« 天竜浜名湖鉄道 | トップページ | グッタリ »

2011年5月25日 (水)

3連続ハリス交換には参った@増沢池

今日は好天だが、この陽気も今日限りで明日から天気は下り坂。と言う事で、早めにやって来ましたよ増沢。急いで池に向かうと、あれれWINDOMの人がいない。あっ、橋の上(かみ)にいたぞ。まずは挨拶。今日もボチボチだそうだ。へら師はあと対面看板P5250657P5250658横に2人だけ。湖面は穏やかで何となく釣れそうなのに、どうしてこんなに少ないのだろう。まあいい、私はいつもの場所に入ろう。ちょっと迷ったが、今日は久し振りに底から行くとするかな。竿は9尺(これも迷った)。餌はいつもの、あっ冬がない!仕方なく夏:ペレ道:マッハ:水を2:1:1:1.2でダンゴを作る。そして底取り、と思ったら、何と「たな取り粘土」にグーなサイズのブルーが食い付いて来た!しかも呑み込んでいる。最初からガックリ。気を取り直して開始は8時10分。うんうんウキの馴染みはOK。しかぁ~し、動きなし。まあ最初はこんなものかなとお気楽に構えていたが、一向にウキが動き出さない。何とWINDOMの人が片付け始めた。もう開始30分くらい経つのか?柳の木の奥に1人入ったが、挨拶なし。さて、WINDOMの人がいる間には残念ながら釣れなかったが、ウキは返すようになってきた。しかぁ~し、あたりにならない。最初からへらは少し底から離れているようだ。そして弱くチクッと入るあたり?は全てカラ。モゾッと入るP5250659P5250660のは擦れバラシ。ようやく1匹目は9時少し前。サイズは予定通り放流だが、これで緊張が解れた。すると、次の餌打ちではズバッと言う消し込み!ヤバイ擦れたかも、と思ったが、寄せてみれば口にかかっている。変な連荘だが、何とか続いて欲しい。しかぁ~し、次がない。おまけに9時を過ぎる頃からお約束の風・波。今日の予報では風はほとんどない筈だが。そして全くあたりがない(見過ごしていたかも)まま9時半。これはマズイですよ。2桁は難しそうだ。が、シモッたウキがスッと入るのに合わせて3匹目。そして食い上げで4匹目。更にもう1匹。何とか第2目標をクP5250661P5250662P5250663リアするが、10時前に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間弱で5匹(トホホ)。何よりあたりが出なかった。竿を長くすべきだったか(実は開始1時間で竿を長くする予定だった)。さあ、気を取り直して(2回目)宙に移ろう。竿は7尺、餌は単品爆釣A。「たな」1本で再開は10時10分。柳の木の奥からこれ見よがしにバシャバシャと言う音(あくまで個人の感想です)。と、橋の上から「おはようございます」の声。HRさんだ。HRさんは対面坂の下に入った。さて、しばらく餌打ちするとウキに動きが出てきたが、何とズバッと言う消し込みが全てカラ!え~っと思ってもどうにもならない。餌付けを小さくしてみるP5250664P5250665が、効果なし。逆にチクッと言うあたりを拾ってようやく1匹目は10時半を過ぎてから。その後も「ズバッ!」に翻弄されっ放し。11時前にようやく2匹目。サイズアップは当然ながら嬉しいが、もうよれよれだ。11時を過ぎてからは急P5250666P5250667にあたりが減るが、それでもあたりに合うようになって4匹目はまさに地べらか。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。もう~っ。この時間のP5250668ロスでウキの動きが更に悪化。11時半を過ぎる。すると、次のあたりでビックリ40cmゲット(良く見れば39.5cmでした)だ!宙での第2目標と合計での第3目標を同時にクリア(ちょっと寂しい)!何で急にあたりに合うようになったのかは不明(まだゴールデンタイムには早過ぎる)。が、採寸に時間がかかったせいか、ウキが動かなくなる。12時のサイレンが鳴って、対面看板横の2人が終了。今日もたくさん釣ったようだ。HRさんも私が見る度に竿が曲がっている。暑くても日向側なのか。と、ここで鵜が池の中央に顔を出した。見ると結構なサイズのへらを銜えている。欲張りすぎて飲み込めないのか、その場所に居続けているので、皆で石を投げるが動じない。数分じたばたしていたが、結局飲むのを諦めて何処かに潜った。これではへらが散っても仕方ないだろう。それからウキが動かないまま12時半近くになって、ようやくウキの動きが復活。そして久し振りにズバッと言うあたりを見るが、上がってきたのは放P5250670P5250671流の擦れ(トホホ×トホホ)。最早これまでか。いや、何故かあたりに合って2匹を追加し、12時半過ぎに終了。結果、実釣2時間半弱で7匹。今日は良くないのか、それとも単に私のアームの問題か(おそらく後者)?さあ、次はどうしよう。予定ではトロ掛けだが、両ダンゴの結果がスッキリしない(いつもの事でしょう)ので、餌を作り替えて続行だ。と、その前に遅い昼食と我慢していた用を足す。そして餌はガッテン:夏:水を4:0.5:1。かなり急いで食べたようで、再開は12時45分。いつものようにボソボソを手水でだんだん柔らかくしていく。しかぁ~し、ボソボソで打っていたP5250672ら、いきなりの消し込み!残念かからなかったが、早く手直しした方が良いのか?でもいきなりヤワヤワはなぁ。少しずつ。すると、1時を過ぎて消し込みではないあたりで1匹目!え~っ(これでいいのか?これでいいのだ!)?が、しかぁ~し、しかぁ~し、その後はまたも消し込みにかからなくなる。おかしいなぁと思いながら餌に手水。すると、ウキが馴染むや否や目にも止まらぬ速さの消し込み!慌てて合わせれば竿先が水中に持って行かれそうになるのを3回堪えたものの、残念ハリス切れ。急いで交換するが、これでは場が荒れてどうしようもないのでは?ところが、次の餌打ちでまたも消し込み!しかもかかりました!でもこの手応えは・・・。そうです、私が変なおじさんです、ではなかった、グーなサイズのブルー。またも鈎を呑んでいる。しかもハリスをグチャグチャに絡ませて。渋々ハリス交換。こんなにハリスばかり変えるのも久し振り、と思っていたら、再び超高速の消し込みで、懸命に竿を立てたが間に合わずハリス切れ。3連荘ならぬ3連続ハリス交換だ(ガクガクッ)。開始1時間近く経ったが、まだ1匹。トロ掛けにすれば良かった(本日のタラ・レバでした)。しかぁ~し、しかぁ~し、そろそろゴールデンタイムなのか、あたりに合うよP5250673P5250674P5250675うになって2時までに3匹を追加。確かに餌は大分柔らかくなってきたが、釣れる理由はゴールデンタイム以外に考えられない。2時を過ぎてもウキは動き続け(やはりゴールP5250676P5250677P5250678P5250679デンタイム?)、消し込みで釣れる。この宙だけでの第2目標もクリア。更に終了の2時半過ぎまでに3匹を追加。結果、実釣2時間弱で8匹。総計では実釣6時間強でジャスト20匹。以前なら、これだけ時間をかければ30匹以上釣っても不思議ではなかった筈。湖面は凪いでいるが、頭上の太陽の直射が暑い暑い。まだ充分釣れそうな雰囲気だが、6時間もやれば充分だ。トロ掛P5250680けは次回に取っておこう。片付け。午後から来たへら師の大半はこちら側奥に入ったようだが、対面看板横にも何人かいる。これからでも3時間は出来そうだし、近いうちにバットさんを真似て朝早くから午後7時近くまでやってみようかな。多分集中力が切れてしまうだろうが。片付けを終え、駐車場に戻る。夏・冬を補充に東海釣り具に行こうかな。しかぁ~し、店に着いてから今日はお休みと気付くボーンヘッド。どうかしてるぜ。
 
長靴もようやくチェンジ!これで足が水浸しになる事もない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 天竜浜名湖鉄道 | トップページ | グッタリ »

コメント

こんにち鼻水。
そーです、夜明けから日が暮れるまで15時間耐久へら釣りをすべきです。
いつもやってると死んでしまいますので、たまにはいいと思います、メリハリが出来ますので…。
釣れない時間に何をするかってのも面白いですよ。

私の場合は何年経ってもサルのように取り憑かれてますが…。

投稿: 黄金バット@会社 | 2011年5月27日 (金) 13時01分

バットさんこんにち鼻垂れ小僧。
かつて早朝5時頃から午後4時頃まで11時間やった事がありますが、流石に中だるみしました。それから更に歳を取ったので気力もダウンしていると思いますが、最近少しずつですが長い時間竿を出すようになったので、このままで行けば通常勤務(定時間)くらいは何とかなるかもしれません。
それはさておき、ひげさんから6/2,3の2日間増沢に来ると連絡がありました。天気が良ければいいのですが、あいにく入梅してしまいましたので、ちょっと不安です(現在の予報では曇りか晴れになっています)。

投稿: sunshine_hera | 2011年5月27日 (金) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/51766426

この記事へのトラックバック一覧です: 3連続ハリス交換には参った@増沢池:

« 天竜浜名湖鉄道 | トップページ | グッタリ »