« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

サッチモその3

Docu0054 今日も昨日以上に暑い。とても8時過ぎから竿を出せる状況ではないので、今日は休竿。家に閉じこもってエアコン三昧(省エネに反するのは百も承知だが)だ。それにしてもいい声だ。時々エヘンと咳払いしたくなるが。
 とにかくこれでサッチモは終わり。3枚組1000円3セットもやっと3つ目のビル・エヴァンスになる。早くこれを聴き終えて、さだまさしDVDの続きに入らないと。おっと、クラシック50枚組も残ってたっけ。
 
体力のなさが露呈してしまった
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

暑い、釣れない、疲れた@増沢池

Band昨日は出遅れて竿を出せなかったので、今日こそと7時半頃家を出る。が、通勤ラッシュにはまり込んで駐車場到着は8時頃。おっ、WINDOMは停まっているが、それ以外に車は少ない。昨日と同じように空いているのかな。急いで荷物を降ろし、池に向かう。と、その前に、トイレの手洗いで写真の「熱中対策」を水に充分ひたしてから首に巻く。今日はとにかく暑いので、少しでも体への影響を少なくするため。私のいつもの場所にはWINDOMの人が陣取っているので、私は柳の木の奥にでも入ろう。おっ、WINDOMの人が気付いて挨拶してくれた。これは珍しい。もちろん挨拶を返す。へら師はあと対面看板横に1人だけ。さすがにこの暑さ、へら師もしんどいのP6280898P6280899だろう。さあ、さっさと準備しよう。私は早くも汗まみれ。でもまだ日陰なので傘は不要。最初は少し悩んだが、今日はまず底から行こう。竿は9尺。餌は夏・冬・ペレ道。顔を拭いても拭いても汗。やれやれ、やっと底も取れた。開始は8時半。ゲゲッ、いきなり波。それはないでしょう。残念だが波は終了時まで続いた。が、風が心地良い。次第に汗も引いてきた。どっちが良いのかなぁ。おっ、数投であたり!残念心の準備が出来てなくて合わせられなかった。でも、この調子なら爆釣かもね。しかぁ~し、そんなに甘くはなかった。最初の合わせで上がって来たのは泥を一杯含んだビニール袋。次の合わせでは根掛かりでいきなりハリスをロストだ。更に次のあたりでは長い木の枝。う~ん、前回は11尺だったがこんなに掛かる事はなかった。竿の選択は失敗か?でも変えません。WINDOMの人は9時前に帰ったが、それまでには1匹もかけられず。次第にイライラして来る。が、9時を過ぎていきなりウキがガチャガチャ動くようになる。明らかに放流の仕P6280900P6280901業だ。そして餌落ちまで戻したウキがズバッと入るのに合わせてようやく1匹目。やれやれ。すると、次はしっかりとしたあたりが出て連荘の2匹目。何だ、これならやっぱり爆釣モードではないか。しかぁ~し、その後はどうもウキの動きがはっきりしない。あたる間隔も長くなる。そして久し振りのマブナをゲット(もちろんP6280902P6280903P6280904ノーカウントですよ)してからは、10時まで1匹を追加したのみ。塩ビ管奥の日陰にはポツポツへら師がやって来て、最終的には5、6人。涼しそうだ。さて、10時を過ぎて一旦は連荘で状況が変化した(やった第2目標クリア)と思われたが、その後は再びウキのP6280905P6280906P6280907P6280908動きが悪くなる。「かじり」やらハリス切れで数を増やせず、10時55分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣2時間半で8匹。そんな大きなサイズがかかったとは思えない(おそらく擦れ)のに、何とハリス切れが3回。それに「たも」の中で切れたのも併せれば、底だけで5回もハリス交換だ。昨夜巻いておいて良かったと言うべきか、それとも巻き方に問題があって切れたのか。とにかく次は宙。7尺も考えたが、竿は9尺で行く。餌はガッテン:天々:GTS:水を2:2:1:1のダンゴだ。いつもと同じく「たな」1本で再開は11時5分。最初はボソボソの餌だが、少しずつ手水を加えて柔らかくしていく。すると、こちらも最初の数投でウキがモヤモヤ。そして消し込み!残念かからなかったが、底はダメでも宙なら何とか。しかぁ~し、良かったのは最初だけ。こちらも次第にウキの動きが悪くなる(私だけ?深場の人達がどれだけ釣れているのかは不明)。それでも大きなあたりに絞って合わせれP6280909P6280910P6280911P6280912P6280913ば、12時のサイレンまでに5匹。ただサイズがなぁ。底よりは大きくなったものの、宙にした意味がない感じ。12時を過ぎてもウキの動きは回復せず(多分餌が悪いのでしょう)、終了の12時35分までに2匹を追加したのみ。少しはサP6280914P6280915イズアップしたが、それでもついこの間までの35cmオーバーや40cmクラスにはお目にかかれなかった。結果、両ダンゴでは実釣1時間半で7匹。私のアームではこんなものか。さあ、次はハリスを切って短くし、トロ掛けだ。と、その前に我慢していた用を足す。そして昼食。おっ、頭上太陽の位置が左になって釣り座に日が当たっている。このまま続行は体に悪い。急いで傘をセットする。さて、餌は特S:天々:ペレ道:水を2:2:1:1のバラケにトロロ。そして同じ「たな」での再開は12時P628091645分。すると、こちらもすぐにウキが動き出す。そしてズバッというあたり!やはりなかなかかかりません。1時までに1匹をゲットしたのみ。何だか暑さのせいで餌の経時変化が激しいようで、じきに粘りが出て来た(濡れた手で触るので、水分も加わったのか)。それでもポツポツと2匹を追P6280917P6280918加し、これならトータル20匹はクリアしそうだ。あっ、波が穏やかになるとウキの下にへらが見える。よ~し、頑張ってみよう。すると、何故かは分からないが、1時半をまたいで3連荘!!これは素晴らしい。が、4連荘を狙って早合わP6280919P6280920P6280921せすればカラ。するとそこからウキの動きがバッタリ。更には「たも」の手前でバラして両ハリスが道糸に絡むアクシデント。泣く泣く両ハリスを交換だ。更にあたりに合わせられP6280922P6280923ずハリス切れも出る。2時前に2匹出て再び好調の予感がしたが、2時を過ぎてそれも幻と化した。あたりが減ったうえにズバッというあたりでカP6280924ラ。そして再度のハリス切れ。ようやく1匹をゲットするが、バラケが尽きた2時50分までに1匹も追加出来ず、最後の1投も効無く終了だ。結果、トロ掛けでは実釣2時間で9匹。ハリス交換は3回4本。宙では実釣3時間半で16匹。全体では実釣6時間で24匹。ハリス交換は計9本。これは最近滅多にない多さ。そしてただただ疲れた。その上に、傘で無理な姿勢がたたったP6280925のか足腰が痛い。さっさと片付けて帰ろう。まだ気温は下がる気配がなく、ダラダラと汗を流しながら片付け。対面浅場にはいつもの夫婦。それにダム?そばに1人。片付けを終え、腰を伸ばしながら駐車場に戻る。暑さのせいで息がかなり荒い。さあ、とっとと帰ってシャワーでも浴びよう。クタクタになって池を後にした。
 
P.S.夕食後不覚にも寝てしまい、更新は11時過ぎからになってしまった。ホント、体力が落ちているなぁ。このままだと釣りの最中に熱中症で倒れるか、水分不足で脳梗塞になるかも。以前のように早朝5時くらいから始めて10時には終わるようにスタイルを切り替えようかな。
 
もう29日深夜1時頃だが、体は疲れていても目が冴えて眠れない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

今日も出遅れた

 今日は予報で雨が降るような降らないような。それにハリスもまだ巻いてなかったので、出掛けるのは止めた。が、午後からダイシン理容に行くついでに増沢の様子を覗いてみると、ダム?側から見て2人が塩ビ管付近と深場に入っている。あっ、塩ビ管付近はOさんではないか。早速車を駐車場に廻し、池に下りる。
 まずは挨拶。今日はWINDOMの人を含めて4人だったが、今は2人きり。来てすぐにザアッと雨が来たが、何とか続けている。上空雲の動きが早く、暗くなったり明るくなったり。それに波も結構大きい。そんな中、私が見ている間にもOさんの竿は曲がったが、残念擦れ。サイズもそれほど大きくないようだ。
 でも、見ているうちに竿を出したくなってきた。明日こそは来よう。ベイシアでを買って帰ると、「杉チャン」さんからメール。昨日は増沢、野口池の両方で竿を出して結果も出たようだ。それにしてもタフだなぁ。さあ、汗も引いたようだし、そろそろハリスでも巻くとしよう。
 
ホント、ポチッと宜しくお願いします
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

サッチモその2

Docu0053今日は用事があって、せっかく「杉チャン」さんから10時頃増沢で餌打ちを始めたとメールがあっても見に行けなかった。残念。明日は天気が良ければ増沢にでも行ってみよう。
 
ところで、このCDは曲が短い事もあって、1枚に20曲が収録されている。3枚組で1000円だからお得感はたっぷりだ。それにこの声が堪らない。素晴らしいダミ声とでも言おうか。
 
お急ぎでなければポチッと押してやってください
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

サッチモその1

Docu0051Docu0052_2ルイ・アームストロングの愛称はサッチモ。口の形に特徴があって付けられたようだ。詳しくはこちらで。
 
 
ところで、今日もクソ暑い。これから梅雨が明けて夏本番になった時には、一体どうなるのだろう。この暑さでは釣りにも行く気にならないが、そんな中ひげさんは昨日と同じ野口池、「杉チャン」さんは門池に行っている。お二人とも元気だなぁ。くれぐれも水分補給には留意してもらいたいものだ。
 
まだまだポチッが足りません。宜しく押してやってください。
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

遂に行ったゾ~ッ!@野口池 with ひげさん

今日は好天。いつもなら増沢に出掛けるのだが、いつも増沢だとコメントが付かなくなるので、今日は思い切って豊川まで行ってみよう。久し振りにETCを使う。8時半過ぎに浜松西インターに入る。特に急ぐ訳でもないので、時速80kmをキープ。それでも20分強で豊川インターに到着。と、ここまでは順調だったのだが、何と出口を間違えて一般に入りそうになってしまった。慌てて手前で停まり、後ろの様子を覗いながらETC出口に入る。やれやれ。ぼんやりにも程がある。後はナビに従って15分くらい(はっきりしない)走って池に到着だ。車は道路脇に数台。私も真似て停める。そして近くを下って行くP6240882P6240883と、あっ堰堤はもっと左の方だ。道路に戻り、道を下ると堰堤とフェンスが見えた。が、入P6240886り口が見えない。フェンスに沿って一番奥まで行くが、フェンスの上にはずっと鉄条網が張ってあって、皆さん何処から入るのだろう。汗を拭き拭き戻る途中でちょうど堰堤を歩いていた人に訊いたら、堰堤の逆の端近辺から入るようだ。でも、鉄条網まで張ってあるところに隙間から入るのはちょっと抵抗があるなぁ。なんて事を思いながら端まで戻る。あったあった、ここから入るのか。かなりP6240889P6240888_2狭いので、私のような体格では荷物を持つと落ちそうだ。バルブ近くまで行って様子を覗っていると、すぐ近くの人が竿を曲げた。あっ、ウキ下がかなり短い!これは私には難しそう(合わせがきつくて絡みそう)。しばらく見ていたが、暑くて堪らないので帰る事にする。が、堰堤を歩いている途中で考えた。このまま帰ってこの事をブログにアップすれば、何処からか非難の声が聞こえてくるのは間違いない。よし、せっかく来たのだからダメ元で竿を出してみよう。車に戻り、荷物を降ろして再び池に向かう。汗が止まらない。何処に入って良いのか分からないので、先客の邪魔にならないようバルブP6240890の近くに釣り座を構えた。さあ準備だ。と思ったが、一体竿は幾つくらいで良いのだろう。釣り方は?などと考えているところに1人やって来て、私の左に入った。ものはついでと挨拶がてらに訊いてみると、竿は幾つでもOK。この季節は宙がベター。すぐにへらが湧いてくるが、両ダンゴではあたってもカラツンがほとんど。10打数1安打のつもりでやれば良いとの事。さっきからど太い鯉が回遊しているが、底であんなのにあたったら目も当てられない。ここは宙だ。それでは9尺を出してガッテン:GTS:ペレ道:水を2:2:1:1でやってみよう。このブレンドは、封を切った餌を早く万遍なく使い切るため。「たな」は随分浅いようだが、私は1本から始めてみよう。開始はジャスト10時。傘がないと釣りにならないが、竿さばきに難がありそうだ。まだ湖面は穏やか。せっせと餌打ちするが、ウキはすんなり馴染むだけ。少し遅れてかなり浅い「たな」で始めた隣から、もうへらが湧いてきただろうと言われるが、へらは見えずウキも動かない。と、隣が竿を曲げた!残念バラシたが、何故私のウキは動かないのか?そのまま30分ほど餌打ちしたが、遂に風・波が出て来た。大分涼しくなり、また波立てばへらの警戒心も弱まるだろう。が、一向にウキが動き出さないので、隣を見習ってウキ下を20cmくらい詰めてみる。すると、ウキがどっぷり馴染んでからいきなりズバッというあたり!待ってましたと合わせるがカラ。ガクガクッ。でもへらが寄って来たのなら、それはそれで問題なし。が、ウキの動きは続かない。そして思い出したように消し込みのカラツン。これにはお手上げだ。しかぁ~し、ウキが馴染んでかP6240891らチクッとはいるあたりに合わせたら、やったかかりました!絶対バラサないよう慎重に寄せる。やったこの池での1匹目!サイズはグーだが、口はグチャグチャで体中に傷。随分疲れているようだ。隣から、1匹出たならもう帰ってもいいよと言われたので、ここのへらは大分くたびれてますねと返すと、それを「年金べら」と言うんだと教えてくれた。なるほど、へらも年金を貰うくらい年取ればくたびれるんだなぁ、と納得?この人は自分の事も「毎日へら研」と、なかなか面白いことを言う。さて、これで凸の呪縛から逃れられたので、後は落ち着いて釣りが出来るぞ。が、しかぁ~し、その後がない。餌付けやら餌のタッチを変えてみるが、それまでと同様に時折思い出したような消し込みが出るが全てカラ。へら師は私が入ってから3人くらいやって来て、堰堤は大賑わい?になった。私の右にも1人。さて、その後はどうにも手だてがないまま餌を使い切って11時40分に一旦終了だ。1回の餌作りで10回あたりがあったかどうかは不明。おそらく少ないだろう。それでも1匹出たから良しとしなければ。ちょうど昼時だし、このまま帰っても良いが、せっかく遠出したのだから、もう少しだけやってみようかな。今度は竿を竹竿11尺に変え、餌はセット専用バラケ:GTS:ガッテン:水を2:2:1:1のバラケにトロロ。こちらは「たな」が60cmくらいになっていたので、そのまま。再開は11時55分。すると、さっきまでとは違ってじきにウキが動き出す。そしてズバッというあたりが出たが、やはりカラ。ガックリ。遠くから12時のサイレンが聞こえてくると、皆さん釣りを止めてぞろぞろと外の道路に向かう。どうやら日陰で固まって昼飯を食べるようだ。堰堤には私ともう1人しかいなくなった。さあ、撒かれる餌の量がグッと減ったところでへらが寄ってくるのでは。ん、ウキの近くにへらが見えたぞ!ひょっとしてP6240892P6240893釣れるのは間近か?すると、ズバッというあたりで今度こそかかったでしょう!やったぁ。サイズもなかなかだし、嬉しいゾ~ッ。すると、すぐに再びのズバッというあたりでやった2匹目!これは素晴らしい。皆さんが昼飯を食べている間に爆釣だぁ。しかぁ~し、次のズバッというあたりでは、何と両ハリスをロスト。これは困った。実はまだハリスを巻いていないのだ。仕方なく現場施工。ん、1人やって来て、私の後ろを通って行った。若いようだが、これから始めるのかな?おやっ、ひげが見える。それに傘も大きい。まさか、ね。ハリスをP6240894巻き終ってから釣り座を離れ、そっと近づいて行くと、やっぱりひげさんだった。向こうも驚いている。今日は午後から休みになったので、出て来たとの事。明日は「杉チャン」さんがここに来るらしい。私は今の釣りが終わったら終了だが、ひげさんは6時頃まではやるようだ。しばらく話をしてから釣り座に戻る。それにしてもビックリしたなぁもう。さて、間が空いたのですぐにはウキが動き出さないと思ったら、そんな事はなかった。ただ、さっきまでのようなズバッというあたりは出なくなった。それでもほぼ「かかってました」(ウキが動くのと空合わせのタイミンP6240895グが合った)で3匹目ゲットだ!これで第2目標にリーチ!俄然やる気になる。しかぁ~し、次のズバッというあたりでは、またもハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッ。急いでで現場施工するが、そこからウキの動きが弱まる。そして食事を終えた皆さんが1時頃に帰って来ると、更にウキの動きはなくなる。どうやら私の爆釣モード?は終わったようだ。ん、ウキが動かないのは私だけではなさそうだ。隣から、今日は皆ウキが動かないと言っているという話を聞き、自分を納得させる。それでも、3時まで我慢すれば(タラ・レバですが)ゴールデンタイムがやって来るらしい。でも、その時私はいないし。その後時折弱くウキが入るのに合わせても全てカラ、で1時50分過ぎにバラケが尽きて終了。残ったトロロは、ちょうど回遊してきた鯉にあげた。結果、トロ掛けでは実釣2時間で3匹。両ダンゴと併せれば実釣3時間40分で4匹。初めての池で結果が出た事を良しとしないと。片付け。暑い。今日は日焼け止めを塗るのを忘れP6240896P6240897たので、両腕が真っ赤だ。風呂に入るとき沁みそう。片付けを終え、ひげさんの様子を見に行くと、両ダンゴからトロ掛け、更にウドンセットに移行したようで、ちょうどあたりが出始めたのか、私が見ている前で連続ハリス切れ。私がそばで邪魔をしてはマズイので、早々にその場を離れた。両隣にも挨拶して車に戻る。いやぁ、増沢は釣らせてくれて有難いなぁ。放流サイズばかりとか文句を言って悪かった。次からは1匹1匹丁寧に扱いますよ(今までは雑だったのか?)。車に荷物を積み、ETCをセットしてから池を離れた。
 
コメント宜しく!この下ポチッも頼みます!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

梅雨の晴れ間にちょっとだけ良い思い@増沢池

今日は予想通りの好天。いつもより少し早めの7時半過ぎに出発。と思ったら、出勤ラッシュにはまってしまい、駐車場に着いたのは8時を過ぎている。おっ、WINDOM以外はそんなに停まっていないぞ。早速車から荷物を降ろして池に向かうと、WINDOMの人は私のいつもの場所。まずは挨拶して状況を訊くと、最近は雨が多くてあまり来ていなP6220843P6220844いが、今日は11尺でポツポツ。型も良いようだ。それでは私は柳の木の奥に入ろう。へら師は塩ビ管奥に1人。さあ準備だ、私もWINDOMの人を真似て11尺を出す。もちろん底から。爽やかな風が吹いているが、汗は滴る。もう少しの辛抱だ。汗を拭き拭き餌を作る。今日も今日とて夏・冬・ペレ道。まだ湖面は穏やか。ハリスが絡んでいるが、そのまま。底を取り、開始は8時20分過ぎ。あれっ、ウキの馴染みが思うように出ない。P6220845いつもの事ながらトホホ、だ。それでも数投でウキがモヤモヤ。そして変なウキの動きに合わせてやった早くも1匹目!よし、1週間ぶりで1匹出たから、ここはハリスを直しておこう。しかぁ~し、再開するがウキが静かになる。我慢我慢と餌打ちを続けると、8時40分過ぎからほぼ連続でP6220846P6220847P6220848P6220849P6220850あたり、そして合う。9時までに5匹を追加し、あっという間に第2目標をクリア!これは素晴らしい。サイズは放流主体だが、まあまあも混じって満足。しかぁ~し、9時頃から波。ちょっとウキが見辛くなり、また顔の近くに虫が飛んでいて、なかなか集中出来ない。WINDOMの人は9時過ぎに帰った。さて、少し間が空くが、じきに復活。でも釣れる間隔も少しずつ長くなるのは、私がショボイからなのか。塩ビ管奥には続々とへら師が集結。皆さん知り合いのようで、楽しそうな(私にとってはどうでもいい)声が聞こえてくる。その後もポツポツとあたりを拾い、9時半過ぎには波がP6220851P6220852P6220853P6220854P6220855P6220856P6220857P6220858大きくなったが、それでも9時台には8匹を追加し、第3目標は楽々クリア。今日はカラやバラシはあっても擦れて上がってくる事はなく、それが嬉しい。10時を過ぎ、波は更に大きくなったが、あたりはそこそこ出続け、終了の10時P6220859P6220860P6220861P6220862P6220863P6220864P622086550分過ぎまでに7匹を追加。結果、底では実釣2時間半で21匹。多分場所のおかげでしょう。まだ昼飯には早いので、それでは次は竿を9尺に変えてトロ掛けと行こうかな。餌はセット専用バラケ・GTS・ガッテンのバラケにもちろんトロロ。「たな」1本で再開は11時5分。多少流されるのは承知。それでもやはり数投でウキがモヤモヤ。そしてズバッと入るあたりが出るが、残念カラ。う~ん。対面ダム?そばに1人入った。また、いつもの夫婦が浅場ワンド。さて、その後もウキは動いているようだが、白波と太陽の位置のせいかウキの視認性が悪化。それでもチッというあたりで1匹目ゲット!トロ掛けの小さなあたりを拾うのはP6220866P6220867P6220868P6220869私にとってかなり困難。雑誌にはハリスが張る前の「フニャッ」というあたりを取るよう書いてあったが、私には至難の業だ(大体「フニャッ」てどんなあたりなんだ!)。どうしても「ズバッ」というような大きなあたりに目が行ってしまう。結局11時台には4匹をゲットしたのみ。底よりサイズが良いのは当然だが、それにしてもついこの間までかかった40cmクラスは何処に行ったのだろう。12時のサイレンが鳴ってまもなく、1人やって来て塩ビ管手前に入った。これで塩ビ管から奥には7人が入った事になる。私の右手浅場には、OT氏のかつてのいつもの場所から草むら一つ隔てたところに誰かいるようだが、はっきりしない。ただ時折咳P6220870P6220871P6220872P6220873払いが聞こえる。さて、小さなあたりも積極的に取るようにして、擦れバラシも出たが12時半頃までに4匹を追加。これならトロ掛けだけで第3目標も狙えるかも。しかぁ~し、消し込みに合わせられずにハリス切れ。更にはズバッというあたりで寄せる途中にバラシ、反動で仕掛けを頭上の木の枝にかけるアクシデントで両ハリスをロスト。場所柄お約束とは言え、落胆。よし、どうせ餌も残り少ないのだし、ここは両ダンゴを見据えて25cmと35cmのハリスにしよう(何故こう思ったかは不明)。そのままトロ掛けを続けるが、ウキは動いてもさっぱりかからず、12時40分に終了だ。結果、実釣1時間半強で8匹。さあ、次の餌は特S・GTSと定番のダンゴで行こう。おっとその前に昼飯。そしてずっと我慢していた用を足す。再開P6220874P6220875は12時50分。すると、何故かは分からないが数投でウキが動き出し、チクッというあたりで早くも1匹目。そしてすぐにもう1匹。これは一体何だろう。まだ開始して10分も経っていないのに。しかぁ~し、調子に乗っていたのはここまで。多分出来たての餌が良かったのだろう、それから先はウキがモヤモヤで終わったりP6220876とどうもスッキリしないので、ハリスを20cmと30cmに変更。すると、あたりが復活。が、かからない。何とか1匹を追加するが、続かない。更にはズバッというあたりに合わせられずハリス切れ(合わせ切れではありません)。今日はハリス交換が激しくて、もうスペアがない。何とかこのままで終わりたいが、果たして?そこで、とにかくあたりらしいウキの動き(大小に拘らず)P6220877P6220878P6220879に合わせていって、1時半頃から2時までに3匹を追加。両ダンゴでも第2目標まで行った。ひょっとしてゴールデンタイムになったのか?さあ、残り少ない餌で何処まで数を伸P6220880ばせるか。すると、2時を過ぎてすぐにあたり!そして1匹ゲットだ。まだあたりはある。何とか「上がりべら」をゲットしてスッキリ終わりたい。しかぁ~氏、最後の1投でもズバッというあたりが出たが、寄せる途中でガッカリ。腹が見えて来た。あんなに強い引きだったのに、小サイズが腹に擦れているなんて。「上がり擦れ」ではどうにもならない。2時10分に落胆の終了だ。結果、P6220881両ダンゴでは実釣1時間20分で7匹。宙だけでは実釣3時間弱で15匹。総計では実釣5時間半で36匹。数値としては充分(もちろん私にとって、だが)でも、何となく意気消沈だ。片付け。深場では相変わらず楽しそうな声(と言っても一人が喋り続けているだけ)が聞こえてくるが、釣果は不明。片付けを終え、何故かハアハア言いながら(暑くなってきた証拠)駐車場に戻る。今日は来て良かったと思うが、それにしても「上がり擦れ」にはガッカリだ。さあ、早く家に帰って、録画しておいた「明日に向かってハイキック」を観なければ。さっさと池を後にした。
 
柳の木の奥も昼過ぎには太陽の直射が当たる
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

明日は是非とも

このところの天候不順で、またも体調がスッキリしなくなった。おまけに心も沈みがち。が、明日は晴れるとの予報。これは出掛けなければなりません。1週間ぶりに竿を出す。何だか少し気分が上向きになってきたぞ。
 
釣れたらいいな
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

さだまさし「月虹」を観る:その5

Docu0050テレビが変わったので、ついでにと言っては何だがさだまさしのDVDを観る。随分久し振りだなぁと思い、調べてみたら、何と去年の3月以来だ。第3夜の1枚目。私の好きな曲の一つである「案山子」が収録されている。それにしても、今日はジャズのCDから始まって「とんぼちゃん」、そして「さだまさし」とトータルで3時間半近く音楽鑑賞(ちょっと違うか)したので、かなり疲れてしまった。2枚目はいつ観る事になるのかなぁ。
 
久し振りの音楽三昧
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とんぼちゃんを2枚続けて聴く

先日入手したとんぼちゃんの2枚組CDを、初めて通して聴く。と言っても、正座して聴くのではなく、パソコンに向かいながらだったり本を読みながらだったり。計2時間以上。それでもキーを打つ手を休めたりする場面もあって、決して流して聴いていた訳ではない。単なるノスタルジー以上の何かがあった。
 
ましてや懐メロだなんて・・・
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コルトレーンその3

Docu00496月に入って初めてジャズのCDを聴く。別に凄く忙しくて聴く暇がなかったと言う訳でもないが、何となくズルズルと今日まで来てしまった。でも、これでコルトレーンは終わり。次はルイ・アームストロングの3枚組だ。それにしても、本格的に梅雨に入ったようだ。今月中にあと4回は釣行して、50回とキリ良く半年を終えたいものだが。
 
雨はせつないなぁ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

ようやく全て対応、の続き

 昨日は量販店から2人やって来て、新しいテレビの設置と元からあったテレビの2階から1階への移動の両方をやってくれた。
 それはそれで良かったのだが、問題があるのは量販店での売り方。アンテナとテレビを接続するケーブルは普通のものだが、何とそれがテレビに付かない。薄型にこだわるメーカーがコネクターの位置を難しくしたのか、ケーブルの口の形状がほんのちょっとだけ大きくてそれがテレビと干渉してしまうのだ。もちろん私にそんな事が分かる筈もないのだが、勧めてくれた店の方はどれくらいそういう事が分かっていたのか(分かっていませんね)。
 更には地震対応とかで機器の下に敷くブヨブヨしたマットが、これも店の勧めで買ったのだが、テレビの脚からはみ出てしまう。結局それは使わず、買わなくてもいいものを買わされた気がして面白くない。
 テレビそのものには何の不満もないのだが、こういった小さな?事が量販店への評価を下げてしまうのは残念としか言いようがない。価格も大事だが、もう少し勉強して欲しいと思うのは私だけだろうか。
 
外付けHDDの画質はなかなか良い
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

ようやく全て対応

P6160842我が家に2台目の地デジ対応液晶テレビがやって来た。これは外付けのHDDに録画出来るタイプで、買うまでにはネットで価格を調べ、店に行って実物を眺め、カタログで・・・。おそらくネットが一番安いが、評価を見ていると時々大丈夫かというような店の対応とかあって、今ひとつ購入に踏み切れなかった。結局家電量販店で購入したのだが、ネットより多少高いのは我慢の範疇。これからは裏番組も2つまで録画出来るので、観たい韓国ドラマとかがぶつかった場合は安心して観る事が出来る。
 
買ってしまうとワクワク感は薄れるのか
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのはどうでしょう

Docu0048またも余計なものを買ってしまいました。それがこれ。カセットに録っておいた音楽その他を、WAV,MP3,WMA形式でパソコンに取り込める優れものだ。もちろんカセットレコーダーとしても使える。日本直販から来たメールで見つけたのだが、以前から欲しかったものよりはるかに安く、つい手が出てしまった。まだ試してないが、これでカセットデッキは処分出来るかも。
 
衝動買いは止まらない
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

トホホ×トホホ×・・・@増沢池 with Oさん

今日は曇りで風もないとの予報に、いそいそと増沢へ。駐車場に着いたのは8時過ぎ。WINDOMはまだ停まっている。さっさと荷物を降ろして池へ。WINDOMの人は前回と同じくかつてのOT氏のいつもの場所。まずは挨拶して様子を訊くと、今日は朝方爆釣P6150820P6150821で、餌を打つ度にあたったようだ。そして地べらも多かったが、次第にウキの動きが悪くなったとの事。ゲゲッ。そうそう、今朝は「はたき」が凄かったらしい。まだ名残りがあるのか。さて、私はいつもの場所に入ろう。へら師は他に対面看板横と階段下に1人ずつ。こちら側は柳の木の奥と深場ワンド手前に何人かいるようだ。さあ準備しよう。今日もWINDOMの人を真似て9尺の底から。餌は夏・冬・ペレ道。底を取り、開始は8時45分。私も爆釣の恩恵に預かれると嬉しいのだが、へらが口を使わなくなっているようなので、とにかく1匹目を早く。しかぁ~し、予想通りウキに動きなし。そのまま9時を過ぎる。WINDOMの人が終了。これから病院に行く。と、ここで何と予報にない風・波が。ウキが流され、またシモる。この風・波は最後まで続いた。これで随分めげたが、ウキに動きが出て来たようにも感じる。しかぁ~し、最初の手応えは小サイズが「かかってましP6150822た」の擦れ。しかもアナル。更にやる気が失せる。その後しばらくしてやっと1匹目が出るが、それからは何故かバラシの連続。次第にウキの動きもなくなる。そして擦れ間違いなしのバラシの後に、何故かウキが馴染まなくなり、トップの付け根付近まで出ている。あれっ、へらが上ずったのかな?でも餌を付けずに打っても馴染まないぞ。ゲゲッ、追加したオモリがさっきのバラシで脱落したようだ。餌落ち目盛を取り直すが、この波とトップが細いのが相俟って思うように行かない。ちょっとでもオモリを切り過ぎるとボディが出てしまう。これでイライラしていたら、あっという間に10時。柳の木の奥からはバシャバシャとへらを寄せる音が聞こえてくる。それに急かされるように、ちょっと妥協して再開するが、ウキの馴染みや動きがスッキリしないので再度やり直しだ。おっ、Oさんから増沢に来るとのメールが。随分ご無沙汰のような気がするが、会えるのは嬉しいし楽しみだ。が、現状はかなり心がP6150823荒れている。今度こそと餌落ちを合わせるが、今度はハリスが絡んでしまった。急いで交換し、底を取って再開すれば、すぐにあたりが出て2匹目。でも、もう10時半。とても開始2時間で第3目標は無理だが、何とか第2目標はどうだろう。が、すぐにウキの動きが悪くなって、バッチリのあP6150824たりが擦れバラシ。ようやく11時までに1匹を追加。トホホ×トホホでは済まない。あっ、Oさんがやって来た。仕事が忙しくて1ヶ月くらい竿を出していないようだ。私とは4月にこの池で会って以来。Oさんはいつもの塩ビ管手前に入り、コーヒーをおごってくれた。ありがとうございます。これを飲んで心が落ち着いた。さて、一向に風・波は収まらず、シモッたウキがスッと入るのP6150825P6150826に合わせてもカラ。更にはバラシ。それでも11時過ぎに1匹を追加するが、とうとう餌が尽きる。もう駄目だ。しかぁ~し、ラス前に嬉しい5匹目!ギリギリ第2目標をクリアして底は終了。時刻は11時20分頃。途中のトラブルで1時間P6150827くらい浪費したが、それを差し引いても1時間半で5匹とは、泣くに泣けない。仕掛けを放置してOさんの様子を見に行くと、10尺底だが根掛かりするようだ。どうやら水草が生えてきたらしい。でも久し振りの釣りなので、そんな事にはめげずに今日は目一杯やって行く。私は自分の釣り座に戻り、早い昼食を済ませてから次は宙。竿はそのままで、餌はセット専用バラケ:GTS:ペレ道:水を2:2:1:1のバラケにトロロ。いつものように「たな」1本で再開は11時35分。波は一向に収まらず、ウキがドンブラコドンブラコ。何とか12時前に1匹目を出したいが、じきにウキは動き出したものの、消し込みにはかからず12時のサイレン(ガクガクッ)。その後もウキは動くが、何と消し込みのバラシが連荘!これは堪えた。それからP6150828ウキの動きが弱くなる。それで、出来るだけウキが動いたら合わせるようにすると、チクッとウキが入るのに合わせれば、やったかかりました!おおっ、これは大きい。嬉鹿~。つい採寸してしまったが、ちょっと寂しめの36cm。でも今日一番の大きさなので、嬉しい事に変わりなし。が、続かない。その後も少ないあたりがカラ、バラシだが、何とか気持ちを切らさずに1時までに2匹を追加。更に次のあたりで連荘!いよいよゴールデンタイム到来か?しかぁ~し、やP6150829P6150830P6150831P6150832はり続かず、最後の1投でやっと第2目標クリア。時刻は1時15分。実釣1時間40分で5匹かぁ。これもトホホだ。さてどうしよう。一応第3目標まで行ったから終わっても良いが、せっかくOさんとご一緒しているのだから、もう1回だけやってみよう。まずはOさんのところに様子を見に行くと、5,6匹はゲットしているが、どうにもサイズが大きくならない。また、擦れも多く出ているようだ。厳しいのは同じか。自分の釣り座に戻り、今度はセット専用バラケ:GTS:ガッテン:水を2:2:1:1のバラケを作る。そして再開は1時25分。対面看板横付近は誰もいなくなった。さて、今度のバラケは最初に比べてボソが減り、ウキの馴染みも少なくなった。それでもじきにウキは動き出すが、ここでもやはり最初はバラシの連続から(ガクガクッ)。更には擦れ。しかも顎とアナルの両方にかかるなんて(素晴らしい?)。P6150834こりゃぁ凸必至かもね。かなりやる気がダウンしながらも、作った餌は打ち切るのが私のモットー。どんどん餌を打ち、どんどん合わせれば、バラシもありぃのだが、2時までに1匹目をゲット。サイズダウンは何故だか分からない。が、時間的にゴールデンタイムなのか、それともバラケがベターになったのか、間にカラやらバラシやらを挟みながら終了の3時までに6匹をゲット!結P6150835P6150836P6150837P6150838P6150839P6150840果、実釣1時間半強で7匹。宙だけでは実釣3時間15分で12匹。良くはないが、私にすればそんなに悪い数字でもない。が、底と併せてトータル5時間45分(トラブル対応P6150841含む)で17匹とは、かなりトホホの数字になってしまう。片付け。対面は浅場にいつもの夫婦だけ。こちらも深場は帰っている。雲行きが怪しくなったが、今日はギリギリ持つのではないか。片付けを終え、Oさんに挨拶に行くと、途中経過では15,6匹になっているが、やはり放流主体で大きくても25,6cmだそうだ。また宜しくと行ってその場を離れ、荷物を背負って駐車場に戻る。疲れたが、今日はこの後用事があるので、のんびりしてはいられない。さっさと池を後にした。
 
せめて20は超えたかった
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂に世祖が亡くなった

「王と妃」で、遂に世祖が崩御した。残念ながら今日は観る事が出来なかったが、ハン・ミョンフェはどうやって復権するのか?まだまだ楽しみが残る。
 
短いですが、ツイッターではありません。
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

このところ

天候不順により、心も体も不調になっている。とにかくだるくてやる気が出ない(あれっ、昔からだっけ?)。釣りまでやる気がなくなると言う事は、今のところかろうじてないが、とにかくゴロゴロしているだけ。明日こそ(釣りはないにしても)外出しよう。そして日の光をたくさん浴びてうつ病にならないようにしなければ(ちょっと大袈裟かも)。
 
やたらと眠くなるのはヤバイ?
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

雨の前に駆け込みで釣り@増沢池

予報では今日も雨があると言っているが、それでも明日よりはましだろう。レッツラゴー!途中コンビニで昼食を買い忘れたので、満州道路まで出て買う。時間のロス。おまけに駐車場に着くや否や腹の具合が。不定期便でまたも時間のロス。急いで池に下りると、ちょうどWINDOMの人がかつてのOT氏のいつもの場所で終わるところ。まずP6100784P6100785は挨拶。それから状況を訊くと、今日は11尺でポツポツ。地べらも出たようなので、私も11尺を出してみようかな。さあ準備しよう。竿は思い切って竹竿11尺。餌は夏:冬:ペレ道:水を1:1:1:1.5。うっ、準備中に波が出て来た。これは辛い。それでも何とか底を取り、開始は8時50分(先日と同じ)。池には私以外誰もいない。さて、久し振りの竹竿が重い。こんな感じだったっけ。が、数投でウキがモヤモヤ。これはいいぞ、と思ってP6100786P6100787いると、ビックリするくらいのいいあたりで1匹目!サイズはまあ置いといて、これは素晴らしい。そして9時を過ぎてじきに2匹目。今度はまあまあのサイズ。が、すぐにウキの動きが悪くなる。これが分からない。そして今日はカラツンではなく(カラツンも出たが)、擦れバラシ連発。どうもハリスが長いのが気になって仕方ないので、数センチカット。が、底取りをやり直さなかったので、馴染み幅までおかしくなった(当たり前田のクラッカー)。やはりズルは駄目。底を取り直し再開すると、すぐP6100788P6100789に3匹目。その後しばらくして4匹目が出るが、ハリスが絡んでまたも交換。そして底取り。一体何度やればいいんだろう。塩ビ管奥に何人かいるようだ。対面ダム?そばにも1人入った。さて、何とか第2目標にリーチとなったが、どうもP6100790P6100791ウキの動きがスッキリしない。やはり上ずっているのかな。ウキ下を微調整。すると、あたりを見逃したのか次はダブル!そして9時台にはもう1匹と、調子が良いのかどうかも分からないまま9時台には6匹。前回並みにはなりそうにないが、せめて第3目標はクリアしないと。が、何がどうなっているのか分からないが、10時を過ぎてウキの動きが戻る。そしてバラシを含みながら(カラも出るが少なP6100792P6100793P6100794P6100795P6100796P6100797P6100798P6100799い)、開始2時間までに何と8匹を追加出来たではないか。もちろん第3目標は軽くクリア。前回よりあたりが少なかったので、餌がまだある。あとは20まで伸ばせるかどうかだ。しかぁ~し、欲が出ると竿先に伝わってしまうようP6100800P6100801P6100802で、その後3匹を追加して20まであと2匹と迫ったが、変なウキの動きに合わせてしまったりして、結局1匹も追加出来ないまま11時20分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣2時間半で18匹。今日も20に満たなかった・・・(私にしては上出来なのに)。さあ、次は宙。竿は9尺に変更し、餌はガッテン:GTS:水を3:2:1だ。腹が減っているので、おにぎりを1個。「たな」1本での再開は11時半。対面坂の下にはHRさん、浅場葦P6100803の下(しも)にはいつもの夫婦。風・波は結構出ている。が、餌打ち数投でウキがグッと入り、これに合わせてやった早くも1匹目ゲット!しかぁ~し、サイズが小。これでは宙にした意味がないではないか。その後もウキは動き続け、12時のサイレンが鳴るまでに3匹を追加。開始30分P6100804P6100805P6100806で4匹なら、宙での第2目標、更には第3目標も楽勝かな。が、しかぁ~し、しかぁ~し、何故かその後はウキの動きが弱くなって、あたりらしきウキの動きもめっきり減った。少ないあたりらしきウキの動きにやたらと合わせるが、カラにバラシでそろそろ餌が終わる(え~~っ!)。よし、ここは1個餌釣法でへらの動向を探ってみよう。するとすぐにウキが動き、グッと入るがカラ。更にズバッと言う消し込みも出たが、寄せてみると小サイズの胸鰭とアナルの両方に擦れているではないか。もうガクガクッ×ガクガクッ。その後もさっぱりのまま12時55分に餌が尽きて無念の終了。結果、実釣1時間半で4匹、しかも最初の30分に小サイズのみ(トホホ)。雲行きは怪しくなってきたが、もちろん次も行きますよ。今度はトロ掛け。残ったおにぎりを食べ、餌はセット専用バラケ:GTS:ガッテン:水を2:2:1:1のバラケにトロロ。同じ「たな」での再開は1時5分。風・波は大分収まってきた。さて、餌打ち開始後じきにウキがモヤモヤ。だがあたりらしきウキの動きはP6100808弱い。それでもとにかく餌打ちして行くと、やった消し込みにかかりました!しかぁ~し、またも小サイズ。しかもバラケを食っている。う~ん、サイズアップは無理なのか。それに今まで岸辺近くにいた型の良いへらは何処に行ったのだろうか。まあいい、餌打ち続行だ。すると、2匹目も小サP6100809P6100810イズでバラケを食っている。幾らバラケを食ってもOKとは言え、これではトロ掛けと言えないのでは?が、3匹目は今度こそトロロを食っていて、しかP6100811もグッドサイズ。これこれ、こうでなくっちゃね。4匹目はまたもバラケを食っていたが、何にせよ第2目標にリーチだ。だが、最初の両ダンゴの苦い記憶が蘇ってくる。このままで終わりか?すると、その後はウキの動きが悪くなり、代わって釣れて来たのがブルー2匹。どうにもテンションが上がらない。あっという間に2時。総計では20を超えているが、何とかして30まで持って行きたい。あと4匹だが、この調子ではかなり難しそう。2時を過ぎて、旧爆釣ポイントに1人入った。HRさんは早仕舞いしている。さて、2時を過ぎると状況が一変。ウキの動きが良くなって消し込みも多くなる。ゴールデンタイムかな?すると、ズバッとまでは行かP6100812P6100813P6100814P6100815ないものの、スパッというあたりでわずか20分強で4匹をゲットし、トロ掛けでの第2目標をクリアすると共に、さっきまで気にしていた30をもクリアだ。サイズも両ダンゴの時よりアップしている。もうバラケが残り少ないが、何とか少しでも数を増やしたい。と、ウキがチクッと入ってそれに合P6100817P6100818わせれば、やったかかりました!これはグッドサイズ間違いない。計測してみると40cmオーバー!今日のどんよりしていた気分が吹っ飛んだ(単純な男!)。更にもう1匹ゲットして、やったトロ掛けで第3目標クリア。それからじきにバラケが尽き、2時40分に終了。結果、実釣1時間半強で10匹。宙だけでは実釣3時間で14匹。総計では実釣5時間半で32匹。前回には届かないものの、ここまで伸びれば、P6100819もう何も言う事はありません。片付け。いつも思うのだが、湖面が穏やかになって来て、まだあと4時間くらい出来そうだ。でも終了。旧爆釣ポイントにあとから入った人は、底でじきに1匹ゲット。やはり底の方が良いのか。ん、ポツポツ雨。ひどくはならないだろうが、良い時に終われた。片付けを終え、隣に挨拶して駐車場に戻る。湿気のせいかかなり疲れた。次の晴れ間は来週の火曜までない(月曜はどうだろう)ので、私も週末はお休み出来る(休みって?)。さっさと車に荷物を積み、とっとこハム太郎ならぬとっとと池を後にした。
 
梅雨明けから活性が落ちるのでは?
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

アナログテレビのリサイクル

Docu0047我が家に1台残っていたアナログテレビをリサイクルに出してきた。車にテレビを積み込み(これが重い!)、ネットで事前に確認したとおり、まずは郵便局でリサイクル料金を支払い、支払い証明書と「リサイクル券」を持って指定引取場所である「ハママツメタル加工協同組合」に向かう。
 国1を横切り、もうすぐ海だというところまでやってきた。おっ、これがバットさんのホームグラウンドの一つ「屋島川」だな。つい竿を出したくなったが、ここは我慢で組合事務所へ。
 組合内には凄い数のテレビやらエアコンが堆く積まれている。言われるままに動いた後、帰りに何故か冷たい飲み物(缶コーヒー)をいただいた。きっと自ら持ってくる酔狂な?人は少ないのだろう。
 でも、こうやって自分で廃棄物(資源物ですが)を運ぶ事で、自分が出すゴミがどうなって行くのか知る事は大事だと思う。処理のシステムも、リサイクル券という、産廃のマニフェストに似たやり方も初めて知った。
 唯一つ心配なのは、来月24日アナログ放送が流れなくなる前後に、今でも大きな問題になっている不法投棄が増加しないかだ。このブログに寄っていただいている皆さんには、家にある家電リサイクル対象品を処分する際には、必ずこのシステムに則って処理をしていただきたい。もし面倒であれば、近くの電器屋さんにリサイクル料金と収集運搬費を支払って代行していただけばいい。間違っても処理費用がもったいないとかで不法投棄に手を染める事だけはしないように。これは犯罪で、厳しく罰せられます。
 

ブラウン管の需要も下がっていて、収集したものの処理に苦慮しているとも聞く
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

やっと呑む

Docu0046かなり前?に購入してそのままになっていた酒を、ようやく呑む。これを空けないと次のワインに行けないから。果たしてどんな味・香なんだろう。元より酒の味について何かこだわりがある訳でもないが、楽しみは楽しみ。
 
腹も減ってきた
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

一転、底釣りから好調に@増沢池

まだ晴れ間は続いているが、どうやら今日で終わりのようだ。そこでと言っては何だが、今日もゴー!駐車場に着いたのは8時20分過ぎ。ちょうど1人が池に下りていくところ。これはマズイ。私も急いで荷物を降ろし、池に向かう(足の状態は大分良くなった)。私の前の人は奥の方に入ったようだ。やれやれ。WINDOMの人はかつてのOT氏のいつもの場所に入っていたので、まずは挨拶。今日も4時半から竿を出していて、9尺底でポツポツ。地べらも出たようだが、朝まずめではなかろうか。私はいつもの場所に入る。P6060743P6060744鮎のシーズンになったので人が減ったようだ。対面には誰もいない。こちら側も浅場はWINDOMの人と私だけ。あとは塩ビ管付近から奥に2,3人と深場流れ込みに2人(実は良く分からない)。まだ水は泥色で風・波も多少あるが、私の額からは汗。さあ準備しよう。今日は9尺の底から。餌は夏:冬:ペレ道:水を1:1:1:1.5のダンゴ。準備中にWINDOMの人が終了。4時半から4時間やれば充分だと。私の方は底も取れ、8時50分に開始。すると、3投目でウキが動き、4投目でズルッと入った!ちょっと不安になP6060745りながらも合わせれば、やった1匹目ゲット!サイズはともかく、こんな早くへらが寄ったとは。WINDOMの人がいる間に釣れてよかったぁ。それにウキが良く動くぞ。9時を過ぎ、あたりも出始める。が、あたりらしきウキの動きに合わせても、カラが多くて閉口。おまけにかかっても放流サイズが多い。それでもこれだけあたりがあれば飽きないし、ここしばらく小さなあたりを取るP6060746P6060747P6060748P6060749P6060750P6060751P6060752P6060753P6060755事がなかったので、これは気持ち良い。一体先週とは何が違うのだろう。途中カラに加えて擦れやバラシも挟みながらも、第3目標に達するまで1時間足らず。もちろん私のアームが素晴らしいのではなく、へらの活性があると言う事なのだろう。その後10時までP6060756P6060757P6060758に3匹を追加。このままで推移すれば20も楽勝でしょう。しかぁ~し、そうならないのが私の釣り。急にウキの動きが悪くなる。それまでずっといい感じで来たのに、餌打ちのインターバルやら合わせもバラバラに。これはマズイ(PART2)。と思ったら、それはわずかP6060759P6060760P6060761P6060762P606076315分程度の出来事。その後ウキの動きが復活し、気が付けば10時半までに5匹を追加。ただ、餌の残り具合から見ても11時前には餌が尽きるだろう。あと2匹。しかぁ~し、そんな邪(よこしま)な気持ちが腕に伝わったのか、またP6060764も合わせがチグハグに。最後の1投で何とか1匹を追加出来たが、20まであと1匹とは情けない。結果、底は実釣2時間で19匹。何故かは不明だが、最初の頃は上鈎を食う事が多かった。もしもカラツンが全部取れていれば、結果は倍以上だろう(タラ・レバにもなりません)。さあ、次は宙。風・波がちょっと強くなったが、竿はこのままで行こう。餌はガッテン:ペレ道:水を4:1:1.2のダンゴ。もちろん徐々に手水で柔らかく。「たな」1本での開始はジャストP606076511時。ここで柳の木の奥に1人入った。さて、こちらも数投でウキがモヤモヤ。そしてスッとウキが入るのに合わせれば、やった早くもかかりました!写真では分かり辛いが、サイズも底に比べてアップ。が、何故か上ハリスがグチャグチャ。急いで交換するが、その後は素晴らしい消し込みが出るものの、カラばかり。それでもとにかく合わせて行けば、ポツポツとかかる。12時P6060766P6060767P6060768P6060769P6060770P6060771P6060772のサイレンが鳴るまでに7匹をゲット!餌はかなり柔らかくなっている。しかぁ~し、12時を過ぎてウキの動きが弱くなり、あたりが減ってきた。腹も減ってきたが、昼食はこの宙が終わってからにしよう。バラシも出て来たのは、経時変化で餌が持ち過ぎなのだろう。その後は全くパッとせず、終了の12時45分直前の37cmを含む3匹を追加しただけ。結果、宙では実釣1P6060773P6060774P6060775時間45分で11匹。サイズもさることながら、底と併せて実釣3時間45分で30匹だ。さあ次はどうしようかな。まだ帰るには早そうだし、宙の続きを違う餌でやってみようかな。と、その前にまずは昼食。いつものように立ってムシャムシャ。それから特S:GTS:水を3:2:1のダンゴを作る。竿と仕掛けはそのままで、「たな」1本での再開は12時55P6060776分。まずは餌付けとなじみの具合を調べてみよう。な~んて思っていたら、いきなりのズバッで1匹目ゲット!おいおい本当かよ。好調は継続か?が、サイズはいきなり小。休憩中に入れ替わってしまったのか?1時を過ぎ、ウキはやけに良く動くが、カラの連続。そしてかかってきたのは予想P6060777とは違う小サイズ。う~ん、釣れているからいいのかな。しかぁ~し、次第にウキの動きが弱まり、消し込むようなあたりも激減。風・波は強い。餌はかなり粘ってきた。手水で柔らかくするが、単品爆釣Aのようにはならない。カラやバラシに苦しみながらも(何故か擦れて上がってくる事はない)P6060779P6060778どうにか1時台にはもう2匹をゲットするが、私のアームではこれ以上餌をいじくる事が出来ない(何かを足すとかはしません。終了時刻が延びるP6060780から)。2時を過ぎても状況に変化はなく、1匹ゲットして第2目標をクリア(これは嬉しかった)してからはサッパリの状態に。そして、ただでさえ少ないあたりなのに、ハリス切れやら鱗、更には明らかな擦れに1分以上付き合わされた挙句のハリス切れ(本当に疲れた)と、いたずらに30分近くを浪費。そろそろ餌が尽きる。この餌では第2目標さえも無理か。しかぁ~し、ゴールデンタイムになったのかウキの動きが復活し、最後の1投はカラだったものの、それまでにP6060782P60607812匹を追加して2時40分に終了。結果、2回目の宙では実釣1時間45分で7匹。普通では悪い数値ではないが、今日に限ってはガックリ。宙だけでは実釣3時間半で18匹。総計では実釣5時間半で37匹。底も宙も楽しめたと言っP6060783て良いのかも(もちろん私にとって、だが)。湖面は穏やかになってきて、まだ充分楽しめそうだが、これだけ釣れればOKでしょう。片付け。今日は来て良かったなぁ。前回前々回の憂さを晴らせた気がする。特に底で。片付けを終え、駐車場に戻る。足の痛みは何処へやら。気持ち良く池を後にした。
 
こんな日が年に何回もあれば・・・
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

釣れないのは私だけだった@増沢池

今日も好天と言う事で、10時を過ぎてからゴー!もし日陰側に入るところがなければ、他の池を探すつもり(日向側まで行くのはちょっと・・・)。駐車場は既にかなりの混み様。空いた場所に駐車し、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、対面には看板横に1人、階段下に2人。こちら日陰側には私のいつもの場所と柳の木の奥に1人ずつ。あとは塩ビ管付近からワンド手前までビッシリ。旧爆釣ポイントが空いているので、そこに入ろう。車に戻って荷物を降ろし、イテテイテテと言いながら(言ってませんよ)池へ向かP6040729P6040730う。両隣に挨拶して、さあ準備だ。既に太陽の高度は高く、汗が滲み出す。水は泥色、風・波は出ているが、釣りに支障はない。今日も昨日と同じ7尺を採用。仕掛けがトロ掛けになっているので、そのまま。バラケはこれも昨日と同じセット専用バラケ:GTS:マッハ:水を2:2:1:1。「杉チャン」さんからダメ出しが出ているが、ベイシアのトロロを使う。準備は早かったが、「たな」1本で開始はジャスト11時。左隣は宙のようだが、しきりに合わせていて、結構なペースでへらを引っ張っている。右隣は底だが、こちらも合わせている。さてどうかな?が、餌付けが甘かったのか最初はなかなか馴染みが出なかったが、ギュッと締めて馴染みを出す。が、ウキは動かず、そのまま続けていて40分が経過。やはり開始した時間帯が悪かったか(逆ゴールデンタイム)。既にへらを寄せている両隣の、ビシッと合わせる音が心臓に悪い。今日こそ凸かな。返り討ちは間違いない(美人局に遭った芸人風に)。が、いきなりの消し込みでやったかかりました!が、しかぁ~し、浮かせたところで鈎が外れた。ガクガクッ。間違いなく30cmオーバーで口にもかかっていたと思うのだが、何故?つい独り言が大きくなってしまう。ウキは弱く動いているように見えるが、もっと積極的にウキの動きに合わせた方がいいのかも(消し込みのような大きなあたりばかりを待っている私です)。そして弱くウキが上下した後に何P6040731気なく空合わせをくれると、ゲゲッかかってます!昨夜雑誌で読んだような「フニャッ」というあたりを見逃したのかな。まあいい、1匹は1匹。これで凸は回避だ(トホホ)。が、時間帯が良くなったのか、それともセッセと餌打ちしてへらが寄ったのか、12時のサイレンを聞く頃からウキに動きが出るようになったが、如何せんバラケがあと少し。それでも終了間際に消し込みがP6040732出て2匹目ゲット!それからじきにバラケが尽き、12時15分に一旦終了。いつもなら1時間半~2時間は持つ私のバラケが今日は1時間15分で尽きるとは、結構懸命に餌打ちしたんだなぁ。さあ、次に行く前にまずは昼食。そして我慢していた用を足す。さて、次は「お」で行ってみよう。下ハリスを長くして40cmくらいにする。餌はセット専用バラケ:マッハ:GTS:水を2:2:1:1のバラケに「お」だ。12時半に再開。しかぁ~し、餌打ちを始めた頃から急に風・波が強くなって来た。ウキがドンブラドンブラ流される。これはマズイ。餌がバラケるところと「お」P6040733の位置がシンクロしないのは明白。しかぁ~し、何故かいきなりの消し込み!慌てて合わせればやったかかりました!おおっ、サイズもグーではないか。バラケを食っているが、この際気にしない(本当はダメ)。が、その後はドンブラドンブラがきつくなって1時過ぎに「お」は断念だ。再び下ハリスを切って短くし、トロロにご登場願う。トロロの水切りが悪くてちょっとヌルヌルしてしP6040734まったが、そのまま使用。すると、数投でウキがモヤモヤし始め、ズバッと言うあたりでやった1匹目!午後は良いのかな?しかぁ~し、その後は午前中と同じような、弱いウキの動きに逆戻り。そしてこちらも「お」の際に結構大きめにバラケを付けたせいか、バラケがあと少し。そして1時45分にバラケが尽きて終了。2回目の宙も1時間15分とは、良く出来ている。途中経過で、実釣2時間半で4匹はトホホ×トホホだろう。右隣も宙に変えたようだ。左隣は相変わらず良く合わせているし、かかっている。奥の方は分からないが、釣れていないのは私だけなのは間違いない(これも美人局の芸人風に)。でもまだ2時前だし、幾らなんでもこのままでは帰れまテン、2桁釣るまでは、ってか!風・波も多少弱くなったので、よしラストは両ダンゴでやってみよう。もちろん餌は単品爆釣A。しかぁ~し、餌が残り少なく、カップに3杯ない。小さなカップで5杯ギリギリ。そこで、「杉チャン」さんの教えを思い出しながら水を2。何と餌:水を3:1ならぬ2.5:1で作る羽目になってしまった。かなりヤワヤワで、指で丸めるのも難しい。それでも懸命に餌付けして「たな」1本での再開は1時55分。やはり餌付けは何とかなっても、振り込みで餌が落ちたりしてしまう。ウキに神経を集中させる前に餌付けでヘトヘトだ。そこで、「杉チャン」さんには怒られるかもしれないが、GTSを少々振り掛ける。ゲゲッほとんど関係ない。でもこれ以上は入れられません。ストレスを感じながら打って行くと、こんな餌でもウキの馴染みが出る。凄いP6040735なぁと思っていると、ズバッと言う消し込みでやった1匹目ゲットだ!ようやく第2目標をクリア。だが、どう考えても第3目標までは行かないだろう。あとはどれだけ上積みさせる事が出来るかだけ。が、その後も餌付けに苦労し、もっと何か足したい気持ちを抑えながら続行。ウキが馴染みさえすれば何とかなると言う感じだが、時折ウキが弱く入るものの、あたりではない。ドンブP6040736ラコもあって思うように事が進まないまま2時半を過ぎる。しかぁ~し、いきなりの消し込み!そして2匹目ゲットだ!と、ここまではさっきまでと同じような展開。問題はここからだ。果たして数を増やす事が出来るか?すると、そこからウキの動きが良くなったのか、3時までに2匹を追加。何だP6040737P6040738か第3目標も見えてきたかな。しかぁ~し、3時頃からウキの動きがバッタリ。いつもならゴールデンタイムで、それを狙って延長しているのに、何故?そのまま30分以上経過。両隣が片付け開始。ん、そのせいかどうか分からないが、ウキの動きが復活して来たぞ。最近はゴールデンタイムの時刻がずれているのかも。片付け途中の左隣が声をかけてきた。最後の追い込みに入っている私は適当にしP6040739か返事が出来ない(喋りながらウキを見るという2つの事が同時に出来ない私です)。と、その時またもウキがズバッと入って第3目標にリーチだ!ただ、ウキの動きが良くなったのは、どうも小サイズが地べらと入れ替わったためのようだ。それが証拠には、その後終了の4時10分頃までP6040740P6040741に追加した2匹も小サイズ(20cmはありそうだが)。ただ、第3目標をクリアした事が嬉しい。結果、両ダンゴでは実釣2時間15分で7匹。総計では実釣4時間45分で11匹。かろうじて昨日とほぼ同じ実績まで持ち込んだ。このP6040742季節、まだまだ竿を出せるようだが、私は片付け。塩ビ管奥は相変わらず盛況の様子だが、対面階段下付近の姿がない。片付けを終え、駐車場に戻る。今日もトンボにはイライラさせられたなぁ。それにどうやら釣れないのは私だけのようだ。いつまでも7尺が通用すると思っていてはいけないのかもね。それに最近は底もご無沙汰だし。トロ掛けも全然勉強不足。課題ばかりが頭に残ったまま池を後にした。
 
明日はお休みにしたい(全身がだるい)
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

様子が一変!釣れなくなった(私だけ?)@増沢池 with ひげさんご夫妻 & masaさん

今日も通院。まだ足の具合は良くならない(って、病院へ行ったのが2日前)が、診察が9時半過ぎに終わったので、足を動かさない方が良いと言われていても、増沢へゴー!駐車場には見慣れた車が停まっている。確か看板横にひげさんご夫妻が入っている筈なので、イタタイタタと言いながら(言ってませんよ)橋まで行くと、へら師は看板横近辺P1000121に固まっているようで、日陰側は塩ビ管付近に1人いるように見える。とても坂を下りる気持ちになれなくて(降りる際が一番痛い)、橋の上から挨拶。大きな傘がひげさん、その隣が奥さん、そして更に浅場側にはmasaさんだ。しばらく見ていたが、竿が曲がる気配がないので、一旦車に戻る。さてどうしよう、荷物を持って看板横まで行くのはあまりにも辛い。そこで、いつもの場所に入る事にする。皆さんにはメールで連絡。荷物を降ろして池に向かう。イテテテ。いつもの場所には水がチョロチョロ流れ込んでいる。昨日の雨で水は泥色。ゴミも浮いP6030714P6030715ているが、さあ準備だ。底はちょっと(後から旧爆釣ポイントに入った人は底でポツポツ)と言う事で、9尺の宙と思ったが、前回の記憶が蘇って7尺に変更。餌はもちろん単品爆釣A。「たな」1本で開始は10時35分。ところが、打っても打ってもウキは動かず、あっという間に11時。何だか凸の予感。と、いきなりの消し込み!やったと合わせるが、しばらく堪えたもののバラシ。ガクガクッ。看板横では竿が曲がっている様子。マズP6030716P6030717イ。その後もウキは弱くモヤモヤ。小さくあたるがカラ。ようやく1匹目が出たのは11時半近くになってから。サイズはともあれ、良かった良かった。それからもう1匹(これはグーなサイズ)出て11時半。開始1時間で2匹とは、最近P6030718になく不調。その後1匹しか追加出来ないまま12時のサイレン。飯を食いたいが、それより目の前のへらを釣りたい気持ちの方が強くて続行。どうもウキの動きが弱いようだ。時折出る消し込みもカラばかり。普通なら餌付けを小さめにするのだが、ウキがしっかり馴染むように大きめに付けてみると、今度こそズバッというあたりでやったでしょう!サイズもそこそこだし、ようやくP6030719P6030720第2目標にリーチ!でも続かない。12時半を過ぎてやっと第2目標クリア。開始2時間で5匹かぁ・・・。看板横ではどれくらい釣っているのだろう。訊きたいが、怖い気もする。前回は3時間持った餌だが、今日は多少大きめに餌付P6030721けしたせいか、1時過ぎには終わるだろう。そして1時前にまたもズバッというあたりで6匹目。しかぁ~し、その後がないまま1時10分に餌が尽きて最初の宙は終了。結果、実釣2時間半で6匹とは、トホホと言うべきか。旧爆釣ポイントには1人入っている。さて、次はどうしようかな。前回と同じくベーシックの後はマルキューでダンゴ?いや、今日の雰囲気では厳しそうだ。よし、ベイシアで買った88円のトロロを使ってトロ掛けと行こう。まずは急いで昼食(立ったままで)。それから餌を作る。セット専用バラケ:GTS:マッハ:水を2:2:1:1。いつもにも増してボソボソ。ハリスを切って短くし、同じ「たな」で再開は1時20分。間が空いたのP6030722でしばらくは餌打ちだ、と思っていると、いきなりの消し込みでやった1匹目!これは爆釣の予感?しかぁ~し、ウキはまだ動いているが、あたりにならない。餌付けをいろいろやってみると、何故だか急にあたりが出てそれに合うようになる。2匹目が出てから1時までに3匹。開始40分で第P6030723P6030724P6030725P60307262目標クリアとは、素晴らしいの一語。さあどんどん行こう。しかぁ~し、しかぁ~し、何もしていないのにウキの動きがバッタリ。時折弱く動くが、あたりにはならない。そのまま30分以上経過。1回凄い消し込みがあったが、上ハリスを切られた。ガックリ。そろそろ3時。もう1回餌を作ると、終わるのは5時過ぎだろう。どうしようかな。などと考えていると、いきなりズバッとウキがP6030727入り、やった今度こそかかったでしょう!とりあえず最初の宙と同じ結果になったぞ。が、その後がない。打てども打てども響かず、3時10分に虚しく終了。結果、実釣1時間50分で6匹。総計では実釣4時間20分で12匹。最近にない貧果(でもないか)。これ以上いくらやっても、時間あたP6030728りの釣果が悪くなるだけ。片付けだ。うわっ、荷物の下に敷いてあるシートが蟻だらけ。そう言えばこの時期は蟻とトンボの攻撃があったっけ(書かなかったが、今日もトンボにはイライラさせられた)。片付けを終え、看板横に挨拶して駐車場に戻る。帰りはやや楽だが、イテテテに変わりはない。何故かかなり疲れている。さっさと帰って横になろう。とっとこハム太郎ならぬとっとと池を後にした。
 
ひげさんご夫妻とは次回、次回こそそば(蕎麦でない)で竿を出そう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

今日も雨

今日はひげさんご夫妻が来浜して釣り三昧の筈だったが、あいにくの雨(でも西ノ谷に行っている)。おまけに私もトラブルで同行出来ず。明日は快晴の予報(あてにならないが)なので、通院の後に足のコンディション次第では竿を出せるかもしれない。
 
ところで、大義名分がハッキリしない菅内閣不信任案が否決されたようだ。今秋にも退陣すると菅さんが言ったとかで、それまで不信任賛成をワアワア言っていたポッポッポの人(この人が宇宙人と言うのは本当のようだ)が翻意して一転反対を呼びかけたのが効いたようだ。壊し屋は欠席したそうだが、この人いよいよ党を出るのかな。
でも、これで菅さんも震災・原発対応に集中出来るのではないか。それにしても、可決の目論見が崩れた自民・公明はどうするのだろう(ついでに、ついさっきまで賛成と言っていた民主党の人達も。筋を通した松木さんが却って偉く見える)。
 
政治家って一体何処を向いているのだろうか。
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

病院へ行ってきた & とんぼちゃんのCD

外科に行ってきた。軽い肉離れ(それでもかなり痛い)と言う事でシップと痛み止めを貰い、金曜に再度通院する。それで、明日明後日と来浜するひげさんご夫妻には同行出来なくなった。残念であり、また申し訳ない気持ち。
 
Docu0045話題を変え、注文しておいたCDが昨夜届いた。以前から話題にしていたとんぼちゃんの2枚組。しかも通販限定。何か勿体無いような気がして、まだ聴いていない(あれほどYoutubeで聴いていたのに)。
 
シップが匂う。ハッカのようだ。
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »