« いろいろな事を考えた | トップページ | 久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池 »

2011年4月 7日 (木)

またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池

明日から雨となる予報に、今日は通院日であるにもかかわらず出かけてしまいました増沢。公園入り口付近でWINDOMと擦れ違ったのは、時刻が9時頃だから。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ対面橋の下には5人くらい固まっているぞ。まだ葦のP4070219P4070220P4070221下付近には誰もいないが、途中には坂の下付近から葦の下まで10人くらいが入った。橋の下(しも)にはポツリポツリとへら師。あっ、ワンドにいるのはOさんではないか。手を振ったら応えてくれた。こちら側は柳の木の奥から流れ込み付近まで数人。今日も楽をしたくていつもの場所に入る事にする。かなり暖かいが、念には念をと防寒パンツを履いていく。池に降り、まずは先客に挨拶。ちょっと波が出ている。汗が滴るが、じきに涼しくなった。そうそう、大事な事を書くのを忘れた。こちら側は水草のあるところでバシャバシャと音がする。見れば柳の木のすぐそばで大きな波紋。いよいよハタキが始まったのか。さあ準備しよう。今日は前回より短い11尺(バットさんを意識している?)で底から。餌は前回と同じグルテンセット。ちょっと底が取りにくいので、かなり意識して慎重に行う。そして開始は9時25分。前回はすぐに動き出したので今日もいけるかなと思っていたが、これが大違い。返P4070222しが出ない。しばらく我慢して餌打ちしていると、それでもウキが小さく返しているように見えてきた。そして待望のあたり!サイズはこの際どうでも良くて、ただ凸を免れたと言う気持ち。前回のような数は出そうにないが、それでも第3目標くらいはゲットしたいなぁ。すると、何故かは分からなP4070223P4070224P4070225いが、その後ポツポツとあたりが出、それを拾って10時までに3匹を追加だ。しかも4匹目は前回お目にかかれなかったグッドサイズ。抱卵しているので、出産の順番待ちでかかったのかも。このままなら第3目標なんて軽そう?しかぁ~し、放流が寄ったせいか、P4070226ウキの動きが却って悪くなる。そこで両グルテンで打ってみると、やったダブルだ!第2目標クリア!サイズは本当に可愛らしいが、前回もダブルで数を稼いだから、これは好調になるかな。しかぁ~し、連荘かと思った次のあたりは今日最初の擦れ。どうやら次第に状況が悪化しているか?風が冷たく、防寒対策をして正解だった。その後間隔が空きながらもポツポツとP4070228P4070229P40702303匹を追加し、10時半を過ぎてやっと第3目標にリーチ。時間10匹はなかなか難しいなぁ、なんて思っていたのはこの頃まで。後半の恐ろしい状況をまだ知る由もなかった。風・波は次第に大きくなるが、まだ我慢出来る状況。その後打ち込みに失敗して仕掛けP4070231P4070232が手前に落ちた際に、抜群のいいあたりで10匹目。サイズもまあまあ。やれやれ。すると次の餌打ちでもあたり!11匹目ゲットだが、状況が良いのか悪いのか分からない。とにかく餌打ちのインターバルに気をつけて行こう。11時を過ぎた頃、背後からこんにちは(こんにちワンではありません)の声。あっ、HRさんではないか。今日が今年初めての釣りだそうで、私の右、OT氏のかつての「いつもの場所」P4070233P4070234に入った。竿は13尺の底。私の方は11時を過ぎる頃から何故かあたりが復活し?連荘が出るもののその後は再びポツリポツリとなる。更にグルテンではウキの動きが悪く、バラケを練って両ダンゴにした方があたりが多くなる。まさかの高活性?そんな事はないだろうが、とにかくダンゴで行ってみよう。しかぁ~し、あたりが出てもカラ、が続く。セットよりは餌が重い筈なのに、ウキの馴染みもそんなに変わらないのは何故だろう。それでも開始2時間までにもう3匹を追加。ダンゴなのにP4070235P4070236P4070237待つ釣りになってしまった。HRさんは開始後じきに竿を曲げたが、残念擦れ。その後もう1回竿が曲がったが、それも擦れだった。今年最初の釣りでへらの顔は拝めたが、不満P4070238P4070239は残っただろう。私はグルテンを残したままダンゴで通し、終了の11時45分までにもう2匹をゲット。最後の1投は効かなかったが、オール放流の前回に比べればグーなサイズもチラホラ混じったから、これはこれで良しとしなければ(自分に甘い私)。結果、底では実釣2時間20分で18匹。さて、今日の午後は通院なので、この後やるにしても2時前には終わらないと。どうしようかな。ん、この間ダム?そばで後半の宙は散々だったから、今日は珍しく底を続けてみよう(これは良かったのか悪かったのか?)。急いで昼食を摂り、餌は夏:冬:ペレ道のダンゴで行くぞ。グルテンを残しておいたのは、ダンゴでダメだった時の保険。かなり右からの風と波が大きくなった。昼近いせいか、対面看板横付近で帰る人も出て来た。さあ準備万端整った。再開P4070240は12時前。すると、第1投からウキに動きが。これはいけそう?そしてその後じきに1匹目。まだ12時前。20匹にもリーチだ。更に次のあたりもバッチリ取ったが、何故か浮かしたところでバラシ。口にかかっていたように見えたけどなぁ。サイズもグーだったのに。まあいい、次に釣ればいいさ。が、ここからが地獄の始まりだったとは、まだ気付く筈もなかった。12時のサイレンを聞く頃から、ウキの動きがバッタリ。しかもウキがかなり流される。シモりも大きくあたりが出ても分かり辛くなった。懸命に餌打ちするが、ウキはシモッて流されるの繰り返し。HRさんもオモリを底に着けている。私は12時半を過ぎても状況が変わらない事に嫌気が差して来た。そこで、外付けのオモリを追加して似非ドボンに変更だ。これなら流されないし、もしへらが近くにいればウキを動かす筈。しかぁ~し、両ダンゴで打ってもセットで打ってもウキは動かない。Oさんに声をかけてみると、底ではさわりも出ないとの事。こちらHRさんもウキに動きなし。何故だ?!時刻は1時を過ぎたが、私は餌打ちマシンと化している。今はただ餌を打ち切って終わる事だけを考えよう。すると、ほぼ終了かと思った頃に初めてウキが動いた。やったと合わせればかかりました!サイズは放流だが、これが正真正銘の「上がりべら」になるか?しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみれば鰓のそばに擦れている。ガクガクッ×ガクガクッ・・・。何だこれは?!その後さっさと餌を打ち切り、1時半少し前に終了。波は一向に収まる気配がない。結果(書くまでもないが)、後半は実釣1時間半で1匹!トホホ×トホホ×トホホ・・・。片付け。すると、P4070242私の片付け中にHRさんも終了。ダメならさっさと終わる事にしているらしい。餌が勿体無くて使い切るまでは終わらない私に比べて、何と潔いのだろう。対面看板横付近にいた人達も一斉に終わったようだ。Oさんは宙に変えて続行中。片付けを終え、HRさんと対面のOさんに挨拶して駐車P4070243場に戻る。ようやく増沢の桜も満開近くなったが、今日はそれを楽しむ余裕がなかった。さて、今日は前半と後半があまりにも対照的だった。一体後半の失速は何だったのだろう。どうやら池全体が急に渋くなったようで、私にはその理由が分からない。明日明後日と雨が降った後の日曜を皆さん狙っているようだが、果たして思惑通りになるだろうか。私は見に来れたら来よう。トイレに寄ってから池を後にした。
 
あまりにも前後半が違い過ぎる
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« いろいろな事を考えた | トップページ | 久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池 »

コメント

今晩は。
この続有りますよね?余りにも長いので一休み?(失礼)前半は良い調子じゃあないですか~!?
家に帰って「地獄の後半」を見ますね、笑(お久のチュツ!)

投稿: yurie@会社 | 2011年4月 7日 (木) 18時01分

yurieさんこんにちワン。
後半は痺れましたよ、ホント。風・波でかなりやる気を削がれましたが、それ以上にウキが動かない。何故かは不明。もうビリビリ×ビリビリ?

投稿: sunshine_hera | 2011年4月 7日 (木) 18時08分

今晩は。
ちょっとした事で地合はどこかに行ってしまうのですね。私もSShさんと同じ様に午前(最初)は床、午後から宙と打ち分けていましたが一日通して同じ釣り方で地合に挑戦した方が良いのか迷います。
材木屋(木、気が多い)の私は何時もどっち付かずの釣りをしてしまうのですが・・・。

投稿: yurie | 2011年4月 7日 (木) 19時49分

続けてコメントありがとうございます。
私は広く浅くをモットーにしていますので、あまり突き詰めてやる事はありません(それが良くないというご指摘はさておいて)。でも、出来れば毎回底も宙も楽しみたいですね。
今日は池全体が一気に渋くなってしまった感じでした。

投稿: sunshine_hera | 2011年4月 7日 (木) 20時15分

こんにちは。
ハタキ見ましたか。
魚のあのお腹をみたら、ハタキたくてしょうがないでしょうね。
今日から明日の雨であちこちの釣り場でハタくでしょうね。

増沢や西之谷のように魚が濃い釣り場なら、宙で打っていても全部が中層に上ずらないと思いますが…
朝一では中層に居る場合が多いと聞きますよ。
宙から始めて底にするパターンもここの釣り場なら良いのでは…

投稿: 黄金バット@会社 | 2011年4月 8日 (金) 12時22分

バットさんこんにちは。
いよいよ浅場の水草の間でバシャバシャと音が聞こえるようになりました。結構へら師に近いところでも平気のようですね。昨日も放流サイズがハタいているのを見ましたよ。

底と宙ですが、私もそう思いつつ久し振りに底を続けてみたのですが、いきなりへらが口を使わなくなったので手の打ちようがなかったですね(単にアームのせいかも)。
次回も底か宙のどちらかに拘ってみたいと思います。

投稿: sunshine_hera | 2011年4月 8日 (金) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51325577

この記事へのトラックバック一覧です: またも後半に失速 アンド ハタキが始まった@増沢池:

« いろいろな事を考えた | トップページ | 久し振りに自虐的な釣りを堪能だ@大楽地の池 »