« 3度目の玄炊庵 | トップページ | 勘違い連発(釣りではありません)@増沢池 »

2011年8月 3日 (水)

状況にそれほど変化なし@増沢池 with Oさん

今日も今日とて出掛けようと思ってもグズグズ。やっと車に乗ったのは8時少し前か。と、ここでOさんからメールが。既に増沢で竿を出しているとの事。私もこれから出掛けるところと返信してゴー!駐車場に着くと、今日もWINDOMはない。やはり体調が悪いのだろうか。荷物を降ろして池に向かうと、Oさんは定位置の塩ビ管手前にいた。まずはP8031213P8031214挨拶。7時過ぎには始めたようだが、放流が寄ってしまってどうしようかと思っているところ。見ればウキの周りには泡がブクブク。せっかく放流を寄せてもらったのだから、私は30cmくらいのを釣らせてもらいますと軽口を言い、私は柳の木の奥に入る事にする。へら師は対面坂の下と深場流れ込みに1人ずつ。こちら日陰側は深場ワンドに1人。さあ準備だ。おおっ、風が心地良い。日陰にもなっているし、こりゃぁ抜群のコンディションだ。が、良い事ばかりではない。耳の近くにブーンという羽音。急いで蚊取り線香を焚く。さて、竿は頭上を考慮してカーボンの11尺で底から行こう。餌はいつもの夏・冬・マッハ。波が結構出て来たが、何とか底を取って開始はジャスト8時半。Oさんはポツポツと放流を釣り上げる。ん、大分波が強くなってきたぞ。早く1匹目を釣らないと。が、前回のようにうまくはいかない。ウキの馴染みがおかしいので、何度となく微調整。30秒ではウキが動きそうにないので、次第に餌打ちのインターバルが長くなった気がする。P8031215P8031216そして何だか分からないがウキの動きに体が反応!1匹目ゲットだ。更に次の餌打ちでもあたり、そしてかかりました!これは素晴らしい(サイズはさておき)。塩ビ管奥には1人入った。波は大きくなったり小さくなったりを繰り返す。8時台には結局2匹だけ。9時を過ぎても風・波は収まらない(でも気持ちイイ~)。へらは寄っているようだが、あたりが出ずに苦労しながらポツポツと数を増やし、開始1時P8031217P8031218P8031219間で何とか第2目標までこぎつけた。これなら前回並みは確保出来そうだ。しかぁ~し、調子が上がってくるとつまらないアクシデントが出る。5匹目を外す際に「たも」の中でハP8031220P8031221P8031222P8031223P8031224リス切れ。もう~っ!急いで交換すると、ここから10時までの30分間で5匹をゲット!第3目標も楽々クリア(ホントかな?)。次は時間5匹にトライ。今のところはOKだが、餌が尽きるまではまだ1時間近くある。何処まで行けるか。P8031225P8031226P8031227まだまだウキは動いていてポツポツと3匹を追加するが、そこからウキの動きがバッタリ。何故だ?時間5匹を越えて時間6匹になりそうだが、ほぼ30分あたりがないままP8031228P8031229で餌があと少し。これは困った。しかぁ~し、何故か連荘で2匹を追加。これにはビックリ。そして10時53分に餌が尽きて底は終了。結果、実釣2時間20分強で15匹。かろうじて時間6匹を達成だ。だが、底全体ではそこまで釣れたという実感がない。あたりが少なかったせいかな。さあ、次は宙。いつの間にか流れ込みは帰り、ダム?そばに1人。看板横にも1人いる。こちら深場にも1人入った。さて、竿は9尺に変更し、餌は底バラ:天々:マッハ:水を2:1:1:1のバラケに「お」。「たな」1本での再開は11時10分。先に宙を始めたOさんは相変わらずポツポツと竿を曲げている。私も大丈夫かな?しかぁ~し、打てども打てどもウキが動かない。30分近く打ったところでようやくあたり、そしてかかりました!やれやれ、凸は免れたぞ。すると、ほどなくP8031230P8031231P8031232連荘で2匹を追加。あっという間に3匹をゲットだ。最初はどうなる事かと思ったが、これなP8031233P8031234ら前回並みの2桁には行きそうか?すると、しばらく間があったものの、11時台にはもう2匹を追加。宙での第2目標クリア!特に5匹目は30cmを超えるグーなサイズ。バラケを食っているが、気にしない気にしない。さあ、まだ時間はある。第3目標目指して頑張るゾ~ッ!が、12時のサイレンを聞く頃からウキの動きがわるくなる。多分バラケの経時変化と単なる地合の両方が重なった。それでもまだ12時半くらいまではポツポツとあたりを拾え、何とか3匹をゲットしたのだが、そこP8031235P8031236P8031237から先は全くウキが動かなくなった。Oさんも竿を曲げなくなっている。私のウキはたまにあたりらしい動きを見せるが、かからない。そしてウキが立つや否や消し込んで竿を立てられずのハリス切れもあっては、もうそろそろ終わるしかなさそうだ。1時を過ぎたところでバラケが終わり、無念の終了。結果、「お」では実釣2時間弱で8匹。底と併せてP8031238実釣4時間強で23匹。時間5匹は死守した。片付け。太陽が頭上に来てかんかん照り。今日は月曜とほとんど変わらない結果。放流がこの時期まで動いているのは珍しいそうだ。ただ、これからもっと暑くなると状況も多分変わるだろう。人間もしんどくなるのだから、変温動物のへらにとっては酸欠もあってかなり苦しくなるのでは?それに無理矢理餌を食わせるのだから、人間って奴は本当に・・・。ナーンて事をちょっとだけ考えながら片付けを終え、Oさんのところに行くと、Oさんも私と全く同じ状況だった。3時を過ぎればゴールデンタイムが来ますよと言うと、今日は昼食を買って来なかったので、もうじき終わるとの事。腹が減っている私はまた宜しくと言ってその場を離れ、荷物を持って駐車場に戻った。
 
これからが釣れなくなる季節
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 3度目の玄炊庵 | トップページ | 勘違い連発(釣りではありません)@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52380533

この記事へのトラックバック一覧です: 状況にそれほど変化なし@増沢池 with Oさん:

« 3度目の玄炊庵 | トップページ | 勘違い連発(釣りではありません)@増沢池 »