« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

どうにか降られずに済んだが@増沢池

今日は間違いなく晴れとの予報(TVでもネットでも)だが、朝起きると外は曇り。本当に大丈夫かなぁと思いながら車は増沢へ。しかぁ~し、途中でフロントグラスに雨粒。怖い怖い。駐車場に着いたのは8時半頃。急いで荷物を降ろし池に向かう。が、駐車場から降りる際にふくらはぎに激痛!実は数日前からアキレス腱付近に違和感があったのだが、何とか誤魔化して出掛けて来た。でも、これは痛い。何だか肉離れのような感じ。ヒイヒイ言いながら(声は出ていません)いつもの場所に入る。橋の下付近で片付け中のP5310682P5310683WINDOMの人に状況を訊きたいが、そこまで行けないので、とにかく準備だ。風がないと言う予報に間違いはなさそう。でも、雨対策だけはしておく。へら師は対面看板横に1人とこちら側塩ビ管手前に1人だけ。やはり天気を心配して出てこないのか。さて、まずは9尺の底から行くとしよう。餌は夏:ペレ道:水を2:1:1のダンゴ。底をチョチョイのP5310684チョイと取り、開始は8時55分。すると、3投目からウキが動き、次の餌打ちでやった1匹目!サイズは問わない。こりゃぁ爆釣かな?しかぁ~し、次のあたりはカラ。すると、そこからウキは返すがあたりにならない。でも、あまり待つ事をしないで打ち返して行く。随分長い間釣れなかった気P5310685がするが、2匹目は9時20分過ぎ。まだ大丈夫。そして何故か3連荘(ムズ・食い上げ・消し込み)が出て、とりあえず第2目標はクリア。最初はちょっと戸惑ったが、まだ9時半頃だし、これなら第3目標も楽勝でしょう。しかぁ~し、しかぁ~し、次がない。ウキの動きも弱くなってしまった。どP5310686P5310687P5310688うやらへらは底から少し上にいるようだ(上ずり?)。雨で土砂が流れ込んだ事も関係してP5310689いるのかもしれないなぁ(いつもの場所はプチ流れ込み)。10時前に6匹目をゲットするが、これは食い上げ。どうも餌が底に着くと食わないようだ。10時を過ぎ、予定通り風・波が出るが、まだ釣りに影響するほどではない。その後もウキの動きはパッとせず、無理に合わせたのか擦れも出P5310691る始末。ようやく10時半近くなって7匹目。どうも第3目標は無理のようだ。すると、バッチリのあたりに合わせたのだが、上がって来たのはブルー。しかも鈎を呑んでいる。これが「上がりブルー」になるのか。いよいよ最後の1投。すると、待ちに待ってのチクッと言うあたりで、やったこれこそ正P5310692真正銘の「上がりべら」ゲットだ!時刻は10時40分少し前。結果、実釣1時間45分弱で8匹。サイズ・数ともにパッとしない結果となった。さあ、次は宙。ん、空が暗くなったと思ったら、雨が落ちて来た。予報に雨はないから、おそらく本降りにはならないだろう。一応傘を出す。さて、竿はどうしようか考えたが、7尺に変えるのが面倒なのでそのまま。餌はいつもどおりの単品爆釣A。「たな」1本で開始は10時45分。やはりウキが遠い。それに振り込む際に、時々餌が落ちてしまう。それでもじきにウキが動き出し、ズバッと言う消し込みも出るが、全くかからない。柳の木の奥には1人入っている。対面看板横は用事で帰った(携帯での会話を漏れ聞いた)。あと対面流れ込みとダム?そばにも1人ずつ。さて、すぐに11時。全く釣れないうちにウキの動きも悪くなって来る。餌には出来るだけ手を加えないようにしている(袋に書いているとおり)ので、餌付けの大きさくらいしか調整出来ないが、気持ち良い消し込みがカラばかりと言うのは結構堪える。11時半近くなって、やっとあたりに合ったと思ったら、上がって来たのはパッとしないサイズの擦れ。ガクガクッ。それにしても、竿を7尺から9尺に変えるだけで、随分手応えが違う。今更ながらだが、これは面白い。すると、その後はあたりに合うようになり、12時までに6匹をゲッP5310694P5310695P5310696P5310697P5310698P5310699ト!グーなサイズも混じって30分で6匹とは、今度こそ爆釣か?しかぁ~し、12時過ぎP5310700に1匹追加した後は、またも擦れ。どうにも続かない。それに、今日は餌の使用量が少ない事もあるのか(いつもなら2時間半くらいで尽きるのが、今日はかなり残っている)、多少経時変化したようだ。でも、直す事は出来ない。そのまま続行。すると、かろうじてウキは動き、本当にポツポツP5310702P5310703P5310704P5310705P5310706とあたりを拾う展開。それでも約30分で4匹をゲットして第3目標をクリアしたまでは良かったが、次第にウキの動きが悪くなる。1時ジャストに1匹追加した後は、更に悪化。えっ、今頃の逆ゴールデンタイムか?それにズバッと言う消し込みでの連続バラシ(しかもかなり手前まで寄せてから)の後はウキの動きがバッタリ。対面に坂の下に2人入った。いつもならとっくに尽きている筈の餌がまだある。とにかく打ち切ろう。すると、終わり間際にまたもブルーが鈎を呑んでかかって来た。ガクガP5310707クッ×ガクガクッ。どうやらこれで宙は終わりか。しかぁ~し、ラス前にやった「上がりべら」ゲットだ!その後1時45分に餌がようやく尽きて終了。結果。実釣3時間!で13匹とは、果たして良かったと言えるのか。それにしても、1回の餌で3時間打ったのはおそらく初めて。それくらいウキを見ている時間が長かったのだろう。さあ、次はどうするかな。予定ではトロ掛けだったが、今日もベーシックの後はマルキューと行こう。竿と仕掛けはそのままに餌はガッテン:夏:水を4:0.5:1。と、その前に今まで我慢していた用を足し、大急ぎで遅い昼食。同じ「たな」での再開は2時。既に5時間やっているので、いささか疲れた。それに左ふくらはぎの痛みは好転しそうにない。動かずにいれば良いのだが、立ったり座ったりする度に千切れるような痛み。明日は外科。おっ、風・波が本格化してきたぞ。さて、今日もボソボソタッチを徐々に柔らかくしていくつもり。餌打ちを始めると、すぐにウキが動き出す。いつもならベーシックより釣れる(時間帯が後なので、ゴールデンタイムになっている?)が、今日もそのパターンかな?しかぁ~し、最初に出たあたりはカラ。更に消し込みもカラとなって、すぐに餌に手水。こんな早くいじっていいのか?すると、その後もたまに出る消し込みが全てカラのまま2時半。いつもならゴールデンタイムになってP5310708P5310709いてもいいのになぁ。風・波で仕掛けが流されるのも釣れない原因かも(それにしては柳の木の奥は釣れているぞ)。とにかくあたりに合わせ続けると、地合になったのか3時までに2匹をゲット。ただ、超高速の消し込みに竿を立てられずハリス切れ2回。3時を過ぎて上空が暗くなってきた。雨が来るかも。柳の木の奥と対面流れ込みは帰ったが、私も餌を捨てて終わった方が良いかもね。でも、続行。その後もあたりに合う事はあまりなく(無駄に合わせているとも言える)、餌はどんどん柔らかくなり、またやたらと合わせ続けて何とか終了の3時45分までに3匹を追加。間にブP5310710P5310711P5310712ルーを挟んだものの、こちらでも第2目標をクリアしたが、実体は疲れ切っているだけ。結果、実釣1時間45分で5匹。総計では実釣6時間半で26匹。だんだん定時間に近づP5310713いてきた(一流企業ならあと15分、中小企業ならあと1時間15分)。片付け。動く度に足が痛む。急に湖面が穏やかになってきた。ひょっとしてこれからがゴールデンタイムなのかも。でも、上空がいかにも怪しいので、今日は帰った方が正解だろう。片付けを終え、痛む足を引きずりながら駐車場に戻る。早く帰ってとりあえず痛み止めの「ロキソニンテープ」を貼って一時凌ぎをしなければ。早々に池を後にした。
 
しばらく釣りは出来ないだろう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

スミマセン、また買っちゃいました

P5290681以前「はじめてセット」を購入した大麦工房から、またも買ってしまいました。それが「おやつセット」(箱の上は別商品)。何処からか「だからブクブクと・・・」との声が聞こえてきそうだが、これがおいしいんです。少々割高な気もするが、ネットで購入すれば1000円以上(通常の購入では2500円以上)で送料無料となるので、それが決め手になってしまった(送料が馬鹿になりません)。もちろん一遍に食べ切る訳ではないので、これから少しずつ楽しんで行こう。
 
目の前のものにやたらと反応する私って一体・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

私が昔好きだった人

Youtube には本当にいろいろな曲がアップされていて、その時の気分によって聴き分けられるのが嬉しい。これも30年以上昔の曲だが、当時の思い出が鮮やかに蘇ってきて、まさに歌は世につれ世は歌につれ、だ(ちょっと違うかもしれない)。この曲(ウィッシュ)を教えてくれたユーミン(荒井由実ではありません)他、若かりし頃に知り合った数少ない女性にいろいろな歌手を教えてもらった。オフコースしかり、とんぼちゃんしかり・・・。感謝していますよ。

 
どうしても後ろ向きになってしまう
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

コルトレーンその2

Docu0044今日は雨。しばらく雨が続くようだ。下手をするとこのまま入梅になりかねない。と言う事で、久し振りにジャズを聴いた。聴き始めれば聴き続けるのだが、一旦間が空くとなかなか聴き出さない。この雨の間に聴き貯めよう。
 
 
 
P.S.とか言ってる最中に、関東甲信と東海が梅雨入りしたと気象庁が発表したらしい。やれやれ。
 
クラシック50枚組とさだまさしのDVDは・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

グッタリ

予報では今日も1日何とか持ちそうだが、如何せん体がグッタリ。時間的にも充分間に合う時刻に起きたのだが、グズグズしていて今に至る。残念だが今日は家で大人しくしていよう。ん、そうそう、昨日買えなかった餌でも買いに行くとするかな(短いがツイッターではありません)。
 
