« いつもの状態に逆戻り@増沢池 | トップページ | 新しい店( tio akira ) »

2011年7月16日 (土)

暑いのにかなりの賑わい@増沢池 with masaさん、Y川さん and HRさん

今朝は外の様子がどんよりしていたので、釣行はどうしようかと迷ったものの、結局は増沢へゴー!バットさんからは大楽地にお誘いがあったが、やはり距離があるので早く帰れる増沢にした。駐車場には今日もWINDOMの姿がない。とりあえず荷物を降ろしP7161064P7161065P7161063て池に向かうと、対面には誰一人入っていない。こちら側には柳の木の奥に多摩ナンバーの人(大楽地の池を教えた人)が。挨拶しながら今日の様子を訊こうとしたら、まだ底で始めたばかりとの事。ウキの周りには泡付け。あとは深場日陰に何人かいるようだ。私はいつもの場所に入る事にする。うわぁ、暑い!早く傘をセットしないと。汗がポタポタ。さて、今日も竿は9尺で底から。餌もいつもと同じ夏・冬・ペレ道。今日は前回の轍を踏まないようにしたいが、果たしてどうか。ちょうど波が出始めたが、何とか底を取って開始は8時50分。やはり渋いのか出だしは静かなもP7161066の。それでも数投でウキに動きが。そして9時を過ぎ、モヤッとウキが入るのに合わせれば、やった早くも1匹目。が、何故かハリスが絡んでいる。急いで交換するが、下ハリスが切れたのを上ハリスと勘違いしたため、ウキの馴染みがかなり違ってしまった。そこで、底を取り直すよりウキP7161067下をチョチョイのチョイといじって済ませる(いつもながらダメダメだ)。すると、それまでのウキの動きが一変。糸ずれのような消し込みやらウキの返しもおかしくなる。何とか1匹は出たが、その後なかなかかからなくなって、4匹目をゲットした際に何と道糸とハリスが絡んでしまうアクシデント。P7161068P7161069おまけに道糸には玉こぶも出来る始末。これはもうどうしようもない。泣く泣くハリスをカット。更に、玉こぶが出来たままではいつ切れるか分からない道糸を放置するわけにはいかないので、元々道糸が竿に比べてやや長く、またこぶの位置がオモリに近かったのをこれ幸いとこぶをカットし、道糸を詰める現場施工。しかぁ~し、道糸がよれよれになっているのでなかなかサルカンに結べず(よれた部分は後でカットした)、オモリを巻き終えるまでに20分以上かかってしまった。ハリス長もついP7161070でに直す。急いで底を取り再開。すると、すぐにあたりが出てやった第2目標クリアだ。ただし時刻は9時58分と、開始から1時間以上経っている。この調子では前回の8匹を超えられるかどうか。しかぁ~し、10時頃から地合なのかウキの動きが良くなる。柳の木の奥も竿が頻繁に曲がP7161071P7161072P7161073P7161074P7161075っている様子。私もポツポツと数を増やし、何とか第3目標まで達する事が出来た。が、10時半頃に2人やって来て、黙って旧爆釣ポイント付近にP7161083_2並んで入った。右側は私にかなり近い。しかも先客である私と柳の木の奥を無視するかのように大きな声で話しているではないか。これには驚き。せめて一言あっても良いと思うよ。これで調子を乱されながらも、何故かウキの動きは悪化せず、擦れバラシ頻発に悩みながらも10時台にはもう2匹をゲット。当然柳の木P7161076P7161077の奥は爆釣だ?11時頃になって、masaさんとHRさんがやって来た。お二人とは随分久し振りのような気がする。masaさんは塩ビ管手前に、HRさんはかつてのOT氏のいつもの場所に入った。masaさんの奥には10人くらいP7161081P7161084がズラッと並んでいて、まるで例会のよう。さて、11時を過ぎてもウキの動きは止まず、餌が尽きた11時10分頃までに3匹を追加だ。最初の頃には思いも寄らなかった好成績か?結果、底でP7161078P7161079P7161080はトラブルに遭いながらも実釣2時間(トラブル含まず)で、前回の倍。前々回までにはちょっと足りないが、トラブルがあった事を思えばまあまあと言える(でも、釣っている最中はイライラのし通しだった)。さあ、一旦休憩して塩ビ管まで行こう。途中、柳の木の奥の人に様子を訊いてみると。底ではかなり寄って好結果だったらしいが、トロ掛けに変えた途端にウキの動きが悪化。ゲゲッ、私もこれからトロ掛けをやろうとしているのに、これは困った。塩ビ管付近まで行くと、masaさんはまだ準備途中。両ダンゴの宙で始めるようだ。さて、釣り座に戻ってトロ掛けの準備だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。バラケは底バラ:天々:ペレ道:マッハ:水を2:1:1:1:1。ボソボソといい感じ。いつものように「たな」1本で再開は11時35分。すると、じきにウキが動き出す。そしてあたりらしき動きも。が、かからない。隣の2人も始めているようだが、さっぱりの様子。私はとにかP7161085く合わせまくるが、どうにもかからないまま12時に近くなる。すると、ズバッというあたりで1匹目!やれやれ。12時のサイレンを聞いてから多少ウキの動きが良くなったようだ。どうやらへらは溜まって来たようだが、ウキをしっかり馴染ませた時に出るあたりがかかる気がする。その後3匹P7161086P7161087P7161088を追加し、第2目標も楽勝かなと思ったら、何とそこからズバッズバッというあたりでバラシの連荘。へらの姿を見てから外れると、ショックも一入(ひとしお)。続いてはカラ。あたりが出ている時に釣れないとは、厳しい~っ!奥のワンドからY川さんがやって来た。深P7161089場でも底は放流でガッカリとの事。HRさんとは知り合いのようで、しばらく話をしてからmasaさんに挨拶に行った。さて、1時前になってやっと1匹。とにかく第2目標クリアだ。1時を過ぎ、バラケもトロロも経時変化。バラケは粘り、トロロは性がなくなる。本来ならバラケもトロロも作り直すのだろうが、もう少しで餌が終わるのでそのまま(これはダメダメ!)。それでもウキは動いてP7161090P7161091P7161092P7161093いるので、トロロさえ付いていれば何とかなりそうな気がする。そこで懸命にトロロを付けて餌打ちすれば、最後の1投も含めて終了の1時36分までに4匹をゲット。結果、トロ掛けでは実釣2時間で9匹。底と併せれば実釣4時間(トラブル含まず)で24匹と、私にしてはなかなかの数字ではないの。さて、続行と言う選択肢もあるが、今日は本当に疲れたので終わろう。片付けのP7161094前にmasaさんの様子を見に行くと、両ダンゴの宙ではカラツンがひどく、かかったと思えば擦れだと言いながらも、私が見ている前でグッドサイズをゲット。masaさんの釣れない=私の釣れる なのかもしれないなぁ。ガックリして釣り座に戻る途中に、柳の木の奥の先客に様子を聞くと、最初の底ではへらが寄ったようで良く釣れたが、トロ掛けにしたらウキが動かなくなったので、底に戻したところ。お先にと言って釣り座に戻り、片付け。と、HRさんから「お」でやっているが、消し込みのカラツンにうんざりしているとの話が。残念ながら私に出来るアドバイスはありません。片付けを終えHRさんに挨拶すると、何と今日は終わりだと言うではないか。そういえばHRさんは見切りが早かった。凄いなぁ。息を切らせて駐車場に戻る。ん、masaさんの車の窓が開けっ放しになっているぞ。慌てて電話するが、何故か女性の声が聞こえたので、おそらく電話番号が間違っているのだろう。メールで連絡してから池を後にした。今日は暑くて参ったが、へらには遊んでもらってありがとうと言いたい。明日はどうしようかな。
 
これからは早朝から10時頃までにしたほうが体のためかも
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« いつもの状態に逆戻り@増沢池 | トップページ | 新しい店( tio akira ) »

コメント

今晩は。
お疲れです。
他人と比べてはいけません。
私は今日は何枚釣ろうと考え、それにはどうするかを考えます。活性が悪いのに時間10枚は釣れませんよね(達人でも)自分の腕を鑑みて設定枚数を決めます。そして出来るかぎりの知識と技(大してないが)で設定枚数に近づける努力をします。しかし「お」は使いません。試合なら別ですが・・・。
ヘラ餌本舗(ダイワ)から新しいコンセプトのダンゴ餌が出ました。過去ヘラ餌本舗さんの餌で良い思いした事無いので半信半疑ですがコンセプトはシッカリしています(青、赤、黄色より)来週試して見ますがこの餌非常に高い(容量比)この価格ではチョット売れないのでは?

投稿: yurie | 2011年7月16日 (土) 20時18分

yurieさんおはようございます。
人と比べても何もならない事は百も承知なのに、そこが私の弱いところ。一人きりで釣らない限りは、周りに左右されてしまいます。
それはさておき、ベーシックタイプの餌がマルキューやダイワでも出ていますね。マルキューの方は早速バットさんが採用しましたが、私は今抱えている餌が尽きてから(省資源釣法ではいつの事やら)、考えてみたいと思います。

投稿: sunshine_hera | 2011年7月17日 (日) 08時28分

おはようございます。
偉そうにスミマセン!比べるのは致し方無いと思います。私も同じ様な気持ちにはなりますね。
でも比べても上達しないので「聞きます」そして納得する事はやってみます。
G会王者I氏、このブログでもたまに登場なさっているTAKAさん等は全く無駄の無い釣りをなさいます。これがトナメンターたる所以か?
色んな釣り方、考えが有って釣りと言う「遊び」をしていますが遊びとはいえ真剣に釣ってます(笑)
体調には気を付け、連釣はしないでね・・・。?

投稿: yurie | 2011年7月17日 (日) 08時55分

yurieさんこんばんは。
私は理屈から入る性分なので、自分の理解出来る範囲で納得しないと、言われた事或いは書かれている事に素直に従えません。まさに天邪鬼?
底の馴染みについては、ずっと自分なりの解釈をしていましたが、「ザ・底釣り」を読んでようやく馴染みについて解釈を変更しました。でもまだ一分スッキリしない部分があって懐疑的になっています。

投稿: sunshine_hera | 2011年7月17日 (日) 22時09分

おはようございます。
なでしこJAPAN良かったね。
私も理屈屋ですヨ!只、経験値がSShさんより少ないので諸先輩に言われた事は先ずやってみます(残った時間余りないしネ。爆)理解できない事はやって見るって事かな(ここがSShさんとは違う?笑)トロ掛けにしても「ヒゲトロ」の方が良いと思うが(以前杉サンに教えられた?)100均のトロロを使うところ(省資源釣法?)遊び心があって良いと思いますよ(笑)竹竿なんか遊び心の局地だモンね。しょせん遊び。もっと遊びましょう!

投稿: yurie | 2011年7月18日 (月) 08時31分

yurieさんおはようございます。
台風が近づいているので、今週の釣りはなかなか難しいですね。今日もちょっと考えてしまいます。
私の場合、自分より遥にアームが素晴らしい人でも、ひねくれているせいか素直に聞けませんね。こちらが聞いた事だけ答えてくれればいいなんて、どっちが上なのか分からないような考えを持っています。これじゃぁ上手くなる筈ありません。でも、結構楽しんでますよ(向上心がないと非難されそうですが)。

投稿: sunshine_hera | 2011年7月18日 (月) 08時54分

もうすぐ今晩は。
実はこんな話が大好きなんです。
理屈屋だから・・・。でもこれが最後。
遊びに向上心は必要か?この問題はチョット置いといて!(ジェスチャーでは有りません、笑)
以前Fly をやっていた時テンカラ釣り師(和風毛バリ)との会話ですがFlyのような疑似毛バリで釣るよりもはっきり偽物と分かるような毛バリで釣った方が面白くないですか?と言うような話になった。
この騙すと言えば精巧な偽札よりも子供銀行(おもちゃ)の偽札で騙した方が面白くない~~ってね!当時は若かったからむきになって反論した覚えが有りました。
だから杉さんがダメだと言った100均のトロロってスゴク面白いと思うわけ。
爆釣」出来れば誇れるし、ダメな時はイイ訳も出来るしネ。ところで箆釣りは疑似餌はダメなのかな~?ウドンに変わるモノを見つけたい!世の中鯛もルアーで釣る時代。マア、レギュレーションも人間が決めるのだからエサ屋とか竿屋とかがね多分ダメだろうね。試合では。
PS.いつも同じ場所で、同じ釣り方で精神の安定を図る事も大切だと思います。上手くなる事だけが至上ではないだろう?
長文失礼!では又。

投稿: yurie@会社 | 2011年7月18日 (月) 17時48分

yurieさんこんばんは。
趣味とは元々が「偉大なる暇つぶし」ですから、そこに何を持ち込むかはその人次第でしょう。
トーナメンターになったり、それで生計を立てたり、また家庭を失うほどのめり込むのもその人の人生。WINDOMの人のようなルーチンワーク的釣り(私も最近はそうですね)も、もちろん誰に非難される筋合いはありませんしね。当人が楽しんでいれば、それが一番。私の場合は、少しだけ今より数・サイズ共にアップすれば大喜びでしょう。あとは人間関係。かつては孤高のへら師でした(そんなにカッコ良いもの?)が、それが病院であれカラオケスナックであれ何処に集まるかは違っていても、昔よりは人との出会いが大切になってきました。
疑似餌といえば、糸こんにゃく(白黒も考慮)を短く切ってウドンまがいにならないでしょうか。持ちは抜群でコストもかからない。私が思いつくくらいですから、既に何処かで使われているかもしれませんね。

投稿: sunshine_hera | 2011年7月18日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52221849

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いのにかなりの賑わい@増沢池 with masaさん、Y川さん and HRさん:

« いつもの状態に逆戻り@増沢池 | トップページ | 新しい店( tio akira ) »