« またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池 | トップページ | 震災発生から1ヶ月 »

2011年4月10日 (日)

久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池

今日は本来なら増沢に行って乗っ込みを味わう予定(あくまで予定です)だったが、おそらく例会などもあって竿を出す場所などないだろうと勝手に想像し、それではと大楽地の池に予定変更だ。まずは7時過ぎに投票を済ませ、それからゴー!バットさんは7時頃から餌打ちを始めているようだが、果たして今日の私はどういう推移を辿るのか楽しみだ(もう分かっていると思うよ)。8時過ぎに駐車スペースに到着するが、既に車が数台。まずは階段を登って池の様子を見に行くと、バットさんは堰堤バルブの右側にいた。まP4100245P4100247P4100246ずは挨拶。1回さわりがあったとの事。水は澄んでいて波もそんなにない。ただし、予報に反して空には雲。一応防寒グッズは持ってきたので安心だ。それでは車に戻って荷P4100244物を降ろし、準備しよう。と、その時何故か消防車と救急車がやって来た。何でも放水訓練をするようだ。バルブを開けるので、あまり近いところでは仕掛けが吸い込まれてはいけない。私はバルブの左に離れて座る。さて、バットさんは12尺を出しているが、釣り台の違いも考慮して私は15尺で行こう。もちろん底。餌はいつものグルテンセット。底も取れ、開始は8時50分。何だかわくわくするが、それも少しの間だけだった。予定通りウキに動きなし。が、しかぁ~し、数投後にウキの馴染み際でおかしな動き。これはさわりか?残念その後は再びウキは静かになる。う~む、やっぱりなと言うべきだろうか。バットさんも静か。へら師は私の後を追うようにポツポツとやって来た。こんなに早い時刻に人が集まるのは珍しいようだ。さて、ウキが動かないと時間の経つのが早く、9時半を過ぎた。依然として状況に変化なし。まあ、増沢でもこれくらいの事はあるから、まだ大丈夫。が、あっという間に10時。そろそろ焦れてきた。ひょっとしてハリスが短いのが良くないのかも。そろそろハリスを替えてみようかな。そしてただ餌を切ろうと空合わせをくれると、何と根掛かり!あまりに強く引っ張ったためか、ウキのトップを折ってしまった。おまけに両ハリスもロスト。いやはや、まさに自虐的。ウキを交換するついでに、場所も少し右に移動。もちろんハリスは長めに。風・波がかなり出てきた。それでも何とか底を取り、再開。大分時間を浪費した。ウキの馴染みも予定通りだが、相変わらずウキに動きなし。11時を過ぎ、竿を8尺に変えているバットさんが所用で一旦中座。釣り台はそのままに帰宅した。私もついでに終わろうかな(これこれ!)。私の左、19尺を振っている人が2回竿を曲げたが、いずれもバラシ。ウキが動く人がいるんだ。素晴らしい。11時半を過ぎ、あまりに退屈なので早めの昼食。既に開始3時間になろうとしている。餌が残っているのは、この池であまり餌を打つと、却ってウキが動かなくなるという事を聞き、餌打ちのインターバルを意識的に伸ばしたため(もちろんあたりがないと言う事もあります)。そして遂に12時のチャイム。まだ餌がある。仕方なく一分捨てて12時10分過ぎに底を終了。本当はこのまま終わっても良いが、小野の池でもそうだったように、ここは宙をやって悔いが残らないようにしよう(しばらく?来ないと言う事)。竿は12尺に変更。餌はセット専用バラケと天々を1:1のバラケに「玉」のセット。ウキの調整に手間取ったため、「たな」1本半での再開は12時半頃。気温は朝方より低くなった気がするのは私だけか?涼しさを通り越して寒気を感じる。さて、ウキはドップリ馴染み、ゆっくりと返す。が、それだけ。何度打っても同じ。そのまま1時を過ぎる。そこで、意味があるのかどうか分からないが、「たな」を1本に変更。しばらく打っていると、1時半頃にバットさんが戻ってきた。私は既に集中力も途切れがち。携帯で時刻を確認しようと竿から手を離していると、馴染んだウキが返してから再びモヤッと入り、そして戻したではないか!全く手が出ない。クーッ・・・。ひょっとしてへらが寄ったかと思い、続けて餌打ちするが、その後は再びウキが沈黙、。そして2度と動く事はなかった。結局2時半にバラケが尽きて宙も終了。予定通りと言えばその通りだが、ちょっとだけ寂しさを感じるのは何故だろう。片付け。私以外に帰る人P4100248P4100249はいない。皆さん5時過ぎのゴールデンタイムを待っているようだ。凄い根気!片付けを終え、しばらくバットさんの背後霊となる。が、3時を過ぎたのでこちらも終了。挨拶して駐車スペースに戻る。今日は久し振りに自虐的な釣りを堪能した。もう充分です。こうしてみると、増沢のありがたさがしみじみ分かる。今日はパスしてゴメン。明日行きますので、すさんだ私の心を癒してちょうだいね。ある意味清々しい気持ちで池を後にした(釣れなくても長い文章って一体・・・)。
 
6時間近くあたりを見ない釣りは小野の池とここだけかも
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池 | トップページ | 震災発生から1ヶ月 »

コメント

こんにちワン。
久しぶりの大楽地でしたね、もう二度と来ないのかと思ってしまうような特に渋い日でした。
私も8尺なんて馬鹿な事をやってるから余計に状況がわかりにくかったのですが…。
増沢で癒やされたようですが、たまには渋い池がいいと思いますよ。
またお願いします。

投稿: 黄金バット@会社 | 2011年4月12日 (火) 12時34分

バットさんこんにちは。
バットさんの予感は多分当たってますよ。ナンチャッテ。
厳しい池での釣りは修行僧を思わせますね。一分マゾも入っていると思いますが。
私にはまだ小野の池という修行の池が待っています。しばらくは大楽地に行けそうもありませんね(単なる言い訳ですが)。

投稿: sunshine_hera | 2011年4月12日 (火) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51351236

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池:

« またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池 | トップページ | 震災発生から1ヶ月 »