ゴロゴロすると却って疲れる
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

3連続ハリス交換には参った@増沢池

今日は好天だが、この陽気も今日限りで明日から天気は下り坂。と言う事で、早めにやって来ましたよ増沢。急いで池に向かうと、あれれWINDOMの人がいない。あっ、橋の上(かみ)にいたぞ。まずは挨拶。今日もボチボチだそうだ。へら師はあと対面看板P5250657P5250658横に2人だけ。湖面は穏やかで何となく釣れそうなのに、どうしてこんなに少ないのだろう。まあいい、私はいつもの場所に入ろう。ちょっと迷ったが、今日は久し振りに底から行くとするかな。竿は9尺(これも迷った)。餌はいつもの、あっ冬がない!仕方なく夏:ペレ道:マッハ:水を2:1:1:1.2でダンゴを作る。そして底取り、と思ったら、何と「たな取り粘土」にグーなサイズのブルーが食い付いて来た!しかも呑み込んでいる。最初からガックリ。気を取り直して開始は8時10分。うんうんウキの馴染みはOK。しかぁ~し、動きなし。まあ最初はこんなものかなとお気楽に構えていたが、一向にウキが動き出さない。何とWINDOMの人が片付け始めた。もう開始30分くらい経つのか?柳の木の奥に1人入ったが、挨拶なし。さて、WINDOMの人がいる間には残念ながら釣れなかったが、ウキは返すようになってきた。しかぁ~し、あたりにならない。最初からへらは少し底から離れているようだ。そして弱くチクッと入るあたり?は全てカラ。モゾッと入るP5250659P5250660のは擦れバラシ。ようやく1匹目は9時少し前。サイズは予定通り放流だが、これで緊張が解れた。すると、次の餌打ちではズバッと言う消し込み!ヤバイ擦れたかも、と思ったが、寄せてみれば口にかかっている。変な連荘だが、何とか続いて欲しい。しかぁ~し、次がない。おまけに9時を過ぎる頃からお約束の風・波。今日の予報では風はほとんどない筈だが。そして全くあたりがない(見過ごしていたかも)まま9時半。これはマズイですよ。2桁は難しそうだ。が、シモッたウキがスッと入るのに合わせて3匹目。そして食い上げで4匹目。更にもう1匹。何とか第2目標をクP5250661P5250662P5250663リアするが、10時前に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間弱で5匹(トホホ)。何よりあたりが出なかった。竿を長くすべきだったか(実は開始1時間で竿を長くする予定だった)。さあ、気を取り直して(2回目)宙に移ろう。竿は7尺、餌は単品爆釣A。「たな」1本で再開は10時10分。柳の木の奥からこれ見よがしにバシャバシャと言う音(あくまで個人の感想です)。と、橋の上から「おはようございます」の声。HRさんだ。HRさんは対面坂の下に入った。さて、しばらく餌打ちするとウキに動きが出てきたが、何とズバッと言う消し込みが全てカラ!え~っと思ってもどうにもならない。餌付けを小さくしてみるP5250664P5250665が、効果なし。逆にチクッと言うあたりを拾ってようやく1匹目は10時半を過ぎてから。その後も「ズバッ!」に翻弄されっ放し。11時前にようやく2匹目。サイズアップは当然ながら嬉しいが、もうよれよれだ。11時を過ぎてからは急P5250666P5250667にあたりが減るが、それでもあたりに合うようになって4匹目はまさに地べらか。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。もう~っ。この時間のP5250668ロスでウキの動きが更に悪化。11時半を過ぎる。すると、次のあたりでビックリ40cmゲット(良く見れば39.5cmでした)だ!宙での第2目標と合計での第3目標を同時にクリア(ちょっと寂しい)!何で急にあたりに合うようになったのかは不明(まだゴールデンタイムには早過ぎる)。が、採寸に時間がかかったせいか、ウキが動かなくなる。12時のサイレンが鳴って、対面看板横の2人が終了。今日もたくさん釣ったようだ。HRさんも私が見る度に竿が曲がっている。暑くても日向側なのか。と、ここで鵜が池の中央に顔を出した。見ると結構なサイズのへらを銜えている。欲張りすぎて飲み込めないのか、その場所に居続けているので、皆で石を投げるが動じない。数分じたばたしていたが、結局飲むのを諦めて何処かに潜った。これではへらが散っても仕方ないだろう。それからウキが動かないまま12時半近くになって、ようやくウキの動きが復活。そして久し振りにズバッと言うあたりを見るが、上がってきたのは放P5250670P5250671流の擦れ(トホホ×トホホ)。最早これまでか。いや、何故かあたりに合って2匹を追加し、12時半過ぎに終了。結果、実釣2時間半弱で7匹。今日は良くないのか、それとも単に私のアームの問題か(おそらく後者)?さあ、次はどうしよう。予定ではトロ掛けだが、両ダンゴの結果がスッキリしない(いつもの事でしょう)ので、餌を作り替えて続行だ。と、その前に遅い昼食と我慢していた用を足す。そして餌はガッテン:夏:水を4:0.5:1。かなり急いで食べたようで、再開は12時45分。いつものようにボソボソを手水でだんだん柔らかくしていく。しかぁ~し、ボソボソで打っていたP5250672ら、いきなりの消し込み!残念かからなかったが、早く手直しした方が良いのか?でもいきなりヤワヤワはなぁ。少しずつ。すると、1時を過ぎて消し込みではないあたりで1匹目!え~っ(これでいいのか?これでいいのだ!)?が、しかぁ~し、しかぁ~し、その後はまたも消し込みにかからなくなる。おかしいなぁと思いながら餌に手水。すると、ウキが馴染むや否や目にも止まらぬ速さの消し込み!慌てて合わせれば竿先が水中に持って行かれそうになるのを3回堪えたものの、残念ハリス切れ。急いで交換するが、これでは場が荒れてどうしようもないのでは?ところが、次の餌打ちでまたも消し込み!しかもかかりました!でもこの手応えは・・・。そうです、私が変なおじさんです、ではなかった、グーなサイズのブルー。またも鈎を呑んでいる。しかもハリスをグチャグチャに絡ませて。渋々ハリス交換。こんなにハリスばかり変えるのも久し振り、と思っていたら、再び超高速の消し込みで、懸命に竿を立てたが間に合わずハリス切れ。3連荘ならぬ3連続ハリス交換だ(ガクガクッ)。開始1時間近く経ったが、まだ1匹。トロ掛けにすれば良かった(本日のタラ・レバでした)。しかぁ~し、しかぁ~し、そろそろゴールデンタイムなのか、あたりに合うよP5250673P5250674P5250675うになって2時までに3匹を追加。確かに餌は大分柔らかくなってきたが、釣れる理由はゴールデンタイム以外に考えられない。2時を過ぎてもウキは動き続け(やはりゴールP5250676P5250677P5250678P5250679デンタイム?)、消し込みで釣れる。この宙だけでの第2目標もクリア。更に終了の2時半過ぎまでに3匹を追加。結果、実釣2時間弱で8匹。総計では実釣6時間強でジャスト20匹。以前なら、これだけ時間をかければ30匹以上釣っても不思議ではなかった筈。湖面は凪いでいるが、頭上の太陽の直射が暑い暑い。まだ充分釣れそうな雰囲気だが、6時間もやれば充分だ。トロ掛P5250680けは次回に取っておこう。片付け。午後から来たへら師の大半はこちら側奥に入ったようだが、対面看板横にも何人かいる。これからでも3時間は出来そうだし、近いうちにバットさんを真似て朝早くから午後7時近くまでやってみようかな。多分集中力が切れてしまうだろうが。片付けを終え、駐車場に戻る。夏・冬を補充に東海釣り具に行こうかな。しかぁ~し、店に着いてから今日はお休みと気付くボーンヘッド。どうかしてるぜ。
 
長靴もようやくチェンジ!これで足が水浸しになる事もない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

天竜浜名湖鉄道

Fig_003去年からずっと気になっていた天浜線。暑くなる前に出かけようと思っているうちに季節は流れ今年に。今年こそはと思っていたら大震災でそんな気分ではなくなった。ようやく再びその気になってきたが、なかなか重い腰を上げられないでいる。
天浜線は、昔二俣線と呼ばれていた頃に1回乗った記憶がある。あれは高校生の頃、西鹿島まで赤電で行って、そこから天浜線に乗り(方向も忘れてしまった)何処かの川のそばにテントを張ってキャンプを楽しんだようだ(曖昧)。
JRと遠鉄、それに天浜線の準フリー切符で西回りと東回りの2回でゆっくりと天浜線を味わいたい。途中下車も楽しそうだ(何しろ1時間に1本だから、しっかり計画を立てないと)。
 
事前に綿密な計画を立てるのも好きだが、最近は・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

スッキリしない両ダンゴ & 失敗のウドンセット@増沢池

最近は外が明るくなるのが早いので、嫌でも目覚めてしまう。まだ5時半。そうだ、ハリスを巻かなければ。バラサの4号をレブロンの0.3号で巻く。そして朝食後に今日もいそいそと増沢へゴー!でも出発時刻が遅かったので、ひょっとして入る場所がないかも。途中WINDOMとすれ違ったので、早く行かないと空いた場所を取られてしまう。車を停めるや否や荷物を降ろし、急いで池へ。しかぁ~し、私のいつもの場所と旧爆釣ポイントに先客。それでは柳の木の奥はどうだろう。ん、塩ビ管と柳の木の間に1人。3人の先客に挨拶するが、返事が返って来たのは旧爆釣ポイントの人だけ。まあいい、私はP5210628P5210629柳の木の奥に入る。さあ準備しよう。それにしても、塩ビ管奥からワンドまでは結構混んでいるしダム?そばにも2人と日陰側は盛況。それに引き換え日向側はゼロ!左の先客は浅い「たな」の両ダンゴで竿を曲げている。これは高活性か?さて、今日も最初は7尺宙の両ダンゴから。餌は単品爆釣A:水を3:1。「たな」1本で開始は9時5分。先客が急に失速してカラになった。右の先客はバシッバシッと合わせているが、カラばかり。それに波が出て来た。8時半だろうが9時だろうが、私が開始すると波立つのは何故?それに、今日は打てども打てどもウキは静かなまま。それでもしばらくしてウキに動きが。結構時間が経ったような気がしたが、後で見たらまだ開始20分くらいだった。それほどP5210630P5210631左の先客に煽られている感じ(個人の感想です)。そしてズバッと言うあたりに合わせると、やったかかりましたよ!サイズはともあれ1匹目が出れば気持ちが落ち着く。すると、次の餌打ちでもあたり!そして連荘だ!こりゃぁ爆釣?しかぁ~し、何故か急にウキの動きが弱くなる。餌打ちのインターバルが長くならないよう懸命に餌打ちすると、そこから20分以上経ってから(気分的にはもっと長い間隔)やっP5210632P5210633と3匹目。そしてもう1匹と9時台は4匹。サイズも良くなって来たし、数的にもそんなに悪くなさそうだが、何故か釣れていない感じでスッキリしない。とにかくあたりが少ないのだ。10時を過ぎて5匹目をゲットするが、その後もP5210634P5210635P5210636スッキリしない気分のままポツリポツリと釣る。何故だろう。私のいつもの場所に入っていたP5210637(多分Iさん)は帰り、2人組が私とかつてのOT氏のいつもの場所に入った。ウキの動きはどんどん悪くなり、結局10時台には10時半過ぎにもう1匹追加しただけ。餌付けをちょっとでも大きくするとカラになるが、かと言って小さく付ければウキの動きが悪くなる。最近はウキが動かなくなる時間帯が早まった気がするのは私だけか。それでも11時を過ぎると何故か連荘でようP5210638P5210639やく第3目標クリア。だが終了予定の11時半までに1匹も釣れそうな気がしない。そのまま餌打ちを続けると、ラス前にズバッというあたりでP521064011匹目。そしてオーラスは消し込みのカラで終了。時刻は11時30分過ぎ。結果、実釣2時間半で11匹。決して悪くはない数字(もちろん私にとって、だが)。が、何かスッキリしない(再々掲)。さて、次はどうしようかな。同じく両ダンゴで行こうかな。餌はガッテン:夏:水を3:1:1。餌に水が廻る間に早い昼食。そして最初と同じ内容での再開は11時50分。最初のヤワヤワネバに比べると、こちらはボソボソだ。これを手水で修正しながら釣って行く。単品爆釣Aがいかに楽かがしみじみ分かる。さて、餌打ちを始めるとすぐにウキに動きが。そしてあたるが、カラ。やはり硬過ぎるからだろう。早速手水。じきに12時のサイレン。左の先客が終わった。帰り際に右の先客と話している内容から、いつから始めたのかは分からないものの24、5匹釣ったらしい。私だってこの宙で2桁行けばそんなに変わらないぞ(あくまで個人の予想です)。すると、先客が後ろの山道に入ったその時にあたり!やった1匹目ゲットだ!しかもその後連荘となって3連荘!これは嬉しい。私にはやはりマルP5210641P5210642P5210643キューが合っているのか?しかぁ~し、その後ウキの動きが弱くなる。そこで、直して良いのか分からないまま、餌はどんどんヤワネバに変わって行く。そして時折出る消し込P5210644P5210645P5210646P5210647P5210648みでポツポツと12時台には5匹を追加。最初の宙に比べて何となく納得出来る釣りになっている気がする(あたりが増えたのが大きな原因か)。そして1時。対面には2人くらい入った。こちら側奥は大盛況か。餌はかなりヤワヤワにP5210649P5210650なっているが、ウキはまだ動いている。そしてポツポツと2匹釣って、2回目の第3目標クリア。最後の1投は最初と同じくズバッと言う消し込みのカラで終了。時刻は1時20分。結果、実釣1時間半で10匹。地合なのかもしれないが、餌のタッチといい何となく私はマルキュー派?最初の宙と併せれば、実釣4時間で21匹。これは一昨日と大差ない数字だ(サイズはさておき)。よしよし。さあ、いよいよ最後の選択だ。このまま別の両ダンゴで行くか、それともセット(本当はトロ掛けをやりたいが,トロロを買ってなかった。トホホ・・・)?よし、思い切って感嘆のセットで行ってみよう。バラケはセット専用バラケ:夏:水を4:1:1。上ハリスを切って短くし、「たな」1本で再開は1時半。すると、第1投で消し込み!残念カラだったが、これは行けそう?しかぁ~し、しかぁ~し、これが悲劇の始まりとは、まだ気付く由もなかった。その後もズバッと言う消し込みは出るが一向にかからず、どうやらバラケに来ているようだ。そしてかかったと思えばバラシ。おそらく下ハリスに擦れている。それに感嘆が何年前のものか分からないくらい古いせいか、どうも粘りに欠ける気がする。でも、それには触らずに、考え方が間違っているかもしれないが、下ハリスを少しずつ縮めてみよう。が、却ってあたりが減る。更に縮めるが、どんどんウキが動かなくなる。早くも2時。このままでは駄目だ。下ハリスを元に戻そう。すると、ウキが動き出すが最初と同じくカラまたはバラシとなって、一体何をやっているのか分からないまま時間だけが過ぎる展開に。遂に開P5210651始1時間。そこで、「たな」を20cmくらい上げてみる。すると、数投後にズバッと言うあたりでやっとかかりました!う、嬉鹿~っ。が、その後がない。待てよ、バラケに来るなら下ハリスにバラケを練って付けて似非両ダンゴにしたら、ひょっとして釣れるかも。とスケベ心満載で打ってみると、P5210652ズバッと言うあたりでやった2匹目ゲットだ(嬉しいような嬉しくないような?いや、嬉しいです!)。でも、何となく後ろめたさが残るので、再び通常のセットに。バラケを小さく付けてみたりちょっと練ってみたりすると、3時前になってやっと3匹目。もうフラフラ。セットでは駄目だと分かっていてP5210653も、一度作った餌は余程の事がないと捨てない私。終了予定の3時半に間に合うよう、再び似非両ダンゴに手を染める。すると、嬉しや(本当に嬉しいのか?)かかりましたよ!最初の1時間では思いも寄らなかった第2目標に手が届きそうだ。でも、何となく心苦しいので、またも元のセットP5210654に戻す。と、ここでなにやら背後にただならぬ気配を感じて振り返れば、何とmasaさんの亡霊(失礼しました)が。ひげさんからメールがあって、ひげさんの知り合いの方が増沢を見に来るので、案内を頼まれたそうだ。しばらくして去っていった。そしてそろそろ3時半になろうとした頃に、P5210655右の先客が終了。最初はどうなる事かと思ったが、後半はあたりに合うようになったようで、結構竿が曲がっていた。私もそろそろ終わり。と、何故かあたりに合ってやった第2目標クリアだ!しかぁ~し、その後はバラシの連続で3時半に終了。結果、実釣2時間!で5匹(トホホ×トホホ)。P5210656やはり地合に逆らっては駄目だ。総計では実釣6時間で26匹。セットはやらなくても良かった(本日のタラ・レバでした)。片付け。対面浅場ワンドには、毎日のように来ている2人連れ(ご夫婦のよう?)。看板横にも入っている。こちら塩ビ管奥はポツポツ帰るようだ。片付けを終え、駐車場に戻る。masaさんの車はあるが姿が見えないので、荷物を積んでから電話してみるが、繋がらないのでメールで帰ると連絡して池を後にした。
 
単品爆釣Aの効果もそろそろ終わり?ポチッとヨロシクね!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

釣り場巡り@増沢池 & 小野の池

P1000117今日は出だしが遅れたので釣りはお休み。その代わりと言っては何だが、午後から増沢の様子を見に行った。が、2時を過ぎていると言う事もあって、ダム?側から見たらへら師は3人。いつもの日向側看板横辺りに2人と日陰側柳の木と塩ビ管の中間に1人。暑い上に波も出ていて、コンディションは厳しそうだ。
さて、それでは次は小野の池にでも行ってみようかな。
P1000118P1000119P1000120池に着くと、へら師はおろかバサーもいない。車を停め、突先まで行ってみると、あっ新しい釣り台が出来ている。何だか西の平にあるのと同じような形。それに波除けの竹も。残念なのはそばに「へらスイミー」の袋が落ちていた事。
車まで戻りながら池を見て行くと、釣り台が補修されているのが見える。この池も熱心な人に支えられているんだ。
特に用もないので、さっさと池を後にした。
 
P.S.お急ぎでなかったら、下の「ヘラ」と書かれたポッチをクリックしてやってください。よろしくお願いします。
 
天気のせいか、やけにだるい
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

両ダンゴもトロ掛けも楽しんだ、かな@増沢池

昨日は疲れ果てて竿を出せなかったので、今日は通院日だがその前に何としても竿を出すぞ!と意気込んで8時過ぎにゴー!8時半過ぎに駐車場に着き、急いで荷物を降ろして池に向かうと、WINDOMの人は終了してこちらに来る途中。誰かと話し込んでいる。挨拶するが今日の状況は訊けず、私のいつもの場所(WINDOMの人の後)に入P5190601P5190602る。今日は遅くとも1時半には終わらないと通院出来ない(既に予約済み)ので、さっさと準備だ。竿は7尺の両ダンゴ。餌はもちろん単品爆釣A。へら師は対面にはゼロ(後からダム?そばと柳の木の正面辺りに1人ずつ。午後から浅場ワンドに夫婦?)。こちら側は柳の木の奥と深場流れ込みに1人ずつ(午前中に帰った)。水は昨日と変わらず泥色。対面坂の下辺りでハタキの名残が少し。風があまりないので、かぶる傘を使用。「たな」1本で開始は9時。と、風・波が出て来た。オー・マイ・ガッド!もっと早起きしろとP5190603言う事なのか。それでも数投後にいきなり消し込んで1匹目ゲット!ただしサイズは前回と同じような放流クラス。ん~、1匹は嬉しいが、今日もひょっとして前回と同じ展開になるのか?が、しばらく打っていると、何故かウキの動きが収まってくる。早くも上ずったのか。そこで、まだ開始30分経っていないのに「たな」を上げてみる。すると、やはりここでしたか。ポツポツとあたP5190604P5190605P5190606りを拾い、ダブルもあってまずは第2目標クリア(これでいいのか?これでいいのだ!)。P5190607まだ開始30分。更にもう1匹追加し、これなら第3目標も軽い軽い。でも、これでいいのか(これでは良くない!)?そこで、放流の下にはグーなサイズがいるに違いないと踏んで、再び「たな」を1本に戻す。予想通りウキに動きがなくなったが、このまま打ち続ければきっとグーなサイズが・・・。すると、しばらくしてウキに動きが。しかぁ~し、かかってきたのは擦れた放流。ガクガクッ。やはり駄目か。いや、このまま続けてみよう。すると、10時を過ぎてから30P5190609P5190610P5190611分間にグーなサイズを3匹ゲット!あたりの数は減ったが、これを待ってました。9匹目を測ってみると36cm。グ~ググ~ッ(古~っ!)。さあ第3目標まであと1匹。が、採寸している間に地合が変わったのか、あたりが更に減る。そしてあたりに合ったと思えば、P5190613またも放流が擦れている。ガックリ。その後10時台にはもう1匹追加して見事第3目標をクリアするが、これも放流。どうやら元に戻ってしまったようだ。11時を過ぎるとあたりが復活するが、これは放流が寄ったから?今更「たな」を変える気はなく続行すると、餌が尽きた11時半までに、擦れを挟んで5匹を追加。結果。最初の宙では実釣2時間半で15匹。放流が主体だが、P5190614P5190615P5190616P5190618P5190619中にはまあまあのサイズもあったので、これはこれで良しとしないと。ここまではとりあえず予定通りの時間配分。この後早い昼食休憩と次の準備をして12時前に再開すれば、何とか1時間半は釣りが出来る。風・波は一向に収まらないので、時折バサバサと鬱陶しかったかぶる傘から帽子に変更。急いで昼飯を食べ、我慢していた用を足したら、竿はそのままでハリスをカット。昨日ひげさんとO名人がやっていた「トロ掛け」をやってみる。バラケはセット専用バラケ:ガッテン:水を2:2:1。「たな」はそのままで再開は11時50分。100均のトロロ(しかも去年の残り)でも釣れるかな?が、、数投でウキに動きが。まだへらは残っていたようだ。そしてズバッと言うあたりが出るがカラ。う~ん残念、と思っているうちに12時のサイレン。バラケP5190620の締め方が難しく、毎回変えては餌打ち。と、再びのズバッというあたりでやったかかりました!サイズもまあまあだし、これで一段落。しかぁ~し、次のあたりでは、消し込みに過剰反応したのか痛恨のハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッ。更に次のあたりでかかって来たのは擦れ。サイズがあんまりだから、別にいいや(負け惜しみもほどほどに)。ウキの動きはなくならず、P5190622その後またもズバッと言うあたりでやった2匹目!ん、これはでかいですよ。採寸採寸。すると、写真では分かり難いが何と41cm。先日引佐天池で釣ったのと同じビッグサイズだ。これが7尺で釣れるなんて素晴らしい(ひょっとして今だけかも)。その後もう1匹P5190623かかるがこれもグー。試しに測ってみたが、残念36cm。しかぁ~し、まだ時間は大丈夫かな?と、餌打ちしてから携帯で時刻を確認しようとしていたら、台がガタンと揺れた!ヤバイと思って合わせるが既に遅し。ハリスがプッツン切れていた。手放しは危険、何度も同じような事を繰り返しているような気がするが、まだ竿をロストするとかの大きな被害が出ていないから、性懲りもなく繰り返してしまうのだ。厳重注意。急いでハリス交換するが、遂にストックを使い切ってしまった。これが切れたら途中でも終わり。が、P5190624交換している間に地合が変化したのか、ウキの動きが弱くなる。それでも12時台にはもう1匹追加して、トロ掛けでも第2目標にリーチ!両ダンゴの時よりもサイズアップしているので、数が少なくても満足だが、やはり釣れた方が良いでしょう。1時を過ぎ、餌が残り少ない。これも予定通りかな。すると、またもズバッと言うあたりでやったこれもグーなサイズだ!第2目標クリア!P5190625しかぁ~し、しかぁ~し、採寸しようとしたらメジャーから外れて魚体に泥が付いてしまった。これを洗おうと、へらを両手で持って池でジャブジャブしようとしたのだが、何と逃げられてしまった!痛恨の極み。写真はありませんが、カウントです(本当です、嘘じゃありません!)。ショックから立P5190626ち直れないまま最後の1投。すると、神が私を哀れに思ったのか、やった「上がりべら」ゲットだ!サイズはダウンしたが、神の粋な計らいで満足して1時20分に終了。結果、2回目の宙では実釣1時間半で6匹。最大40cmオーバーとサイズアップしたおかげで手応えもグー。竿さばきの練P5190627習にもなったし、両ダンゴとは違う楽しみ方が出来た。総計では実釣4時間で21匹。充分です。片付け。へら師はこちら塩ビ管手前に1人と対面に3人の計4人。気温は上昇しているようだが、日陰側は風もあって過ごし易かった。まだまだ釣れそうだが、さっさと片付けないと。ちょっと未練を残しながら駐車場に向かった。
 
やっぱり40cmオーバーは嬉しい
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

パソコンの不具合解消と今日の増沢池

 実は昨日の朝から今日の10時頃まで(ぶっ続けではないが)、親戚のパソコンの不具合解消(XP及びアプリの再インストールにデータのバックアップ等)に努めていた。
 何が大変かって、XPの更新に一番時間を取られた。他は多少のトラブルがあったが何とかなったが、とにかくXPの更新(特にサービスパック)にはうんざり。無事スカイプも導入出来、動作確認も問題なかったので、やっとお役御免になって増沢へ向かう。
P1000113 昨日今日とひげさんご夫妻が増沢で竿を出しているので、私もご一緒させてもらうつもりだったのだが、2日がかりの復旧作業にクタクタで、今日は見学だ。
 池に着いたのは11時頃。既にかなり暑い。橋まで行って池の様子を覗うと、へら師は総勢10人以上で日向側が多い。水は泥色で岸辺にはゴミ。あっ、日向側流れ込みにいましたひげさんご夫妻。階段を下りて向かうと、そばにいたのはO名人ではあ~りませんか。ひげさんの奥さんは不在だったが、じきに帰って来た。
P1000114P1000115P1000116 O名人とひげさんは短竿浅ダナのトロ掛け。何と足元のゴミにはたいていると言う事で、私もその現場を確認。まだシーズン中とは知らなかった。
 昨日はあまりパッとしなかったが、今日は既に2桁釣っているひげさん。だが、疫病神の私のせいなのか、はたまた逆ゴールデンタイムのせいなのか、私が見ている前では残念ながら竿を曲げる事はなかった。
 O名人が午前中で納竿すると言うので、私も岡ジャミをさっさと切り上げた。早く帰って横になりたい。でもその前に腹に何か入れなければ。まずは姫街道食堂へと車を走らせた。
 
明日は通院の前に竿を出そうかな
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

釣れた気がしたのだが@増沢池 with **さん

今日は風が弱そうな予報だったので、迷わずゴー!駐車場には8時少し過ぎと久し振りに早く着いた。急いで池に向かうと、私のいつもの場所にはWINDOMの人、柳の木の奥にも先客。対面は深場にポツポツ。先客に挨拶して、私は旧爆釣ポイントに入る。湖P5160566P5160567_2面には既に波。あれっ、WINDOMの人が終わるようだ。でも場所は変えません。釣り台をセットしていると、誰かが降りてきた。あっ、**さんではないか(本人の希望により名前は秘す)。今日はお休みを取ったとの事。WINDOMの人の後、私のいつもの場所に入った。さて、今日は7尺の宙で通すつもり。餌はまずは昨日のレクチャーに基づいて単品爆釣Aを3に水1(本来は4:1)で作ってみる。かなりヤワヤワだが、**さんからこれを振れないようではと言われ、何事もチャレンジだ(今更捨てるなんて出来ません)。「たな」1本で開始は8時40分。とにかく餌を練らないように、そっと餌打ちすると、やれやれ何とか出来た。と、その後数投でウキがモヤモヤ。こんなヤワヤワな餌でもOKなP5160568P5160569んだ。そしてグッと入るあたりに合わせると、あれあれかかりましたよ。ただしサイズは求めていたものではなく放流。まあ最初はこんなものだろP5160570う。すると、今度は「かかってました」で2匹目。これでいいのか?これでいいのだ!その後9時までにもう1匹ゲットし、準備中の**さんにプレッシャーをかける(ご当人は何も感じてないと思うが)。9時を過ぎてもウキの動きは続き、サイズ小ながらもポツポツと釣れ続き、早くも第2目標P5160571P5160572クリア。が、本来は30cmクラスの爆釣を望んでいる私、単純には喜べません。そのうえ後から始めた**さんは最初から地べらをかける。こんな近距離で何で差が出るのか?ひょっとして先に始めた私が放流を集めてしまったのP5160573P5160574P5160575か?それでもポツポツとは釣れ、9時半までにもう3匹をゲット。これなら第3目標など軽い軽い。が、しかぁ~し、遂に出てしまいました擦れ。しかも今日これまでで一番のグーP5160577P5160578P5160579P5160580P5160581なサイズ。ガックリ。でもまだウキは動いている。そして10時までに5匹をゲット。地べらも混じるようになって開始1時間半強で13匹とは万々歳と行きたいところだが、やはり全体的にはサイズが気になる。これなら底をやっているのと変わらないじゃないか。が、10時を過ぎる頃から急にペースダウン。**さんもウキの動きが悪くなったようだと言う。まだ逆ゴールデンタイムには早い気もするが、再びの擦れも出て(これがまたグーなサイズだった)、どんどんウキが動かなくなる。結局10時台P5160582P5160584P5160585にはたった3匹と、それまでとは全く違う世界に入ってしまった。その後もウキの動きはP5160586弱く、餌が尽きた11時20分までに1匹を追加したのみ。結果、最初の宙では実釣2時間40分で17匹(しかぁ~し、サイズが・・・)。単品爆釣Aの効果はあったかどうかまたも不明だった(省資源釣法には多少寄与したかも)。さて、次も7尺で宙だが、餌はガッテン:夏:水を3:0.5:1のダンゴだ。前回もそうだったが、餌を変えるとそのタッチの違いにビックリ。まあボチボチ手水で柔らかくして行こう。早い昼食を摂り、再開は11時半。**さんも最初の餌が尽きて一旦終了。昼食の後に再開した。あっ、柳の木の奥の先客がいつの間にか帰っている。全く気付かなかった。さて、まだ先程までのへらが残っていたのか、じきにウキP5160587P5160588が動き出すが、逆ゴールデンタイムの名残もあってあたりにならない。それでも餌をどんどん柔らかくしていって、12時のサイレンが鳴るまでに2匹をゲット。サイズも段々良くなって来たような気がする。**さんも再開後は好調な感じ。私はその後もカラツンに悩みながらポツポツと釣り続け、1時までに6匹を追加。そP5160589P5160590P5160591P5160592P5160593P5160594れからじきに餌が尽きて終了。結果、2回目の宙では実釣1時間半で8匹。サイズアップしたので満足。本来はここで終了なのだが、まだ1時を少しだけ過ぎたところ。4時から始まる「王と妃」に間に合えば良いので、もう少しやってみようかな。勿論竿はそのまま。餌はペレ道:マッハ:水を2:2:1。**さんは今度は「お」のセットにしてみるとの事。さて、再開は1時15分。餌はかなりボソボソで、手水を加えていっても柔らかくなりP5160595そうにない感じ。最初はボソボソのまま打ってみる。すると、何故かすぐにウキがモヤモヤ。そしてあたり!早くも1匹目。こんな餌でも食うのか?が、喜びも束の間、その後あたりが出るがカラばかり。あんなに硬くては食わないだろう、と少しずつ手水で柔らかくしていくと、1時台には2匹P5160596P5160597を追加して、これなら何とかなりそうと「獲らぬ狸の何とやら」。が、しかぁ~し、そこから30分以上あたりが激減。しかもあたりに合ったと思えばバラシ。**さんも「お」で苦戦しているようだ。ゴールデンタイムの3時を過ぎないと駄目なのかも。餌はかなり柔らかくなり、また懸命に餌打ちしたので量も減ってきた。もうP5160598P5160599少しで打ち終える(やっと終われる)。が、やはり3時に近くなってウキの動きが復活。終わる寸前に2匹を追加し、残念ながら最後の1投は効かなかったが2時50分に終了。湖面はかなり穏やかになって、これからのゴールデンタイム到来を予感させるが、終わりは終わり。結果、3回目の宙では実釣1時間半強で5匹(餌を変える毎に釣果が下がるなぁ)。総計では実釣5時間40分強でジャスト30匹。P5160600その場ではもっと釣れたイメージだったが、帰宅して確認すれば写真は冷酷だ(間違いない)。片付け。へら師はこちら側塩ビ管奥に2人、対面はポツポツ(忘れた)。片付けを終え、残業中の**さんに挨拶して駐車場に戻る。今日も6時間近くやってしまった。4時間が限界だった私の釣りも少しずつ変化しているようだ(餌の消費も早くなったし)。これが良いのか悪いのか分からないが、確実に疲れている。早く帰って「王と妃」を観なければ。急いで池を後にした。
 
ホント疲れる。体力がない。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

あたりが出ない浜北新池 & 今日の増沢池(後半)

駐車場に着くと、この陽気と時間帯もあってほぼ満車。何とか空いたところを見つけて駐車し、まずはトイレ(えっ?)。それから「杉チャン」さんに電話すると、日陰側塩ビ管奥の方に入っていると言うので、いつもとは違うルートで池に向かうと、坂の降り際にいました「杉チャン」さん。まずは挨拶。昨日は豊川の通称野口池でひげさんと竿を出したそうP5150563P5150564だ。今日は8尺を出しているが、例会が入っている事もあってまだ結果が出ていないとの事。私は昼食を済ませた後、「杉チャン」さんからレクチャーを受ける。単品爆釣Aは袋に書いてある4:1ではなく3:1でOKらしいが、私には振り込めそうにない。と、それなら1を追い足しすればいいようだ。早速次回に試してみよう。30分以上岡ジャミになって迷惑だろうから、また宜しくと言ってその場を離れたが、それにしても日陰は涼しかったなぁ。薄手のジャンパーは必須のような気がした。
 
バットさんは大楽地?
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あたりが出ない浜北新池 & 今日の増沢池(前半)

今朝早く「杉チャン」さんからメールが。昨日は豊川で釣りをした後に「ひげさん」宅に泊まり、これから浜松方面に来るとの事。まだ私は夢うつつだったが、8時を過ぎてそろそろ出かけようかなと「杉チャン」さんとバットさんに連絡する(masaさんは例会で西大谷)が、どちらからも何処に行く(或いはいる)との返事がなかったので、それではまた浜北新池にでも行ってみようかと思い立った。池に着いたのは9時過ぎ。車は停まっていなかったが、堰堤を登ると左奥に先客が1人。私は前回と同じく堰堤右端近くに入る。そP5150557P5150558れにしても水が泥色(シルト)だなぁ。今までこの池ではお目にかかった記憶がない(西の平では結構あるが)。これで釣れるのか?更に日差しが強く、暑い。傘を差すのが億劫なので、鮎用なのか分からないが頭にかぶる傘をセットして準備だ。今日は竿は13尺にしてみよう。もちろん底。餌は夏:冬:マッハの両ダンゴ。まだ波はないので簡単に底を取り、開始は9時25分。馴染み幅には問題なしだがウキに動きなし。まあまあ、まだこれからだろう。じきに波が出てきたが、あまり餌打ちのインターバルが空かないよう気を付ける。が、そのうちに10時。相変わらずウキに動きなし。ちょっと焦る。それにこの池でも糸トンボがウキに止まるので、これが結構気持ちを乱す。そして開始1時間が経とうとした時に、決断。いもグル:α21を半々の食わせを作る。が、それを打つ前の餌打ちでちょっと余所見をしたらウキを見失い、その後モワーッとウキが上がってきてボディまで出たので、慌てて合わせるがカラ。う~む、そろそろ来たかな。するとセットで第1投目の餌打ちでは、馴染んだウキがフワッと1目盛戻した後に1目盛チクッと入った。これは間違いないあたり!バシッと合わせるが、何とカラ。え~~っ、今のがカラ?すると、その後はウキの動きがバッタリ。せっかくへらが廻って来たのに、逃がしてしまったか。焦りながらも再び餌打ちマシンと化す私。すぐに10時半、そして11時を過ぎる。こりゃぁ猫まっしぐら(違った「凸まっしぐら」だった)だ。どうもウキが小さく動いているように見えるが、トンボあたりなのかもしれない。そして遂に開始2時間。それまでにもウキ下を微調整していたが、打つ手がなくなった私は再度底を測る。すると、何故か2目盛も違っていたではないか。これにはビックリ(馴染み幅はおかしくなかったのに・・・)。そして再開すると、2投目でウキがチクッと入り、やったようやくかかりました!しかぁ~し、「たも」を持った瞬間に外れた。ガクガクッ。またも好機を逃がしてしまったか。これでおそらく次のあたりはないだろう。凸間違いなしだ。もう11時半。これ以上やっても仕方ない(かなりネガティヴ)が、餌がまだ残っているので、これを打ち切って終わろう。先客も後から来たバサーも帰り、池は私の貸切状態。風が強くて頭の傘は帽子に変えている。そろそろ12時。なかなか餌が終わらないのは、多分ウキを見過ぎなのだろう。しP5150559かぁ~し、両ダンゴで打ったその時に、急にウキが消し込んだ!慌てて合わせればかかりましたよ!が、擦れかもしれない。なかなか上がって来ないのもそのせいか。ようやく「たも」に収めると、口にはかかっていたがマ・ブ・ナ。ガクガクッ×ガクガクッ。2時間以上も餌を打ち、ようやくあたりに合ってかかったのがこれかよっ(さまぁ~ず三村風に)!でも、この機を逃がせば次はP5150560ない。急いで今度はセットで餌打ち。すると、今度はチクッという良いあたり!これは間違いないでしょう。バラす筈もない。しかぁ~し、しかぁ~し、またもマブナ。ガクガクッ×ガクガクッ×・・・。形といい色といい、まさかさっきのマブではないだろうな。そして12時のサイレン。あ~あ(声にならないため息)。風・波も強くなってきたし、さっさと餌を打ち切って終わろう。すると、今度P5150561はシモッたウキがスッと入るように思えて合わせると、やったかかりました!「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、しかぁ~し、今度もマブナ。もう嫌っ!それからはウキの動きが良く分からず、せっせと餌を打って12時半に終了だ。結P5150562果、実釣3時間で凸。まあ、あたりがあって何かが釣れたから良しとしよう(どんなへら師だ?)。片付け。買ってきた昼食にはまだ手を付けていないので、帰りに増沢にいる「杉チャン」さんの所に寄って、その時に飯を食べるとしよう。片付けを終え、一目散に増沢に向かった。
 
