« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

tio akira でランチ

P1000170P1000169先日はあまり高評価でなかった tio akira() だが、果たしてランチはどうだろう。と言う事で、増沢から帰ってすぐに tio akira に向かう。店内には女性の3人連れが1組。当然頼むのはランチ。まずは前菜のタパス盛り合わせ。なかなかいける。腹が減っているのであっという間にたいらげてしまい、ちょっとカッP1000171P1000172P1000173コ悪い。メインはロールキャベツマッシュポテト添え(パン付き)。これも美味しい。そしてデザートとドリンク(アイスコーヒーをチョイス)。これもグー。これで1050円とは、夜の部と比べてかなりの割安感。果たして採算は取れているのかと心配になるほど。レジで思わずご馳走様と(心から)言ってしまうくらい満足したランチだった。それにしてもこの時間帯でこの客数とは、まだPRが足りないのかなぁ。私のブログが少しでもお役に立てば良いのだが。
 
P.S.10月7日(金)にフラメンコライヴを開催するようだ。完全予約制なので、興味のある方は是非どうぞ。
 
評価がグッと上がった
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スイッチアングラーへの道その6@増沢池 with Oさん(早上がりは失敗?)

明日から台風の影響でしばらく竿が出せなくなるので、今日は是非とも行かなくては。と思いながらも、家を出たのは8時過ぎ。おまけにモクレン通りはずっとバスの後ろだったので、駐車場到着は8時40分頃になってしまった。天気は良いが、ちらっと見える池は波立っている。それでも急いで荷物を降ろして池に向かうと、へら師は対面には誰もP8310040P8310041いない(後から看板横に1人)。こちら側は柳の木の奥、塩ビ管付近といつもの深場に数人。私はいつもの場所に入る。う~ん、この波だと底はやり辛そう。でも、こういうシチュエーションで竿を振らないと修行にはならないので、ここは11尺の底から入ろう。餌は夏・冬・マッハ。大体で底を取り(オイオイ)、開始は9時5分。まだ太陽は背中に当たっているが、そのうち背後の山に隠れるので今は我慢だ。柳の木の奥はいいペースで竿を曲げているが、多分宙。底では果たしてどうだろうか。その前に、相変わらず左手での餌付けがなっていない。それに餌打ちも思うようにいかず、ウキは右へ左へと一定しない。まだ流される程ではないが、それでもこれじゃぁ釣れないなぁ、なんて思っていると、シモッたウキがスッと入ったように感じ(あくまで個人の感想です)、合わせてみるがカラ。再度のあたりらしきウキの動きでもカラと、こりゃぁ今日の目標は1匹かな?更に太陽が背後の山に隠れると、ウキの視認性が一気に低下。これは困った。が、それでもP8310042シモッたウキの動きに合わせて1匹目は9時半少し前。やれやれ、これで凸回避だ。これだけウキの立つ位置がバラバラでもあたってくれるこの池、素晴らしい。が、次のあたりでは寄せる途中で腹が見え、手前で外れて仕掛けが絡む。こういう展開では第2目標も厳しいかもね。しかぁ~し、P83100431目盛返したウキがチクッと入る抜群のあたり(完璧!と何処からか声が聞こえそう)で2匹目ゲット!が、風・波は次第に強くなる。旧爆釣ポイントに1人入ったが、釣り台の設置具合から以前も並んで釣りをした記憶がうっすらと蘇ってきた。でもそれ以上はない。さて、再度のバラシの後に1P8310044匹追加し、10時までで3匹とは、このシチュエーションではまあまあではないか(もちろん私にとって、だが)。と、そこへOさん登場。今日は珍しく遅い出だしだ。いつもの塩ビ管手前に入った。空は次第に暗くなって、雨がポツポツ。急いで荷物に覆いをかけ、傘もセット。風が強くて傘も吹っ飛びそうだ。左手で押さえながら続行。すると、雨のせいか波があってもハッキリ分かるくらいウキの動きが良くなり、バッチリのあたりでやった4匹目?と思ったら、かなりの引き。ヤバイ、今度こそ腹に擦れて上がって来てしまった。ガクガクッ。すると、続いてはブルーの連荘。遂にへらと入れ替わってしまった?もうこれ以上は数は増やせないかも。P8310046が、3匹目から30分以上経って、消し込むあたりで4匹目ゲットだ。完全に擦れかと思ったが、OK。さあ、急に第2目標が見えてきたゾ。現金なもので、ウキを見つめる目も真剣そのもの(それまでは真剣ではなかったのかと言う突っ込みはさておき)。波が穏やかになった訳でもないのに、P8310047P8310048その後も何故かあたりらしきウキの動きに合って、ほぼ3連荘?で2匹を追加。あっという間に第2目標をクリアした自分もビックリ。が、その後はP8310049P8310050風・波が強くなったせいかあたりを見逃す事もあって、ポツポツと2匹を追加したところで、旧爆釣ポイントに入った人が片付け開始。確かに上空はまだ暗いが、雲の流れてくる東の空は何となく明るくなって来た感じがする。それでも「止める勇気」がある隣は素晴らしい。私はどうしようかな。よし、餌も残り少ない事だし、これを打ち切ったら終わろう。すると、ラス前に何故かハリス切れ(もちろん合わせ切れではありません)。え~っ!そして10時55分に餌が尽き、終了だ。雨はまだポツポツしているが、ザーッと来る前に片付けよう。結果、今日は実釣1時間50分で8匹。風・波がある中で前回と同じ結果と言うのはグー!ただ、いつも思うのだが、好コンディションで何故もっと釣れないのだろう。片付けを終える頃には上空雲も薄くなり、何だか明るくなって来た。でも今更釣り台をセットし直すなんてとても出来ない(腹立たしくて)。P8310051Oさんの様子を見に行くと、まだ1匹と言いながらも私が見ている前で竿を曲げる。また宜しくと言ってその場を離れ駐車場に戻ったが、その頃には太陽が燦燦と降り注いでいた。早上がりは短気過ぎたかなぁ。でも今更考えたところでどうしようもない。そうだ、せっかく昼前に終わったのだから、tio akira でランチと行こう。急に気分がルンルンになり、池を後にした(-続く-)。
 
来週まで休竿だ
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

スイッチアングラーへの道その5@増沢池

昨日は家でゴロゴロしていて具合が良くなかったので、今日は出掛けましょう。バットさんにメールすると、引佐天池で竿を出したところとの返事。私は増沢に向かう。駐車場着は8時頃か。常連さんとおぼしき車が停まっているが、相変わらずWINDOMはない。荷物を降ろして池に向かうと、対面は坂の下に1人だけ。こちら日陰側は、柳の木P8280021P8280022の奥に1人と、深場は4人を確認。柳の木の奥の先客に挨拶して、いつもの場所に入る。湖面は泥色だが、風・波はないので汗が滲みだして来る。さあ準備しよう。今日も11尺で底から。餌は夏:天々:水を2:1:のダンゴ。右手で竿を振って底取りし、開始は8時28分。柳の木の奥はポツポツと竿を曲げている。私も早く1匹が欲しい。しかぁ~し、餌が良くない。第1投からウキが馴染まないのだ。左手で餌付けしている事もあるかもしれないが、このままではダメ。何か工夫をしないと。が、手もみだけで対応。何とか馴染みを出せた。すると、早くもウキが返すようになる。これはいけそうか?いや、何となくブルーの気配がするぞ。あたりが出るようになってもカラ。早く1匹をと思う気持ちが強くなって、気が付けば右手で餌付けしているではないか。ヤバイヤバイ。左手に戻してモタモタしながら餌打ちすれば、返したウキがチッと入ってやった1匹目!しかぁP8280023P8280024~し、上がってくるのを見ると腹から。いきなり擦れかよっ!と思ったが、「たも」に収めれば上鈎が口、下鈎が腹ビレだったのでホッ。続いてのあたりで2匹目をゲットするが、今度も上鈎を食っている。ハリス段差があり過ぎなのかも。でP8280025P8280026もそのまま(ダメだこりゃ)。9時を過ぎてもポツポツと2匹を追加するが、4匹目が「たも」の中で暴れてハリス切れ。急いで交換するついでに、段差を縮める。すると、次の餌打ちからウキの馴染みがすんなり出るようになった。ほんのP8280027ちょっとの事なのに。そしてほどなく5匹目をゲット。開始ほぼ1時間で5匹ならまあまあではないか。しかぁ~し、次のあたりでバラスと、道糸とハリスが絡んでグシャグシャに。慌てて交換するが、ハリス長と段差は適当で、ウキの馴染み具合を見てOKにする。雰囲気では多少短くなった気がP8280028P8280029するが、気にしない気にしない(おいおい)。次第にカラが多くなってきて、6匹目は5匹目から30分ほど空いた。そして10時頃から風・波が出てくるが、断続的であり気にするほどではなかった。そして1匹を追加するものの、何故かカラが出るようになって、ブルーを1匹かけただけで最後の1投に。頼む、何とか1匹。するP8280030と、返したウキがチクッと入る抜群のあたりでやった8匹目!10時22分に終了だ。結果、底では実釣2時間弱で8匹。餌が変な感じのまま続けたが、まあこんなものだろう。餌付けも3分の2くらいは左手でやったし。さあ、今度は宙。竿は9尺に変え、餌は底バラ(+新ペレ):特S:天々:マッハ:水を全て1のバラケとトロロ。「たな」1本での再開は10時35分。柳の木の奥は静かにへらを寄せている。深場も結構竿が曲がっているようなので、今日は意外と高活性なのか?だとしたら、もっと釣らないと。さて、今日も宙の餌付けは苦労の連続。丸める事は出来ても、鈎に付けるのが難しい。モタモタしていては餌打ちのリズムを作れないと、こちらも知らず知らずのうちに右手でバラケを付けている(オイオイ)。今日は左手P8280031での餌付け100%のつもりで来たが、またもダメダメだ。更に、ウキは前回のように消し込む事はないままモヤモヤ。そこで、仕方なく小さなあたりに合わせてみると、やったかかりました!サイズもまあまあではないか。へらはかなり寄っているようで、短いハリスでも絡む事がしばしば。P8280032P8280033ただ明確なあたりは出ない。待っているとズバッというあたりで2匹目。ジャスト11時。これで第3目標クリアだ。何だか空が暗くなった気がする。風もひんやり。その後11時20分頃に3匹目をゲットして「たも」に収めたところにザわさん登場。今日は昭和池に行きたかったが、何故かここにいる。すると、岡ジャミがいる間に何とか1匹、と妙なプレッシャーがかかったのか、そこから合わせがおかしくなる。そP8280034れでももう1匹ゲットしてやれやれと思ったところに雨。荷物には覆いをかけ、曇ったので一旦外していた傘を再度セット。まさかザーッとは来ないと思うが。ザわさんは私が竿を曲げたのを見届けて帰った。雨の影響なのか急にウキの動きが良くなって、ザわさんが帰ってじきに5匹目ゲッP8280035ト!しかぁ~し、次の消し込みでは寄せる途中でバラシ。仕掛けがグチャグチャに絡んだので、ハリスを総交換。まだウキは動いているぞ。すると、交換後の第1投でズバッという消し込み!やったと合わせたまでは良かったが、ズボッという音と共に何かがなくなった。ゲッ、道糸が切れた?いや、何と穂先が抜けてしまったのだった。ゲゲッ×ゲゲッ。さっきのバラシの際にしっかりコミを確認しなかったからだ。しばらく呆然としていたら、正面にウキが上がって来たので、ウキが見えている間に何とか回収しないと。竿ケースから12尺を出してみるが、届かない。それでは仕掛けを付けようと思っていると、柳の木の奥の人が自分の竿で回収してくれると言うではないか。8尺だったが、仕掛けがウキまで届いて穂先まで難なく回収。ありがとうございます。そして絡まった仕掛けをゆっくりと解いてくれた。感謝感謝。HRさんの知り合いの人だった。穂先が回収出来たのは嬉しいの一語(買うと結構な値段だし、廃品種なので・・・)。回収してもらった仕掛けを見ると、下ハリスが切れている。ハリスが切れたのなら、穂先は抜けなくても良かったのでは。再度下ハリスを交換だ。時刻は12時を廻っている。20分以上のロスだった。そして雨中に再開するP8280036P8280037と、何とズバッというあたりで6匹目!そして1回バラシの後に7匹目!バラシていなければ3連荘(もちろんタラ・レバです)。柳の木の奥の人がP8280038帰る際にも消し込みで竿を曲げる事が出来た。本当にありがとうございます。が、しかぁ~し、何故かここからバラシの連続。あたりは全て消し込みなのだが、これがダメ。そのうちウキの動きも悪くなって、さっきまでの勢いは何処へやら。最後の1投も虚しく12時50分に終了。結果、トロ掛P8280039けでは実釣2時間弱(トラブル除く)で8匹。ただ、餌付けの半分以上を右手で行ったのはダメダメ。総合計では実釣4時間弱で16匹。雨が上がったようなので、この隙に帰ろう。片付け。対面とこちら深場は雨は関係ないようだ。片付けを終え、駐車場に戻る。腹も減ったが、外出のついでに東海釣り具で冬を買って帰ろう。さっさと池を後にした。
 
餌付けを何とかしないと
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

素朴な疑問(宝石ビビンバ)

「宝石ビビンバ」は毎回かかさず観ているが、ドラマの中でおやっと思う事が幾つかあったので、ここに書いてみる。
 
1.カイルの部屋の入り口が、最初は引き戸だったのに、いつの間にかドアになっている
2.母がやっていた食堂を引き継いだビチュイ、そして手伝ったヨングクだが、調理師免許は持っているのか
3.ヨングクがビチュイに買ってやった服、店にある時は薄い紫のように見えたが、ビチュイが着る時にはブルーになっている
 
まあ、ディテールに拘らないのが韓国ドラマなのかもしれないが、それにしても引き戸がドアになるなんてね、
 
コ・ナウンさんの他のドラマが観たい
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

スイッチアングラーへの道その4@増沢池 with Oさん

ようやく雨が上がり、今日は好天の予報に居ても立ってもいられずゴー!しかぁ~し、途中で竿ケースを忘れた事に気付き、駐車場着は8時半過ぎ。WINDOMは相変わらずP8260002ないが、あれっ何処かで見た車が。急いで荷物を降ろし池に向かうと、いつもの塩ビ管手前にOさんハケーン!まずはいつもの場所に荷物を降ろし、挨拶に向かう。今日は11尺でやっているが、ブルーの攻撃に閉口しながらも5,6匹ゲットしているとの事。へら師は塩ビ管奥に3人。対面は流れ込P8260003P8260004みに1人と看板横に2人いるが、暑そうだ。いつもの場所に戻り、さあ準備しよう。何もしなくても汗がダラダラ。水は泥色だが今のところ風・波はない。さて、今日もまずは11尺で底から。餌は夏:新ペレ:マッハ:水を1:0.5:1:1.5。少し柔らか過ぎたようなので、夏をパラパラと振り掛ける。ん、急に風・波が。多少涼しくなったのは良かったが、底が取り辛い。何とか取って開始は9時11分。もちろん今日もスイッチアングラー目指して頑張るゾ。餌付けは左手でね。しかぁ~し、第1投からウキが馴染まない。餌付けはちゃんとしている筈なので、どうやらこれはブルー?すると、数投後にやっぱり擦れて上がってきた。ガクガクッ。これで一気にテンションが下がる。でも、修行だから結果は二の次。今日は左手での餌付けを続けるぞ~っ。が、ウキの動きは止まらず、しっかり馴染まない。どうしても右手で餌付けしようとしてしまうので、毎回気を入れて餌付けだ。するP8260005と、馴染んだウキがシモりながらチクッと入り、これに合わせればおおっ、凄い引き!残念バラシたが、きっと大物に違いない。更に、少しずつウキが落ち着いてきた。ようやくブルーとへらが入れ替わったかな。あっ、ダム?そばに消防車が。今日も訓練のようだ。それから開始30分を過ぎP8260006てようやく1匹目ゲット。とりあえず凸は回避出来た。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、雲が上空に広がると、波と相俟ってウキの視認性が悪化。動きも悪くなったようで、10時まで1匹も追加出来ず。ひょっとてこのまま餌が尽きるのでは?という心配も現実味を帯びてくる。それでも10時P8260007を過ぎてチクッというあたりで2匹目ゲット。開始1時間で2匹とはね。でも、これがきっかけで何とかなれば良いが。しかぁ~し、次のあたりは恐れていた擦れ。腹にかかっていた。ガックリ。すると、次のあたりでは遂にブルー。何じゃこれは!そうこうしているうちに10時半。餌も残り少ない(最P8260009初の頃にあたりに合わせ過ぎた?)。予定では第3目標クリアでいたが、どうやら第2目標も難しそうだ。が、何故か急にウキの動きが良くなり、3匹目をゲット。第2目標へ希望が繋げそうだ。しかぁ~し、しかぁ~し、余所見をしていたらウキを見失い、慌てて合わせるとかかってきたのはまP8260010_2たもブルー。しかも鈎を呑んでいる。どうやらこれで今日の底は終わりか。消防車の放水訓練が始まった。これを見たのは2回目。特に感想はありません。さて、いよいよ餌があとわずか。知らず知らず餌付けが小さくなっている。すると、時間的には逆ゴールデンタイムなのにも拘らず、あたりが連発して何と第2目標クリアだ!そして10時50分に餌が尽き、底は終了。結果、実P8260011P8260012釣1時間40分弱で5匹(擦れ1匹、ブルー3匹は当然含みません)。旧爆釣ポイントに1人入った。対面看板横の2人は帰り、代わって坂の下に1人。Oさんの様子を見に行くと、何とあれから数だけは増えたとの事。どうやら2桁は追加したようだ。私と同じくブルーの攻撃に悩みながらも2桁かぁ。裏山鹿~。これから深宙をやると言うので、そでれは私も宙にしてみよう。釣り座に戻り、さあ準備だ。竿は9尺に変更。餌は底バラ・特S・天々・マッハ・水をそれぞれ1のバラケとトロロ。今日はウキをOさんから貰ったものでやってみる。もちろんスイッチアングラーを目指して。餌落ち目盛に手間取ったのもあって、「たな」1本での再開は11時10分。しかぁ~し、やはりバラケは左手ではうまく付かないので、底では左手で通したので宙では勘弁してもらっP8260013て(誰に?)、時々右手で付ける事にする。これでは修行にならないなぁ(情けない)。さて、しばらく餌打ちすると、ウキが動き始めた。そしてズバッというあたりでやった1匹目!サイズはさておき、こういうあたりでゲット出来れば言う事なし。もちろんトロロを食っている。さあどんどん行こう。P8260014すると、その後しばらくしてまたもズバッというあたり!そしてかかりましたよ。前回と違って今日はトロロを食っているのが嬉しい。バラケの持ちが何となく悪そうなので、餌ボウルにこすり付けて粘りを出す。しかぁ~し、これが後半の静けさに繋がろうとは・・・。ウキはモヤモヤしていて、すぐにでもズバッと入りそうだが、これがなかなか入らない。トロ掛けではあまり見かけないP8260015P8260016が、バラケが抜けてからちょっと待ってみると、出ましたズバッ!12時のサイレンが鳴るまでにもう2匹追加して、これなら宙でも第2目標クリアで、トータルで第3目標まで行くかな?柳の木の奥にも1人入っている。さて、12時を過ぎる頃からバラケ・トロロ共に経時変化が激しく、ウキの動きが悪くなる。もちろんズバッP8260017というあたりもなくなるが、5匹目はウキが一旦立ってから再び寝てしまい、不審に思いながらも合わせてみると、やったかかってます。しかもトロロを食っているし。第2目標クリアだ。まだ時間もバラケもあるので、ひょっとしたら宙だけで第3目標も夢ではない?しかぁ~し、その考えはとっP8260018てもスイートだった。何とかもう1匹追加して、結構やる気になったのだが、その後は私の釣りでは良くある事だがウキの動きがバッタリ。バラケが粘ってバラケを突っつくようなあたりばかりが出るように。もちろんカラ。トロロの持ちも悪く(100均以下の88円ではダメ?)、毎回付け直すようP8260019に。1時前になってやっと納得いくあたりで7匹目をゲットするが、どうやらそれが限界。1時5分にバラケが尽きて宙も終了。結果、実釣1時間55分で7匹。バラケが全て(配合・付け方共に)だった。片付け。まだやる手もあるが、暑いし腹も減っているし、早く帰りたい。片付けを終え、Oさんの様子を再度見に行くと、深宙ではさっぱりだったようで2匹。まだ20までは到達していP8260020ないと言いながらも、底に変えて私が見ている間に1匹。深場には多分常連の6人が固まっている。また宜しくと言ってその場を離れ、柳の木の奥と旧爆釣ポイントにも挨拶して駐車場に戻る。今日は実釣3時間35分で12匹だった。底は手返しがそんなに早くないので左手でも何とかなるが、宙では厳しいのに変わりない。まだまだ修行だ。次回こそは一切右手を使わずに餌付けするゾ。そう誓って池を後にした。
 
目の前の1匹を欲しがる姿勢に変わりなし
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

再び「明日に向かってハイキック」

Asunihighkick_mainちょうど今日からBS11で「明日に向かってハイキック」の再放送(再々放送?)が始まった。前に観てはいるのだが、最初からキチンと観た記憶がないので、今回は録画も出来る事だし、しっかり観るぞ。
と言う訳で、今日は第1話から第3話まで。まだセギョンとシネはイ家に入っていない。ジョンウムは家庭教師になったばかり。スンジェとジャオクは隠れて付き合っている。
天気が良くなくて釣りにも行けないので、しばらくは観続ける事になりそうだ。
 
録画出来るので安心だ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紳助「さん」引退会見と報道のその後

昨夜の会見は全く理解出来ない内容だった。記者からの突っ込みも浅いままで、今朝のワイドショーでもその歯切れの悪さを指摘するが、それ以上の突っ込みはないまま。
驚いたのは、会見で「Aさん」と言われていたのが、何とボクシングの元世界チャンピオンで、羽賀研二の恐喝未遂事件で被告になっている渡辺二郎だった事。これ、名前を出してもいいのかな。
さて、誰もが疑問に思う突然の引退、吉本も黙って受け入れるとは思いにくい。あれだけテレビに露出していれば相当の稼ぎになっている筈で、そんなドル箱(古っ!)を吉本があっさり手放すのは到底考えられない。しかも突然の引退では、レギュラー番組とか関係者にかなりの迷惑をかけ、場合によっては損害賠償請求になってもおかしくないのに、それでも即日引退とはね。
ネットでは引退ではなく解雇という情報も流れていたが、むしろその方がピッタリ来る。何か背後にもっと大きな問題があって、それが吉本に及ぶと大スキャンダルになりかねないので、紳助「さん」個人の問題として処理したのではないかと考えるのが普通ではないだろうか。そうでなければ即日引退なんておかしいでしょう。
 
P.S.引退して一般人になったので、何処でも「さん」付けで書いている。横並びはしたくないが、私も付けるとしよう。
 
一体どんな幕引きになるのか
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

島田紳助引退?

今夜10時から緊急会見と言う事で、島田紳助の芸能界からの引退が発表されたようだ。
報道陣に配られたペーパーの内容らしきものは以下の通り。
 
島田紳助 芸能界引退に関するお知らせ

このたび、弊社所属のタレント・島田紳助について平成23年8月23日をもって芸能活動を引退することとなりましたのでご報告申し上げます。

弊社の調査によれば、島田紳助について、平成17年6月ごろから平成19年6月頃までの間、暴力団関係者との間に一定の親密さを伺わせる携帯メールのやり取りを行っていたことが判明しました。
このような行為は、社会的影響力の高いテレビ等のメディアに出演しているタレントとしては、その理由を問わず、許されないものであります。

今回判明した行為自体は法律に触れるものではなく、また、経済的な利害関係が認められるものでもありません。
しかしながら、島田紳助が、多数のテレビ番組にメイン司会者として出演していることなどに鑑みれば、弊社として厳しい態度で望むべきであると判断するに至りました。

この点について本にに事実確認を行った結果、当該行為を認め、何ら弁解することもなく深く反省したうえ、今後について、自ら社会的責任を取って芸能活動から引退したい旨の申し出をうけましたので、弊社はこれを了承し、本日限りで芸能活動から引退することとなりました。
弊社では、皆様からのご批判・ご意見をすべて真摯に受け止め、今後の会社運営に生かしていくとともに、さらに反社会的勢力との関係を断ち切る取り組みを一層強化してまいる所存です。

最後となりますが、島田紳助が出演するテレビ番組等を楽しみにして頂いていたファンの皆様を始め、
関係各位の信頼を裏切り、多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

以上
 
何だか良く分からないが、ありそうな事
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

tio akira に行ってみた-続き-

P8210001居酒屋感覚らしいが、箸が置いてある。それはまあいいのだが、何と箸袋が写真のとおり手作りで洒落ている。こんな細かいところまで気配りがあるなら、料理はさぞかし美味しいのでは?と期待が膨らむ。ビールはスペインの何とやら(忘れました)。飲みやすい。それからいろいろと頼んSh380043Sh3800442Sh380045Sh380046だ(写真は一部)が、先に書いたようにいずれもおつまみと言った感じで、美味しい事は美味しいが、今ひとつ腹に溜まらない。と言う事で、お楽しみは海の幸のパエリア。しかぁ~し、残念な事にそれほど美味しくなかった(あくまで個人の感想です)。それに米が鍋にこびりついて、まともに食べられたのは半分くらい。相当期待していたのが、一遍にしぼんでしまった。でも、まだランチがある。お店のブログではかなり美味しそうで、ドリンクにデザートまで付いて価格も1050円と安い。今度はこれでいってみよう。評価(あくまで個人の評価です)はそれから。
 
写真の転送に手間取った
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

tio akira に行ってみた

開店からずっと気になっていた()スペイン料理店 tio akira 。今日初めて行ってみた。家からすぐのところなので、雨の中傘を差しながら開店の5時半に家を出る。中はP1000164P1000167P1000165P1000166薄暗くて雰囲気満点。店の人に断って写真を撮らせてもらう。当然の事ながら、まずはパエリアを頼む(時間がかかるので先に注文)。飲み物はスペインのビール。食事のつもりで入ったのだが、どうも酒を呑みながらのつまみと言った感じのものばかりで、やや物足りない感じ。パエリアは、う~ん、どうだろう。食べ物の写真は別途アップします。
 
呑んべの方には向いているかも
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

携帯番号でのショートメール解禁

バットさんのブログで、ああそんな事を何処かで聞いたなぁと思い出した。携帯電話会社の垣根を越えて、電話番号あてのショートメールが可能になっていたのだ。ネットで調べたら、世界の趨勢はショートメールだそうで、これで日本も世界の仲間入り?
が、ふと思ったのが、これで迷惑メールがドーンと増えるのではないかと言う事。何しろメールアドレスを知らなくてもメール出来るので、ランダムに番号を発生させてメールを送りつければ、何件かに1件は応答する人が現れるかもしれないのだから。でも、パソコンのEメールは無料だけど、こちらは有料だからなぁ。
 
試しにメールしたらうまくいった
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

スイッチアングラーへの道その3@増沢池

まだまだ暑い日が続くが、今日もフラフラとやって来ました増沢。駐車場に着いたのは8時を優に過ぎている。暑い。急いで荷物を降ろし、池に向かう。へら師は対面深場流れ込みに1人と、こちら柳の木の奥に1人。深場日陰には既に何人か入っている。いつもP8171346P8171347の場所が空いているので、私はそこに入る。うだるような暑さで、まだ何もしていないのに汗がダラダラ。それを拭き拭きさあ準備だ。もちろんスイッチアングラー目指して。今日はダンゴの底釣り(冬)を切らしているのでちょっと迷ったが、とりあえず底から行こう。竿は11尺。餌は夏:新ペレ:マッハ:水を1:0.5:1:1.5。何だか手触りが違う感じ。まだ湖面は穏やかなので、底をチョチョイのチョイと取って開始は8時40分。すると、第1投からウキが立ってすぐにあたり!え~っと思っていると、後ろからあたりましたねの声。あっ、その横縞の服は一昨日見たような・・・。そうです、パラソルさんが来たんです。ビックリしたなぁ、もう。ソフトな語り口の穏やかな感じの人だ。何と私とパラソルさんは同い年だった。しかも生まれ月まで一緒。しばらく話をしたが、その間にもウキは良く動く。しかぁ~し、餌のせいなのか全くかからない。新ペレをパラパラと追加して重みを出したつもり。パラソルさんは池巡りをすると言って9時前に帰った。パラソルさんがいる間に1匹釣りたかったが、仕方ない。また宜しくお願いします。さて、ウキは毎回のようP8171348に動き、空合わせをくれる事はほとんどなかったが、これがかからない。9時を過ぎてようやく弱いあたりで1匹目。サイズもこんなものだろう。しかぁ~し、「たも」に収めて鈎を外した途端、「たも」から出て逃げてしまった。ガクガクッ(でもカウント)。柳の木の奥はポツポツ竿を曲げているが、深場日陰の人達と知り合いのようで、深宙のウドンセットだと言う事は後で聞こえてきた。私は相変わらずカラばかり貰って早くも熱くなる。ウキ下を微調整、餌も練って練っP8171349P8171350て持つように。9時半までに2匹を追加するが、どうにもお手上げの感じ。餌が底に着いてすぐにチクッと入るあたりが出るが、これに手が出ない(出してはいけない by 「杉チャン」さん)。が、それを逃がすと次のウキの動きで合わせてもカラ。10打数1安打まではいかないが、とにかくカラばかり打って熱いゼ!9時半P8171351頃から風・波が出て来て幾分過ごし易くなった気がするが、ウキの視認性は一気に低下。何とか1匹をゲットして開始1時間を過ぎる。あっ、まだ1時間しか経っていないんだ、と思うくらいカラで熱くなっていた。とにかくウキは良く動き、餌の消費も早いので、いつもより早く終わりそう。とP8171352P8171353にかく第2目標までは行きたいなぁ。するとそこから10時までの間に2匹を追加し、第2目標はかろうじてクリア。前回の釣行と数が並んだが、そP8171354の後が良くない。10時から餌が尽きた10時20分までにたった1匹。結果、底では実釣1時間40分で7匹。何だかなぁ。ただし、本来左手で付ける筈の餌を右手で付けたのは愛嬌か(ダメじゃん)。さあ、気分を変えて今度は宙。竿も9尺に変更。仕掛けがトロ掛けになっているので、そのままトロ掛けを採用だ。餌は特S:底バラ:マッハ:水を2:1:1:1のバラケとベイシアのトロロ。風は随分強くなって来たが、果たしてうまく振れるかな。ゲゲッ、バラケがうまく付かない。一体どうすれば良いのか。ん、また右手を使おう(って・・・)。「たな」1本での再開は10時35分。とにかくウキを馴染ませる、を頭に置いて餌打ちするが、ウキに動きなし。それでもしばらくすると何かが寄って来たような気が。そして弱いながらもウキが入るようになる。が、それに合わせてもカラ。更には時折ウキが消し込むが、これもカラ。早P8171355くも11時。この調子だと凸は必至だ。何とかしないと。すると、ようやくズバッというあたりに合って(ここまで長かったぁ)1匹目ゲットだ。やれやれ。しかぁ~し、すぐに元の木阿弥。カラばかり食らう羽目に。次にかかったのは11時半を過ぎてから。嬉しいのは嬉しいが、何かが良くない。そこP8171356で、開始1時間を過ぎて、ちょっと気になっていた下ハリスを2cmほどカット。すると、何故かウキの動きが変わった。そしてそろそろ12時という頃になり、小さくチクッと入るあたりにも手が出るようになると、そこからポツポツとあたりに合うようになって、12時のサイレンまでに2匹を追加。それまでは放流に毛が生えた程度のサイズだったが、3匹目からグレードアップ。そしてこのP8171357P81713584匹目が本日一番のサイズで、採寸したら何と37cm!写真では分かり難いが、尾びれの上が37cmを指しています。分かるかな、わっかんないだろうなぁ(by 松鶴家千とせ)。しかぁ~し、2匹ともバラケを食っている。でも、これでP8171359いいのだ。が、12時を過ぎて掛かって来たのはまたも放流+毛。でも第2目標まで来たから文句はありません。ただ、これもバラケを食っている。何でだろう~何でだろう~(古~っ!)。バラケの経時変化でバラケにくくなったからかな。トロロには見向きもしない。すると、やはりと言うかウキの動きが悪くなってカラツン再発。トロロの持ちも悪くなったが、食わなければ関係ないか(ハテ?)。柳の木の奥はずっと深場に行っていたようだが、帰って来て再開するP8171360P8171361と、じきに竿を曲げた。素晴らしい。私はその後2匹をゲットするが、何とこの2匹もバラケを食っているではないか。もうイヤッ!7匹目は再び30cmオーバーになったが、写真に撮ったらデジカメがこれ以上は撮れません(保存出来ません)との表示。SDメモリが満杯になったのだろう。まあ、後は携帯で撮ればいいかとP1000163思ったが、実はそれが今日の終了の合図だったとは。その後はウキが動かず、たまの動きはカラ、で12時36分にバラケが尽きてトロ掛けは終了。腹が減ったので、ちょっと早い気もするが今日はここで終わる。結果、トロ掛けでは実釣2時間で7匹。ただグッドサイズが2匹出たから良しとしなければ。底と併せて実釣3時間40分で14匹。前回と遜色ない。こんなものだろう。ただ、餌付けをほとんど右手で行ったので、スイッチアングラーへの道は依然として遥か遠い(トホホ)。片付け。対面には坂の下と深場ダム?そばに1人ずつ。こちら側は深場ワンド付近からビッシリとへら師が並んでいる。凄いなぁ。片付けを終え、駐車場に戻ると、池に比べてやはり暑いか。さっさと荷物を積み込み、池を後にした。
 
修行になっていない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

スイッチアングラーへの道その2@大楽地の池 with all-star cast

今日は大楽地でバットさんとyurieさんが竿を並べる日。ひげさんご夫妻がそれに乗っかる形で合流、更にmasaさんも午後から来ると言えば、私が行かない訳にはいかないでしょう。と言っても、今日も暑い。いつものようにグズグズしていたら、あっという間に時間が過ぎる。とりあえずバットさんとひげさんにメールすると、ひげさんは既に開始していて、バットさんも底取りの真っ最中との返事が。これはいかん!と言う事で、7時過ぎにゴー!さすがにお盆休み中、道路は空いていて意外に早く浜北大橋を渡る。そうだ、バットさんから念押しされているので、一応コンビニに寄ってトイレを借りる。ついでに昼飯を買い池に着くと、駐車スペースには車が5、6台。まずは階段を登って池の様子を見に行くと、1人知らない人が左奥にいるが、堰堤とジャカゴは知った人ばかり?
(写真をクリックすると拡大します)
P8151339P8151337P8151338    パラソルさん            注)         ジャカゴは竹ちゃんマンさん
注)手前からyurieさん、バットさん、ひげさんご夫妻。立っているのはキアヌ・リーブソさん。
まずは挨拶。その後一旦車に戻り、荷物を持って再び池へ。そしてyurieさんの隣に入れさせてもらう。ひげさんが浅い「たな」でへらを引っ張っているが、底でやっている人はまだこれからと言うところ。パラソルさんが15尺、バットさんが14尺、yurieさんが13尺なので、私は12尺を出す(何故?)。もちろん底から。餌はいつもの夏・冬・マッハ。しかぁ~し、何をトチ狂ったのか、いつもの倍を作ってしまった。これでは底で2時間宙で2時間のペースが作れないではないか。でもせっかくの餌を捨てる訳にもいかず、渋々底を取って開始は8時20分。私の釣り座には既に日が当たっているので、傘は必須。やや波が出て来たか。yurieさんは私が来る直前に底を取り始めたようだが、仕掛けトラブルで開始が遅れた。さて、今日もスイッチアングラーを目指して右手で竿を振る。とりあえず正面付近にウキは立つが、餌付けは相変わらずダメダメ。そのせいか、ウキの返しが早いような気がする。でも動きはナシ。とにかく餌が多いので、いつもの倍近くの大きさで餌付けして打つが、返しは出てもあたりにはならない。と、竹ちゃんマンさん、パラソルさんが竿を曲げた!流石と言うべきか。私も早く1匹目を出したいが、ウキは動いてくれない。どんどん餌打ちすると、波の中1目盛戻したように思えて、竿を持つ手にも力が入る。すると、ウキがスッと入り、これに合わせればやったかかりました!これは嬉しP8151340P8151341い。あとは擦れていないかだ。意外に引かないのでサイズ小かと思ったら、何と「たも」の径を遥に上回るサイズではないか。ちゃんと口にもかかっているし、やったぁ!これでいつでも帰れるゾ。写真を撮って再開すると、何とまたもあたり!サイズはやや小ぶりになったが、連荘なんてこの池では考えられなかったので、嬉しいの一語。私の鼻はヒクヒクと動いていたかもしれない。まだ9時前。これから一体どれだけ釣れるのだろう。な~んて事を考えていたら、その後はウキの動きがなくなり、カラが2回に擦れバラシが1回あっただけ。途中ザわさんがやって来て、ジャカゴ「竹ちゃんマンさん」の隣に入った。さて、10時を過ぎてもウキは動かない。yurieさん、バットさんも同じようだ。10時半頃バットさんが用事で中座。その間に爆釣しようとyurieさんと話したが、全くそんな事は出来ません。ただ、いつもより大きめに餌付けしているので、それが食わない理由の一つかもしれないと、P8151342試しに小さく餌付けしてみると、今度はハッキリとしたウキの動きでやった3匹目!大体2時間くらい穴が開いたが、出ればノー・プロブレム。11時を過ぎる頃にバットさんが帰って来て、おみやげにアイスをいただいた。ありがとうございます。これをチューチューやりながら餌打ちするが、どう見ても餌の残りが多過ぎる。これでは12時までに底を終われない。こっそり捨てようかと思ったら、yurieさんとバットさんから省資源釣法を謳うなら使い切るようにと迫られ、こうなれば意地だ。餌付P8151343けを更に大きくして、何としても12時までに餌を使い切るゾ。すると、数投打った後にバッチリのあたりでやった4匹目!3匹目から50分以上経っているが、もちろんノー・プロブレム。さあ、頑張ってあと1匹。第2目標は目前だ。しかぁ~し、ウキはピクリとも動かず、12時のサイレンと共に底は終了。おっと、サイレンの音が違う。ザわさんが大声で「黙祷!」。そうでした、今日は終戦記念日。さて、一応区切りが付いたので、まずは昼食。竹ちゃんマンさんは昼前に帰った。堰堤パラソルさんの左には大門係長、S田さん、更に数人が入っている。yurieさんは底を諦めて11尺両ダンゴの宙に変えているが、すぐにウキが動き出し、結果も出た。私も両ダンゴであんなウキの動きを出したいなぁ。竿は11尺に変更し、餌は特S:マッハ:水を2:3:1。「たな」1本での再開は12時半。風・波はかなり大きくなっていて、傘が吹き飛ばされそう。それに、遂に私のアームではウキの立つ位置を決められなくなった。毎回バラバラ。そのうえ餌付けもうまく行かず、ウキが馴染んだら切る、の繰り返しでのリズムが全く作れない。それでも打ち始めの頃は少しウキが動いたのだが、次第に静かになった。1時頃にmasaさん登場。バットさんとひげさんの間に入り、「お」で開始するとじきに竿を曲げた!う~ん、やはりそうなのか。yurieさんもウキが動かなくなったと言うから、そろそろ逆ゴールデンタイムになったのかも。ただバットさんは消し込みが出ているらしいので、何かが違うのだろう。でも、「お」の魅力に負けて上ハリスをカット。ダンゴをそのままバラケとして使用。そして1時半過ぎに再開すると、ウキはかなり流されながらも弱く動く事もあり、時にはあたりらしき動きも。しかぁ~し、消し込んだあたりが3回あったが3回ともバラシ。擦れていたんだろうなぁ(ガックリ)。その後もさっぱりのままバラケが尽き、P8151345無念の終了は2時半。結果、宙では実釣2時間で凸。底の実釣3時間40分での4匹を加えると実釣5時間40分で4匹。時間1匹にも満たない寂しい結果となった。更には、スイッチアングラーへの取り組みで先日の課題が全くクリア出来ず、次回に持ち越しになってしまったのも悲しい。片付け。ん、風・波が少し穏やかになった気がする。ザわさんが宙に変えてすぐに1匹出した。yurieさんのウキも再び動き出したようだ。ひょっとしてこれからかも。でも片付け続行。暑い、暑いよ~っ。片付けを終え、しばらく皆さんの釣りを見ていたが、暑くて堪らないので退散する事にする。見ると、私の左側には7、8人が並んでいるではないか。私の右側と併せれば12,3人が堰堤で竿を出している事になる。これではなかなかウキが動きませんなぁ。皆さんに挨拶して階段を下り、我慢していた用を足して家路に着いた。帰ったらシャワーと第3のビールだぁ!
 
とりあえず結果が出て良かった
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

スイッチアングラーへの道その1@増沢池

いよいよ私のスイッチアングラーへの挑戦が始まった。今日もカンカン照りの中増沢に向かう。駐車場着は8時頃か。木金休みなのかお盆休みなのかは分からないが、沢山の車が停まっている。でもWINDOMはない。荷物を降ろして池に向かうと、へら師は対面看板横に3人。こちら側は塩ビ管から奥に何人かいるようだが、良く分からない。予報どおり風・波が出ているが、そのおかげで汗も気持ち良い感じ。さあ準備しよう。竿はP8121314P812131511尺で底から。餌はいつもの夏・冬・マッハ。釣り台の左右を逆にセットして底取り。う~ん、風もあってなかなかうまく振れないぞ。それでも何とか底が取れ(いい加減?)、開始は8時半少し前。ゲゲッ、餌がうまく付けられない。いつも右手でやっている餌付けだが、左利きなので簡単に出来るかと思ったら、丸めるのは出来ても鈎にうまく付けられない。イライラ。何とか付けて振り込むと、今度は風で正面には行かない。これではへらも寄りようがないだろう。それでも何投かしているうちに馴染んだウキがズッとP8121317入り、これに右手で合わせればやったかかりましたよ!合わせは左も右も関係ないようだ。おまけに合わせも左に比べて柔らかい(遅い?)ゾ。何とか浮かせて、「たも」を持とうと思ったら、イテテ左手では持てない。これは困った。そこで竿を左に持ち替え、右手で「たも」を操って1匹目ゲットだ!なるほど右手は振込みと合わせまでで、寄せるのは左手か。何だかなぁ。相変わP8121318らずウキの立つ位置は毎回違うが、それでも再度のチクッというあたりでやった2匹目!あれだけバラバラの地点に餌が落ちてもかかるのだから、いかにこの池の魚影が濃いか分かる。さあ、この調子でどんどん行こう。しかぁ~し、そこからウキの動きがバッタリ。やはり振り込む位置のせいなのか。それとも餌付けが甘くてダメなのか。そのまま9時を過ぎる。この間に「かじP8121319P8121320り」やらカラ(合わせが遅れる?)が出た。そして2匹目から約40分経ってようやく3匹目。いやぁ、難しいなぁ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!そしてかかりました!これは何だろう。ひょっとして第2目標、いや第3目標まで行P8121321けるかも。すると、じきにあたりに合って第2目標クリアだ!やはり左右なんて関係ないね。しかぁ~し、餌付けは相変わらずダメダメ。左手の指の訓練が必要だ。すると、それからまたしてもウキの動きが減り、しかもあたりはカラが続く。もう10時。30分も釣れない状況が続くとは。が、P8121322何故かあたりに合って6匹目。第3目標は無理でも、何とかもう1匹。しかぁ~し、それも叶わず10時半に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間で6匹。こんなものか。いや、左手でやっていたらどうだったろう。さあ、次は宙。竿は9尺、餌はこのところ好調な?特S・マッハ。水分補給をP8121323してから「たな」1本で再開は10時45分。試しに左で振ってみるが、イタイイタイ。更に、左手での餌付けは底の時より難しい。それに、途中で気付いたのだが、餌を丸める際の感触が左と右でかなり違う。これにはビックリ。しっかり付けたつもりでもウキに馴染みが出なかったり、スイッチアングラーへの道はまだまだ遠いようだ。さて、しっかりウキを馴染ませようと懸命に餌打ちするが、どうもウキに動きが出て来ない。最初の餌打ちが甘くて既に上ずったのかも。じきに11時。ウキがモヤモヤと動き出したようだが、あたりにはならない。餌付けのせいP8121324なのか。そこで、ズルではあるが右手で餌付けして打ってみると、ウキが馴染んでからチクッというあたりでやった1匹目!開始から30分が経過している。さあ、ここからペースアップ。しかぁ~し、餌の経時変化なのか、それとも餌付けがダメダメなのか(おそらく両方)、そこから再びウキのP8121325P8121326動きが悪くなって、およそ30分間あたりに合わず、やっとの思いで2匹目をゲットすれば、その後しばらくしてもう1匹。これはグーなサイズだっP8121327たが、どうやればあたりになるのかさっぱり分からない。すぐに12時のサイレン。そして3匹目からこれも30分経ってようやく4匹目。ウキが動き出して来たような気がするが、残念餌があとわずか。しかぁ~し、ラス前とオーラス(量の関係で1個餌)の連荘で2匹をゲットし、底と同じ数で12時P8121328P812132948分に終了。結果、宙では実釣2時間で6匹。底と併せれば第3目標をクリアしているが、本当はもっと釣れた筈(タラ・レバですが)。さて、今日はおにぎりを買って来たので、続行だ。まずは昼食。そして竿・仕掛けはそのままでハリスをカットしてトロ掛けにトライ。餌は底バラ:特S:マッハ:水を2:1:1:1のバラケにベイシアのトロロ。両ダンゴと同じく「たな」1本での再開はジャスト1時。旧爆釣ポイントには爺さんと孫?の2人が入っている。対面看板横の3人は帰り、坂の下にはHRさん。対面は深場流れ込みとダム?そばに1人ずつ。こちら深場はワンドまでビッシリだ。おそらく池全体で20人くらいはいるのではないか。さて、こちらも左手では餌付けが難しく、結局途中からはバラケは右手で(トホホ)。しばらくしてウキは動き始め、バラケも小さめに。すると、あたりが出るようになるが、残念カラばかり。開始30分経ってやっとP8121330P8121331P8121332かかりました!すると、その後ポツポツと2匹を追加し、3匹目はグーなサイズと言う事もあって、これなら爆釣モードか?しかぁ~し、しかぁ~し(強調)、何とそこから1時間ウキの動きが弱いままであたりも少なく、その少ないあたりのほとんどがカラ。更にかかったと思えばハリス切れ。これで気持ちもプッツン?急いで交換するが、ちょっと段差が開いてしまった。しかぁ~し、これが効を奏したのか、そこからウキの動きが復活。ただしP8121333P8121334あたりのほとんどがカラ。それでもさっきまでのたまのあたりがカラ、よりはましか。そして2時半を過ぎてポツポツと2匹をゲットして第2目標をクリP8121335アするが、その後またもハリス切れ。段差を詰める事なく交換すれば、すぐにもう1匹。これなら後2匹追加して、総計で20も夢ではないかも。しかぁ~し、全くかかる事なくバラケが尽き、3時15分に虚しく終了だ。暑い中片付け。結果、トロ掛けでは実釣2時間15分で6匹。総計では実釣6時間20分で18匹。数としてはスイッチアングラー初日はまあまあの出来か。しかぁ~し、餌打ちの精度と左手での餌付けの向上が今後の課題となった。特に餌付けP8121336は左右での指先の感触も含め全く違う(餌の付き具合と餌付けのスピード)ので、早く左での餌付けが向上し、餌打ちのリズムを作れるようにならなければ。隣もほぼ同時に終わり、さっさと片付けて帰った。見ると、こちら側奥も大分帰っているではないか(ワンドに数人残っているだけ?)。片付けを終え、ハアハア言いながら駐車場に戻る。あっ、そうだ!帰りにベイシアでトロロを補充して行こう。ついでに飲み物も買って。とっとと池を後にした。
 
道程はまだまだ遠い
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最新のものをゲット(韓国ドラマ本)

1106046698韓国ドラマに関する本は、以前に2冊(これこれ)買ったが、どんどん新しいドラマが出てきて陳腐化が激しい。そこで、またも7ネットで購入してしまいました。それがこれ。沢山載っているのはいいが、内容が薄く字が細かすぎるのが難点。でも、頼りにならない訳ではないので、結構見てますよ。
 
 
 
いつまで続く私の韓流
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

新たな取り組み

Reverse
 この写真を見て違和感を覚える方がどれくらいいらっしゃるだろうか。特に変わった事がないように思える写真だが、実は左右反転させているのだ。
 何故こんな事をしたかというと、前述したように今は左肘がやられているが、元々サウスポーでも字は右で書いていたので、新たな試みとして右腕で竿を振る事をやってみる事にしたからだ。
 本当は今日からトライしようと思っていたのだが、なにぶんにもこの暑さ。いつものようにグズグズしていたら出られなくなってしまったというおそまつ。
 明日以降、増沢でヘンな竿振りをしているおっさんを見かけても、冷たい視線を浴びせないでほしい。
 
多分なかなか様にはならない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

左肘全壊@増沢池

この暑さで体力が持たない事もあるが、実は今月に入ってから左肘に痛みが出ていて、連続しての釣行が出来なくなっている。でも釣りはしたいので、痛いのを堪えながら1日おきに増沢に通っている次第。そんなこんなで今日も出掛けました。駐車場に着いたのは8時頃だが、車はそんなに停まっていない。池に向かうと、へら師はこちら塩ビ管付付近に1人だけ。私はいつもの場所に入る。風がなくて暑い。まだ何もしていないのP8091289P8091290に汗が噴出す。それでも準備だ。今日は昨日のひげさんを見習って、長い竿で底と宙をやってみる。この時期の長竿、一体どんな釣りになるのかな?と言ってもさすがに18尺は振りたくないので、今日は15尺。餌はいつもの夏・冬・マッハ(これは変わらない)。しかぁ~し、オモリがウキと合っていなかった。それに、久し振りに長い竿を振ると、その度に肘に痛みが。これは辛い。でも、我慢出来る範囲でやってみよう。何とか餌落ちを決めてから底取り。うわぁ、遠いなぁ。まだ湖面が穏やかだからいいが、これで波が出たら大変。さっさと開始しよう。時刻は8時45分。7尺でも出来そうなところを15尺とは、ある意味自虐的かもね。が、最初からウキの馴染みがおかしい。いつもの事ではあるが、ウキ下を微調整。すると、数投でウキがモヤモヤしているように見える(何しろウキまで遠い)ゾ。そしてチクッというあたりが早くも出ました!しかぁ~し、カラ。あれ~っ、おかしいなぁ。続けて餌打ちすると、またもグーなあたりでカラ。合わせる度にズキッという痛みが。ホント、カラでなくかかって欲しい。が、その後あたりが出る度にカラを食らい、気が付けば開始30分。何だか大楽地が移って来たような気がする。ひょっとして今日はこれでお終い?いや、10打数1安打くらいでやっとかかりました!ただ、サイズは小。それでも寄せるのが大変(痛くて)だ。すると、何故かあたりに合って2匹を追加。P8091291P8091292P80912933匹目は長竿をやって良かったというサイズ。これが出ないと意味がない(修行の意味P8091294は?)。ただ寄せるのはしんどかった。その後再びのカラツンがあって少し間が空いたが、何とか開始1時間内にもう1匹を追加し、第2、更には第3目標まで希望の光が見えた?すると、開始1時間が過ぎてから何故かあたりにバッチリ合って10時までの15分間に3匹をゲットだ。肘がかなP8091295P8091296P8091297り痛いが、第2目標はクリア。さあ、第3目標も近いぞ。しかぁ~し、次第にウキが動かP8091298なくなって来た。10時を過ぎて1匹を追加するものの、その後はあたりも減って(しかもカラツンばかり)、やっとの思いで掛けたかと思いきや、これがブルー。カラツンはの正体はこれだったのかもね。その後全く数を増やせず、10時47分に餌が尽きて底は終了。カラツンが多く出た(バラシも少なからずありました)とは言え、実釣2時間で8匹は肘の痛みから考えて少な過ぎる。へら師はこちら深場に常連さんが1人、対面ダム?そばに1人が増えて計4人。波は時折出るようになった。さて、次は宙だが、この竿を振り続けるのは無理だ。終わりにするか短竿で続行のいずれかにしよう。スポーツドリンクを飲みながら考える。よし、これで終わるのはあまりにも寂しいので、9尺で宙をやろう。もちろん前回良かった(もちろん私にとって、だが)両ダンゴ。特S:マッハ:水を2:3:1。いつものように「たな」1本での再開はジャスト11時。ん、何故か12時のサイレンが聞こえてきたぞ。もしかしてサマータイムか?まずはボソボソのダンゴを打ってへらを呼ぶ。もちろんウキはしっかり馴染ませて。イタタ、短竿でもしんどいぞ。これでズバッという消し込みに耐えられるか。すると、数投でウキに動きが。餌に手水でちょっと柔らかくする。と、ズバッというあたりでやった1匹目?しかぁ~し、残念水面に引き上げる途中でバラシ。う~ん、最初から擦P8091299れるのか。すると、その後ズバッというあたりで数回カラを食らい、これでは底と変わらないではないか。が、あたりに合う事もあって1匹目ゲット!やれやれ。ん、ハリスが絡んでいるゾ。やむなく交換。今日は30cmと40cm。再開すると、またもズバッというあたりでかかったがバラシ。そしP8091300て次の消し込みでようやく2匹目。今日はあたりはほとんどがズバッという消し込みで、小さなあたりを取る事はなかった。しかぁ~し、またもハリスが絡んでいる。仕方なく交換するが、その際にハリス同士が絡まないようハリス長を20cmと30cmに。私にしては思い切った変更だ。すると、これが良かったのかしばらくしてあたりが復活。しかもかかりましたよ!寄せてみれば35cmくらいある。しかぁ~し、目に擦れ。ガクガクッ。最終的にこれが今日一番のサP8091302P8091303P8091304P8091305イズだったが、残念ノーカウント。でもウキの動きは続き、その後もポツポツと消し込みで4匹を追加し、第2目標をクリアしたところでまたもサイレン。今度は正真正銘12時のようだ。何故2回サイレンが鳴ったのかは不明。さて、へらは充分に寄っており、ハリス長を縮めたのが効を奏したのか、開始1時間で6匹(グーなサイズの擦れ1匹を含まず。トホホ)ならまあまあではないか。とりあえず底との合計で第3目標はクリアしたから、宙だけでの第3目標を狙おう。そしてあわよくば合計で20(前回並みになれば可能)。すると、12時を過ぎても消P8091306P8091307P8091308し込みは続き、3匹を追加していよいよ第3目標にリーチ!良いサイズも出たが、擦れには及ばない(クッソーッ)。ところが、その後は何故かウキの動きが弱くなる。ハリス長のせいではないようなので(根拠ナシ)、ここは餌をいじくってみよう。と言っても、私に出来るのは手水と餌付けの変化。それでもなかなかウキの動きが良くならず、約30分をロスしたところでようやくあたりが復活。ウキが立つや否やズバッという消し込みで、やっP8091310たかかりました!第3目標クリアか?しかぁ~し、またも擦れ。ガクガクッ×ガクガクッ。それでも1時までに1匹を追加し、やった今度こそ第3目標クリアだ!さあ、あとは合計で20匹。すると、これが地合のせいか、1時を過ぎてからポンポンとゲットしてクリア。それからじきに餌が尽き、1時P8091311P809131210分に宙も終了。さて、湖面もまだ穏やかだし、時間もある。しかぁ~し、肝心の肘がもうダメだ。無念の終了。結果、宙だけでは実釣2時間10分で12匹。底と併せれば、実釣4時間10分で20匹。痛い肘をかばいながらの釣りでこP8091313の数字ならまあまあだろう。片付け。スポーツドリンクを飲みたいが、左手では水筒も持つのも辛い。塩ビ管付近の1人が帰り、対面浅場ワンド付近に1人入っているので、へら師は私を除いて3人だ。皆さん暑い中体調に留意してくださいね。片付けを終え、汗を拭き拭き駐車場に戻る。左腕の曲げ伸ばしはかなりキツイ状況。無理して長竿を振ったせいかな。早く帰ってシャワーを浴び、シップでも貼らないと。さっさと池を後にした。
 
15日までに回復可能?
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

スケジュール変更、岡ジャミ2連発

今日は用事をこなしながらひげさんご夫妻の岡ジャミとなるべく増沢に向かうため、増沢→用事1→用事2 というスケジュールを組んだが、今朝コメントにyurieさんが西ノ谷に向かうとあったので、用事1→増沢→西ノ谷→用事2 と変更してゴー!用事1が片付いてから増沢に着いたのが10時半過ぎ。既にかなり暑い。橋まで行くと、いつものようP8081283に看板横に大きな傘が並んでいる。へら師は他に日陰側5人と対面は坂の下にも1人。橋を渡り、坂を下りてまずは挨拶。ひげさんは今日は18尺で浅い「たな」を狙う練習。何でも、先日の大会で上位に入った人との釣りの違いを痛感し、来年こそベスト10に入るべく竿を振っているとの事。これP8081284は素晴らしい。私自身は最近WINDOM化しているように感じていたが、そういう話を聞くと前向きな気持ちになってくるから不思議だ。奥さんは13尺→11尺のセットで1匹ゲットしている。昨日は西ノ谷でひげさんが44匹、奥さんも5匹ゲットしたというからグー(バットさんもいました。)!あまりに暑くて長くはいられないが、それでも私が見ている間にひげさんが竿を曲げた!11時過ぎにお暇し、次は西ノ谷。yurieさんは「師匠」さんと並んで第2東名橋脚の下に入っていP8081285た。バットさん曰く、白装束の「ハイカイおぢさん」?まずは挨拶。すると、yurieさんも15日にバットさんと並んで竿を出すための準備として、トロダンゴでの底を実験中との事。皆さん前向きだなぁ。私が竿が曲がっている写真を撮ると言うと、それまでマブナ5匹とか言っていたyurieさんの表情が一P8081287変!何と次々とへらをゲットするではないか。この間わずか数分?ギャラリーがいると燃える体質のようだが、いずれにしても素晴らしい。ひげさんも15日には大楽地に行くような事を言っていたので、私も混ざろうかな。あのカラツンをもう一度味わうのも悪くない。おっと、用事2を忘れていた。もう12時近い。15日にまた会いましょう?と言ってその場を離れ、急いで用事2に向かった。
 
暑いがへら師も熱い!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

特に変わった事は@増沢池

今月になってから1日おきの釣行は全て増沢。内容もそんなに変わりがあるわけでもないので、どうしてもアクセスやコメントが少なくなるのは当然か。でも、今日も増沢。たまには早く出発しようと思っても、やはりグズグズで7時過ぎ。駐車場に着くと、車は数台停まっているが、果たしてへら師はどれくらいいるのかな。急いで荷物を降ろして池に向かう。予報どおり湖面は鏡のよう。ただ暑い。汗が噴出してくる。へら師は対面流れ込P8071256P8071257みとこちら側奥に1人ずつしかいない。私を含めてもたった3人。準貸切状態だが、果たしてウキは動いてくれるかな。いつもの場所に入って、さあ準備だ。竹竿11尺で底から。餌はいつもながらの夏・冬・マッハ。しかぁ~し、ウキの馴染みを見ようと空で打ったら、いきなりブルーが噛み付いてきた。え~っ!更に再度の空打ちでもブルー。最初からかなりのトーンダウン。それでも底を取り、開始は7時45分。あまりに暑いので傘は必須。それでも汗が滴るので、風が欲しい~っ。さて、数投打てばいつものようにウキがP8071258動き出す。が、何かスッキリしない。カラツンから始まる。そして8時を過ぎると、これまた前回と同じように食い上げで1匹目。あ~あ。すると、その後はバラシの連荘。キツーッ!更にはウキの返しから後が出ない。餌のタッチが気になる。ウキがこんなに良く見えるのに、あたりが出ないなんて(トホホ)。それでもやたらとあたりを取ってポツポツと3匹を追加し、第2目標にP8071259P8071260P8071261リーチ!しかぁ~し、次のあたりではまたもブルー。こりゃぁへらとブルーが一緒になって群れている感じ。ウキはまだ動いているが、馴染み際のあたりはブルーかも。なかなかあたりにならないので、つい30秒ルールを忘れてしまう。それで餌打ちもバラバラに。P8071262P8071263今日は変調の日だった。それでも1匹を追加し、第2目標クリア(スッキリしないが)。携帯で時刻を確認すると、まだ開始1時間経っていない。これなら第3目標及び時間5匹も楽勝では?すると、開始1時間内にもう1匹をゲット。今P8071264までは今月の普通の流れ。間違いない。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなる。返しも何か変な感じ。ウキ下を微調整。そして、9時になろうとしている頃にやっと1匹を追加。なかなか釣れたという実感に結びつかないが、それでも8時台には7匹だから良い筈。9時を過ぎると、再びウP8071265P8071266P8071267キの動きが出てきたように思えて3匹をゲットするが、その後はウキが動かず、たまにあたっても何故かカラツンばかり。とりあえず第3目標はクリアしたので良かったが、人間P8071268の欲には限りがない(定番)。何とかもう1匹。すると、開始2時間を過ぎてようやくあたりに合って11匹目。その後じきに餌が尽き、9時55分に終了。結果、底では実釣2時間10分で11匹。これは前回風・波の中での結果とほぼ同じ(+1匹)だ。あれだけあたりを取るのに苦労した時と鏡のような湖面で釣った今日がほぼ同じ数と言うのは何だろう。スッキリしない。さあ、今度は気分を変えて宙で行こう。竿は9尺に変更。餌は特S:マッハ:水を2:3:1のダンゴ。出来たてはボソボソだ。「たな」1本での再開は10時10分。少なくとも前回並みの4匹は釣る予定(あくまで予定)。まずはへらを寄せるために、打って馴染んだら切るP8071269を繰り返す。すると、しばらくしてウキが力強くグッと入り、これに合わせるとやった1匹目ゲットだ!あんなボソのダンゴでも食うんだ。これは幸先良いぞ。が、やはりそれはたまたまだった。その後はウキの動きがモヤモヤに。そして弱く入るだけ。30分弱その状態が続いたが、その間餌に手水と餌付けに変化を加えて行くと、やっと消し込みで2匹目。11時までにもう2匹P8071270P8071271P8071272を追加し、前回の宙に並んだ。何故かは分からない(準貸切だからでは?)が、これで気分P8071273が楽になった。さあ、次は第2目標。更には底と同じく時間5匹も夢じゃない?すると、11時を過ぎてじきに5匹目ゲットだ!時間5匹も今のところクリアしている。このまま行けるか?と、ここで橋の上から声が。釣れますかと。あんまりと答えると、新聞で見たが、(放流協賛)大会はどの程度の頻度でやっているのかと聞かれ、年1回ですと答える。更に、放流は金を出し合って行っているのかと聞かれたので、そうですと答える。この答え方で良かったのかな。さて、橋の上から見られている間にあたり、そしてかかりました!橋の上からは根掛かりP8071274だと心無い一言が。違う違う!何とか浮かせると、今度はデカイとの声(エッヘン)。今日一番のサイズ。30cmは超えている。さりげない仕草で「たも」に入れ写真を撮るが、私の鼻はピクピク動いていたかも。さて、大きいのを釣ってご満悦なのは良いが、その後がない。本当に両ダンゴは餌合わせが難しくて、どんどん変化する餌と状況に素早い対応が必要だが、抽斗がない私はひたすら手水と指先での対応に終始。すると、地合なのかあたりが出てしかもP8071275P8071276P8071277P8071278合うようになり、私にしては信じられないがポツポツと12時までに4匹を追加。無理だと思っていた第3目標までクリアとは素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。11時台には結局6匹と、底にも劣らない結果。1人が柳の木の奥に入ったが、それでもまだ池全体では私を含めてへら師は4人だけ。暑いせいなのか、自動車業界の木金休みのせいなのか、休日にしては寂しい限り。さて、12時のサイレンを聞いてからもあたりは続く。ズバッと消しこむようなあたりP8071279P8071280P8071281や、チクッと鋭く入る小さなあたりに合って、餌が尽きた12時半までに3匹を追加。結果、宙では実釣2時間20分で13匹。両ダンゴで2桁は随分久し振りの気がする(最近では単品爆釣使用の頃にあったような・・・)。ただ、底の時にはなかったハリス切れが今日も出てしまった。合わせが遅れたり「たも」の中で暴れられたり。さあ、次はどうしようか。腹が減ったのと暑さによる疲れで、ちょっと続けるのはしんどそう。底との合計でP807128220を超えた(実釣4時間半で24匹)し、終わろうかな。汗まみれで片付け。バットさんから、これからひげさんと竿を出すとメールが来た。えっ、これから豊川まで行くの?この暑さの中凄いパワーだなぁと思っていたら、何とひげさんご夫妻は来浜していて、西ノ谷で竿を出しているようで、そこに合流するとの事。どうしようかな、見に行こうかな。でも、本当に疲れ切っているので、ひげさんには頑張ってとメールして、帰ることにした。ご夫妻は明日は増沢に来るようだが、もし今日と明日のスケジュールが逆だったら、今日は私、明日はyurieさんと竿が出せたかもしれない(勝手な私の想像です)。返す返すも残念だ。グッタリして家路に着いた。
 
体力の低下は隠せない
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

天地真理

 昨夜Youtubeであちこち見ていたら、天地真理にぶち当たった。うわぁ、懐かしいなぁ。天地真理の全盛時には私は高校生。受験勉強に励んで?いた頃だ。
 当時私は天地真理を全く評価していなかった(顔といい声といい)のだが、遊び仲間のOM氏は彼女が大好きで、受験そっちのけで彼女が出演するテレビ番組に見入っていた。何故そんなに入れ込むのか私にはさっぱり理解出来なかったのだが、今こうして見てみると、作られた感はあるが容姿は人を惹きつけるものがあり、こもっていると思っていた声もそれなりに聴ける。いや、これは多分ノスタルジーのなせる業だろう。
 実際の彼女のその後は、いつの間にかTVから姿を消し、気が付けばお世辞にも良いとは言えない肢体をさらしたり、またバラエティにも道化のような役回りで出演したりして、決して恵まれたものではなかったと思う。超人気アイドルの旬が去った後の寂しさを見事に表していて、切なかった。
 

 
何もかもが懐かしい
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

勘違い連発(釣りではありません)@増沢池

今日は午後から天気が不安定になるとの予報なので、とりあえず少し早めに家を出て、帰りは1時くらいなら何とかなりそうだ。と言いながらも、家を出たのは7時半を過ぎている。駐車場には今日もWINDOMはない。やはり具合が悪いのだろう。さて、空が何となく暗くて雨になりそうだが、それでもせっかく来たのだからと荷物を降ろして池に向かうと、旧爆釣ポイントには前回も入っていた人。まずは挨拶して、私は何時もの場所にP8051239P8051240入る。対面には坂の下に2人。こちら側も奥に誰かいるようだ。さあ準備しよう。曇っているうえに波があるので、湖面がかなり見難くなっている。それでも底から行くとするか。竿は11尺で餌はいつもの夏・冬・マッハ。かなり底が取り辛いが、何とかなった。開始は8時15分。ん、時刻を確認しようと携帯を見たら、OG氏からメールが来ているではないか。久し振りに飯でも食おうと。私も昼には終わる予定なので、OKと返事。しかぁ~し、このやり取りが実は大きな勘違いであった(詳細は文末)。さて、風・波はどんどん強くなり、ウキはシモりまた流されてあたりなど分かりようがない感じ。それでもコンスタントP1000162(30秒はちょっと無理)に餌打ちを続け、波の中ウキが入ったように思えて合わせると、ゲゲッ根掛かり!ん、この場所で根掛かりは考えられない。強く引っ張れば上がってきた。するとゴミか?いや、ちょっとだけ引きました。寄せてみれば、あ~あ亀。しかもミシシッピ何とやら(ミドリガメの成れの果て)。ただでさえボロボロの「たも」が破れそうだ。そのうえにハリス切れとなっては、私のイライラは増幅する一方。さっさと交換して再開すると、じきにウキに動きが。P8051241P8051242そしてビヨ~ンとウキのボディまで戻る食い上げで1匹目!冴えないなぁ。すると、今度はそこまで行かないものの、やはり食い上げで2匹目。底P8051243P8051244には付いていないのかも。更にはあたりを見逃した後に空合わせで「かかってました」!そしてズバッと言う消し込みで4匹目(擦れてはいない)。何だかスッキリしないが、8時台には4匹をゲットし、こんなウキの視認性が悪い日にもう第2目標にリーチとは、なかなか私も大したもんだ(自画自賛)。しかぁ~し、そんな大きなあたりばかりが出る筈もなく、風は冬場のようにビュービューと吹く。それに少しだが雨も来た。傘をセットするが、風で吹き飛ばされそうだ。もちろんウキのシモりも半端なく、しばらくは餌打ちマシンと化す。たまに波が弱くなる時があって、その時に出るあP8051245P8051246P8051247たりを拾って9時台には何とか3匹を追加。第2目標はクリア出来たが、果たして第3目標まで行けそうか?しかぁ~し、何故かカラツンが出始め、遂にかかってきたのはブルー。ガクガクッ。10時を過ぎ、そろそろ餌も終わりか。波は一向に収まらないが、それでもウキさえ見えれば何とかなる。その後ポツポツとあたりを拾い、終了の10時30分P8051248P8051249P8051250までに3匹を追加。何とか第3目標までこぎつけた。結果、底では実釣2時間15分で10匹。時間5匹は叶わなかったが、この状況でここまで釣れればOK。隣はあまり芳しくない様子。奥の方には続々と常連さん?が入っている。さあ、次は宙。どうしようかな。かなりウキが流されそうなので、セットより両ダンゴにしようかな。竿は9尺に変更。餌は特S:天々:マッハ:水を2:1:1:1。道糸がふけないよう、「たな」1本半での再開は10時50分。が、打てども打てどもウキは動かない。流されまたシモるだけ。そこで、P8051251いつものように「たな」を1本に変更だ。すると第1投からウキに動きが。そしてあたり!残念バラシたが、いつも1本で打っているので、へらが居ついているのかも。すると、その後は消し込みカラツンの連発。これは一体・・・。ようやく1匹目が出たが、今度はウキの動きがバッタリ。餌が早くもP8051252経時変化しているのか。手水を打って軽くかき混ぜる。すると、11時半を過ぎてチクッというあたりでやった2匹目!今度はグーなサイズ。これこれ、これを釣るために宙をやってるんです。しかぁ~し、1匹釣れるとウキの動きが止まるのは最初と同じ。餌付けの大きさや圧を変えながらようやP8051253く3匹目。どうも餌自体が良くないうえに私の対応もダメダメだから、数が釣れそうな気がしない。何とかあと2匹で第2目標くらいはクリアしたいが、それも難しいか。ウキの動きが再びなくなった。もうじき12時。すると、全く訳が分からないが、あたりが出てかかり、やった第2目標まであとP80512541匹!しかぁ~し、虚しく12時のサイレンを聞く。対面の2人と隣が片付け開始。奥の方には10人近くが入っているような気がする。さて、12時を過ぎても状況に変化なし。このまま終わりを迎えるのか。しかぁ~し、遂にあたりに合いました!これで第2目標クリアだ。が、寄せる途中で仕掛けが水草に絡み、逃げられてしまった。ガクガクッ×ガクガクッ。すると、その後はバラシを連発。そしてウキが動かなくなって終了(トホホ)。時刻は12時40分。実釣1時間50分で4匹。逃げた1匹は大きいなぁ。底と併せて実釣4時間で14匹とは、この波の中でP8051255は健闘したと言うべきか。片付け。雨がポツポツやって来た。終わって良かった。片付けを終えて駐車場に戻り、OG氏に連絡。すると、すぐにOG氏から電話が。何と最初のメールは昨日送ったものとの事。私からの返信に、あれは昨日のメールだと連絡した筈と言われ、そんなメールは受け取っていないと返事するが、とりあえず食事はまたの機会にと言う事になって、私1人で「浜太郎」へ向かう。店は結構混んでいるが、座れない訳ではない。注文してから携帯を開くと、あれっ、言われたメールが来ているではないか。そうか、釣りの途中に確かにメールを受け取ったが、最初に見たのが何処からか来たどうでも良いものだったので、そのまま閉めてしまった。実は同時に2つ来ていて、そのうちの1つがOG氏からの訂正連絡だったのだ。急いでOG氏に謝りのメール。やれやれ、とんだ大騒動だ。ラーメンと餃子を食べてから家路に着いた。
 
携帯は1日に少なくとも1回は開くようにしよう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

状況にそれほど変化なし@増沢池 with Oさん

今日も今日とて出掛けようと思ってもグズグズ。やっと車に乗ったのは8時少し前か。と、ここでOさんからメールが。既に増沢で竿を出しているとの事。私もこれから出掛けるところと返信してゴー!駐車場に着くと、今日もWINDOMはない。やはり体調が悪いのだろうか。荷物を降ろして池に向かうと、Oさんは定位置の塩ビ管手前にいた。まずはP8031213P8031214挨拶。7時過ぎには始めたようだが、放流が寄ってしまってどうしようかと思っているところ。見ればウキの周りには泡がブクブク。せっかく放流を寄せてもらったのだから、私は30cmくらいのを釣らせてもらいますと軽口を言い、私は柳の木の奥に入る事にする。へら師は対面坂の下と深場流れ込みに1人ずつ。こちら日陰側は深場ワンドに1人。さあ準備だ。おおっ、風が心地良い。日陰にもなっているし、こりゃぁ抜群のコンディションだ。が、良い事ばかりではない。耳の近くにブーンという羽音。急いで蚊取り線香を焚く。さて、竿は頭上を考慮してカーボンの11尺で底から行こう。餌はいつもの夏・冬・マッハ。波が結構出て来たが、何とか底を取って開始はジャスト8時半。Oさんはポツポツと放流を釣り上げる。ん、大分波が強くなってきたぞ。早く1匹目を釣らないと。が、前回のようにうまくはいかない。ウキの馴染みがおかしいので、何度となく微調整。30秒ではウキが動きそうにないので、次第に餌打ちのインターバルが長くなった気がする。P8031215P8031216そして何だか分からないがウキの動きに体が反応!1匹目ゲットだ。更に次の餌打ちでもあたり、そしてかかりました!これは素晴らしい(サイズはさておき)。塩ビ管奥には1人入った。波は大きくなったり小さくなったりを繰り返す。8時台には結局2匹だけ。9時を過ぎても風・波は収まらない(でも気持ちイイ~)。へらは寄っているようだが、あたりが出ずに苦労しながらポツポツと数を増やし、開始1時P8031217P8031218P8031219間で何とか第2目標までこぎつけた。これなら前回並みは確保出来そうだ。しかぁ~し、調子が上がってくるとつまらないアクシデントが出る。5匹目を外す際に「たも」の中でハP8031220P8031221P8031222P8031223P8031224リス切れ。もう~っ!急いで交換すると、ここから10時までの30分間で5匹をゲット!第3目標も楽々クリア(ホントかな?)。次は時間5匹にトライ。今のところはOKだが、餌が尽きるまではまだ1時間近くある。何処まで行けるか。P8031225P8031226P8031227まだまだウキは動いていてポツポツと3匹を追加するが、そこからウキの動きがバッタリ。何故だ?時間5匹を越えて時間6匹になりそうだが、ほぼ30分あたりがないままP8031228P8031229で餌があと少し。これは困った。しかぁ~し、何故か連荘で2匹を追加。これにはビックリ。そして10時53分に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間20分強で15匹。かろうじて時間6匹を達成だ。だが、底全体ではそこまで釣れたという実感がない。あたりが少なかったせいかな。さあ、次は宙。いつの間にか流れ込みは帰り、ダム?そばに1人。看板横にも1人いる。こちら深場にも1人入った。さて、竿は9尺に変更し、餌は底バラ:天々:マッハ:水を2:1:1:1のバラケに「お」。「たな」1本での再開は11時10分。先に宙を始めたOさんは相変わらずポツポツと竿を曲げている。私も大丈夫かな?しかぁ~し、打てども打てどもウキが動かない。30分近く打ったところでようやくあたり、そしてかかりました!やれやれ、凸は免れたぞ。すると、ほどなくP8031230P8031231P8031232連荘で2匹を追加。あっという間に3匹をゲットだ。最初はどうなる事かと思ったが、これなP8031233P8031234ら前回並みの2桁には行きそうか?すると、しばらく間があったものの、11時台にはもう2匹を追加。宙での第2目標クリア!特に5匹目は30cmを超えるグーなサイズ。バラケを食っているが、気にしない気にしない。さあ、まだ時間はある。第3目標目指して頑張るゾ~ッ!が、12時のサイレンを聞く頃からウキの動きがわるくなる。多分バラケの経時変化と単なる地合の両方が重なった。それでもまだ12時半くらいまではポツポツとあたりを拾え、何とか3匹をゲットしたのだが、そこP8031235P8031236P8031237から先は全くウキが動かなくなった。Oさんも竿を曲げなくなっている。私のウキはたまにあたりらしい動きを見せるが、かからない。そしてウキが立つや否や消し込んで竿を立てられずのハリス切れもあっては、もうそろそろ終わるしかなさそうだ。1時を過ぎたところでバラケが終わり、無念の終了。結果、「お」では実釣2時間弱で8匹。底と併せてP8031238実釣4時間強で23匹。時間5匹は死守した。片付け。太陽が頭上に来てかんかん照り。今日は月曜とほとんど変わらない結果。放流がこの時期まで動いているのは珍しいそうだ。ただ、これからもっと暑くなると状況も多分変わるだろう。人間もしんどくなるのだから、変温動物のへらにとっては酸欠もあってかなり苦しくなるのでは?それに無理矢理餌を食わせるのだから、人間って奴は本当に・・・。ナーンて事をちょっとだけ考えながら片付けを終え、Oさんのところに行くと、Oさんも私と全く同じ状況だった。3時を過ぎればゴールデンタイムが来ますよと言うと、今日は昼食を買って来なかったので、もうじき終わるとの事。腹が減っている私はまた宜しくと言ってその場を離れ、荷物を持って駐車場に戻った。
 
これからが釣れなくなる季節
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

3度目の玄炊庵

P1000161早出方面に用事があったので、ついでに玄炊庵に寄った。これで3度目。店内には家族連れが座敷に1組。私は椅子席に座る。そして頼むのはいつも同じ。これが結構量があって腹に溜まる。今日はサービスでデザートが付いた。そうそう、今日の蕎麦湯は色が着いていたよ。
ものはついでと、帰りに東海釣り具で鈎とウレタンチューブ(ハリスがオモリと絡むのを防止)を購入。最近はやたらとハリス切れが出るので、気が付いた時に巻くようにしている。しまった、「たも」を買うのを忘れた!まあいいか。
 
今度は違うものを頼んでみよう
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震!

そろそろ寝ようかなと思っていた12時少し前、まさに日付が変わろうとしていたその時に、ガタッという音の後にゆらゆらとした揺れがしばらく続いた。こんなにはっきり感じるのは、あの3.11以来だ。ネットで調べてみたら、やはり載っていた。静岡県西部は震度4とあるが、そんなに大きく揺れた実感はない。それにしても、ビックリしたなぁ、もう。
 
まだ何かあるかもしれない。注意が必要だ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

夏草や兵どもが夢の跡@増沢池

今日は天気が良さそうなので、8時を過ぎているがゴー!駐車場に着いたのは8時半過ぎ。車がたくさん停まっているが、WINDOMはない。どうかしたのだろうか。まずは荷物を降ろして池に向かうと、先客は対面は坂の下に1人だけ。こちら側は柳の木の奥、それに塩ビ管奥に数人。私はいつもの場所に入る。既に風・波。おかげで汗が滴P8011188P8011189る事はないが、ちょっと釣り辛そう。昨日と違ってそんなに長い竿を出す事もないので、今日は竹竿11尺を再び採用。もちろん底から。餌は定番の夏・冬・マッハ。波でウキがシモり、ちょっと底を取るのに手間取ったが、開始はジャスト9時。私の準備中に1人が塩ビ管手前に入った。さて、波がそんなに大きくないうちに何とか1匹。すると、数投でウキP8011190が動き始め、開始6分で1匹目!しかもなかなかのサイズ。これは嬉しい。昨日の今日だからやや厳しいのではと思っていたが、これなら楽勝?しかぁ~し、すぐに風・波が強くなってウキがシモりまた流される。ウキの動きが読めず、ウキを見る時間がどうしても長くなってしまうので、とにかく30秒ルールを徹底させて餌打ちのリズムを崩さないように努める。すると、開始30P8011191P8011192分が経過してやっと2匹目。柳の木の奥からはバシャバシャとへらを寄せる音が聞こえてくる。大会でもないのにプレッシャ~!が、次の餌打ちでもあたり!連荘だ。もちろん何故かは分からない。とにかく餌を切らさないようコンスタントに餌打ちしているつもり。が、その後はウキの動きが分からなくなって、気が付けば10時になろうとしているではないか。時間あたり3匹では寂し過ぎる。何とか終わりまP8011193P8011194P8011195P8011196でに第3目標まで持って行かなくては。すると、10時を過ぎて多少波が弱くなる時間帯があって、その時に出るあたりでポツポツと第2目標クリア。10時半頃、旧爆釣ポイントに多摩ナンバーの人(まだ名前は訊いていません)が入り、そのタイミングで8匹目!しかもその人からグッドサイP8011197P8011198ズと褒められる30cmクラスを今日初めてゲット!その後もう1匹追加して、第3目標にリーチまでこぎつける。が、つまらない欲のせいか空振りもP8011199出て、なかなか数を増やせない。11時を過ぎてやっと第3目標クリア。ところで、隣からブログに載っている「お」とは何かと質問があった。そうですね、普通の人には分かりませんよね。自分勝手な省略で、「お」は「おかめ(角麩)」、「玉」は「力玉」の事です。これからも訪問宜しくお願いします。さて、そろそろ餌が終わる。何とか第3目標まで行ったから、もういいでしょう。でもP8011200人間の欲には限りがない。何とかもう1匹。すると、ラス前に波間に消えそうな小さなウキの動きに合わせてやった11匹目ゲットだ!この1匹は大きい。11時20分に終了。結果、底では実釣2時間20分で11匹。もう1匹ゲットしていれば時間5匹になったのになぁ(これをアフターフェスティバルと言う)。隣は底で始めたが、なかなかあたりが出ないと厳しそうな雰囲気。たまたま私が見ている時に竿が曲がったと思ったら、尻ビレから上がってきた。さあ、次は宙。竿は9尺に変更し、餌は底バラ:天々:マッハ:水を2:1:1:1のバラケと「お」(「お」ですよ!)。毎度の如く「たな」1本での開始は11時35分。ところで1本って3尺の事って本に書いてあったけど、ホント?もしそうなら、私は今まで竿1本分の事を言う(だから使う竿によって長さが異なる)と思っていたので、これは恥ずかしい限りです。さて、風・波のP8011201ある中開始すると、なんとじきにウキが動き出すではないか。これは素晴らしい。そしてウキが馴染んでからムッと押さえるようなあたりでやった1匹目!サイズもグー。バラケを食っているが気にしない気にしない(一休さん)。その後もウキは動き続けるが、何となくバラケに来ているような気P8011202がして仕方ない。が、次のあたりでは「お」を食ってきた。やれやれ。しかぁ~し、「たも」の中で下ハリスが複雑に絡み、癇癪が出てハリスをカット。交換するが、段差は10cmくらい広がってしまった。でも直すのも面倒なので、そのまま再開だ。今日は少なくとも前回並みの数字(6匹)を出したいが、その後なかなかウキが動かず、12時のサイレン。昼飯を用意していないので、このバラケが尽きたら終わりにしよう(今朝は朝食がちょっと早かった)。隣は次第に調子が上がってきたようで、ポツポツと竿を曲げ始めた。私のほうはウキの動きが良かったり悪かったりでその都度バラケの付け方を変えてみるが、隣と同じくポツポツと竿をP8011203P8011204P8011205P8011206曲げ、12時半頃までに3匹を追加し、第2目標をクリア!この調子であと1匹。すると、何と言う事でしょう、連荘で簡単に前回の結果に並んだ!サイズもグー・グ・グー(何処に消えたのかエド・はるみ)。が、しかぁ~し、「たも」の中で暴れられてハリス切れ(ガクガクッ)。その後はバラケにP8011207P8011208粘りが出て来たようで、大きなあたりはカラ。それでも2匹を追加して、どうやら第3目標まで見えてきたかな(またはトータルで20匹)。が、このあたりからウキが動かなくなる。そしてかかったと思ったあたりで途中まではグーなサイズのへらが水中に見えたのだが、何故か外れて代わりにブルーが掛かって来た。これは何で?ひょっとしてへらとブルーのダブルだったのかも。結局12時台にはそれ以上数をP8011209増やす事なく推移。あと1匹、あと1匹でトータル20匹なのだが、それさえも許されないのか。とにかくあたりらしきウキの動きに合わせ続ければ、1時を過ぎてやっとかかりました9匹目。いやぁ、待ちくたびれたよ。さあ、今度は宙での第3目標にリーチだ。風向きが変わったが、ウキは相変わらず右から左へと流される。そろそろバラケも尽きるし、最早観念した方が良さそうP8011210だ。でもバラケだけは打ち終えないと。すると、ラス前々にあたり!嬉や宙での第2目標クリアだ!もう後はどうでも良い。さっさと餌を打ち切って1時40分に終了。結果、宙では実釣2時間強で10匹。底と併せて実釣4時間半で21匹。私にすれば上出来だろう。片付け。ん、急に波が穏やかになってきた。でももうやりません。片付けを終え、隣の背後でウキの動きを見ながP8011211P8011212ら喋っている(いわゆる岡ジャミですね)と、あたりが出たが集中出来ていないのか見逃し。2人で苦笑いだが、これはまずい。立場が逆なら、気持ちは爆発寸前だろう。スミマセン、お先にとさっさとその場を離れ駐車場に戻った。いやぁ、悪い事をしたなぁ。それにしても腹が減った(おいおい)。帰る途中で何か食べて行こう。それこそとっとと池を後にした。
 
昨日は昨日、今日は今日だった
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »