« これだけ天気が良くても真冬の釣り@増沢池 with masaさん、バットさん、and ひげさんご夫妻 | トップページ | 雨で始まった5月 »

2011年4月30日 (土)

引佐天池で岡ジャミ アンド 玄炊庵で昼食

今朝6時前に携帯の音で目が覚めた。「杉チャン」さんから仕事が早く片付いたので増沢に来ているとの事だったが、まだ早いですよと再度ベッドへ。7時頃に再度起床。今日はバットさんが「ビートさん(誰?)」と引佐天池で竿を出すので、岡ジャミをする事になっている(迷惑の一語だと思うが)。それに「杉チャン」さんの見学と東海釣り具での買い物を組み合わせて、今日午前中のスケジュールは完璧(by yurie)!
まずは引佐天池。9時半頃到着すると、オーバーフローを挟んで2人が竿を出していた。P4300443P4300442P4300444まずは挨拶。8時半頃から始めて、何と「ビートさん」は既に結果を出していると言うではないか。これは素晴らしいとともに、今の引佐天池の絶好調を表している。良く見ると、対面にも2人入っているではないか。多分初めて見る風景。しばらく「ビートさん」のウキを見ていると、モヤモヤ。そしてスッと合わせたのを見たら、これは凄い!大物がかかった!寄せてからサイズを測ったら、何と44cm!私の41cmなど何処かへ吹っ飛んでしまうほどデカイ。その後も30cmクラスをかけたが、さっきのに比べるとやけに小さく見えたのは私だけか。予定では10時頃までお邪魔虫をするはずだったが、大幅に延長して10時半近くまで。が、私の言動がバットさんをイライラさせたようなので、そっと池を後にした。
さあ、次は増沢で「杉チャン」さんのご機嫌伺い。池に着くと、行楽の家族連れもあって駐車場は混んでいる。車を停めて橋まで行き、「杉チャン」さんの姿を探すが見当たらない。電話してみると、何と私と行き違いになって引佐天池に着いたところらしい。ガックリ。でももう戻りません。
次は東海釣り具。すると、満州道路を南下している途中に、引佐天池に向かうと「杉チャン」さんからメールが届く。レレッ?11時半頃と昼時のせいか、ファーストフードの店は何処も車で混雑している。私も腹が減ってきた。そうだ、帰りに玄炊庵で蕎麦と行こう。
東海釣り具で「セット専用バラケ」その他を買った帰り、玄炊庵に到着するが、土曜の昼時なのに車が1台も停まっていないではないか。店内には私だけ。前回来た時は1時半過ぎと昼食の時期からずれていたが、GWの昼時にこの状況ではこの店大丈夫か?前回と同じものを、蕎麦大盛りで注文。座敷の窓越しに見える朱色の花?が綺麗なので写真に撮ろうと思ったが、携帯ではうまく色が出ないので止める。さあ、蕎麦が来た。今日は大盛りにしたが、量的には普通でもOKだろう。しかぁ~し、楽しみにしていた蕎麦湯を注いだところ、これも前回と同じく白湯のようだ。以前masaさんにその事を訊いたら、そんな事はない筈と言っていたので、今日こそ美味しい蕎麦湯が飲めるかと思っていたのだが、これは・・・。蕎麦湯だけを注いでみても透明。味はかすかに蕎麦湯。レジでここの蕎麦湯はいつもあんなに透明なのかと訊いたが、「えっ」と訊き返されたのでそのまま引き下がってしまった(トホホ)。何となくスッキリしない気分で帰路に着いたが、途中でハタと気が付いた。今日も前回も客がいない。と言う事は、私の蕎麦を茹でた大きな釜では蕎麦の成分濃度はほとんでゼロに近いと言う事ではないだろうか。そうすれば今日も前回も蕎麦湯が透明というのも頷ける。勝手な推測ではあるが、これで自分の精神安定が保たれればいいだろう。後はmasaさんに再度訊いてみよう。満腹で家路に着いた。
 
天気は間違いなく下り坂
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« これだけ天気が良くても真冬の釣り@増沢池 with masaさん、バットさん、and ひげさんご夫妻 | トップページ | 雨で始まった5月 »

コメント

こんばんわんこそば。
私も第2修行池での修行を終え(6時半~8時半、見事11連敗)、その後、杉さんが増沢から天池へ移動したと言う事で午後から岡ジャミ参戦。SSHさんはすでにそっと退散したあと。やはり宙に分がありバットさん、杉さん、サワリがあるが落とさず、あたっても空。まさに自分好みの池?。今度内緒で行ってみよう。

投稿: 竹ちゃんマン | 2011年4月30日 (土) 18時46分

連絡が遅れてごめんなさい。masaさんと竹ちゃんマン氏に同時に送信したはずのメールが未送信表示されていたのに気づかずそのまま天池に車を走らせていました。

投稿: 杉ちゃん | 2011年4月30日 (土) 20時24分

竹ちゃんマンさんこんばんワイパー。
今日はお会い出来ず残念でした。
私の場合、バラケが悪かった事もあって、宙よりは底の方が良かった印象です。あたりは極小さいのが大型、はっきりと1目盛入るような(普通ならバッチリの)あたりがカラでした。40cmクラスは竹竿が可哀想と叱られてしまいましたよ。まだ高活性はしばらく続きそう?なので、是非一度竿を出してみてください。ただ、私は次に行くと多分返り討ちに遭いそうなので、GW明けには小野の池で修行したいと思っています。
 
杉チャンさんこんばんは。
引佐天池ではグッドサイズにお目にかかれましたか?
増沢では多分日陰の私のいつもの場所付近に入っていたのでは、と思いますが、底では放流が寄るケースが多いです。5日には短竿の宙を楽しみましょう。予め来浜される時間を連絡していただければ幸いです。

投稿: sunshine_hera | 2011年4月30日 (土) 21時16分

こんばんは!
玄炊庵に行かれたんですね。大将が頑固一徹で、こだわりの蕎麦屋です。(趣味で店をやっているといわれる位)
蕎麦湯も繁盛店では、実際にそばを茹でた釜の中の物でなく、わざわざ別にそば粉を溶いたもの(=かなり濃いめ)をお客に提供しているところもありますが、ここ(玄炊庵)では、そば湯はそばを茹でた釜の中の湯の事との認識からバットさんの様に開店最初のお客に出される”蕎麦湯”はかなり薄いものになっています。

投稿: masa872 | 2011年5月 1日 (日) 23時19分

masaさんこんばんは。
バットさん ⇒ 私(ss_h)の間違いでは?
それはさておき、やはり私の推理が正解だったようですね。確かにこの日は開店の11時半からそんなに経っていないので、私がおそらく1番目の客でしょう。
ただ、前回は午後1時半過ぎに行ったのですが、今回と変わらない薄さでした。この時も一番乗りだったのかな?だとしたら、本当に今後を心配してしまいそうな客の入りですね。
そうそう、味は間違いないと思いますし、価格もそれに見合っていると思いますが。

投稿: sunshine_hera | 2011年5月 1日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51533138

この記事へのトラックバック一覧です: 引佐天池で岡ジャミ アンド 玄炊庵で昼食:

« これだけ天気が良くても真冬の釣り@増沢池 with masaさん、バットさん、and ひげさんご夫妻 | トップページ | 雨で始まった5月 »