次の記事に続く
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

強風でも頑張ってみました@増沢池

今日からしばらく晴れが続くが、風は強そう。それでもゴー!駐車場に着いたのは8時過ぎ。意外に車の数が多い。既に好ポイントは埋まっているか?急いで荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所にはWINDOMの人。柳の木の奥にもいつもの人。後は塩ビ管奥に1人。対面は看板横に2人と階段下、流れ込みに1人ずつ。やはり強風の予報のせいか。まずは先客2人に挨拶。WINDOMの人が今日もボチボチと言うが、果P5130535P5130536たして?私は旧爆釣ポイントに入る。風・波共に強く、ウキの視認性はかなり悪そうなので、今日は宙にしよう。竿は9尺で餌は単品爆釣A。単品だからそのままいつもの量で作ってみると、あれれやけに嵩がなくなったゾ。これでは量が全く足りないので、更にいつもの量を追加(つまりいつもの2倍)。これはコストパフォーマンスが悪い(値段が高くて1回の使用量が多いのは「省資源釣法」に反する)。でも仕方なく「たな」1本で開始は8時半。何しろ作りっ放しで練ったりしてはいけない餌なので、取り扱いも慎重に。と、ここでWINDOMの人が終了。風・波が強くなったので終わるとの事。今日は4時半から竿を出していたようなので、今終わっても4時間か。波が少ない時間帯に竿が出せれば言う事なし。しかぁ~し、最近は朝が辛い私、真似は無理か。さて、餌打ちを始めるものの、ウキの馴染みは1目盛。最初はウキが馴染まないと袋に書いていったが、これでいのかな。餌付けは形を整えてチモトをグッと締めるだけ。風は左から吹いてくるがウキは左に流れる。でも風・波の割には流れが弱い感じ。しばらく餌打ちが続くが、10分以上経ってようやくウキがモヤモヤ。そして弱く入るがカラ。出来るだけ正面右に餌を打って、P5130537ウキが正面に来る頃に目一杯馴染むようにしたい。が、強い風で思うように行かない。それでもウキがグッと入るのに合わせてやった1匹目!サイズはこの際置いといて、まずは単品爆釣Aの面目が立った。しかぁ~し、その後がない。すぐに9時。おかしいなぁ、何故続かないのだろう。どうもウキの動きが弱いようだ。それとウキが流されるのが関係あるかも。その後やっと2匹P5130538P5130539目をゲットするが、本当にウキの動きが良くならず、3匹目になってようやく型がボチボチになった。開始1時間で3匹か。とても高活性とか爆釣とかとは無関係のようだ。が、10時までに3匹を追加して、ようやく第2目標をクリア。こんP5130540P5130541P5130542な調子で餌が尽きるのかなぁ。そろそろ逆ゴールデンタイムになるが、こんな強風と波P5130543にも拘らず、却ってウキの動きは良くなる。そして1匹を追加するが、そこから先はカラツンの嵐!と言うか、私が混乱してしまってやたらと合わせるのでカラばかりになるのだろう。でも、あたりは結構大きかった。餌は確かに手触りが最初の頃とあまり変わらず、経時変化は少ないようだ。でも、それと釣れるか釣れないかは別のような気がする(本当は合ってるんでしょうが)。さて、カラツンを繰り返すうちに10時半。餌が少なくなってきた。11時頃には終わるだろう。何とか第3目標まで行きたいが、あたりに合わない。しかぁ~し、急にあたりに合っP5130544P5130545P5130546P5130547てきた。特に何かした訳でもないのに、何故?結局餌が尽きた11時少し前までに4匹を追加!見事に第3目標までクリア出来た。あれだけあたりがあったのだから、もっと工夫があれば更に釣果を増やす事が出来ただろう(私には無理だったかも)。結果、実釣2時間半弱で11匹。最近の底とあまり変わらないというのは、宙にしてみれば爆釣だった(それはないでしょう)のかもね。さあ、次はどうしようかな?風・波は一向に収まる気配がない。それでは竿を7尺にしてみよう。餌は今度はマルキューだ。ガッテン:夏:水を4:0.5:1(袋に書いてあったとおり)。最初の餌に比べてかなりボソボソだ。少しずつ手直しして柔らかくして行こう。最初と同じく「たな」1本での再開は11時10分。すると、思っていたよりウキが流される。これでは9尺の方が良かったか。とにかく正面右に餌を打って正面で餌を切る、をやりたいが、結構強い風で竿掛けから竿が外れそう。それでもしばらく餌打ちしていると、ウキがモヤッとした。来たか!更にはウキがグッと入るがこれはカラ。竿と餌を一遍に変えたから、どちらの効果なのかは分からない(単に地合なのかもしれない)。すると、今度はウキがズバッと入り、これはかかったでしょう!しかぁ~し、バラシ。ガクガP5130548クッ。最初より今の方があたりが大きくて分かり易いのは餌のせいか(単に地合なのかもしれないPART2)。その後11時半近くになってやっとかかりました!サイズもまあまあだし、あたりがズバッというのが嬉しい。すると、それからポツポツと2匹を追加。ウキが流されていてもあたるのP5130549P5130550P5130551は、かなり高活性ではないか。が、その後がなく、1匹追加して12時のサイレンを聞く事に。看板横の2人が片付け。こちら側でも柳の木の奥と塩ビ管奥も終わったようだ。P5130552私はその後ウキが立ってすぐのあたりで沖に逃げられハリス切れ。更に第2目標である5匹目をゲットした際には、口から鈎を外そうとして鈎が折れるアクシデント!バラサの4号ですが、何か?急いで交換するが、何とそこから4連続バラシ!あたりは毎回のように出るが、これでは辛い。ウP5130553キの動きがなくならないのがせめてもの救いか。その後やっとの思いで6匹目。すると、今度はハリスがグシャグシャに絡んでいる。上ハリスを切って交換。すると、またも連荘でバラシ!そろそろ餌が終わる。そんな時にこんなバラシばかりでは勿体無い。ん、良く見たら下鈎が開いていP5130554る。そうか、そうだったのか!急いで交換すると、再開第1投でかかりました!これこれ、こうでなくてはね。が、しばらくして遂に餌が尽きた。ウキはまだ動いているので続行もありえるが、何しろ人間様の腹が減っている。何となく風・波が穏やかになった気もするが、ここは最後の1投としP5130555_2よう。すると、嬉やズバッというあたりで「上がりべら」ゲットだ!終了は12時45分。結果、2回目の宙は実釣1時間半強で8匹。バラシがなければ単品爆釣とやらにも引けをとらない結果になったのになぁ(本日のタラ・レバでした)。総計では実釣4時間で19匹。私にとってはやや良かったP5130556という結果か。片付け。へら師はこちら側には浅場に1人と深場ワンド手前に1人。対面は流れ込みとダム?そばに1人ずつ。あっ、浅場ワンドにも人が入っている。これくらいの風・波でワアワア言っているのは私だけかも。片付けを終え、駐車場に戻る。やはり風がやや弱くなったようだ。でも空腹には代えられません。急いで「浜太郎」に向かった。
 
スペシャルランチは餃子14個(焼き6個水6個揚げ2個)で680円とお徳だ!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

遂に端宗が

「王と妃」で遂に端宗が殺された。息子(世子)の死に興奮した世祖が魯山君(端宗)を殺すようホン・ユンソンに密命を下す。賜殺に見せかけて首を絞め、魯山君は17歳の人生を閉じる。
次回からは世祖から成宗、そして燕山君へと時代が移り変わり、インス大王大妃との争いがメインになっていくようだ。ちょうど「王と私」と時代が被るので、比較しながら観れば面白さも倍増だろう。

P.S.殺された端宗役のチョン・テウが「王と私」では暴君の燕山君を演じ、「王と妃」で今後出てくるであろう燕山君役のアン・ジェモは「王と私」では主人公に対抗する内官役。そうそう、女人天下のヒラッタン大監の人も「王と私」ではハン・ミョンフェ役、更に「王と妃」でも最近見るようになった。何故か同じ人ばかり観ているような気がする。
 
こちらにHPがある(下の「駄目オヤジ」ではありません)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

大事な事を書き忘れていた

今日で大震災後2ヶ月が経過した。まだ避難所生活を余儀なくされている方々、そして推移を見守るしかない原発の事を考えると、あまりノー天気に釣りばかりしていて良いのかという思いが頭に浮かんでくる。
それにしても、かつて政権党だった自民党は一体何をしているのか。筋論や建前に捉われてしまい、結局は政局にばかり力を注いでいるとしか見えないのだ。結果的に民主党を利する事があるにせよ、かつての政権党のノウハウを今こそ活かして政権に協力し、復興への道筋を作ってもらいたい。見る人はちゃんと見ているよ。そうでないと、自民党に未来はなくなる。これは大震災直後からずっと思っていた事。
 
今からでも遅くない
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はワイン

Docu0043
 
ギフトのワイン6本セットが届いた。いつも日本酒を頼んでいるので、たまにはワインもいいだろうと思って。元よりワインの味など分からない私なので、質より量にした次第。一体どんなものかこれからネットで調べてみよう。
 
1週間に1本(休肝日含む)で1月半は持つ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツイッターが真っ白!

さきほどツイッターを覗きに行ったら、何と画面が真っ白に。ツイッターのステイタスとやらでは「この問題は解決済み」とあるが、解決してないぞ!

P.S.何故か急に改善され、画面が出るようになった。特に何かした訳でもないのに。
 
これも短めに
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSがスカイプを買収

マイクロソフトがスカイプを85億ドルで買収との記事を見つけた。これでスカイプも終わり。使いにくくなりそうだ(短いですがツイッターではありません)。

P.S.スカイプから貰った「月額プラン」1箇月分を、1回も使わず丸々捨ててしまった。あ~あ、勿体無い。
 
しばらく様子見
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

イライラが募る釣り@増沢池

いよいよ明日から天気が崩れるという予報(これは本当)に、今日の用事は明日に変更。8時過ぎにゴー!駐車場には車が多い。急いで荷物を降ろし池に向かうと、私のいつもの場所にはWINDOMの人、柳の木の奥にも先客。2人に挨拶して私は塩ビ管手前に入ろう。しかぁ~し、釣り台までセットしたところで、諸事情があって場所を移動。ちょうどWINDOMの人が終わったようなので、そこに入る事にする。これだけでかなりP5090508P5090509不愉快(イライラその1:詳細はここには書きません)。さあ準備しよう。空は薄曇りで風・波もない。それではいつものように竿は9尺で底から。餌は夏:冬:ペレ道の両ダンゴ。しかぁ~し、底を取り始めると波。それも結構大きい。風もあって、一度脱いだジャンパーを着る。この波は終わりまで出ていた。予報はどうなっているのか(イライラその2)。更に9時15分に餌打ちを開始するが、じきにウキに動きが。そしてあたり!しかぁ~し、カラツン。大体最初のあたりはかかるのだが、一体何故?すると、やった1匹目と思ったあたりもガックリ腹に擦れている。擦れから始まるのも久し振りだ(イライラその3)。その後ようやく1匹目をゲットするが、とにかくカラが多い。それを予感して重そうP5090510P5090511P5090512なダンゴを作ったつもりだが、何か別の方策を考えないとダメダメになってしまう。それでP5090513P5090514P5090515P5090516もまだ時折かかるうちは良かった。9時台にはカラツンの合間にもう4匹をゲット。とりあえず第2目標はクリアしたが、サイズがなぁ(これは仕方ないでしょう:イライラ対象外)。10時を過ぎてもウキの動きはある。が、やはり風・波でウキがシモりまた流されると、あたりが出にくくなる(見過ごす事が多くなる?)。それでもまだ10時になったばかりの頃はポツポツと釣れたのだP5090517P5090518が、波がやや穏やかになったと思ったら、今度は糸トンボが来襲!遂にこの季節になった。これが堪らない。ムクトップはあたりが消されてしまう(イライラその4)。風・波と糸トンボのどちらが良いかと言われれば(究極の選択?)、私は迷わず風・波と言おう。さて、一応第3目標にリーチとなったが、ちょうど逆ゴールデンP5090519タイムになったのかウキの動きが今まで以上に悪くなる。そして遂に擦れ発生。無理して合わせたせいかな。ガックリするが、次のあたりではやったダブルだ(あたりが見えていないとも言う)!第3目標クリア!が、そこからまた間が空く。糸トンボのイライラもあって、合わせもバラバラ。もういい、第3目標もクリアしたから、早く餌を打ち切って終わりにしよう。今日はいつもと同じ量も餌(ダンゴ)を作り、餌付けもいつもと同じ大きさなのに、餌の消費が早くて11時頃には終わりそう。いかにあたりが多くてしかもカラばかりだったかが分かる。結局11時の最後の1投は擦れP5090520P5090521で終わった(イライラ対象外)が、それまでに2匹を追加。結果、実釣1時間45分で13匹。あれだけイライラしてもいつもながらの数値とは不思議だ。さあ次は宙。ちょうど風・波が穏やかになってきたので、宙も両ダンゴで行くぞ。と、その前に早めの昼食とトイレ休憩。竿はそのままに餌を作る。ガッテン:バラケマッハ:水を3:1:1だ。柳の木の奥の先客は静かに帰った。さて、「たな」1本での再開は11時20分。う~ん、ウキまで遠いなぁ。それに風・波でかなり流される。でも馴染みは何とか。すると、しばらくしてウキに動きが。そしてチクッと入るあたりでやった1匹目ゲット?P5090523P5090524ん、このサイズって一体・・・。宙では普通サイズアップする筈なんだけど、今日はこれか?すると、次のあたりでもかかってきたのはこのくらい。底の時よりはましと言う程度。これが欲しくて宙にした訳じゃないのに(イライラその5)。しかぁ~し、次のズバッと言う消し込みで今度こそやったでしょう!うわっ、凄い引き。穂先が何度となく水中に持ち込まれそうになるのを懸命に堪えるが、見えてきたのは何処かを向いたグーなサイズ。そしてバラシ。ガクガクッ。あれっ、ウキがない。反動で何処かに吹っ飛んでしまった。ガクガクッ×ガクガクッ(イライラを通り越した)。仕方なくオモリをいじらなくていいウキを探して付けるが、何となくスッキリしないまま12時のサイレン。でも、インターバルに注意して打ち続ければ、またもウキの動きが復活(ただ糸トンボも復活)。そんなに練った記憶はないのだが、かなり粘りが出てカラツンも出る。それでもP5090525P5090526P5090527合わせ続けるとポツポツとかかり、終了間際にはようやくそれなりのサイズ(30cmオーバー)が出てやれやれ。餌が尽きた12時45分に一旦終了。結果、宙では実釣1時間半弱で5匹。こんなものか。まだ時間はあるから次だ次。今度は竿を7尺に変え、餌もペレ道:マッハ:ガッテン:水を2:1:1:1にしてみる(特に理由なし)。すると、出来上がりがボソボソ。こんなダンゴ食ってくれるか?それでもジャスト1時に「たな」1本で再開だ。さっきよりウキがグッと近くなったのはいいが、この餌とこの近距離でへらが寄るのだろうか?すると、馴染みはいいのだが思ったとおりウキに動きなし。多少手水を追加しながら打っていくと、開始して30分以上経ってようやくウキがモヤモヤ。だが、あたりにはならないか。いや、いきなりの消し込み!残念カラだったが、これなら何とか後2匹釣って20まで行けそうかも。するとそれからはウキが毎回のようにモヤモヤ。そして時折ズP5090528P5090529バッと言う消し込み。そして何とか2時までに2匹をゲットして総計20匹クリアだ。ただし2匹目はカラを食ったあとに仕掛けをそのまま水中に入れておいて、上げようと思ったら「かかってました」ですが、何か。さて、ダンゴはどんどん柔らかくなる。そして消し込みも頻発するようになるが、さっぱりかからない、または擦れバラP5090530P5090531シ。う~ん、どうすればいいんだぁ。分からないのでとにかく合わせる。すると、本当にポツポツとパッとしないサイズをゲットするが、糸トンボに気が行ってしまい嬉しさも半減。そしてまたもカラの後に仕掛けを放置しておいたら「かかってP5090532ました」が出るが、何かPART2。そろそろ餌が尽きる。最初の宙もそうだったが、いつもなら2時間は持つ私の釣り(人呼んで省資源釣法)が1時間半程度しか持たなくなってきて、どうやら私の釣りが変化している事に気付いた。これは良い事なのか。さて、2時半。餌もあと数回分しかない。と、またもズバッというあたりが出て、やったかかりました!あれっ、何だか変だぞ。P5090533やったダブルだ!私の宙では滅多にお目にかかれない。しかも親子のようなダブル・・・。が、その後はぱっとせず、じきに終了となった。結果、2回目の宙では実釣1時間半強で7匹。総計では実釣約5時間(4時間45分)で25匹。両ダンゴの宙でもそこそこ釣れた。これなら次回は「単品爆釣A」を使ってみようかな。本当に爆釣するのかな。看板に偽りだったらどうしよう(使う前からそんなに気にすP5090534るとは)。周囲を調べてみたがウキは見つからなかったので、片付け。これからしばらくは糸トンボに神経を擦り減らされそうだ。バットさんのように対策しないとね。片付けを終え、駐車場に戻る。暑い、息切れだ。明日は今日する筈だった用事を済ませると共に、自動車税も納めなければ。やれやれだ。帰りにベイシアに寄ったが、件の水はまだ山積みになっていた。
 
しばらく雨で釣りはお休みか
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

今日の増沢池 & 風吹きすさぶ浜北新池

今日は昼頃弱い雨があるが全般的には晴れとの予報に、いそいそと出掛けてしまいました増沢。が、8時半頃に駐車場に着くと、やけに車が多い。まだ家族連れが動き出す時間帯ではないと思うが、ひょっとして・・・。その予感は当たっていた。赤い帽子の人達P1000110P1000111の例会だ。結構強い風にもめげず、日向日陰の隔てなく赤い帽子の面々。それに普通のへら師も混じって、なかなか入る隙間がなさそう。急にやる気がしぼみ、とりあえず不定期便を済ませてから車に戻る。このまま帰るという選択肢もあるが、せっかく昼飯を買ったのだから、何処かに行こう。でも、何処に行っても風は強いぞ。そうだ、風に強そうな浜北新池を覗いてみよう。車は362を東進。池に着くと先客2台。坂を駆け上がるとP1000112いたのはバサー。しばらく様子を見ていたが、バサーは見切りが早い。いつの間にかいなくなったので、それでは入りましょう。左奥の背中が樹木になっているところが良さそうだが、遠いので堰堤やや右に入る。手前は風でゴミが行ったり来たりしているが、あまり気にせずさあ準備だ。確か前回は13尺を出したような気がするが、今日の風を考えて12尺を採用。もちろん底。餌は夏:冬:マッハのバラケにいもグル:α21の食わせ。最初はそんなに湖面が騒がしいと感じなかったが、次第に風・波が強くなってきた。何とか底を取り、開始はジャスト9時半。ウキの馴染み幅は予定通りだと思うが、動きなし。が、それにも増して風・波の影響が大きく、今更ながら場所の選択を誤ったのではと本日のタラ・レバ。更にゴミが意外と邪魔で、しばらく「たも」で掬う。あっという間に10時。すると、誘った後にいきなりのあたり!やったと合わせるがカラ。そろそろかな。すると、今度は糸ずれのような消し込みがあってこれもカラ。どんどんやる気になってくる。しかぁ~し、次のあたりでは、確かにかかったのだが何故かハリス切れ。もちろん合わせ切れではないし、引きがそんなに強かった訳でもない。交換のついでにハリス段差を大きめにする。そして再開。10時半を過ぎ、P5080503馴染んだウキが返してからムズッと入り、これに合わせてやったかかりました!割と水がきれいなのか、上がってくる魚が見える。まさかマブとか鯉ではないだろうな。「たも」にガッチリ収めれば、これはへらでしょう。この池で初めてそれらしいサイズを釣ったので、堰堤の上まで行ってサイズを測る。33cmかぁ、でも良く引いたし色もいいから、これはこれで良しとしよう。続行。すると、ウキの動きがバッタリ。風・波も強くなって11時に。そこで、いつものように「似非ドボン」に変更。これなら少しはウキが動くのでは、と思ったが、全く動かないまま11時半を過ぎる。ゲゲッ、もう開始2時間が経ったのか!ドボンも仕掛けが絡むので、再度バランスの底に戻して餌を打ち切ろう。すると、何故かウキに動きが。そしてズルッというあたり?これはカラだったが、俄然やる気になる。そして次のあたりでやったかかりました!うわっ、穂先がP5080504水中に持ち込まれる!懸命に堪え(昔だったら簡単にハリス切れだったが、私も多少は上達したでしょう)「たも」に収めれば、これは最初のより間違いなく大きい。測定すると36cm(釣り好きの皆さんには37cmとメールしてしまったが、36cmでした)。でも、嬉鹿~。その後グルテンが尽きたので両ダンゴとして餌打ちするが、最後の1投と12時のサイレンが重なって終了。風・波は収まらないP5080505ようなので続行はしない。結果、実釣2時間半で2匹。だが、この2匹は価値がある。片付け。今日は予報の雨もなく良かったなぁ。と思ったら、何だか風・波が弱くなってきた感じ。これは続行が正解だったか。しかぁ~し、再びの風が強く、釣り台やら吹き飛びそうな勢い。やはり止めて正解だったのだと自分に言い聞かせる。片付けを終え車に戻り、まずは腹ごしらえ。次回は風のない曇りの日に来たいものだと思いながら池を後にした。
 
次は40cmオーバーだ!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

いろはす?

P5070502先日釣りの帰りにベイシアに寄ったら、写真のペットボトルが山積みになっていた。見ると、500mlのミネラルウォーター24本で498円!1本あたり20円だ。これは安い!それで、最近は釣りの際の飲み物はこれにしている。容量としては500ml×24本で12リットル。2リットルのペットボトル6本1箱で売っているものと量的には変わらないが、小分けになっているのが嬉しい。それにこのボトルは何処かの水と同じく薄い。飲み終わったら簡単につぶせるので資源物として出す際に嵩張らないのもグー。どうですか皆さん、多分まだ積まれていますよ。
 
1回の釣行で100円くらい浮く勘定
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルトレーンその1

Docu0042クラシックのCDはなかなか聴かないのに、ジャズは何故か買ってすぐに聴いてしまう。これ、なかなかいい。と言っても、何処がどういいのか説明は出来ないが。ただ、曲の終わりの余韻の部分がカットされたところがあったように思えたのは残念だ。
さて、今日は午後から天気が回復するようなので、風も弱そうだし出掛けてみようかな(あくまで「みようかな」です)。
 
1曲ベースがずっと鳴っているのがあった
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!ひげさんご夫妻が連荘で増沢池?

Img_6012既に日付が変わってしまったが、昨夜遅くひげさんからスカイプのチャットで「今日も竿を出した」との連絡があった。え~っ、今日は暇だった(いつも暇だという突っ込みはさておいて)ので、連絡をいただければ岡ジャミに参上したのに。しかも、前日とは打って変わってご夫婦で爆釣だったと言うではないか。更に送っていただいた写真を見ると、どうやら増沢で前日と同じ場所に入ったようだ(間違っていたらゴメンナサイ)。奥さんの「上がりべら」の写真はブログのネタとして使わない訳にはいかないでしょう。すっかり増沢がお気に入りのようなので、近日中に来浜されるかもしれない。ただ、どんどん暑くなるので、これからは日陰側でないとしんどいかも。
 
今度は竿を曲げているところを是非!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

farscape

GYAOが始まった頃、冬ソナと共に良く観ていたのが farscape 。何となく宇宙家族ロビンソンのようなそうでないような、ご都合主義満載のSFドラマだったが、これはこれで面白く、毎回次の放映を楽しみにしていた。が、しかぁ~し、シーズン2でクライトンの頭の中からICチップを取り出した悪者(名前、何だったか忘れた)が去って行き、手術台に置き去りにされたクライトンというところで終わり、次のシーズンは放映されなかった記憶がある。いわば消化不良の番組だ。でも、Youtube でオープニングを観たら、続きを観たくなってしまった。何とか無料で観る事は出来ないだろうか。
 
調べたら、シーズン3以降のあらすじ(ネタバレも含め)はここで知る事が出来る。
 

 
昔はタイムトンネルやらいろいろあったなぁ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり記憶から忘れ去られた1枚

Docu0041村下孝蔵の10枚組CDを購入した際にボーナスDVD1枚が付いていたのだが、CDは一通り聴いてもDVDを観る事を全く忘れていた。さっきたまたま自分のブログのカテゴリー「音楽」を見直していたら、あれっ、このボーナスDVD観た事あったっけ、と言う事になって、仕舞い込んであった箱を引っ張り出してみれば、やはり観た事がないと分かって愕然。今PCで再生しながらこれを書いている。初めて観る映像。やれやれ、気が付いて良かったなぁ。そうでなければ記憶から忘れられたまま仕舞い込まれて二度と日の目を見る事はなかっただろう。ホント、勿体無い事をするところだった。
 
記憶って一体なんだろう・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またも買い物(CD3枚組×3セット)

連休明けにようやくダイシン理容に行ってきた。いやぁ、さっぱりしたなぁ。でも、やはり白髪が気になる。早速今夜染めるとするか。
 
Docu0040さて、7ネットでまたもジャズのCDを買ってしまった。3枚組1000円を3セット。ジョン・コルトレーン、ルイ・アームストロング、ビル・エヴァンス。まあ焦らずにゆっくりと聴いて行こう(クラシック50枚組の続きはどうなった!)。まずはコルトレーンから。
 
 
安物買いの何とやら
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

連荘のうえに長時間の釣り@増沢池

P5050484P5050485今日は「杉チャン」さんとひげさんご夫妻が来浜されると言う事で、是非とも行かなければ。昨夜ザわさんにその事を連絡しておいたら、今朝6時前に増沢に到着したとのメールで起こされる。今日で3連荘(昭和池と七曲がりに続いて)なのに、何とタフなのだろう。私は軟弱にも何時頃池に着けばいいかをmasaさんとバットさんに確認。8時頃に到着すればOKと勝手に判断してのんびり朝食。おっといけない、あまりのんびりしていては入る場所がなくなる。7時半過ぎに出発だ。8時前には駐車場に到着。既に皆さんお揃いのようで、外の道路から恥ずかしそうに池に向かう。今日は連休最終日と言う事もあって、かなり混むのではと思っていたが、そうでもなさそう。でもやはり日陰側にへらP5050486P5050487P5050488師が集中しているようだ。日向側深場には自虐的へらの会の会員がズラリ。まずは挨拶。私の釣り台で入れそうな場所がないので、ザわさんに階段下を代わってもらう。スミマセン。私の右からバットさん、ザわさん、「杉チャン」さん、masaさん、ひげさん、そして流れ込みにはひげさんの奥さん。バットさんとザわさん以外は宙をやっているようだ。遅れて来た私の選択肢は?そうだな、湖面も穏やかなようだし、底から行くとするか。さて竿は?バットさんが12尺を出しているので、底の状態が良いとして11尺を選択。餌はもちろん昨日と同じ両ダンゴだ。底を取る途中で、どうやらかけ上がりになっている事に気付くが、そのまま何となく底取りを済ませ(コラァ~ッ!)、開始は8時20分。何となくプレッシャーがかかるなぁ。やはりかけ上がりは間違いないようで、ウキの立つ位置が少しでもずれるとウキの馴染み幅も変わる。まあ、それはいいにしても、ウキに動きなし。じきに9時。宙の皆さんは既に竿を曲げている。そして10時には用事で終了するバットさんの竿も曲がった!物凄いプレッシャー。ん、良く見るとウキが小さくではあるが返しているぞ。だがあたりにはならない。待つべきか、いや、もし待つのならそれはダンゴの釣りではない。と、ここでウキが小さく入った!やったと合わせるがカラ。バットさんからも小さなあたりは乗らないと言われガクガクッ。私は再度小さなあたりでカラとなった後には、やったと思って合わせたあたりが今度はバラシ。ガクガクッ×ガクガクッ。あっ、ザわさんの竿も曲がった!これで凸は私一人。その後再度のバラシが出て、どうやら底は凸で終了か。と、9時半過ぎにバットさんに電話があって、予定より早く終わるようになった。まずい、バットさんがいる間に竿を曲げないと。バットさんが余ったグルテンをくれると言うので、最早両ダンゴがどうこう言うような場合ではありません。ありがたくいただきます。これで何とか。しかぁ~し、バットさんの片付けは終わり、奥の人達に挨拶に行っている。何とか1匹、とやっと食わせにグルテンを付けて打つが、ウキは馴P5050491染んだまま。仕方なく空合わせをくれると、やったかかってます(それでいいのか?)!何はともあれ1匹は1匹だ。しかもサイズはグー。気持ちが一気に落ち着いたし、バットさんはそれを見届けてから帰ったので、ホントやれやれだ。深場では「杉チャン」さんが竿を曲げ続けている。今日は彼の独壇場だったようだ。さて、ザわさんが私の後ろに来てしばらく話し込んでいたが、馴P5050492染んだウキが更にムッと入り、これに合わせればやった2匹目!さっきまで全く合わなかったのに。サイズはともかく、嬉しいの一語。しかぁ~し、波が出てくると状況が一変。シモりもあってウキが動いているのかどうかも不明。時折カチッというあたりが出てもカラ。そのまま11時。もう2時間半もやってしまった。それでたった2匹とは。私の左の人も両ダンゴの宙のようだが、竿を曲げ続けている。ザわさんも宙にした事だし、私もそろそろ宙に変えたほうがいいのかも。でもその前に、ちょっとだけウキ下をいじってみよう。すると、再開第1投で何P5050493とあたり!そしてかかりました!これは素晴らしい。サイズも再びグーになったし。さあこの調子で行こう。しかぁ~し、その後は特に何かあったと言う事もなく、餌をセットやら両ダンゴ両グルテンに変えたりしたが、11時半に残った餌を捨てて(私にしては珍しい)底は終了だ。結果、実釣3時間強で3匹(トホホ)。宙をやる前にちょっと休憩。奥の方を見に行くと、masaさんも竿が曲がってはいるが、「杉チャン」さんは20を越えている。皆さんトロ掛けだ。私はどうしようかな。釣り座に戻り考える。よし、「玉」を食わせのセットで行こう。バラケはセット専用バラケ:夏:水を3:1:1。早い昼食を摂ろうかとも思ったが、11時45分頃に「たな」1本で再開。波が結構出ていてウキも流されるが、とにかく最初はバラケをどんどん打ってみよう。すると、数投でウキがモヤモヤ。これは期待出来そうか。と、それからじきに消し込み!やったと合わせればかかりました!あっ、バラシた。ガクガクッ。でも、その後もあP5050494P5050495たりは続く。これならきっと1匹は出るぞ。すると、ズバッという消し込みで今度こそかかったでしょう!う、嬉鹿~。12時のサイレンを聞く。家族連れが急に多くなったようで、背後の階段を行ったり来たり。これが集中力を散らせる。でも池の中ではあたりが続いており、ほどなく2匹目をゲット!もう無理だと思っていた第2目標クリア(もちろん底と併せてですが、何か)。さあどんどん行こう。しかぁ~し、その後はウキの動きがバッタリ。いわゆる逆ゴールデンタイムなのか。3時頃には素晴らしい本当のゴールデンタイムがやって来る(筈)なので、それまでは我慢の餌打ちだ。そP5050496して1時。波が少し穏やかになって、ウキが多少動いているように見える。それからバラケが抜けた後に放置していたら、ウキがスッと入って嬉や3匹目ゲットだ!ただしサイズは小。流れ込みでは「杉チャン」さんがひげさんの奥さんにレクチャーしたら、1発目で釣れたと言っている。やはり素直に聞ける人は釣れるんだ(私のような天邪鬼では絶対釣れませんね)。そろそろバラケも終わり。「たな」まで持ってスッと抜ける筈だったが、経時変化なのかいつまでもP5050497鈎に付いている感じになってしまった。それでもその後1匹を追加。サイズは同じく小だが、この際だ文句は言いません。1時半頃にバラケが尽きて終了。結果、実釣1時間45分で4匹。さあどうしよう、止めようかな。いや、まだ1時半。もう1回だけ餌を作ろう。昼食を買いに行ったザわさんと「杉チャン」さんが帰って来て、缶のお茶をいただく。ありがとうございます。ザわさんは3連荘がキツかったのか、もう終わりとの事。2時頃に帰った。今日は朝早くからお疲れ様でした。さて、次の準備をする前に、やっと昼食。いやぁ、これで空腹から逃れられた。さあ、次も竿は同じで「両ダンゴ」で行くぞ!餌はガッテン:特S:水を4:1:1だ。仕掛けを直し、セットの時と同じく「たな」1本での再開は1時40分頃か。まだ波は出ているが、どんどん餌打ち。すると、何とかウキが馴染む途中にモヤモヤするようになるが、あたりにはならない。まあそうだろうな。奥でトロ掛けをやっているのに両ダンゴで釣れる訳がない(でも私の左隣は釣れているが)。それでもどんどん餌打ちすると、やがてズバッと言う消し込み!これに反応すれば、やったかかりました!おおっ、凄い引き!これは大物?何度となく竿先が水中に引き込まれそうになるのを懸命に堪えるが、ガックリ外れた。背後には2人が見ていた。カッチョ悪いなぁ。その後も消し込みは出ていたのだが、さっぱりかからないうちに次第になくなる。餌の経時変化なのかも。と言っても、P5050498私に出来るのは手水でグルグルかき回すだけ。それでも2時半を過ぎる頃から再びウキがモヤモヤ。そしてズバッと言う消し込みで今度こそかかったでしょう!ゲゲッ、このサイズなの・・・。まあ1匹は1匹ですが。すると、ほどなくまたもズバッと言うあたり!これは大きい!懸命に堪えて引きP5050499寄せれば、サイズはグーなのだが、顔の傷に見覚えが。このへら、かつて日陰側で釣った奴ではないか。まあ、だからカウントしないとかそういう事ではないんですが、何か。さて、今日も私にしては長丁場になってしまった。3時を廻って本来ならゴールデンタイム到来なのだが、残念餌があとわずか。そこで、ミニ放置プレイの連続で時間を稼ぐ。すると、オーラス数投前から消しP5050500込みが出て、最後の1投も放置しながら片付けの準備をしていたら、ズバッとウキが入り、嬉や「上がりべら」ゲットと共に第3目標クリアだ!時刻は3時15分。結果、両ダンゴでは実釣1時間半強で3匹。総計では実釣6時間15分で10匹。良くぞ釣れてくれました。片付け。対面にはまだ多くのへら師が頑張っている。片付けを終え、奥の方に挨拶に行く。今日はひげさんの奥さんを見間違える失態を演じてしまった(全く知らない女性に「釣れましたか」と訊いてしP5050501まった & 私が釣れた際に、すぐそばで「大きいですね」と言った女性が誰だか分からなくて混乱してしまった)ので、良く奥さんの顔を覚えなければ。何しろ顔の覚えが悪くて今までも何度となく失態を演じている私、今日を限りにそれは終わりにしたい。良く確認しました(とは言え、今こうしてブログを書いている際にハッキリ覚えているかと言われれば、覚束ないが)。皆さんに挨拶して釣り座に戻り、階段を登って外の道路から駐車場に向かう。駐車場は確かに満車状態。暑いが汗がダラダラというほどでもなく、ゆっくりと池を後にした。
 
単なる老化ではない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

つい出掛けてみたが強風で@増沢池

明日は「杉チャン」さん、ひげさんご夫妻に「竹ちゃんマン」さん、それにバットさんとmasaさんという豪華メンバーで増沢だが、この大人数では果たして皆近くに並ぶ事が出来るのか?また、ほとんどの人が連休最終日となるので、駐車場の確保も大変になるかもしれない。それと関係あるわけではないが、今日も出掛けてしまいました。予報では風が強いとあるが、昨日は穏やかな日だったので、ひょっとして予報は外れるかもと甘い期待で駐車場に着いたのは9時過ぎ。好天だが時間帯がやや早いのか、それほど車が多いという印象はない。おっ、まだWIONDOMが停まっている。今日も日陰側に入る予定だが、果たしていつもの場所に入れそうかな?荷物を降ろして池に向かうと、P5040469P5040470日向側浅場は看板横と坂の下に併せて5人。深場は階段下辺りからこちらも5人(後で3人増えた)。ダム?そばには誰もいないが、それにしても暑くなるのが分かっていてこれと言う事は、日陰側は釣れない?こちら日陰側には橋の上(かみ)に1人、私のいつもの場所にはWINDOMの人、後は塩ビ管奥からチラホラ。前回私が来た時とは真逆だ。全部で20人はいない感じ(ちゃんと数えろよ!)。WINDOMの人に挨拶しながら状況を訊くと、ポツポツとは釣れるらしい。残業でもう少しやるらしいので、私は柳の木の奥に入る。さあ準備しよう。竿は迷ったが9尺で底。これで根掛かりしたら11尺だ。今日からは、釣れる釣れないは別にして(釣れる方がいいに決まっているが)底も宙も両ダンゴで行く。底の餌は夏:冬:ペレ道:水を1:1:1:1.5。今日は最初から波が出ていたが、底取りの途中から大きくなった。今日はセーターでなくチョッキを着てきたが、風が通って涼し過ぎるか?さて、餌打ち開始は9時40分。やはりウキがシモるシモる、そして流れる流れる。これは困った。でも今更止めるなどという選択肢はないから、とにかく右前方に餌を打って、流されて正面という形にして行こう。が、しかぁ~し、結構風・波がP5040471キツく、どうしても正面では収まらない。ところが、数投目からウキが返す?更にウキが流されてシモッたままチクッと入り、これに反応すればやったかかりました!サイズはともかく、1匹目が出れば安心です。やれやれ。すると、今度はちょうど正面辺りでウキが小さく入り、これに合わせれP5040472ば、おおっ凄い引き!まさか擦れでは?いや、寄せる途中に分かりました、これは大物だと。「たも」にガッチリ収めてからサイズを測ると、38cm!写真では尻ビレが曲がってしまって37cmくらいに見えるが38cmです。型もグー。私のいつもの場所ではお目にかかれないサイズにやる気がモリモリ。まだ10時前だ。ウキは確かにシモりながらも返している。10時を過ぎてWINDOMの人が残業をP5040473終えて片付け。私が来てから1回は竿が曲がるのを見た。と、シモッたウキがスッと入るのに合わせて3匹目!反動でサイズダウンしたが、これなら第2目標など楽勝だ。しかぁ~し、波はいよいよキツくなる。次第にウキの動きも捉えられなくなってきた。WINDOMの人が帰りがけに、始めてすぐにこの波では大変だと言うので、仕方ないですよと返事。が、それまではそんなに波は出ていなかったのか。やはり早起きが大事と言う事か。さて、3匹目を釣った後P5040474はしばらくウキを見続ける時間帯。そして10時半少し前に4匹目。さあ、いよいよ第2目標にリーチだ。が、しかぁ~し、どうもウキの具合がおかしい。風・波でシモッているだけではないような馴染み方だし、そこから返した時の目盛の出方もスッキリしないのだ。開始1時間が過ぎて、一応餌落ち目盛を調べてみると、何と最初から2目盛くらいずれているではないか。まさかウキが水を吸った?いや、確かボディは発泡スチロールの筈、それはあり得ない。底取りがおかしいのかもしれないが、この風・波では調べようもない。そこで、ウキ下を縮めながら餌落ちを確認すると、ウキ下を短くすればするだけ餌落ち目盛が出るではないか。シモりも多少はあるかもしれないが、どうやら道糸の重さが目盛に反映されているような気がする。いつもはもっと浅い「たな」でやっているので、深くなった分だけ餌落ち目盛が出なくなったと考えるのが妥当か。トップが細くて敏感であればこう言う事も考慮しないといけない(頭では分かっていたが)。これで約20分を浪費。早11時になろうとしている。底取りはしないでウキ下だけ微調整して再開すれば第1投であたり、そしてかかりました!やった第2目標クリアか?しかぁ~し、今日初めての擦れ。ガクガクッ。数少なP5040476いあたりで擦れてはなぁ。再度微調整。その後やっともう1匹追加して何とか第2目標をクリアするが、風・波は収まる気配がなく、その後ウキの動きも悪くなってバラシを連発。そろそろ餌も残り少ないし、どうやら第3目標などもってのほかと言う事か。が、11時半を過ぎた頃からウキが返すのが分かるようになった。そして食い上げで6匹目!後数投で餌が終わる。何とかもうP5040477P5040478P50404791匹でもいいから追加したい。すると、ラス前々とラス前に連荘!グッドなサイズ(大体P504048035cm?)も出て、12時のサイレンと共に底は終了。結果、実釣約2時間(トラブルの浪費含まず)で8匹。数的には2桁にも届かずガッカリだが、グッドサイズも出たから後半の宙に期待しよう(風・波もあるのに?)。まずは昼食。竿を7尺に変え、餌はガッテン:特S:水を3:1:1の両ダンゴだ。仕掛けも直す。「たな」1本半での再開は12時25分頃。すると、底の時よりも餌が軽くなったせいか、シモりはなくてもウキが流れる流れる。そしてしっかり馴染んだ時には既に左前方。ハリスが長過ぎるのもあるかもしれないが、まずは「たな」を1本に変更。すると2回あたりが出たが、カラ。しっかり餌付けているつもりだが、それが却ってカラを呼んでいるのか。じきに1時。今度はハリスを両方とも10cm近く短くする。すると、何故か急にウキの動きが良くなり、消し込みが毎回のように出る。しかぁ~し、全くかからない。餌を柔らかくしてみるが、同じ。そのうえに、やっとかかったと思ったら擦れ。もうガックリ。すると、擦れの後は再びウキの動きが悪くなって、餌が尽きたので携帯で時刻を確認すると、何とまだ1時半を過ぎたところではないか。いつもなら2時間は持つ私の餌(人呼んで省資源釣法PART2)を1時間強で打ち終えるとは、私もお大尽になったものだ。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間強で凸。調査時間が短過ぎるかもしれないが、かなりめげたので次はセットだ(オイオイ)。仕掛けを直し、餌はセット専用バラケ:天々:水を3:1:1のバラケに「玉」。再開は1時45分頃か。ウキが流されるのは同じだが、何と数投でウキが入った!これは行けそうかも。そしてウキがチッと入るのに合わP5040482P5040483せればやったかかりました!やっぱりセットは違うなぁ。おおっ、サイズもグー。これこれ、これですよ。更に2時を過ぎて、完全に左に流れきったウキが弱く入るのに合わせれば2匹目!一気にサイズダウンしたが、今の私には充分嬉しいです。おまけに底と併せて第3目標クリアだ!しかぁ~し、その後はウキの動きが弱くなったうえに、あたってもカラ。どうやらいつものようにバラケに来ているようだ。そP5040484のまま時間だけが過ぎる展開に。あっという間に2時半。かなりトーンダウンしている。それでも弱くウキが入るのに合わせれば、やった3匹目!サイズなんてこの際どうでもいい、ただかかってくれれば・・・。が、その後は全くウキが動かず、ジャスト3時にバラケが尽きて宙も終了。結果、P5040485セットでは実釣1時間15分で3匹。総計では実釣4時間半強で11匹。ま、こんなものでしょう。片付け。長靴の雨漏りがひどく、ズボンが膝近くまで濡れている。家族連れが池に下りてきて竿を出しているが、子供には充分気を配って欲しい。片付けを終え、駐車場に戻る。思ったより車が少なく、満車ではない。だが明日はきっと混む。一体何時頃ここに来ればいいのかな。昼食の残りを食べてから家路に着いた。
 
P.S.今日はバットさんは鳳来だが、圏外なので連絡出来ない。ブログ更新に期待しよう。ザわさんは昨日昭和池で40cmをゲット!今日は七曲がりに行ったそうだが、結果は不明。
 
今は何処に入れば釣れるのか分からない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

とんぼちゃんその3

拓郎を中心にしたフォークブームの中で、どちらかと言えば軟弱な歌謡曲テイスト(かぐや姫も変わらない?)を醸し出していた「とんぼちゃん」。かつて2回(これこれ)このブログに載せた事があるが、それ以来のご登場だ。拓郎はとんぼちゃんの事をかなり嫌っていて、オールナイトニッポンで渋々「貝がらの秘密」を流していた記憶がある。私も拓郎と似たような感触だったが、当時好意を持っていた女性(クメンペルオキシド!)からレコードを借りたせいか、その後はしばしば聴くようになった。そうしたら、何とお気に入りになってしまったのだ。それから数十年経って、このブログのおかげで再び聴くようになったと言う事。

 
これは多分彼らの代表作と言ってもいいだろう。その他にも YouTube には多くの作品がアップされているが、私のお気に入りの一つは「雨の一日」。今度(5月18日)今更ながらのベストアルバムが出るようだが、買っちゃおうかな?
 
最早懐メロ。半世紀前は大袈裟だが、似たようなもの
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カインズモールで買い物 & 今日の増沢池

家を建ててから20年近く経った。いろいろなところにガタが来るのは人間と同じ。今までいろいろと買い換えたりリフォームしたりして来たが、私の部屋の蛍光灯のインバータが壊れたので、カインズホームの広告にあった安物(失礼!)を買いにカインズモールに出かけた。ついでに増沢を覗いてみる。今日は3時頃から雨の予報だが、風はなく釣りやP1000108P1000109すそうな天気。ダム?から池を眺めれば、山側はダム?そばから浅場までほぼ万遍なくへら師。遊歩道側もポツポツ。橋の上(かみ)は不明だが、全部で20人は越えている。少しの間しかいなかったので、竿が曲がっているかは分からなかった。
 
さて、すっかり忘れていたが、私が今の生活をするようになって4年が過ぎた。光陰矢の如しとは良く言ったもので、4年間に一体何をしてきたかと言えば、釣り以外に思い出す事もない。これから先どのように生きていこうか、まさにデラシネの如くフラフラしている状態だ。
 
これでいいのか?これでいいのだ!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

気温が急上昇!もはや初夏@増沢池

今日は気温が26度くらいになるとの予報。が、風も強そう。とりあえず増沢まで行って、あまりに風が強かったら帰るということにしよう。外に出ると何かモヤモヤした空気。確かに風は強そうだ。8時半過ぎに駐車場に着くと、やはり天気がいいので車は多い。湖面は波立っているが、へら師も多数いるようなので、早速荷物を降ろして池に向かう。私のいつもの場所、それに柳の木の奥には先客。まずは挨拶するが、2人とも返事なし。P5020445P5020446私は旧爆釣ポイントに入る事にする。池を見渡すと、対面には浅場葦の下(しも)に1人と看板横にはいつもの2人。深場にはダム?そばに1人だけ。こちら山側はダム?そばの流れ込みに2人、それから深場ワンドに多数。皆さん知り合いのようで、狭い間隔に並んでいる。さあ準備するかな。今日は雨の後なので短い竿は良くないかもしれないが、とりあえず9尺を出す。もちろん底。餌は、今日から両ダンゴにしようかと思ったが、右の先客が底であまり釣れていないようなので、いつものグルテンセットに変更。波とギラギラで底が取りにくいが、何とか取れた。開始は9時10分(珍しく早い!)。ウキは流されまたシモり、馴染み幅がはっきりしないので、数回ウキ下を調整。何とか見易い位置に馴染むようになった。さあこれからだ。右の先客は結構合わせているが、かからない様子(多分です)。左の先客は宙で結構竿を曲げている。この人も最近柳の木の奥が定位置。その後塩ビ管の両側に1人ずつ入った。さて、いつもの事ではあるが、1匹P5020447目が出るまでは緊張。が、じきにウキが小さくではあるが返すようになった。そしてチクッというあたりで1匹目ゲット!サイズは放流ではないがこんなものでしょう。しかぁ~し、いつもならそこからポツポツとあたりを拾えるのに、今日は波のせいかあたりを見逃しているように思える。そのうえ、たまのあたりらしきウキの動きではカラまたはバラシ。1匹目から20分以上経ってP5020448P5020449ようやく2匹目。そして3匹目。これなら第2目標は軽くクリア、第3目標も大丈夫ではないだろうか。しかぁ~し、すぐに10時を過ぎる。どうにもウキが見難いのだが、偏光グラスを着けるほどではない。それよりウキがシモりまた流される方がキツイ。それでも10時を過ぎてじきにあたり!そしてかかりました。が、そこP5020450P5020451P5020452P5020453からはサイズダウン。かかるのは嬉しいが・・・。一応第2目標はクリア、第3目標も狙えそうだ。ところが、続かない。ウキはまだ動いていそうなのだが、あたりらしきウキの動きにかからない。最初の頃と同じく20分ほど空いてから何とか3匹をゲットし、とりあえず第3目標まで辿りついた。P5020454P5020455P5020456ウキの動きが悪くなったのは、おそらく放流と地べらが入れ替わったためではないだろうか。結構なサイズも出るようになった。そうすると、風・波の中健闘している方ではないか(またも自分に甘い私です)。が、再び20分ほど穴が開く。11時を過ぎ、そろそろ開P5020457始2時間が経過。風が時折かなり強くなって、波が足元でジャブジャブ言う事もしばしば。そんな中、グルテンが終わりそう。かろうじて1匹をゲットし、後は残ったバラケを丸めて両ダンゴだ。いよいよ11時半。もう餌は終わり。最後の1投は放置プレイに賭ける。すると、ウキがモヤッと返したP5020458後にチクッと入るバッチリのあたりで「上がりべら」ゲット!結果、実釣2時間半弱で12匹。先日の日向側よりはましだが、もう少し釣れても良かったような気がする。さあ、次は宙。その前に早めの昼食とトイレ休憩。竿はちょっと迷ったが7尺、餌はまずセット専用バラケ:天々:水を3:1:1のバラケに「玉」のセット。「たな」1本半での再開は12時少し前。気温はかなり上がっているようだが、こちら側は風の通りが良いため、セーターを着ていても暑くはない。じきに12時のサイレン。対面看板横の2人が帰り支度。右の先客が竿を曲げだした(元々曲がっていたのかもしれないが)。さて、餌打ち開始直後はウキが右から左に受け流す(じゃなかった、流される、だった)。それでもじきにウキがモヤモヤ。そしていきなりズP5020459P5020460バッと入るのに合わせてやった1匹目ゲットだ!サイズもまあまあだし、これは爆釣の予感?すると、しばらくして弱いあたりで2匹目。ちょっと穴が開いたが、まあいいだろう。どんどん行こう。しかぁ~し、12時半を過ぎての消し込みでは遂に擦れ。ガクガクッ。すると、その後はウキの動きがバッタリ。「たな」を1本に変えたりするが、どうにもならず1時。あれっ、バラケがもうない。いつもなら2時間は持つ筈(人呼んで省資源釣法)なのに、一体どうして?知らず知らずのうちにバラケが大きくP5020462なっていたとしか考えられない。バラケの供給過多か?それであたりもバラケに来ていたのかも(それはバラケが持ち過ぎでしょう)。それでも1時を過ぎてまたもズバッというあたりでやった3匹目(長かったぁ)!どうやらこれが「上がりべら」だろう。じきにバラケが尽き、1時10分頃に終了。結果、実釣約1時間10分で3匹。これは厳しい。でもまだ1時過ぎ、もう1回餌を作ってもいいんじゃない(いつもなら実釣4時間弱で終了なのだが)?今度はセット専用バラケ:夏:水を3:1:1の、「たな」まで持ってからすぐに抜けるバラケだ。昼食の残りを食べ、再開は1時20分頃か。うん、どっぷり馴染んでウキのトップが沈没すれすれ。これでいいんでしょう。じきにバラケが割れるのも予定通り。後は食わせに来てくれるかどうか、だ。しばらく打ち続けると、やったウキがモヤモヤして来たぞ。そして予定通りの消しP5020463P5020464込みが出てまずは1匹目ゲットだ!と、ここまでは素晴らしかったが、やはり簡単には行かないのが私の宙。バラケを食った2匹目はじきにゲットしたものの、その後がない。2時を過ぎ、バラケが抜けた後に誘ってみたら消し込み!やった3匹目か?しかぁ~し、確かに口にかかっているのを見たが、「たも」を出す前にバラシ。上顎の硬いところにかかっていたのかなぁ(ショック)。更には消し込みに合わせられず、沖に逃げられてのハリス切れ。ウキの動きもなくなってきたし、どうやらこのまま終わりそう?が、2時半を過ぎる頃から急にウキが動き出す。そしてあたり!残念カラ。いよいよゴールデンタイムなのか。でもバラケは後少ししかない。どうしよう、再延長か。いや、良く考えたら今日はベランダにコタツの布団を干してきたので、それを取り込P5020465まなければならない。3時には終わらないと。すると、またもズバッという消し込みが出て、やった3匹目ゲットだ!更に次のあたりでもバッチリかかったと思ったら、残念目に擦れ(ガクガクッ)。そして3時少し前にバラケが尽き、無念の終了だ。結果、宙の2回目は実釣約1時間40分で3匹。P5020468宙だけでは実釣3時間弱で6匹(トホホ×トホホ)。底との合計では実釣5時間半弱で18匹。宙はもう少し工夫がなかったか。片付け。柳の木の奥の人、それに塩ビ管手前の人は帰った。深場ワンド付近はまだ賑わっている。結局風・波は止まなかった。片付けを終え駐車場に戻ると、そこは別世界。暑いのなんの。急いでセーターを脱ぐ。今日は一応平日と言う事で、駐車場はそれほど混んでいない。それでゆっくりと荷物を仕舞い、汗を拭き拭き家路に着いた。
 
宙は難しい(底が簡単と言う訳ではないが)
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

雨で始まった5月

世の中の連休2日目は雨。浜松祭りが中止と言う事もあって、静かに過ごしている。とは言い切れず、相変わらずのカラオケからの音。雨で多少紛れているが、客が増える夜の部が怖い。
明日はかなり気温が上がるようだが、風も強いとの予報。とりあえず増沢でも見に行って、竿を出せそうなら出してみよう。でも、あまりのんびりと家を出ると、車を停められないかもしれない。
最近は原発の情報が以前に比べて流れる量が減った気がするが、決して状況が改善されている訳ではない。工程表に従って事が進んでいればいいのだが、それも良く分からない。東京からは有名人(に限らないようだ)がどんどん西に逃げ出しているとかの話もネットに流れているし、明日からの5月晴れのようにスカッとした気分にはなかなかなれないようだ。
 
最近ようやく血圧が安定してきたのだが
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »