« 「赤と黒」が始まっていた | トップページ | なでしこロンドン五輪への出場決まる! »

2011年9月 7日 (水)

スイッチアングラーへの道その7 and WINDOMの人に再会@増沢池

昨日は出遅れたので今日こそと思いながらも、やはり出発は8時過ぎ。駐車場に着くと、へら師らしい車は数台停まっているが、果たしてどれくらいいるのか。台風一過で空は晴れ渡っているが、風は少しある。荷物を降ろして池に向かう途中、下から誰かが上がってきた。あっ、WINDOMの人!随分久し振りだ。挨拶しながら池に下りると、P9070052P9070053P9070054WINDOMの人はかつてのOT氏のいつもの場所から草むら一つ隔てた浅場に入っているようだ。私はいつもの場所に入る。行く夏を惜しむかのようにツクツク法師が鳴いている。まだ涼しくて、汗かきの私でも汗が出ない。へら師は対面には誰もいない(後から坂の下と看板横に1人ずつ入った)が、こちら側は塩ビ管付近から5,6人(はっきりしない)。さあ準備だ。まだ湖面は穏やか。それでは11尺で底から行こう。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ん、太陽の高度が大分下がったようで、対面の風景が湖面に映ってウキの視認性がかなり悪そう。それでも何とか底を取り、開始は8時50分。今日ももちろん左手で餌付けするが、まずはウキの馴染みが出ない。ウキ下を微調整して解消。すると、いきなりチクッというあたりでやった1匹目?しかぁ~し、バラシ。しばらくして再度のバラシが出ると、何だか今日は凸の予感?すると、今度は小波でウキの視認性が更に悪化。偏光グラスをかけてみるが、効果は薄い。おまけにウキの立つ位置もバラバラでは、まともに釣れないだろう。時間だけが経つ嫌な展開。しかぁ~し、9時半少し前P9070055ウキが手前に立ってほとんど馴染まないままチクッというあたりに合わせると、やったかかりました!サイズもグーだし、9尺でもいけそうかも。「たも」に収め写真を撮っていると、WINDOMの人が片付けを終えて帰った。病み上がりでもなさそうだった。お元気で何よりです。するとその後もP9070056P9070057あたりを拾え2匹を追加するが、この頃からカラツンも出始め、10時までにはもう1匹と第2目標には達せず、波と太陽の位置が悪くなってウキがP9070058P9070059ほとんど見えない状況に。それでも懸命にウキを見続け、雰囲気?であたりを取って第2目標クリアだ!すると、ウキの視認性は悪いものの、何P9070060P9070061P9070062P9070063P9070064故かあたりを拾える不思議な展開でその後もポツポツと数を増やし、何と餌が尽きた10時45分までに5匹を追加して第3目標まで達した。結果、底では実釣2時間弱で10匹。もちろんカラやバラシもあったが、擦れて上がってきたのは1匹もなかった。ついでに言うと、本当に不思議なのは、何故条件が悪い時にこれだけ釣れて、ウキが良く見える時にはそれほど釣れないのかだ。好条件の時は気が緩んでいるのかな。それにしても、今日も左手での餌付けには難儀し、結局半分くらいは右手での餌付けとなってしまった。情けない・・・。さあ、気分を変えて今度は宙。竿は9尺でトロロが切れているので今日は両ダンゴ。特S:天々:マッハ:水を2:1:1:1。ハリス長は25cmと35cm。いつものように「たな」1本での再開はジャスト11時。しばらくはウキをしっかり馴染ませての餌打ちが続くが、そのうちにウキがモヤモヤ。そしてズバッとP9070065いうあたりでカラ。更にカラ。3度目の正直でやっとかかりました!サイズはともあれ、これでダンゴの面目が立った。しかぁ~し、次のあたりでは何とハリス切れ。急いで交換すると次のあたりではバラシ。ガクガクッ。すると、そこからウキの動きがいつものようにフワフワだけ。こちらでも餌付けは右手が多く、左手では馴染みが悪くなるのは仕方ないか。それでも30分くらい経って、いきなりズバッとウキが入り、やったと合わせれば凄い引き。こりゃぁ大物?が、「たも」に入れると顎に擦れている。サイズは30cmありそうなのに、ガックリ。P9070067P9070068しかぁ~し、次の餌打ちでまたもズバッと言う消し込み!これに合わせれば今度こそかかったでしょう。そして次の餌打ちでもズバッと消し込み!そしてかかりました。消し込み3連荘とは素晴らしい(出来れば釣果も3連荘と行って欲P9070069しかった)。が、11時台はこれでお終い。12時のサイレンを聞いてしばらくしてから4匹目。何となく第2目標、いや第3目標まで見えてきたか。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからウキの動きが再びフワフワに。風・波も大きくなって、ウキが流される。時折出る、ウキが弱く入るあたりに合わせてみるが、カラ。餌もかなり経時変化しているようで、粘りが増した。およそ30分釣れない状況が続く。が、12時半を過ぎる頃からウキの動きが復活(特に何もしていませP9070070P9070071ん)、ポツポツと2匹釣って第2目標はクリアするが、「上がりべら」を期待した終了間際のあたりでは、残念擦れて上がってきた。そして「たも」の中でハリス切れ。ガックリ。12時50分に無念の終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間50分で6匹。腹も減ってきたし、ここで終わろうかとも思ったが、何故か続行。竿と仕掛けはそのままで、餌はマッシュダンゴ単体。これを少なく作って1時間だけ延長戦。何故これを使うかと言えば、餌の整理のためだけ。1年くらい前に東ノ谷で使って以来だ。しかぁ~し、いつもの半量作ったつもりが、結構多く出来てしまった。これでは予定通り終われそうにない。そこで、いつもの倍大きく餌付けして終わらせよう(って、一体何をやりP9070072たいのか?)。再開は12時55分。すると、第1投でウキの馴染みとバラケ具合を見ようとしていたら、ズバッと消し込んでしまい、これに合わせればやった早くも1匹目!この餌、ここでも使えるかも。1時を過ぎてもウキの動きは良く、あたりも出るが餌付けが大きいせいかカラばかり。でも小P9070073P9070074さく餌付けすると持たない感じで、適当な大きさで続行すれば、1時20分頃に連荘!これは素晴らしい。このままならマッシュダンゴで第2目標も夢じゃないかも。しかぁ~し、次第にウキの動きが弱くなってくるのは、やはり餌の経時変化か。左手では微妙な餌付けの圧とか調整出来ないので、またも右手で。風・P9070075P9070076波はかなり出て来た。その後あたりはない訳でもなく、ポツポツと2匹釣って無事2時に餌を使い切った。結果、マッシュダンゴでは実釣1時間5分で5匹。これはなかなかの数字ではないか(もちろん私にとって、だが)。トータルでは実釣4時間50分で21匹。充分でしょう。片付け。対面看板横には夫婦が入った。こちら深場では何人か帰ったようだ。台風であれだけ雨が降ったので、さぞかし水量が増えてP9070077いるかと思ったが、意外や底取りでは前回とほとんど変わらなかった。水も泥色ではなく、気温も上がらず爽やかな環境で釣りが出来、汗一つかかずに済んだのは嬉しい。が、最後に恐ろしい結末が待ち構えていた。片付けを終えて駐車場に戻る途中、階段のところに黄色いテープが付いているのに気付き、良く見ると、何とそれには立ち入り禁止と書いてあるではないか。切れ端は階段の両側にあって真ん中で切れている。それを見てふと思い出したのは、最近(いつかは忘れたが台風が来る前)池に向かう途中、石積みを降りた辺りにスズメバチの巣があるようだと誰かが言っていた事。その話が公園の管理事務所まで行って、立ち入り禁止になっていたのではないだろうか。しかし、それを切って池に向かった人がいると言う事も恐ろしい。私も降りる際には全く気付かなかった(WINDOMの人が上がってきたので、それに気を取られた)。いやぁ、怖い怖い。次回からはどうしようかな。今日は幸いな事に襲われる事はなかったが、今後はどうなるか分からない。駐車場に戻ると、池とは大違いに暑い。さあ、さっさと帰って昼食だ。荷物を車に積み、池を後にした。
 
蜂は怖い!ポチッと押して
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「赤と黒」が始まっていた | トップページ | なでしこロンドン五輪への出場決まる! »

コメント

 こんばんは!やっと釣行ですね!。
 増沢池の水色や水位お聞かせいただければ参考になります。それと”ウインダムさん”お元気だったようでなによりでした。

:辛口コメント 酒も蕎麦つゆも甘口とか辛口とかありますので(笑)。
 利き腕が腱鞘炎?で何時もと反対の手で餌付けしたり竿を絞ったりされている(”スイッチアングラーへの道”)と読まさせていただいておりますが、どうも本末転倒の様な気がします。反対の腕での釣果云々は、利き腕と比較してもあまり意味がないのでは?(失礼ながら10代20代の方でなければ、今からのスイッチアングラーはなかなか厳しいと思います)。釣果より、腕が痛くても反対の腕でもへら釣りができると、喜んだ記事が見たいと個人的に思う今日この頃です。(すみません、酔っぱらい老へら大好き人よりでした。)
 

投稿: masa872 | 2011年9月 7日 (水) 19時17分

masaさんこんばんは。
池の様子は台風前とほとんど変わらない感じでした。へらの動きにも変化はないように思いました。WINDOMの人もお元気なようで、安心しました。
さて、スイッチアングラーの話ですが、まさにお書きになっている通りの内容です。と言っても、元々が大した事ないので、左腕を右腕に変えたところで釣果に変わりはありません(逆に合わせが柔らかい?)。餌付けだけはなかなかうまくいきませんが、大楽地でもそこそこ出来ましたし。逆腕でも何とかなるぞ、くらいのイメージで見てもらえれば幸いです。って、タイトル負けしている?

投稿: sunshine_hera | 2011年9月 7日 (水) 22時28分

こんばんは。
スズメバチの巣はどの辺に有るのか?
是非、探検していただいて、増沢池に来るへら師の為にお願いします。以上!

投稿: 黄金バット | 2011年9月 8日 (木) 00時03分

バットさんこんばんは。
詳しくは分かりませんが、私がいつも降りる急なところではなく、柳の木の奥に向かう道の出口辺りの木の根付近にあるようです。怖くて確認出来ませんが。
それにしても、立ち入り禁止のテープを切ってまで池に向かった人は誰でしょう。知らずに後から来る人の事も考えて欲しいものです。

投稿: sunshine_hera | 2011年9月 8日 (木) 00時11分

今晩は。
約5時間で21枚ですか!
西之谷は本日5時間で3枚です。
大雨後、全体に良くない様子。日毎に悪くなっているとの事。
水は平水15cm髙、平水に戻りつつある。濁り強し。
週末はmasaさん達の例会?
チョットかわいそうな気がするがmasaさん達なら如何にかしてくれるだろうと思っています(コー言う時如何したら解らない)
予定では沖のペレ宙で爆釣!(完璧!を連呼)であったが取らぬ狸~云々でした。
色々やったが全てダメでした。参りました。
PS.増沢の蜂の巣?日陰側には入れないのかな?
怖くても確認していただくと助かるのだが(他の釣り人の為)しかし、気を付けて下さい。

投稿: yurie | 2011年9月 8日 (木) 23時21分

yurieさんおはようございます。
日陰側深場にはいつもどおり多くの人が入っていましたから、池に下りる別のルート(標識?の辺りから入る)なら問題ないようです。
いつも塩ビ管付近に入る人が、帰る際にわざわざそちらのルートで帰りましたから、情報は(私やWINDOMの人以外)行き渡っているようですね。ひょっとしてテープを切ったのはWINDOMの人?
刺されたらアウトですから、しばらく浅場には入りません。

投稿: sunshine_hera | 2011年9月 9日 (金) 06時18分

みなさんこの時期のハチさんには厳重注意ですよ、スズメとかクマは特にね。
随分前ですが釣り仲間が頭を刺されましてあっという間に顔がブワーっと腫れてきて舌の奥も腫れて呼吸困難、車に放り込んで2TGセリカGTVのラリー仕様で山道を駆け下り病院へ運んだのですが殆どチアノーゼ状態でマジ死ぬかと思いました。
病院では直に頭へ注射一本でケロッと直りました。
大楽地でも堰堤左奥は地バチの巣がある様なので私は入りません、だって怖い。
増沢でも探検なんかは止めて遠回りをお勧めします。

投稿: パラソル | 2011年9月10日 (土) 19時57分

パラソルさんこんばんは。
私もミツバチに刺された事はありますが、大型は幸いにしてありません。
もし刺されても、その毒性は人によって違うようです。でも気をつけたいのはアナフィラキシー。免疫の過剰反応です。一度刺されたら二度目は絶対避けないといけません。
いずれにせよ、君子危うきに近寄らずですね(君子じゃないけど)。

投稿: sunshine_hera | 2011年9月10日 (土) 21時13分

こんばんわ。
一杯気分で書き込みですが、私はハチさんが天敵なんです。
160キロくらいで走ってる時にヘルメットと顔の間に入ってぶちっ!お岩一丁あがり。懐に飛び込んでぶちっ!胸ポケットのタバコを取ろうとしたらぶちっ!ズボンをはいたらぶちっ!!!
そうですワタスはハチさん大っ嫌いです。
てな訳で過剰反応の可能性があるワタスは(バットさんかい?)ハチが厳禁です。
自然相手の釣りですから用心にこした事はないです。くわばらくわばら。
で、明日は鳳来に行かなかったら増沢冷やかしに行きますね。

投稿: パラソル | 2011年9月11日 (日) 20時37分

パラソルさんこんばんは。
前の会社の同僚が渓流釣りに行ってスズメバチに刺され、片腕に包帯をグルグル巻きにして来たことがあります。ホント、怖いですね。
肝心の増沢の様子ですが、今日masaさんが公園事務所で確認してくれてその返事待ちです。

投稿: sunshine_hera | 2011年9月11日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156887/52670749

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチアングラーへの道その7 and WINDOMの人に再会@増沢池:

« 「赤と黒」が始まっていた | トップページ | なでしこロンドン五輪への出場決まる! »