« 大事な事を書き忘れていた | トップページ | 強風でも頑張ってみました@増沢池 »

2011年5月12日 (木)

遂に端宗が

「王と妃」で遂に端宗が殺された。息子(世子)の死に興奮した世祖が魯山君(端宗)を殺すようホン・ユンソンに密命を下す。賜殺に見せかけて首を絞め、魯山君は17歳の人生を閉じる。
次回からは世祖から成宗、そして燕山君へと時代が移り変わり、インス大王大妃との争いがメインになっていくようだ。ちょうど「王と私」と時代が被るので、比較しながら観れば面白さも倍増だろう。

P.S.殺された端宗役のチョン・テウが「王と私」では暴君の燕山君を演じ、「王と妃」で今後出てくるであろう燕山君役のアン・ジェモは「王と私」では主人公に対抗する内官役。そうそう、女人天下のヒラッタン大監の人も「王と私」ではハン・ミョンフェ役、更に「王と妃」でも最近見るようになった。何故か同じ人ばかり観ているような気がする。
 
こちらにHPがある(下の「駄目オヤジ」ではありません)
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 大事な事を書き忘れていた | トップページ | 強風でも頑張ってみました@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51651773

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に端宗が:

« 大事な事を書き忘れていた | トップページ | 強風でも頑張ってみました@増沢池 »