« 新しい店( tio akira )-PART2- | トップページ | 2011年の放流協賛釣り大会@増沢池 »

2011年7月29日 (金)

未知との遭遇@増沢池 with 岡ジャミ「杉チャン」さん and HRさん

前回からどれくらい経っているのか分からないが、久し振りに増沢。いつもながら出発は遅れ気味。駐車場に着いたのは8時20分頃か。今日もWINDOMの姿はない。急いで荷物を降ろし池に向かうと、旧爆釣ポイントと柳の木の奥に先客。まずは挨拶して、いつもの場所に入る。曇ってはいるが、じっとりして汗。へら師は対面は看板横に1人と浅P7291149P7291150場に1人。こちら側は奥の方に数人。まだ風・波はない。さあ準備しよう。先客のウキの周りには泡付け。そして私の準備中に3度竿を曲げたが、サイズは小ぶりか。さて、今日は何故か竹竿11尺で底から。餌は夏・冬・マッハだが、少しだけ水の量が多かったのか、やや柔らかめ。底を取り、開始は8時50分。あっ、第2投からウキが動いた!これは高活性か(隣を見れば一目瞭然)?そしてしばらく餌打ちした後に、チクッというあたP7291151P7291152りでやった1匹目!これで肩の荷が下りた。するとじきにもう1匹。何となく好結果を予感させるが、それにしても竹竿の引き味は何とも言えない。が、何故かウキの動きが弱くなった後に、チクッというあたりでやった3匹目ゲットか?ん、何だかおかしな引きだなぁ。ゴミではないだろうが、蟹や亀でもなさそうだ。全く引かないと言う訳でもないし、かと言ってグイグイ引かれるようでもない。重さは充分あるのだが。やっとの思いで引き上げると、何だこれは?亀のようだが、甲羅が変だ。それに首が・・・。うわっ、スッポン!この池で初めて釣った。何とか写真に収めたいが、暴れて「たも」から出そうなのでカメラをセット出来ない。結局逃げられてしまったが、驚いたなぁ。しまった、ハリスを切られている。急いで交換するが、何と上ハリスと下ハリスを間違えたので、ハリス長が長くなってしまった。そこで、ウキ下をチョチョイのチョイと調整して再開。馴染み幅を微調整していると、背後から聞いたような声。何と「杉チャン」さんだ。昨日は知多半島の方で釣りをした後にひげさん宅に泊まり、沼津に帰る途中で寄ったとの事。竿は出さないようだ。私が天邪鬼で「杉チャン」さんの言う事をさっぱり聞かないので、言っても無駄だと思うがと前置きしながらいろいろな事をレクチャーしてくれた。私も全く聞かない訳ではありませんよ。念のため。さて、「杉チャン」さんが登場してからP7291153P7291154P72911552匹をポンポンとゲットしたら、ダム?方面に何やら赤いものが。あれれ、消防車。放水訓練は去年で終わったのでは?まあいい、続行だ。せっかくのレクチャーを無駄には出来ないので、今日は餌打ちのリズム(ウキが馴染んでから30秒で打ち返す)と道糸のテンションを抜く、を実践だ。特に、餌打ちした際には竿尻を少し手前に引いておいて、ウキが馴染んだらじわじわと戻して行って、ウキにかかる道糸のテンションがフリーになった状態で打ち返す(この間を約30秒にする)というリズムの作り方。もちろんこれはP7291156P7291157両ダンゴの場合。その後もウキの動きはあり、9時台にはもう2匹をゲット。ガメラの来襲にもめげず、時間あたり6匹はまあまあと言ったところだろう(もちろん私にとって、だが)。そうそう、あたりの取り方も説明してもらったが、目の前の1匹を欲しがる私にはなかなか難しいところ。とにかく闇雲に合わせるのが私流なので、あたりに手が出ないと言う事はあっても、それを見送ると言う事がなかなか出来なP7291158P7291159P7291160P7291161いのだ。それでもポツポツとあたりを拾い、気が付けば第3目標達成!しかぁ~し、目の前の1匹を欲しがるあまりに、馴染んですぐのあたりに手を出せば、これが水面ギリギリまで上がって来てのバラシ(もちろん擦れ)。これでちょっとリズムが壊れたのか、ウキの動きが悪くなる。それでも何とか10時台にはもう3匹をゲットだ。が、残念ながらその後はなく、11時5分にP7291162P7291163P7291164餌が尽きて終了。それを機に「杉チャン」さんは帰った。レクチャーありがとうございます。ちゃんと聞いてますよ。結果、底では実釣2時間15分で13匹。対面には看板横に2人と坂の下にはHRさん。それと深場階段下と流れ込みにも1人ずつ。こちら側には合わせて10人くらいが入っている。さあ今度は宙。竿は9尺に変更。仕掛けがトロ掛けになっているので、トロ掛けで行こう。餌は底バラ:特S:マッハ:水を2:1:1:1のバラケにトロロ。「たな」1本での再開は11時15分。多少波は出て来てウキも流されるが、これは我慢の範疇だろう。しかぁ~し、しばらくしてウキはモヤモヤし始めたが、なかなかあたりにならない。が、良く見たら餌落ちを勘違いしていたので、バラケが抜けてもそのままにしていた。それに、ウキをしっかり馴染ませてもいなかった。そこで、バラケをしっかP7291165り付けてウキのなじみを出せば、チクッというあたりでやっと1匹目。開始30分以上経っている。さあこれからは爆釣だ?しかぁ~し、今度はウキの動きが激しくなって消し込みも出る。いよいよよ寄って来たかなと思っていたら、それは上海帰りのギルだった。これが浅い「たな」に群れているのか、何と3匹をゲット。名前の通り鰓に青い色が入っている大人?も出た。そしてバラシ、更には素晴らしい消し込みでのハリス切れ。モタモタしているうちに12時のサイレン。旧爆釣ポイントの先客は帰った。途中から私と「杉チャン」さんの大声でリズムを狂わされたでしょう。スミマセンでした。さて、12時を過ぎても状況に変化なく、ギルを2匹追加。本当にポツリポツリとあたりを拾うしか手がなくなる。やっとの思いで12時台にP7291166P7291167P7291168は3匹を追加し、何とか第2目標をクリアしたい気持ち。しかぁ~し、消し込みでのバラシ、更にはラス前に余所見をしている間の消し込みで竿を立てられず痛恨のハリス切れ。最後の1投も効なく1時12分に終了。結果、トロ掛けでは実釣2時間弱で4匹(トホホ)。バラシとハリス切れが2回ずつ。ギルは5匹。大分疲れたので終わろうかな。いや、ここは「お」でリベンジと行こう。竿はそのままで下ハリスは約40cm。バラケは底バラ:マッハ:水を2:2:1。同じ「たな」での再開は1時22分。すると、数投でウキに動きが。そして消し込みやら小さなあたりも出るが、いずれもカラ。これは難しいなぁ。トロ掛P7291169けもそうだったが、バラケをどう操るかで釣果が決まる。ようやく1匹をゲットするが、次に小さなあたりを拾うと、ゲゲッ凄い引き!なかなか寄らない。何とか「たも」に収めれば、ガックリ鰓に擦れている。これが35cmくらいと今日一番のサイズ。泣く泣くノーカウント(当たり前!)だ。すると、そこからはウキの動きがモヤモヤに。早くもバラケに粘りが出て来たのか、あたりらしきP7291171P7291172ウキの動きがあってもカラまたは擦れバラシ。どうもバラケ近辺にへらがいるようなので、下ハリスを詰めてみる。すると、2時半近くなってやっと2匹目。更に何故か連荘で3匹目!バラケを食っているが、ドンマイドンマイ。対面は看板横の先客が既に帰り、HRさんともう1人も帰り支度。階段下も帰っているが、こちら側は塩ビ管付近の2人が帰ったようだ。2時半を過ぎると、何だかゴールデンタイムがP7291173P7291174P7291175近付いたのかウキの動きが良くなって、ポツポツと3匹をゲットするが、その後がない。3時を過ぎ、これからの雰囲気はあるがバラケがもうない。結局1匹も追加出来ずに3時10分頃バラケが尽きて終了だ。結果、「お」では実釣2時間弱で6匹。トロ掛けと併せればP7291176実釣3時間半で10匹。総計では実釣5時間45分で23匹。これは喜んで良いのだろうか。底はまだしも宙がダメダメだった。湖面はまだ穏やかで、もう少し出来そうな気もするが、終わろう。片付け。私の印象では、底はまだへらが寄ってくるが、宙ではなかなか難しそうだ(あくまで個人の感想です)。大会当日はどうなっているのだろう。片付けを終え、駐車場に戻る。腹ペコ。さっさと帰って昼夕食を食べよう。とっとこハム太郎ならぬとっとと池を後にした。
 
天候の変化により予断を許さない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 新しい店( tio akira )-PART2- | トップページ | 2011年の放流協賛釣り大会@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52340410

この記事へのトラックバック一覧です: 未知との遭遇@増沢池 with 岡ジャミ「杉チャン」さん and HRさん:

« 新しい店( tio akira )-PART2- | トップページ | 2011年の放流協賛釣り大会@増沢池 »