« 紳助「さん」引退会見と報道のその後 | トップページ | スイッチアングラーへの道その4@増沢池 with Oさん »

2011年8月24日 (水)

再び「明日に向かってハイキック」

Asunihighkick_mainちょうど今日からBS11で「明日に向かってハイキック」の再放送(再々放送?)が始まった。前に観てはいるのだが、最初からキチンと観た記憶がないので、今回は録画も出来る事だし、しっかり観るぞ。
と言う訳で、今日は第1話から第3話まで。まだセギョンとシネはイ家に入っていない。ジョンウムは家庭教師になったばかり。スンジェとジャオクは隠れて付き合っている。
天気が良くなくて釣りにも行けないので、しばらくは観続ける事になりそうだ。
 
録画出来るので安心だ
    ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 紳助「さん」引退会見と報道のその後 | トップページ | スイッチアングラーへの道その4@増沢池 with Oさん »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
再々放送早かったですね。実は前回の放送で第41話から見始めたのですが、面白いの何のって、笑って泣いてこんなドラマに初めて出会いました。それまで韓流には全く興味なし、個人的には韓国大嫌いな人間だったのが、このドラマですっかり宗旨替えして韓流にはまってしまいました。

このドラマを見始めたきっかけが全く偶然で、チャンネルをあちこち動かしているうちに凄い美人に出くわし(家庭教師のファン・ジョンウム)、それに惹かれてという誠に不純な動機だったのですが、見始めたらもう面白くて面白くて完全にのめり込んでしまいました。おかげでそれ以降、韓国ドラマをはしごするようになってしまい、わずか2カ月余りで13本視聴しています(うち6本終了)。

終了した中では「復活」と「エデンの東」が抜群に面白かったです。韓国ドラマは日本での放送では1時間ドラマであれば10分~15分位カットされてしまっているということを知りビックリしましたが、ファン・ジョンウムが出演するということで見始めた「エデンの東」も彼女の出演シーンが全てカットされてしまっていて一度もお目にかかれませんでした(泣)。

今見ている中では「宝石ビビンバ」「トンイ」「華麗なる遺産」が凄く面白いです。ヘラさんが7月23日のブログで書かれていましたが、宝石ビビンバのコ・ナウンさんいいですね。知的な美人で私も大好きです。次女のソ・イヒョンさん、彼女は第二のチェ・ジウと言われている人だそうですが、何といっても笑顔が素晴らしいですね。輝くような笑顔とは彼女のためにあるような言葉だと思いました。男優のイ・テゴンさんもいいですね。人気のある理由が分かりました。

これまでいろんなドラマを見て思ったことは、男優も女優も実に魅力的で素敵な人が多いということです。公平に見て日本の芸能界は負けていますね。整形してまでも美を追い求めるお国柄だけに、俳優たちも相当に厳選されている結果なんでしょうね。

韓国ドラマの氾濫がかなり非難されている向きがありますが、その背景は7月23日のブログでヘラさんが指摘されているとおりだと思います。私も日本のドラマはつまらなくて今は全く見る気がしません。

日本のテレビ局もつまらないバラエティー番組ばかり作っていないで、本腰を入れて取り組まなければ本当に日本のドラマがテレビから消えてしまう日が来るのではないかと心配になってしまいます。

投稿: nemuro1502 | 2011年8月25日 (木) 19時36分

nemuro1502さんこんばんは。コメントありがとうございます。

かなりの韓流フリークとお見受けしました。私が韓国ドラマを観るようになったのは、GYAOが開始された頃の冬ソナからです。あれはノーカットでしたので、充分楽しめました。

「ハイキック」は、イ・サンで王様を演じたイ・スンジェがはじけています。娘婿のチョン・ボソクもいいですね。家庭教師のファン・ジョンウムさんも可愛いですが、私は役柄もあるかもしれませんが、控えめなシン・セギョンさんが好きです。

ところで、現代劇もいいですが、時代劇もまた面白いですよ。チャングムのようなバラエティー色の強いもの(これはこれで面白いですが)でなく、龍の涙~王と妃のような権力闘争むき出しで、勧善懲悪が好きな日本人には向かないと思われるものが面白いです。特にチャングムで有名になった中宗の時代は、燕山君の暴政からクーデターにより王位に就いた中宗の、その政権基盤の弱さから権力闘争が渦巻く波乱万丈の時代ですから、悪人ばかりが出てくる「女人天下」は痛快の一語ですね。
 
調子に乗って喋り過ぎ(書き過ぎ?)ましたが、これからもブログ購読宜しくお願いします。

投稿: sunshine_hera | 2011年8月25日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52558096

この記事へのトラックバック一覧です: 再び「明日に向かってハイキック」:

« 紳助「さん」引退会見と報道のその後 | トップページ | スイッチアングラーへの道その4@増沢池 with Oさん »