« 無駄足だったか | トップページ | またもスカを食らう@大楽地の池 »

2011年7月22日 (金)

雰囲気は初秋の感じ@増沢池

今日はまず増沢で竿を出してから大楽地に行く予定。8時少し前に家を出るが、上空は曇り空。駐車場に着いたのは8時20分頃。うわっ、車がたくさん停まっている。急いで荷物を降ろして池に向かうと、あれれへら師は対面看板横に1人と深場ダム?そばにP7221114P72211152人。こちら側は浅場橋の下と深場日陰に1人だけ。まあいい、準備だ。いつもの場所に入る。台風の影響で泥水かと思ったら、意外に澄んでいる感じ。波もない。それにしても涼しいなぁ。長袖のシャツを着て来たが、それでもちょっと寒いくらい。さて、まだ多少濁りがあり、大分泥や砂が流れ込んだようなので、ここは11尺で行こう。もちろん底。餌はいつもの夏・冬・ペレ道。あとの事を考えて少なめに作る。底を取り、開始は8時40分。竿の長さが2尺伸びただけでも振った感じが全然違う。しばらく餌打ちすると、ウキがモヤモヤ。そしてチクッとウキが入るのに合わせれば、やった早くも1匹目か?しかぁ~し、バラシ。良く分からないが2回外れたような気がする。ひょっとしてダブルだったのかも。が、見るとハリスが絡んでいる。それにしても何でこんなに長いんだろう。とりあえず片方を切って交換。再開するが、どうもウキの馴染みがスッキリしないし、動きも良くない。そこで、下ハリスをカットして上ハリスにする。大体5cmくらい両ハリスを詰めた感じ。9時を過ぎ、1人やって来て柳の木の奥に入ったが、挨拶なし。こちらも挨拶するつP7221116もりはありません。さて、再開するとじきにあたりが出て1匹目ゲット!サイズはさておき、これで1週間ぶりにへらの顔を拝めたぞ。あとは台風の影響がどれだけあるか。すると、ウキは返してもなかなかあたりにならない。そしてあたったかと思えばカラ。何度となくウキ下を調整。そしてポP7221117P7221118P7221119P7221120P7221121ツポツと9時台には5匹を追加だ。やっと第2目標クリアといったところ。あたりが段々弱く小さくなってきた。そして遂にその正体が判明。もちろんブルーだ。あ~あ。それにしても、対面看板横は良く竿を曲げるなぁ。少なくとも私の2倍以上だ。あっ、少なめに作った餌がもうなくなってきた。2時間くらいは持つ筈なのに。P722112211時を過ぎて、何だかウキの動きが良くなってきたぞ。しかぁ~し、何故かあたりはカラばかり。何とか1匹を追加したところで餌が尽きた。終了は10時16分。最後の1投もカラだった(トホホ)。結果、底では実釣1時間半強で7匹。サイズもパッとしない。これが私の実力だろう。2桁はおこがましい。さあ、次は宙。竿を9尺に変更し、餌は底バラ:特S:ペレ道:水を2:1:1:1のバラケにトロロ。いつものように「たな」1本での再開は10時半。しばらく餌打ちすると、こちらもウキが動き出す。そしてズバッと言う消し込みが出るが、カラ。う~ん、難しい。少し分かったのは、へらが寄ってからはバラケは小さくして良い事。そしてやはりしっかりと馴染ませる事。が、この釣りのあたりだけはなかなか分かり難い。大きなあたりばかりに目が行くが、今日はカラまたは擦れバラシ。全く食って来ない。従って、どうしP7221123ても小さなあたりを取る事になるが、チクッというのではなく、モヤッ(雑誌ではフニャッ?)というのに合わせるとかかった。これで本当に良いのかなぁ。12時のサイレンが鳴るまでに1匹。サイズは底と変わらない。6月頃にいたビッグサイズは何処に行ったのだろう。12時を過ぎても大きなあたりはダメ。これで良いのかと思うようなウキの動きに合わせてポツポツと3匹をゲッP7221124P7221125P7221126トだ。が、バッチリと思ったフニャあたりでまさかのハリス切れ。急いで交換。すると、12時半を過ぎて何故か3連荘!この中にはズバッも含まれた。サイズはさておき、第2P7221127P7221128P7221129目標もクリアしてまずは満足。しかぁ~し、続いての餌打ちでは、ウキが立つや否やズP7221130バッと消し込み、これに合わせられずにハリス切れ。おいおい、せっかく調子が上がってきたのに。その後1時までにもう1匹。まだバラケが相当残っているが、どうやらそろそろ経時変化して来た感じ。トロロの付きも悪くなってきた。ただ、第3目標が目の前、何とかクリアしたい。12時をP7221131過ぎてから1匹を追加し、いよいよリーチ。しかぁ~し、最早私にツキはない。大きなあたりも小さなあたりもかかりません。こうなると早く餌を打ち切る事だけしか考えられない。そして遂にバラケが尽きた。最後の1投もかすりもしない。が、ここでちょっとだけ「トロロオンリー」でやってみる。まだへらが残っていれば、ひょっとして食うかもね。すると、フカフカと動いていたウキがP7221132ズバッと入り、これに合わせればやった「上がりべら」だ?とりあえず第3目標をクリアして終われたので良かった良かった。時刻は12時48分。結果、トロ掛けでは実釣2時間20分弱で10匹。底と併せて実釣約4時間で17匹。上出来ではないか。片付け。湖面は依然として穏やか。多少P7221133気温が上がったのか、長袖がちょっとしんどい。へら師は対面坂の下に1人、看板横に3人、深場流れ込みに1人、それにダム?そばに3人と計8人。こちら側は橋の下と柳の木の奥に加え、深場に8人くらいが見える。平日に20人近くが竿を出すのは珍しいのではないか(ひょっとして車メーカーの輪番と関係ある?)。片付けを終え、気持ちは早大楽地。さっさと車に荷物を積み、ゴー!   -続く-
 
先に電話しておけば・・・
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 無駄足だったか | トップページ | またもスカを食らう@大楽地の池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52277216

この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気は初秋の感じ@増沢池:

« 無駄足だったか | トップページ | またもスカを食らう@大楽地の池 »