン」さんがこちらも第P4240407_22修行池からの転戦だ。私とは初対面の筈なのだが、何処かでお会いしたような気がする。もっとも、昔の私では悪い印象しか残っていないと思われるが。私のいつもの場所で10尺底。「杉チャン」さんは9尺で宙の両ダンゴに変えている。やはりウキの動きは悪そうだが、それでも12時を過ぎる頃からウキに動きが。そしてあたり(私も見ました)!残念カラ。その後もウキは動いていたが、我慢出来なくなってセットに変える12時半過ぎにバットさんが岡ジャミを終了して大楽地に向かうと言うので、帰る機会を失っていた私(3時間近く岡ジャミをしていた)も一緒にお暇する事にした。「杉チャン」さんは5月5日に再来浜すると言う事で、次回はご一緒させていただきますよ(天気が悪ければ別ですが)。また、「ひげさん」ご夫妻が29日に来浜されると言う事で、こちらも特に用事がなければ(いつも暇なくせに)ご一緒させていただこうかな。バットさんとは駐車場でお別れ。私は買い物をするべくベイシアに向かった。
 
今日もいろいろな人と出会った
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

大麦工房

P4230404新聞の折込広告に入ってきたのに反応して、買ってしまいました。HPを見れば、なるほどいろいろとやってるんだなぁという感じ。さっき届いたばかりだが、早速試食してみよう。どれから食べようかな。
 
 
こういうのに弱い私って・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

昨日と同じ短竿でも、少しはいろいろとやってみました@増沢池 後半

これを読む前に、一つ前の記事を読んでください。
 
さあ、次は宙。竿はもちろん7尺。餌はセット専用バラケ:冬のバラケ:水を3:2:1のバラケと「玉」。上空には黒い雲。何となく嫌な感じ(でも、最後まで雨は来なかった)。昨日と同じく「たな」1本での再開は12時半。何とか昨日と同じ、いやそれ以上の結果を望みたい。何と言っても昨日はダンゴ餌をそのままバラケにしたからダメだったんだ。今日は違うぞ。張り切って餌打ち。やはり風・波があって多少ウキが流れるが、それでも何投かしているうちにウキがモヤモヤ、そして弱く入る。やっぱりバラケ専用の餌は違うP4220386なぁ。すると、開始10分くらい経っていきなりズバッという消し込み!慌てて合わせればやった早くもかかりました!サイズ的にはパッとしないが、とりあえず凸を回避出来てまずはホッ。さあどんどん行こう。が、ウキはモヤモヤ動くが、あたりがどうもバラケに来ているようで、いいあたりもカラ。ならばバラケが早くバラケればいいのかと言うと、必ずしもそうではない。しっかりP4220387「たな」まで持ってスパッと抜けるのが良さそうだ。しかぁ~し、作ったのはジワジワウキが戻るバラケ。これでは狙われても仕方ない。それでも12時台にはズバッという消し込みでもう1匹。時々食わせにも反応してくれるのか。餌はとりあえず打ち切るのが私流(どんな流儀だPART2)。1時を過ぎ、相変わらずカラに悩まされていたと思ったら、何と消し込みの3連荘が出る!サP4220388P4220389P4220390イズもグーなものばかり。これで昨日の結果を上回り、宙での第2目標もクリアだ。特に何かをした記憶はないのだが、一体何故?更に次のあたりでもやったかかりましたよ、P4220391私には滅多にない怒涛の4連荘か?残念外れた(ガックリ)。すると、そこからはあたりに全く合わなくなる。1時半頃にかろうじてバラケを食った1匹を追加した後は、様々なカラやらバラシやら竿ツンのハリス切れなどが出て、30分ほど数を伸ばせなかった。でもウキが動いているので、P4220392きっとどうにかなる。2時前にようやく7匹目。何となく第3目標まで視野に入ってきたか?しかぁ~し、増沢もそんなに甘くありません。あたりは出てもさっぱり数を増やせないまま2時を過ぎる。そろそろバラケもなくなるが、何とかあと3匹。すると、ボソボソのバラケに急に反応が良くなり、バP4220393P4220394ラケが尽きた2時15分頃までに2匹を追加だ。結果、宙では実釣1時間45分で9匹!底と併せて実釣4時間15分で25匹。何と言っても宙のグッドサイズが素晴らしい。さて、ここで終わっても良いが、まだ2時半だ。ここは「たな」まで持ってスッと抜けるバラケとやらを作って続行だ。セット専用バラケ:夏:水を4:1:1で作る。これでセット専用バラケを使い切った。しかぁ~し、袋をよくよく見たら、セット専用バラケは3だった。ガクガクッ。でも、今更どうにも出来ないし、これを使うしかない。再開。うん、さっきよりはしっかりウキが馴染む。ただ、配合を間違えたせいか、ウキの戻りがそんなに早く感じないが、本当にこれでいいのか?と、じきにウキがモヤモヤ。へらはまだ散っていなかった。が、しかぁ~し、しかぁ~し、餌打ちしてから雑巾(タオルと同じ)を洗っていたら、いきなりウキを見失った。そして竿掛けに置いてある竿の先がグーンと水中に持ち込まれそう!間一髪竿を持てたが、残念?ハリス切れ。いやぁ、怖かったなぁ。さあ、気持ちを切り替えて行ってみよう!が、しかぁ~し、しかぁ~し、2回目の消し込みは、残念目に擦れ。更に次の消し込みでもなかなか上がって来ず、頑張って寄せれば尻ビレから見えてくる始末。挙句の果てに目の前でバラシ。餌を変えてから全くいいところなし。宙の後半はこういう展開か?それでも前半と同じくウキP4220396P4220397の動きはなくならない。すると2時前になって、何故か連荘でへらをゲット!何故かは全く不明。さあどんどん行こうと思うが、次のあたりはバラP4220398シ。そしてあたりに合わなくなるという前半と同じプロセス。3時を過ぎ、やっとバラケを食った1匹がかかったが、その後もどうやらバラケに来ている感じのカラが続く。配合さえ間違わなければ、きっと今頃は爆釣だったのに(本日一番のタラ・レバ)。すると、やったと思った消し込みでまたも擦れ、擦れ、更には鱗と最早どうしようもない。と思ったら、3時を過ぎてのゴールデンタイムの到来なのか、急にあたりに合うようになって、終了の3時半までに3匹を追加。理由P4220400P4220401P4220402は前と同じく全く分かりません。結果、宙の後半は実釣1時間15分で6匹。擦れやらバラシやらがてんこ盛りであったので、もっと時間がかかったと思ったが、それだけウキがP4220403動いていたという事か。それまでの結果と併せれば、実釣5時間半で31匹!特に宙は7尺のセットで実釣3時間で15匹と私にとっては素晴らしい結果だ。ただ、左肩が痛い。それに腱鞘炎?の右肘も。まさに満身創痍だ(好結果のせいで嬉しいとも言えるが)。私の両側は既にいない。ジャカゴの人も帰ったようだ。片付けを終え、駐車場に戻る。腰も痛いよぉ。早く帰ってのんびりしよう。ゆっくりと駐車場を出た。
 
宙でのグッドサイズ、いいなぁ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日と同じ短竿でも、少しはいろいろとやってみました@増沢池

明日の予報は雨。それなら今日は風も弱そうだし、引佐天池にでも出掛けてみようかな。しかぁ~し、向かったのは増沢。風・波がないならyurieさんのウキを使ってみたい。9時過ぎに駐車場に着くが、WINDOMとOさんの車はない。あまり考えずに荷物を降ろして池に向かうと、対面ジャカゴには昨日と同じ人。あとは看板横に、橋の下(しも)深場にポツポツ。こちら日陰側は柳の木の奥に1人と、後は深場ワンドに固まっている。私は柳の木の奥の先客に挨拶して、いつもの場所に入る。空はどんよりしていて、いつ雨P4220367P4220368が来てもおかしくない様子。湖面は多少波立っているが、yurieさんのウキを試すには充分でしょう。さあ準備だ。もちろん9尺の底から。餌はいつものグルテンセット。餌落ち目盛を合わせるのに手間取っていると、ジャカゴ方面から波がやって来る。何とか底取りを終え、開始は9時45分。何となくウキの馴染みが違うような気がするが、波があっては取り直したくないのでそのまま。すると、じきにウキが返すようになる。流石に底専用だ。が、あたりにならない。何故だ?すぐに10時。どうもまだこのウキの挙動に慣れていないようで、やたらと合わせるがカラばかり。波もかなり出て来た(予報はどうなっている!)が、かなりオモリを背負っているのでウキは流れない。これは素晴らしい。が、早くP42203691匹釣ってウキを安心させてやりたいという気持ちが先走ってしまい、合わせがバラバラ。それでもようやく1匹出てまずはホッ。さあ、これから爆釣だ。するとその後はウキの動きに合うようになり、ポツポツと第2目標をクリア。まあ、これはいつもの通りか。ただ、どうしても馴染み幅が気P4220370P4220371P4220372P4220373P4220374になってウキ下を調整するが、何か違う感じでその後あたりに合わなくなる。どうしよう、底を取り直そうか。開始1時間経ったところで、思い切って再度の底取り。すると、何と2目盛も違っていた。これで気持ちが落ち着き、再開P4220375P4220376すると、何と第1投であたり、そしてかかりました!そして更にもう1匹。やはり底取りは大事だなぁ(今更何を!)。10時台は8匹とまあまあの途中経過。これでyurieさんのウキも本当の意味でのデビューを飾れた(なーんてね)。P4220377P422037811時を過ぎても2匹をゲットして第3目標をクリアと好調が続くように思われたが、その後急にウキの動きがなくなる。あれだけ馴染んですぐ返していたウキが沈黙。かなり長い間ウキが動かないと思っていたが、実際は20分程度。その後再びウキが返すようになるが、簡単にあたりは出ません。馴染み幅も微妙に変わってきている気がする。水深が浅くなったのかな。良く見ると、小さなあたりが頻発している。しかぁ~し、それまでは全く合わせる事が出来ていなかったのだった。そこP4220379P4220380P4220381で、本当に小さなあたりに手を出したところ、何とサイズがアップ!これは素晴らしい。しかぁ~し、それまでカラはともかく擦れて上がって来るへらは1匹もなかった(全部バラシ)のに、終わり頃になって何で今更・・・。どうやらこれで底は終わりかな。その後はまたもウキの動きが悪くなり、12時のサイレンを聞いてからようやく、ポツポツと餌が尽きP4220383P4220384P4220385た12時15分頃までに3匹を追加。結果、底では実釣2時間半で16匹。ウキの面目躍如といったところか。さて、次は宙だが、気温が上がらず水も冷たいし、何やら雲行きも怪しくなってきた。波も穏やかになって、何となく雨の気配?いや、それでもやりましょう。

後半に続く・・・
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

短竿に挑戦だ@増沢池 with Oさん

今日は予報に裏切られた。それはさておき、珍しくOさんからメール。私はまだ起きたところなのだが、既に増沢いつものところに入るとの事。了解と返信するが、例によってグズグズしているうちに9時頃。これはいかん、さっさと家を出なければ。駐車場にはもうへら師と思われる車がかなり停まっている。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、おっ、今日はジャカゴに1人入っている。それにワンドにも。そして看板横にも2人。橋の下(しも)はさすがにいないが、後からダム?そばと階段下のやや上(かみ)に入った。こちら側は深場流れ込み付近に5人くらい。塩ビ管手前にはOさん、それに柳の木の奥と旧爆釣ポイント、更にはかつての「OT氏のいつもの場所」にも先客。何故か私のいつもの場所が空いているので、急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。まずは先客P4210345P4210346に挨拶。右側はIさんのようだ。とりあえず荷物を置いて、Oさんに挨拶に向かう。今日は8時頃から始めて、まだ放流を2匹との事。え~っ、そんなに厳しいのか?いきなり気持ちがトーンダウン。それでも釣り座に戻り、準備だ。今日は風が弱い筈なのに、何故か湖面には波。それで、今日は11尺でなく9尺にしてみる。yurieさんから貰ったウキはこの波ではオモリを調整するのが大変そうなので使うのを止め、昨日の西の平のままの仕掛けで行く事に。餌はいつものグルテンセット。底取りを終える頃、ちょうど波が大きくなってきた。何だかなぁと思いながらの開始は10時。あっ、橋の下(した)の人が帰った。WINDOMの人だった。残業とは、やはり釣れなかったのか。さて、ウキの視認性はトップが太いのとウキの立つ位置が手前になったので問題なし。が、やはりウキがかなり左に流される。それにトップが太い分シモりもひどい。ウキが上下にモヤモヤするのは底をなぞっているからだろう。しばらく我慢の餌打ちが続く。先客もなかなか竿が曲がP4210347らない様子。それでも、試しに両グルテンにしてみると、左に流れきったところでウキがスッと入り、これに合わせればやったかかりました!とりあえず凸は脱したゾーッ!サイズは放流でも、これでまずはホッ。なかなか風・波は収まらない。結局今日は波が全てだった。その後セットに戻してじっとウキを見つめるが、やはりシモりがひどいとあたりも分からない。多分何度となP4210348くあたりを見過ごしていると思う。それでもじきにもう1匹。今度はややサイズアップし、色も黒くて地べらっぽい。やれやれ、何となく釣れそうな気がしてきたが、果たして第3目標、いや第2目標まで行けるか?すると、今度は小さなあたりに手を出すと、これが擦れのようでガックリハリス切れ。手応えは良かったが仕方ない。しかぁ~し、その後はウキの動きがなくなる。無理に合わせると擦れバラシで、結局10時台には2匹だけ。11時頃になってIさんが終了。私よりほんの少し早く始めただけなのに、もう終わるとは。私の方は11時頃からウキのP4210349P4210350P4210351動きが復活し、3連荘で第2目標クリア!何だかなぁ。その後もウキの動きはなくならない。が、あたりもなかなか出ない状況でポツポツとしか拾えない。それでも気が付けばP4210352P4210354P4210355_2P4210356第3目標にリーチ!これでは活性があるのかないのかさっぱり分からない。こうなると12時までにもう1匹釣って第3目標をクリアだ。しかぁ~し、ウキは返してもあたりにならない。気持ちも焦ってきて、変なウキの動きにも合わせてしまう。もうバラバラだ。と、こっこでOさんが様子を見に来た。何とあれからじきに放流は去ってグッドサイズばかりがかかるようになったようだ。私もサイズは小さいですが2桁目前ですよと言おうとしたら、既に15匹をゲットしたと言われ、思わず言葉を飲み込んだ。Oさんはもう少し底でやってから宙にすると言うので、せっかくグッドサイズが釣れているのに勿体無いですよと答えたが、気持ちは変わらないようだ。Oさんが戻ってからじきに12時のサイレン。残念2桁まで行かなかった。ガックリ。でも、餌はまだあるから、何としてももう1匹は釣ってから底を終えよう。その後、張P4210357P4210358り詰めた気持ちが和らいだせいか2匹を追加。めでたく第3目標をクリア。ただ、人間の欲望には限りがなくて、更にもう1匹と上積みを狙うが、残念今日初めて擦れて上がって来て万事休す。12時半頃餌も尽きて底は終了。結果、実釣2時間半弱で11匹。なんだ、あれだけ風・波の影響でウキの動きが悪かったのに、そこそこの結果になってるじゃないか。逆に、風・波の少ない日に私は一体何をやP4210360ってたんだろう・・・。Oさんの様子を見に行くと、底で3匹を追加したが、また放流が寄って来たらしく、なかなか数を増やせないようだ。私も宙はやりたいが、この風・波では難しそう。そうだ、竿を短くすれば風・波があっても大丈夫では(へらが手前まで来てくれればの話だが)?釣り座に戻ってから急いで昼食を摂り、準備。この時期底も短い竿を出したが、宙では更に短く7尺と行こうではないか(え~っ??)。仕掛けが両ダンゴになっているので、両ダンゴで行くぞ。餌はガッテン:天々:マッハ:水を2:2:1:1だ(特に理由なし)。「たな」1本での再開は12時45分。が、思ったとおりウキは右から左へドンブラコ、の繰り返し。それでもしばらく餌打ちしていると、ウキが馴染みきってから小さく動くではないか。しかぁ~し、あたりにはならないまま元の木阿弥状態に戻る。そこで、1時を過ぎてからいつもの1個餌釣法。すると、今日もウキが動き出した。そこで、まだ開始して30分経っていないが、早くも両ダンゴを諦める。上ハリスをカットして「玉」を出せば、いつものセットだぁ。そして再開すれば、おおっ、さっきまでと大違い。ウキのモヤモヤも大きくなったゾ。それからじきP4210361に目が覚めるような消し込みが出て、やった宙での1匹目ゲットだ!サイズもグーンとアップして、嬉しいの一語。この時期でもこんな近くまでへらは寄って来るんだ。その後も波の中ドンブラコしながらもウキはモヤモヤ、そしてあたりが出るが、どうも粘ってしまったバラケに来ているようで、P4210362全くかからない。でも餌は使いきるのが私流(どんな流儀だ?)。その後も粘るバラケを打ち続けると、時には変なへらもいるようで、ズバッと言う消し込みで「玉」を食ってくる。不思議な事に、バラケを食ってかかると言う事はない(擦れバラシは出たが)。1時台にはそれから2匹を追加。中にP4210363は35cmくらいのもあって、嬉鹿~っ!多分バラケを工夫すればもっと釣れそうだが、アホな私はそのまま。2時を過ぎ、左の先客が終了。数は少なかったが、30cmくらいのを数枚ゲットした様子(詳しくは分かりません)。その後柳の木の奥の先客も帰った。私ももう1匹釣って切りの良P4210364い?15匹で終了したいが、なかなかあたりに合わない。が、消し込めば大丈夫でしょう。もう1匹追加して2時半過ぎに宙も終了。最後の1投は擦れバラシと、最近のマイブームか。結果、宙では実釣2時間弱で4匹。底と併せて実釣4時間半で15匹。今日は底も宙も短竿での釣りにチャレンジしたが、結果が出て良かった。片付けの前にOさんの様子を見に行くと、宙にP4210365P4210366変えてから1匹しか釣れず、切りの良い20匹になるまで続行との事。私は釣り座に戻って片付け。へら師も大分帰ったようだが、ジャカゴの1人は頑張っている。片付けを終え、Oさんに挨拶して駐車場に戻る。今日は今までと同じように風が冷たかったが、ジャンパーは薄手のままで通した。結構堪えましたよ。さあ帰ろう。車中で昼食の残りを食べてから池を後にした。
 
予報って一体何だろう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

ジャズっていいよなぁ:その5(完)

Docu0038Docu0039今日は風が強いとの予報で釣行は中止したが、なんのことはない、モワッとした感じで風は何処に?まあいい、今日の折込広告に入ってきた酒を買いに「酒のアルコ」へゴー!お目当ての日本酒と格安のウィスキー、それに梅酒を買ってきた。そしてマイルスを聞きながらこれを書いている。CDを入手したのが先週だから、早くも全て聴き終えたという事。これはなかなかないですよ。さすがに真昼間、ウィスキーを飲みながらというわけにはいかないが、私にしては早い終了だ。5枚目/5枚組。
この調子で、遅々として進まないクラシック50枚組も制覇しなければ。
 
ところで、yurieさんが水窪まで出向いて撮って来た写真を送っていただいたので、yurieさんのご了解を頂いた上でここに載せる。さすがにプロの仕事。
 
Resize0003
 
今コンコルドの近くで将棋の名人戦が行われている
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

やっぱり難しい@西の平

今日は間違いなく風が強いとの予報。それでは、風の影響がほとんどない西の平にでも行ってみようか。池に着いたのは8時半過ぎ。まずはOG氏に連絡するが、今日は用事でNGとの返事。残念だ。池には誰もおらず、私は堰堤左端の釣り台に入る事にする。が、思ったより風が冷たいので、今日も防寒ウェアを着る。結局最後まで脱ぐ事はP4190335P4190336なかった。さて、もちろん底からだが、9尺の仕掛けがないので現場施工。しかぁ~し、ウキ止めのゴムに付いている糸が3回連続切れてしまい、結局一回り大きなもので我慢する事に。ウキはyurieさんから貰ったものを使ってみよう。ゲゲッ、相当オモリを背負うではないか。それでいてトップが極細なので、餌落ち目盛を合わせるのに四苦八苦。それからいつものグルテンセットを作る。その後底取りし、やっと開始は9時35分。風は多少あるが、増沢とかよりはいいだろう。さて、このウキ、立ちが異常に早い。そして餌落ち目盛付近までスッと入った後に一旦止まってから、餌の落下に伴いゆっくりと馴染んでいく。これならいつも同じように馴染むから、馴染み幅がおかしくなればすぐに分かる筈。これが本当の底用のウキなのかと感動。すると、じきにウキが返してツン、のあたりが2回出るが、いずれもカラ。なあに、じきに1匹出るさ、なんて余裕をかましていたのはわずかの間だけ。その後何故かウキの動きが弱くなり、じきに10時。一体これは何だろう。それでもチクッというあたりに合わせてみると、やったかかりました!うわっ、良く引くなぁ。何と言ってもここはグッドサイズばかりだからなぁ。しかぁ~し、尻ビレから上がってきた。ガクガクッ。最初からこれかよ。その後再びウキの動きはなくなり、10時半を過ぎる。その間には餌付けやらウキ下をいろいろ変えてみるが、とにかくウキが動かない。このままでは凸もあり得る。もう駄目だ、ハリスは充分長く取ってあるし、あと思いつくのはウキの交換くらい。とりあえず私が9尺でいつも使っているのに変えてみよう。このウキはボディが貧弱(オモリを背負わない)な割にトップが太い(元々のトップが折れた際に、太くて目盛が荒いのに交換したから)。オモリはさっきまでの3分の1くらい。底は大体取れていたから、再開は早い。が、このウキはなかなか立たないし、立つとすぐに馴染み幅まで馴染んでしまう。これでいいのか?ところが、これに変えたためか地合なのかは分からないが、ウキが返すようになったではないか。これにはビックリ。11時P4190338を過ぎているが、何とか凸は回避出来そう?そしてウキが1目盛返してからのチクッというあたりで、やったようやく1匹目!サイズもまあまあだし、これで凸を回避して気持ちも晴れてきた。しかぁ~し、その後ウキはモヤモヤするが、次第にあたらなくなる。遂に11時半を過ぎた。開始2時間で1匹とは、小野や大楽地には負けるがここもなかなか厳しい池だなぁ。まだ餌がかなり残っている(餌打ちのインターバルが長かったため)が、グルテンは次の宙に使うとしP4190339て、バラケはダンゴとして打ち切ってしまおう。すると、今度はウキが風・波でシモりながらの小さなあたりでやった2匹目!嬉しいのは嬉しいが、何だかなぁ・・・。それからじきに12時のチャイムが何処からか聞こえてくるのと同時に1人やって来た。常連さんのようだ。どうですかと訊かれたので、ダメですと答える。が、その人が堰堤真ん中の釣り台に入ったその時にあたり!一P4190340瞬やったと思ったものの、何だか変な感じがしたが、やはりズイゴ。ガックリ。そのうえハリスをクシャクシャに絡ませてくれた。そしてじきに底は終了。結果、実釣2時間半で2匹。まずは我慢していた用を足す。それから、竿はそのままに仕掛けとウキを交換。餌はセット専用バラケ:冬のバラP4190341ケ:水を3:2:1のバラケに残り物のグルテンのセットだ。バラケは相変わらずボソボソしているが、暑さのせいか次第にまとまるようになった。「たな」1本での再開は12時20分。すると、数投後からウキに動きが。それに何やらウキの近くに見えるぞ。でも、それを釣るわけではないから気にしない気にしない。そして弱くではあるがあたりが出る。しかぁ~し、かかりま千年P4190342灸(せんねんきゅう)。何度となく合わせていると、やったかかりました!しっかりグルテンを食っているぞ。サイズもグーだし、これは嬉しい。さあどんどん行こう、と思ったら、グルテンがじきになくなった。それでは今度は「玉」だ(今日はちゃんと持って来ました)。が、どういうわけか次第にウキの動きが弱くなった。そしてたまのあたりもバラケにあたるのかカラばかり。常連さんはあっという間に堰堤を埋め尽くした。私はその後「玉」から「お」に変えてみたが、今度は数すくないあたりが擦れバラシ。多分ハリス長を変えれば何とかなる?と思うのだが、底の時のようにあれこれしないまま時間だけが過ぎる展開に。1時を過ぎている。堰堤真ん中の釣り台に入った人が底で竿を曲げたが、それ以外は私を含めて静かなもの(私の独り言は池全体に響いていたかもしれないが)。私は再び「玉」に戻すが、特に変わり映えしない。それでも、やっと落とし込みにするとウキが動く事に気付いた。それまでは振り切っていたのだが、これではバラケが拡散してしまい、まずかった。終わりに近づいてやっとそんな事に気付くとは・・・。そろそろバラケも終わる。まあ、釣れないのは私だけではないから、少しは気持ちも落ち着くが。そんな中、「杉チャン」さんからメールが。GWの5月5日に来浜するかもしれないとの事。と、それを読んでいる際に素晴らしP4190343い消し込み!残念手が出ず(トホホ)。後はバラケを打ち切るだけか。しかぁ~し、再度の消し込み!これに合わせれば、やった「上がりべら」ゲットか?え~っ、バラケを食ってるぅ(やっぱり)・・・。でも1匹は1匹。その後じきに餌が尽き、2時少し前に終了だ。結果、実釣1時間半強で2匹。底P4190344と併せて実釣4時間で4匹。久し振りの西の平で健闘したほうではないだろうか(甘いなぁ)。片付け。空は晴れ上がり、気温は結構上がっていると思うが、常連さんも寒いと言っているとおり風が冷たかった。片付けを終え、釣り台をきれいにしてから常連さんに挨拶して車に戻る。今日はもっと釣れるつもりで西の平までやって来たが、常連さん曰く今日も厳しい状況のようだ。まあ、結果が出たから良しとしよう。腹が減ったので、さっさと池を後にした。
 
釣り台の足元にはへらが寄っているのになぁ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ジャズっていいよなぁ:その4

Docu0037福島第一原発の安定化に向けたロードマップが公開された。いわゆる燃料の安定には半年から最悪1年近くかかるようだが、その間放射能は出っ放し。更に、これはあくまで楽観的な見通しなので、実際はこのとおりに進むか不明確だ。この問題が片付かないと、本当の意味での復興は始まらない。これは菅政権だからダメで小沢さんなら可能、ましてや自民党なら出来るというものではないだろう。が、こんな時でも隙を覗ってあわよくば政権を取ろうというのが政治家なのだ。何だかなぁ。マイルスも気分良く聴けない。4枚目/5枚組。
 
今日発行のポストに浜岡原発について、最悪の原発だと書かれていた(見出し)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

どうにもダンゴでは釣れない@増沢池

今日は予報で風が弱いようなので、多分混んでいると思うがゴー!駐車場に着いたのは9時頃。池の様子を見ている余裕はないので、さっさと荷物を降ろしていつもの場所方面に向かう。ゲゲッ、やはり混んでいる。が、何故か私のいつもの場所は空いているので、そこに荷物を下ろしてまずはかつての「OT氏のいつもの場所」にいる先客に挨拶。あっ、橋の下にいるのはWINDOMの人ではないか。久し振りに様子を聞きに行こう。すると、浅場では大きいのは来ないとの事。それに今日は例会があるようだ。おそらP4170312P4170313く対面、それにこちら側奥はその人達だろう。全部で30人近く入っている。こうなると私のアームでは・・・。でも準備だ。今日も竿は11尺で底から。餌もいつものグルテンセット。ちょうど風・波が出て来た。この状況は私が終わるまでそんなに変わらなかった。さて、底も取れ、開始は9時半頃。先客は時折ビシッと合わせるが、なかなかかからない。柳の木の奥の先客は底のようだが、根掛かりばかりでウキは動かないとぼやいている(のが聞こえてきた)。私のウキも波と背面の影でちょっと視認性が悪いが、それ以上に動かない。まさか本当にこれくらいの人でウキが動かなくなるのか?それでもしばP4170314らく打っていると、波の中ウキが返すのが分かるようになった。そして小さなあたりで1匹目ゲット!サイズは放流(しかもかなりスモール)だが、とりあえず凸は回避出来た。対面看板横でいつも来ている人が頻繁に竿を曲げている。サイズは今ひとつのようだが、私もあんなに竿が曲がればいいのに。しかぁ~し、その後ウキは馴染んですぐに返すようになるが、なかなかあたらない。その上に、あたってもカラばかり。柳の木の奥からも同じ言葉が。9時台には結局1匹も追加出来ず、これは厳しい釣りになりそうだ。思ったより風が強く、防寒ウェアを仕P4170315P4170316込んできて良かったぁ。が、10時を過ぎるとあたりに合うようになり連荘も出るが、しばらくしてのあたりでは遂に擦れ。ガックリ。今日はカラばかりなのに、突然擦れるとショックだ。その後しばらく間が空いてから再びあたりが出るよP4170318P4170319うになる。そして10時半(開始1時間)までにもう2匹を追加して、悪いなりに第2目標クリア。サイズはいつも以上にスモールだが、やれやれだ。右隣は浅い両ダンゴの宙のようだが、次第にあたりに合ってきて、グーなサイズをP4170320P4170321P4170322P4170323ポツポツとゲットし始めた。私の後半に希望が持てるか?その後私もポツポツとあたりを拾い、11時までにもう4匹をゲットして第3目標にリーチ(9匹目は「かかってました」ですが、何か?)。この調子なら前回並みは間違いなし?しかぁ~し、何となくウキの動きが収まってきた感じ。それでP4170324P4170325も11時を過ぎたばかりの頃はまだ良くて、もう2匹をゲットして第3目標をクリアした(11匹目は今日一番のグッドサイズで、先客からも褒められた)が、その後ウキの動きがバッタリ。私の両側も静かになってしまった。一体何故・・・。放流は何処かに行ってしまったような感じで、風・波でウキが流されるのも関係あるかもね。しばらく餌打ちだけを繰り返す展開に。が、11時半を過ぎる頃から状況が好転し、P4170326P4170327そこそこのサイズ(あくまで「そこそこ」です)がを2匹ゲット。グルテンが尽きたので、両ダンゴで残った餌を打ち終えよう。しかぁ~し、バッチリのあたりと思ったのがまさかの擦れ。サイズもまあまあだったのに、ガックリだ。どうやらP4170329これで底はお終いか。いや、両ダンゴで何とか1匹追加。12時前の最後の1投はまたも擦れバラシで終了したが、サイズはともかく枚数では前回前々回並みとなったので、一応満足。結果、底では実釣2時間半弱で14匹。さあ、次は宙と行きたいところだが、風・波は一向に収まらない。予報を信じた私が馬鹿だったのか。右隣は帰り、左隣は底から宙にしたものの、風・波が強くなったとぼやいている(のが聞こえてきた。PART2)。今日は「玉」を忘れてきたので、宙は両ダンゴで通すつもり。確かにこの風・波ではなぁ。でも、一応やってみよう。とりあえず昼食。そして宙の準備中に12時のサイレン。竿は9尺に変更し、餌は特S:天々:ガッテン:マッハ:水を全て1。特に意味はなく、これでガッテンを使い切った。「たな」1本での再開は12時10分。風・波を考慮してやや右に餌打ち。そしてウキが正面に来た時点で餌を切る、を繰り返すが、ウキに全く動きなし。旧爆釣ポイントには1人入ったが、この人は一言も発せず、2時前にひっそりと帰った。私はとりあえず決められたインターバルで餌打ちするが、一向にウキが動き出さないので、早くもセットが頭を過ぎる。いかんいかん、今日はダンゴで通すんだ。しかぁ~し、気が付けば1時。更に1時半。この1時間半弱の間に2回ウキが動いたが、1回は何処かに擦れたのかバラシ、もう1回はカラ。1個餌釣法を試してみてもウキは動かない。「たな」も1本から1本半に、そして1本に戻すなど迷走が続く。最近では一番厳しい状況ではないだろうか(もちろん私にとって、だが)。それで、遂にセットへの変更を決意。「玉」がないので「お」を使う事にする(よくよく考えたら「感嘆」を持っていたが、後の祭りだ)。上ハリスをカットして再P4170330開。ただ、ダンゴ餌がかなり粘っているので、バラケとして通用するのかなぁ。が、数投でウキがモヤモヤ。これが不思議なところ。そして弱く入るのに合わせると、やったかかりました!ゲゲッ、バラケを食っているではないか。やはりバラケないからかなぁ。でもOKOK。すると、次のあたりはP4170331バッチリ「お」を食っている。何故急にウキが動き出したのか、私にはさっぱり分からない。が、それも束の間。ウキの動きはどんどん悪くなって2時。そろそろバラケ(元はダンゴ)も尽きる。そして最後の1投。すると、ウキがスッと入ったが残念かからず。あまりに悔しくて「お」のみで1回だけP4170332餌打ち。そして放置。すると、何という事でしょう、ウキがズバッと入ったではありませんか!そしてかかりました!これはあくまでこれはサービスでしょう。でもカウント。結果、実釣2時間で3匹。残念ながら両ダンゴで通せなかった(これが私のアームの実態です)。底と併せて実釣4時間半で17匹。数から見ればまあまあだが、サイズがなぁ。片付け。ちょうど例会も終わったようで、検量の人が動き回っている。桜もいよいよ葉桜になっていて、次はサツキの季節。P4170333P4170334テクノポリスはサツキがきれいです。片付けを終える頃になって、湖面が急に穏やかに。やはり2時以降が狙い目なのかな。駐車場に戻ると、この陽気のせいか空きスペースはない。早く出て他の人が使えるようにしなければ。さっさと池を後にした。
 
なかなかグッドサイズは釣れないなぁ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

ジャズっていいよなぁ:その3

Docu0036今日は好天だが風が強いとの予報。それに今ひとつ体調も良くない。など何だかんだと理由をつけて今日も釣りはお休み。そうそう、昨日はハリスも巻いて餌も買ったし、ウキの補修もやったので、準備万端なんだけど。まあ、明日は風も弱そうなので、混んでいるかもしれないが出かけてみようかな。マイルスのCDを聴きながらこれを書いているが、何故か早くも3枚目。毎日聴いている。こんな調子で行けばクラシックのCDも早く聴き終える事が出来るのに。3枚目/5枚組。
 
外を見ると、何か風が弱そうだなぁ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ジャズっていいよなぁ:その2

Docu0035今日の晩頃から天気が悪くなるようなので、今日は行くべきか迷ったが、つまるところ家にいる。こうなったら、まずはハリス巻き。それから折れたトップの補修でもしよう。そうそう、餌もいろいろ少なくなってきたし、東海釣り具に買いに行かなくては。ん、待てよ、ここは上州屋でベーシックの「単品爆釣」でも買ってみるかな。
とかいろいろ考えているうちに時間だけが過ぎてしまい、結局は今ようやくマイルスを聴きながらハリスを巻き終わったところ。午後から図書館に行くついでに釣り具屋さんを廻ってみよう。2枚目/5枚組。
 
ジャズって何かいいよなぁ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

いつもの場所でいつもの釣り@増沢池

今日はOさんが大楽地の池に行く。が、私は昨日の事が引っかかって増沢。風がやや強いとの予報だが、9時過ぎにゴー!駐車場に着くと、ゲゲッ車がかなりある。WINDOMはなさそうだ。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、対面看板横から葦の下(しも)まで3人。深場は階段下からダム?そばまで6人。こちら日陰側浅場は橋の下(した)辺りに2人だけ。後は深場ワンド付近からポツポツ見える。毎日人気スポットがコロコロ変わるのは、釣果にムラがあるからだろう。私はいつもの場所に入る事にする。車に戻って荷物を降ろし、足元に気をつけて池に向かう。うわっ、日が差している。これなP4140288P4140289ら防寒をしてこなくて良かったなぁ(実際釣りの間ジャンパーを脱いでいた)。さあ準備しよう。今日も竿は11尺で底から。餌もいつものグルテンセットだ。まだ湖面は穏やかだから、早く底を取って始めないと。しかぁ~し、底取りを終えた時点で風・波。渋々開始は10時少し前。果たして底の状況や如何に?馴染み幅は予定通りだが、案の定ウキは返さない。30分くらい餌打ちマシンになっていると、ん、ウキが返してきた。が、あたりにならない。これはかなり厳しい状況か。看板横はポツポツと竿を曲げているようだP4140290が、他の人は不明。と、あたった!慌てて合わせればやった1匹目!サイズも放流ではなさそうだ。まさかの凸の恐怖からこれで解放だ。しかぁ~し、次の餌打ちでは、馴染み際であたったのに合わせたがバラシ。すると、そこからウキは返すがあたりが遠く、あたってもカラまたはバラシ。カラならカラ、擦れバラシならバラシが連続すれば考える事もあるが、それらがバラバラP4140291P4140292に出るので、対処のしようがない。11時前になってやっとあたりに合って2匹目。更に11時を過ぎて3匹目。既に開始1時間が経過しているが、どうやら第2目標が見えてきたかな。が、相変わらず1目盛カチッと入るようなあたりがカラ。黒帯が揺れるような小さなあたりがバラシ。底取りをやり直したいが、風・波で萎えP4140293_2P4140294る。それでも闇雲にあたりに合わせていくと、ポツリポツリとかかって第2目標は何とかクリア。でもこのままでは時間的に第3目標まで行けそうにない感じ。が、自分ではずっと好調とは思えなかったが、結果を見ると10時台には2匹だったのが、11時を過ぎてかかるようになったようだ。その後もポツポツとあたりを拾P4140295P4140296P4140297P4140298う。何だか第3目標も夢じゃないかもね。すると、いつの間にか第3目標にリーチ!最初の頃にはおよそ考えもつかなかった2桁が目の前。しかぁ~し、ここから欲が出たのか合わせがバラバラになり、今日初めて擦れて上がってくる。ガックリ。今までのように途中で外れてくれればいいのP4140300に・・・。が、まだ12時のサイレンは鳴らない。何とかもう1匹。すると、グルテンが尽きる手前でやった第3目標クリアだ!さあ、後は残ったバラケをダンゴとして打ち終えよう。すると、12時のサイレンの前に1匹。更にサイレンの後に1匹をゲット!これは素晴らしい(自画自賛です)。遂に最P4140301P4140302後の1投になり、あたりを待つが、私らしく擦れバラシで底は終了。実釣2時間強で12匹は予想外の結果。最初の1時間って一体何だったんだろう。まあいい、次は宙。その前に我慢していた用を足し、昼食を摂る。波は一向に収まる気配がないが、このくらいなら何とかなりそうだ(少し余裕が出てきた?)。竿は9尺、餌はガッテン:天々:マッハ:水を2:1:1:1の両ダンゴで行くぞ!「たな」1本半での再開は12時20分。風・波は強くなってきた感じで、ウキがシモりまた流される。いつものようにやや右に餌打ちして、正面にウキが来たら餌を切る、を繰り返すが、ウキは一向に動かない。再び餌打ちマシンとなった私、時間だけが過ぎる展開に。早くも1時だ。これはいかん、昨日のように1個餌で打ってみよう。すると、やはりウキが動き始めたではないか。今日はセットに逃げる事は避けたいと思っていたが、私のアームでは最早無理。上ハリスをカット。「玉」にご登場願う。ついでに「たな」まで1本に変えてしまい、何が正解に近いのか分からないまま続行。が、ウキは動きあたりも出る。そしてかかりまP4140303P4140304した!あれっ、バラケを食っている。それに放流?まあいい、OKOK。すると、次の餌打ちではズバッというあたりが出て、グッドサイズをゲットだ!これこれ、この調子ですよ。しかも、次で15匹ときりが良い?しかぁ~し、しばらくして出たズバッというあたりでは、穂先が水中に引っ張り込まれそうになり、懸命に堪えているうちにハリス切れ。ガクガクッ。擦れてたのかなぁ・・・。すると、これで場が荒れたのか、その後はウキがモヤモヤするだけ。バラケも元々はダンゴなので、持ちが良過ぎP4140305るのかも。その後30分ほど餌打ちマシン化した私だったが、何とか1匹をゲット。ただし可愛らしい放流。これは喜んで良いのか?じきにバラケが尽き、終了。携帯で時刻を確認すると、まだ2時前ではないか。実釣1時間40分(セットでは1時間弱)で3匹。底と併せて実釣4時間弱で15匹。まあ私にとっては満足できる数字だ。が、昨日はさっさと帰ってしまったが、今日は何となく続けたい気分(理由は自分でも分からない)。そこで、今度こそセット用のバラケを作る、ただし少量。セット専用バラケ:夏:水を3:1:1だ。これはセット専用バラケの袋に書いてあったとおり。何だか昨日と同じボソボソした感じだが、本当にこれで良いのか?首をひねりながら再開。結構重く、少量でもウキのトップが沈没しそう。まだ風・波は収まらないので、今までと同じくやや右に餌打ち。すると、じきにウキに動きが。そしてズバッというあたり!やったと合わせるが、うわっ凄い引き!さっきと同じような感じだ。これも懸命に堪えるが、残念ハリス切れ。一体何?これで今日は終われと言う事か?いや、餌があるうちは終わりません。ハリス交換して続行。すると、開始20分くらP4140306いしてウキがスッと入り、これに合わせればやったかかりましたよ!おおっ、これも良く引く!寄せてみればそんなに大きくないが、満足満足。その後もウキは動き続け、バラケのせいなのか地合なのかは不明だが、バラシはほとんどなくてカラが多い中、時折ズバッというあたりでへらをP4140307P4140308P4140309P4140310ゲット。何だか20匹まで伸びそうだ。すると終了間際に20匹達成!何故かバラケを食っていたが、ノープロブレム。バラケを作り変えてから1時間で5匹。しかもこの風・波の中。これは嬉しい。その後じきに「玉」が尽き、3時過ぎに終了となった。結果、宙では実釣2時間40分で8匹。底とP4140311併せて実釣5時間弱で20匹なら、私にとってはハッピーな結果。片付け。大楽地のOさんからはノーあたりという報告が。やはり厳しいなぁ。へら師は看板横に2人とこちら側ワンド付近に2人か。片付けを終え、駐車場に戻る。水漏れのする長靴は早く買い換えよう。日陰側とは言え、かなり日焼けしたようだ。次回からは日焼け止めを塗って来ないと。ゆっくりと池を後にした。
 
帰り道、ラーメン藤田屋の横を通ると、ゲゲッ店が変わるようだ。この場所は以前カッパ寿司だったのを、藤田屋→三方原屋→藤田屋 となったのだが、またも撤収なのか。本当に良く分からない。
 
両ダンゴの宙はバラツキが多い
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズっていいよなぁ:その1

Docu0034早速聴いてみた。スタンダードと言うか、何処かで聴いた事があるのが WALKIN' 。それにしても、偏見かもしれないが、部屋を暗くしてウィスキーでもチビチビやりながらならもっと良さそう。1枚目/5枚組。
 


 
それにしても安い。しかぁ~し、輸入盤なので解説は英語(トホホ)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

柳の木のそばで2匹目のドジョウを狙ったが@増沢池 with Oさん

今日は風が強いとの予報に、大久保にでも行ってみようかなと思っていたが、またもグズグズしていて8時半を過ぎてしまう。これでは常連さんが出勤して来てしまい、思った場所に入れそうにない。それでは、と増沢にゴー!9時過ぎに駐車場に着くと、あれっ、まだWINDOMが停まっているぞ。それにOさんの車もある。今週は3連荘で増沢だ。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、今日は対面看板横に1人、深場は階段下付近からダム?そばまで3人。こちら日陰側は橋の下(した)付近に2人と私のいつもの場所に1人。あっ、Oさんは昨日と同じ塩ビ管手前。それでは私も先日と同じ柳の木の奥に入P4130279P4130280ろう。当然防寒をキッチリして池に向かう。まずは先客に挨拶するが、返事がない。まあいい、Oさんを見に行こう。今日は8時頃から始めているが、まだ1匹との事。え~っ、そんなに厳しいのか。それでは、今日は私にしては珍しく宙から行ってみよう。これは前回の結果に色気を出したため。だが、2匹目のドジョウはそんなに甘くなかった。竿は9尺で両ダンゴ。餌は前回と同じガッテン:天々:水を2:1:3/4。と思ったら、水の量を間違えてしまった。慌ててマッハで調整するが、何となく違う感じ。それでも「たな」1本で開始は9時45分。既に風・波はあってウキが左に流される。前回と同じく右方向に打って正面で餌を切る、を繰り返すが、一向にウキが動き出さない。Oさんもそんなに竿は曲がっていない。と、10時頃に橋の下の人が帰り支度。あそこにWINDOMの人がいたのか。さて、30分ほど餌打ちするが、何も変化がないので、「たな」を2本、更には1本半と迷走。約1時間打って2回ウキがモヤッとしただけ。そこで、1個餌釣法を試してみる。すると、急にウキが動き始めたではないか。どうやら両ダンゴの地合ではなかったようだ。そこで、今更ながら上ハリスを縮めてセットに。食わせは「玉」。すると、すぐさまウP4130281キが反応し、ズバッというあたりでやった1匹目!そうだったのか・・・。更に次の餌打ちでもズバッという消し込み!やった連荘か?しかぁ~し、残念鰓に擦れていた。でも、前回と同じくグッドサイズばかり。さあ、このまま行こう。しかぁ~し、じきにウキが動かなくなり、小さなあたりでもうP41302831匹ゲットするものの11時15分過ぎに1回目の宙は終了。ここで一旦休憩し、Oさんの様子を見に行くと、底を諦めて深宙(「ふかちゅう」。何で「しんちゅう」でないのかは不明)にしているとの事。釣り座に戻ってさあ次だ。今度はセットの餌を作る。セット専用バラケ:冬のバラケ:水を3:2:1。P4130284が、この餌がまとまらない。しばらく我慢して打ち続けるが、12時前に1匹出た以外には何のあたりさわりもない状態。天々を振りかけて何とかバラケがまとまるようになったが、ウキの動きはさっぱりのまま時間だけが過ぎる。12時のサイレンを聞き、昼食。何か変化をつけないと。が、その後もウキは全く動かず、最後の方にバラシ1回の後に手放しで2回あたったが、もちろん反応出来ず。途中から餌打ちマシンと化した私。気付けば餌が尽きたのは1時。Oさんはドボンに変えている。さて私はどうしよう。よし、今日はとりあえず何でもやってみよう。次はyurieさんの情報から「トロ掛け」だ。今度は下ハリスを切って短くする。バラケはガッテン:天々:水を2:1:3/4。再開すると、何とすぐにウキが動き出し、弱いながらもP4130285さわりが出る。そしてチクッというあたり?に手を出せば、やったかかりましたよ!しかぁ~し、バラケを食っている。トロロとは関係ないのかな。ウキはその後も弱くさわり続けるが、一向にあたらない。最早これまで。ハリスを元に戻して両ダンゴで餌を打ち切ろう。すると、変化を付けたのが良P4130286かったのか、またもウキに動きが。そしてウキがスッと入るのに合わせてやった第2目標クリアだ!しかぁ~し、遂に放流になってしまった。嬉しいような悲しいような・・・。その後餌が尽きて2時に今度こそ終了だ。今日は柳の木のそばで2匹目のドジョウを狙ったが、見事に返り討ち。実釣4時間で5匹とは(トホホ。でもアームだから仕方ない?)。こちら側橋の下近辺では底でP4130287結構なサイズが出たと言うから、やはり浅場なのか。疲れ果てて片付け。おっ、Oさんも終わったようだ。Oさんの片付けを待って、一緒に駐車場に戻る。Oさんは明日は仕事の都合もあって大楽地の池に行くと言う。そう言えば、Oさんはかつて大楽地の池で49.5cmを釣ったと言うから素晴らしい。明日は是非結果を出してもらいたいものだ。駐車場で挨拶して解散。私はゆっくりと家路に着いた。
 
あまり増沢を舐めてはいけない。凸でなかっただけでも良しとしよう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだ他に聴いてないのが山ほどあるのに

Docu00337ネットでたまたま見つけ、買ってしまったジャズのCD5枚組。1500円だから安いでしょう。って言うわけにはいきません。まだ半分も聴いていないクラシックCD50枚組、それに半分も観ていないさだまさしのDVD8枚組があるのに、Oh my God!
まあ、買ってしまったものは仕方ない。順番に聴いていこう。
 
衝動買いを時々してしまう(今回は安くて良かったぁ)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

今日の増沢池とOさん

P1000104P1000105流石に昨日は釣り疲れたので(大袈裟過ぎる!)、今日は休養。が、Oさんが増沢に行っているようなので、様子だけ見に行った。
駐車場に到着は11時近く。日は差していても風が冷たい。そこで、暖かい飲み物を差し入れる事にした。購入後に日陰側に入るべく山道を下る。
P1000106昨日賑わっていた私のいつもの場所付近、更には浅場にかけては誰もいない。逆に、昨日は閑散としていた日向看板横付近にはへら師。日向側橋の下(しも)にも誰もいない。あっ、Oさんは塩ビ管手前に入っていた。まずは挨拶。やはり風の通りが良くて寒い。夏場なら風の通りが良い方がいいが、夏は風が吹かないのが残念なところ。さて、今日は10尺(もちろん両ダンゴの底)でボチボチ釣れているとの事。また、既に帰ったWINDOMの人が大きなバスを釣ったと教えてくれた。しばらく見ているうちに何度かへらをかけたので、私のお暇も早い。また宜しくと言って11時半にはその場を離れた。
 
明日は何処に行こうかな
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

残業の結果@増沢池 with Oさん、Y川さん

この記事の前に、1つ前の記事を読んでください。
 
随分久し振りの残業(正確には予定時間内に餌を作り変えただけ?)だが、竿と仕掛けはそのまま(適当なウキもそのまま)で、餌はガッテン:天々:水を2:1:3/4。最初より少なめに作り、再開は2時20分過ぎ。ちょっと柔らかくて持ちそうにないので、手揉みで修正。大分波が穏やかになったので、ウキが流される範囲も狭まってきた。するとじきにウキに動きが。そしてズバッというあたりに合わせれば、やったかかりました!あっ、バラシた・・・。鈎には鱗。どうやらこれが残業の答えか。しかぁ~し、ウキの動きP4110271P4110272はなくならず、今度こそのズバッというあたりでやったかかりました!すると、更に連荘でもう1匹!これは素晴らしい。一応4匹ゲットして合計で20匹にするのが目標だが、早くもクリア確定か?が、そんなに甘くはありません。ウキは動いているものの、なかなかあたりが出ず、出てもカラ。でも、宙の前半よりは希P4110273P4110274望が持てそうな感じ。その後も出来るだけ強く大きなあたりに絞ってポツポツと2匹釣り、3時までに合計20匹クリアだ!サイズも全てグーだし、もういつ終わってもいいが、餌がまだあるからやってみよう。すると、餌が尽きた3時20P4110275P4110276分頃までにもう2匹追加し、残業だけでグーなサイズを6匹。しかも実釣1時間での結果だ。予想を上回る結果に気持ちも高揚している。残業もたまにはいいもんだ。ルンルン気分で片付け。旧爆釣ポイントに残っていた先客が帰りP4110277際に声をかけてくれた。たくさん釣れたねと。更に嬉しくなる。これで昨日からのブルーな気持ちも晴れた。片付けを終え、OさんとY川さんに挨拶して駐車場に戻る。今日は底でまあまあの結果、そして宙では試験的にやってみた両ダンゴでビックリの結果。さあ、気分の良いうちに早く帰ろう。帰って「王と妃」を観なければ。それでもモクレン通りでは(他の道路でも)制限速度遵守で家路に着いた。
 
今日は場所のせい?
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

癒されたくてジャカゴを回避@増沢池 with Oさん、Y川さん、yurieさん

P4110250昨日の事もあり、今日は何としても増沢で癒されたい。とりあえず8時過ぎに家を出る。今日は充分暖かい筈だが、一応防寒ウェアも準備。モクレン通りは、モクレンは既に散っているが、桜がまだ咲き誇っている。駐車場に着き、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、対面日向側は橋の上(かみ)には誰もいない。もちろんジャカゴにも。橋の下(しも)には、先日と同じ場所にOさん、後は階段下から深場に2人。Oさんに状況を聞くと、今日も厳しいようだ。驚いたのはこちら手前の日陰側。橋の上と下に3人ずつ。こんなに日陰が人気なのは珍しい。さてどうしよう。やはり癒されるためにはジャカゴは避けないと(リスクが多すぎる)。かと言って日向まで行くのはちょっとなぁ。よし、柳の木の奥にしよう。途中不定期便に寄ってから車に戻ると、車から荷物を降ろしている人が声をかけてきた。あれっ、yurieさんではないか。今日は何としてもジャカゴに入ると息巻いている。ゴメンナサイ、私は今日は行けません。場所を教えてから、荷物を持っていつもの道。予定通り柳の木の奥にP4110251P4110252入る。さあ準備しよう。この場所は頭上に注意だが、今の時期、木の枝だけで葉っぱがないのでやや安心か。とりあえず11尺を出す。もちろん底。餌はいつものグルテンセット。が、木の間からジャカゴを見ると、私より先に歩いていったyurieさんの姿がいつまで経っても見えない。不安になって橋まで戻るが姿が見えず、電話してみると、かなり浅場まで行ってしまったようだ。もっと手前だと説明して釣り座に戻るが、大汗。早く準備しないと波が出てしまう。底を取り、開始しようとすると、木の間からyurieさん発見。今度はワンドまで戻ってしまったので、再度説明。またも大汗。ようやく半島に到着する姿が見えた。それでは、と私の開始は9時50分。と思ったら、予定通りの波。右隣の3人は知り合いのようで、ウキの動きが良くないとこぼしている。え~っ、渋いの?Oさんも同じような事も言ってたっけ。すると、確かにウキは馴染んだまま返そうとしない。すぐに10時を過ぎる。今日は放流でも何でもいいから姿を見たくてここに入ったのに、それさえも叶わないのか。それにこの場所はウキの視認性がかなり悪い事に、今更ながら気付く。でも偏光グラスを装着すればOK。すると、小さくではあるがウキが返してきた。よ~し、もう少しであたるぞ。しかぁ~し、汗が引いてくると、風がやけに冷たい事にも気付かされる。薄手のジャンパーではちょっとキツイ。これはいかん、折角治った風邪がぶり返P4110253してしまう。でも、今席を離れると、寄ったへらが散ってしまう。もう少し我慢してみよう。が、確かになかなかあたりが出ない。1匹目をゲットしたのは10時半近くになってから。良かったぁ、姿が見られて(ホッ)。が、その後がない。ウキはモヤモヤするが決めあたりにならないのだ。それにあP4110254P4110255P4110256P4110257たりらしきウキの動きはカラまたはバラシ。先客も同じ。それでも、良いあたりでなくてもどんどん合わせれば、とりあえず開始約1時間で4匹を追加。なかにはグッドサイズもあって、急に元気になる(現金な奴!)。さあ、第2目標をクリアしたところで、急いで防寒ウェアに着替えよう。息を切らせて釣り座に戻り再開すると、何と第1投であたり!そしてかかりました!これは素晴らしい。さっきまでは一体何だったんだろう。すると、その後もポツポツとかかるようになP4110258P4110259P4110260P4110261P4110262P4110263り、11時半頃までに6匹を追加。予想外の第3目標までクリアした。が、しかぁ~し、次のあたりでは遂に擦れて揚がってきた。これがいいあたりなんだけどなぁ。残念(どうせP4110265P4110266なら、これまでのように途中で外れて欲しい)。その後、池全体が渋くなったのか、ポツポツと2匹を追加したところで12時のサイレン。そして餌P4110267が尽きた12時半頃までにはたったの1匹。途中、背後から声がしたので振り向くと、何とY川さんではないか。珍しく平日の釣行だ。対面遊歩道の端付近に入っていて、底で5匹をゲットしている。放流はないとの事。食事を終え、自分の釣り座に戻った。さて、皆さんの状況はどうだろう。珍しく電話してみると、Oさんは前回と変わらず芳しくない様子。しかも放流が寄ってしまった。yurieさんは30cmクラスを2匹釣ったが、もうじき帰るとの事。私はゆっくりと昼食。底で何とか前回並み(実釣2時間強で14匹)の結果になったのは望外の成果だ(最初の30分は泣きそうだったのに)。さて、後半はどうしようかな。最近の結果から考えると、このまま帰ったほうがいいかも。いや、ここは宙で続行だ(やけに強気)。しかも今日は両ダンゴを試してみるゾ。竿は9尺に変更し、餌はガッテン:天々:水を2:2:1だ。「たな」1本半での再開は1時。かなりウキが流されるので、意識して右に餌打ち。そしてウキが正面に来た時点で打ち返す。これを繰り返すが、なかなかウキに動きが出ない。それでも10分くらい経つと、ウキがモヤッと動いた。そして弱く入る。が、カラ。そんなに甘くないか。が、馴染んだウキが少し返してからグッと入るのに合わせると、やったかかりP4110268P4110269ました!これこれ、この手応えですよ宙の醍醐味。サイズもグーなら言う事なし。するとじきにもう1匹ゲット。この調子ならあと4匹釣って20匹まで行こうではないか。と、ここでyurieさんから電話。見ると、橋の上(うえ)にいる。お疲れ様でした。さて、、その後は餌の経時変化なのか地合の変化なのか、ウキは動いているのだが、あたりらしきウキの動きに合わせても全てカラ。おまけに次第にウキが動かなくなってくる。餌に手水しか知らない私、次にやる事は「たな」を1本に変える。すると、変化させたすぐには反応が良く、あたりも出るが、またもカラ。そして、今度こそと思ったあたりはやったかかりました!しかぁ~し、寄せる途中で最後の抵抗とばかりにへらがグッと深く入ったところで、痛恨のハリス切れ。急いで交換するが、見るとウキのトップが折れている。昨日に続いてまたも・・・。でも、せっかくあたりが戻ったのだから、モタモタしていてはいけない。オモリと合うかどうか分からないが、似たようなボディのウキに交換して再開。しかぁ~し、やはり地合は戻らず、2時15分を過ぎて餌が尽き、無念の終了だ。結果、宙では実釣1時間15分で2匹。底と併せて実釣3時間半で16匹。P4110270まあ癒されたと言えるのではないか(後半はいただけないが)。餌ボウルに水を入れ、ブログの最後を飾る写真を撮る。が、待てよ、まだ2時15分。最初に思い描いていたのは3時終了。だが、いつもなら2時間持つ餌を1時間強で使い切ったのだから、まだ1時間近く時間が残っている筈だ。せっかくウキが動いているし、波も収まってきたように感じる。それでは餌を作って残業しよう。きっと良い事があるよ(後半に続く)。
 
こんなに張り切って残業するのはいつ以来だろう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

震災発生から1ヶ月

早いものであの大震災から1ヶ月経った。原発に限って言えば、最初の頃は逐一(情報操作があったかどうかは別にして)報道にビクビクして、いいようのない不安に苛まれていたのだが、人間というのは怖い生き物で、次第に報道に対して鈍感になってきたような気がする。その良し悪しは別にして、いわば「人間は環境に慣れる動物である」と言うことか。更に原発の報道が最近少なくなってきたのは、状況は改善されているような気持ちにさせる(No news is good news)が、実際のところはむしろ悪化しているのではないか。また被災地の様子も同様に、報道が少なくなる事で、何か避難している方々の状況が好転しているかのような印象を持ってしまいがちだ。あればあったでいたずらに不安を煽ると言われ、少なくなると情報隠しと言われる報道は、本当に難しいものだと痛感した。
 
状況に慣れる必要もあるが、鈍感になってはいけない
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池

今日は本来なら増沢に行って乗っ込みを味わう予定(あくまで予定です)だったが、おそらく例会などもあって竿を出す場所などないだろうと勝手に想像し、それではと大楽地の池に予定変更だ。まずは7時過ぎに投票を済ませ、それからゴー!バットさんは7時頃から餌打ちを始めているようだが、果たして今日の私はどういう推移を辿るのか楽しみだ(もう分かっていると思うよ)。8時過ぎに駐車スペースに到着するが、既に車が数台。まずは階段を登って池の様子を見に行くと、バットさんは堰堤バルブの右側にいた。まP4100245P4100247P4100246ずは挨拶。1回さわりがあったとの事。水は澄んでいて波もそんなにない。ただし、予報に反して空には雲。一応防寒グッズは持ってきたので安心だ。それでは車に戻って荷P4100244物を降ろし、準備しよう。と、その時何故か消防車と救急車がやって来た。何でも放水訓練をするようだ。バルブを開けるので、あまり近いところでは仕掛けが吸い込まれてはいけない。私はバルブの左に離れて座る。さて、バットさんは12尺を出しているが、釣り台の違いも考慮して私は15尺で行こう。もちろん底。餌はいつものグルテンセット。底も取れ、開始は8時50分。何だかわくわくするが、それも少しの間だけだった。予定通りウキに動きなし。が、しかぁ~し、数投後にウキの馴染み際でおかしな動き。これはさわりか?残念その後は再びウキは静かになる。う~む、やっぱりなと言うべきだろうか。バットさんも静か。へら師は私の後を追うようにポツポツとやって来た。こんなに早い時刻に人が集まるのは珍しいようだ。さて、ウキが動かないと時間の経つのが早く、9時半を過ぎた。依然として状況に変化なし。まあ、増沢でもこれくらいの事はあるから、まだ大丈夫。が、あっという間に10時。そろそろ焦れてきた。ひょっとしてハリスが短いのが良くないのかも。そろそろハリスを替えてみようかな。そしてただ餌を切ろうと空合わせをくれると、何と根掛かり!あまりに強く引っ張ったためか、ウキのトップを折ってしまった。おまけに両ハリスもロスト。いやはや、まさに自虐的。ウキを交換するついでに、場所も少し右に移動。もちろんハリスは長めに。風・波がかなり出てきた。それでも何とか底を取り、再開。大分時間を浪費した。ウキの馴染みも予定通りだが、相変わらずウキに動きなし。11時を過ぎ、竿を8尺に変えているバットさんが所用で一旦中座。釣り台はそのままに帰宅した。私もついでに終わろうかな(これこれ!)。私の左、19尺を振っている人が2回竿を曲げたが、いずれもバラシ。ウキが動く人がいるんだ。素晴らしい。11時半を過ぎ、あまりに退屈なので早めの昼食。既に開始3時間になろうとしている。餌が残っているのは、この池であまり餌を打つと、却ってウキが動かなくなるという事を聞き、餌打ちのインターバルを意識的に伸ばしたため(もちろんあたりがないと言う事もあります)。そして遂に12時のチャイム。まだ餌がある。仕方なく一分捨てて12時10分過ぎに底を終了。本当はこのまま終わっても良いが、小野の池でもそうだったように、ここは宙をやって悔いが残らないようにしよう(しばらく?来ないと言う事)。竿は12尺に変更。餌はセット専用バラケと天々を1:1のバラケに「玉」のセット。ウキの調整に手間取ったため、「たな」1本半での再開は12時半頃。気温は朝方より低くなった気がするのは私だけか?涼しさを通り越して寒気を感じる。さて、ウキはドップリ馴染み、ゆっくりと返す。が、それだけ。何度打っても同じ。そのまま1時を過ぎる。そこで、意味があるのかどうか分からないが、「たな」を1本に変更。しばらく打っていると、1時半頃にバットさんが戻ってきた。私は既に集中力も途切れがち。携帯で時刻を確認しようと竿から手を離していると、馴染んだウキが返してから再びモヤッと入り、そして戻したではないか!全く手が出ない。クーッ・・・。ひょっとしてへらが寄ったかと思い、続けて餌打ちするが、その後は再びウキが沈黙、。そして2度と動く事はなかった。結局2時半にバラケが尽きて宙も終了。予定通りと言えばその通りだが、ちょっとだけ寂しさを感じるのは何故だろう。片付け。私以外に帰る人P4100248P4100249はいない。皆さん5時過ぎのゴールデンタイムを待っているようだ。凄い根気!片付けを終え、しばらくバットさんの背後霊となる。が、3時を過ぎたのでこちらも終了。挨拶して駐車スペースに戻る。今日は久し振りに自虐的な釣りを堪能した。もう充分です。こうしてみると、増沢のありがたさがしみじみ分かる。今日はパスしてゴメン。明日行きますので、すさんだ私の心を癒してちょうだいね。ある意味清々しい気持ちで池を後にした(釣れなくても長い文章って一体・・・)。
 
6時間近くあたりを見ない釣りは小野の池とここだけかも
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池

明日から雨となる予報に、今日は通院日であるにもかかわらず出かけてしまいました増沢。公園入り口付近でWINDOMと擦れ違ったのは、時刻が9時頃だから。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ対面橋の下には5人くらい固まっているぞ。まだ葦のP4070219P4070220P4070221下付近には誰もいないが、途中には坂の下付近から葦の下まで10人くらいが入った。橋の下(しも)にはポツリポツリとへら師。あっ、ワンドにいるのはOさんではないか。手を振ったら応えてくれた。こちら側は柳の木の奥から流れ込み付近まで数人。今日も楽をしたくていつもの場所に入る事にする。かなり暖かいが、念には念をと防寒パンツを履いていく。池に降り、まずは先客に挨拶。ちょっと波が出ている。汗が滴るが、じきに涼しくなった。そうそう、大事な事を書くのを忘れた。こちら側は水草のあるところでバシャバシャと音がする。見れば柳の木のすぐそばで大きな波紋。いよいよハタキが始まったのか。さあ準備しよう。今日は前回より短い11尺(バットさんを意識している?)で底から。餌は前回と同じグルテンセット。ちょっと底が取りにくいので、かなり意識して慎重に行う。そして開始は9時25分。前回はすぐに動き出したので今日もいけるかなと思っていたが、これが大違い。返P4070222しが出ない。しばらく我慢して餌打ちしていると、それでもウキが小さく返しているように見えてきた。そして待望のあたり!サイズはこの際どうでも良くて、ただ凸を免れたと言う気持ち。前回のような数は出そうにないが、それでも第3目標くらいはゲットしたいなぁ。すると、何故かは分からなP4070223P4070224P4070225いが、その後ポツポツとあたりが出、それを拾って10時までに3匹を追加だ。しかも4匹目は前回お目にかかれなかったグッドサイズ。抱卵しているので、出産の順番待ちでかかったのかも。このままなら第3目標なんて軽そう?しかぁ~し、放流が寄ったせいか、P4070226ウキの動きが却って悪くなる。そこで両グルテンで打ってみると、やったダブルだ!第2目標クリア!サイズは本当に可愛らしいが、前回もダブルで数を稼いだから、これは好調になるかな。しかぁ~し、連荘かと思った次のあたりは今日最初の擦れ。どうやら次第に状況が悪化しているか?風が冷たく、防寒対策をして正解だった。その後間隔が空きながらもポツポツとP4070228P4070229P40702303匹を追加し、10時半を過ぎてやっと第3目標にリーチ。時間10匹はなかなか難しいなぁ、なんて思っていたのはこの頃まで。後半の恐ろしい状況をまだ知る由もなかった。風・波は次第に大きくなるが、まだ我慢出来る状況。その後打ち込みに失敗して仕掛けP4070231P4070232が手前に落ちた際に、抜群のいいあたりで10匹目。サイズもまあまあ。やれやれ。すると次の餌打ちでもあたり!11匹目ゲットだが、状況が良いのか悪いのか分からない。とにかく餌打ちのインターバルに気をつけて行こう。11時を過ぎた頃、背後からこんにちは(こんにちワンではありません)の声。あっ、HRさんではないか。今日が今年初めての釣りだそうで、私の右、OT氏のかつての「いつもの場所」P4070233P4070234に入った。竿は13尺の底。私の方は11時を過ぎる頃から何故かあたりが復活し?連荘が出るもののその後は再びポツリポツリとなる。更にグルテンではウキの動きが悪く、バラケを練って両ダンゴにした方があたりが多くなる。まさかの高活性?そんな事はないだろうが、とにかくダンゴで行ってみよう。しかぁ~し、あたりが出てもカラ、が続く。セットよりは餌が重い筈なのに、ウキの馴染みもそんなに変わらないのは何故だろう。それでも開始2時間までにもう3匹を追加。ダンゴなのにP4070235P4070236P4070237待つ釣りになってしまった。HRさんは開始後じきに竿を曲げたが、残念擦れ。その後もう1回竿が曲がったが、それも擦れだった。今年最初の釣りでへらの顔は拝めたが、不満P4070238P4070239は残っただろう。私はグルテンを残したままダンゴで通し、終了の11時45分までにもう2匹をゲット。最後の1投は効かなかったが、オール放流の前回に比べればグーなサイズもチラホラ混じったから、これはこれで良しとしなければ(自分に甘い私)。結果、底では実釣2時間20分で18匹。さて、今日の午後は通院なので、この後やるにしても2時前には終わらないと。どうしようかな。ん、この間ダム?そばで後半の宙は散々だったから、今日は珍しく底を続けてみよう(これは良かったのか悪かったのか?)。急いで昼食を摂り、餌は夏:冬:ペレ道のダンゴで行くぞ。グルテンを残しておいたのは、ダンゴでダメだった時の保険。かなり右からの風と波が大きくなった。昼近いせいか、対面看板横付近で帰る人も出て来た。さあ準備万端整った。再開P4070240は12時前。すると、第1投からウキに動きが。これはいけそう?そしてその後じきに1匹目。まだ12時前。20匹にもリーチだ。更に次のあたりもバッチリ取ったが、何故か浮かしたところでバラシ。口にかかっていたように見えたけどなぁ。サイズもグーだったのに。まあいい、次に釣ればいいさ。が、ここからが地獄の始まりだったとは、まだ気付く筈もなかった。12時のサイレンを聞く頃から、ウキの動きがバッタリ。しかもウキがかなり流される。シモりも大きくあたりが出ても分かり辛くなった。懸命に餌打ちするが、ウキはシモッて流されるの繰り返し。HRさんもオモリを底に着けている。私は12時半を過ぎても状況が変わらない事に嫌気が差して来た。そこで、外付けのオモリを追加して似非ドボンに変更だ。これなら流されないし、もしへらが近くにいればウキを動かす筈。しかぁ~し、両ダンゴで打ってもセットで打ってもウキは動かない。Oさんに声をかけてみると、底ではさわりも出ないとの事。こちらHRさんもウキに動きなし。何故だ?!時刻は1時を過ぎたが、私は餌打ちマシンと化している。今はただ餌を打ち切って終わる事だけを考えよう。すると、ほぼ終了かと思った頃に初めてウキが動いた。やったと合わせればかかりました!サイズは放流だが、これが正真正銘の「上がりべら」になるか?しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみれば鰓のそばに擦れている。ガクガクッ×ガクガクッ・・・。何だこれは?!その後さっさと餌を打ち切り、1時半少し前に終了。波は一向に収まる気配がない。結果(書くまでもないが)、後半は実釣1時間半で1匹!トホホ×トホホ×トホホ・・・。片付け。すると、P4070242私の片付け中にHRさんも終了。ダメならさっさと終わる事にしているらしい。餌が勿体無くて使い切るまでは終わらない私に比べて、何と潔いのだろう。対面看板横付近にいた人達も一斉に終わったようだ。Oさんは宙に変えて続行中。片付けを終え、HRさんと対面のOさんに挨拶して駐車P4070243場に戻る。ようやく増沢の桜も満開近くなったが、今日はそれを楽しむ余裕がなかった。さて、今日は前半と後半があまりにも対照的だった。一体後半の失速は何だったのだろう。どうやら池全体が急に渋くなったようで、私にはその理由が分からない。明日明後日と雨が降った後の日曜を皆さん狙っているようだが、果たして思惑通りになるだろうか。私は見に来れたら来よう。トイレに寄ってから池を後にした。
 
あまりにも前後半が違い過ぎる
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

いろいろな事を考えた

今日は非常に慌しい1日だった。その合間を縫って振込をしようとしたのだが、振込用紙に記入して窓口まで行ったら、分かってはいたが手数料がかかると言う。承知と答えたものの、その金額を聞いてビックリ。そう言えば昔退職金を移動させる時に、現金を引き出すのでは危ないので振込をしたのを思い出した。その時と同じ金額だ。今回の振込金額を考えると、あまりにも大き過ぎる手数料。窓口でも他のやり方をしたほうが(例えばATMを使うとか)いいと勧められたが、それでもまだ高いので、日本財団のHPにあったクレジットカードを使ったネット上での振込をする事にした。どうもネットでカード番号を入力するのは嫌な感じがするのだが(かつてスカイプのチャージとかで使った記憶がある)、手数料を浮かすには止むを得ない。さっき入力を終えたところ。多分問題なく振り込まれたと思う。
 
さっきまでホンマでっかTVを観ていたのだが、イライラとクヨクヨが体に良くない事を再認識させられた。釣りに行っては思うように釣れなくてイライラし、家にいては考えても仕方がない事を考えてクヨクヨする私は救われない。今夜もスナックに集まって騒音を響かせている人達はどんな幸せなのだろう(あくまで表面的に捉えただけですよ)。
 
風邪がなかなか抜けない。特に熱があるという事もないのだが、痰と咳が取れないのだ。明日は通院日だから、ついでに聞いてみよう。
 
立ち上がると決断力がアップするって、ホンマでっか?
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

義援金でなく支援金?

義援金は今日現在日本赤十字に1千億円を越える額が集まっているが、残念ながらすぐに被災者の方々には届かないようで、これがもどかしいところ。
それに代わるものはないかと探していたら、これも直接被災者に届くわけではないのだが、被災地で活動するNPOを直接支援する『東北地方太平洋沖地震支援基金』というのを見つけた。日本財団が行っているROADプロジェクトというもの。
こちらは約5億円が集まっているようだが、充分というわけにはいかないだろう。小額ではあるが明日早速近くの信金から振り込んでみよう。
 
振込先(日本財団のHPで確認要):
                      三菱東京UFJ銀行 
                      支店名:本店
                      普通口座:0492440
                      名義:日本財団
 
何か私に出来る事をしよう(いいようのない不安は続いているが)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

底で止めときゃ良かったのに@増沢池

今日は快晴で風も弱いとの予報。いそいそと出掛けてしまいました都田へ。途中WINDOMと擦れ違ったのは、時刻が9時近かったから。車を停め、まずは定期便。それから橋まで行って池の様子を覗うと、あれ、日向側橋の下(しも)には誰もいない。浅場は橋の下(した)と葦の下。日陰側は深場流れ込み付近に3人。既に波は出ている。さて何処に入ろうか。せっかく空いているのだから、旧流れ込みにでも入るとするか。が、ダム?を渡ったところで気持ちが変わった。波もあるし、ここはダム?そばだ。ゆっP4040201P4040202くりと崖?を降り、さあ準備しよう。と思ったら、何と昼食を車に忘れてきた。昼食後に薬を飲まなければならないので、ヒイヒイ車に戻る。始める前から疲れた。今度こそ準備だ。竿は15尺で底から。餌はいつものバラケにα21とわたグルを1:1の食わせ。波で底が取り辛いので、慎重に繰り返す。餌打ち開始は9時45分過ぎ。対面では楽しく語らいながら竿を曲げている。私も今日は放流はないと思うが、果たしてグッドサイズをゲット出来るか?ん、ウキの馴染みは思ったとおり。よしよし。ただ、ウキはすぐ動き出すといP4040203う訳でもなく、しばらく餌打ちを続けていたら、10時を過ぎて馴染んだウキが少しだけ戻した後にチラッと動き、これに合わせればやったかかりました!早くも1匹目ゲットだ。今日はスケールを持って来たので、早速測ってみると33cm。これはグー。さあ、どんどん行こう。すると、じきにP4040204今度はバッチリのあたりで2匹目。これもグーなサイズ。深いところから引き上げるのは快感だ。が、何故かその後は、ウキは馴染んですぐ返すのだが、そのから先がなかなか出ない。どうやらへらは底から少し上にいるようだが、早くも上ずらせてしまったか。しかぁ~し、サイズダウン(とP4040205P4040206言っても25cmくらい)したものの連荘!これなら第2目標、いや第3目標もクリア出来るかも。風はあっても日差しが強く、ジャンパーを脱ぐ。P4040207まだまだウキは動き続ける。そしてほどなく5匹目をゲット!いやぁ、楽しいなぁ。気分は最高。ただ、何故か上鈎を食っている事が多いのは何故だろう。ひょっとして両ダンゴの地合かも。そのうえに、上鈎なのにあたりが大きくないのも何故だろう。開始1時間でもう1匹ゲット!時間あたりP40402086匹(しかもサイズは満足)なんて久し振りではないだろうか。しかも今のところ擦れもない。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなっているのに、まだこの時点では気付いていなかった。11時を過ぎてまたも連荘!これなら第3目標クリアなんて簡単簡単。ところが、この後ウキの動きがバッP4040209P4040210タリ。返しもなくなった。対面からもあたりさわりがなくなったとの声。一体何故急に止まるのか?その後無理矢理あたりらしきウキの動きに合わせたせいか、擦れバラシを連発。事態はますます悪い方向へ。そして開始2時間を過ぎ、そろそろ12時という頃に、遂に出てしまいました。今日初めて擦れて上がってきた。穂先を水中に持っていかれるような引きだったが、腹ビレにかかっている。ガックリ。どうやら底はこれでお終いか。そして虚しく12時のサイレンを聞く。階段下辺りに、青いPRIME AREAのセットの人が入っているが、この人が深場であたりさわりがない時でも結構竿を曲げているようで、子供達が寄っている。底なのか宙なのかは分からないP4040212P4040213が、裏山鹿~。それでも待って待ってあたりを拾えば、やっと第3目標にリーチだ。何故か再びウキが返すようになって来た。するとまたも連荘(何故?)で第3目標クリア!開始2時間半が経過したが、まだ餌が余っているので続行。ただし、少しずつ餌を色鯉にあげながら。そして最初の頃の勢いはないものの、P4040214P4040215餌が尽きた12時45分頃までに2匹を追加して底は終了。結果、実釣3時間で12匹なら、私にしては上出来だろう。波はかなり出ているが、この後宙はやるべきか。と、その前に食事を摂って薬を飲まなければ。さて、先日はあまりに寒かったので宙はやらなかったが、今日は風があっても暖かいし、底であれだけウキが動いたのなら宙もいけるのではないかとスケベ心が出て来て、昼食もそこそこに宙の準備。竿は13尺に変更、餌はセット専用バラケ:天々:水を3:1:1のバラケに「玉」のセット。「たな」1本半での再開は1時過ぎ。しっかりとウキを馴染ませ、ゆっくりと返す、を繰り返すが、一向にへらが寄って来た気配はない。30分ほど続けたが、何か変だなぁと思いながらも「たな」を2本にしてみる。すると、ようやくウキが弱く返し、そのP4040216後モヤッと入ったのに合わせると、やったかかりました!しかぁ~し、この引きは・・・?そうです、今日初めての放流。ガックリと釣れて良かったの気持ちが半々だが、とりあえずどんどん行こう。しかぁ~し、しかぁ~し、その後はウキが静かに。全く動かず静かに返すだけ。懸命に気配を感じ取ろうとするが、ウキは何のためらいもなく返すだけ。「たな」を1本半に戻し、更には1本にするが、虚しく2時を過ぎる。あっ、私の右側が翳っている。早くしないと日陰になってしまう。気持ちばかりが焦るが、ウキは静かなまま。対面は2人増えて2人帰った。階段下付近の人はまだ竿が曲がっているようで、相変わらず子供達の人気の的。裏山P4040217鹿~×裏山鹿~。と、何故かウキが馴染んですぐにズルーッと入って行き、これはまずいと思いながらも合わせれば、やったかかりました!が、まだ顔を拝むまでは何とも言えない。おっ、口だ。やったぁ2匹目!サイズもまあまあだし、色黒なのもいい。今度こそウキは動き続けてくれるかな?しかぁ~し、やはりすぐに静かになる。その後2時半を過ぎていよいよ私の体にもダム?の影がかかるようになると、寒い寒い。早く止めたいが、餌がまだあるので・・・。それから1回消し込みがあったが、これは余所見をしていてアウト!更にもう1回モヤッとしたが、これもスカ。ようやく餌を打ち切ったのが2時50分。結果、宙では実釣2時間P4040218弱で2匹(書くまでもないか)。底と併せて実釣5時間で14匹(トホホ)。せめてもう1匹釣れれば時間3匹になったのに(本日のタラ・レバでした)。片付け。対面にいた人も帰った。日陰側浅場にも2人いたようだが、今は姿がない。こちら側階段下の人はまだ続行のようだ。片付けを終え、崖?を登る。腰が痛い。フウフウ言いながら駐車場に到着。今日は底で止めておくべきだった。そうすればこのブログも楽しく書けたのに。でも、これが私。嘘偽りもない。釣れないのはアームだから仕方ないか。そろそろと池を後にした。
 
なかなかジャカゴ方面には入れない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

3人の釣りを見学@増沢池

今日はバットさんと一で二三さんが増沢で竿を出すと言うので、是非とも見に行かなければと家を出たのは9時過ぎ。モクレン通りは花がほとんど散っているが、桜がチラホラ咲いているのが見える。9時半過ぎに駐車場に着き、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、対面はダム?そばから階段下辺りまでと浅場看板横から葦の下、それにジャカP4030191P4030192ゴ。日陰側(と言っても今日は曇りで関係なし)は私のいつもの場所付近からポツポツと深場に向かってへら師。さてバットさんは何処にいるのかな。橋を渡って、まだ一分咲きP4030193P4030195くらいの桜を眺めながらバットさんを探すが、どうも日向側にはいないようだ。ダム?まで行くと、あっ、日陰側ワンドにそれらしき人。ダム?を渡って駐車場まで戻り、ハアハアP4030200言いながら山を降りる。あれっ、海で釣りをしてから来ると言っていた一で二三さん、それにザわさんまでいるではないか。まずは挨拶。バットさんは既に3匹、一で二三さんも9時頃から始めて1匹。ザわさんは準備中。曇っているせいもあるかもしれないが、やはり寒く、風は先日と同じく冷たい。水はかなり黒く濁っている。が、ウキは良く動いているようだ。しばらくして一で二三さんの竿が曲がった!そしてかかって来たのは放流。今日は体調もあってすぐに帰ろうと思ってP4030199P4030198P4030197いたのだが、久し振りに会ったのでその場を離れ辛く、ついつい長居をしてしまった。バットさんは用事があって11時までと言う事だったが、見事に30cmオーバーの「上がりべら」をゲット(写真がなくてスミマセン)!私もそれを機にお暇する事にした。かなり咳が出ている。ちょっと無理をし過ぎたかな。
 
また体調が悪化しなければいいが
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

「王と妃」の最初の山場

BS日テレで土日を除く毎日放映中の「王と妃」が、ほぼ3分の1終わった65話で遂に王位の移譲となった。
李氏朝鮮の第6代端宗は幼くして王位に就いたため、その基盤は脆弱なものだった。端宗の叔父である首陽大君はクーデターで政権を掌握した後に端宗から王位を簒奪(ドラマの現時点では譲位)して7代目世祖となる。ドラマの中心人物は世祖の息子の嫁(後のインス大妃)なので、これからが本筋。
このドラマの後半にかぶって始まるのが「王と私」。もう少し後になって燕山君とインス大妃との争いの時代が、お馴染みの「チャングムの誓い(大長令)」の導入部くらい(チャングムの父が廃妃ユン氏に賜薬を飲ませる)。更にその後またもクーデターが起きて中宗の時代になると、「女人天下」となる。チャングムはさておき、これらはどれも激烈な権力闘争を描いたものばかりで、日本の時代劇でいうところの正義の味方はいない。それがまた面白いのだ。
「王と妃」の少し前を描いたのが「龍の涙」なのだが、残念な事に観ていない。調べたところ、もう120話を過ぎて全159話のほとんど終了部分になっている。今からでも観るようにしようかな。
 
関係ないが、「王と妃」でハン・ミョンフェを演じているのが、ぺ・ヨンジュンとイ・ヨンエが共演した「パパ」で韓方の医院の院長だった人。それに、このハン・ミョンフェが後で「上党君」になるのだが、「王と私」で演じているのは「女人天下」のキム・アルロ役の人。
更には、前に書いたかもしれないが、「王と妃」では端宗、「王と私」では燕山君、「女人天下」では中宗の後を継いだがナンジョンに毒殺されてしまう仁宗と、高貴な役ばかりが廻ってくるのがチョン・テウだ。イメージが固定してしまうと損だと思うのは私だけか。
 
100話を越える時代劇が多い韓国ドラマって・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日明日と釣りはお休み

昨日寒いところにいたせいか、一旦治りかかったと思われた風邪がぶり返したようで、咳と痰が切れない。熱はないと思うが、とりあえず病院へゴー。すると、週末のせいか待合室はほぼ満員。月が変わったのを忘れていて保険証を持ってこなかったので、順番だけ取っておいて家に戻り、30分ほどしてから再度病院へ。たくさんの薬を貰って帰って来たが、この調子では今日明日は大人しくしているしかなさそうだ。明日はバットさんと一で二三さんが増沢に来るようなので、見に行けたら行こうかな。
 
見かけによらず弱いのです
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

心のリハビリになったか@増沢池

遂に4月。予報では快晴で風もない。それでは出かけましょう。8時半頃家を出る。モクレン通りは既に花が半分ほど散っている。9時前に駐車場に着くと、あれっ車の数が多いぞ。ざっと見回したところ、Oさんの車はないが、WINDOMは見つけた。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、日向側はジャカゴには誰もいないが、葦の下から看板横、P4010154P4010155P4010156更に階段下付近からダム?そばまでへら師。日陰側は深場流れ込み付近と柳の木の下あたり。さてどうしようか。復帰第一発目から凸ではあまりにも寂しいので、ここは日向側深場にしようかと一瞬思ったが、楽をしたくていつもの場所に入ることにする。以前Oさんが放流ばかり釣ったので、きっと何かしらは釣れるだろう。日陰側と言っても多少日は当たっているが、湖面には予想に反して波。風は冷たい。柳の木の奥の人に挨拶P4010157P4010158するが、聞こえなかったようだ。まずはOさんとOG氏に連絡だ。さあ準備しよう。ところが、額からは汗が出ても下半身は涼しいので、車に戻って防寒ウェアを履く。これは大正解だった。さて、釣り座に戻ると、柳の木の奥の人はいない。あっそうか、きっとWINDOMの人だったんだ。着ているものが違うので分からなかったが、朝が大分早くなったので、そろそろ普通時間に戻ったみたいだ。それに、何とOさんは対面階段下に入っていた。車は見つけられなかったのになぁ。さて、今日は12尺から行こう。もちろん底。餌はいつものバラケと、わたグルとα21を1:1の食わせのセット。かなり波が出て来たので、ちょっと手間取ったが底を取り、開始は9時35分。あれ、今日もウキの馴染みがおかしいぞ。最初からスッキリ出来ない。が、何と3投目にあたり!これには驚いたがカラ。しかぁ~し、その後のウキの動きは、どうやら放流が来た事を教えてくれる。ちょっとガッカリしたが、まあいい、凸は免れそうだ。が、その後は鱗や擦れバラシと一P4010159向にへらの姿を拝めない。イライラは募る。が、良く考えたらウキが動いているので、余計な事を考えずに済んでいる。これは良かった。そしてほどなく1匹目ゲット!思ったとおり放流。おそらく今日は放流以外釣れないだろう。でも、心のリハビリにはなりそうだ。すると、その後ポツポツと3P4010160P4010161P4010162匹を追加。携帯で時刻を確認すると、まだ開始30分くらいしか経過していない。よ~し、力を入れて頑張るぞ。しかぁ~し、冷たい風と波。快晴かと思ったが、雲の量がかなりあってなかなか晴れないし寒い。そのうえウキも見難いとあっては、やる気も次第に下がってくる。Oさんは釣れているのかな、何で楽をしようとしたんだろう等と、早くもタラ・レバ。しかぁ~し、懸命に目を凝らしてあたりを拾えば、何とほぼ100%かかるではなP4010163P4010164P4010165P4010166P4010167いか。ダブルも出て、開始1時間ほどで第3目標も軽くクリア。サイズはともかく、テンションだけは下がらずに行けそうだ。その後10分ほど間が空いたが、11時までに更に6匹を追加。とにかく合わせればかかる。波など関係P4010168P4010169P4010170P4010171P4010172P4010173ねぇ~っ(古いなぁ)。とにかく放流が激しく口を使い(他意はありません)、まるで放流直後のようだ。中には一丁前に腹が膨らんでるのもあって、ひょっとして抱卵、それとも私のようなメタボ?11時を過ぎてもウキの動きは続いたが、ダブルも出てちょうど20匹P4010174P4010175P4010176となったところからウキの動きが止まる。と言うか、こちら向きの白波が立って、ウキの視認性が更に悪化。またもや間が空く。それでも一旦釣れ始めると続き、更に5匹をP4010177P4010178P4010179P4010180P4010181ゲット。こうなれば30匹越えも夢ではないかも。しかぁ~し、次第に1匹釣れる間隔が長くなる(と言っても、これが普段の私だろう)。どうやら昼休みか?一気にペースダウンして、その後30分で3匹追加に留まる。既に開始2時間P4010182P4010183P4010184を過ぎ、12時のサイレンも目前。何とか12時までに30匹をクリアしたい。あと2匹だ。すると、何という事でしょう!ダブルを連発して30匹越え(33匹)だ。ただあたりの数はP4010185P4010186P4010187かなり減って、途中にはバラシ3連発も出る等、何かが変わってきた事は確実。そして遂に12時のサイレン。あたりはほとんどない。そのうえ今度はカラツンが出始めた。厳P4010188P4010189しい~っ!しかも餌はあと少し。それでも何とか3匹をゲットするが、最後の1投も擦れバラシと私らしい幕切れとなった。時刻は12時15分過ぎ。実釣2時間40分で36匹は、数から言えば放流直後を思わせるが、何となく素直に喜べない感じ。次は宙だが、風・波はなくならないし、とにかく寒い。思い切って終了だ。P4010190Oさんにその旨メールで伝えると、Oさんはその時点でグッドサイズを12匹に放流2匹と羨ましい途中経過ではないか。向こうに行っていれば続行も出来たのにと、またもタラ・レバ。片付け。今日はウキが動いたので、余計な事を考える暇がなかった。結果はともかく、気分は少し晴れた気がする。来て良かったと言えるだろう。心持ち風・波が穏やかになった気がするが、いつもの事だ。片付けを終え、Oさんと後から私の近くに入った人に挨拶して駐車場に戻る。すると、そこは別天地!何でこんなに池と駐車場では違うんだ?さっさと荷物を積み込み、池を離れた。
 
腹が減ったので、医大に降りる坂の手前、ふる里の隣に最近出来た浜松餃子の「浜太郎」で昼食。充分おいしくて、価格も安く満足だった。
 
近いうちにもう一度行ってみよう(浜太郎ですよ)
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »