« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

2011年の放流協賛釣り大会@増沢池

今日は表題の大会があるので、参加はしない(私のアームでは勝負にならない)が寄付をするのとブログの記事にするために増沢に向かう。ちょっと出遅れて駐車場着は10時過ぎ。まずは本部のある東屋に行くと、あれれ誰もいない。それでは橋まで行って池の様子を覗うと、おっ、天気が良くないのと木金休みで参加者が減っているのではないかと思っていたが、そんなでもなさそう(後で数えたら40人以上が竿を出していた)。P7311183P7311180P7311185P7311186橋を渡って坂を下りると、そこにはひげさんご夫妻。傘が立派だ(おいおい)。ちょうど厳しい時間帯になったらしい。主催者代表のmasaさんもいたので、ささやかではあるが寄P7311177P7311178付金を渡す。あっ、坂の下にはHRさん。こちらも厳しいとのお言葉。バットさんは公園側ワンド付近に入っているので、そっと近づいたが殺気(邪気?)で気付かれてしまった。P7311181バットさんも隣のS田さんも、フラシは降りているが皆さん同様厳しいようだ。もちろん大会と言う事で多くの人が竿を出したのと、食い渋りの時間帯になっている(逆ゴールデンタイム)のが主原因だろう。ここでバットさんの背後霊になる事小1時間、さすがにご迷惑(今更かよっ!)かとその場を離れ、帰る途中に再びひげさんご夫妻の元へ。昨日も流れ込みで竿を出したようだが、好結果だったらしい。先日は野口池で40数枚、奥さんも10数枚をゲットしたと言うから素晴らしい。今日の途中経過を見せてもらったが、ひげさんが5,6枚(もう少し多いような気がしP7311184た)に奥さんが3枚。お二人ともグー!橋を渡っていると、駐車場側浅場(かつてのOT氏のいつもの場所)に入っているmasaさんが竿を曲げた!カメラの準備をしていなかったので写真は撮れなかったが、いそいそとそばに向かう。ここで再びの背後霊に。12時のサイレンが鳴っても居座る雰囲気だったが、さすがに足が痺れてきたので、masaさんに挨拶、バットさんとひげさんにはメールで帰る旨を伝えてからその場を離れた。それにしても渋い。私が竿を出していれば、既に投了だっただろう。腹も減ったので、さっさと池を後にした。
 
P.S.この大会の詳細はmasaさんのブログ及びバットさんのブログでご確認願いたい。

朝方は雨と雷で大変だったようだ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

未知との遭遇@増沢池 with 岡ジャミ「杉チャン」さん and HRさん

前回からどれくらい経っているのか分からないが、久し振りに増沢。いつもながら出発は遅れ気味。駐車場に着いたのは8時20分頃か。今日もWINDOMの姿はない。急いで荷物を降ろし池に向かうと、旧爆釣ポイントと柳の木の奥に先客。まずは挨拶して、いつもの場所に入る。曇ってはいるが、じっとりして汗。へら師は対面は看板横に1人と浅P7291149P7291150場に1人。こちら側は奥の方に数人。まだ風・波はない。さあ準備しよう。先客のウキの周りには泡付け。そして私の準備中に3度竿を曲げたが、サイズは小ぶりか。さて、今日は何故か竹竿11尺で底から。餌は夏・冬・マッハだが、少しだけ水の量が多かったのか、やや柔らかめ。底を取り、開始は8時50分。あっ、第2投からウキが動いた!これは高活性か(隣を見れば一目瞭然)?そしてしばらく餌打ちした後に、チクッというあたP7291151P7291152りでやった1匹目!これで肩の荷が下りた。するとじきにもう1匹。何となく好結果を予感させるが、それにしても竹竿の引き味は何とも言えない。が、何故かウキの動きが弱くなった後に、チクッというあたりでやった3匹目ゲットか?ん、何だかおかしな引きだなぁ。ゴミではないだろうが、蟹や亀でもなさそうだ。全く引かないと言う訳でもないし、かと言ってグイグイ引かれるようでもない。重さは充分あるのだが。やっとの思いで引き上げると、何だこれは?亀のようだが、甲羅が変だ。それに首が・・・。うわっ、スッポン!この池で初めて釣った。何とか写真に収めたいが、暴れて「たも」から出そうなのでカメラをセット出来ない。結局逃げられてしまったが、驚いたなぁ。しまった、ハリスを切られている。急いで交換するが、何と上ハリスと下ハリスを間違えたので、ハリス長が長くなってしまった。そこで、ウキ下をチョチョイのチョイと調整して再開。馴染み幅を微調整していると、背後から聞いたような声。何と「杉チャン」さんだ。昨日は知多半島の方で釣りをした後にひげさん宅に泊まり、沼津に帰る途中で寄ったとの事。竿は出さないようだ。私が天邪鬼で「杉チャン」さんの言う事をさっぱり聞かないので、言っても無駄だと思うがと前置きしながらいろいろな事をレクチャーしてくれた。私も全く聞かない訳ではありませんよ。念のため。さて、「杉チャン」さんが登場してからP7291153P7291154P72911552匹をポンポンとゲットしたら、ダム?方面に何やら赤いものが。あれれ、消防車。放水訓練は去年で終わったのでは?まあいい、続行だ。せっかくのレクチャーを無駄には出来ないので、今日は餌打ちのリズム(ウキが馴染んでから30秒で打ち返す)と道糸のテンションを抜く、を実践だ。特に、餌打ちした際には竿尻を少し手前に引いておいて、ウキが馴染んだらじわじわと戻して行って、ウキにかかる道糸のテンションがフリーになった状態で打ち返す(この間を約30秒にする)というリズムの作り方。もちろんこれはP7291156P7291157両ダンゴの場合。その後もウキの動きはあり、9時台にはもう2匹をゲット。ガメラの来襲にもめげず、時間あたり6匹はまあまあと言ったところだろう(もちろん私にとって、だが)。そうそう、あたりの取り方も説明してもらったが、目の前の1匹を欲しがる私にはなかなか難しいところ。とにかく闇雲に合わせるのが私流なので、あたりに手が出ないと言う事はあっても、それを見送ると言う事がなかなか出来なP7291158P7291159P7291160P7291161いのだ。それでもポツポツとあたりを拾い、気が付けば第3目標達成!しかぁ~し、目の前の1匹を欲しがるあまりに、馴染んですぐのあたりに手を出せば、これが水面ギリギリまで上がって来てのバラシ(もちろん擦れ)。これでちょっとリズムが壊れたのか、ウキの動きが悪くなる。それでも何とか10時台にはもう3匹をゲットだ。が、残念ながらその後はなく、11時5分にP7291162P7291163P7291164餌が尽きて終了。それを機に「杉チャン」さんは帰った。レクチャーありがとうございます。ちゃんと聞いてますよ。結果、底では実釣2時間15分で13匹。対面には看板横に2人と坂の下にはHRさん。それと深場階段下と流れ込みにも1人ずつ。こちら側には合わせて10人くらいが入っている。さあ今度は宙。竿は9尺に変更。仕掛けがトロ掛けになっているので、トロ掛けで行こう。餌は底バラ:特S:マッハ:水を2:1:1:1のバラケにトロロ。「たな」1本での再開は11時15分。多少波は出て来てウキも流されるが、これは我慢の範疇だろう。しかぁ~し、しばらくしてウキはモヤモヤし始めたが、なかなかあたりにならない。が、良く見たら餌落ちを勘違いしていたので、バラケが抜けてもそのままにしていた。それに、ウキをしっかり馴染ませてもいなかった。そこで、バラケをしっかP7291165り付けてウキのなじみを出せば、チクッというあたりでやっと1匹目。開始30分以上経っている。さあこれからは爆釣だ?しかぁ~し、今度はウキの動きが激しくなって消し込みも出る。いよいよよ寄って来たかなと思っていたら、それは上海帰りのギルだった。これが浅い「たな」に群れているのか、何と3匹をゲット。名前の通り鰓に青い色が入っている大人?も出た。そしてバラシ、更には素晴らしい消し込みでのハリス切れ。モタモタしているうちに12時のサイレン。旧爆釣ポイントの先客は帰った。途中から私と「杉チャン」さんの大声でリズムを狂わされたでしょう。スミマセンでした。さて、12時を過ぎても状況に変化なく、ギルを2匹追加。本当にポツリポツリとあたりを拾うしか手がなくなる。やっとの思いで12時台にP7291166P7291167P7291168は3匹を追加し、何とか第2目標をクリアしたい気持ち。しかぁ~し、消し込みでのバラシ、更にはラス前に余所見をしている間の消し込みで竿を立てられず痛恨のハリス切れ。最後の1投も効なく1時12分に終了。結果、トロ掛けでは実釣2時間弱で4匹(トホホ)。バラシとハリス切れが2回ずつ。ギルは5匹。大分疲れたので終わろうかな。いや、ここは「お」でリベンジと行こう。竿はそのままで下ハリスは約40cm。バラケは底バラ:マッハ:水を2:2:1。同じ「たな」での再開は1時22分。すると、数投でウキに動きが。そして消し込みやら小さなあたりも出るが、いずれもカラ。これは難しいなぁ。トロ掛P7291169けもそうだったが、バラケをどう操るかで釣果が決まる。ようやく1匹をゲットするが、次に小さなあたりを拾うと、ゲゲッ凄い引き!なかなか寄らない。何とか「たも」に収めれば、ガックリ鰓に擦れている。これが35cmくらいと今日一番のサイズ。泣く泣くノーカウント(当たり前!)だ。すると、そこからはウキの動きがモヤモヤに。早くもバラケに粘りが出て来たのか、あたりらしきP7291171P7291172ウキの動きがあってもカラまたは擦れバラシ。どうもバラケ近辺にへらがいるようなので、下ハリスを詰めてみる。すると、2時半近くなってやっと2匹目。更に何故か連荘で3匹目!バラケを食っているが、ドンマイドンマイ。対面は看板横の先客が既に帰り、HRさんともう1人も帰り支度。階段下も帰っているが、こちら側は塩ビ管付近の2人が帰ったようだ。2時半を過ぎると、何だかゴールデンタイムがP7291173P7291174P7291175近付いたのかウキの動きが良くなって、ポツポツと3匹をゲットするが、その後がない。3時を過ぎ、これからの雰囲気はあるがバラケがもうない。結局1匹も追加出来ずに3時10分頃バラケが尽きて終了だ。結果、「お」では実釣2時間弱で6匹。トロ掛けと併せればP7291176実釣3時間半で10匹。総計では実釣5時間45分で23匹。これは喜んで良いのだろうか。底はまだしも宙がダメダメだった。湖面はまだ穏やかで、もう少し出来そうな気もするが、終わろう。片付け。私の印象では、底はまだへらが寄ってくるが、宙ではなかなか難しそうだ(あくまで個人の感想です)。大会当日はどうなっているのだろう。片付けを終え、駐車場に戻る。腹ペコ。さっさと帰って昼夕食を食べよう。とっとこハム太郎ならぬとっとと池を後にした。
 
天候の変化により予断を許さない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

新しい店( tio akira )-PART2-

Docu0055_2この前載せた新しいスペイン料理店のチラシが入ってきた。今月中は夜のみの営業だが、8月からはランチも始めるようなので、少しは寄りやすくなるかもしれない。
 
楽しみが一つ増えた
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ウキが動かないとカラツン地獄にはならない@大楽地の池

今日は遂に大楽地に向かう。と言っても、出発は8時20分過ぎ。例によってグズグズが原因。空は何となく曇っているが、雨は来ないだろう(予報では小雨が降る)。途中コンビニで昼食を買っていくが、ついでにトイレに行こうかと思ったら、ちょっとしたトラブルがあって時間をロス。池に着いたのは9時20分頃。車が1台停まっている。荷物を降ろして坂を登ると、先客は堰堤左端。大声で挨拶して、さあ何処に入ろうか。と、その前に、P7251137P7251138_2アオコのようなものが堰堤岸辺に漂っている。これは困ったなぁ。でもバルブの左に入ろう(帰りが楽?)。上空黒い雲が見えるので、傘は必須かな。竿は12尺で底。餌はいつもの夏・冬・マッハ。底を取り、開始は9時45分。私の準備中に先客が竿を曲げたので、まだ高活性は続いているようだ。さて、餌打ちを始めるが、第1投から根掛かり。ガックリ。まだ湖面は穏やか。先客は竿を曲げるが、私のウキは動かない。すぐに10P7251139時。ん、馴染み際にちょっとだけウキが動いたような気がする。来たかな?確かにウキは返すようになった。が、それだけ。しかぁ~し、返したウキがそのままになっているので、とりあえず空合わせすると、やったかかってます!ちょっとビックリだが、1匹は1匹。これでグッと気が楽になった。すると、次の餌打P7251140ちでは返しナシでチクッとウキが入り、これにも当然合わせると、やった連荘!これは素晴らしい。高活性は本物かも。が、しかぁ~し、次のあたりでは痛恨のハリス切れ(合わせ切れではありませんよ)。急いで交換。ン、空が急に暗くなってきたぞ。それに風も出て来た。やけに涼しい風だ。これはヤバイ前触れでは?シートを出して荷物を覆っておく。すると、じきに来ましたよ雨。最初はポツポツだったが、次第にひどくなってザアザア。湖面にはボツボツと言う音。先客から通り雨だと言P7251141われるが、雷の予報も出ているとも言われ、不安になる。と、ウキが立つや否やスバッと消し込み、マズイと思いながらも合わせれば、やった3匹目ゲットだ!擦れているかと心配したが、ノー・プロブレム。雨はしばらく降った後に止んだ。が、今度は風が強くなる。太陽は燦燦と降り注いでいるので、傘を止める訳にはいかないが、風で吹き飛びそうなのも困る。竿を持たない方の手で傘を押さえなP7251142がらの餌打ちが続く。それでもウキはまだ動いていて、馴染んで返してツン、のあたりで4匹目ゲット!ハリスが絡んでしまったので、さっさと交換。この調子なら第2目標も楽勝だね。しかぁ~し、しかぁ~し、ここから様相がガラリと変わる。ウキの動きが悪くなり(風で流されるのもあるが)、あたりの数も減る。が、その中でのバッチリのあたりが全てカラ。何故?どうして?何で?ホワイ?これが大楽地のカラツン地獄か。それにしてはあたりの数があまりにも少ないぞ。11時を過ぎP7251143ても状況に変わりなく、このままカラツン三昧で今日は終わるのかな。もちろんウキ下は何度となく微調整するが、そんな事では解消しない感じ。4匹目をゲットしてから1時間以上経って、やっと5匹目がかかった。打率1割(10打数1安打)と言ったところか。まだカラツンは続いているが、12時のサイレンがP7251144鳴っている最中にかかりました!6匹目ゲット。その後しばらくして餌が尽き、一旦終了。時刻は12時10分頃。実釣2時間半弱で6匹ならまあまあではないだろうか。天気の事もあるし、もう終わっても良いかな。荷物を覆っていたシートを畳んでいると、先客がやって来て、黒い雲は遠くにあってこちらには来ないからもう少しやるようにと言われ、そうですねと考えを翻す。先客に竿を訊くと、10尺のP7251145底だとの返事。それでもあんなに竿が曲がるのだから、私も9尺を出してやってみようかな、とスケベ根性が頭をもたげる。この池でのカラツン地獄とやらをたっぷり味わうのも良いかもね。と、その前に昼食。それから竿と仕掛けをチェンジ。餌は夏:冬:新ペレ:水を1:1:1:1.5。何故このような組み合わせかと言うと、新ペレの袋に書いてあったから。波で底が取り辛いが、意外と近くに立つので早く済んだ。再開は12時40分。先客の隣には1人入った。さて、新しい餌だが、手触りが最悪。新ペレのゴワゴワした感じがそのまま残っていて、まさにボソタッチ。これではへらも食わないだろう。手水と指先でのコネコネで柔らかくしながら餌打ちするが、一向にウキが動き出さない。堰堤左端付近では再び竿が曲がり始めていると言うのに、私のウキはピクリともしないまま時間が過ぎる。餌が失敗だったか、さっさと帰れば良かったか、とかのタラ・レバばかりがリフレインする。1時前に1回だけウキが消し込むような動きを見せたが、もちろんカラ。1時を過ぎても状況に変化ナシ。P72511461時半頃になってようやく小さなカラツン発生。やっとへらが寄ってきたのか。そしてムズッとウキが入るのに合わせれば、やったかかりましたよ!が、「たも」に入れようとしてガックリ。何とマブナライクではないか。サイズは35cm以上あるのに、痛恨の極み。カウントしたいが、ここは我慢だ。すると、再びウキの動P7251147きがなくなる。へら?は多分寄っていると思うが、逆ゴールデンタイムにでもなったのだろうか。もう1度カラツンを食った後、2時になろうとしたその時に今度こそバッチリのあたりでかかったでしょう!しかぁ~し、何と今度は本物のマ・ブ・ナ。もうガクガクッ。すると、その後はウキが全く動かず、2時45分に餌が尽きるまであたりを見る事はなかった。結果、2回目は実釣2時間強で凸(ライクとマブナ含まず)。総計では実釣4時間半で6匹。やっぱり最初の餌が尽きた時に帰れば良かったP7251148(本日2度目のタラ・レバでした)。ガックリして片付け。堰堤には更に2人が入っている。左端とその隣は竿が曲がっているようだが、後から入った2人は逆ゴールデンタイムの影響をモロに受けている様子だ。でも、3時を過ぎればきっと良い事がありますよ。片付けを終え、堰堤の皆さんに挨拶して車に戻る。今日は午前中が勝負だった。まさにバットさんやパラソルさんの仰るとおりだ。ただ、自虐的にカラツン地獄を味わいたかったのだが、あたりそのものが出なくてはカラツンにもなりようがない。そう言った意味での自虐的ならたっぷりいただきました。さて、おにぎりだけでは腹が減る。さっさと帰って何か食べよう。あっ、そうだ、ベイシアで「いろはす」風の水を買わなくては。トロトロと池を後にした。
 
P.S.ベイシアにあった「いろはす」風の水はなくなっていた。あれだけ入り口付近に山積みされていたのに、一体どうしたのだろう。
 
次回行く事があれば宙もやってみよう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

韓国ドラマばかり観ている

録画出来るテレビを買ったおかげで、韓国ドラマ漬けになっている。
まずはBS日テレで再放送中の「19の純情(19歳の純情)」。主役のク・へソンさんが可愛いのは当然だが、私のお勧めはユヌの前の恋人役のチュ・ソヨンさん。
時代劇では他に「龍の涙(BSフジ)」と「王と妃(BS日テレ)」。これは前にも書いたか。
また、私のお勧めイケメンであるイ・テゴンさん出演の「宝石ビビンバ(これもBS日テレ。コ・ナウンさんがお勧め)」、「神様、お願い(BS朝日)」、「黄金の魚(BS朝日)」も出来るだけ観るようにしている。万が一観逃がしても、連続ドラマ録画でOKだ。彼を最初に「冬鳥」で見た時には、随分ぶっきらぼうな感じだったが、実はそれが持ち味(今ではクールと言い換えている)だった。
BS日テレ始めほとんどのBSでは多くの韓国ドラマが放映されているが、おそらく自社製作よりコストがかからずそこそこの視聴率が見込めるからなのだろう。韓国ではドラマ作りが盛んなようで、様々なストーリー(中には素っ頓狂なのもあるが)で飽きさせない。実際日本のドラマ(特に民放)は最近ほとんど観なくなった。強いて挙げれば「相棒」くらいかな。大体オリジナルストーリーでなく漫画や何処からか借りてきて、たった10話程度で終わらせてしまうのでは、中味などありようがないだろう。
多分、元々面白くない(視聴率が稼げない)→長期間流せない→1クール(13週)でまとめる→内容が寸足らずで更に面白くない→13話から10話に縮小→更に更に面白くない→・・・の負のスパイラルだ。意を決して少なくとも半年程度は頑張るつもりがテレビ局にないと、日本のドラマ(特に民放PART2)はそのうち消え去ってしまいそうな気がする。
 
日本のドラマ、ファイティン!
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

またもスカを食らう@大楽地の池

P7221134増沢を出たのは1時10分過ぎ。浜北大橋を渡り、途中コンビニでおにぎりを買って池に到着は2時少し前。おっ、車が10台近く並んでいる。ん、yurieさんの車は・・・?とりあえず車を停め、階段を登って池を見渡す。へら師は堰堤に6人と岡ジャミ2人、ジャカゴに2人、奥の釣り台に1人。こちらも車関P7221135_2係の人が多いのか。じっと見つめるが、yurieさんらしき人はいない。もしかして今日の予定が変更になった?それとも場所が・・・?それにしても皆さん竿が曲がっている様子。好調なのは分かったが、yurieさんはいずこ。階段を下り、電話してみる。すると、ゲゲッyurieさんが出た!どうして大楽P7221136地にいないのかと訊くと、何と1時頃に終了して帰ったと言うではないか。ガクガクッ×ガクガクッ。私が釣りを終えたのが1時前。その時に電話しておけば、こんな擦れ違いはなかったのに。2日連続して無駄足を踏んだ。と言って、幾ら好調と言っても今更竿を出す気にもなれず(何となく後からでは入り辛い)、トボトボと家路に着いた。
 
まずは電話、だ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雰囲気は初秋の感じ@増沢池

今日はまず増沢で竿を出してから大楽地に行く予定。8時少し前に家を出るが、上空は曇り空。駐車場に着いたのは8時20分頃。うわっ、車がたくさん停まっている。急いで荷物を降ろして池に向かうと、あれれへら師は対面看板横に1人と深場ダム?そばにP7221114P72211152人。こちら側は浅場橋の下と深場日陰に1人だけ。まあいい、準備だ。いつもの場所に入る。台風の影響で泥水かと思ったら、意外に澄んでいる感じ。波もない。それにしても涼しいなぁ。長袖のシャツを着て来たが、それでもちょっと寒いくらい。さて、まだ多少濁りがあり、大分泥や砂が流れ込んだようなので、ここは11尺で行こう。もちろん底。餌はいつもの夏・冬・ペレ道。あとの事を考えて少なめに作る。底を取り、開始は8時40分。竿の長さが2尺伸びただけでも振った感じが全然違う。しばらく餌打ちすると、ウキがモヤモヤ。そしてチクッとウキが入るのに合わせれば、やった早くも1匹目か?しかぁ~し、バラシ。良く分からないが2回外れたような気がする。ひょっとしてダブルだったのかも。が、見るとハリスが絡んでいる。それにしても何でこんなに長いんだろう。とりあえず片方を切って交換。再開するが、どうもウキの馴染みがスッキリしないし、動きも良くない。そこで、下ハリスをカットして上ハリスにする。大体5cmくらい両ハリスを詰めた感じ。9時を過ぎ、1人やって来て柳の木の奥に入ったが、挨拶なし。こちらも挨拶するつP7221116もりはありません。さて、再開するとじきにあたりが出て1匹目ゲット!サイズはさておき、これで1週間ぶりにへらの顔を拝めたぞ。あとは台風の影響がどれだけあるか。すると、ウキは返してもなかなかあたりにならない。そしてあたったかと思えばカラ。何度となくウキ下を調整。そしてポP7221117P7221118P7221119P7221120P7221121ツポツと9時台には5匹を追加だ。やっと第2目標クリアといったところ。あたりが段々弱く小さくなってきた。そして遂にその正体が判明。もちろんブルーだ。あ~あ。それにしても、対面看板横は良く竿を曲げるなぁ。少なくとも私の2倍以上だ。あっ、少なめに作った餌がもうなくなってきた。2時間くらいは持つ筈なのに。P722112211時を過ぎて、何だかウキの動きが良くなってきたぞ。しかぁ~し、何故かあたりはカラばかり。何とか1匹を追加したところで餌が尽きた。終了は10時16分。最後の1投もカラだった(トホホ)。結果、底では実釣1時間半強で7匹。サイズもパッとしない。これが私の実力だろう。2桁はおこがましい。さあ、次は宙。竿を9尺に変更し、餌は底バラ:特S:ペレ道:水を2:1:1:1のバラケにトロロ。いつものように「たな」1本での再開は10時半。しばらく餌打ちすると、こちらもウキが動き出す。そしてズバッと言う消し込みが出るが、カラ。う~ん、難しい。少し分かったのは、へらが寄ってからはバラケは小さくして良い事。そしてやはりしっかりと馴染ませる事。が、この釣りのあたりだけはなかなか分かり難い。大きなあたりばかりに目が行くが、今日はカラまたは擦れバラシ。全く食って来ない。従って、どうしP7221123ても小さなあたりを取る事になるが、チクッというのではなく、モヤッ(雑誌ではフニャッ?)というのに合わせるとかかった。これで本当に良いのかなぁ。12時のサイレンが鳴るまでに1匹。サイズは底と変わらない。6月頃にいたビッグサイズは何処に行ったのだろう。12時を過ぎても大きなあたりはダメ。これで良いのかと思うようなウキの動きに合わせてポツポツと3匹をゲッP7221124P7221125P7221126トだ。が、バッチリと思ったフニャあたりでまさかのハリス切れ。急いで交換。すると、12時半を過ぎて何故か3連荘!この中にはズバッも含まれた。サイズはさておき、第2P7221127P7221128P7221129目標もクリアしてまずは満足。しかぁ~し、続いての餌打ちでは、ウキが立つや否やズP7221130バッと消し込み、これに合わせられずにハリス切れ。おいおい、せっかく調子が上がってきたのに。その後1時までにもう1匹。まだバラケが相当残っているが、どうやらそろそろ経時変化して来た感じ。トロロの付きも悪くなってきた。ただ、第3目標が目の前、何とかクリアしたい。12時をP7221131過ぎてから1匹を追加し、いよいよリーチ。しかぁ~し、最早私にツキはない。大きなあたりも小さなあたりもかかりません。こうなると早く餌を打ち切る事だけしか考えられない。そして遂にバラケが尽きた。最後の1投もかすりもしない。が、ここでちょっとだけ「トロロオンリー」でやってみる。まだへらが残っていれば、ひょっとして食うかもね。すると、フカフカと動いていたウキがP7221132ズバッと入り、これに合わせればやった「上がりべら」だ?とりあえず第3目標をクリアして終われたので良かった良かった。時刻は12時48分。結果、トロ掛けでは実釣2時間20分弱で10匹。底と併せて実釣約4時間で17匹。上出来ではないか。片付け。湖面は依然として穏やか。多少P7221133気温が上がったのか、長袖がちょっとしんどい。へら師は対面坂の下に1人、看板横に3人、深場流れ込みに1人、それにダム?そばに3人と計8人。こちら側は橋の下と柳の木の奥に加え、深場に8人くらいが見える。平日に20人近くが竿を出すのは珍しいのではないか(ひょっとして車メーカーの輪番と関係ある?)。片付けを終え、気持ちは早大楽地。さっさと車に荷物を積み、ゴー!   -続く-
 
先に電話しておけば・・・
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

無駄足だったか

今日は大楽地の池でyurieさんとパラソルさんの対決があると言う事で、午後から通院の私はとりあえず午前中だけでも観戦に行こうかと9時前に家を出る。
いやぁ、やっぱり大楽地は遠い。おおよそ40分かけて池に到着。ありっ、車は2台停まっているが、パラソルさんの車は分からないがyurieさんの車はない。とりあえず坂を登って池まで行くが、竿を出している2人のへら師に会話はなく、また底釣りでもないようだ。
P1000157P1000158拍子抜けしたが、それでも一応yurieさんに電話をかけてみる。が、出ない。おっかしいなぁ。
ブツブツ言いながら家路に着くが、途中思い立って西ノ谷へ。平日でも何故か混んでいるようだが、ここにもyurieさんの車はない。更に東ノ谷と奥池まで行ってみるが、お二人はいなかった。
P1000159P1000160それならついでに、と増沢にも寄ってみるが、ここにもyurieさんの車はない。ひょっとして今日ではなかったのか?それとも何処かの修行池に場所が変更になったのか。
寂しく帰宅。電話が通じなかったので、メールでも打っておくか。まあ、今日はちょっとした池巡りをしたと思えばいい。

P.S.今yurieさんから電話があって、今日はお仕事。対決は明日だとの事。私の勝手な思い違い&勇み足だったようだ。そうか、明日なら私も大楽地に行けるかもね。いやいや、お二人の対決の邪魔をするのは・・・
 
台風の余波で何処も水は泥色
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

明るくなってきた

今朝はまだ強い雨が降っていたのに、予報とは裏腹に明るくなってきた。既に暴風雨圏内から外れたと言う事か。それとも、これから山場が来ると言うのだろうか。もうしばらく様子を見るしかない。
 
道路も乾いてきている
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

なでしこ凱旋の後を追うように台風が

と言っても、台風は既に何日か前からいたんだけどね。
それにしても、まだ四国辺りにいるのにも拘らず、こちらはかなり強い雨が降り始めた。風も出ている。
この台風、大型のうえに自転車並みのスピードだと言うから、各地に大きな被害をもたらしそうだ。
静岡県には明日夜から明後日未明にかけて再接近するらしいが、それまでにも強い雨は降り続いているだろうから、一体どれだけの雨量になるのだろう。高台に住んでいても気になるところ(風はもっと気になるが)。
 
「備えあれば憂いなし」が重要
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン、やった!

P7181100P7181102P7181111P7181113やったなでしこ!最初に1点取られた時には、あ~あ、これで終わったと思ってしまった(本当にゴメンナサイ)が、きっちり追いついて延長へ。そして再びリードを奪われた時にも、これでどうやら終わりかと思ってしまった私、本当に×本当にゴメンナサイ。ギリギリで追いついてPK戦へ。そして歓喜の優勝だ。今までに1勝もした事がないアメリカを撃破。まさにアンビリーバボー!!もう何も言う事はありません。凱旋帰国を待とう。
 
日本中が喜んでいる
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

新しい店( tio akira )

P7161095P7161096_2 家の近くにスペイン料理の店が開店した。そこはずっと和食の店が出来てはつぶれていた場所なので、スペイン料理店には是非頑張って残ってもらいたい。近いうちに寄ってみようかな。
 家の近くにはもう1軒、イタリア料理のトラットリア・ジージョがあるが、最近は何故か昼のみの営業となっている。
 
どちらも敷居が高そう?
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いのにかなりの賑わい@増沢池 with masaさん、Y川さん and HRさん

今朝は外の様子がどんよりしていたので、釣行はどうしようかと迷ったものの、結局は増沢へゴー!バットさんからは大楽地にお誘いがあったが、やはり距離があるので早く帰れる増沢にした。駐車場には今日もWINDOMの姿がない。とりあえず荷物を降ろしP7161064P7161065P7161063て池に向かうと、対面には誰一人入っていない。こちら側には柳の木の奥に多摩ナンバーの人(大楽地の池を教えた人)が。挨拶しながら今日の様子を訊こうとしたら、まだ底で始めたばかりとの事。ウキの周りには泡付け。あとは深場日陰に何人かいるようだ。私はいつもの場所に入る事にする。うわぁ、暑い!早く傘をセットしないと。汗がポタポタ。さて、今日も竿は9尺で底から。餌もいつもと同じ夏・冬・ペレ道。今日は前回の轍を踏まないようにしたいが、果たしてどうか。ちょうど波が出始めたが、何とか底を取って開始は8時50分。やはり渋いのか出だしは静かなもP7161066の。それでも数投でウキに動きが。そして9時を過ぎ、モヤッとウキが入るのに合わせれば、やった早くも1匹目。が、何故かハリスが絡んでいる。急いで交換するが、下ハリスが切れたのを上ハリスと勘違いしたため、ウキの馴染みがかなり違ってしまった。そこで、底を取り直すよりウキP7161067下をチョチョイのチョイといじって済ませる(いつもながらダメダメだ)。すると、それまでのウキの動きが一変。糸ずれのような消し込みやらウキの返しもおかしくなる。何とか1匹は出たが、その後なかなかかからなくなって、4匹目をゲットした際に何と道糸とハリスが絡んでしまうアクシデント。P7161068P7161069おまけに道糸には玉こぶも出来る始末。これはもうどうしようもない。泣く泣くハリスをカット。更に、玉こぶが出来たままではいつ切れるか分からない道糸を放置するわけにはいかないので、元々道糸が竿に比べてやや長く、またこぶの位置がオモリに近かったのをこれ幸いとこぶをカットし、道糸を詰める現場施工。しかぁ~し、道糸がよれよれになっているのでなかなかサルカンに結べず(よれた部分は後でカットした)、オモリを巻き終えるまでに20分以上かかってしまった。ハリス長もついP7161070でに直す。急いで底を取り再開。すると、すぐにあたりが出てやった第2目標クリアだ。ただし時刻は9時58分と、開始から1時間以上経っている。この調子では前回の8匹を超えられるかどうか。しかぁ~し、10時頃から地合なのかウキの動きが良くなる。柳の木の奥も竿が頻繁に曲がP7161071P7161072P7161073P7161074P7161075っている様子。私もポツポツと数を増やし、何とか第3目標まで達する事が出来た。が、10時半頃に2人やって来て、黙って旧爆釣ポイント付近にP7161083_2並んで入った。右側は私にかなり近い。しかも先客である私と柳の木の奥を無視するかのように大きな声で話しているではないか。これには驚き。せめて一言あっても良いと思うよ。これで調子を乱されながらも、何故かウキの動きは悪化せず、擦れバラシ頻発に悩みながらも10時台にはもう2匹をゲット。当然柳の木P7161076P7161077の奥は爆釣だ?11時頃になって、masaさんとHRさんがやって来た。お二人とは随分久し振りのような気がする。masaさんは塩ビ管手前に、HRさんはかつてのOT氏のいつもの場所に入った。masaさんの奥には10人くらいP7161081P7161084がズラッと並んでいて、まるで例会のよう。さて、11時を過ぎてもウキの動きは止まず、餌が尽きた11時10分頃までに3匹を追加だ。最初の頃には思いも寄らなかった好成績か?結果、底でP7161078P7161079P7161080はトラブルに遭いながらも実釣2時間(トラブル含まず)で、前回の倍。前々回までにはちょっと足りないが、トラブルがあった事を思えばまあまあと言える(でも、釣っている最中はイライラのし通しだった)。さあ、一旦休憩して塩ビ管まで行こう。途中、柳の木の奥の人に様子を訊いてみると。底ではかなり寄って好結果だったらしいが、トロ掛けに変えた途端にウキの動きが悪化。ゲゲッ、私もこれからトロ掛けをやろうとしているのに、これは困った。塩ビ管付近まで行くと、masaさんはまだ準備途中。両ダンゴの宙で始めるようだ。さて、釣り座に戻ってトロ掛けの準備だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。バラケは底バラ:天々:ペレ道:マッハ:水を2:1:1:1:1。ボソボソといい感じ。いつものように「たな」1本で再開は11時35分。すると、じきにウキが動き出す。そしてあたりらしき動きも。が、かからない。隣の2人も始めているようだが、さっぱりの様子。私はとにかP7161085く合わせまくるが、どうにもかからないまま12時に近くなる。すると、ズバッというあたりで1匹目!やれやれ。12時のサイレンを聞いてから多少ウキの動きが良くなったようだ。どうやらへらは溜まって来たようだが、ウキをしっかり馴染ませた時に出るあたりがかかる気がする。その後3匹P7161086P7161087P7161088を追加し、第2目標も楽勝かなと思ったら、何とそこからズバッズバッというあたりでバラシの連荘。へらの姿を見てから外れると、ショックも一入(ひとしお)。続いてはカラ。あたりが出ている時に釣れないとは、厳しい~っ!奥のワンドからY川さんがやって来た。深P7161089場でも底は放流でガッカリとの事。HRさんとは知り合いのようで、しばらく話をしてからmasaさんに挨拶に行った。さて、1時前になってやっと1匹。とにかく第2目標クリアだ。1時を過ぎ、バラケもトロロも経時変化。バラケは粘り、トロロは性がなくなる。本来ならバラケもトロロも作り直すのだろうが、もう少しで餌が終わるのでそのまま(これはダメダメ!)。それでもウキは動いてP7161090P7161091P7161092P7161093いるので、トロロさえ付いていれば何とかなりそうな気がする。そこで懸命にトロロを付けて餌打ちすれば、最後の1投も含めて終了の1時36分までに4匹をゲット。結果、トロ掛けでは実釣2時間で9匹。底と併せれば実釣4時間(トラブル含まず)で24匹と、私にしてはなかなかの数字ではないの。さて、続行と言う選択肢もあるが、今日は本当に疲れたので終わろう。片付けのP7161094前にmasaさんの様子を見に行くと、両ダンゴの宙ではカラツンがひどく、かかったと思えば擦れだと言いながらも、私が見ている前でグッドサイズをゲット。masaさんの釣れない=私の釣れる なのかもしれないなぁ。ガックリして釣り座に戻る途中に、柳の木の奥の先客に様子を聞くと、最初の底ではへらが寄ったようで良く釣れたが、トロ掛けにしたらウキが動かなくなったので、底に戻したところ。お先にと言って釣り座に戻り、片付け。と、HRさんから「お」でやっているが、消し込みのカラツンにうんざりしているとの話が。残念ながら私に出来るアドバイスはありません。片付けを終えHRさんに挨拶すると、何と今日は終わりだと言うではないか。そういえばHRさんは見切りが早かった。凄いなぁ。息を切らせて駐車場に戻る。ん、masaさんの車の窓が開けっ放しになっているぞ。慌てて電話するが、何故か女性の声が聞こえたので、おそらく電話番号が間違っているのだろう。メールで連絡してから池を後にした。今日は暑くて参ったが、へらには遊んでもらってありがとうと言いたい。明日はどうしようかな。
 
これからは早朝から10時頃までにしたほうが体のためかも
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

いつもの状態に逆戻り@増沢池

今日も暑いがゴー!駐車場着は8時過ぎ。WINDOMは停まっていない。荷物を降ろして池に向かうと、旧爆釣ポイントに先客。まずは挨拶。へら師は他に対面ダム?そばとこちら側深場日陰に何人か。私はいつもの場所に入る。既にカンカン照りで傘なしにはP1000131P1000132いられない。それに時間帯があるのか波。ただ風もあるので、これは文句言えないなぁ。さて、今日も竿は9尺。まずは底から行くとするか。餌はいつもの夏・冬・マッハ。私の準備中に先客が2回竿を曲げた。サイズははっきりしないが、今日も高活性か?あっ、カメラを忘れて来た!仕方ない、今日は携帯で撮ろう。さて、底も取れ開始はジャスト8時半。しかぁ~し、最近はじきにウキが動き出すのだが、今日はしばらく餌打ちが続く。それでも10投くらいで小さく返すようになった。が、あたりにならない。先客も私P1000133が始める頃から合わせる事が少なくなった。それでも小さくチクッと入るあたりが出て1匹目ゲットだ。サイズもまあまあだし、やれやれと言ったところ。でも8時台はこれで終わり。ウキの動きが悪いので、ウキ下を何度となく調整。すると、9時を過ぎてポツポツとあたるようになり、開始1時間となる9時半までに第2目標をクリア。いつもなら2桁だが、今日はウキが動かない。月P1000134P1000135P1000136P1000137曜からの間に何かがあったのか?それでもまだ時間5匹はクリアしているから、この調子で餌が終わるまでに第3目標はクリアしないと。が、ウキの動きは一向に良くならない。P1000138更に、バッチリのあたりだと思って合わせれば、上がって来たのはカニ。久し振りに見たなぁ、なんて暢気な事は言っていられない。一説に寄ると、カニが出てくるとへらがいなくなるようだ。これは困った。すると、何と言う事でしょう、9時台にはもう1匹追加し、更に10時を過ぎて連荘で2匹をゲットしたものの、そこP1000139P1000140P1000141でジ・エンド。何とそれからウキの動きがバッタリ。たまに出るのは糸ずれ。先客も私同様さっぱりになった模様。開始2時間となる10時半を過ぎ、餌も残り少なくなった頃にようやくウキの動きが復活。しかぁ~し、何故かカラツンばかり。そしてそのまま餌が尽きて10時50分に無念の納竿だ。最近の半分以下、しかも第3目標にも達しない体たらくとはガックリ。結果、底では実釣2時間20分で8匹。何かもう止めたくなったなぁ。でも、良く良く考えてみたら、これが普通の私だった。時間10匹など考えられない数字だったのに、それがちょっと続くと当たり前だと勘違いしてしまう図々しさ。もっと謙虚でなくっちゃね。さあ、次はどうしようかな。yurieさんの言う「底で通す」のも一理あるが、やはり結果が欲しくて宙を選択(これが大きな過ちだった事にはまだ気付いていない)。対面には看板横、深場流れ込みにも入った。こちら深場日陰は多分常連さん達だろう、大きな声で楽しそうだが、あまりに釣れない私にはイライラの元。さて、宙は竿はそのまま。仕掛けがトロ掛けになっているので、トロ掛けで行こう。バラケは底バラ:天々:GTS:ペレ道:水を2:1:1:1:1。いつものように「たな」1本での再開は11時。すると、波がかなり出ているにも拘らず、ウキはじきに動き出した。が、最初はグッと消し込むようなあたP1000142りが出ていたが、これは全てカラ。そしてそのうちあたりが遠くなる。出ても小さい。11時半を過ぎてやっと1匹目。やれやれ。が、その後もなかなかかからない。12時のサイレンが鳴るまでに2匹を追加したのみ。こりゃぁ宙は間違いだったか(底の方が良かったという根拠もないが)。対面ダP1000143P1000144ム?そばは帰り、こちら側柳の木の奥にいつの間にか1人入った。さて、12時を過ぎてもウキの動きは良くならず、とにかくウキが入ったら合わP1000145P1000146せるように心がけると、何とかポツポツと2匹をゲットし、やっとの思いで第2目標クリア。底と併せれば2桁にもなったし、やれやれ。先客は相変わらずパッとしない(私と同じ)。が、柳の木の奥の人は底なのか宙なのか結構竿を曲げている。ん、何だか誰かに似ている気がするゾ。チラチラ見ていると何度となく目が合ったが、ひょっとしてバットさん?短髪といい黒っぽいメガネといい、雰囲気はそっくり。でも目が合えば挨拶くらいするだろう(私の方は今ひとつ自信がないが)。気になって仕方ないが声もかけ辛いので、とりあえず本人にメールしてみよう。すると、バットさんの双子の兄と判明、最近へらぶな釣りを始めたばかりらしい、な~んて事はありません。単なる人違いでした(それにしても雰囲気が似ているなぁ)。さて、バットさんとメールのやりP1000147取りをしている間に、今日一番のサイズをゲット。計測してみれば36cm。写真ではちょっと分かり辛いが、ホントです。しかぁ~し、この時何故か口にかかった下鈎ではなく上ハリスが切れている。おかしいなぁ。急いで交換するが、段差の調整に失敗。少し長めになってしまった。すると、間が空いた事もあるのか、いきなりウキの動きが悪くなる。そして鱗とバラシ。慌てて段差を縮めると、今度はカラに変身だ。う~ん、どうしよう。バラケも経時変化で粘っているし、もう駄目なのかも。その後はウキの弱い動きに翻弄されて全くかからず、1時10分に終了。結果、実釣2時間10分で6匹。もうトホホトホホだ。今日は昼食も買って来なかったし、もう終わろうかな。いや、ここは再びトロ掛けで行ってみよう。今度のバラケは底バラ:GTS:ペレ道:水を2:1:1:1。トロロも本当は作り直した方が良いのだろうが、残ったものをそのまま使用。再開は1時20分。さっきより麩の量が少ないので、バラケの出来上がりがフカフカしている感じ。これで持つのかなぁと思いながら打ってみると、ウキは馴染むのでまずP1000148は安心。そしてチクッとウキが入るのに合わせれば、やった1匹目!幸先良いぞ。これまでの合計も15匹になった。よ~し、今日は合計で20匹になるまで頑張ってみようかな。しかぁ~し、そこから30分間全くかからず。今日は大きなあたり(消し込み等)はカラが多く、モヤッとかチクッとかのあたりを積極的に取らないと厳しかった。底での低活性?は宙でも表れていた(そP1000149れにしては、柳の木の奥は竿が曲がっていたなぁ)。先客も時折竿を曲げる程度で、柳の木の奥が気になる様子。私は2時までにもう1匹ゲットしただけ。これではさっき決めた目標は無理でしょう。ゴールデンタイムもなさそうだし。それでも2時を過ぎるとウキの動きが良くなって、ポツリポツP1000150P1000151P1000152P1000153P1000154リとだがかかるようになった。そして2時台には何と5匹をゲット。トロ掛け後半で第2目標をクリアしただけでなく、目標のトータル20匹をも達成だ。が、3時近くになるとバラケの経時変化が明確になり、ウキの動きも弱くなった。でも既に目標を達成しているので、後は餌を打ち切るだけ。3時になり、旧爆釣ポイントの先P1000155客は何も言わずに帰った。そしてバラケが尽きたのは3時20分より少し前。結果、実釣2時間で7匹。トロ掛けだけでは実釣4時間10分で13匹。総計では実釣6時間半で21匹。やはり底での不振が響いたか(いや、これが普通なんだよ)。片付け。柳の木の奥も終わったようだ。対面では看板横が終わり、坂の下と浅場ワンドに入っている。片付けを終え、駐車場に戻る。今日はそれほど暑さを感じなかったが、へらの方は厳しい暑さに耐えかねて低活性になっていたのでは、と思われる(何度も言うが、柳の木の奥はそれでも竿を曲げていたよ)。腹が減っているが、もうじき4時。ここは夕食まで我慢しよう。ちょっとフラフラしながら家路に着いた。
 
状況の変化が分かるには時間がかかる
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なでしこジャパン、決勝進出!

 今日は5時頃目が覚めたのだが、何も気付かずテレビを点けてボンヤリしていたのだが、チャンネルを切り替えていたら、何と今朝はなでしこジャパンの準決勝の日だった。全く頭から消えていたのにビックリ!
 更にめざましでハイライトシーンを流しているのを観て再度ビックリ。何と3対1で勝利し、決勝に進出だ。相手は未だ勝った事がないアメリカ。でも、あのドイツにも完全アウェイの状態で勝利したなでしこ、きっと何かやってくれると思う。
 早速バットさんのブログを見に行くと、今朝は早起きしたようで、既に結果がアップされていた。一で二三さんのブログにも載っていたから、皆さん早起きして快挙に立ち会っていたんだなぁ。私も決勝は何としても寝ずに観るぞ!
 
素晴らしいの一語
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

アクセスの大半

このところずっと「明日に向かってハイキック」に関するアクセスが続いている。そして今日、BS11で再放送されていた同番組が終わった。以前にも書いた納得出来ない終わり方は、今日観ても同じ気分になった。今更どうしてと書く気はないが、どうせならスッキリ観終えたかった。
 
何処かで再放送されればまた観てしまうかも
   ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

底はそこそこだが宙は・・・@増沢池

最近は連荘がきつくなっている。先週末から1日間を置いて、今日は何とか出掛ける事が出来た。ただし8時過ぎ。駐車場に着いたのは8時半を過ぎている。WINDOMは停まっていないが、休みなのか帰ったのかは不明。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、へら師は対面深場流れ込みに1人と、こちら深場日陰に1人。私はいつもの場所にP7111023P7111024入る。既に日が当たっているので、傘は必須。汗が滲み出て来る。さて、前回の好結果に気を良くして、今日も9尺底から入る。餌も前回と同じ夏・冬・ペレ道。汗を拭き拭き底を取り、開始は9時5分。さあ、爆釣と行こう。しかぁ~し、ウキがなかなか動き出さない。ちょっと焦る。前回は2投目からあたったのに、今日はやけに静かだ。10投くらいして、やっとウキが戻すようになった。が、その後のあたりらしきウキの動きは全てカラ。こP7111025P7111026りゃあ今日の目標は下方修正が必要だ。困ったなぁ。それでも開始30分しないうちに1匹目。そして連荘で2匹目。あれれ、下方修正は一旦止めて推移を見守ろうかな。すると、風・波は出て来たものの9時半を過ぎてから急にウP7111027P7111028P7111029P7111030P7111031P7111032P7111033キの動きが良くなり、しかもカラを含みながらもかかる、かかる。ダブルもあって10時前に第3目標をクリアだ。これは素晴らしい。この調子なら、前回以上は間違いない。しかぁ~し、私の釣りで好調が長続きする筈がない。9時台にもう1匹追加して、更にはダブルと一時は本当に爆釣P7111034P7111035P7111036を夢見たのだが、14匹目の後に遂に擦れが発生。しかもこれがそれまでで一番のサイズ(トホホ)。そのうえハリスがグチャグチャになって両方を交換する羽目に。その際に底を取り直さず、適当にウキ下を調整して済ませたものだから、当然ながらウキの動きが悪くなる。10時頃に傘をかぶった人がやって来て塩ビ管手前に入ったが、その人がこちらまでやって来て、私に声をかけてきた。あっ、先日大楽地の池への道順を訊いて来た人だ。場所が分かりました、竿は出しませんでしたがそこにいた人達の竿は良く曲がっP7111038ていましたとの事。それだけ言って釣り座に戻った。さて、ウキ下をモゾモゾ調整しているうちにあたり!やった15匹目ゲットだ。しかぁ~し、今度は鈎が抜けた。ハリスの先が巻いたままのクルクルになっている。もうトホホ。さっさと交換して再開すると、MAX時まではいかないものの、まだウキは動いていて釣れる。ちょうど11時までに5匹を追加して、実釣2時間以内に20匹P7111039P7111040P7111041P7111042P7111043を達成だ。後はどれだけ数を伸ばせるか。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなって、次のあたりではまたも擦れ。結局餌が尽きた11時18分P7111045までに1匹を追加するに留まった。結果、底では実釣2時間10分強で21匹。ほぼ前回並みの好結果となった。さあ、次は宙。最初は前回と同じく竿を7尺にしようかと思ったが、今日は9尺で続行だ。と、その前に軽く昼食(おにぎりを1個)。それから餌を作る。もちろんダンゴだ。特S:GTS:ペレ道:水を2:2:1:1。そしてトロ掛け用になっているハリスを両ダンゴ用に変更。ついでにオモリがずれないよう、トンボ用の糸を道糸に巻いてストッパーにしておこう。しかぁ~し、これが余計だった。何と誤って道糸を切るアクシデント発生!一気に血圧が上がる。一旦は7尺に変えようかと思ったが、ここは現場施工で行こう。が、ショックが尾を引いてうまく行かず、「たな」1本での再開は12時のサイレンが鳴る少し前。随分時間をロスしてしまった。さあどんどん餌打ちしよう。しかぁ~し、両ダンゴは私にとって鬼門なのか、ウキが動き出さない。約30分餌打ちして、ようやくウキがモヤモP7111046P7111047ヤ。そしてズバッというあたりでやったかかりましたよ!が、サイズが小。しばらくして2匹目をゲットするが、これもサイズ小。これでは宙の意味がない。すると、その後もウキの動きは良くならず、ズバッというあたりもあまり出ないし、出てもカラが続く。開始1時間が近づいて、ようやくウキの動きに合うようになったとP7111049P7111050思ったら、今度は擦れ(トホホ×トホホ)。それでも1時までに2匹を追加し、何とか前回並みの5匹を確保したい。しかぁ~し、餌の経時変化もP7111051あってウキの動きが悪くなる一方。結局終了の1時40分頃までにたった1匹しか追加出来ず、こちらも前回並みのトホホな数値となった。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間40分で5匹。さあ、気分を変えて今度はセットで行こう。でもトロ掛けはしない。上ハリスだけを切って短くし、今日は感嘆を食わせのセットでやってみる。理由はありません。バラケは底バラ:GTS:ペレ道:水を2:1:1:1。同じ「たな」での再開は1時50分。旧爆釣ポイントに1人入ったが、この人とは一言も話さなかった。対面階段下は帰り、ダム?そばに1人入っている。こちら側深場からは常連さんの声が聞こえてくる。さて、古~い感嘆を使ったせいか、ちょっと腰がない感じ。でもそのまま使用。すると、数投でウキに動きが。そして毎回のようにP7111052あたり出す。もちろん消し込みも出るが、どんなに合わせてもカラばかり。これは熱いぜ。2時過ぎに1匹出るが、たまたまでしかない。先日出掛けた野口池では10打数1安打でOKという話だったが、今日の増沢はそんなものではなかった(もちろん私だけでしょうが)。2時半までにもう1匹P7111053ゲットするが、あまりにかからないので「お」にもご登場願ったが、残念効果はなかったので元に戻す。その後もほぼ毎回のようにあたるがかからず、次第に熱も下がってきて、今度はやる気がなくなってくる。約30分カラツンの嵐に翻弄され、3時前にようやく1匹。偶然かかったとしか思P7111054えない。次第に頭がぼんやりしてくる中、そうだ最後には30まで到達しよう。あと1匹だ。とりあえずそこまでやれば、今日は頑張ったねと自分を褒めて(誤魔化して)やれる。そうだ、3時頃からはゴールデンタイムの筈。あと1匹くらいは楽勝でしょう。すると、3時を過ぎて1匹。やったあ、P7111055トータル30匹達成だ!さあ、あとはバラケが尽きるまで合わせて合わせて合わせるゾ~ッ。しかぁ~し、ゴールデンタイムなど単なる幻。その後も毎回のようにカラツンで30分が経過。最早打つ手なし。野口池もビックリの20打数1安打ならOKか?3時半を過ぎると、またも偶然のようにかP7111056P7111057P7111058かる。何でもいい、これでトータル31匹だ。すると、急にあたりに合うようになる。もちろん擦れと思われるバラシも頻発するが、今からが本当のゴールデンタイムなのか?しかぁ~し、4時前にまたも擦れ発生。これでリズムが一旦壊れたが、4時を過ぎて最後P7111060P7111061の追い込みとばかり2匹をゲット!残念最後の1投はカラだったが、4時10分に終了。セットの最初の頃からは想像も出来ない数となった。結果、セットでは実釣2時間20分で9匹。宙だけでは実釣4時間で14匹。底と併せてP7111062実釣6時間10分で35匹。底で稼いでいなかったら、何とショボイ結果になっていただろう。片付け。大分日差しは弱くなったがそれでも汗が滲む。片付けを終えようとしたところに、塩ビ管手前に入っていた人も終わってやって来た。2人で駐車場に戻る。車のナンバーが多摩だったので、遠くから来たのかと訊くと、東京と浜松を1ヶ月交代で勤務している(どんな仕事かは訊けなかった)との事。東京にいる時には私のブログで増沢の状況を確認していると言うので、こりゃぁいい加減な事は書けないぞ。また次回宜しくと言って別れ、私は水筒に残ったスポーツドリンクをがぶ飲みしながら家路に着いた。
 
底は数出てもサイズ小。宙は好型の筈だったが、どうやらそれも変わってきたか
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

あげ潮ってそんなに人気なの?

Ageshioまるたやの「あげ潮」という菓子が、テレビ(シルシルミシルさんデー)で紹介されたのをきっかけに大人気になっているらしい。まるたやのHPによると、現在インターネット販売分の確保が難しいと書いてある。ホンマかいな。
昔から我が家では良く買っていたが、妹の嫁ぎ先ではあまり好評ではなかった気がする。先日も法事で妹夫婦が来浜した際にお土産に持っていってもらったが、妹以外は食べてくれたかどうか。見た目に少し難があるのかも(あくまで個人の印象です)。でも味は美味しいよ。間違いない。
 
先日店で買ったが、特に混んでいる様子もなかった
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

ウキは動いても尻すぼみか & ザわさんに遭遇@増沢池 with Oさん

今日は好天、釣り日和。行かない訳にはいかないでしょう。と言っても、いつもの如くモタモタしていて出発は8時頃。駐車場には既に多くの車。へら師ばかりだろうか。急いで荷物を降ろし池に向かうと、WINDOMの人は最近のいつもの場所(かつてのOT氏のいつもの場所から草むら一つ隔てた浅場側)。柳の木の奥、更には塩ビ管付近にも先P7090982P7090983客。私はいつもの場所に荷物を降ろし、まずはWINDOMの人に挨拶。今日は6時頃から始め、爆釣ほどではないがウキが動く。15、6匹は釣れた。見るとウキの周りには泡付け。こりゃぁいい、早速準備しよう。爆釣の予感なので、竿は9尺で底から。あっ、塩ビ管方面からOさんがやって来た。今日は6時半頃から12尺(当然両ダンゴの底)で始めて19匹。放流主体だが、25cmくらいも混じる。今の餌が終わったら、次は宙をやってみるそうだ。やはり爆釣かな。Oさんは釣り座に戻り、私は汗を拭き拭き準備を続ける。餌はいつもの夏・冬・ペレ道。底を取っている最中に風・波。いやぁ、涼しいなぁ。そう言えば今日は虫がいない。とりあえず蚊取り線香だけ焚いておこう。さて、底も取れ、開始P7090984は8時35分。すると第2投からあたり、そしてかかりました!これは素晴らしい。サイズもまあまあだし、やはり今日は爆釣なのかも。しかぁ~し、ウキは動いてもなかなかあたらず(本人の感想)、あたったと合わせてもカラばかり(と思った)。8時台にはもう1匹ゲットするが、何故か「たも」のP7090985中でハリス切れ(今日もか)。ところが9時を過ぎるとポツポツとあたりに合うようになり、カラはあっても擦れ、バラシはない。爆釣という感じはしないものの、第3目標をクリアしたのは9時40分頃。サイズは放流主体でOさんと同じ。あっ、いつの間にかWINDOMの人が帰っている。全く気P7090986P7090987P7090988P7090989P7090990P7090991P7090992P7090993付かなかった。もし帰り際に声をかけてくれたのなら、結果的に無視した事になって申し訳ありませんでした(そんなに集中していたか)。さて、その後もあたりに合って9時台にはもう3匹を追加。この調子なら20まで数を伸ばせるかP7090994P7090995P7090996もね。何しろかかれば食っている。こんな事は滅多にありません。が、しかぁ~し、次第P7090997P7090998P7090999P7091000にウキの動きが悪くなる。私に特有の「間」。そして17匹目を釣った後、遂に今日初めてのバラシ、そして鱗。20に近づいた事がプレッシャーになっているのだろう。つくづくプレッシャーに弱い私です。が、よくよく考えたら、次第にウキを見る時間が長くなっているではないか。そこで開始直後のようにビシビシと餌打ちをするようにしたら、ウキの動きが回復。そして最後の1投P7091001P7091002P7091003で嬉しや20匹目ゲットだぁ!時刻は10時53分。結果。底では実釣2時間20分で20匹。時間10匹には至らなかったが、私にすれば好結果ではないか。さあ次は宙だが、P7091004_2その前にOさんの様子を見に行く。柳の木の奥はとっくに帰っている。さて、Oさんは宙でも両ダンゴだが、それまでに4匹をゲット。サイズも底よりアップしているし、見ればウキは良く動いている。ん、奥の日陰は4人に増えているぞ。その中で一番手前の人が竿を曲げている。宙でも爆釣かな。急いで釣り座に戻り、竿は7尺に変更だ。餌は特S・天々・マッハ。「たな」1本で再開は11時11分。しっかりとウキを馴染ませるよう、餌付けはきつく。更に手水で少しずつ柔らかくしていく。すると、数投でウキに動きが。そして消し込みが出るがかからない。そP7091005P7091006れを何度となく繰り返しているうちに、やったかかりました!でも、これで良いのかなぁ(これで良いのだ!)。更に合わせ続けて12時のサイレンが鳴るまでにもう1匹。ん、ゲゲッ餌が落ちる付近にへらが口をパクパクやっているのが見える。こんなに近く(7尺)でもかなり寄るんだ。すると、そんなへらのせいでウキの動きがグチャグチャに。それを解消すべくハリスを詰めるが、肝心の餌が粘ってしまってカラツンが多発。そのうちウキの動きが少なくなる。そこで今度はウキ下を調整するが、私にはそれ以上の対策がない。結局餌が尽きた12時40分頃までに何とか3匹をゲットするP7091007P7091008P7091009が、改めて両ダンゴの難しさを痛感した(元々餌がダメダメでしょう)。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間半でたった5匹。再びOさんのところに様子を見に行くと、相変わらずウキは動いていて、あたりらしき動きも出る。宙が苦手な自分にしては、今日は良く釣れている方だと言っていた。私は釣り座に戻り、さあ今度はトロ掛けだ。竿と仕掛けはそのままに、ハリスを切って10cmと15cmくらいにする。バラケは底バラ:天々:ペレ道:P7091010水を2:1:1:1。「たな」を1本に戻しての再開は12時50分。すると、まだへらが残っていたのか、じきにウキに動きが。そして1時を過ぎた頃にズバッというあたりで早くも1匹目!色といいサイズといい、こりゃぁいい。このまま行こう。すると、その後もウキは良い動きを見せ、ポツポツと地P7091011P7091012P7091013べら風の3匹を追加。このまま行けば、トータルで40匹も夢ではなさそう。と、そんなところへザわさんがご登場だ。「自虐的へらの会」メンバーがずらっと並んだあの日以来2ヶ月間竿を出していないとの事。今日は「いだいら」という土地で醤油を買ってきたところ。話に夢中になっているうちにウキの動きがおかしくなる。それでもザわさんが岡ジャP7091014P7091015P7091016ミをしていた約30分間に3匹を追加し、第2目標はクリア。これならトロ掛けだけで第3目標クリアは間違いなし?2時を過ぎてもウキは動いていたが、次第に弱くなってくる。あっ、Oさんが終わったようだ。宙で14、5匹はゲットしたらしい。お疲れ様でした。さて、バラケとトロロの両方が経時変化してしまい、ウキはモヤモヤだけでなかなかあたりにならない。とりあえず少ないあたりに合わせ続けるしかないが、ここでもハリス切れ(くどいようですが、合わせ切れではありません)が出てしまう。バラケが尽きた2時50分頃P7091017P7091018P7091019P7091020P7091021までに5匹を追加。サイズ的にはやや尻すぼみ(大きいのはザわさんが来た頃から放流にチェンジ?)が、第3目標をクリア出来たので、良かった良かった。結果、トロ掛けでは実釣2時間で12匹。宙だけでは実釣3時間半で17P7091022匹。底と併せて実釣6時間弱で37匹。底で稼いだものの40匹には届かなかったが、私にすれば充分の数値。片付け。傘をたたむとまだ暑い。再び汗。対面坂の下には1人入っていたが、今はいつも浅場に入る夫婦が竿を出している。片付けを終え、駐車場に戻る。暑さで息が切れる。もう腹がペコペコ。何か入れなければ。さっさと荷物を積み、池を後にした。
 
ここをポチッと宜しくネ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

梅雨明け?夏バテ?

 気象庁から東海地方も梅雨明けしたとの発表があった。ホンマかいな。今までもかなりだるかったが、これからは本格的にだるくなると言う事か。ん、早くも夏バテ?
 実は夜中にグッスリ眠れていないのか、昼間に眠くて仕方ないのだ。睡眠時無呼吸症候群であるのも間違いないが、夜中の寝つきが悪いのも事実。まだ7月も始まったばかりなのに、この調子で9月頃まで持つのかな?
 
既にグッタリ。体力がありまへん
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

次第に尻すぼみか@増沢池 with Oさん

今日は風が弱いとの予報。是非とも出掛けなければなりません。いつもより早い7時前に出発だ。池に着いたのは7時10分頃。おっ、WINDOMが停まっている。さっさと荷物を降ろし池に向かうと、あれっ、いつもの場所にWINDOMの人がいない。柳の木の奥P7060948P7060949にも。塩ビ管奥の日陰にへら師が見えるが、そこまでは行かないだろう。とりあえず荷物を降ろして浅場に向かうと、いましたいました。まずは挨拶。今週は今日が初めて。朝方は良くあたったが、次第に渋くなってきた。見るとウキの立つ辺りには泡付け。これは釣れそうだ。釣り座に戻り、さあ準備だ。と、その前に腕に日焼け止め。ん、何だ?顔に何かがまとわりついてくるぞ。ゲゲッ小さな羽虫!あっ、腕にも。汗に寄って来るのか。虫除けスプレーをかける。更には蚊取り線香を焚く(蚊じゃないけど)。さて、竿は9尺の底から行く。餌はいつもの夏・冬・ペレ道。まだ湖面は穏やか。底を取り、開始は7時50分。ウキの馴染みに問題なし。うわっ、顔に虫が!払っても払っても寄ってくる。腕にも首にも耳にも。どうにもしょうがない。ウキに全く集中出来ず、イライラ。何度となく虫除けスプレーをかけるが、効果なし。そんな中、ウキはすぐに動き出し、8時前に1匹P7060950P7060951目。そして8時過ぎにもう1匹。嬉しい事は嬉しいが、虫の方が気になって仕方ない。そんな時に何故かハリス切れ(くどいようですが合わせ切れではありません)。ハリス交換のついでにWINDOMの人に愚痴を聞いてもらうと、ここはいつもそんなものだと笑って教えてくれた。そうだったかなぁ。再開後第1投で3匹P7060952P7060953P7060954目。少しサイズアップした。すると、その後もあたりに合って2匹を追加。開始40分で第2目標クリアとは素晴らしい。が、それまで鏡のようだった湖面がいきなり波立った。予報とは全く異なる展開。そのうえウキが流され、また動きが悪くなる。が、虫は風に飛ばされたのかいなくなり、う~んどちらが良いのだろう。WINDOMの人はいつもどおり終了。9時前に帰った。私は9時を過ぎるまで全く釣れず、今度はガックリ。奥にはどんどんへら師がやって来ている。それに最近は日向側ダム?そばに同じ人がほぼ毎日のように入っているが、暑くないのだろうか(暑いに決まってる)。さて、9時を過ぎると再びあP7060955P7060956P7060957P7060958たりに合うようになり(それまでに一応ウキ下は調整してますよ)、ポツポツと第3目標まであと1匹。しかぁ~し、次のあたりは腹が見えたと思ったらバラシ、頭上の木の枝でハリスを1本ロスト。なにくそ、ここで終わってはいけない。すると、さきほどのハリス切れと同様に再開第1投であたP7060959り!そして第3目標クリアだ。開始2時間でやっと(やれやれ)。が、波のせいか続かない。10時前になってようやく1匹。そして餌が尽きた10時13分までにもう2匹ゲットして、底では実釣2時間半弱で13匹。何とか時間5匹をキープ出来た。さあ、次は宙。竿はそのままで前回両ダンP7060960P7060961P7060962ゴで終わっているので、今日もダンゴから。餌は特S:GTS:水を2:2:1。「たな」1本で再開は10時21分。すると、第2投から消し込みあたりが!残念かからず。するとそのP7060963P7060964P7060965P7060966後は弱いあたりが続き、それに合わせればポツポツと11時までに4匹をゲット。が、餌に粘りが出て来た。止むを得ないのだろう。今日は出来るだけ基餌はいじらず、餌付けの際にコネコネしてみたが、その効果は不明。11時を過ぎてもウキの動きはパッとしないが、それでも弱いあたりP7060967P7060968P7060969P7060970でポツポツと4匹。いつしか第2目標をクリアし、第3目標まで見えて来たか。しかぁ~し、残り少ない餌はネバネバタッチ。カラツンばかりが出る。と、11時40分過ぎにOさんがやって来た。今日はこの近くで仕事があったのだが、早く終わったので来てみたようだ。今日も飲み物をいただきました。いつもいつもスミマセン。結局その後は数を増やせず、11時50分頃に餌が尽きて両ダンゴは終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間半で8匹。あたりが少なかった分ハリス切れはなかった。最後の1匹が今日一番のサイズ。さあ、次はトロ掛けだ。竿と仕掛けはそのままで、ハリスをカット。餌はGTS:天々:ペレ道:水を2:1:1:1のバラケにベイシアで88円のトロロ。ダンゴと同様に「たな」1本での再開は11時55分。Oさんは旧爆釣ポイントに入ると言う事で駐車場に戻った。さて、餌打ちを始めるとじきにウキにP7060971動きが。そして大きく入ったがカラ。さっきまでのへらがまだ残っているのかな。と、12時のサイレンが鳴ってすぐに1匹目。おっ、まあまあのサイズではないか。これは爆釣の予感?しかぁ~し、Oさんが戻ってくるまでに1匹も追加出来ず。Oさんは9尺両ダンゴの底を始めるようだ。私はそP7060972P7060973P7060974の後連荘で2匹を追加し、12時半までに更にもう1匹。こちらも早々第2目標クリアか?しかぁ~し、バラケの経時変化なのか、それともトロロなのか、次第にウキの動きが悪くP7060975P7060976P7060977なるのはいつもの通り。それでも開始1時間の1時55分までに3匹を追加。第2目標をクリアだ。さあ、次は第3目標。Oさんも開始早々竿を曲げ、サイズもそこそこをゲットしたが、すぐに放流へとチェンジ!私の方は、1時を過ぎて頭上から日も差してきたので傘をP7060978P7060979セット。あたりはどんどん減っている。それでも懸命に合わせ続けてポツポツとゲットするが、最後の方ではウキがほとんど動かず、最後の1投など何の効力もないまま1時55分にバラケが尽きて終了だ。完全に尻すぼみ。結果、トロP7060980掛けでは実釣2時間で9匹。宙では実釣3時間半で17匹。総計では実釣6時間でジャスト30匹。これは良かったのかそうでなかったのか。片付け。柳の木の奥には1人入っている。湖面はまだ波打っているし、日差しも強いまま。だが、私以外に終わる人はいない。片付けを終え、OさんP7060981の様子を見に行くと、確かにウキは動いているが、落ち着きがない(まるで私のよう?)。しばらく背後霊のように見ていたが、あまりにも腹が減ったので、飲み物のお礼を言ってその場を離れた。天気はまだはっきりしないまま。今後も晴れたり雨だったりで、梅雨明けはもう少し先のようだ。車に荷物を積み、ベイシアに向かった。
 
ただただ疲れた。体力が落ちているのは間違いなさそう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

意外と過ごし易かった@増沢池

今日は5時頃に目覚めたが、天気予報が雷雨とか言っているのでついグズグズしてしまい、行こうと思ったのは8時過ぎ。雨は午後来るから、9時頃に開始して昼過ぎに終わる予定で行ってみよう。駐車場に着いたのは8時半過ぎか。急いで池に向かうと、あれっWINDOMの人がいない。今日はお休みか、それとももう終わったのか。まあいい、私はいつもの場所にでも入ろう。暑いが風・波。上空もカンカン照りと言う訳でもないのP7040926P7040927で、汗が滴る事もない。へら師は見渡す限り私とこちら側奥の日陰だけのように思える。さあ準備だ。ちょっと迷ったが、波が結構出ているので、ウキの視認性から考えても底はやり辛そう。ここは宙だが、9尺を出して仕掛けがどうなっているかで釣り方を決める。おおっ、トロ掛けか。それではバラケは特S:GTS:ペレ道:水を1:2:1:1としよう。準備完了は9時少し前。「たな」1本で開始。すると、数投でウキに動きが。そしてチクッとウP7040928P7040929キが入るのに合わせれば、嬉や1匹目ゲットだ!サイズはさておき、久し振りの手応え。しばらくしてもう1匹ゲットするが、何故か上ハリスが切れている。おかしいなぁ。ブツブツ言いながら交換。しかぁ~し、鈎がサルカンの穴を通らず、巻いた部分が解けるアクシデント。更に下ハリスも間違って切ってしまった。やっとの思いで交換が終了。すると、今度はオモリが脱落しているのに気付く。これは一体何?オモリを巻き直して餌落ちも決まり、再開。どれくらい時間をロスしただろう。すると、しばらく餌を打たなかったのでへらが何処かに行ってしまったと思っていたが、じきにウキが動き出す。が、ズバッと言う消し込みが出てもカラ。白波がこちら向きになってP7040930P7040931P7040932小さなあたりが分からなくなったが、9時半を過ぎてポツポツと3匹をゲット。開始1時間で第2目標クリアなら、私にすればまあまあだろう。サイズもちょっとアップしたし。が、何故かその後はウキの動きが悪くなる。そのうえに消し込みへの反応が遅れてハリス切れ。くれぐれも合わせ切れではありません。10時を過ぎて、波は大きくなるがウキのP7040933P7040934P7040935P7040936動きが復活し、再びポツポツとあたりを拾う。が、第3目標にリーチがかかっても後が続かない。10時半頃1人やって来て、柳の木の奥に入った。対面にも階段下とダム?そばに1人ずつ。さて、ウキの動きは出ているもののあたりに合わず、更に再びのハリス切れ。最近は合わせが遅くなったのか、それとも合わせがきつくなったのか?竿ケースからハリスを出していると、柳の木の奥の人がやってきて、間違っていたらスミマセンが、ひょっとしてデラシネの人では?と訊いてきた。突然でビックリしながらもそうですと答えると、実は大楽地の池に行きたいのだが、道順を教えてくれないかと言う。おそらく私のブログと言うよりバットさんのブログに影響されたのだろう。特に断る理由もないので、もちろん丁寧に教えました。その人は釣り座に戻って開始すると、すぐに竿を曲げた。さて、私もそろそろバラケが終わる。何とかもう1匹釣って第3目標をクリアしなければ。すると、善行が功を奏したのか、P7040937P7040938じきに10匹目をゲット。やれやれ。そしてラスラス前にもう1匹。これは30cmオーバーだ。しかぁ~し、何故か上ハリスが切れている。今更交換はしません。そのまま餌打ちを続け、10時58分に終了だ。結果、実釣2時間弱で11匹。まあまあではないの(甘過ぎるか)?さあ、次はどうしよう。よし、竿も仕掛けもこのままで、両ダンゴだ。と言ってもハリスが切れていては仕方ないので、急いで交換。ハリス長は20cm弱と30cm弱(詳しくは分かりません)。ガッテン:天々:GTS:水を2.5:1.5:1:1のダンゴを作る。柳の木の奥はたまに竿が曲がるのを見るが、静かにへらを寄せているようで、多分もっと釣れているに違いない。トロ掛けと同じ「たな」でのP7040939再開は11時3分。すると、じきにウキがモヤモヤ。そしてチクッとウキが入るのに合わせれば、早くも1匹目ゲットだ。ただ、サイズがトロ掛けと変わらない。今日も小サイズで終わってしまうのか。その後は消し込みが2回出るがいずれもカラ。う~ん、やっぱり両ダンゴは難しいなぁ。餌には手P7040940水。ウキは動き続けるが、なかなかかからない。かろうじて1匹を追加するが、ウキの動きが悪くなる。それでも11時半を過ぎて、何故かあたりに合うようになってポツポツと12時のサイレンまでに第2目標クリア!今日一番のサイズは、写真では分かり辛いが35cmあった。が、ウキの動P7040941P7040942P7040943きが良くないので、このままではダンゴで2桁は難しいかも。それで、サイレンと共に「たな」を20cmくらい浅くしてみる。すると、見違えるようなウキの動き。しかぁ~し、何と4回連続してバラシ。厳しぃ~っ(財津一郎風に)!そのうえ、次のあたりではまたもハリス切れ。更にハリス交換後の最初のあたりがまたもバラシ(ガクガクッ×ガクガクッ)。P7040944P704094512時半近くなり、ダンゴも残り少ない。最早これまでか?が、何とか2匹をゲットして12時37分に終了。結果、ダンゴでは実釣1時間半で7匹。総計では実釣3時間半弱で18匹。数字的にはやや不満が残るが、こんなものなのかもP7040947しれない。片付け。空はまだ明るく残業も頭を過ぎったが、今日は昼食も用意してないので、これで終わろう。片付け。今日は汗でイライラする事もなく、傘も出さずに済んだ(日焼けはしているかもしれない)。片付けを終え、柳の木の奥の人を見に行く。と、ちょうど竿が曲がった。今日は宙からP7040946始めたが、カラが多いので底に変えたところ。釣りを始めてまだ2、3年だと言うが、今日はもう10匹くらい釣っている。しばらく話をしたが、邪魔になっては悪いので、お先にと言ってその場を離れた。これからもブログ購読宜しくお願いします(ついでにコメントもね!)。荷物を背負い、駐車場に戻る。荷物を積んでいると、バットさんと同じような車から1人降りてきて、今日はどうだったかと訊いてきた。向こうは私を知っているかのような口ぶりだが、私の記憶からは引き出せない。しばらく話を合わせたが、積み込みが済んだので、それではまたと言って車に乗り込んだ。一体誰なのか。masaさんの知り合い、それともバットさんの・・・?まあいい(何で?)、帰りにシャトレーゼにでも寄って行くかな。あっ、そうだ!ついでに石松餃子で昼食と行こう。時間帯が良いのか店内は空いていたので、すぐに注文の餃子定食が運ばれてきた。ん、薄い皮の焼けたところがカリッと言うよりサクッと言う感じで、これは美味い!しかもタレを付けなくても食べられる。「杉チャン」さんとバットさんが太鼓判を押したのも分かる気がする。シャトレーゼでアイスを買い、幸せな気分で家路に着いた。
 
また食べたい味だった
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

自己満足

ふと気になって、新たに「韓国ドラマ」というカテゴリーを立ち上げ、「映画・テレビ」の中から分離・独立させる事にした。別に何かあると言うよりは、分類好きの自己満足とでも言おうか。やっと終わったところ。
 
葬儀に参列して疲れ果て、さっきまで眠り込んでいたのに
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

葬式に行って

今日は伯母の葬儀があって参列した。喪主は本当に大変だなあと思いながらもこの歳になって考える事は、自分亡きあとの事。既に人生の折り返しを10年以上前に済ませているのに、やっとそんな事に頭が働くようになった。ただ、結論は出ない。堂々巡りの中で日々が過ぎて行く。
 
会場で中学の同級生に遇った
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »